March 19, 2017

ビーチで日焼け止め使用禁止!

Imgp0433
今日の波は良くないなあ、、。
Imgp1480
アラモアナ・ブルバードとワード・アベニューの角。
Imgp1492
アフリカン・チューリップ。
Imgp1485
山に張り付く雲。やっと晴天が続きだした!
Imgp1483
とんまのフェアウェー・ウッドのショット。最近フェアウェー・ウッドが良くなったとんま。
Imgp1488
HCC・18番。いつ見ても綺麗なホールだ!
Imgp1493
カム・ボール!
Imgp1496
名物、カルア・ポーク・ボール。コクがあって美味いのだ!
Imgp1498
ごんのすけさんのご主人はオックステール・スープ。
Imgp1499
ごんのすけさんは「ハンバーガー・ステーキ」。
Imgp0407
夕日を浴びて、、。
Imgp0424
ごろん、、。
Imgp0425
上手く足で石をとったわよ!
Imgp0426
あいつね?石を投げてきたのは!


ビーチでオキシベンゾンを含む日焼け止めの使用を禁止する法案審議が、
ハワイ州議会で進んでいる。
カラニ・イングリッシュ上院議員が、
ハワイ大学のロバート・リッチモンド教授の研究に基づいて発議したもので、
オキシベンゾンはサンゴ礁にとって脅威であり、
サンゴ幼虫の漂白、DNA破損、奇形を起こす原因になると言う。
この研究は自然保護国際連合の世界環境保護議会に既に提出されていて、
上院ではオキシベンゾンの使用禁止する法案を、
今月初め暫定的に可決している。

しかし、
ハワイ州土地・天然資源局は文書による証言を提出しており、
「警察はビーチで日焼け止めを使用している個人を見つけ出し、
その製品にオキシベンゾンが含まれていることを証明しなくてはならない」
と、その違反者特定の難しさを述べている。
一方消費者ヘルスケア製品協会によると、
「オキシベンゾンは皮膚がん予防に有効な成分で、
それなしでは日焼け止め指数(SPF)評価が悪くなる」と語っている。

困った問題だね、、。
もしオキシベンゾンなしの日焼け止めを使って皮膚癌になったら、
州議会はその患者の保証をしてくれるのだろうか、、。


* 記事はホノルル・スター・アドバタイザーから一部借用しました。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

March 16, 2017

人気のタイムシェア!

Grand_islander_2
新規オープンした、ヒルトン・グランド・アイランダー!
Imgp1448
ミッドパック・ゴルフ場に現れた元大統領のオバマさん。ハワイでは今も大人気だ。
Imgp1458
一方水曜会のパリGCでパッティングするトニーズのドラマー「フランキー」。残念!外れました、、、(涙)。
Imgp1455
テキサス・ウェッジをするジェームス君。なかなか様になってます!
Imgp1461
パリGCの雨宿り小屋の脇でうずくまる野生の鶏君。きっとお腹に卵を抱えてると思います。ときどき卵を置いたままどこかに行っちゃうので、卵が転げ落ちて割れちゃってることが有るのだ、、。
Imgp0281
オリエンタルですね、素敵なプロポーション!
Imgp0283
なんてことするんだ、お前ここ海の中だぞ!
Imgp0284
こんなポーズなら男たちが寄ってくるかしら、、。
Imgp0285
ダメかあ、、見る目がないわねこの辺の男たちって、、。


ヒルトン・グランド・バケーションズが15日、
タイムシェア専用のグランド・アイランダーをオープンした。
22エーカーのヒルトン・ハワイアン・ビレッジ敷地内に建設されたグランド・アイランダーは37階建てで、
総工費は4億2千万ドル、
オープン時の占有率は93%と発表された。

カリアロード沿いにある、
タパ・タワーの隣に建設されたこのグランド・アイランダーは、
あらゆる意味で、
ハワイのタイムシェアー業界でも重要な位置を占めることになりそうだ。
グランド・アイランダーは、
ヒルトン・グランド・バケーションズがオアフ島で開発した5軒目のタイムシェア施設で、
2014年に着工されたもの。
ワン・ベットルームから3ベットルームのスイート、
ペントハウスを含む418ユニットの販売価格は、
2万3千ドルから50万ドルまでと幅広い。
オーナーは施設内のインフィニティー・プールとサンデッキに加え、
ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのアメニティーなどすべて利用できる。
更にペントハウスのオーナーは専用のチェックインと、
飲料サービス付きのクラブラウンジの使用も可能。
またこのグランドアイランダー・プロジェクトの一環として、
カリア通りとパオア通り沿いの庭園と歩道も改善されたほか、
屋外のバス乗り場には待合室が設けられている。
ヒルトンがタイムシェア・ビルを新規に建設したのは、
2008年のグランドワイキキアン以来の事だ。

このグランド・アイランダーの販売に携わっているセールスマンには、
健太の友達も沢山います!

* 記事は一部ホノルル・スター・アドバタイザー紙の記事を借用しました。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

March 12, 2017

きっと、まだ上がるよ!

Imgp1415
この写真の一部をアップすると、、。
Imgp1418
こうなる、、。
Imgp1425
この通りの、、
Imgp1424
このビル(シンフォニー・タワー)も、建ってからそれほど経ってないのにもう昔からあるような顔をしてここにある、、、(汗)。
Imgp1423
そのビルの角の店はこれ。もうちょっとで大成功して買いに行くから待ってろよ~(笑)!
Imgp1422
ブルー・プラネット。
Imgp0161
やばいからずらかろうよ!
Imgp0165
この体勢はきつそうだね、、、。
Imgp0210
盛り上がってます!
Imgp0211
取れたのはウツボですか?
Imgp0222
もうすぐ水位がここまで来るわよ!
Imgp0224
最近俺、腹出てきたんだよな、、。
Imgp0226
おっぱいちゅっ!


2月のオアフ島の住宅販売は深刻な在庫不足と根強い需要を背景に、
1戸建て住宅の中間価格は75万ドル5千ドルで、
前年比7. 9%増と大きな伸びを示したものの、
過去最高を記録した前年6月の76万ドルには及ばなかった。
1戸建て住宅の在庫数は今後暫くは需要に追い付かず、
住宅価格は更に上昇するとみられている。

一方1戸建て住宅の価格の上昇で、
手ごろなコンドミニアム購入に方向転換する買い手も多く、
2月のコンドミニアム販売件数は362ユニットで、
前年比11.7%の増加を見ている。
しかし販売件数の大きな伸びに対して、
コンドミニアムの中間価格は38万5千ドルで、
前年比1.7%の増加にとどまった。
因みにこれまでの最高は昨年6月の40万5500ドルとなっている。

このブログを読んでいる方たちの中にも、
ハワイに不動産をお持ちの方もいらっしゃるようなので、
何らかの参考になればとホノルル・スター・アドバタイザーより記事を拝借しました。
いずれにしてもハワイの不動産は圧倒的に需要のほうが多く、
供給が追い付かない。
よって暫くは値段も下がらないだろうと言うのが大方の見方です。
残念ながら補償は出来ませんが、
今余裕があったら買っておいて損はないと思います。

してぇ、
今さっきホノルル・フェスティバルの花火が上がってました。
長岡の花火で普段のワイキキの花火とは似て非なるもの、
そのスケールは雄大で、健太の家のラナイからもしっかり見ることができました。
「凄かった!」の一言です!!

| | Comments (9) | TrackBack (0)

March 09, 2017

サーファーたちの大反対!

Dscn0473
ワイキキの防波堤の一部!
Imgp1393
この青空の下を、、。
Imgp1405
3日間で6万歩。
Imgp1396
全く人間を恐れない野生の豚君たち!
Imgp1390
鴨の親子。
Imgp1379
緑が目に染みる!
Imgp1389
とんま、左手が曲がりすぎかも、、。
Imgp1395
ラウンドの後よく飲むフィリピンのビール、「サンミゲルライト」。美味しいよ~!
Imgp0075
さ、泳いでごらんなさい!
Imgp0076
お前こんな小さい子にちょっと厳しすぎないか?
Imgp0079
あ~、指輪がない!
Imgp0080
オイッチニ、サンシ、、。
Imgp0083
えーっ、どっちの首?
Imgp0112
これぞ紐だけ、、、(汗)。
Imgp0117
もてるの、大丈夫?
Imgp0120
私小説を書いています。「その時男がいきなり声を掛けてきた!」、、。


州土地・天然資源局(DLNR)による、
ワイキキの防砂堤の一部を現在の10倍の大きさにする案に、
ビッグ・ウェーブ・サーフなどのサーフィン・グループが猛反対を表明している。
1927年に設置されたワイキキの防砂堤は老朽化しており鉄筋などが腐食、
ルックスが悪いだけではなくビーチの利用者に危険が及ぶ他、
ハリケーンや大波が押し寄せてきた場合ビーチの砂が大量に沖に浚われることから、
ホテルや観光業界の間で早急な対策を求める声が強い。

ワイキキには、
ポップス、
クイーンズ、
カヌーズなど有名ななサーフポイントがあるけど、
この防波堤や防砂提の大幅な変更は、
間違いなくこれらに影響を及ぼすだろう。
サーファーたちがこぞって反対するのはよくわかる。
因みにクリフス、ライトハウスには全く影響はない。
当たり前の事でした、、(汗)。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

March 05, 2017

ハワイ旅行、日本人が相変わらずトップ!

Imgp0058_2
これ載せたことあるかな?
Imgp0057_2
同じ人だけど、これは間違いなく載せたことあります!
Imgp0059
ひもで縛ってSM、、。
Imgp0062_3
おじいちゃん何かとれた?
Imgp0066_2
また鳩になろう!
Imgp0068
さあ行くわよ~。
Imgp0070
頭痛いわ。この本持ってくるんじゃなかった、、。
Imgp0071
ますます犯人が分かんなくなってきた、、。
Imgp0067
そうやって死体の役もらったのねっ。
Imgp0072_2
shake, shake !
Imgp0072_3
ここっていつもライフ・ガード居なくなるのよね。
Imgp0074_2
素敵な水着ですね!
Imgp0075_2
効いてる?
Imgp0075_3
おい、このビーチは可愛い子ばっかりだぜ!


ハワイ・ツーリズム・オーソリティーは、
1月の旅行者数とその消費額はともに前年を上回ったと発表した。
その要因は日本及びメインランドの主要市場の好調によるものだ。
内容は昨年1月比5%の増加で75万6313人、
消費額は10%の増加で16億ドル。
また昨年1年間の旅行者総数は前年比3%増の89万人、
消費額も4%増加して154億ドル、
それぞれ過去最高を記録している。

1月の業績に大きく貢献したのは海外市場で最大の日本市場だった。
昨年の日本人旅行者数は横ばい状態で、
消費額もわずか2%増にとどまったが、
今年の1月は前年同月比で旅行者数は7%増えて12万3390人、
消費額も27%増と大幅に伸びている。

こういう数字を見ると、
日本の景気が少しは良くなったんじゃないかと思うって、
皆さんに聞いてみると、「そんなっ事はない!」って言う。
それと毎回こういう報告を見て感じるのは、
健太がワイキキのホテルで働いていた時(10年前)と、
市場の動静にはそれほど大きな変化がないってことだ。
つまり言いたいのは、
健太が働いてたときにさんざん言われていたのは、
「あと10年もすれば中国人が大量に押し寄せてきて、
ワイキキでは日本人市場なんてマイナーになる!」ってこと。
こうしてめでたく10年経ったけど、
なーんだ、やっぱり外国市場では未だに日本が一番じゃないか!
当時はセールス(営業部でも)にも中国語をしゃべるスタッフが必要だ、、
なんて盛んに言ってたけど、
何のことはない中国市場はいまだにマイナーだ。

* 記事の一部はホノルル・スター・アドバタイザー紙より借用しました。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

«健太が歌う「ラジオK-ZOO」!