« January 2006 | Main | March 2006 »

February 28, 2006

ハワイではあまり現金を持たない

 ハワイでは(と言うかアメリカではだね、、、)皆現金をあまり持ち歩かない。
その代わりクレジット・カードで何時も支払う。
現金を落としたり盗まれたりしたら、もうそれでアウト。
しかしカードなら紛失ても直ぐにストップできる。
損失は最小限に食い止められるかもしれない。

 そんな訳で健太も、財布に現金はいつも100ドルくらいしか入っていない。
ランチ代と営業回りのためのパーキング代。それに夕食のテークアウトがある時はそれを使う。
その他のレストランの支払いや買い物は殆どカードを使ってる。

 アメリカは最初にクレジット・カードを作る時は簡単じゃない。
どこかに信用してもらえるためのレコードを作らなければならない。
ただし、一枚手に入れてしまえば後は嘘のようにカードの勧誘のDMが送られてくる。

 健太はハワイで苦労をしたので(Part II参照)このクレジット・カードがなかなか手に入らなかった。その苦労も並大抵の苦労じゃなかったからね(笑)!
そんな訳で、健太のクレジット・レコードといえば最悪だったと思う。
車の支払いが遅れたり、税金を滞納したり、、、、。
でも、カード会社も競争が激しくなって、ある時大々的なキャンペーンがあった。
「クレジットの悪い人でもカード作ります!」みたいなやつだ。
健太はその頃、どうにか収入も安定して来ていたので、そいつをアプライすることにした。
幸いにも何とかカードは発行された。最初は使える上限が1000ドルくらいだったかな、、、。

 それからは健太の生活も安定して、カードの使用上限もうなぎ登りで、直ぐに1万ドルぐらいにまで引き上げられた。
もう後は堰を切ったように、色んな銀行から「カードを作れ!」のDM勧誘の山!現在5,6枚は持たされている、、、(汗)!

 カードによっては写真が添付されているものもある。
先週ブログ友の照見さんレイコさんが来てレストランに行った時、そのうち2枚の写真つきのカードを彼女たちに見せたら、
「健太さん、古い写真じゃないこれ!」
って言われた。つまり今はもっと年とってるって事さ(笑)!
で、2枚のうち、
「あれ、こちの写真方が今の健太さんに近いわね!」ってレイコさんが言った。

 さてどちらが現在の健太に似ているのでしょうか?
一枚は髭を生やしていて、なんかの犯人みたい。でも大抵こういう写真はそうなるんだよね(笑)!

 ハワイの写真が載ってない日は、その日天気が悪かったって事です、、、(涙)!

 PS: 「クレジットカードの掲載はまずいんじゃない!」といわれまして、急遽写真の差し替えをしました。悪しからず(笑)!
写真はダウンタウンのピアー。停まっているのはノルウエジアン・クルーズの豪華客船!

goka_kyakusann

| | Comments (18) | TrackBack (0)

February 27, 2006

ワイキキに珍しいネクタイ姿のおっさん!

 最近の日本の飴、つまりキャンディー、
色んな味が工夫されて美味しいものが沢山ある。
これは日本人ならではのきめの細かい「気配り」、卓越した「感性」から生まれたものと自慢したい。

 「Try this !」
とんまが時々日本から美味いキャンデイィーを買ってくるので、健太のオフィスに持って行ってセールス仲間や秘書たちに分けてあげる。
「どうだ?美味しいだろ!」
って聞くけど彼らの反応はいまいち。
<彼らとは舌が違って、何も感じないのかな、、、?>
一寸期待はずれ。

 そのうちにあまり執拗に感想を求める健太に辟易とした仲間が言う。
「Hey Kenta It’s good, but it's only a candy!」
つまり要するに「たかが飴玉に、何をそんなに興奮してるんだ!」
って言うのさ。
<そうかなー、『たかが、、、』かなー、、>
物事に対する反応はたとえその対象が大きかろうが小さかろうが、良い物には素直に「良いなー!」感激する姿勢が必要な気がするけどなー。

 相変わらず天気の優れないワイキキ。今日の写真は先週晴れた時に撮ったアラワイ・ブルバードの様子。ワイキキでは珍しいネクタイ姿のおっさんが写ってる(笑)!

alawai_blvd


| | Comments (16) | TrackBack (0)

February 26, 2006

アラモアナ・プラダへ!でも買い物はビトンで!

 とんまの「プラダ」のバッグの内側ががほころびたので、
それを直してもらえるかどうかだめもとで、
アラモアナ・ショッピングセンターの3階、「プラダ」へ!

 バッグの内側の縫いしろに余裕を持って作ってないので、中がほころびちゃってる!
$500くらいした物なのに、出来が悪いねえ、、、、。
店の人は修理は$50くらい掛かると言ってる。
バッグの表はまだ新品同様だし、とんまも気に入ってるのバッグなので、直してもらう事にした。

 丁度良いとんまの誕生日も近くなってる、 何か良いものがあれば買ってあげることにした。
とんまがあれこれ品物を見てる間、健太は店内の様子を写真に収めようとパシャリ!
ところがその時一人の日本人おばさん店員が飛んできて言った。
「You can’t take picture in this store!」
なんてまるで犯罪者扱いで、目くじら立てて怒ってる、、。
でもさ、言い方も色々あるよねえ、、。
こっちはせっかく何か買ってあげようと思ったのに、「あそうですか!」ってすぐ店を出た!
おばさん売り上げ損したじゃん(笑)!

 結局すぐ向え側の「ビトン」に行って、とんまが前から欲しかったらしい、セカンドバッグを買った。
大きいのは幾つか持ってるけど、小さいのはないと言う。
でもさブランドン品の不思議は小さいから安いとは限らないって事だよね、、(汗)!
でっかいボストンも小さいボストンもそれ程値段は変わらない。時には大きいほうが安い場合がある。
でも、前にも書いたけど健太はブランド品「I don't care!」です(笑)!

 そんな訳で今日の写真は天気も悪いし、とんまが今回羽田で買った駅弁じゃなくて「空弁」の「ぴか中華」です。
入れ物はが気に入ったらしい。隣の小さいのは「パイロット・キティー」と「スッチー・キティ」のキーチェーン。こういうのとんま大好きなんだよなー(笑)!!

pika_chuka

| | Comments (21) | TrackBack (0)

February 25, 2006

とんまが帰ってきた!ハワイの平和が、、、

 とんまが今朝日本から帰ってきたんだけど、またやっちゃった!
「なにを?」って。
決まってるじゃん!「とんま」をやったんだよ(笑)!

 とんまのおっかさんが危篤でフライトの途中大阪から東京へ飛んだのが2月4日。
その後幸いにもおっかさんは何とか持ち直した。
だから丁度3週間ぶりにハワイに帰ってきたことになる。
空港にはとんまの車が航空会社の駐車場に止めてある。
大きな荷物をごろごろそこまでひっぱて来て、さて車にバッグを乗せようとして、「おやっ?」、
クルー用のバッグでは有るけど、何かが違う!
「いけない、あたしのバッグじゃな~い!」

 慌ててく税関に戻るとんまでした(笑)!
そのバッグはクルー用のバッグでスタンド・バイのタグが付いていた。
見かけが全く同じ。てっきり自分のだと思って持ってきちゃったという。
従業員やその家族が飛行機に乗る時はスタンド・バイ。
満席で乗れないときはすぐに荷物を機内から下ろせるように、目印としてそのスタンドバイ・タグが付いているんだ。
たまたまその間違えたバッグも、クルー用のバッグ。
おまけにスタンドバイ・タグも付いていたので、
名札も確認せずに持ってきちゃったってわけ(笑)!

 健太は土曜日なんでうちで寝てたら、とんまの航空会社から電話が入って起された。
「お宅の奥さん、バッグを間違えて持って行ったようです、、、」
またハワイの平和が乱されることになるよ、こりゃ(笑)!

 しかし本人いわく、
「まるでバックをターンテーブルに置きっぱなしで来ちゃった人もいるんだよ!その人よりはずーっと良いじゃん!!!」
だって、、、。
「盗人にも三分の理」とはこの事だよなー、、、(汗)!

 さて今日は土曜日、ムービーマンとの映画の日。丁度映画に出ようとしたときレイコさんから電話が入った。
「今照見さん、プーコちゃんといるんだけど、夕食行きませんか?」
うーむ、ムービーマンと一緒より女性3人と一緒の方が良いんだけどなあ、、、。
約束は約束、やっぱり映画に行くしかありませんでした(涙)!

 ところがそんなことも知らないムービーマン。
映画の途中で声を掛けたら、なんと眠ってるんじゃん!
普段は健太の方が眠るのに!
「あんまり詰まんないから眠っちゃったよ!」だってさ。
てな訳で今日の映画「Freedom Land」は、その程度の映画でした(笑)!
そういえば館内はめずらしくがら空きだったなあ、、、。

 写真は映画館ドール・キャナリー内の売店。
こっちの人は「ポップコーン」を食べながら映画を見るのが、本当に好きだね(笑)!

Refreshments

| | Comments (12) | TrackBack (0)

February 24, 2006

だからハワイは楽しい!

 昨日の朝ブログ友「Juck in the Box」の照見さんから電話が入った。
ホノルルに到着したと言う。今回はお友達とご一緒だそうだ。
早速健太はそのお二人と3人で夕食出かけることになった。
照見さんとはもう3回ほどお会いしていて、以来仲良くさせて頂いている。
約束の時間は夕方6時半、ホテル・リゾートクエスト・ワイキキビーチに健太が迎えに行くことになった。

 照見さんのお友達と言うことで、そのお友達の姿をあれこれ想像しながらホテルの車寄せに着いた健太。
向こうで照見さんが手を振っているのが見える。
車を降りて歓迎の挨拶をしようと笑顔で照見さんに近か付く健太!
<友達はどこに、、、?>
照見さんに近付きながらその友達の姿を探してキョロキョロ、、。
が見当たらない、、、。
「お友達は、、?」
そういおうと思ったその時、
突然一人の女性が物陰から現れた!
「あれーっ!!!!!」
ぶったまげた健太!

 当たり前さ、
お友達だなんて、、いや確かにお友達だろうけどなんとその女性とは、
「レイコのハワイってさ、、」のレイコさんだったんだ。
もちろんレイコさんとはもう既に何度もお会いしている。

 わいわい騒いで車に乗る3人!
そりゃ騒ぐよな。だってすっかり健太は「はめられた」んだから。
話しによるとレイコさんが照見さんと一緒に来る事をハワイ・ブログ仲間の、プーコちゃんSuggy さん秀蔵さん、ほかにも沢山の人が知ってたんだって!
皆でぐるになって健太をはめたんだ。
でも、一度プーコちゃんが間違ってカキコに「その頃レイコさんもハワイにくるから云々」なんて書いちゃったそうだけど、慌ててデリートしたって言うほど、徹底した騙しだったらしい!!

 本当にレイコサンの姿をリゾートクエスト・ワイキキビーチで見たときは驚いたし、感激しました!
ブログ友の皆さん、「心温まる騙し」ありがとうございました(笑)!

 そんな訳で、夕食は韓国料理の「ソドンゴン」へ。
食事をしながらあれこれブログ仲間の話しに花が咲く。
「そうだ、この食事の後Osamuさんに会いに行こうか?!」
もちろん照見さんもレイコさんもOsamuさんの事はブログを通して良く知っている。
Osamuさんはもうご存知の方も多いと思うけど、ダイアモンドヘッドの近くの閑静なところに住んでいる。
先月は「なんとなく、すごごしてます?」秀蔵さんと一緒に遊びにも行ったばかり。

 食事を終えてダイアモンドヘッドのOsamu邸に向かう健太達。
Osamuさんはもう表の道に出て照見さんレイコさん健太を待っていてくれた。
そして大歓迎!
気さくなOsamuさん、彼の仕事場に3人を案内してくれた。
それからはもう4人でああだこうだで大騒ぎ。
とても素敵な時を過ごさせていただきました。
だからハワイは楽しい(笑)!!

 写真はシェラトンのプール脇から。天気はまだ良くないね、、、。

yashi_dh

 

| | Comments (21) | TrackBack (0)

February 23, 2006

ワイキキのホテルは営業マン不要!

 ホテルは連日満杯だ。
嬉しい事だけど、喜んでばかりもいられない。
そんな状態が続くと、健太自身の成績は余り上がらなくなる。

 ホテルは先ずホテルのチェーンからの予約。ホテルの予約課に直接入る予約。更にインターネットなどからの予約。そしてホールセラーからの予約などによって埋められてゆく。
健太の勤めるホテルはRホテルチェーン。
世界各国のこのチェーンからの予約が入る。
そして健太の仕事は、そのうちのホールセラーの仕事を取ってくる事。つまり日本の旅行社からお客さんを送ってもらう事だ。

 日本の旅行社にはルームブロックと言って前もって何部屋か割り当てておく。
A,B,C各社にそれぞれ20部屋づつ、D,E,F社にも夫々15部屋づつとか、一日の使用量を前もって渡しておくのさ。
旅行社はこのブロックを使って「XXパック」などの自社の商品を販売してゆく。
そのほか「ワンショット」と言って、修学旅行や会社の報奨旅行、研修旅行などの団体を一本釣りで貰うんだ。

 ところが忙しくなってくると、
メインのRホテルからの予約や、ホテルの予約課に直接入る予約が増えて、早いうちから空き室がなくなってしまう。
予約課に入るホテル料金は、ホールセラーに出している値段よりずっと高いのでもちろん予約課はそれを優先して取ってゆく。

 まだ2月だと言うのに健太のホテルは、既に6月が全面的売り切れてしまった。
そうなるとストップセールと言って、各旅行社に配分してあったルーム・ブロックを返して貰わなくてはならない。
つまり、ブロックを使ってもらえれば一日100ルーム健太の成績になるのに、一挙にこれが0になってしまう。
ましてや空き室がないってことで、修学旅行などのワンショット・ブッキングも取れない。

 ホテル全体としては成績はばっちり。社長はウハウハ!
けどセールスマン健太個人は、まるで成績が上がらないで、、、、涙涙。
これは何も健太のホテルだけの事ではなく、今やワイキキのホテル全体の傾向だと言う。

 あるホテルでは「セールスマン不要説」まで持ち上がっていると聞く。
つまり予約はセールスマンの手を通さないでも、直接予約課に入ってくるからだ。

 話変わって、実は今日ブログ友の照見さんがお友達とハワイに着いた。早速一緒に食事をする事になったんだけど、照見さんが連れて来た友達をみてびっくり!
健太は思わず叫んだ。
「あっ、な、なんてこった、はめられた!!!」
そう、そうなんだ。まさに健太ははめられたのさ!
この続は明日ね(笑)!

 写真は今日のワイキキ。天候はまだ今一歩って感じだね!

Today


 

 

| | Comments (12) | TrackBack (0)

February 22, 2006

本当にハワイに住みたいの?

 健太の人生、
紆余曲折はあったものの、今のところおおむね満足している。
自分の目標を何処に置くかでその満足度も違ってくるとは思うけど、
人間の欲なんて際限の無いもの、そんなものに付き合っていたら死ぬまで目標には到達できやしない。

 「じゃ金は有るのかよ?」
なんて聞いてくる奴もいる。
馬鹿な!有り余る金が有れば良いってもんじゃないだろ!
負け惜しみでもなんでもなくそう思う。
多少はあるに越した事ないと思うけど、
有り余る金が有ってもその金って、しょせん自分の物欲を満たすために消えてゆくんだ。
その欲を満たしてした後は、次はどう生きてゆくのさ?
また次の物欲に向かって進むのかな?
きりがないね、、、。

 金で有る程度の事はできても、決して全てを満たしてくれる分けではない。
時として生きてゆく上に何の役にも立たないものかも知れない。
いやむしろ邪魔になる事だってあるかも知れないよ!
何時も書いてるけど、健太はギター・コレクター。
エレキギター50本も持ってる。馬鹿な話さ!
幾ら沢山持ってても、手は2本しかない。
一遍に50本のギターなんて弾けやしないだろ? 
つまり、雨風がしのげて、適度な食事が出来て人に迷惑を掛けずに生きてゆければ、後は心の問題だと思う。
それはハワイにいようが日本にいようが世界中何処にいても同じ事!

 「ハワイにぜひ住みたい!ハワイに住めればどんな犠牲を払っても構わない!」
最近そんな話を良く聴く。
そうかもしれない。この気候風土、ハワイに住みたいと思うのは人情だ。
でも万難を排してハワイに住めることになって、本当にそれだけで幸せになれるんだろうか?

 先ずハワイに住めるようになっても、日本人のための仕事が少ない。
たとえ有っても、なかなかちゃんと生活できるだけのものを支給してくれない。
嘘だと思ったらハワイに来てご覧(笑)!

 「私は、俺は英語が出来るから、、、」
なんて言う人がいる。
でもハワイはそれで当たり前だろ?
結局「ハワイに住みたい」と言う、それだけの理由でハワイに来た人たちは、長続きしないんだ。
別に「ハワイに住みたい」って思う人の邪魔をしようってんじゃないよ。
じゃなくて、
「こんなはずじゃなかった、、、」
って言って日本に帰っていった人達を、今までに何人も見てきた健太には良く分るのさ。
たまに観光で来るから良いのかも知れないよ、、。

 ラスベガスで大金を当てた人たちのその多くは、長生きせずに亡くなっているケースが多いと聞く。
お金があって物欲すべてが満たされてしまうと、もうやる事がなくなっちゃうんじゃないのかな人間って、、、。
でも不思議なのは交通事故で亡くなる人が多いそうだ。

 ラスベガスのカジノはその殆どがシンジケートと関係している。
大金を当てた人は、そのお金を一度に全部もらうわけではなく、分割払いで貰う。
しかしシンジケートはそんなものを長々と支払いたくないので、交通事故を装って、、、、、
なんて話を良く聞く、、、。
 
 あー怖い怖い、、、。

 写真は今日の昼過ぎのワイキキのはずれ。
夕方になったらもっと良い写真を撮ろうと思ってたら、またぞろ曇りがやって来た!!

alawai_kara_i


| | Comments (25) | TrackBack (0)

February 21, 2006

ワイキキは、「ララ・レイン!」?

 まだ雨が続いているワイキキ。
健太の専売特許「今日のワイキキの青い空 !」ってのがお目見えしない。
もう暫く待ってやってください、、(笑)!

 さて、帰国子女は別として、
日本から来た日本人、健太を含めた我々はどうしてこう英語の発音が下手糞なんだろうか、、、?
どう考えても日本の中途半端な英語教育のせいとしか思えない。
教科書があって、日本人の先生がその教科書に沿って勉強してゆく、、、。
最近の日本の英語教育は大分違ってるとは思うけど、
少なくてもついこの前までそんな教育が行われていた事は確かさ。

 去年日本に行った時、健太の兄貴が一枚のCDを聞かせてくれた。
曲はアメリカの古い歌で「Lover come back to be」だった。
歌っているのは女性で、音程も良いしきちんと歌っている。
いやむしろ見事といった方が良かったかもしれない。
兄貴は適当なところまで聞かせて、健太の表情を伺うように言った。
「誰が歌ってると思う?」

 「うーむ、この発音は日本人の発音とは違うしかなりの歌唱力。
この発音からしてアメリカ人ではないのは直ぐ分るけど、、、誰か、ラテン系の歌手かなー?」
その答えに、兄貴はニヤニヤ笑って言った。

 「美空ひばりだよ!」
「えーっ!」
一瞬その言葉が信じられなかった。
「で、でもこの発音かなり良い発音だぜ、日本人にしちゃ!」

 美空ひばりさんは子供の頃からスター。
学校にはろくすっぽ行っていない。
そりゃそうだ、あれだけの才能が有れば学校なんか行く必要は無い。
しかし返ってその学校に行かなかったって事が、彼女の「英語の発音」を、
「一般の日本人」の様に最悪にせずに済んでいたんだろう。
多分彼女は原曲を耳で聞いてその通りそっくりそのまま真似たに違いない。
もとより天才的な耳を持つ彼女の「耳コピー」は、ほぼ完璧だったんだろうね!

 こっちの人の話を聞いていると、こんな風に聞こえる事がある。

In your eyes=「イン・ユア・アイズ」、でも聞こえるのは「インニョーライズ」。
Lot of=「ロット・オブ]、聞こえるのは「ララ」。
You want me to=「ユー・ウオント・ミー・トウ」、聞こえるのは「ユー・ウオミトウ」
Letter=「レター」聞こえるのは「レラー」
Battery=「バッテリー」聞こえるのは「ベリー」
Refrigerator 「リフリジレイター」聞こえるのは「フジレイラー」
Mayonnaise 「マヨネーズ」聞こえるのは「メネーズ」
Excuse me 「エックス・キューズ・ミー」聞こえるのは「スキュースミー」

 カタカナは日本語風発音のつもりです。
今急には思い出せないけど、こんなのがごろごろしてる。
ご存知のように、TTの発音は「ラ」に聞こえる時が多いよね。
って言うか、きっと彼らも意識して「ラ」って発音してるに違いない!

 写真は今日のホテルからの帰り道。雨は止んでも、交通渋滞のひどいアラワイ・ブルバードでした。

jutai_alawai


| | Comments (15) | TrackBack (0)

February 20, 2006

ハワイの道路は雨で、ぼこぼこ、、

 まだ天気が良くない、、。
いい写真が取れないのも困るけど、我々ローカルはこの雨季には毎年大きな問題を抱えさせられる。

 雨で道路が悪くなるんだ。あっちこちに穴が開く!
市はそれをなかなか直そうとしない。多分雨季が終わるまで放って置くつもりなんだろう、、。
大抵この穴は車の轍の跡に多いので、そいつを避けながら運転すると非常に危険だ。
ジグザグ運転をする事になるからね!
かと言って穴には落ちたくないし、、、。

 さて、この前シアーズで車を直した話をしたの覚えてる?
パワステ・システムの交換。それに伴うアライメントの調整。更にブレーキがおかしくてそれも直した。

 ところが、こっちの車やさんに出すと戻ってきた時に他の場所がおかしくなってる事が実に多い。
ご多分に漏れず今回の修理の後、左前輪サスペンションの辺りから、
「コツン,コツン、、」って結構大きな音がするようになっちゃったんだ!

 実はこの音、一昨年全く同じことがあって、直したばかり!
知り合いの修理工場で直してもらった。
名前は忘れたけど、手のひらほどの部品を交換してくれてその音が消えたのはまだ記憶に新しい。

 今回、その音は修理後ずっとしていた。
どうせならその知り合いのところに行って直してもらおうと思ってたけどなかなかチャンスがなかった。

 ところが2,3日前にその悪路を走ってる最中、どうしても大きな穴を回避出来なくて、
「ガツン!!」
穴に落ちちゃった、、。
哀れな健太の愛車、、、。
「サスペンションがやられたんじゃないかなー、、、、(汗)」

 暫く走ってみたけど、「うん、どうやらサスペンション君、大丈夫だった見たい!」
なんて機嫌よくまた街を走る健太。
「おや、まてよ、、?」
ふと我に返って見ると、、
やったぜ!
あの「コツン,コツン、、」って言う大きな音、なくなってる!!!!

 ハワイの悪路が健太の車を直してくれたのさ(笑)!
きっとシアーズで修理した時、きちんと部品がリプレイスされてなかったところへ、
道路の穴ッポコに車輪が落ちたショックで、元の鞘に、、、、!
 
 ホノルル市長さん、これからも健太は税金しっかり払いまっせ(笑)!

 今日の夕食は写真のココ壱番カレー、「ポークカツ・キムチカレー」でした!
この「ココ壱番カレー」はもともと一ノ宮が発祥の地と聞くけど、まさか一宮にはそ、んなメニューないよね?
多分ハワイのオリジナルだと思います。
安くて美味しいですよ、一度お試しあれ(笑)!

coco_ichi

| | Comments (14) | TrackBack (0)

February 19, 2006

さすがのムービーマンも目が真っ赤!

 とんまのおっかさんが重体になって早2週間。
フライトで大阪に行ったとんまは2月4日に新幹線で東京へ。
おっかさんはそのまま持ち堪えているようだけど、
目が離せないのでまだ相模湖に付きっ切り。
だから健太は今、「なんちゃって独身」です(笑)!

 健太もとんまと結婚する前は独身生活が長かったので、何とか一人でやっていける。
でも仕事から帰ってきたら、疲れてもう何もしたくない。
だから休みには洗濯が山のように溜まってる。
だって仕事に着て行くシャツは毎日一枚。それに下着や靴下、寝巻きやタオル、
これが一週間溜まるとかなりの量になるよ!
おまけに仕事に着ていくシャツには、アイロンも掛けなきゃならない。
ま、これを今までとんまがやっていてくれたんだから「感謝しなさい!」ってこったね(笑)!

 でもさ、もう一つ大きな問題がある。食事!
毎回外食やテークアウトってのは辛いもんがあるよな、、、。

 大体人間は何故一日に3回も食べなきゃいけないの?
良く「朝を抜くのは良くないよ!夜を軽く食べるのはいいけど、、、」なんて言われる。
しょうがない、朝はパンでも買っておくけど、これも疲れて仕事の帰り道寄ってくるってのが面倒くさい。
ハワイは車で動くから、毎回駐車場のことを考えなきゃならないだろ。
「なるべく家に近いところで、、、でも、あそこのパン屋は駐車場がなー、、、」「あそこは一通だしなー、、、、」
なんて一寸問題があると、買わずに帰ってきちゃう。

 でも元気でやってるので心配しないでいいよ「とんま」!
相模湖で時々これを読んでるみたいなんだ、とんま(笑)!

 さて、昨日の映画は「Eight Below」。
昔高倉健主演であった「南極物語」のディズニーによるリメイクだそうだ。
ムービーマンは滅多に映画を見て泣かないのに、さすがに昨日の映画では目を赤くしていた!
そりゃそうさ、半年間も南極に放って置かれた犬たちが8頭のうち6頭が元気だったんだ。
特にその映画の中心的役割の犬の「M」は、ムービーマンと同じ名前だったんだよ(笑)!
犬たちと再会した隊員たちのあの感動はそのまま観客の物。泣き虫健太は拭っても拭っても涙が止まらなかった。

 写真は昨日の映画「南極物語」のポスター。右から3匹目のほぼ正面を見ているのは「M」。ムービーマンと同じ名前(笑)!
そして明日の朝のために買ってきたサンジェルマンのパン。ここのパンハワイではまあまあです!

eight_below
saint_gelman


| | Comments (15) | TrackBack (0)

February 18, 2006

ハワイでみかん食べたいな!

 冬場に日本に行くと楽しみなのが「みかん」!
安くて旨くてビタミンCがいっぱい!

 きっと日本にいる皆には分らないと思うけど、日本のみかんは最高です!
ハワイの島々では「タンジャリン」って言うのが一年中通して取れる。健太が前に住んでいたハワイ大学の近くの家では、取っても取っても次から次ぎへと生ってきたのを覚えている。

 ところがこの「タンジャリン」って奴欠点がある。
先ず種が多い。それと薄皮が硬い。
女性は良くこの薄皮も綺麗にとって食べるけど、健太はそのままがぶり!
その薄皮が口の中にゴワゴワ何時までもあって、とても具合が悪い。
それに種も「もごもご」して出さなきゃならない。
下手したら種まで噛んじゃって口中が種の欠けらだらけになっちゃう、、(汗)!

 日本のみかんは先ず90%以上の確立で甘くて美味しい。
でもこっちのその「タンジャリン」あたりはずれがある。
まずい確立が非常に高い。
久しぶりにこの前美味しそうな「タンジャリン」をスーパーで見つけたので買ってきたけど、安くはないし、あまり旨くなかった。
見かけはまあまあなのにね、、、。
どうしても健太たち日本からの人間は、あの「日本のみかん」を想像して食べちゃうから、その落差が激しい(笑)!

 時々間違って日本から「みかん」を持ってきちゃうことがある。
いや、言い訳じゃなく、
本当に一個だけ後で食べようと思って忘れてた奴がバッグに入ってたりするんだ。
するとホノルルの税関のワンちゃんが「くんくん」臭いをかんで、入ってるバッグの横にちゃっかりと座る。
Do you have any kind of fruits?
なんて係官に言われちゃって、「没収」ってことになる。
ワンちゃんはそういったものを見つけると、「ご褒美」にお菓子を貰うんだ。
そんな時はのワンちゃんたら、人の気も知らないで「ブンブン」しっぽを振ってすっげー喜んでる(笑)!

 使い古された表現だけど、「コタツに入って」美味しいみかんが食べたいです(笑)!
今日は土曜日、これから映画に行ってきます!ムービーマンが迎にくるんだけど、どうやら今日の映画は「ワンちゃん」の話らしい。楽しみです(笑)!

 写真はセーフウエーで買ってきた「タンジャリン」。フロリダ産らしいよ!

Mikan


| | Comments (10) | TrackBack (0)

February 17, 2006

ハワイのテンポと老化

 ハワイのこの素晴らしい気候!
ゆったりとしたテンポで物事は進んでゆく。
人間本来の生き方はこうあるべきだと思う。
だからこうしてハワイにいる健太達は、この環境に感謝しなければならない。

 でも多少のデメリットもあるかも知れないよ、、、。
先ずこのテンポに慣れるから「のろま」になる(笑)!
それと、あまり細かいことを気にしなくなるので、物忘れが激しくなる、、、。

 冷蔵庫に行ってドアを開ける。
<はて、俺は何しに冷蔵庫に来たんだっけ、、、>
PCに向かってブログを書く。
せっかく長い文章を書き終わったのに、
<あれっ、デリートしちゃったじゃん、、!>
ビタミンを飲む。
暫くして、
<あれっ、今日はビタミン飲んだっけかな?>

 なんてそんな事を日本から来た友達に話をすると、
<ははは、、、、そりゃ老化現象だよ健太! 俺も日本にいてそんな事しょっちゅうやってるさ。
別にそいつはお前がハワイにいるからじゃないと思うけどな、、、>

 そうか、それは老化現象か、、、、。
でもその老化現象ってやつ、ハワイには少し早めにやって来るような気がしてならないんだけどな、、!
だってうちのとんまは前にも書いたと思うけど、
「おまわりさんが郵便を持ってくる、、」
「冷蔵庫に洗濯物入ってるからね!」
なんてしょっちゅう言ってるんだぜ(笑)!

 写真は、ゆったりとした時の過ぎゆくホノルル・キングストリートの風景。

king_st

| | Comments (7) | TrackBack (0)

February 16, 2006

アメリカ不法滞在

 やっぱりアメリカは自由な国、裕福な国。
まだまだ一部の国からすれば、憧れの国であるのは間違いない。

 アメリカとメキシコは陸続き。何時でもその気になれば越境して不法入国するのはそれ程難しいことじゃない。
それとこの前も書いたように、旅行中アメリカに来て母国に帰らずそのまま居付いてしまう人もいるらしい。

 じゃ、その不法滞在でこのアメリカにいる人たちはその後どうするのだろうか、、、。
多分、既にアメリカに住んでいる同国人を頼っては、何とか手助けをしてもらっているのだろう。
同国人は自分も過去にそういった経験がある場合が多く、法律の裏に熟知している。

 ここで問題なのは、アメリカには戸籍が無いって事。
自分がアメリカ人であることを証明するものは何も無いんだ。
パスポートなんかを取れば別だけど、日常生活にはそんなもの必要ないし、もっていない人の方がずっと多い。

 「ソーシャルセキュリティー・ナンバーって言うのがあるじゃないか!」
って言うかもしれないけど、このソーシャルセキュリティー・ナンバーこそ当てにならない物は無い。こいつには写真なんか付いてないし、何かチップのような物が入ってて偽造できなくなってる訳でもない。

 恐ろしい事だけど、この「ソーシャルセキュリティー・ナンバー」、メインランドでは金さえ払えば幾らでも手に入ると言う。
ソーシャルセキュリティー・ナンバーを持っている奴が、それを売っちゃうってなケースもあるってんだから恐ろしい。
また事故で死んだ奴に成り済まして、そのソーシャルセキュリティー・ナンバーをちゃっかり使ってる奴もいると言う。
アメリカは広い。それを買って、どこかの街でその人に成り済まして生活していれば誰にも分らないと言う。
ソーシャルセキュリティー・ナンバーを売ってしまった奴はと言うと、例えば5万ドルでそいつを売っても更に安いのを買ったり、事故死の奴に成り済ましたり。

 ソーシャルセキュリティー・ナンバーは仕事をする時に税金を払ったりするためにあるもの。
その人が「何処の国の誰か?」なんて調べる物じゃない。
例えば成り済ました男が税金を払っても、国はそれを受け取るだけ。ただそれだけ、、。

 ま、あくまでもこれはメインランドでの話し。ハワイではこんな事はありません。嫌、無いと思います(笑)。小さな島のこと、こんなことしたら直ぐばれっちゃうよ!
暮れぐれもハワイに来てそんな事を考えないようにね(笑)!

 写真は久しぶりに快晴のワイキキです。写っているのはワイキキ・ビジネス・プラザ!

 PS:あくまでも全ては巷での話し。別に裏を取ったわけではありませんので悪しからず(笑)!

business_plz


| | Comments (18) | TrackBack (0)

February 15, 2006

ワイキキは男か女か?

 嫌になっちゃうよ!ワイキキはここんとこずっと天気が悪い。
得意ののワイキキの綺麗な空を載せたいのにそれが出来ない。
何とか早く機嫌を直して晴れてくれたまえ、
「ワイキキ君」!
 
 なんて「ワイキキ君!」って呼んでみたけど、ワイキキは男の子か女の子か、、、どっちなんだろうか、、。
アメリカでは物を指すとき一応ジェンダ(男女性別)をはっきりさせることが多い。
例えば車なんかはShe だよね!
船なんかもSheだ。
すると、ワイキキはHe なのかSheなのか、、、?

 一昨日「ハワイ通」のアヒ・ポキさんのブログにカキコしたけど、なんとそのコメントバックに、ワイキキが男の子か女の子かのヒントが隠されていた!

 ワイキキはやっぱり「男の子」でした!
なんと驚くなかれ、ワイキキには「0ンタマ」があったんだ!
これに気が付いた健太は天才かもしれない(笑)!!

 前に健太の「Oンタマ」が痛かった話、覚えてるよね?読まなかった人は是非
12月27日の「ハワイの健康保険」を読んで下さい。

 
 「ハワイ通」のアヒ・ポキさんの話では「Oンタマ」はワイキキのど真ん中にあるそうだ!
ウーム怪しい奴め、ワイキキの「Oンタマ」の正体暴いてやるぞ!

 天気は悪いけど早速ワイキキのど真ん中の「Oンタマ」を調査に!

 あったあった、有りましたよ!本当にど真ん中でした。
さてその正体は、
「インターナショナル・マーケット」略して、
「インタマ」だそうです(笑)!

 写真は今日のワイキキの「インタマ」君!

Intama

| | Comments (16) | TrackBack (0)

February 14, 2006

ワイキキのメキシカン・レストラン

 エンターテインメント。
いわゆる「接待」ってのが、ハワイにもある。
ワイキキの旅行業界もかつては、高級コリアン・バーやゴルフ、デイナー、ランチ、カラオケなどにかなりの接待費が使われていた時期があった。
今でもあるにはあるけど、かつて程の派手さは無い。

 で、今日は健太がランチに接待される側になった。
接待してくれるのは中国系の旅行社。
何時も書いているように健太の営業守備範囲は、アジア地区全般なのでそういうことになる。
ワイキキは今空前のホテル側売り手市場。
何処の旅行社も自分たちのホテルの部屋の確保で躍起になっている。
大手の旅行社はともかく、弱小エージェントにとってホテル確保は死活問題だ。

 今日呼んでくれたその中国系旅行社は、近年かなり力をつけてきて今その分野(中国系)ではトップを走っている会社。
更に成長の兆しがあると言うのに、ホテルの部屋が取れない。
この場合既に満杯のホテルに、一体何が出来るかは問題があるけど、とにかく話だけは聞く事にした。
何しろ他のホテルのお偉いさん、ムービーマンまで招待されているんだから(笑)!

 現在、中国ではアメリカへのビザ取得が非常に困難。
理由は普通の中国人がアメリカに旅行で来ると、半数はどこかに消えてしまうそうだ。不法滞在して何とかアメリカに住もうと言うわけだ。
アメリカではそれを避けたいので、ビザの審査を相当厳しく、かつその手数料を高価にしていると言う。
つまり、アメリカに住む必要のない富裕層をターゲットにビザを発行しようと言うわけ。
しかしこの先10年もすれば、中国の金持ちは更に増えて、その人たちが一挙にハワイに来るとなれば、とてもとてもホテルの数なんて足りるわけがない。
日本人は愚かアメリカ人たちも追い出されて、中国人ばかりがワイキキを闊歩する事になる。

 余談はさておき、今日ランチを招待してくれた「C社」の社長さんアーチ。
もともと健太と同じミュージシャンだそうだ。
場所はハイヤットの裏にあるメキシカン料理の店「La Cucara Cha」。

 写真は今日のそのランチの「ファフィタ・シュリンプ」。店のオーナーはどうやらチャイニーズ、味は完全に中華風でした。それだけに日本人の口に合うかもね(笑)!
シュリンプが一つ尻尾だけになってるけど、待ちきれないムービーマンが一口かじりました(笑)!

fafita_s

| | Comments (10) | TrackBack (0)

February 13, 2006

ハワイ 簡単な修理は、Do it your-self!

 このところ健太のとこの水まわりに問題が起きてる。
先ずキッチンの流しのパイプが腐食して水漏れしてきた。
それを知らずに流してたらキッチン一面水浸し!
それとバスルームの洗面台の水が蛇口から漏れる。ぎゅーとしめておけば何とか漏らないのでそうしておいて、お湯の方の蛇口だけ使ってた。
でもこれ凄く不便。一寸長く出してると熱いお湯になっちゃうから、顔も洗えない。

 何しろ我が家は築35年のコンド、どうしてもそんな事が起きる。
特にキッチンの流しは切実な問題なので、プラマーを呼んで直してもらう事にした。
U字型をしたパイプはもうぼろぼろになってた。レンチで外そうとしてもさび付いて取れない。
黒人の若い男が来てくれてやったけど、やっとの思いでその古い腐食したパイプを彼が外して新品と交換してくれた。
最初は自分でやろうかと思ったけどとても無理。
彼に来てもらって良かったよ!

 バスルームの水道もついでにその彼に直してもらおうと思ったら、一寸見ただけで、パーツがないから出来ないって言う。
仕方ない昨日は日曜日、健太が自分でやる事にした。
つまり、こっちで言ういわゆる、「Do it your-self(日曜大工?)」ってやつさ!

 先ず水道の元栓を締めなければ、蛇口のパッキングを変える事ができない。
洗面所の流しの下にもぐり込んで、その元栓のバルブを閉めようとプライヤー(ペンチ)でそいつを回した。
ところがどっこい、このバルブの取っ手も古くなっていてぼろぼろ。
回るどころか、その場にぼろぼろと崩れ落ちた。

 本来蛇口のパーツを外して、そいつをもって行って同じ物を買わなければいけないんだけど、元栓が締められないんでパーツは外せない。そのまま外せば水が吹き出ちゃう!
取りあえずバルブの取っ手を買いにCity Millへ。
City Millは東京で言えば、さしずめ「東急ハンズ」かな、、、。
取っ手を買って、家に戻って取り付けて元栓を締めて、蛇口を外しての構造を調べると、何のことは無いパッキング付きシリンダーがあって、そいつだけ買ってきて交換すればいい。

 外したシリンダーを持って再び、City Millへ!
ところが、うちの水道の蛇口は古いので、同じシリンダーなんかありゃしない、、、。
<困ったなー、、、>
仕方がない、同じようなサイズで同じような形の物を選んで買った。
値段は$11と一寸。

 さーて、家に帰って早速交換してみると、なんとラッキーにもぴったりはまったじゃないか!
先の流しのパイプの修理は$120だっので、多分これをやってもらっていたら同じ位は取られたに違いない。
<わーい、$100以上倹約したぞー!>

 なんてぬか喜びしたけど、行ったり来たり結構大変な目に会って、たったの$100しか倹約できないんだね、、、トホホ!

 写真はカイムキのCity Mill。日曜なので店内は「Do it your-self 」の客でいっぱいだった(笑)!

city_mill

 

| | Comments (11) | TrackBack (0)

February 12, 2006

ハワイに来れば、良いことが起きる!

 「良い事がいっぱい起きそうで、
毎日起きるのがとっても楽しみ!!」
って健太が言うと、
中には、
「えつ?何かちゃんとした根拠はがあるの?」
なんて聞いてくる奴がいる。

 昔は健太もそういう人間だったかも知れない。
全て万全を期して結果を待つ!!
でも、40歳を過ぎた辺りから、大分考え方が変わってきた。
だってそれまでの人生、すべてその「根拠作り」をやってきたのに、
一向にそれらしい結果へと向っていなかった。
それどころか、返ってどん底の生活が健太を待っていた。
それとは反対に、
何もその根拠作りをやってこなかった奴が、
いともたやすく「とても良いこと」を授かってる場合ある。

 世の中には何故か全てに自信を持ってる奴がいる。
大したことも出来ないくせに自信だけは持っている。
いわゆる、「根拠なき自信!」ってやつ、、、。
でも良く考えてみると、仕事でも何でも物事に自信がもてるほど実力を身に着けるなんて至難の業!
適当なところで自信を持ってる奴は強い。
世の中、「天才」ばかりじゃないからね(笑)!

 そんなこんなで、健太は何時も何の根拠もなく、
「良い事がどんどんやってっ来る!」って信じる事にした。
最初はどことなく居心地が悪かったけど、今ではへっちゃらで
「良いことがいっぱいやってくる!」って思えるようになったし、
心から信じてます(笑)!

 根拠なき信念、しっかり根づきました。皆さん楽しみにしててください(笑)!

 ダイアモンドヘッドと言うとその形から大抵横に撮るけど、縦に撮ったらどうなるかやってみました!えーと、結果は、、、別にどうって事は有りませんでした(笑)!

 PS:誤解があるといけないので、一寸一言。もちろんそれと平行して努力もしてます(笑)!

wkk_tate

 

| | Comments (15) | TrackBack (0)

February 11, 2006

ハリソン・フォード「Firewall」

 今日の映画はハリソン・フォード久々の主演作品「ファイアー・ウォール」。
銀行のセキュリティー部長ジャック(ハリソン・フォード)を脅して、銀行からオンラインで金を巻き上げようとする悪人たち。
家族を人質にとられてもめげず戦うジャック!
ハリソン・フォードはもう60歳になろうというのに、アクションまだまだOK、かっこ良かったです!

 ま、コンピューターなしでは夜が明けない現代、
そうしたコンピュータがらみの犯罪はあちこちで起きているようだ。
我々に一番身近なのはインターネット犯罪。
特にオークションの詐欺に至っては後を絶たない!
こいつばかりにはさすがの健太も、何回かやられてる。

 日本のヤフーオークションでの事。
4年ほど前、気に入った白いギブソン・レスポール・カスタム(ギター)が欲しくてビット。
確か健太の入札額は10万円くらいだったと思うけど、残念ながら2番目に高い入札者に留まった。健太よりほんの少しだけ高く入札した奴が勝ち!

 悔しい思いをしていると、そこにメールが届いた。
このメールが曲者だったんだ。
普通は殆ど健太のレギュラーのメールアドレスに送られてくるのに、このメールは何故か「ヤーフー」のアドレスに送られてきた。
内容は、
「貴方様の入札されたギブソンの最高入札者がキャンセルいたしましたので、2番目に高い入札をなさった貴方様に権利が発生しました。もし未だご興味がございましたら、10万円をパルルの口座XXXXにお振込み下さい。入金確認後即商品は発送させて頂きます」。

 メールには住所電話番号、全て記載されてる。
その後振り込み方法など1,2回メールのやり取りがあったと思う。
それらのメールは実に丁寧できちんとしたもの。すっかり信用した健太、10万円を彼のパルルの口座に入金。

 それから4,5日経っても何も言ってこない。
普通は「お金を受け取りましたので発送します、、」とか何とか、、、必ずあるのになしのつぶて。
メールを送ったけど返事も来ない。
仕方ないので彼のくれた電話番号に電話してみると、

 「佐藤です。えつ?XXさん?そんな人いませんよ!
住所ですか、、?確かにここはその住所ですが私は佐藤、XXなんていう人聞いた事も有りません!」
<、、、やられた!!>

 まだ他にも苦い経験有るけど、悔しいのでもう書きません。
ま、そのうち良い事もあるさ(笑)!

 写真は今日の映画Fire wallのポスター。

IMGP2523

| | Comments (8) | TrackBack (0)

February 10, 2006

ハワイの時間の流れは、ゆったりと、、、

 今夕方の6時15分。
仕事は5時までだけど普通このぐらいまではいる。
ただワイキキはどのオフィスも5時で帰っちゃう人が多いので、5時過ぎると極端に電話が鳴らなくなる。
特に今日は金曜日、ローカルの営業の連中はもうとっくに「いそいそと」帰宅しちゃった。
健太だけが残務整理をしていたけど、もう疲れたので健太も帰ります。
帰る前に一寸これを書いてるんだけど、、、。

 とにかく、こっちは時間が来れば何があろうと帰っちゃってもかまわない。
だって後は自分の時間。自分のために使う。
仕事なんかやろうと思えば次から次へと出てきてきりがないじゃん。エンドレス。
さっさと帰るが勝ちってわけだ(笑)!

 その点日本から来た日本人は、なかなかそういう事が出来ない。
時間通りに帰る事に何故か罪悪感がある。
今時の若者たちの事は良く知らないけど、健太達の年代は特にそうだ。

 そして、ハワイではハワイの時間が流れている。
のんびりとハワイアンタイムで事は進んでいるのさ。
何か急ぎがあっても、なかなか急いで終らせてくれない。だって周りがゆっくりなんだもの。

 「健太さん、今日本から急にリクエストが入ったんですが来年の7月20日から4泊、80ルーム取れますか? ついでに値段も下さい。いやー日本側が急いでるんで、今日中に回答もらえますよね!」

 そんな電話を、5時過ぎに貰っても困っちゃう。
7月は毎年忙しくて先ず80ルームなんて取らない事が多い。特に後半は日本も夏休み、黙っていても満杯になる。
こういうことを決断するには、ミーティングに掛けてコンセンサスを取ってからじゃないと「Go!」は出来ない。
来年の夏の値段だって総支配人はおろかまだ誰も知らない。

 「済みません、明日まで待っていただけますか、、、?」
健太はそういうしかないだろ、、。
「いやー、今日中じゃないと困るんですよ!」
彼らとしてはこう言うしかないでしょ、、、。

 ハワイと日本、時間の流れが違います。
だからハワイに来たら、
全てを忘れて、ただひたすらに「のんびりのんびり」して下さいね、、、(笑)!

 写真はハイヤットの裏、クヒオ通りにあるパシフィック・モナーク。
電線を入れたくなかったんだけど、どうやっても入っちゃうんだ、、、。

pac_monarch


 

| | Comments (10) | TrackBack (0)

February 09, 2006

エンジョイ・ハワイ!一度きりの人生

 ワイキキは今日寒かった。
天気もあまりよくない。
ま、今月一杯まだ雨季だからね。来月に入れば大分良くなると思います。

 外回りもこんな時は辛い。だって雨もちらついてたからね、、。
なーんて、日本の事考えたらそんな贅沢は言ってられない!
日本の方がずっと寒いし、営業の人はもっと過酷な競争を強いられてるに違いない。

 でも、人は上を見たらきりがないし下を見てもきりがない。
第一何が上で何が下だかすら、はっきり分んないのが人生。
結局何処に自分の目標を置くかに寄って、全てが決まるんだと思うけど、、、。
いつも言うように、健太にとってハワイは外国(今はアメリカ人になってはいるけど、所詮日本人さ!)、色んな修羅場を通り抜けてきた。
その話は健太の、、Part II を読んで頂ければ分ると思うけど、
そんな苦労だって、これからも何かあれば何時だって再挑戦して行く自信はある。

 なにしろハワイに初めて来た時は、ギター一本で空港を降りたんだ。
これ以上失う物なんて何もありゃしない。

 最近はインターネット・オークションがあるから、「ミュージシャンスズ・ワップミート(蚤の市)」でもあまり出店はしない。
しかし6、7年前までは良く健太自慢の楽器を持っては、そのスワップミートに出店した。

 或る日曜日、その「ミュージシャンズ・ワップミート」で健太は朝からござを敷いて出店していた。
健太の売ってる楽器は主に日本製の程度の良いエレキ・ギター。
面白いように売れた。
第一ギターと関わりながら金が入るなんて、健太にとってこんな楽しい事は無い!

 ホノルルは小さな街、そこへあるローカルの知り合いが来て、まじまじと健太の様子を見ていた。それは、
<ホテルの部長がこんなところで、こんな惨めな事をして、、、>
と言った哀れむような眼差しだった。
<あっ、そうかこれって一般の人たちには惨めな行動なんだ、、、>
その時始めて健太は気がついた。

 ござを敷いて、なんか並べて売ってるって、、、やっぱりホームレスみたいで、惨めなのかなー、、、。
でも健太は何でもかまわないから、人目なんか気にせず思いきり好きな事をしてエンジョイしたい。
一度きりの人生だ!

 そんな訳で、昨日マジックアイランドで撮った写真を今日は載せます。今までも似たような写真をかなり載せたけど、それぞれ微妙に違いますからね(笑)!
と、そこに投網を持ったおっさんが来て、一生懸命網を投げてる。こいつもパシャリ!
多分「パピオ」かなんかが取れるんだと思うよ。「パピオ」天ぷらにして食べてーなー!

さすがローカルのおっさん、グショグショに濡れても身なりなんかまるで構わず、、、。
エンジョイの仕方知ってるよなー!

 magic_isrland
Toami


| | Comments (11) | TrackBack (0)

February 08, 2006

空・ハイヤット・リージェンシー・ワイキキ

 今日もブログ友、アヒ・ポキさんのいるワイキキの旅行社に寄ってきました。
場所は丁度ワイキキ・ビトンの裏側。

 「ハワイ通」のアヒ・ポキさんのブログはmsnで、健太のはnifty cocolog。
やはり同じワイキキのブロガー、色々と情報交換なんかやるともっと楽しくブログの輪が広がってくれる。
特にこのアヒ・ポキさんのブログは、忍耐力のいる貴重な取材があったりして、
健太のブログ友にも是非見てもらいたいんだ!

 ところがこのところ何回もトラックバックを入れてるんだけど、この2つのブログに互換性がないらしく、
うんともすんとも言わない、、。
せっかく更に沢山の人に素晴らしいハワイの情報を楽しんでもらえると思ってるのに!
彼女に教わった例の、「空飛ぶエイ」なんか格好のトラックバックの材料だったんだ。

 ライブドア、FC2その他殆どTBできるのに、、、。
これだけブログが急激に普及しているご時勢だって言うんだから、
その辺のところ、msn & nifty の両社さんよろしくお願いします(笑)!

 さて今日の写真だけど、限られた時間内で最高の写真を、、、って思うけどそれがそう簡単じゃはない。
そうなるとやっぱり健太はハワイの空を撮る。今日はシェラトンからハイヤットに向って!
でもやっぱり主役はハイヤットじゃない、ワイキキの空が主役(笑)!
今日は一寸光量が少なかったみたいです、、。
 
sora_hyt

 

 

 

| | Comments (11) | TrackBack (0)

February 07, 2006

笑顔のハワイに福来たる!

 昨日友達がメールでこんな事を書いてきてくれた。

「メラビアンの法則を知ってる?、
見た目や表情などの外見で55%の人が他人を評価して、
声の質、高低、話し方などで38%、
話の内容で判断する人は何と7%だそうだよ!!」
 
 人間、この世の中に色んな顔を持って生まれさせられた。
この顔、自分の好みと全く関係の無いところにある。
こいつばかりはどうしようもない。

 だけどそのどんな顔も、ほんのちょっとした事で変えることが出来る方法がある。
もし醜くなりたければ「しかめっ面」をしてれば良いし、
もし魅力的になりたければ、、、
「笑顔」でいれば良い。簡単な事!

  笑顔って素敵だよね!

 「男がへらへら笑うんじゃない!」
健太が子供の頃よく言われた。
あの頃は世の中がそんな風潮だったんだ。
でも今は21世紀。
自分の幸せは自分でつかめる時代。

 笑顔は天が人間に与えてくれた一番素晴らしい贈り物。
これを無駄にしておく手は無い。全てはここから始まるんだ!
笑顔は磁石。全ての素晴らしいものを引き付けてくれる。

 あなたはしかめっ面してませんか?
鏡を見て自分の「魅力的な笑顔」を練習して見ようよ!
始めは顔が引きつっても、そのうち自然に笑顔が作れます。

 「笑顔でいること」は、万人が説く「成功の秘訣」の中で最も大切なものだと思います。

 写真はアラモアナパークからコンド・ヨットハーバー・タワーを狙った物。だけどヨットハーバー・タワーより椰子の木と青空のほうが、健太にとってはメイン(笑)!

YHT


| | Comments (15) | TrackBack (0)

February 06, 2006

ワイキキ・ホテル ペントハウス

 今日のワイキキは良く晴れている。
それでもベストには今一歩。雲が多いんだ。

 外回りを早めに終えた健太、ムービーマンのアンバサダー・ホテルに寄って見る事にした。
アンバサダーも健太のホテルも2月はめっちゃ忙しい!
連日満員御礼。
なのに、この前カラオケに一緒に行ったJ社のNちゃんから電話で、彼女の友達がどうしても明日から6泊部屋を探しているって言う。
そ、そんな無茶な!
ワイキキ中一杯なんだ。6泊なんて一部屋だって取れやしない。
健太は何とか明日から4泊だけ健太のホテルで取ってあげる事にした。
ところがどうだ、ムービーマンにも彼女は連絡していて、ムービーマンが何とかスルーで取ってあげられそうだと言う、、。
ムービーマンのアンバサダーも満杯のはずなのに、、、。

 Nちゃんは目玉のクリッとした国仲涼子みたいな可愛い子ちゃん!
ははーん、ムービーマン「無理しちゃったね」(笑)!
でもNちゃんは蛙にも似てるので、健太は彼女のニックネームを「蛙ちゃん」にしちゃいました(笑)!

 アンバサダーに行ったらムービーマン、
「せっかくだからホテルの部屋を見学するか?」ってんで、お言葉に甘えて部屋を見せてもらう事になった。
アンバサダーといえばいわゆるエコノミーホテル。健太は高をくくっていたんだけど、部屋に入って驚いた!
リノベーションされていてとても小奇麗。
特に最上階のペントハウスは、部屋もいいし景色も良い。
もちろん海はばっちり見えるし、マウンティン・ビューも最高の眺め。
何よりもラナイが部屋を全部ぐるっとに囲むようにあって、めちゃ広い!
ペントハウスだから値段は多少張るけど、3ベッドルームなんか8人まで泊まれるそうだ。
これだと一人の金額はめっぽう安くなっちゃうよ!

 最近のウェディングなんかでは、家族全員ハワイに来るから、そんな人たちには持って来いだと思います!

 写真はアンバサダーのペントハウスからのマウンティン・ビュー。健太の家もムービーマンの家も、見える見える、、(笑)!

mountain_v

| | Comments (12) | TrackBack (0)

February 05, 2006

マカレー・ジャックインザ・ボックスにて

 リンダは今年55歳を迎えた。
3歳年上の夫がなくなってから5年、リンダはまるで付きに見放せれてしまった。
プラマーだった夫ダニエルは働き者で、自営業として20年間あちこちの工事現場に下請けとして雇われていた。
しかし酒が好きで、稼いだ金はほとんど酒で消えていった。
<もう少し酒を控えてくれさえすれば、、、>
そうは思ってはいるものの、リンダはとても幸せだった
子宝には恵まれなかったけど、ダニエルは深くリンダを愛してくれた。
<私にはダニエルがいる、お金なんかなくっても幸せ!それにこれだけあれば何とか食べてはいけるわ!>
何時もダニエルが家計に入れてくれるごくわずかな金にも、リンダは感謝した。
いさかいもなく、何時までも青春時代と変わらないそんな生活を過ごす2人だった。

 不幸は突然やってきた。
ダニエルは仕事を終えて帰宅する途中、交通事故にあったのだ。
対向車がセンターラインをオーバーしてダニエルの車に突っ込んできた。
まわりの車3台を巻き添えにした大事故だった。
急いで病院へ駆けつけたリンダだったが、既にダニエルは事切れていた。

 警察は事故を起した20歳の男を捕らえた。
しかし男は麻薬の常習者。運転中も完全に中毒症状を起していた。
更に問題は、男の車は保険に入っていなかったのだ。

 リンダはあらゆる手を尽くして、何とかその男から何がしの物を取ろうしたが、無駄だった。男は複雑な家庭に育っていて、財産などない麻薬常習者。何をしても一銭の金も出てこなかった。

 自営業でろくろくソーシャル・セキュリーティーも払っていなかったダニエル。家は借家。
ダニエルが死んでから、リンダが最初に困ったのは家賃が払えなかった事だった。
ダニエルとリンダの両親はとっくに他界している。兄弟もない。
知人や親戚は多少の援助はしてくれた物の始めのうちだけ。
今では誰も助けてくれないばかりか、リンダの存在すら誰もがうっとうしく思っている。

 結局家を追い出されて行き先のないリンダは、州のシェルターに世話になることになった。
シェルターには沢山のホームレスたちがいて、三度の食事も何とか与えらるものの、所詮自我の強い人間ばかりの吹き溜まり。
結局その中でも権力争いや派閥争いが有って、小さないざこざが絶えない。
穏かに生きてきたリンダに取ってはとても耐えられなかった。
リンダはそこで生活して行くほど強くはなかったのだ。

 <明日から、もうこのシェルターを出よう、、、>
翌日真夜中になって、身の回りの物を昼間のうちに用意していたスーパーのショッピング・カートに載せると、ゆっくりとダウンタウンに足を向けた。
ショッピング・カートには、リンダがここで生きてゆくために必要な物は殆ど乗っている。
<さあ、今日から私は自由!
私はハワイに住んでいるんだ。何も心配は要らない。明日になれば太陽も私を照らしてくれる。それにハワイには素晴らしい青空があるじゃないの!
きっと今に良いことがある!、、>
そう信じて進む足取りは、むしろ軽やかだった

 この2,3日ホノルルはとても寒かった。
しかしこんな時のために、シェルターで綺麗に洗っておいたジージャンがある。
これさえあれば、何とか寒さはしのげる。
風を避けるようにジージャンの襟を立てた。
<コーヒーが飲みたいなあー、、、、>
ダウンタウンからキングストリートを東へ。

 マカレーの交差点にジャックインザボックスがある。
リンダはなけなしの1ドル札を、ポッケの奥からそっと出した。
ついでに鏡も覗き込んだ。
55歳、年の割りに肌は衰えていない。にっこり笑ってみた。
ダニエルはいつも、リンダの笑顔が素敵だって言ってくれた。
ショッピングカートを駐車場においてジャックインザボックスに入ると、
店内の客は一斉にリンダを見た。
一目見てホームレスと誰もがわかる。
「May I have a cup of coffee?」
リンダはにっこりと笑うと、カウンターでそう言った。

 受け取ったコーヒーを持って席に着いた。
迎え側の席にハンサムなジャパニーズの男がいて、コーヒーをすすりながらブレックファースト・ジャックを食べている。
リンダは急に誰かと話がしたくなった。
「Hi, my name is Linda? How are you?」
ジャパニーズの男はにっこり笑って言った。
「Hi, I ‘m fine and you?」
「Oh、I’m fine too. And your name is、、、、?」
「My name is 健太!」

 今朝のジャック・インザ・ボックスで、ホームレスの女性を見ながら勝手に想像しちゃいました、、、、。

 写真はカラカウアのジャックインザ・ボックス脇の、ガス・ステーション。一時下がったガソリン、また少しずつ上がってます、、、。右遠方にセントラルユニオン・チャーチの塔が見える。これと同じような写真、やっぱりガソリンの値段にフォーカスして以前も載せました!

Gas

| | Comments (11) | TrackBack (0)

February 04, 2006

マカリー・チャプスイ

 今午後5時過ぎ。6時15分にムービーマンが迎えに来る。
今日の映画は、、何んだかわかんないけど、彼の選ぶ映画に殆ど外れはない。
きっと面白い映画に連れて行ってくれる。

 先週の映画は「アンダーワールド・エボリューション」。
バンパイヤと狼男の戦い。
でも中身は狼男とバンパイヤのラブストーリー(笑)!
傷ついて危なくなると、互いに血を相手に与えあう、、って言う恐っそろしい映画でした(汗)!

 で、何時も映画の帰りには「リキリキ・ドライブイン」でディナーを食べてくるのは周知の事実だと思うけど、
たまには和食の「とらや(これもムービーマン御用達)」や、「ごえもん」なんかにも行く。
それが、去年の大晦日たまたま「リキリキ・ドライブイン」がクローズで、行った中華料理店が
「マカレー・チャプスイ」。
キングストリートとマカレーの角にある。
ハワイ生活35年、この店は健太がハワイに来たときから有った。
でもハワイの中華料理は日本の中華料理とかなり味付けが違っていて、1,2回行ったきり行かなくなった。
つまり口に合わなかったのさ。

 でも晦日に遅くまでやってるレストランは辺りにそこしかなかったんで「ノー・チョイス」、それこそ30年ぶりに入って見た。
店に入ったのは良いけど、一体何を頼んでいいのか分らない。
仕方がないなんかスープ物が食べたかったので、リリハの中華料理店で良く食べた「シーフード・ヌードル・スープ」を頼んでみた。
リリハの「シーフード・ヌードル・スープ」は健太がまだブログを始めたばかりの頃、一度紹介したけど、とてもハワイの麺とは思えないほど旨い。
シーフード入りの湯麺と言った感じ!

 ムービーマンも健太にならって同じものを頼んだ。
出てきた麺は、ハワイの中華料理店で良く出てくる細めのやつ。
一口食べて驚いた!
だしの効いた塩味のスープでシーフードがたっぷり入ってる。
具には一寸とろみがついていて、まろやか、、、。
更に食べて確信がもてた。リリハの店のより旨いじゃなか!

 それからと言うもの、とんまも連れてったりして、通ってます。
「ラーメン屋さんの『ばってんさん』、ばってんさんのラーメンにはかなわないけど、けっこう旨いので、今度ハワイに来たらご馳走します、、(笑)!」

 今日も映画の後、あそこに行きたいなー、、、。
でもさ、ムービーマンは「リキリキ」が大好きだからなー、、、。

 写真は「アンダーワールド・エボリューション」のポスター。

Underworld

| | Comments (25) | TrackBack (0)

February 03, 2006

ハワイの食べ物

 毎日ブログを書こうとPCに向うと、次々に言葉が出てきて、そいつを並べていくと、あっというに完了。
実に不思議な感覚(笑)!
でもごくまれに、まるで何も浮かばない事がある。
今日がそんな日かも知れないなあ。
うーむ、じゃあ今日はハワイの食べ物の話でもしようか、、、。

 「ハワイの食べ物」と言うとどうしても、
「ポイ」とか「カルア・ピッグ」「ロミロミ・サーモン」なんかの伝統的ハワイアン・フードを健太は思い浮かべる。
でも最近では「ロコモコ」「スパム・むすび」「ポキ(ポケ)」などの近代ハワイアン・フードの方が人気があるようだね。
特に日本人には「ロコモコ」の人気は群を抜いていて、ムービーマン御用達の「リキ・リキ・ドライブイン」には毎日沢山の日本人観光客がそいつを食べにきている。

 健太が初めてハワイに来た頃のホノルルの街では、日本から来た日本人を滅多に見る事がなかった。
しかし20年ほど前からその日本からの日本人の数が急増、特にこの10年その傾向は顕著。
その日本人には、観光客のほかに留学生、企業の駐在員やその家族も含まれます。

 ムービーマン御用達の「リキ・リキ・ドライブイン」に行くと、そうした日本人が沢山来るけど、ハワイに住んでいる日本人と、観光客の日本人と見ただけでは区別しにくい。
そんな時、ある程度それを見分ける方法がある。
オーダーするメニューが違うんだ。観光客は殆ど「ロコモコ」を食べに来る!
もちろん、長い間ハワイにいる連中は色が黒かったり、その振舞いが多少違うかもしれないけど、決定的な違いは土地の人間はあまり「ロコモコ」は食べないですね、、。
ちなみに健太は「ロミロミ・サーモン」が大好きです(笑)!

 写真は今朝のワイキキビーチ。未だ人出が少ないね!

wkk_b


| | Comments (15) | TrackBack (0)

February 02, 2006

健太の腰痛治療法!

 この2,3年、健太の腰が痛くて参ってた。
ひどい時には腰が痛くて車から降りれなかった。
<内臓が悪いのか、、、>
健太には以前胃が弱かった。
<これが原因で腰痛があるに違いない、、、!>

 そう思って胃カメラを入れたら案の定、健太の胃はピロリ菌の巣。
そこで、「ピロリ菌」をやっつけてもらったら胃は健康を取り戻してくれた。
<飯も美味いし、これで、腰痛も治る!>
素人診断は一瞬正しくに見え、腰痛は暫くは影をひそめてた。
しかしそれもほんのつかの間だった。やがて痛みは情け容赦なくやってきた。

 次にこう考えた、
<もしかしたら、腸が悪いのかもしれない、、、>
そう思うと矢も立てもたまらず、直ぐに腸にカメラを入れて調べてもらった。
「ポリープが一つ有ったんで、切除しておいたからね、、、」
クアキニ・ホスピタルのドクター・神田は、麻酔の覚めた健太にそう言った。

 <もうこれで、腰痛とはおさらばだ!>
健太はその時こそそう固く信じた。
この時も確かに腰痛は暫く姿を消した。
しかしまた直ぐに始まった。
時には痛くて、朝ベッドから起き上がれない。
とんまが笑って言った。
「健太、心配ないよ!いざとなった、らあたしが車椅子を押してやるから(笑)!」

 医者はペイン・キラーを飲みなさいって言う。
市販の物で良いらしい。
腰には「アドビル」が効くってテレビで宣伝してたので、こいつを飲んだ。
朝晩2錠ずつ。
確かにアドビルは効いた。どんなに痛くてもアドビルを朝2錠飲めば、一日何とか痛みはやってこなかった。
だけど同じ薬ばかり飲んではまずいと思って、時にはタイラノール、アスピリンなんかに変えて飲んだ。

 それが去年の10月のある朝、起きようとしたら左半身が麻痺して起き上がれない。
左足は完全にしびれっぱなし。

 この部分は当時のブログで報告している。
救急病院にいって調べてもらったけど「単なる筋肉痛」だと言う。
そういって貰った薬は、まるで効かない。
緊急病院の医師は専門では無いので、直ぐに専門医に行って見てもらう事にした。専門医曰く、
今回は「ピンチ・ナーブ」、つまりヘルニアと診断。
コーティゾンと言う、一生に3回しか打てない注射を打ってくれた。
実はこのコーティゾン、健太は既に2回過去に打っているんだ。
これが人生最後のコーティゾンと言うわけだ(涙)!
この注射のおかげで、少しずつ快方に向かった。
それでも一月ほどびっこを曳いていた。
11月の韓国と日本の営業は、足をひきずりながらの涙ぐましいものだった。

 それでもようやく11月終わり頃には、左足の痺れがなくなって来た。
しかし、ほっとしたのもつかの間、12月に入ってまた腰痛がやって来た。
このときは既にアドビルもアスピリンもタイラノールも殆ど効かなくなっている。
<もう駄目か、、、とんまに車椅子押してもらうより手はないかもしれない、、、>
一番恐れていた情況だった。

 そんなある晩、何気なく高校生の頃を思い出して、「腕立て伏せ」をやって見ようと思った。
仲間とその回数を競っては自慢していた「腕立て伏せ」。
100回でも200回でもあの頃はできた。
<もう10回も出来ないだろうな、、、、>
案の定、7回でダウン。

 でもそれからと言うもの、毎晩少しずつ遊び半分にその「腕立て、、」をやりだした。やってるうちに、10回、20回、25回、30回、、、。
日に日にその回数は伸びていった。

 そんな或る日、ワイキキの信号を渡ろうとしたら黄色に変わって、さらに直ぐに赤くなろうとしたので走った。
<おや、、>
ふと自分の中の異変に気ずいた。
普段一寸走っただけで猛烈に腰が痛くなるのに、、、なんともない。
<こ、これはどうしたことか、、、!>

 <まさか、腕立て伏せが腰に、、、、、!>
2,3日してその「まさか」がどうやら正しかったことが分ってきた。
痛みが少しづつ和らいで来たんだ!
「腕立て伏せ」が健太の腰痛から完全に救ってくれたようだ。
そして腕立てを始めて一月もすると、腰痛は嘘の様に消えうせてしまった。
自分でも信じられない!
腰が痛くて全力疾走なんてとても考えられなかった過去2、3年だけど、距離はともかく、今はそんな事も出来るよ(笑)!

 誰に勧められたわけでもない、偶然がそうさせたのさ。
<いや待てよ、、、>
その「偶然」って奴、実はどう考えても偶然とは思えない。
誰かのサジェッションのような気がしてならない。
どこからかの微弱な電波、、、を受けた、、、。
そんな感じがして仕方がない。

 更に考えを進めてゆくと、
じゃあ人は何のために、何処から来て何処へ行こうと言うのだろうか、、。
自分の存在理由は一体なんだろう?
人は簡単に言う、
「そりゃ、子孫繁栄のためさ!」
もしそうだとしたら子孫繁栄は何のため? 誰のため?

 宇宙の法則に則って我々が存在すのはわかるけど、誰が何のためにこの我々を動かしているのだろう。
あくせく働いて、愛し合ったり憎み合ったり、、、。
宇宙の源を神と呼ぶならば、彼の目的は一体何なんだ!

 我々は常に物事の理由を質そうとするけど、もしかしたら宇宙には何の存在理由もないのかも知れない。
ただそこにあるだけ。
でももし単に全てがそこにあるだけなら、何故我々は色んなことをしでかしてしまうのか?

 一寸待った、面目ない。今まで書いた事一寸反省します!
<つべこべ言わずに、生きてる間に思い切って楽もう !>
ってこった。何しろこの青空が健太には付いててくれるんだから(笑)!

Aozora


| | Comments (27) | TrackBack (0)

February 01, 2006

ハワイのボーナス事情

 健太の勤めているホテルの改装工事が少しずつ始まっている。
そして3月から本格的工事に入るんだけど、そのモデルルームが既に出来ていて、健太のお得意さんに時々見に来てもらっている。
きょうもH社の社長さんはじめ皆さんに来て頂いた。
モデルルームは見事な出来で、42インチの薄型テレビなど近代ホテルルームの最先端を行っている。

 アメリカのホテルビジネスは911以降最悪の状態が続いていた。
イラク戦争、そしてサーズの蔓延。
しかしやっと去年辺りから、アメリカの景気回復の後押しもあって業績が上がってきた。
 
 ホテルには総支配人と言うのがいてホテル運営を任されているわけだけど、もちろんその後ろにはオーナーがいて実権を握ってっている。
オーナーは何時も自分の持ち物をフルに活用して利益率を上げたい。
だから10,000円の部屋代は15,000円に、15,000円の部屋代は20,000円にしたいのはオーナーとして人情。
最近の市場の回復で、やっとそれが出来る情況が整った訳だ。
今ワイキキのホテルの中には2,3年前の1.5倍ぐらいに部屋代が上がっているところはざら。

 ま、健太のホテルもこうして部屋をきれいにして更に値段を上げたいのさ。
そこで問題は、アメリカ人観光客にとってその値上げは何とかクリアできる。でも日本人にはどうだろうか?
日本の景気の回復はどうやら本物のようだけど、それが一般市民のレベルまで波及するにはまだまだ時間が掛かりそう、、。
つまりその値上げ、今はまだ日本人にとってはきついよね!

 そうなると健太の成績が危ぶまれる、、、。
なんちゃって!
大丈夫大丈夫。健太ほどの優秀なセールスマンはそんなの屁でもない。そんな事でへこたれる健太じゃないんだ(笑)!

 皆、知ってる?
アメリカの会社、特にハワイではボーナスなんてないんだよ!
でも健太達のホテルには特別に、インセンティブと言うのがある。
こいつはバジェット(ノルマ)を達成すれば、その達成額に応じてボーナスを出すって訳!

 さすが健太、去年は3回その「インセンティブ」ってやつ、貰いました!
ウハウハ(笑)!

写真はワイキキ・ビトンの上の空。うん、今日の空、澄んでるよなっ!

viton_sora

| | Comments (16) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »