« January 2005 | Main | March 2005 »

February 28, 2005

ワイキキ・ホテルの人事

 人との出会い。それは別れの始まりと昔から言う。
悲しいことだけど仕方がない。それが人間(ひと)の運命(さだめ)。

 男と女の間に友情はあるのか?
健太はもちろん有ると信じてる。
恋愛感情がなくても気が合うとか、尊敬できるとか、
幾らでもその可能性は転がっている。

 人間は皆孤独。その孤独を理解しあってこそ始めてお互いを尊敬して助け合えると言うもの。
所詮人間は一人では生きてゆけない。
生きていれば気に食わないことって幾らでもあるさ。
でもそんな時、連れ合いや友達が君を理解してくれるから生きて行ける。

 こうして健太も長い間ハワイにいるので、人種、性別を超えた人間関係が沢山生まれて来ている。
今日一人の女性が健太の勤めるホテルから去ってゆく。彼女の名は「シシリア」。
シシリアはかつてこのホテルがO・Rと名乗っていた頃、総支配人をしていたほどの実力者。その彼女が首になった。たまたま彼女が受け持っていたマーケットの成績が最近良くなかったからだ。
彼女は中国系アメリカ人。体に流れる血のせいか大陸的なおおらかな性格は、人々に広く愛された。
しかしこの国のビジネスは決して甘い物ではない。成績が上がらなければ、ポイ!健太からしてみれば、別に首にしなくても他のポジションで幾らでも使い道はあるのにと思う、、、、残念だけど健太には手も足も出ない。

  グッドラック、シシリア!

  写真はお別れギフト、ハワイアンデザインンの大皿を持って笑うシシリア。

Part II へ続く、、、
Cecilia

| | Comments (5) | TrackBack (0)

February 27, 2005

虹のある町、ホノルル

 ここはなんて美しい町なんだ。
あらゆる自然が手をさしのべて、惜しみなく人々の心を癒してくれる。
あの虹はまるで生き物のように、大きく羽を広げて高い空から僕らを見下ろしている。
そうさ、足りない物は何もない。全てがここにある!
生きるために必要な物全てがここにはあるのさ、、、、、。
さあおいで、心の傷ついた君に今必要なのはこの自然とぬくもり。
きっと何か見つかるさ、君の求めている何かが、、、、、
こんな下町にさえ、君を勇気づけるものが、、、あっちにも、、、こっちにも、、、、

 続きを読む、、、、、、

Rainbow

| | Comments (6) | TrackBack (0)

February 26, 2005

ホノルル・ダウンタウン

 今日は土曜日映画の日。ムービーマンからお誘いが掛かった。
何時も映画館はホノルル・ダウンタウンと空港の中間にある「ドールキャナリー18」
もともとパイナップル加工工場があった場所に映画館を建てたのさ。パイナップルは今や、ハワイでは衰退産業だからね。
駐車場に上がるとダウンタウンが一望に見渡せた。
ここからの景色もなかなかの物。6時近いと言うのに夕焼けまでにはまだ時間がある。
最近ぐーんと陽が長くなってきたんだ。
港には大きな客船が停泊しているのが見える。

 今日の映画はケアヌ・リーブスの新作、「コンスタンテイン」。
超能力を持つジョン・コンスタンテインが地獄と現世との間を往き来して、ゾンビー達と戦うと言う、ありふれた話だけど、ケアヌ・リーブスの真迫の演技は見ごたえがあった。

 映画が終わってムービーマンが取るコースは何時も同じ。
とあるレストランに向かうのさ!

 続きを読む、、、、
dole_cannery

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2005

ワイキキDFSまん前

 免税店の前で可愛い子ちゃんの集団発見。
ワイキキパトロール健太の登場。すばやくカメラを構える。
「あんまり可愛いから、写真撮らせてください!」
健太の声に皆大喜びで笑顔を作ってくれた。
健太は日本を離れて長いので、一体この子達がいくつ位なのかも分からない。
でもこれだけ若い子達がワイキキでたむろすれば注目の的。白人観光客も振り向いてみてました(笑)!
皆さんとっても可愛かったよ!
と、鼻の下を長くする健太でした。
でもとんまはこの写真をみて、
「がんぐろってまだいるのね!」だって、、、????

Part II を読む、、、、
dfs_front

| | Comments (8) | TrackBack (0)

February 24, 2005

ワイキキのサーフボード・ラック

 燦々と輝く太陽。日焼けした笑顔。よせ来る波。緩やかに水面をを走るヨット。ダイアモンドヘッドをバックにサーフボードはすべる。濃い緑の椰子の木。もちろん、どこまでも深く青い空。そしてほんの少しの白い雲。月夜の浜。ウクレレの奏でる快い旋律、、、、、
全てつきなみな事物、表現。
ハワイを語る時、ワイキキを語る時、これらは絶対に外せない小道具。
中途半端なものは何処にもない、非常に分かりやすい単刀直入な表現で完結できる。この辺が、ハワイが万人に共感を呼ぶデステイネーションで有りうる理由だろうね。
「ごちゃごちゃ言ってねーで、ハワイへ来い!」って事さ(笑)!

 ワイキキにはあんまり暗い顔して歩ってる奴はいない。
実は今日、健太は珍しくしょんぼりとワイキキを歩いていた。
別にたいしたことじゃないんだけど、一つ言い訳をお客さんにしなければならないので、どうやって説明しようかと考えながら歩いてたんだ。
お客さんとの約束の場所は近づいていると言うのに、そのシナリオが頭の中に出来上がっていない。「どうしよう、どうしよう、、、」。そのままのスピードでは約束の場所に着いちゃう。急激に減速してうなだれ歩く健太。
とその時誰かが健太の背中を「ポン」と叩いた。
「What’s your problem!」
振り返ると見たこともない日に焼けた赤ら顔の白人が笑って立っている。
健太がよっぽど「しょんぼり」して見えたんだね。
健太はわれに戻って慌てて言った。
「Nothing at all, No problem!」
白人って根っから明るい奴ばっかだからね(笑)。
有難う心配してくれて!

 写真はアウトリガー・ワイキキのボードラック。青い空、白い雲がまぶしかった。
  
 続きを読む
IMGP0754

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 23, 2005

ブルー・ハワイ

 営業の合間をぬって、ロイヤル・ハワイアンホテル内を少し歩いてみた。
ここにはブログ友のレイコさんの友達「タリン」が仕事をしているはず。
以前レイコさん、タリンそしてプーコちゃんと「シラウオン」で焼肉を食べたことがある。
彼女は多分コンシェルジェで仕事をしているはずだ。
ぶらぶらホテル内を歩いたけど、うーむ残念、コンシェルジェに彼女の姿はなかった。きっとシフトがちがうんだね、、、。

 中庭を歩いているとビーチよりで何やら歌声が聞こえる。
ローカル男性の甘い歌声。曲目は「ブルー・ハワイ」。
何度聞いてもこの曲ハワイにぴったりさ!
だって彼らが歌っているそのすぐ目の前が、「ダイアモンドヘッド」、そして「青い青い海」。「ブルーハワイ」そのものじゃないか!
ぬけめなく、その景色を「パシャリ」と手に入れる健太。

 ロイヤル・ハワイアンホテルは以前にもここで取り上げたけど、歴史あるハワイの伝統的なホテル。格式が高くて、その優雅な佇まいは築後80年近くたった今なお、辺りの景色を圧倒している。

  続きを読む、、、、

royal_hwn

| | Comments (13) | TrackBack (0)

February 22, 2005

ワイキキの友達

 最近ここで健太の友達を少しずつ紹介してる。
今日はワイキキの中心DFS(免税店)の隣、「ルイビトン」に勤める「ヒロミちゃん」。
ハワイ生活も長いし、旅行社にも勤めたことがあるので、ハワイに関する知識は豊富。またこの「ビトン」では今やベテラン・セールスレデイー!
ワイキキの数多いブランド店でも、ここのセールスレデイーは品位と容姿端麗が第一条件と聞く。「ヒロミちゃん」はそうした条件を充分すぎるほど満たしている、とても素敵な女性です。今や2児の母、公私共に元気いっぱい。幸せなハワイ生活を送ってます。
今度行く機会があったら「ヒロミちゃん!って声を掛けてあげて見て下さい(笑)!

 今日ワイキキの天気はあまりぱっとしなかったなー!

 Part II に続く、、、、hiromi_chan

| | Comments (9) | TrackBack (0)

February 21, 2005

ハワイのホテル事情昨今

 ハワイのホテル事情が今大きく変わろうとしている。
この何年かの間にホテルが部屋を切り売りし始めたのさ。つまりタイムシェアー。
ヒルトン・グランド・バケーションあたりがかなり力を入れてやっているけど、ワイキキのホテルは同じような事をやろうと、今虎視眈々とそのチャンスを狙っているらしい。

 また去年秋に日本の麻布自動車が手放した「アレモアナ・ホテル」は、既にその新しいオーナーによるコンドミニアム宣言がなされた。全部ではないにしろ相当数の部屋をコンドとして売り始めたようだ。一戸当たり$100、000からと聞く。
ただもともとホテルだったので、部屋はそれほど広くないし、キッチンなんかはどうするつもりか詳しい事は分らない。
何れにせよ、昨今のホテル・オーナーは昔のように自分たちのステータスとしてホテルを所有している訳ではなく、完全に金儲けだけが目的。確かに純粋に金儲けだけのためならその方が手っ取り早い。ひょっとして、このトレンドは正しい方向かもしれない。
ホテルなんか持ってると、沢山の従業員を雇わなければならないし、レストラン、宴会場など、頭痛の種ばかり。
ましてや今の世界情勢から考えても、いつ何時またテロが起きてホテルが暇になるかわかったもんじゃないさ。いっそのこと一戸ずつ売ってしまって、わずらわしさから開放されたほうがどれ程すっきりするか。また収益もホテルでちまちま儲けるより一挙に金が入るので新しい分野にまたその金を投資できる。

 昨日の日本のニュースで経団連の奥田さんが「ライブドア」のニッポン放送の株の件で意見を言ってたけど、「奥田さん、そんなこと言ってると、日本は世界中の食い物にされますよ!」。

 写真は夕日に映える「アラモアナ・ホテル」。アラモアナSC3階駐車場、白木屋の前あたりから。


ala_moana_hotel

| | Comments (9) | TrackBack (0)

February 20, 2005

ハワイのフリーウエー H1,H2,H3

 フリーウエー。
ハワイには現在3本のフリーウエーがある。
先ず最初に出来たのが、H1。
カハラからワイキキ、ダウンタウン、空港、そしてカポレイを抜けてホノルル・エレクトリック・カンパニー辺りまでの約3、40マイルくらい。
次に、H1を空港方面から来たら、パール・シテイーの少し先を右に曲がるフリーウエーが出来た。これがH2。ミリラニ、ワヒアワ、ハレイワを通って、ノースショアー行けるようになったんだ。
最後に出来たのがH3で、これはパール・ハーバー、アイエアの辺りから北ヘコオラウ山脈を抜けて裏オワフ、にカネオヘ方面に出るってわけさ。

 なんたって狭いオアフ島、東京都とほぼ同じ面積って言うくらいだから、猫の額みたいなもんだね。
健太が初めてハワイに来たときはH1は完成していたけど、空港へは繋がってなかった。ずーっと工事中だったんだんで、あの辺りに行くとニミッツに一旦出てから空港へ行かなきゃならなかった。
健太たちが最初にハワイに来た時の契約は6ヶ月間。
いったん日本へ帰って、その後また2年経ってから次の契約でまた戻って来たんだけど、なんとその工事は全く進んでなくて「フリーウエーは空港にはまだ繋がってなかった!」、てんだから「ハワイアン・タイム」、尊敬するほど徹底していたね(笑)!

 「フリーウエー」って最初は、料金を取らないで無料(フリー)で通行できるからそう呼ぶのかと思ったけど、実は「信号がなくて止まらずに自由に走れる」って事なんだなー。いまどきの人は皆知ってるよね(笑)!

 写真はH1をカハラ方向からワイキキの方に向かっているところ。

free_way

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 19, 2005

ハワイの和食材

 ハワイで生活している我々にとって欠かせないのが、日本の食材。
美味い物を食べようとすれば良い食材は欠かせない。
日本のスーパーほどではないにしろ、「ダイエー」、「マルカイ・マーケットプレイス」に行けば調味料はもとより、米類やすき焼き・しゃぶしゃぶ用の肉など、日本の食材は大体揃う。
特にありがたいのは米が安い事。15ポンド(6.81KG)で$14。
カリフォルニア米だけど、コシヒカリなんて言うブランドもあって、味も日本の米に比べて遜色ない。そこそこうまい飯が炊ける。健太のうちは何時も「田牧米」って言うのを買ってるけど、今日はためしに「コシヒカリ」を買ってみました(笑)。

 ローカルのスーパーでも「すき焼き」「しゃぶしゃぶ」用の肉、と銘打った肉類も売られているけど、少々厚切り。我々にはとても馴染めない。しかしこの「マルカイ・マーケットプレイス」に行けば「極薄切り」の肉が手軽に手に入る。
今日は「しゃぶしゃぶ」用の肉をマルカイ・マーケットプレイスを買ってきたので、今とんまが一生懸命野菜類を切ってます。しゃぶしゃぶ、いっぱい食べまーす(笑)!

 今日のワイキキを見たい?Marukai

| | Comments (12) | TrackBack (0)

February 18, 2005

ワイキキのホテル、ハレクラニ

 あー良い天気だ~!
今日はワイキキを歩っていて久しぶりにホテル「ハレクラニ」を覗いてみる事に、、、。
「ハレクラニ」ホテルは1907年、ロバート・ルーワーズと言う人によって創立され、当初ルーワーズ・ハウスと呼ばれていたそうだ。
当時は宿泊施設であったものの、ほんの小さなバンガローが幾つかあったのみ。
そして1920年クリフォード・ギンバル夫妻が、より充実した宿泊施設としてこれを再開発。高級ホテルとしてその地位を確保した。
更に1981年、日本高度経済成長を足場に三井不動産が更なる高級リゾートを目指して456室を建設。
「ラグジュアリー」と言う表現がぴったりのその美しい佇まいは、まさに品位と優雅さを共有した、トップクラスのリゾートホテルとして完成している。

 ここのセールスを担当する「B.O」さんは、日本の有名歌手の元奥さま。
営業成績も常にワイキキでトップクラスです(笑)!

 写真はハレクラニのプールエリア。

Part IIを読む

Halekurani

| | Comments (9) | TrackBack (0)

February 17, 2005

ハワイ、安らぎ癒しの風景

 観光でハワイに来ると、どうしても同じ角度でしかハワイが見れない。
でもハワイの魅力は、ふとした住宅街の景色とか、通勤路の景色、警察にスピード違反で出頭する時に通る街並み(?)なんかの、ごく日常生活の景色にあるような気がする。

 ダイアモンドヘッドが大好きな健太は、あの辺りを良くうろうろするんだけど、その時にダイアモンドヘッド側から見る街の景色、これまた素晴らしい。ひょっとして皆には何の変哲もない景色に見えるかもしれないけど、健太はこの景色に、えも言われぬ安堵感を覚える。

 「安らぎ」「いやし」。この数年日本ではこの言葉がだいぶ幅を利かせている。
何の変哲のない平凡な街並み、、、と言いながらやっぱり、どこかにハワイを感じる景色だねこりゃ(笑)!
でもまさにこんな景色を、「安らぎ、いやし」の景色と言うんじゃないの、、、。
 続をよむ、、、、

Town

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 16, 2005

ハワイのチャペル

 ハワイのチャペルや教会も「人気・不人気」があるようで、やはり「より伝統的、あるいはより新しくて設備が整っている、更に景色か良くて、安い」、こう言ったところに人気が集中しているようだ。そしてその中で共通して求められるのはもちろん、「よりロマンッチックな雰囲気」。

 今日は「グロリア・ガーデン・チャペル」を紹介しよう。
ワイキキから車でほんの5分。ダイアモンドヘッドの裾の「モンサラット・アベニュー 300番地」辺りは緑の多い閑静な住宅地。
なんと言ってもダイアモンドヘッドが直ぐ目の前にあって、誰が見てもここはハワイ。ハワイで結婚式を挙げたと言う満足感を充分与えてくれるチャペル。比較的新しくて清潔感があるのも人気の要因の一つ。

 健太が仲を取り持った二人がいる。健太もキューピットやったのさ(笑)!
ローカルの男の子と、良く添乗員で奈良から来てた女の子。彼らは目出度くこのグロリア・ガーデン・チャペルで式を挙げた。
いまや二人の間には、ジャニーズ事務所にでも売り飛ばしたいほどの、「グッド・ルッキング・ボーイ」がいる(笑)!

Gloria  

| | Comments (11) | TrackBack (0)

February 15, 2005

ワイキキ・レストラン

 ワイキキ周辺で夕食を食べようとするとチョイスは沢山有っても、つい何時も同じようなところになっちゃうんだなー。

 今夜はとんまが外食にしようというので、とりあえず外へ出た。
ハンドルは気の向くまま、「何処にしようかなー、、、」
なんて考えてたらマカレー・ショッピングセンターの前に差し掛かった。
とんまと健太、「あうん」の呼吸で行く先は即決まった。
マカレー・ショッピングセンター1階ほぼ中央にある「あうん」さ(笑)!
ワイキキと言い切るのはちょっと苦しい位置だけど、ワイキキから歩いて行けない距離ではない。

 ここはかつて「じゅげむ」と呼ばれるトンカツ屋だった。中々美味しいトンカツを食わせたけど、オーナーが日本へ帰ってしまった。その後何回か代が変わったものの結局立ち行かず、この「あうん」になったのさ。
この「あうん」、メニューは居酒屋風だけど、中にはハワイならではの「チョイサム」等もある。
味にうるさいとんまもここのメニューは何でも食べる。
大体とんまも健太も「共食い系メニュー?」が大好き。
「いも」「かぼちゃ」「なす」「だいこん」など等、、、、、、。
健太はかつて「大根役者」でした。とんまは今も「ボケナス」です、、、、(笑)。
ま、そんな訳で今日もご多分にもれずメニューは「ボケナスのグラタン」、「大根役者サラダ」。旨いいぜー。

 お店の名誉のために、実際のメニューには「ぼけ」及び「役者」はついてませんので、、、、。健太たちの勝手な創作です(笑)。
 
 写真は「ナスのグラタン」と「ししゃも」。その奥に小皿にとってあるのが「大根サラダ」です。


Aun

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2005

ワイキキの人気レストラン

 ワイキキには、日本食でもメインランドラから来た観光客や、ローカルの人達に人気のある店が沢山ある。
今日はその中の一つを紹介しよう。

 「お好み焼き・千房」。
正直言って「お好み焼き」がこれほど日本人以外に人気が出るとは思ってもいなかったけど、ここは連日本人観光客はもとより、白人、ローカル客が列を作るほど混んでいる。
健太があまりよく行くので、店の人も皆友達になってしまったくらいだ。
しかしよく考えてみると、お好み焼きは客の目の前で料理をするので、パーフォーマンス好きのアメリカ人に受けないわけがないよね!
ましてやアメリカ人の主食であるステーキが、抜群に美味いと来てる。

 更に従業員が皆めっぽう明るい上に、フレンドリー。
ロイヤルハワイアンショッピングセンターDFSよりの3階にある。
今日は店長の「デビッド」君を紹介します。いかつい体のくせにめっぽう優しい!こういう男って、きっと女の娘にもてるんだろうな~、、。しきりに羨む健太です、、、(笑)!

 写真は店長の「デビッド」君です。見かけたら声を掛けてやってくださいね!


David

| | Comments (13) | TrackBack (0)

February 13, 2005

ハワイ、今週の封切り映画

 夕べはホテル仲間のムービーマンから予定どうり連絡がは入った。ご存知のように土曜日は特別の事がない限り彼と映画に行く事になっている。

 映画は「Assult Precinct on 13」
大晦日、ある地方警察署に大雪のため急遽、囚人護送車が立ち寄る。
囚人たちはその留置所に仮入所する事になるんだけど、この中にいる大物悪人を亡き者にしようと、何者かがその警察署を大挙して襲ってくる。多勢に無勢のその警察署では、一時的に囚人たちにも武器を与えて、お互いを守ろうとする。次々に死んでゆく警察官と囚人たち。
主演の警察官には、Eathan Hawke, その大物悪人にはMatrix でもお馴染みの Laurence Fishburne。
悪役のLaurence Fishburneの重厚な演技と、極限状態に生まれる男同士のかすかな情がぐんぐんストーリーを引っ張ってゆく。トイレも行けないほど緊迫した1時間40分だった。

 今日は素晴らしい天気。後は「健太のワイキキだよ、おっかさん!Part II」を見てください(笑)!
 
IMGP0673

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 12, 2005

ハワイの蛇は

 健太のお爺ちゃんは長野県上高井郡の温泉村で開業医として、その晩年過ごした。
かつてそれは、日本の年寄りの理想的な引退生活だったんじゃないかな。村人達の役にたちながら、温泉三昧。
お爺ちゃんの家の裏戸を開けて、更にある目の前のもう一つのドアを開けるとそこはもう温泉の湯船。健太は良く家から真っ裸で温泉に行ったのを覚えている。

 その田舎の景色はいまだにこの目にはっきりと焼きついてる。
山のつり橋や深い谷底を流れるせせらぎ。山の中にはいたるところに湧き水が出ていて、夏はとても冷たくて美味しかった。その湧き水のあたりを良く探してみるとちっちゃな蟹がいるんだ。
怖かったのは、街に出るバス停に行く間の木陰に、無数の蛇たちが休んでいたこと。その蛇を刺激しないように、そっとその間を縫って歩く時の怖さは、幼い健太にとってまさに地獄だった。

 最近の引退者の夢の一つに、「老後はハワイで過ごしたい」ってのがあるようだ。
ハワイはお年寄りに優しい土地。確かにそれも良いけど、良く考えると問題は幾つかある。
健太のおっかさんは過去ハワイ永住を視野に入れて、日本の梅雨、暑い夏の時期を避けるようにここハワイに長期滞在した事があるんだけど、結果はあまり芳しくなかった。
先ず第一に、言葉が通じない。次に友達がいない。
おっかさんは一月以上滞在したけど、結局あの人ごみと猛暑の日本に帰っていった。
幾ら気候が良くて過ごしやすくても、生きるって事はそれだけじゃないんだね。

 因みにハワイには蛇がいないんだなー。天敵のマングースが絶滅させたっていう話だ。
時々グアム島から来る飛行機の脚にくっついてきて、危うく蛇がハワイに入りそうになる事が有るけど、そんな時はそりゃもう大騒ぎさ!

 写真はカイムキ方向から見たダイアモンドヘッド。幼い頃の長野の思い出を髣髴させる深い緑だけど、蛇はいないよ(笑)!


kaimuki_diamondhead

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 11, 2005

飛び続ける とんま!

 「とんま」は成田に飛んだ。帰ってきたらバック・トウ・バック(休みなく)で今度は関空へ飛ぶ。とっても忙しいんだ。
健太の稼ぎが少ないので共働きはしばらく続く。
ていうか、健太の働きがどんなに良くなったとしても、「とんま」は飛び続けるに違いない。彼女はとび職(スッチー)と言う仕事が大好き。いや、それはもう生きがいにもなっている。天職だね!
だから休みが長く続いて、うちにいる「とんま」は元気がない。「青菜に塩」って感じ。
健太は「とんま」にいつまでも輝いていて欲しいので、仕事はこのまま死ぬまで(は一寸オーバーかな)、続けて貰うだろう。
ハワイは退職金なんてないから、出来る限り二人とも稼いでおかないとね(笑)!

 そんな訳で、健太の夕食テイクアウトは続くし、健太雑炊をはじめとする、その他もろもろの健太料理は続く。
夕べは、お得意の「健太味噌ラーメン」。
そんじょそこらのラーメンはとても足元にも及ばない一品さ。美味そうだろ(笑)!


kenta_ramen

| | Comments (9) | TrackBack (0)

February 10, 2005

今年のワイキキ・ホテル事情

 今年ワイキキは、ホテルの部屋のインベントリーが大幅に減るようだ。
「ハイヤット」「シェラトン」が既に改装に入っている。それぞれのホテルが200ルーム位ずつ改装をして行くとして、両ホテルで400ルーム程ワイキキの部屋が減ることになる。
そればかりじゃない。ルーワース・ストリートのアウトリガー・オハナを全部取り壊して新しいホテルを建てるという。これだけでも更に2000ルーム位ワイキキのホテルが消えてしまう。
つまり、ワイキキのホテルのインベントリーが一挙に2400部屋ほど消えてなくなるんだ。

 そんな訳で、健太のホテルは今年は成績が良い。成績が良い理由はもちろんセールスマンが優秀な事は誰もが認める事だけど(エッヘン!)、実はこういったほかの要素が大きく働きかけているのも事実。

 航空会社はかつてのように、空っぽの機材を飛ばすような馬鹿な真似はしない。これだけガソリンが高騰してくると、一機を出来る限り満杯にして効率よく飛ばそうとする。もし客が集まらない路線があれば情け容赦なく切り捨てていく。航空会社の面子などどうでも良い。何時も少し席が足らないくらいにしておいた方が値段も高く出来る。
何でもかんでも安くしようとする今の日本のデイマンドは、アメリカの景気が良くなってるだけに、そっぽを向かれる可能性がある。

 かつて健太が日本にいる頃、友達や親戚は「あー、健太さんがレコード出したから買ってあげよう」って言って、¥1000のレコードを¥2000で買ってくれた。
今は「あー健太さんがワイキキのホテルで仕事してるから、安くして泊めてもらおうか。もしかしたら、ただになるかも知れないね!」、、、、、。
友達や親戚はみんな良い理解者で味方、後援者だったはずが、今や「何とかくらいついて得をしよう」って、悲しい事だと思います、、、、。

 写真はワイキキ水族館の辺りからホテル群、そして遠くにEWA方向をとらえたもの。


waikiki_hazure

| | Comments (5) | TrackBack (0)

February 09, 2005

ハワイの花・プルメリア

 ハワイには綺麗な花がいっぱい咲いている。
健太は男。あまり花の名前なんか興味はないけど、最低限ハワイの花の名前は知っている。
中でも好きなのは「プルメリア」。
ハワイのいたるところで一年中咲いている。
皆も知ってるとは思うけど、この「プルメリア」の木のそばを通ると、とてもいい香りがするんだ。

 今を去ること20年ぐらい前。松田聖子さんがハワイに来て、中井貴一さんと映画の撮影をした。その時の映画のタイトルが「プルメリアの伝説」。
ホテルのシーンが結構有って、その時の舞台は「ハワイアン・リージェント・ホテル」。現在の「ワイキキビーチ・マリオット」だね。
その時丁度健太は、その「ハワイアンリージェント」で仕事をしていたので、仕事を抜け出しては撮影現場を見に行ったっけ。
カメラの周りをうろうろする健太。
健太はイケメンだから、「撮影隊にスカウトされるかもしれない!」。そんな思いで、更にうろうろ、、、。そうしたらADみたいな人が健太のところに来たんだ!
<スカウトだ!>高鳴る胸の鼓動。
ADが言った。
「あのう~、すいませんが用がなかったらそこどいてくれますか!」

 写真は華麗に咲く「プルメリア」、そしてダイアモンドヘッド。

Pua

| | Comments (19) | TrackBack (0)

February 08, 2005

ワイキキのホット・ベッド

 2月は毎年ワイキキのホテルが何処も満室。
連日「健太さん部屋ないですか!」って電話が鳴りっぱなし。
もうすぐお客さんが入ってくるって言うのに、未だホテルが確保出来ていないと言う旅行社がかなりあるようだ。

 今を去るウン十年まえ、ワイキキ中ホテルがいっぱいで部屋がなく、当時のローカル料亭「かんらく」と言うところの大広間にお客さんが雑魚寝させられたって事件があった。何ともいまわしい出来事だったけど、この業界に長くいる者は皆覚えているに違いない。その名物料亭「かんらく」は、現在もうない。

 その後もワイキキのホテルがいっぱいで、クイリやマウイ、カウアイなど他島のホテルにリロケーションしたなんて話しは掃いて捨てるほどある。しかしこれには莫大な費用が掛かる。往復の航空運賃はもとより、ホテル代も他島は高額。
この費用は大抵ホテル側の負担。しかしいずれもバブル時代が殆どだったので、ホテル側も何とか対応ができた。しかし今はどうなのだろうか、、、、、。
幸い今健太が勤めるホテルは健全経営。溢れる事は殆どない。
しかし万が一溢れそうになったら奥の手がある。
健太のホテルにもエアークルーが泊まっているので、この人達は夜中出てゆく。出て行ったら、健太たちマネージメントが夜中出勤してきて、その部屋を掃除して次の日に備える。これで何とか足らない分はまかなえることが多い。
これを業界用語で「Hot Bed」と言う。「未だベッドには、前のお客さんのぬくもりが残っている」って言うような意味。あるいは稼働率が上がって「ベッドが熱くなってる」って意味もあるかもしれない。

 このまえアンバサダー・ホテルが評判良かったので、おいおいワイキキのホテルを紹介して行きたいと思ってます。
今日は健太が以前勤めていた「Pacific Beach Hotel」
通称「パック・ビーチ」
オーナーは日系2世。さすが日系ホテル、日本人客対応は万全。和食レストラン「将軍」もあるし、日本人が安心して泊まれるホテルです。

 写真は「Pacific Beach Hotel」のサイン。手前のベージュ色のがそれ。向うに見える白いビルは「Foster Tower」です。

pac_beach

| | Comments (11) | TrackBack (0)

February 07, 2005

ワイキキ免税店コンビ

 いつも最初に天気の話しが出るけど、しょうがないね、ハワイはそれが一番大切なんだから。
今日の天気は悪くはないけど、昨日みたいにハワイ晴れとまでは行かない。青空はあるけど澄み切ってはない。
どうやら今週木曜日辺りから、更に崩れるそうだ。

 なんて、空を見上げながらいつものようにDFS ギャレリアリアの前を歩いてると入り口に「てっちゃん」が立ってる。今日の係りは「てっちゃん」だ。
「てっちゃん」とはかれこれ20年くらいの知り合い。彼もこの業界長いので、ハワイの事はめちゃ詳しい。
「てっちゃん久しぶり!」健太の声にそのスリムになった体をくるっと回して握手をしようと手を出してきた。

 久しぶりに会う「てっちゃん」はずーとスリムになってかっこ良くなってる。
つい一ヶ月前辺りからこのDFSの入り口で仕事をしてるらしい。
「いやー健太さん、よく分かりましたね。僕、すごく痩せたんで分からないで通り過ぎていく人がいっぱいいます(笑)」
なるほど、確かに一寸見では気がつかないで通り過ぎちゃう人もいるだろう。
そこへいつもの純ちゃん。「やあ、健太さん!」
純ちゃんはこの前ここで評判が良かったので、その旨伝えると照れながら、「てっちゃん」を撮ろうとしてるのに自分も割り込んできた。
てなわけで今日は、「てッチャン+純ちゃん」のDFSコンビで健太のブログに出演してもらおう(笑)!
この二人を見かけたら、声をかけてやってください。
爽やかなハワイアン・スマイル、最高でしょ!
 
写真右がてっちゃん、左が純ちゃんです。


tecchanjunchan

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 06, 2005

カハラでウエデイング

 午後買い物がてら、カハラにドライブに出かけた。
余り天気が良いのでついカハラ・マンダリンの近くにあるビーチウオーク・パークで散歩。
ここは人が少ないので、何時ものびのびと出来る。
公園の木陰では既にフィリピンの人たちがバーベキュー・パーテイーで盛り上がっている。
緑の部分を抜けるともうそこは「カハラ・ビーチ」。
白人の可愛い女の子がワンコと一緒に泳いでいる。ワンコ大はしゃぎ!
ハワイならではの何ともほのぼのした光景。でも残念ながら写真は望遠を使ったので、ぼけてました(笑)!

 おや、あ、あっちから新婚さんたちがやってくる。12,3人の友達や親族と一緒だ。
快晴。絶好のウェデイング日より。
なるほど、この辺りまで来れば人は少ないのでまるでビーチは貸し切り状態。
花嫁、さと子さん(名前聞きました)のこぼれるような微笑。花婿、たくみさんの誇らしく輝く目。
思わず赤の他人の健太は叫んだ。
「お幸せにねっ」!

 見てごらん、ハワイは二人を祝福してこんなに素晴らしい景色を惜しみなく披露してくれている!

shimizu_san

| | Comments (8) | TrackBack (0)

February 05, 2005

ハワイ名物って何だ?

 「ハワイの名物ってなに?」って聞かれちゃうと、、、、「うーむ」って唸っちゃう。
マカデミアンナッツ・チョコ、パイナップル、コナコーヒー、、、、ま、色々あるんだろうけど、「フリフリ・チキン」ってのはどうかな?
良くスーパーマーケットの駐車場にテントを張って、煙をもくもく上げてるのを見ることがある。
そいつは大抵フリフリチキンを焼いて売ってるのさ。
照り焼きソースみたいなやつで味付けしたなかなか美味いチキンだ。
おまけに安い。
一体誰がこいつを考え出したのか、そして何時ごろからハワイに定着し始めたのか分らない。でもこの味付けに醤油が使われている事から、誰か移民日本人のアイデアであるのはほぼま違いない。どう考えても焼き鳥からきたアイデイアとしか思えないんだよね。

 先週健太の良く行くタイムススーパー・マーケット、キングストリート店の駐車場は香ばしいフリフリチキンの煙で包まれていた。「わーこの臭い、たまんないなー!」。つい健太もつられて買っちゃいました。とんまはいなかったので、一人で全部食べちゃった(笑)!
観光客の皆さんにはなかなか食べるチャンスがないかも知れないけど、時々ワード・ウエハウスの向かえ側、「マルカイ」の駐車場辺りで見かけます。それとドライブに出た時、もしどっかの駐車場で煙が上がってたらちょっと寄ってみてごらん、火事じゃない限り、たいがいそいつあフリフリチキンだよ(笑)!
「フリフリ」の意味には色々な説があるけど、ハワイ語で「まわす」とか「ひっくり返す」って言う事らしい。


FuliFuli

| | Comments (10) | TrackBack (0)

February 04, 2005

ワイキキ・免税店

 ワイキキの天気はまだまだだめ。今日もぱらつく雨の中営業回り。
雨が降ると心も晴れない。

 毎日必ず通るのがDFSギャレリアの前。雨を避けるように小走りにギャレリアに飛び込む。
雨にぬれると髪型が整わなくなっちゃう。セールスマンは見かけも大切だからね!髪を掻き分けながら辺りを見回す。誰かが健太を呼んだような気がしたからさ。
入り口の両側に日本語をしゃべる係りが立っていて、入店カードをチェックしている。
「やあ健太さん」一人の係りが今度ははっきりと声をかけてきた。よく見ると健太たちのライブによく遊びに来るお兄さん。歌が上手なので良く歌ってもらっていたけど最近来なくなった。
「あれ、純ちゃんじゃない、最近歌いに来てくれないね」
そういう健太に頭をかきながら純ちゃん。「いや~裏オワフに引っ越しちゃったんでこっちには仕事以外じゃ出て来なくなっちゃったんですよ」。
どうりで、、、、そういう訳だったのか。
うなずく健太に純ちゃんは続けた「でも、またこっちに引っ越してきますよ、そうしたらまた歌いに行きますね!」。
そうにこりと笑った顔が素晴らしい。癒し系そのもの。
思わずカメラを向けてパシャリ。

 てなわけで、今日の写真はDFS に勤めている純ちゃんです。彼の笑顔は最高だね!



Jun-chan

| | Comments (10) | TrackBack (0)

February 03, 2005

ワイキキで一番ツイテル男!

 なんて健太って、「ツイテル」んだ。
この2週間この大混雑のワイキキのホテル、部屋は何処行ってもありゃしないってのに、ちょうど営業回りをしていたらある大手の旅行社のリザベーションの可愛子ちゃんが「健太さん、10ルーム2月X日から4泊で取れますか?」だって。
喉から思わず声が出かかったね、『あるわきゃ無いでしょこの時期に。そんな事は業界じゃ常識じゃん!』。だけど、ふとその言葉が止まった。可愛子チャンの目を見てたら言えなくなっちゃったのさ。
「あそう、ふんじゃオフィスに帰ったらチェックしてみるよ、、、」なんと鼻の下の長い健太、、、、。

仕方がない、一旦そう言ってしまえば健太も男の子、出来る限りのことをせねばならぬ。早速オフィスに帰ってルームカウントを見てみた。
コンピューターの画面を見て一瞬自分の目を疑った。なんとちょうどあの可愛子ちゃんが欲しがっていたところにぴったり10ルームの空きがあるじゃないか。
「ど、どうしてここが空いてんだ!今朝見た時点では1室の空きもなかったのに!」そう叫ぶ健太に秘書が言った。
「Oh, some one cancelled 10 rooms a couple minutes ago!(誰かさっき10ルームキャンセルしたんですよ!)」
だって。
「やった!」
ワイキキで一番ツイテル男、健太(笑)。
可愛子ちゃんにも、喜んでもらえる。
ツイテルからひょっとして、、、ロータリーでも買おうかな~。

 今日も天気が悪かったけど、夕方になって少し回復。仕事帰りに健太の家の前の夕焼けの公園をパシャり!

yuuyake_2

| | Comments (5) | TrackBack (0)

February 02, 2005

ワイキキのホテル、何処もいっぱい!

 曇りっぱなしのワイキキ。時折ぱらつく雨。
「ハワイ良いとこ一度はおいで、椰子の葉かげで、、、あ~やんなっちゃった、あ~驚いた!」
って歌が昔流行ったけど。本当にこの天気「やんなっちゃった」。
 
 そのぱらつく雨の中、営業まわりの最後にクヒオ通りのアラモアナ側の外れにある「アンバサダー・ホテル」に寄ってきた。このセールス部門のトップが健太の友達。
ここには一週間に一度は立ち寄って、情報交換をする事にしている。
クヒオ通りの工事は99.9%は終わっているけど、最後の詰めをちょうどこのホテルの前でやっていた。クヒオ通りは本当に綺麗になったよ!

 このアンバサダー・ホテルは、セールスマンが優秀であると同時に料金がリーゾナブル。今ワイキキでは一番先に埋まるホテルの一つになっている。今週も連日超満員。
また毎年そうなんだけど、2月はワイキキのホテルは何処も満室。寒いカナダや、メインランドから暖かさを求めくる人々が大挙押し寄せてくるのさ。
まだ部屋が取れないで困っている旅行社から、毎日のように健太に電話が掛かってくる。日ごろ御世話になっている皆さんなので、何とかしたいけど、こればっかりはどうにもならない。庭にもう一軒ホテルを建てるっきゃ無い。

 写真は先週撮ったアンバサダー・ホテル。


Ambassador

| | Comments (11) | TrackBack (0)

February 01, 2005

ハワイの悪徳弁護士にご注意!

 その日取った写真をその日のうちにアップする。これが健太の基本的姿勢なんだけど、いやはや悪天候がこう続いちゃー仕方ないね。前に撮ったやつを今日は載せました。

 カハラのワイアラエゴルフ場から真っ直ぐワイキキの方向に戻ってくるとこの景色が見れる。
目の前の道は、丁度ダイアモンドヘッドをぐるっと回れるように、海側から山の裏側へと続く道。ここを行けばカハラ・モールの方へも出れます。もちろんダイアモンドヘッドはお尻の部分が写ってる(笑)!
この健太の立っている後ろは海側で、丁度昔石原裕次郎の別荘があったあたり。
早く健太もこのあたりに別荘を建てなきゃいけないけど、、、、ちょっとお金が足りません。あと300万ドル程あればいいんだけどな~、、、(笑)!

 お金って言えば、「ハワイ永住」を目指している人に、「何とか永住のお手伝いをしましょう!」とか、言って2,30万ドル取って逃げちゃう、って言うような詐欺師がいっぱいいるらしいので気をつけてください。
前から健太は言ってるけど、永住権はそんなに簡単には取れません!
中には悪徳弁護士もいっぱいいます。くれぐれも騙されないように。
一体誰を信用して良いか分らないと思うけど、とりあえずハワイの大手日本企業お抱えの弁護士とコネを付ける事です(それすら時には信用出来ない事もある)。
そして、安く済まそうなんて思わないこと!
残念だけど、お金がない人は誰かこっちで結婚相手を探すか、抽選で永住権を当てる事です(笑)!

kahala_diamondhead

| | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »