« February 2005 | Main | April 2005 »

March 31, 2005

ワイキキの寅さん

 健太の事を「寅さん」となぞった人がいる。
あんな人気者と一緒にしてもらうって事は実に光栄な事ですね。
だってルックスは「ヨン様(?)」、やってる事は「寅さん」、こりゃ男の理想の姿じゃないか!
後、足らないのはお金だけ。それさえありゃもう鬼に金棒。
健太の夢は、ワイキキに「健太コーナー」を作って、日本からの皆さんと友達になる事。
今や日本人旅行者もFIT(Free Independent Traveler)が増えてきて、時には何か相談したくても、旅行社を通してきていないFITの人は相談する相手がいない。

 ハワイみたいに幾ら何度来たことが有っても、知り合いがいないって時には困ったり寂しかったり。
そんな時「寅さん」みたいな気のおけない奴が側にいてくれりゃ、ほっとするんじゃないかな。

そんな訳で、いつの日か「ワイキキの寅さん・健太コーナー」ができる日を夢見てます(笑)!

 写真は今日のワイキキの空。ワイキキショッピング・プラザの前で撮影。

 Part II を読む、、、、

waikiki_sky

ローカル情報 | | Comments (9) | TrackBack (0)

March 30, 2005

ワイキキ・ビーチタワー

 今日はワイキキ・ビーチタワーを紹介しよう。
今から20年ほど前に、鳴り物入りでワイキキの中心に建てられたこのワイキキ・ビーチタワー。
カラカウア通りには直接面してはいないものの、ビルの前には背の低いマックが入ったビルが建っているのみ。ほぼ「カラカウア通りに面している」、といっても過言ではない。
何よりも素晴らしいのはワンフロアに2ユニットしかないので、居住性は最高。更に景色は海側から山側まで一つのユニットはつながっているので、オーシャン・フロント、マウンテイン両方のビューを楽しめる。39階建て。

 健太も欲しいけどほんのちょっとだけ、えーと150万ドルほど足りません(笑)!。
だってここは20年前に売りに出された時から1ユニット100万ドルしたからね!仕方が無い、ワイキキの度ど真ん中のオーシャンフロントだもんな、、、。
ここもコンド以外にホテルとしても営業している。もちろん一泊の値段は馬鹿高いさ!最低でも$550位取られるかな。

 写真はリリオカラニ・アベニュー山側から撮った、ワイキキ・ビーチタワー。

  Part II を読む、、、

wkk_b_tower

| | Comments (5) | TrackBack (0)

March 29, 2005

ワイキキ和みのひと時

 本当に狭いワイキキだけど、毎日の営業はくたびれる。
いくら調子の良い健太でもいろんな人に会って話をして、何か問題があった時には「ホテルの対応が悪い!」なんて叱られたり、「ホテル代安くしろ」なんていわれりゃ疲れるよね。やっぱ仕事は何でも楽じゃないよなー。

 そんな時は各社の美人受付嬢、オフィスレデイーに会って、心を和ませる事にしてる。
ワイキキにも沢山の美人受付嬢、オフィスレデイーがいるのさ!
彼女達は大抵人当たりも良いし、優しい人たちばかり。
疲れたときに彼女達と冗談なんかいって、一寸時間をつぶすとまた元気が出てくる。おじさん現象だねこりゃ(笑)!

 そんな訳で今日は業界大手のJ社の受付、Nさんのところに寄って見た。
実は先週Nさん、健太のライブを見に来てくれたのさ。
彼女はピアノも弾くし歌も上手。一曲歌ってもらった。
透き通ったとても綺麗な声が印象的でした。

 Aビルのエレベーターを降りると、直ぐ目の前に受付があって彼女が座ってる。
「あら健太さん、今日はどなたとアポですか?」
「別に誰ともアポは無いんだけど、Nさんに会いに来ました!」
健太の言葉にとまどうNさん。
おじさんにそう言われても嬉しいわけがないもんね(笑)!
ま、四方山話をして最後にNさんをパシャリ!。

Nさんの笑顔なかなか良いでしょ!
何時も心を和ませてくれて有難う、Nさん!

 Part II を読む、、、
N-san

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 28, 2005

ワイキキのハオレ

 ワイキキの観光客もこのところ「ハオレ(白人)ラッシュ」
かつて日本人70%のワイキキだったけど、最近は逆転されてるかな、、、。

 ハオレたちは、背も高いし色も白いので派手な色彩が似合う。
大体、黄色なんか難しいい色で日本人には中々似合わないと思うんだけど、どうかな、、、。
そんな事を考えながらワイキキを歩いてたら、ハイヤットの前でとても可愛い父息子発見!
黄色がよくにあうね!
早速写真を撮らせてもらった。
例の小型の三輪レンタカー。
これからハナウマ方面に行くらしい。
坊やの名前はマイク君。お父さんはご覧のように「目に入れても痛くない!」って顔して鼻の下を長くしてた。
このレンタカーも良く彼らに似合ってるよね!

 ハオレ連中には、日本人も中国人も似ているので、どっちがどっちだか良くわかんない。
だから時々冗談で、健太たちに
"Are you a Japanese or a Chinese, which nese are you?"
なんて言ってくる。

 そこで健太も負けずにハオレに言ってやる、
”Are you a Yankee or a Monkey which Key are you?"

 あくまでも、あっちもこっちもジョークですのでくれぐれも誤解のない様にお願いします(笑)!
ジャップとヤンキーはそんな冗談も平気で言えるほど、とても仲のいい間柄だと思います。

  Part II を読む、、、

Haole

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 27, 2005

ワイキキ・ランドマーク

 健太の部屋から公園が見える。さっきまで大揺れに揺れていた椰子の木たちが少し落ちついている。
風が少しおさまった様だ。
この3日間、オアフ島全体が強風に見舞われ、観光客も戸惑っていた。
それよりも何よりもこのところやけに寒い!
日本からの人たちが慌ててセーターなど買い込む姿を眼にする。
夕べは映画館の中が更に寒いのを知っていたので、冬に日本に行く時にはくタイツをたんすの奥から引っ張り出してはいてました。ムービーマンにそう言ったら、「らくだの股引(ももひき)?」だって。何のこと??

 でもさ、どんなに風が吹いても雨が降っても、こいつだけは何時も変わらないよ。健太の「ダイアモンドヘッド」様!
もう健太にとってはダイアモンドヘッドは信仰にも近い物がある。
この世にこんなに素晴らしい物が存在する事自体が奇跡さ!
ワイキキで仕事をする健太は一日一回はその雄姿を拝ませてもらってるからね。
風が強かろうが、ハリケーンが来ようが、津波が来ようが、彼は堂々とこのワイキキを見守っているだろう。


 「ダイアモンドヘッド」は1959年、ナショナル・ランドマークとして登録されている。

  PartII を読む

land_mark

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ホノルル封切映画

 ムービーマンから電話が入った。
「今日は、デズニーの映画に行くぞ!」
えっ、じゃ今日は「子供向けの映画?」
がっかりする健太にムービーマンの自信たっぷりの声、「結構面白いって評判だから心配すんなよ!」
ま、大体今まで「ジャンク・ムービー」は選ばなかった彼の事だから、、、、。
題名は「アイス・プリンセス」

 主人公 の女子高生、 Casey Carlyle の自宅の前に小さな池があって、冬になると凍る。
そこでスケートを楽しむ彼女は、母親の夢「ハーバード大学」にはいるために勉学にはげむ。
母子家庭で経済的に苦しいので奨学金を貰おうと、アイス・スケートを科学的に分析してより効果的なすべり方の検証論文に取り掛かる。
しかし、そのうち自分がすべることに夢中になってしまい、遂には自分自身がコンテストに出てしまう、と言う話。
話は友情やほのかな恋、そして大人たちとの軋轢。
主人公 Casey Carlyle を演じるMichelle Trachtenberg のスケートのすべりが抜群に美しかった。
もちろん彼女自身もピュアで可憐な女子高生を良く演じているし、とても可愛い。
ムービーマンは自分の年も考えずに「ああいう娘、俺好きなんだよなー」だって。やれやれ困ったおじさんです。
えっ、「How about you?」ですか、、、面目ない、健太もああいう娘大好きです(笑)!

 癒し系の映画求めてる方におすすめ。

 映画が終わってムービーマン御用達のレストラン「like Like」へ。
ところがこいつが「イースター・ホリデー」で満席。だいいち駐車場なんかありゃしない。
仕方なく今日はカイムキの「コロンビアイン」へ。

 健太はえび天ぷら、ムービーマンがハンバーガーステーキを食べた。コロンビアインはローカル・レストランだって言うのに、「えびと野菜の天ぷら」があったんだ!

 PartII を読む、、、、

ice_princess

| | Comments (5) | TrackBack (0)

March 25, 2005

ハワイアンスタイルのお祓い

今日は「プリンス・クヒオ・デー」

 カウアイ島の王ピイコイの息子、ジョナ・クヒオ・カラニアナオレ王子の誕生日を記念したハワイ州の祝日。
カラカウア王の従兄弟にあたる王子は国王の後継者に指名されたものの19世紀末、リリウオカラニ王女時代に起こったクーデターによりハワイ王朝が崩壊してしまう。
その後、米国下院議員に選出され、ハワイアンの政治家として初めてアメリカ議会に出席。アメリカの領土となったハワイで、生涯ハワイアン擁護に尽くす。現在"クヒオビーチ"と呼ばれるワイキキビーチの東は、当時王子の住居があった場所。見覚えが有るかもしれないけど、今そのクヒオビーチには彼の銅像も設置されているよ。

 プリンス・クヒオは健太のホテルと深いかかわりがあって、朝からそのプリンス・クヒオと健太たちのホテルのお祓いをしてもらった。
フラとチャントによる15分間ほどのその行事は、ホテルのマネージャーから宿泊客に至るまで、お祓い(ブレッシング)をしてくれた。健太も神妙な顔をして列に並んだけど、そこは「ブロガー」の悲しい「さが」。やがてデジカメ片手にその辺をうろうろ。良い写真を撮ろうと立ったり座ったり。
お祓いはハワイアンの男女、それと子供一人。
流石にハワイアンの子、子供のくせにフラはめっぽう上手かった!
それとハワイに長い健太もこれほど素晴らしい「お祓い」は初めて。会社はけちで健太たちの給料はケチるくせにこういうことには金を掛ける、、、(失礼っ)。
でも、みんなの幸せのためなら、まいっか、、、(笑)。

 写真はホテルで行われた「お祓い」の風景。

Oharai 

| | Comments (7) | TrackBack (0)

March 24, 2005

ワイキキをイメージに、タイトル募集!

ワイキキや、ああワイキキや、ワイキキや!
松尾芭蕉で有名な句ですね!

いや嘘です(笑)!
でも、松尾芭蕉は「松島の美しさに、二の句が出なかった」って事だったんでしょ。
「二の句が出ない」と言う意味では、まさにこのワイキキも同じさ!
だから彼が今まだ生きていてハワイに来たら、きっと健太と同じ「句」を読むと思うね(笑)。
ビーチに寝っころがって、ぼーっとワイキキの景色を眺めていてごらん、1日なんかあっという間に過ぎちゃう!

 健太は何度も曲作りでこのワイキキをテーマに「詩」作ろうとしたけど、うまく表現しきれない。
それほどワイキキは魅力的なんだな!
そこでやっぱり、言葉にするよりメロデイーで表したほうがそのスケールや雰囲気をより端的に表現できそうな気がして、このまえからこのワイキキをテーマに、メロデイ・ラインを作り始めている。
ゆったりとした時の流れの中に、さんご礁で砕ける波、茜色に染まるマカハの空。椰子の葉はそよぐ風に揺れてかすかに音を立てる。沖を行くカタマラン・ヨット。
波とたわむれるサーファー達、、、、。
 
 で、その曲ほぼ完成なので、タイトルを皆に考えて欲しいのさ。

 写真はワイキキのとある街角と、タイトル募集の賞品、今人気のホノルル・クッキー。

 Part II に続く、、、、、


to_alawai
honolulu_cookies 

| | Comments (10) | TrackBack (0)

March 23, 2005

ワイキキのヨン様

 健太の仕事はホテルのセールスマン。
仕事の内容はもちろんホテルの部屋をお客様でいっぱいにすること。
だからそのための全ての仕事をしなきゃならない。
主には日本の旅行社にお願いして、その旅行社の商品として扱ってもらうこと。

 そのほかマスコミ、インターネット、雑誌等で宣伝をしてもらったりするんだけど、中々宣伝費なんか出てこない。特に911の後、会社はそうしたことにお金を出さなくなってきているんだ。やりにくいよね。

 そんなわけで、日本の旅行社のスタッフがよくホテルに来て、サイト・インスペクション(ホテル見学)をしてくれる。
今日はA社の東京のスタッフが見学に来てくれたのでご案内しました。
天気は上々。ホテルの部屋から見るワイキキの海は、シャーペット・トーン、エメラルドグリーン、コバルト。それらの織り成す複雑な色彩は淡く、眩しく、時には癒しの光となって心を和ませてくれる。
今日は絶好のサイト・インスペクション日和だ!
 
 ホテルを案内する健太は、何とか他のホテルと違った印象を見学者に与えようと、時には「きみまろ風に」時には「ヨンさま風に(?)」そして時には「キムタク風に(?)」芝居をしながら、面白おかしく過ごすことにしている。
そんな訳で健太は韓国語も少し喋るし、最近この辺りでは、「ワイキキのヨンさま」と呼ばれているらしい、、、、。
だ、誰か笑いましたか?

 写真は健太のホテルのスイートルームを見学中のA社東京オフィスの真弓さん、弓子さんです。

  Part II を読む、、、、


Aloha

| | Comments (6) | TrackBack (0)

March 22, 2005

ワイキキの教会

 ワイキキのど真ん中にカトリック教会がある。
「セント・オーガステイン・チャーチ」がそれ。高層ビルの間に立つっている緑色の三角屋根が一際目立つ。多分皆も見た記憶があると思う。
場所はパシフィックビーチホテルとワイキキ・ビーチ・マリオットの間。

 健太のホテルの近くなのでよくその前を通る。っていうか、車で通り過ぎると言った方がいいかな。
今日は近くのお得意さんまで歩いて行ったのでその途中、何故かその表の鉄格子から裏のドアまでも開け放たれているのを発見!今まで何度もこのまえを通ったけどいつも閉まっていた。
開け放たれているって事は、入っていいんだよね?
ともあれ、表から見えるそのステンドグラスの、あまりの美しさにつられてつい入りたくなったのさ。

 こんなに素晴らしい教会だから多分、多くの日本のウエデイング会社が挙式に利用しようとして、話を持ちかけたと思うんだけど、、、、。ま、断られるよねここは、、、、。
 

  Part II で続きを読む、、、、、

st. Augustin

| | Comments (6) | TrackBack (0)

March 21, 2005

今ハワイにいろんな人が来てる

 今いろんな人が日本から来てる。
健太の娘。そう娘が今東京から来てます。娘がいるんですよ(笑)!
X(ばつ)が有るんです。
とんまは良く出来た人で、健太の娘とも本当に仲良くしてくれます。感謝してます!
ま、娘の方も結構あっけらかんで(実際はそうでないのかも知れにけど、、、)とんまと仲良くしてくれます。
一昨日「しゃぶしゃぶ青山」に行ったって、昨日書いたけど、実はその娘ととんまの3人で行ったんだ(笑)!

 それとブログ友の「まりあちゃん」も来てます。
去年、健太のライブで歌ってくれたんですが、あれからかれこれ半年は経つかな、、、。歌はとっても上手でした。
で、今日はたまたまランチがあいていたので、シェラトンに行って彼女に会ったんだけど、彼女も時間が丁度空いているというので「ランチに行こう!」って事になったわけ。

 ブログ友は出来るだけ「BOZU」に案内するんだけど、最近あの「占い」をしてくれるママに中々会えなかったのさ。
ともかくだめもとで、「天ぷらそばが旨いから、それを食べよう!」って事で行ってみたのさ。

 いや~ラッキー!今日はママがいました。
ママは健太がブログで「BOZU」とママのことを紹介してるのを知らなかったので、それを伝えたら「どうりで最近、日本のお客さんがワイキキから『占い、見て下さい』って来ると思ってた!」と、驚いていたっけ(笑)!

 「まりあさん」をママはこう占いました。

  Part II に続く、、、、、

 写真は青山のしゃぶしゃぶ。向うのピンクが娘、箸を持った手が「とんま」です(笑)!

aoyama_shabushabu

| | Comments (5) | TrackBack (0)

March 20, 2005

スッチーの規則

 てな訳で「ピザ・ハット」の帰りのロングス・ドラッグスへ。
コーラが切れてるので12缶入りを$3.15で買う。
あっちこっち見て歩いたけど必要な物はなかった。
「酒は?」とんまに聞く健太。
「まだ家にあるよ。ワインも梅酒もあるしさ!」

 健太は最近ビールをのまなくなった。飲んだとしても一本で充分。
とんまは普段はのまない。でも寝酒として何時もアルコールは確保している。
寝酒には日本酒かワイン。でも最近は梅酒に凝ってるようだね。
何時も成田の酒屋さんから一升瓶や、パックを持ち帰る。重いのに時にはいっぺんに2本持って帰ることもあるんだ。
とんまの仕事は不規則なので、寝なきゃいけない時に寝れないと大変なことになる。
だから酒は飲めないのに寝酒はするのさ。
でも「飛行機に乗る12時間以内にアルコールを摂取してはいけない」と言うルールが会社にある。
もちろんFAA(Federal Aviation Association)にも似たような規則があるけどね。
ま、ある意味では人の命を預かる仕事だからね。

 とんまの次のフライトは明後日の成田です。

  Part II をよむ、、、、

longs_drugs

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 19, 2005

マッキンレー・カーワッシュ

 夕べはライブで夜遅かったけど、今日は土曜出勤なんだ。眠いなー。
健太のホテルでは土曜日はマネージャーが変わりばんこ半日出勤するのさ。今日は健太の番。
つまり土曜日でも何か大きな予約が入ったり、大切な電話が入る事もあるからね。
やっと12時が来て家に帰ろうとしてけど、車が汚れてる。
その足でカピオラニ通りのマッキンレー・カーワッシュへ。
カーワッシュはガソリンを入れると少し安くなる。満タンにして車が綺麗になったらすっごくきもちがいい、、、、。だけど今日の天気、今にも降りそうな空、、、、。頼むから2,3日降らないでくれっ!

 てな訳で今日の天気もいまいち。仕方がないからカーワッシュで働いてる連中をパシャリ。
これだけの人海戦術でやるから、洗われた車がワッシュ・マシンから出てきたらあっという間に、ボデイーからウインドー、それと中まで綺麗に拭いてくれる。多少お金を払ってもこれなら価値はあるね。

 マッキンレー・カーワッシュの向うに見えるのは、カピオラニ・コムニテイー・カレッジのグラウンド。

Part II を読む、、、、

car_wash

| | Comments (6) | TrackBack (0)

March 18, 2005

ワイキキにある中庭

 健太のホテルの中庭には「ガゼボ」がある。
庭はハワイアンムードいっぱいなので、ここでローカルはよく結婚式をする。
バンドが入ったりフラを踊ったりして、実にハワイらしい結婚式が出来るので人気はある。雨が降ったら迎え側がレストランなのでそこに移動できるのさ。
ま、結婚式やレセプション以外にもガーデンパーテイーにももってこい。
日本のグループはよくここでフラノレッスンやショウもやる。丁度レストランの中から全てが見えるので結構豪華なショウになるんだよね。

 今日はこれからライブ。でも週に一度だから何時も調子にのりだした頃には終わっちゃうんだよ!どうやら今日は結構予約が入っていて満員になるらしい。さっき店のオーナーから電話が入った。難しいのはメンバー全員が仕事をしてるので一寸自分の仕事が忙しいと中止になっちゃう。お客さんが来てバンドが無い、、なんて事は日常茶飯事。
皆好きだから、仕事よりこっちの方をやりたいんだけどね、、(笑)!
じゃ行ってきます。

 写真は健太のホテルの中庭のガゼボ。良い雰囲気でしょ?

 Part II を読む、、、、

garden_2

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 17, 2005

ワイキキブランド店の友達

 ワイキキのブランド店。
今日は「BVLGARI・ブルガリ」を紹介しよう。
ブルガリは、アラモアナSCとロイヤルハワイアンSCにあるイタリアのブランド店。元来装飾品専門だったらしいけど現在は幅広い商品を手掛けている。
今の売れ筋は腕時計。
伝統と気品を感じさせる斬新なデザインは商品完成度が高く、今やローレックスを凌ぐ勢いと聞く。
ワイキキでは、ロイヤルハワイアンSCの真ん中より少しダイアモンドヘッドよりに店舗を構えている。

 ここに健太の友達が働いています。
「アキさん」
彼とはかつて、とあるホテルで一緒に働いた事があるんだ。
ソフトタッチでハンサムな彼はホテルにいた時から人気者だった。
今流行の「癒し系」
ブルガリの中でも彼の売り上げは常に上位。
このまえ健太の友達がサングラスを買いに行って、店を出てきたら2つもサングラスを持っていた。
「えっ、2つも買ったの?」
「だって、アキさん素敵なんだもん~~~」
いやはや、流石のイケメン健太も(?)たじたじ!

 もしロイヤルハワイアンの「ブルガリ」で彼に会ったら、「アキさん!」って声を掛けてあげてね!

 写真は爽やかな笑顔の、アキさん。

 PartII  をよむ、、、、
aki_san

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 16, 2005

ダウンタウン・コンド

 健太の営業行動範囲は、ワイキキ、ダウンタウン、キングストリート。それほど広くは無い。最近ガソリン代はすごく上がってるけど、おかげ様でさほど響いていない。

 ダウンタウンって言うとやっぱりチャイニーズ系が何処の国の何処の首都でも強いね。
健太のお得意さんは、日本の旅行社ばかりじゃない。中国の旅行社、韓国の旅行社も守備範囲。
だからチャイニーズの旅行社をたずねて、週1、2回ダウンタウン行く。今日のダウンタウンはハワイ晴れの素晴らしい天気。

 ダウンタウンって何処も新旧入り混じった独特な町。前にダウンタウンの古い町並みを紹介したので、今日は高層コンドをパシャリ。
こうした高層コンドなら治安の心配のあるダウンタウンでも安心して住めそうだね。
街中を歩いていると、何処かでクンフー・ファイテイングがありそうなな怪しい雰囲気でいっぱい。
それでも「肉、魚、野菜などが安く手に入る」と出かける日本人も沢山いる。難点は駐車場が少ないこと。それを考えるとめんどくさいんで、健太・とんまは殆ど近くのスーパーで済ましちゃいます。
今日たずねた中国系旅行の社社長さんはMr. Shi。ここを訪問してもう3年近くなるけど空振りばかり。でも今回やっと仕事をくれそうです。やったね(笑)!

 写真はダウンタウン、ベニヤードから見る高層コンド群。

  Part II をよむ、、、downtown_x

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2005

ハワイとエルビス

 ハワイでのイベントの殆どが「カピオラニ」と「ワード」の角にあるニールブレジデルセンターで行われる。
古くは「エルビス・プレスりー」「ビートルズ」などなど。
またここでは「オートショー」「ブライダルショー」「「アンテイークショー」また「クラッシク・コンサート」などの多種多様のイベントも行われている。ま、最近は時々「コンベンションセンター」ってのもあるけどね!

 忘れもしないウン十年前、健太は最後の「エルビス・プレスリー・ショー」をここで見せてもらった。
彼はあの頃肥満に悩まされていたので、動きが緩慢で彼本来の魅力はすでに影を潜めてはいたものの、歌唱力は全く問題なかったと記憶している。
エルビスとハワイは切っても切れない。彼の別荘がノースにあったし、このハワイで「ブルー・ハワイ」を初めとする沢山の映画を撮っているんだ。

 デビュー当時、ロックンロールを歌う彼の腰の動きが「卑猥」だと全米のインテリたちから非難を浴びた。しかし世界は彼の出現を待っていたんだ。そんな批判をものともせずあっという間にスターダムにのしあがった。

 出る杭は打たれる。「ホリエモン」,詰まらん年寄りの「意味のない慣わし」「嫉妬」にひるまず頑張んなさい。
これからはあんたたちの時代。
もしかしたら世界中が君の出現を待っているのかもしれない!

 写真は今日のニールブレジデルセンター。

 Part II を読む、、、、

nb_center

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 14, 2005

ハワイ効果

 「ハワイ効果」ってあるの知ってる?
ハワイにいるだけで大きな恩恵を受けることが出来るのさ。
この青空、太陽、緑、青い海など(凡庸な表現おゆるしあれ!)、自然の恵みは言うに及ばず、その他の数々の効果があるので少し挙げてみようか。

 運転免許が安く取れる。
ペーパーテストさえ通れば、免許を持った人に隣に座ってもらって、街中を運転できるんだ。上手くなったら実技テストを受けに行けばいい。掛かるお金は友達の車のガソリン代と試験、免許の交付代。せいぜい$50ぐらいで済むんじゃないかな。

 美味しい水が飲める。ハワイの水は清潔で美味い。
男性諸君、世界中の美女の水着姿が只で見られる(笑)!
有名人とも友達のようになって喋れるチャンスがある。
芸能人はもとより、あらゆる業界の有名人とも街のレストランやゴルフ場で会ったら親しく話せるよ。相手もハワイってことで心を開いてくれてるからね!

 サーフィンなどマリンスポーツを安く楽しめる。
自然のマンゴなどフルーツも安く食べられる。
米が安い。
ガソリンは随分上がったけど、それでも日本よりぐんと安い。
そして水虫でお悩みの方、ハワイビーチの焼けた砂浜を裸足で歩いてご覧。その重症度にもよるけど、まあ一週間もすれば治っちゃう。
上げればきりがないほどのハワイ効果です!

 写真は今日の免税店斜め前から出発する、ワイキキ・トロリー。天気はごらんのようにいまいちだね!

Part II を読む、、、、

WaikikiTrolley2

| | Comments (7) | TrackBack (0)

March 13, 2005

ミュージシャン・スワップミートと元気寿司

 今日はワイキキでホノルル・フェステイバルのパレード。
だけどイジーミュジック・センターの駐車場ではミュージシャンスワップミートがある。うーむ、どっちにしようかと悩んだ挙句、やっぱ健太はミュージシャンの端くれ、イジーミュジック・センターの方を選んだ。
フェステイバルの影響で道が混んでいるけど、とんまがアラモアナに行くと言うので途中でおろしてもらうことにした。

 ミュージシャンスワップミートは、ミュージシャン達が自分の要らなくなった楽器や小物をフリーマーケット状態で売る。年に3回催される。
時にはとんでもない掘り出し物もあるので、健太には見逃せない。
ただしスワップミートは中古品が主なので、くれぐれも騙されないようにしないと、壊れ物やインチキ物をつかまされる事もある。

 一方店内では新しい楽器を特別価格で奉仕してくれる。これも健太にとっては必要な物を安く手に入れる絶好のチャンス。。
それと駐車場には特設ステージが設けられていて、ハワイの新人ミュージシャン達が出演。これにも興味がある。
健太が初めて「ジェイク・島袋」を見たのもここだった。今日はラップ系のバンドが出演(名前は聞かなかった)、観客も皆のりのり。体でリズムを取ったり、その場で踊りだしたりそりゃもう大騒ぎさ!

 健太のうちは楽器であふれているので、なるべく余分な物は買わないと思っていても、つい買っちゃう。今日はエレキギター「USA・フェンダー・ストラトキャスター」を安く売ってたけどぐっとこれを抑えた。
結局買ったのはマイクスタンド。健太のスタンドがちょっと調子が悪いのでそれを半額で一本購入しました。

 その足でとんまとふたりでアラモアナの「元気寿司」によってローカル寿司を楽しんで来ました!

 写真上はミュージシャンスワップミートの模様。禿のおっさんのインパクトは抜群(笑)! 下はアラモアナの「元気寿司」。

easy_music_3 
genki_sushi

| | Comments (10) | TrackBack (0)

March 12, 2005

ワイキキ ゲートウエー・ホテル

 土曜日、映画に行く日。でも友達が日本から来ているので、ムービーマンには悪いけど映画はキャンセル。
ダウンタウン・スミス街の中華料理、「Little Village」に行って来た。行って来たと言うより連れてってもらったと言った方が正解。運転は健太がしたけど、ダウンタウンの通りの名前は良く知らない。何度も道を間違えてぐるぐる回っちゃった。友達の方が良く知ってました(笑)!

 その友達は去年までハワイのJ旅行にいたので、ホテルの事も詳しい。ムービーマンのことも良く知っていて今回アンバサダーに泊まっている。ご存知の通りムービーマンはアンバサダーのお偉いさん。
待ち合わせは夕方の6時ホテル前。ちょっと早く着いちゃったので、待っている間辺りをぶらぶら、ブログ用の写真を撮って歩いた。
 朝方悪かったった天気も夕方には回復。良い写真が撮れた。
アンバサダーの隣はこの前紹介した「マイレスカイコート」。そのアラワイ側に「ロイヤル・ガーデン」。アラワイ通りに出てアラモアナ方向にちょっと歩けば、昨日紹介した「ハワイアンモナーク」。そしてクヒオ通りを渡ればーワイキキ・ゲートウエー」などなど、この辺りは最近日本人観光客ですごく賑わっている。
この辺りで何か日本人相手の商売をしたら儲かるかな、、、、、、?

 写真は夕日に映えるワイキキ・ゲートウエーホテル。現在改装工事中。

Gateway

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 11, 2005

ハワイアン・モナーク

 アラワイ運河沿い、マカレーの橋のそばに建つ細長い高層ビル。それが「ハワイアン・モナーク」
ホテルとして営業しているし、コンドとしても売りに出されている。
最近の不動産高騰により、その値段はかなり上がってしまってはいても12万ドル前後で買えるらしい(現在はもう少し高いかも!)。
またホテルとしても$100(二人で)前後と、最近のバジェット旅行者にとっては手ごろな値段かもしれないね。

 「ハワイアン・モナーク」は今から25,6年ほど前、「日航ホテル」として出発。JALのクルー達の常宿としても利用されていたんだ。
ビーチからは少し離れているものの、アラモアナ辺りまで歩けない距離ではないし、ワイキキの中心やマカレーも近い。便利な場所であるには間違いない。
欠点は2,30年前の日本のホテルを基準にして作られているので、部屋が狭いことさ。それと不動産として買うには土地が付いてなくて借地権のみ。

 しかしご覧のように高層階からの景色は想像できよう。
マウンテイン、オアーシャン・ビューともに素晴らしい景色が望める。

Part II をよむ、、、

hawaiian_monarch

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2005

哀愁のダイアモンドヘッド

強風の1日。
家を出る時コンドのパーキングに通ずるドアを開けようとしたけど、中々開かない。風の強い日は何時もこうなる。男の健太でも思いっきり押さないと開かないんだから、女の人はどうするんだろう!

 でも真っ青な空、天気はとっても良い。
こんなときはやっぱり健太の大好きな「ダイアモンドヘッド」を写真に収めたい(笑)。
ワイキキビーチからだと、「シェラトン」からの景色にまたなっちゃう。
かといって裏側とかお尻とか、健太の「ダイアモンドヘッド」の写真には皆飽きてるかもしれない。
しかし健太は飽きないばかりか、「ダイアモンドヘッド」を愛する気持ちが更につのるのみ。
こうなりゃ皆に我慢してもらうしかないね!
かと言って同じ角度、同じテーマじゃ幾らなんでもひどすぎる。
てなわけで、今日は「こんなん、撮ってみました!」

 Part II を読む、、、、
dh_kap 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 09, 2005

ワイキキのサンドイッチマン

 ワイキキには沢山の印刷物が溢れている。
雑誌は以前いくつか紹介したので今日は、いわゆる「ビラ」を見てみよう。
「ビラ」は空港で到着したての人たちに配っていたり、ワイキキでサンドイッチ・マン(ウーマン)たちが行き交う人たちに配っていたり、また街角のラックに置いてあったり。

 免税店の前では怪しげな格好をした(失礼)人たちがそれらを配っている。
彼らは懸命に片言の日本語を操っては「ビラ」を配ろうとするけど、見ていると90%の人たちが受け取ろうとしない。
彼らはたまたま色々なことに失敗したり、人に言えない深い事情があって仕方なく、この「ビラ」配りをやっている人が多いんだろう。しかしまじめに働いて仕事をして収入を得ようとしている。こそ泥や、売春婦、オーム男達とは全く違う。

 彼らの人生のここまでの道のりを一人一人聞いて歩いたら、きっと何冊も本が書けるんじゃないかな。
とまれ、日本の皆さん、彼らの配っている「ビラ」、貰ってやってください!
別に貰ったあと暫くしたら捨てたっていいじゃないさ、、、。
貰って困る事は何もありません。
少しでも彼らが、「日本人って、優しい人たちだなー」って思ってくれたら、それだけでもいいと思うんだ。
それに彼らの仕事をちょっと助けてやったと思えば、気持ちもいいと思うんだけどな、、、。

 というのは、ついこの前まで一人の日本人女性がこの「ビラ配り」を免税店の前でやってたんだ。
健太は何時も彼女の前を通ると「今日は!」とか「アロア!」とかって声を掛けてた。
とても明るく、元気で感じのいい人でした。
彼女を見てて健太は思った。「この人、今はこの仕事をしてるけど、きっとどんな仕事でも充分やっていける人だな!」ってね。

 彼女の姿が免税店の前から消えてそろそろ一月は経つ、彼女今ごろ一体どうしてるんだろう、、、、、

  Part II をよむ、、、、、
Bira 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2005

天気のすぐれないワイキキ

 今日は天気が優れない。プーコちゃん達とランチしようと思って電話をしたら、「風邪を引いて休んでます!」だって。そういえば昨日オフィスに寄ったら、プーコちゃん具合が悪そうでした。
そこで、このまえハワイに移住してきたばかりのAloha-Life 「マサシさん」のことを思い出して、仕事場に寄って見た。
ところがマサシさんも忙しくて、とても健太なんかに付き合ってる暇なんかありゃしない。少し話は出来たけどあまりお邪魔してはいけないので、直ぐにお暇しました。でも一安心、とても元気で張り切って仕事をしていました!

 てな具合で今日は振られっぱなしの健太。かと言ってこの天気じゃ良い写真なんか撮れやしない。
そればかりか午後になったら雨が降ってきた。こんなときは付いてないよな、お得意先をまわっても、何だが今日は皆「ぎすぎす」してる。

 しょうがないので、アンバサダーによって「ムービーマン」と会って話をしてきたけど、彼も「眠れない!」とか言って顔色がよくない。話にとると、彼は過去何年も1日3,4時間しか寝れないそうだ。
「えっ、良く生きてるね!」健太は思わず言っちゃった。
あんまり気の毒なんで「メラトニン」を薦めたらまるで知らない。聞いた事もないと言う。今時「メラトニン」を知らない人もいるんだね!

 そんな訳で写真はこのまえ撮った、健太の恩人(前勤めてたホテルの会長さん)の豪邸をのせます。いつ見ても空と海が綺麗だねー!

Part II を読む、、、Kaicho1

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 07, 2005

ワイキキ、ニュー・コンド

 ハワイにも本格的の景気が戻っている。
ハワイのあっちこっちで新しいコンドの槌音が響き渡っているね。ワイキキにも今新しいコンドが建てられてるいる。オロハナ・ストリート、ロイヤル・ガーデン・ホテルの真向かい、土地付きで超近代的コンド。
でもさ、実はこの景気健太たちには全く関係ないんだ。正直な話し物価は上がるし給料は安い。全く何の変化もない。

 この事は幾ら口をすっぱくして言っても日本の皆さんには分かってもらえない。
「健太、お前が稼ぎが悪いだけじゃないか!」そうお叱りを受けるけど、とんでもない!本当に殆ど日本からの日本人、皆さん大変苦労してます。そりゃ一部、ごく一部の人は「良い生活を」していると思うけど、それはほんの一握り の人たちです。
嘘だと思ったら、最近ハワイに来て住んでいる日本人に聞いてご覧、そりゃ淋しいくらいの返事が返ってくよ!

 かと言って健太はそんな事に負けてはいない。だって後一寸でカハラに健太の豪邸を建てるんだ!
前にも書いたけど、まだお金がほんのちょっと、200万ドルばかり足りないだけさ(笑)!

 写真はワイキキのオロハナ・ストリート、ロイヤル・ガーデン・ホテル真向かいに建設中のニュー・コンド。

   Part II を読む、、、、、

new_codo

| | Comments (13) | TrackBack (0)

March 06, 2005

マーシャルアーツ・映画

 昨日またムービーマンのお誘いで映画に行って来ました。
タイの「Ong Bak」、マーシャルアーツの映画で「コンピューター・グラフィックス」「スタント」「ワイアー」なし、全て実写と言うすものごい作品。映画を見てる限り「これじゃ死んじゃうよー!」ってシーンが続出。
看板には「ブルースリー、ジャッキーチェンをしのぐ!」って書いてあったけど、、、ふむ、、、もしかしたら超えてるかもね。それほどすごい格闘シーンの連続でした。
 話の内容は、ある村の仏像の頭が盗まれて、村の若者がそれを取り返しに都会へ出て行き、悪と戦うと言うありきたりの話。でもタイ映画にしては、三輪タクシーを数多くお釈迦にしてしまうなど、結構金が掛かっている。
それと主演の「トニー・ジャア」がものすごい迫力。
マーシャルアーツ大好き人間には見逃せない一作でした。

 映画を見ている間友達のムービーマン、映画館の椅子の手すりを引っ張ったり、前の席を蹴飛ばしたり、握りこぶしを上げたり、大分興奮してました(笑)!

ong_bak

| | Comments (5) | TrackBack (0)

March 05, 2005

ワイキキの制限速度

 健太はハワイで運転免許を取得した。
試験は簡単で、一発で合格。とはいっても筆記は簡単だったけど、当時英会話は苦手で試験官の言ってる事が良く分からずにあせった記憶がある。

 街中の制限速度は、住宅街やちょっと混雑する通りではこの写真のように25マイル。
もちろんワイキキも25マイル。
日本からの皆さんくれぐれもこの制限速度を守ってください。

 若い頃健太は制限速度は破って当たり前、殆どのドライバーがそいつを守ってなんかいないと豪語していた。
ところが、今を去る20年ほど前、たて続けにスピード違反でつかまった事がある。それも35マイルの制限なのに60マイル、フリーウエーでは50マイルの制限のところを70マイルで走って捕まったのさ。
いくら払ったか忘れたけどばかっ高い罰金を払った。
罰金だけならまだ良いんだけど、その次の年の保険代が5倍以上上がっちゃった。

 さすがの健太もそれから制限速度を守るようになった。
するとどうだ、まわりを走ってる連中は皆殆ど制限速度を守って走ってるじゃないか!
「若さのなせる業」、といってしまえばそれだけかもしれないけど、やっぱり健太の自覚のなさに、当時自己嫌悪すら覚えた。
 
同じように、飲酒運転は即牢屋にぶち込まれます。ハワイに来たら「スピード違反」「飲酒運転」、暮れぐれもご注意!

 写真はダイアモンドヘッド近くの住宅街。

 しかしこの標識を見たある年寄りの女性ドラーバーが、やけにゆっくり走っていて逆にチケットを切られたという話を聞いた。25マイルを2.5マイルと読んだのさ。う~む、そういえば2.5マイルに見えないこともないね。嘘のような本当の話です(笑)!

   Part II を読む、、、、

speed_limit

| | Comments (6) | TrackBack (0)

March 04, 2005

ハワイのお土産あれこれ

 ハワイのお土産にも中々一般には知られないものが沢山ある。
つまりあまりポピュラーでないもの。
それぞれ色んな工夫アイデアで市場に出てきても、日本人の心を捉えられなかった理由は一体何だろうか。

 一つずつチェックして見ると、中々の力作もある。
今日は、その中の一つ「Kona Deep Sea Solt (ハワイの深海塩)」を見てもらおう。
最近ハワイの深海層水が日本でも発売されたと聞く。うたい文句がそれぞれあるけど、結局彼らが言いたいのは、体に良い「塩」体に良い「水」ってこった。
 
 ハワイアン・ソルトは確かにステーキを焼く時に使うと、実にうまく焼きあがる。
とんまは「にんにく」とこのハワイアン・ソルトだけを使ったステーキを良く作ってくれる。
ただこの場合は単に「美味しく仕上がる」ってだけの事。

 だから、このKona Deep Sea Soltを使えば「旨くて、更に体に良い」って事になりそう。
「とんま、今度この塩でステーキやいってくれる?」
そう言えばこの前ハワイに来たブログ友の「照見さん」が、健太のお勧めでハワイアン・ソルトを買って帰ったけど、どうだったかな、、、、美味しくステーキ焼けましたか?

 写真はお土産の「ハワイ深海塩」。ごめん!ピントが奥の他のお土産、「ハワイに行って来ました」の”サブレ”に合っちゃった(笑)!

Omiyage

| | Comments (9) | TrackBack (0)

March 03, 2005

ハワイ成功物語

 カラカウア通りを何処までもダイアモンドヘッド方向に行くと、ダイアモンドヘッドのすそを抜けて、カハラに至る。
その間右側にはコバルト色に広がるオーシャンが見え隠れするんだけど、
丁度ダイアモンドヘッドの突端のすそ辺りに、健太のお世話になった人の家がある。イヤー豪華、豪華!
大きな敷地内にはもちろんプール。かなり大きなパーテイーが出来るほどの石畳。それを覆うアーチ型の吹き抜け、大きな芝生の庭。目の前にはオーシャン・ビューが180度広がっている。

 かつて良くこのお宅に遊びに行った。
いや、怒られに行った事もある。
実は、この家の持ち主は健太が前に勤めていたホテルの会長さんの家なんだ。
会長さんは健太にホテルのいろはを教えてくれた人。
彼は裸一貫からスタート、現在ハワイにホテルを3つ所有するハワイでは立志伝中の日系人。
彼は何時も惜しみなく彼の成功談を我々従業員に聞かせてくれた。
そこには、何の成功のへ秘密などなにもなかった。ひたすら「努力」「努力」。
更に付け加えれば、「しっかりと目標を定めて、当たり前のことを根気よく、賢い選択をしながら消化していく事」
つまり凡人にも成功の可能性は幾らでもあるって事さ。

 う~む、でもそれってそんなに簡単じゃないな、やっぱり!

 写真は会長宅とそこからの景色。

 Part II を読む、、、、、

kaicho_2

| | Comments (6) | TrackBack (0)

March 02, 2005

ワイキキの犯罪

 ホノルルは世界の観光都市。犯罪も少なくない。
しかしほんの一寸した注意で、それらから身を守ることが出来る。

 先ずこれだけは決して忘れてはいけない。ハワイと言えども「外国」って事。
ともすると、居心地の良さにそれを忘れて日本にいるときと同じような行動をとってしまうのさ。

 ビーチで手荷物を置いたまま泳ぎに行ったり、
$100ドル札の沢山入った財布を平気で人前で開けたり、ハンドバッグをぶらぶら指先で持って歩いたり。
街の犯罪者はそうした「すきのある」観光客を物色ている。
つまりこれらは一番たやすく稼げる「置き引き」「かっぱらい」「引ったくり」などの対象なんだ。

 健太がはじめてハワイに来た頃のローカルの自慢は「ハワイには泥棒がいない」って事だった。
家に鍵を掛けて出かける人なんかいやしなかったんだから!
あれから、、ん十年。変われば変わったもの。今やセキュリテイーシステムが飛ぶように売れている。

 1980年代、ワイキキでの犯罪多発に業を煮やしたHPDが始めてワイキキに交番を設置した。

 Part II に続く、、、、
waikiki_koban

| | Comments (11) | TrackBack (0)

March 01, 2005

ワイキキを走るバス

 ホノルルには沢山観光バスが走っている。
空港の送迎、市内観光はもとより、ポリネシア文化センター、オアフ島一周観光等など、それら観光バスは雨の日も風の日も休みなく、この観光の島を駆け巡っているのさ。

 今日ワイキキを歩いてたら突然「健太さん!」って誰かが呼び止めた。
どうやら声の主はビジネ・スプラザの横に止まっているバスの運転手さんらしい。
運転席を覗いて見ると、すっかり日焼けした男の人がニコニコ笑って手を振っている。
「あっ、ケンジさん!」
ケンジさんは以前、ある旅行社のエスコートをしていた。しばらく見ないと思ったらバスのドライバーさんをしてたんだ!
あー、そう言えば「ケンジさんは最近売り出し中の人気バスドラーバーだ」って誰かが言ってたっけ。

「ケンジサさん」の運転しているバスは、ゴールドのRoyal Star 。
えっ?待てよ、そう言えば最近日本から移住してきたブログ友のさちさんのご主人Kevinさんが、今度入社した会社じゃないか!
Kevinさんとはこのまえ、さちさんやプーコちゃんたちと食事やカラオケに行ったばかり。とても明くて楽しい性格の持ち主。きっとKevinさんも「ケンジさん」のような「人気ドライバー」になること請け合いだね!
一度Kevinさんの運転するバスに乗ってみたい。きっと楽しい観光が出来るよ(笑)!

 写真は自慢のバスを前に、にこやかに笑う「ケンジさん」

 Part II に続く、、、、、
royal_star

ローカル情報 | | Comments (6) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »