« ハワイにビートルズ! | Main | オノ・韓国料理テイクアウト »

October 10, 2004

ビジネス英語の書き方

 この季節になると、健太のコンドのパーキングに入る道にへんてこな木の実が落ちている。名前は知らないけどタイヤがこいつを踏んだらパンクしそう。一個や二個ならまだ良いけど7,8個ぐらい何時も落ちている。健太は勝手にこいつを「スター・ナッツ」と呼んでいる。でも食べられそうもないし、わけが分からない不気味なやつだ。

 わけが分からないと言えば、イングリッシュ・ビジネス・レター。
 ワイキキのホテルマンとして、健太はこいつをクリアーしておかないと、仕事が出来ない。実はこいつには、この16年間本当に苦労をさせられた。何しろ健太の英語は environmentで身に付けたもの。会話は何とかこなしても、ビジネス・レター?逃げ出しちゃお~!
 
 それが、テーラー・ヘイバー教授による「Contemporary Business Writing Style」と言うカピオラニ・コミュニテイー・カレッジ、Business Educaion Unit のクラスを取ってから、すっかり自信が付いてきた。 
 目からうろこってこんなことを言うんだね!
 それともう一つ、皆も安心できることがある。一寸信じられなかったけど、実はロコもこういうこと苦手なんだよ!
 このクラスはホテル側がマネージメントスタッフに強制的に受けさせたもので、一緒にこのクラスを受けた居並ぶロコの「部長、課長連中」たちも健太と同じ事で(ビジネス・レター)苦しんでいたんだ。
 
 ヘイバー教授の言わんとすることを、この際皆に「無料で」伝授しよう(笑)。
 つまり、ビジネス英語もこの10年ほどで大きく変わってきているそうで、その多くが「しゃべり言葉になってきている」って事なんだ。
 たとえば、
 
1. prior to=before
2. endeavor=try
3. accomplish=did, do
4. component =part of
5. subsequent to=after
6. demonstrate=show
7. terminate=end
8. transmit=send

 日本語にもよくあるよね、やたらボキャブラリーをならべて書けば正しい!見たいな風潮。
 「ビジネス・レターの目的はこっちの意思を相手に伝える事なんだから、やたら難しい言葉を使って相手を雲に巻いてどうすんだ!」
 
 ヘイバー教授有難う!

how_to_write_english.JPG

|

« ハワイにビートルズ! | Main | オノ・韓国料理テイクアウト »

Comments

あ、こーゆーのときどき伝授してくださいませ♪
確かに、日本語ネイティブの私も、日本語の堅苦しい手紙は苦手です。メールは得意ですけど。

Posted by: 小仙 | October 10, 2004 at 05:46 AM

こんばんわ(^^)
お久しぶりっす!

ほうほう、って言っても、どちらが話し言葉なのか
理解出来ない程、アホな suggy でつ(^^ゞ
でも、情報として残す場合は、やはり、気難しくても、
標準的な書き方(言葉)でないと、意味がなさなくなりますな(^^)

っと、言いつつ、文章力もしゃべり力もない、suggy です。
擬音が、多いですな(^^;

Posted by: suggy | October 10, 2004 at 07:17 AM

小仙さん

 こ~ゆうの興味あります?実は書きながら、「こんなの書いても誰も読んでくれないかも、、、、」って思ってました。
 でも、おっしゃる通り。堅苦しい文章は苦手なんだよね皆。アメリカで起きることは20年後、必ず日本で起きるって言われてます。日本の車が中国や韓国の車に押されて苦戦するのは後10年後(既にもう10年たっているので、残りが10年)、日本語のビジネスレターも後10年もしたら、もっと簡単になるでしょうね。


Suggyさん

「自分の意思や、まわりで起きている物事の状況を相手に伝える」のが文章の役割。どんな方法で相手に伝えようが、相手が分かってくれればかまわないと思います。
 そう考えると、Suggyさんの文章は、初めは戸惑ったけど、これほど心の中が読める文章が書けるってはすごい事だおもいます。健太にはSuggyさんが普通の文章も上手に書ける事、ちゃんとお見通しです(笑)!

Posted by: 健太 | October 10, 2004 at 07:53 AM

おはよう!(^^)

そうですね。分かってもらえれば、問題なしです。
ただ、標準語でない方が、しゃべり言葉で文章にされますと、
さっぱり、意味が分からない事も出てくるなぁ~っと思ったもんで(^^ゞ
TVで、方言で喋られている時、字幕出てる時ありますからね。
英語って、そんな事はないですかぁ?

ありがとうございます。お世辞でも、大変、嬉しいです。
こんな、奴ですが、これからもよろしく(^^)/

Posted by: suggy | October 10, 2004 at 11:04 AM

健太さん、実は私もKCCに行こうと思ってます。コースは「Hawaiian Studies」。私は3ヶ月だけ取るつもりですが、だいたいKCCっていくらぐらいかかるのでしょうか? ハワイ1年以上いるので、State IDというか割引が使えると思うのですが。。。

Posted by: プーコ | October 10, 2004 at 11:33 AM

Suggyさん

 コメントはしてないけど、Suggy さんのBlog 楽しみなので必ず一日に一度は見てます。
 独特の表現でこの世の中をばっさり切ってやってください(笑)!


プーコちゃん

 それがblogにも書いたように、ホテルが強制的に行かせたクラスで、お金は会社が払ったんだ。それほど高いとは思わないけどね。
 プーコちゃんまだ勉強するの?偉いっ!

Posted by: 健太 | October 10, 2004 at 02:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48740/1643345

Listed below are links to weblogs that reference ビジネス英語の書き方:

« ハワイにビートルズ! | Main | オノ・韓国料理テイクアウト »