« May 2006 | Main | July 2006 »

June 30, 2006

アラモアナで独立記念日の花火!

Imgp0216

 「ハワイ最新情報!」、
とサブタイトルに有るからには、やっぱりそいつがメインに来ないといけないと思って、最近はずっど新聞記事から何かをお知らせしようとしている。もちろんそこに健太なりの考えががあれば、そいつを述べさせてもらっているけどね。
毎回じゃ皆さんも飽きるかもしれないので、ま、その辺は適当に(笑)!
 
 さて今日の「スター・ブルテン紙」1面は、


「Crackdown awaits holiday parties」

 1776年7月4日、トーマス・ジェファーソンによりアメリカはイギリスからの独立を宣言!
それ以来、アメリカでは毎年この7月4日を独立記念日と定めて祝っている。

 HPD(ホノルル・ポリス・デパートメント)ではこの7月4日のアラモアナ公園で行われるセレブレーションに、130人の警官を配置する事にきめたそうだ。

 今年で15年目になるこの独立記念日のためのプロ達による花火大会もあり、約5万人の人出が見込まれている。
例年その日のアラモアナ公園では、法律で禁止されているパブリック(公園などの屋外)での飲酒はもちろんのこと、未成年者の飲酒、そして一般人による花火遊びが後を絶たない。
そこで、、、

 「Crackdown awaits holiday parties」!
つまり、
「独立記念日では、厳しく取り締まる用意がある!」
ってわけさ!

 公園内での飲酒に関しては即逮捕、ジェイル(実刑)または$1000の罰金。
また公園内で花火を焚けばジェイルまたは$2000の罰金
(実刑に関して期間は明記されていない)。

 しかし警官たちがこれらを取り締まるのは非常に危険が伴うそうだ。
酔った者たちが花火に火をつけて投げつけてくることもあるからだ!

 それはともかく、その時期にハワイに来る方がいらっしゃいましたら、是非この一大イベント見に行っては如何でしょうか、、、(笑)!
 
 写真は今日昼過ぎのクヒオ通りの様子。丁度免税店をクヒオに出てちょっと右に曲がったところ。
健太も歩き疲れちゃって、ビルが斜めになって撮れちゃった。面目ない(笑)!

| | Comments (8) | TrackBack (0)

June 29, 2006

ハワイ州の知事さん

Imgp0211

 ハワイ州知事は「リンダ・リングル」さん!
前任者の「ベン・カエタノ」氏が不人気だっただけに、その期待を一身に浴びて彼女は登場した。

そのリンダさん、この火曜日のワイアナエでホームレスたちと公聴会を開いた。
一昨日書いたようにワイアナエの「ホームレス一掃作戦」で行き場を失った彼らの意見を何とか聞こうとしている。
結局最終的に、今年一杯なんとしてでもホームレスたちのシェルターを、どこかに建てることを約束したらしい。
場所の候補はバーバーズポイント空軍基地の跡、あるいはルアルアレイの州所有空き地など、、。

 実はこのホームレス問題、過去の市長や州知事たちも同じような経験をしていて同じような解決方法を考えたのさ。

 今から20年ほど前かな(正確な年数は忘れましたが、、)、ダウンタウンの外れの公園に、200人ほどのホームレス達が生活していた。
ダウンタウンはホノルルの中心地区。
時の州知事も市長も、何とかそれを一掃しようと躍起になっていた。
その解決策として浮かんだのが、当時の州所有空き地にかなりの規模の「シェルター」を作ろうと言う案。
そこは食事まで世話をして何不自由ないとまでは行かないまでも、ま、安心して寝起きできるところにする!

 さて出来上がったそのシェルター、最初のうちはホームレスたちも集まっていたが、一人減り二人減り、、最終的に閑散としてしまったと言う。

 考えて見れば無理のない話し。
ホームレスになるような人たちは、規則に縛られたり、仲間と上手くやっていく事なんて器用な真似なんか出来やしない、、。
自由気ままな生活を求めて「ホームレスになった」と言うのに、やたら規則もあって気の合わない奴のいるシェルターなんか息苦しくって、いても立ってもいられやしないんだろね!

 写真は今日も足を運んだシェラトン・ワイキキから!うーむやっぱりメインランドからの観光さんが多いか、、。


| | Comments (14) | TrackBack (0)

June 28, 2006

ハワイの新聞

Imgp0197
 
 ホノルルには2つの英字新聞がある。
「スター・ブルテン」と「ホノルル・アドバタイザ-」がそれだ。
先ず健太がホテルに出勤すると、そのうちの「スター・ブルテン」紙に目を通すのが日課。
本当は健太は「ホノルル・アドバタイザ-」の方が好きなんだけど、
うちのホテルは「スター・ブルテン」しか取ってない、、(涙)!
 
 毎朝8時からのセールス・ミーティングにはホテルの総支配人が突然参加してきたりして、
「今日の新聞によると、日本人観光客は今年になって7%ダウンしてるとあるが、、健太、、、」
なんて健太にお鉢が回ってくることが有る。
だからちゃんと新聞には目を通しておかないと、何を言われるか分らない。


 さて今日のスターブルテン1面には、
「Kapolei residents opposing Wal-Mart」
とある。
日本でも良くあるとだと思うけど、「ウオルマート」のような大型店が地方に進出しようとすると必ず住民の反対にあう。
一番の理由は交通渋滞、さらに既存商店の危機感。

 今日の新聞紙上でのカポレイ住民の反対理由は前者。
「ウオルマート」の建設予定地は丁度フリーウエーの出入り口付近。
かなりの交通渋滞は予想される。

 しかし皆も知っての通り、アラモアナの「ウオルマート」、あれが出来上がってから多少の交通渋滞はあっても、目くじらを立てる程のもない。
ホノルルの中心地であの程度なら、カポレイのど田舎(失礼)じゃそれほど神経を尖らせるほどの事じゃないような気がする。

 カポレイはオアフ島の西に位置し、パール・ハーバーと、昨日書いた「ワイアナエ・ナナクリ地区」との丁度中間地点にある。
ホノルルのベットタウンとして、ワイケレやエバについで開発された新興住宅地だ。
そうした背景でカポレイは最近急激に開発が進んで、既にショッピングセンターもある。

 しかし良く考えて見ると、カポレイ住民からすれば反対する理由がきわめて希薄だ。
何故なら「ウオルマート」の進出で、買い物先の選択肢が増える訳だし、
「ウオルマート」の商品が安いのは周知の事実!
これはどう考えても、純粋な意味のカポレイ住民の反対ではなく、もっと利害関係にあるもの達の反対に違いない。
「ショッピングセンターの商店たち、、」
この辺が臭いね、、(笑)!

 写真はシェラトンワイキキのプール。
今日もジリジリ暑かった。この写真その暑さが充分伝わってるでしょ(笑)?

| | Comments (18) | TrackBack (0)

June 27, 2006

ホノルル市長さん!

Imgp0188

 ホノルル市の市長は「ムヒ・ハネマン」氏。
彼はなかなかのハンサム青年で背も190cmと高く、歌も上手い。
若い頃からその才能が認められ、末は市長か州知事と言われながら、ここまで来るには予想以上に時間がかかったような気がする。

 健太が以前勤めていたPホテルの同じセールス・マネージャーの仲間に、ミス・ビッグアイランドの韓国人とハオレ(白人)のハッパ(混血)で飛びっきり美人がいた。彼女の名前はミスK。

 ミスKはムヒさんと同郷のビッグアイランド出身と言う事もあって、長い事付き合っていた。
そんな訳で、健太はムヒさんとPホテルで良くお目にかかった。

 今朝のハワイの新聞、スター・ボルテン紙に、ワイアナエ・ナナクリ地区(オアフ島の西部)のウレハナ・ビーチの記事が第1面に載っていた。
「Sweeping up Waianae」、ワイアナエ一掃作戦!

 一般観光客にはあまり馴染みのないこのワイアナエ・ナナクリ地区。
ゴルフをする人は多少なじみがあるかもしれないが、マカハに行く途中にこのワイアナエ・ナナクリ地区はある。
そのワイアナエ・コーストには市営ビーチが3箇所あって、
そいつがこの9月から大々的な改修工事に入る。

 問題は現在、そこに約100人ほどのホームレスたちがテントを張って生活している事だ、、。
この人に立ち退いてもらわなければならない。
さてムヒさんそこで一言、、、、。
「これはホームレスを敵視した行動ではない。単にここを綺麗にしたいだけの事だ!」

 でもこの言い訳には一寸無理がありそうだ。
なぜなら、ムヒさん、この3月にもアラモアナ公園の200人あまりのホームレスを立ち退かせたばかり、、、。果たして「ホームレスを敵視した政策ではない!」と言う言葉、そのまま素直に受け取ってもらえるんだろうか、、。

 写真は今朝のクヒオビーチ。ホームレスはいませんでした(笑)!

| | Comments (13) | TrackBack (0)

June 26, 2006

ハワイの消費税上がるよ!

Imgp0181

 アメリカにはインフレの臭いがして来ている。
健太はご存知のようにホテルマン。ホテルの値段がそのままアメリカの物価と密接に関係あることは当然。
一方健太はギター屋さん的な人間でもある。経済の動きはギターの値動きとも密接な関係に有る(笑)!
1)ホテル代が上がってる
2)ギターの値段が上がってる
これこそインフレの臭いそのものだ(笑)!

 そこに持ってきて、観光でハワイに来る皆さんにも直接関係の有る、
ハワイのGET(General Excise Tax)が来年から上がることになっている。
日本で言うところのいわゆる消費税かな、、。

 現在の4.16%が4.7%になるそうだ(実際には殆どの買い物は4%しか課税されていないけど、、、)。
2005年の州議会で2007年からこのGTEの「値上げOK!」
と言う法案が既に通っている。

 しかし2007年とは謳っていても、別に日にちが設定されている訳では無いので、1月1日からなのかどうか、誰も分っていない、、、。

 この値上げ分のGTEはそのまま、オアフ島の「マス・トランジット・システム」=「大量旅客輸送」=「モノレール(だと思います)」に使われる予定。
モノレールはカポレイからマノアまで開設する予定で、予算はしめて$30 Billion(1Billon=Million x 1000 )。

 ハワイのフリーウエーで通勤した経験のある人は、ミリラニ、パールシティー
方面からホノルルへの混雑情況がいかにひどいか、良くご存知の事と思う!
だからそのモノレールで一挙にそいつを解消しようって訳さ、、。

 しかし4.16%が4.7%に上がるから、
「たったの0.54%の値上げじゃないか!」なんて言ってる奴がいる。
馬鹿な!
その人は算数が苦手だよね!
4.16を100%として考えれば、0.54は12.9%ものアップだぜ、、、
(笑)。

 写真は営業を終えてホテルに戻る時カラカウア通りで撮ったもの。夕方なんでちょっと日差しが弱くなってるのが分るね(笑)!

| | Comments (15) | TrackBack (0)

June 25, 2006

ハワイのフライトアテンダント

Imgp0142

 今朝、とんまが成田のフライトから帰って来た。
実はその前のフライトは大阪。大阪から帰ってすぐ次の日また飛んで行ったんだ。
それがなんとまた明日成田へ飛ぶ。
つまり続けて3フライト休みなし!
それに昨今のフライトは毎回満席。サービスも徹底してやる訳だ。
お疲れ様でした!

 大阪のフライトは泊まるホテルが、街の中心地(難波や梅田なんか)から偉く遠く離れた処にある。
やっぱりせっかく日本のフライトを飛ぶんなら街へ出て買い物もしたいし、美味しい物も食べたいだろう、、。
だからどのフライトアテンダント達も出来たら成田へ飛びたい。
成田ならそれなりのタウンが近くにあるからね!

 フライトは自分で好きなものを選ぶんだけど、それはセニョリティー順。
とんまは古株、彼女のセニョリティーならなんでも好きなフライトを取れそうだけど、おっとどっこい、
そうは問屋がおろさない!
先輩がかなりいて、良いフライトはみんな先輩たちに持っていかれちゃうんだ。
ま、それでもLAとかシカゴ、ニューヨークへ飛ぶばされるより、日本なら大阪だって何処だってずっとマシだけどね。
 
 さてそのセニョリティー、結構問題がある。
アメリカの航空会社には定年がない。自分さえその気なら、幾つになっても飛んでかまわないのさ!
今とんまの会社のセニョリティー一番の女性は、86歳だと聞く、、、(汗)。

 彼女たちはそれこそ勲章物で、本当にご苦労様だと思うけど、
彼女たちのような古い連中がどんどん会社を去ってくれない限り、とんまは何時までたっても自分の好きなフライトが取れないってわけ、、、。

 でも、とんま心配ないよ!80歳まで飛んだら、自分の好きなフライトが飛べるからね(笑)!
今健太の隣でとんまは寝てるけど、
<一体何時まで私を働かせる気だーー!>
そんな寝言が聞こえたような、、、、(汗)!

 写真は二-ル・ブレジデルセンターのプルメイア達。プルメリあってすごく香りがいいよね。これは運転しながら撮ったんだけど、プルメリアの香り充分堪能できしました(笑)!

| | Comments (15) | TrackBack (0)

June 24, 2006

ハワイらしく、今日はのんびりしました!

 Imgp0176

 今日は何も浮かばないので珍しくこの一行で終わりです(笑)!

写真は今日の昼下がりのサムスクラブから、ケエアモク通り、リキリキ・ドライブイン方向を見たところ。手前白っぽくて長いのが「ロス」!
このまったり感、、、!なんともい言えないねー(笑)!

| | Comments (23) | TrackBack (0)

June 23, 2006

ハワイのとん汁!

Imgp0144
 
 ハワイの水は美味しいよね!
ミネラルはあまり感じないけどさっぱりとした味。癖のない水だ。
最近「ハワイの水」として日本でも売り出されているようだけど、日本にいながらにしてハワイのフレッシュな水が飲める!
こいつは『ハワイ病』にはえらく効きそうだ(笑)!

 ただ癖がないばかりに、日本料理にこの水は合わないかも知れない。
以前にも書いたかも知れないけど、健太の知り合いに日本で料理屋をやってた人がいる。
この人は娘さんがハワイの人と結婚したので、それをきっかけにご自分もハワイに移住してきた。
半分引退生活みたいな感じだけど、一応仕事はやっている。しかしその料理人としてではなくいわゆる営業のようなこと。

 その彼がある日娘夫婦のために、「昔取った杵づか」宜しく、料理をすることにした。
昔を思い出しながらやっと出来上がった料理だけど、その味を試してがっくり、、。
あれほど自信のあった料理なのに、日本で作った時のような味に出来上がっていない。
焦るせる思いで、何度もやり直してみたけど結局同じ事。一向に埒が明かない!
「何故だろう、、?」
その原因をあれこれ考えて見たけど、分らずじまい。

 健太も同じ経験がある。
東京のおっかさんに美味しい物を食べさせてあげようと思って、ある日東京の実家で「とん汁」を作った。
こいつが最高傑作。牛蒡とか大根、こんにゃくをたっぷり。
豚肉はベーコンを使った。あの香ばしいベーコンの香りと味噌が良くマッチするんだよね。
おっかさん「美味い美味い!」っていっぱい食べてくれたっけ!

 味をしめた健太。ハワイに帰って「とんま」にもその「とんま汁」、、、じゃない、「とん汁」を食べさせてやろうと思って、大張り切り(笑)。
材料はほぼ同じもの、、、。
心を込めて一生懸命作って出来上がった「とん汁」、、、何故か、ちっとも美味くなかったんだ、、。

 さてその知り合いの彼は、その後何度も料理を試みるんだけど結果は惨憺たるものだったと言う。
しかし最後にその原因らしいものを突き止めた。
「水」だ。水質が違うんだよ!

 例えば、日本の味噌のメーカーなんかは、きっと競争相手に勝つべく色んな試行錯誤の結果、現在の商品を市場に送り出してるんだとい思う。
日本で一番大きな味噌のマーケットは、なんと言っても東京だろう。
しかし東京で美味しい味噌汁を食べてもらうには、東京の水、東京の「水道水」をもとに商品を開発しなければならない。

 ご存知の通り東京の水道水は最低の水!
しかしこの水を利用して美味しい味噌汁を考えなければ、その味噌の将来はない。
だからきっと、今東京で売れてる味噌は東京の水道水にマッチした味噌なんだろうね!
結果、東京から買ってきた味噌を使ってハワイで味噌汁を作っても、
果たして美味しくできるかどうかは、、、はなはだ疑問、、と言うことさ(笑)!
 
 写真はダウンタウンのリバーストリートに咲くブーゲンべりア。この川の向うに『ハワイ出雲大社』があるんだよ!

| | Comments (16) | TrackBack (0)

June 22, 2006

若返りしたきゃ、ハワイへおいで!

Imgp0161

 朝起きるとかなり雨が降っていた今日のホノルル。
出勤のドライブ中少しずつ晴れ間が見え始めたので、
「久しぶりに虹が見えないかなあ、、」
ちょっと期待したけど、残念ながら虹にはお目にかかれなかった。

 ハワイと虹、切っても切れない。
何時もハワイには虹があるように、健太達ハワイに住んでる者の心には虹がある!

 なんて、女子高生みたいな事言っちゃった。
いや、今時女子高生だってそんな事言わないかもしれない(笑)!
大体健太みたいなおっさんにの心に『虹』?
「馬鹿言ってんじゃねえよ本当に、それが良い年したおっさんの言うことかよ!一昨日来やがれこの『とうへんぼく』!」
なんて、落語の世界ではこんなセリフが飛んできそうだ、、。
でもこんな素晴らしい自然環境の中にいると、時々自分の年を忘れっちゃうんだ。

 何年か前に小学校のクラス会の声が掛かった。
ちょうど日本に行く用事が有ったので、参加して見る事にした。
それこそほぼ半世紀も前のクラス仲間だ!
「皆どんなになってるだろうか、、」
不安と期待を胸に吉祥寺の中華料理店へ。
健太の小学校は吉祥に有ったからね。

 会場に行って驚いた。
<どこか間違った会場に来てしまった、、!>
と思うほど、知らないおっさんあやおばさんばかり、、。
「あのー、ここ、、S小学校H組のクラス会、、」
健太のその声に、入り口の側に立っていた一人の禿げあったおっさんが、
「そうですが、、?」
じろっと健太を上から下まで舐めるようにして見た。
「あ、私健太です、、」
その禿げたおっさん、暫くじっと健太を見ていたが、やがて腰を抜かしそうにして(大分オーバーです、、笑)、
「け、健太?、、お前があの『どろまみれ』だった健太?」

 積もる話も、たった2時間やそこらで終わる訳がない。何しろ半世紀近くも経ってるんだ。
でもやっぱり健太は群を抜いて見かけも心も若かった。
自由奔放に生きてきた事も有るけど、それはむしろ長いハワイ生活のたまもの、、と言うのが正しいだろうね。

 年をとりたくない人、ハワイにいらっしゃい(笑)!
そのクラス会の通知がまた昨日届いた。
今年は行けるだろうか、、、。

 写真上は今日のワイキキ。今日はすごくいい波が出てた!写真下はカピオラニパークに近いところからワイキキホテル方向を撮ったもの。こっちも波が良いので、みんなボードを持って沢山集まってきた!!

Imgp0166

| | Comments (12) | TrackBack (0)

June 21, 2006

ダウンタウンのハイビスカス

Imgp0146
 
 健太は他人から時々、『?』って思われる。
理由は健太の頭の回路が普通人と一寸違うからだ。
人は何時も他人に『固定観念』を持って、勝手に「この人はこうだ!」と決め付けたがる。
しかし健太は何時も変化しているので、彼らの期待に応えられない。そんな時他人は健太に『?』を向けてくる。

 「俺って、あの人になんか悪い事したかなあ、、?」
「?」の目を向けられた時、先ずそう自問自答する。
健太は何が有っても他人様に失礼な事は「健太のほうから」絶対にしない。
だから大抵そんな時は、健太の行動が彼らの目に奇異に映った場合だろう。
健太にとっては別に普通の行動でも、まわりからは変に見えることもあるに違いない。

 ギターを弾いていると、突然自分のギターのアドリブが面白くなくなってきたり、
物語の筋を考えていて(性懲りもなくまだ小説を書こうなんて思ってる、、、笑)ありきたりのストーリーが浮かんでくると、投げ出したくなってしまう。

 ギターについて言えば、過去の名ギタリストが様々なアドリブを考えて、それを世に残してきた。現在活躍中のギタリストたちはそれを踏襲して更に発展させて、自分のアドリブとして演奏している。
でも、健太はそれと同じような事をやっているとだんだん、吐き気がする様な不快感に襲われるんだ!

 音楽には理論があって、その理論通りにやっていれば間違いは無いし、そこそこの表現は出来る。しかしそれはある時突然、『たまらなく退屈で耐えられない物』になってくる、、、。

 先週ジミヘン(ジミー・ヘンドリックス)のDVDを見たのを報告したけど、彼もその『たまらなく退屈』な自分の表現に飽きて、「歯」でギターを弾きだしたり、ギターでセックスを表現したり、、。更にそれにも耐えられなくなって遂には、自分のギターをステージの上で燃やしてしまう!

 物事を深く掘り下げて表現しようとすると、与えられた環境の中では表現しきれなくなって来るんだね!

 ってな具合で、このブログを読んでいても健太の物の考え方、分ってもらえないのかも知れない、、。
「こいつおかしい、一貫性もないし、こいつ狂ってる!」
なんって思ってる人もいるに違いない(笑)!

 ま、健太の考え方はどうでも、
ハワイの写真をエンジョイしに、このブログに遊びに来てください(笑)!

 上は今日ダウンタウンで見た、オレンジのハイビスカスの写真。下はそのジミヘンがステージでギターを燃やしているところ。「あー、高価なフェンダーUSAが燃えてゆく、もったいない!」なんて思っちゃいけない(笑)!

Imgp0151

| | Comments (14) | TrackBack (0)

June 20, 2006

勇気を持って渡る、カラカウア通り!

Imgp0139
 
 「勇気」って?
何時も正しい事を、例え誰の前であろうとも堂々と言える事も「勇気」だろう。
しかしそう簡単に言うけど、これが実に難しい。
組織の中にいると、そこには当然「上司」つまり「ボス」がいる。
この人たちの中の殆どは、部下が自分の意見に「異議」を持つ事を嫌う。
確かにチームを動かすには、10人なら10人、100人なら100人が一丸となって前進しなければ良い結果は望めない。
じゃ、組織の中ではチームのために自分の意見を殺さなければならないのだろうか、、。

 昨日ある旅行社のマネージャーと、カラカカウア通りに面した「プラネット・ハリウッド」の椅子に座りながら話していたら、突然彼が言った。
「道路の向こう側に一人の美人が歩いているとしますね。で、この美人を手に入れようと思ったら、その道路を渡らなければならない。しかし道路には沢山の車が行き来している、やっぱり無理ですよね、、」
「うーむ、難しいけど、『人生で大きな成功を勝ち取りたい!』 そう思ったら、その道を何が何でも渡るっきゃないでしょう、、」
「危険を顧みず、、?」
「そう。大手を上げて行き交う車を止めるとかして、、。でももしかしたらそのまま車に轢かれて死んじゃうかも知れませんけどね(笑)!」
「ああ、それが勇気ですかね、、」
「何処まで本気でその美人を手に入れたいか、人生の成功を勝ち取りたいか。やっぱり勇気が必要でしょう!」
「なるほど。でもそれだけ危険を冒して道路を渡ったとしても、その美人は自分を振り向いてくれるとは限りませんよ、、」
「ごもっとも。
どんなに一度きりの勇気で一つのハードルを越えたとしても、また次のハードルがやって来る。そしてそのハードル達は次々にやって来るばかりか、往々にしてその高さが増してくるんだ!」
「そうですよね、、だからみんな組織の中にいて自分の身を守って、その危険な道路を渡らずに対岸の美人を眺めているだけ。しかしそれも一つの生き方ですよね、、、、、」
「もちろん!それに道路の向こうの美人、、、やっとの思いで渡って見た道路だけど、彼女を目の前で見てみたら、実は全く魅力のない人だったりするかも知れませんよ(笑)!」

 道路を渡るのが勇気かもしれないし、渡らないのも勇気かもしれない。
いずれにしても人生、勇気とは切っても切れないようだ、、、。
因みに健太の歌った歌に『勇気あるもの』って歌があった(笑)!

 写真は今日の午後のアラモアナ・ビーチ。女だてらにライフガードをつとめる「ヘリーさん」、かっこいいよなー、、、。彼女こそ「勇気あるもの」さ(笑)!

| | Comments (14) | TrackBack (0)

June 19, 2006

オンラインでハワイ旅行の手配、、

Imgp0133

 これだけオンラインで色んなビジネスが出来るようになって、消費者も企業も少なからずその恩恵を受けている。
ハワイ旅行のホテルやエアーの予約も随分手軽にできるようになっている。
しかし、あくまでもこれは新しいビジネス手段。まだまだいろんな問題を抱えていて、そこには解決しなくてはならない問題が沢山あるようだ。

 健太がギターの蒐集家でもある事は周知の事実。
しかし現実には、買っては売って買っては売って。常に在庫は流動的。
気に入った物は手放さないけど、一寸持っていて飽きたら売っちゃう。
ついでに何がしのお金も儲ける、謂わばサイドビジネスのようなもの。
健太のPartII、なんちゃってサクセスストーリーでご存知の方もいるかもしれないけど一時はそれで生計を立ててたこともあった。
「芸は身を助すく!」ってこの事だね(笑)!

 今朝方6時に電話が入った。
通常7時に起きる健太。だから6時の電話は一寸厳しい。
もう少し寝たいのに!
で、電話の主は先週オンライン・オークションで落札した「どらえもんギター」のセーラー。
「Kenta, I have a problem 、、」
ゲリーと名乗る男は、ギターをハワイに送くる前にテストをしたら「音が出ない!」って言ってる!
えつ、「どらえもんギター」楽しみにしてたのに!
エレキギターが「どらえもん」の形をしているのを見つけて、やっと落札できたって言うのに!

 男は中国なまりの英語を操る、怪しげなサウンズ持った奴!
お金は払ってあるのに、、困ったなあ、、、。
しかし、彼のオンライン・オークションリストを見てみると、2,30種のエレキギターが載っていた。多分上海や北京から中国製のギターを仕入れてオンラインビジネスをしているに違いない。

 ゲリーは健太の支払った金額を「ペイパル(オークション決済専用の金融機関)」の健太の口座に全額返金すると言う。
しかしそいつは一寸問題が生じる。
「ペイパル」は健太の口座に入金が有ると、例え何であれそのパーセンテージをコミッションとして勝手に抜き取る。
健太としてはギーターは手に入らない上に、みすみす支払った金額の一部を「ペイパル」に持っていかれちゃうんだ!

 さてこれを「ペイパル」に、
「実かこれは返金で、手数料を取られちゃ困る!」って訴える方法があるにはあるけど、非常に面倒。
大体オンライン関係の会社は「電話番号」を公表しない。
仕方がないからメールでやり取りするんだけど、これが時間が掛かって実にいらいらする、、。

 以前にはオンラインオークションで金を騙し取られた事もあるし、まだまだこうしたオンラインビジネス、問題山積だ!

 写真上は今日のカラカウア通りにて。ハワイはどんな場所でも、どんな角度でも、絵になるよ(笑)!
下がその手に入れそこなった「どらえもんエレキギター」、、残念です!!

Dc_1

| | Comments (14) | TrackBack (0)

June 18, 2006

ハワイ便、満杯が続く!

Imgp0102
 
 とんまがフライトから帰ってきた。
今回は大阪便。
でも最近航空会社の減便の影響で毎回満杯で往復している。
特に大阪は極端に便数が減っているからね。
フルサービスでくたくたになって帰ってきたとんま、ぼろきれのようになってそこに寝てる(笑)!

 しかし航空会社としては、如何に効率よく運行するかが過去20年何年間の課題だったから、ある程度の目的は達しているんだろうね!
何しろアメリカの航空会社はどこもチャプター11(会社更生法扱い)だもんね。JALだって2兆円の大赤字を抱えてるんだ!
過去航空会社はどこも、「便を増やして増客を計ろう!」と右肩上がりの政策ばかり取ってきたけど、「911」そして昨今のオイル高騰で根底からその見直しが迫られた、って訳。

 人は「ネットワーク・ビジネス(ねずみ講的な)」と言うと眉をひそめる。
確かにそのビジネスの終焉はスタートからそれ程時が経たないにもかかわらず、やってくるようだ。
しかし良く考えると、世の中のビジネスなんて全てがその「ネットワーク・ビジネス」みたいなものなんじゃないの、、。

 商品を作ってその商品が市場溢れたらもうその商品は終わり。また新しい商品を開発して行く。
ネットワークと普通のビジネスの差は、そのサイクルが早さが一寸違うだけだと思う!
つまり航空会社もこれ以上儲けるなんってことは、今の段階じゃ不可能。
何とか採算ベースに持ってゆくのがやっと。

 乗客は増やしたいけど、ちゃんとした料金を払っても良い客はそんなにいやしないんだ!
大阪-ハワイ5万円の往復航空券なら、2機飛ばせても、
8万円じゃ1機しか飛ばせない。
1機飛ばしても2機飛ばしても儲けに大差がないなら、1機で営業する方が彼らとしては得策に決まってる。

 今アメリカの会社には、見得も外聞も捨てて金儲けをしようとする傾向が見える。
顧客サービスをあまり考えない。
「こんな商品がある。気に入ったら買いなさい。気に入らなきゃ買わないでもいいよ!」
確かに昔から彼らの考え方ってそんなところがあったけど、
なんとも横柄なその態度、、、、一体何時まで続くのかなあ、ちょっと心配です、、、。

 今日も良く晴れ渡ったハワイの空!

| | Comments (8) | TrackBack (0)

June 17, 2006

ワイキキに建つ、トランプ氏のコンドは、、

Imgp0122

 今日の映画は「ケアヌ・リーブス」のラブストーリーだってムービーマンが言っていた。
今夕方の5時半。彼が迎えに来るのが7時ごろ。
感想は帰ってから追加で載せる積りです。

 先週オークションに出していた「ビンテージ・フェンダー」のベースギターが売れたので、
午前中ワイキキの郵便局へ行って発送して来た。
送先はバージニア州。健太は一度も行った事がないところです。
ワイキキ・ポストオフィスは土曜でも午前中は営業してるよ!

 今日も良く晴れ渡ったワイキキなんで沢山写真を撮ろうと出て行ったってのに、バッテリーがなくなっちゃった、、(涙)。
それでも何とか一枚は撮ったのでそれを載せます。
ワイキキ・ポストオフィスから工事中の「エンバシー・スイート」が出来辺りを狙ってみた。
この更に右には、今話題の「ドナルド・トランプ氏」のコンドが建つ予定。

 もう少ししたらムービーマンと出かけて来まーす。
ふんじゃあね、、、(笑)!

 今映画から帰りました。
映画のタイトルは「The Lake House」 。
ケアヌ・リーブス扮する建築家アレックスと、サンドラ・バロック扮する女医。
このふたりが時空を越えて愛し合うと言うラブストーリー。
話のつじつまが合わないところが多いけど、SFラブストーリーと考えてください。
観客は一様に映画館を謎めいた顔で出て来た。最後のつじつま合わせがなかなか難しいからさ(笑)!
でも、なかなか良く出来た作品だと思います。
点数は80点!
Imgp0123_1

| | Comments (7) | TrackBack (0)

June 16, 2006

アロハ・タワー近く

Imgp0015
 
 街ですれ違ったり、レストランで向こうの方の席に座ってたりする、、そん人が、時にじっとこっちを見てることがある。
そりゃハンサムな健太のこと、可愛い女の娘や素敵なおば様が健太のことじっと見るのは仕方がないこと(笑)!
だけど、それが男性の場合、、
<あれ、あの人こっちをずっと見てるけど、、知ってる人だったかな、、どっかで会った人だったかな、、、>
なんて考えてしまう。
でも幾ら考えても誰だか思い出せない時は、やっぱり知らない人なんだね。
 
 ただそんな場合もしかしたら「おかま」かもしれないので、健太は一寸気をつけることにしてる(笑)!
別に差別じゃないけど健太はその趣味がないからさ。
ハワイではワイキキのダイアモンドヘッドよりのビーチ、カピオラニ公園に近いところは彼らのたむろをするところとして有名だ。

 とんまの航空会社ではもちろん沢山の男性フライとアテンダントがいる。
国際線を飛ぶ彼ら、なかなか容姿端麗の美男子揃い。
しかしニートで目鼻立ちの綺麗な彼らは、往々にしてホモだと聞く。
とんまたちは良く、
「あー勿体無い!」
なんて彼らのことを言ってる。
つまりあんな美男子達に、彼女たちが振り向いてももらえないのが、いらいらするんだろうね(笑)!

 そうした彼らは大抵心配りが良く出来て、きめ細かなサービスをしてくれるのも確か。
また、男同士仲の良い友達として付き合うのも、面白い相手。
彼らは話題も豊富で、話し上手な奴が多い(笑)!

 今日の写真は空港から二ミッツ・ハイウエーを走って、アロハタワーに差し掛かったところ。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

June 15, 2006

ワイキキ・ハレクラニからの景色

Imgp0118
 
 健太の勤めるホテルに新しい総支配人が来て2ヶ月。
彼は米本土のヒルトン・ホテルの総支配人を歴任した経験が生かされて、ワイキキにやって来た。
年のころは50一寸すぎ。
髪は白いけど、その目にはどこか幼い光が宿った温厚そうな人物。
ほっぺが赤く、更にキュートなおっさんを演出している(笑)!
ハオレ(ハワイ語で白人)なので185センチほどと、背は高い。

 現在健太の勤めるホテルは全館改装工事中で、これが完成した時点でホテル名を以前彼がいた事のあるブランド、「H・ホテル」に変わる。
3星ホテルの現在、完成の暁には4星ホテルに昇進もする事も決まった!
そうなるとHホテルのチェーンから客は流れてくるし、願ってもないこと。
ますますホテルは儲かるって訳、、、。

 今日はその新・総支配人を連れて、日本の大手旅行社のパーティーに出席。
メインランドの経験しかない彼はかつて他人種との交流は殆どなかったといって良いだろう。全く文化の違う人たちとこれからは健太を通じて付き合っていかねばならない「我が総支配人」。お手並み拝見、と言ったところ!

 覚えてるかな、、。
以前の総支配人は健太と大の仲良しだった。
かつて彼がネービーにいた時日本に勤務した事もあって、日本の文化や日本人そのものにもとても理解があった。
彼とずっと一緒に仕事がしたかったけど、こればかりは会社のきめる事、どうにもならない。

 さて新しい総支配人さん、これから日本人マーケットとどうやって付き合っていくのかじっくり見させてもらおう(笑)!
最近のワイキキのホテルの傾向としては、
「日本人はホテル代を安くしろ、朝食を付けろ、12時にチェックインさせろ等と言ったり、一寸した手違いでも旅程保障を払え等と要求する。これからは来るものは拒まないけど、こちらからは積極的に来てくれとは、、、」
と言うのが本音かもしれない。

 しかし健太が考えるに、今はこうしてアメリカのマーケットが良いからそうした強い態度で出てるけど、これから何があるか分らない。
一旦何かが起こればまたぞろ、「日本人をもっと入れよう!」なんて言うに決まってるさ!
日本人を「入れよう」、「いや積極的には、、」、、、、。過去20年間、その繰り返しだったんだ。

 写真は今日パティーのあったハレクラニホテルのバンケットルームから、ワイキキの海を一望したところ!


| | Comments (11) | TrackBack (0)

June 14, 2006

ハワイ大学が火事だ!

Imgp0117

 昨日帰宅路、多分6時一寸すぎごろだったと思う、街の異変に始めて気がついた。
ホテルを出てアラモアナ方向に向かう途中、進行方向に深い煙が立ちこめていたのだ。
<どこかが火事だ!>
火元は深い煙で特定できないけど、多分アラモアナ方向だと思った。
しかし別に問題巻き込まれる様子もなさそうなので、そのまま髪が伸びてきたのを思い出して、マッカレーとカピオラニの角の「スーパーカット」に寄ることにした。

 スーパーカットはご存知の通り、鋏だけで髪を切るので普通は極端に短くならない。
「床屋に行ったばかり!」って髪型の嫌いな健太なので(皆もそうだと思う)、何時もそこに良く行く。
ところがどうだ!オーナーが変わったのか店員が皆違う。
あっという間に髪を刈ってくれたのは良いけど、その大嫌いな「床屋に行ったばかり!」って形にされた、、、。
容姿端麗を売り物の健太、あ~どうしようこれじゃ可愛い娘チャンにもてなくなっちゃう、、(涙)!
今朝ホテルに出て行くとオフィスの皆がどこかよそよそしい、、つうか、中には「噴出しそう」な顔をしてすれちがってく奴もいる、、ような気がする。あ~はずかしい~~!
仕事仲間にそう言ったら、
「ばかな、誰もそこまでお前の事なんか気にしてねーよ!」だって、、
<えっ、そうなのかよ、、、>(また涙、、)!
 

 昨日はテレビでニュースを見なかった。
オフィスに着くとローカル誌「スターボルテン」を秘書がいつも届けてくれる。
新聞を受け取って、一面を見てびっくり!
「FIRE STRIKES UH LAB SCHOOL!」火事の大きな写真が載ってるじゃないか!

 昨日の火事はハワイ大学の「ラブ(日本の場合ラボ?)・スクール」だった。
夕方の風は東から西へ吹いていたのでハワイ大学の火事の煙は皆西側、つまりアラモアナ方向に運ばれて行ったってわけ。
だから火事はアラモアナ方向だと思ったけど、実はハワイ大学だったんだね。
4時ごろ点いた火は12台の消防車とファイアーマン50人による消火活動により6時10分に鎮火したとある。思わぬ大火事となった。
燃えたのは67年前の木造建築だそうなので、建物は完全に乾ききっていたに違いない。幸いそれほどの大火事でも死傷者は一人も出なかったそうだ。

 写真上は今日のワイキキ。水族館の辺りから撮りました。下が今日のローカル誌「スターボルテン」の第一面、燃え盛る木造校舎。

Scan

| | Comments (14) | TrackBack (0)

June 13, 2006

歴史には残らない、ワイキキの偉い人!

Imgp0114
 
 ホテルのレストランはその日ローカルの客で混雑していた。
普段はローカルゲストよりホテルゲストが多いこのレストランも、サンデー・ブランチ・ブッフェの日だけはかなりのローカル客が来る。

 「ハーイ、ミスター山本!」
ウエイターのホゼは愛用の銀盆を片手にその痩せた体をひねるように、窓際の席に一人で座っている50がらみのローカル男性に声をかけた。
男はしばたくようにウエイターのホゼを見上げた。
「ハーイ、ホゼ!」
山本と呼ばれる客はそう言いながらホゼを確認して笑顔を見せようとしたが、どこか顔色が優れない。
「ハウアーユー、山本さん元気がなさそうだけど、、。」

 ミスター山本と呼ばれるその男は、このホテルの「レストランT」にサンデーブランチ・ブッフェを食べに来る常連客。
そして予約の際、必ず窓際の席を指定する。
緑溢れる中庭の純白のガゼボが見えるこの景色が、何故か彼の心を落ち着かせてくれるからだ。
またこの日系4世山本はこのレストランTのサンデーブランチに出てくる、ハワイアン・ソルト味の「ポキ」が、いたく気に入っていた。
子宝に恵まれなかったばかりか、妻のメアリーに早く先立たれて一人暮らしをしているこの男、
最近勤めていたパール・ハーバーのメンテナンス会社を退職、このブランチに来るのが引退成生活の数少ない楽しみの一つだった。
自宅はホテルの直ぐ裏のアラワイに面したコンドの20階。
アラワイ・ゴルフコースビューは、彼の自慢のコンドミニアムだ。

 ウエイターのホゼの言葉に、男は少しためらいながら、
「それがねえ、、、体調があまりよくないんだなあ、、、」
ホゼの視線を外すようにして、窓の外の景色に目をやる男の表情に力はなかった。
銀盆を胸に抱きこむように持ち替えたウエイターのホゼは、男を覗き込むように言った。
「一体何処が悪いんだよ、ミスター山本?」
男の中庭を見る視線が定まらない。
が、暫くの沈黙の後、男はホゼを見て静かに言った。
「実は、腎臓が悪くてな、、。すぐにでも移植をしなきゃならないんだけど、ドナーが見つからないのさ、、、」
「ミスター・ヤマモトー!」
ウエイターのホゼはそれ以上何も言えなかった。いや言わなかったのだ。
下手な同情の言葉をこの場で口にすべきでないと思ったからだ。
 
 しかしその2週間後、ホゼはクウィーンズホスピタルのベットに横たわっていた。
ミスター山本に臓器を提供するためだ。
あのレストランでの会話の後、ホゼは直ぐに病院で血液検査をした。
ホゼの血液型は山本のRHの血液とぴったり合致したのだ。
それは殆ど奇跡でしかなかった!
ホゼから臓器提供を申し出でられた時、山本は一瞬その言葉を疑った。

 山本は既に親戚一同に臓器の提供者を募っていた。しかし誰一人として色よい返事をして来なかったのだ。
それなのに、ただ単に時々食事をしに行くだけのレストランのウエイターが、自分のために腎臓を提供してくれると言う、、。
親戚でもない、親友でもない、この一年ほど月に何度かレストランでコーヒーや水をついでくれていたウエイターが、自分のために腎臓を提供してくれると言うのだ、、。
山本の涙は止まらなかった。

 観光都市ハワイ州では、毎年ホテルの優秀な職員に対して賞を送っている。
もちろんその年の賞を、腎臓をミスター山本に提供したホゼが獲得したのは言うまでもない。
そしてそれは更に、全米賞にまでノミネートされ、見事に「アメリカ全土ナンバーワン・ホテル・ウオーカーと」して表彰された。

 もちろんこれは実話です。
そんな、、そんな凄い従業員が健太のホテルにいるんだ、、、。


 写真はゴールデン・シャワーツリー。さてこの景色は何処から撮ったでしょうか?これが分ればあなたは、相当重症のハワイ病患者です、、、、(笑)!

PS:この話は一部過去のブログに重複しているかもしれません。また日系人は本名ではありませんが、ウエイターは本名です(笑)!

 

 

| | Comments (20) | TrackBack (0)

June 12, 2006

仕事行きたくなーい病、、

Carol

 三連休は終わった、、、。
またしがないサラリーマン・セーカツ、、、

 2日酔いでも寝ぼけてもいても、タイムレコーダがちゃんと押せば、どうにか格好がつくものさ!
なんて歌が昔あった、、。
でもさ、それって昔の話でしょ?
今はそんなに甘いもんじゃない。どんな仕事にもなんらかのプレッシャーはある。
昔は気楽にやってても最低「窓際族」、なんてのがあった。でも今はそんなもの、ないんじゃない?
その代わり早期退職とかが、、、。

 皆も経験があると思うけど、ちょっと休みが続くと「明日仕事にいきたくねーなー」って気持ちが湧いてくるでしょ、、?
この優秀なセールスマン健太も、所詮人の子だ、、(笑)。
振り返って見ると、ミュージシャンだった時は休みの翌日の仕事はそれなりに楽しみだった、、、。
って事は、やっぱり今の仕事に飽きてるのかなあ、、、。

 今日は昼間「キャロル」の解散コンサートのDVDを見た。
キャロルは良いネー!さしずめ日本のビートルズってとこかな、、、(ちょっとオーバー、、笑)!
皆は「キャロル」って、知ってる?
なにしろ30年も前の話だからなあー、、、(汗)!
でもとにかく、中で矢沢永吉やジョニー・大倉が解散について、
「キャロルは解散じゃなくて、卒業さ!やりたい事がまだまだあるからね!」
って言っている。

 今日日本から久しぶりに友達が来た。
彼はかつてハワイの大手旅行社に勤務していたけど、2、3年前日本に帰って行った。
永住権も持っていたけど、それをいとも簡単に捨てしまった。
つまり彼もその旅行社を「卒業」したんだと思う。
まだ他にやりたいことがあったのさ、、、。
健太のほかにやりたいことがある、、。卒業、、、考えようかなあ、、、。

 写真上は今日見たキャロルの解散ライブDVDと、下が友達とさっき行った「シラウオン」の焼肉。
肉の隣は「チジミ」、めちゃ美味かった余(笑)!!

Imgp0112

 

| | Comments (9) | TrackBack (0)

June 11, 2006

「カメハメハ・デー」で3連休!

Imgp0089
 
 また三連休です。6月12日(月)は「カメハメハ・デー」!
企業によって休日の取り方が違うけど、健太のところはそうなってる。
アメリカ本土では1月の「マーチン・ルター・デー」を休んでいるところが多く、ハワイではこの「カメハメハ・デー」を休みするところが多いらしい。

 健太はこの休み中何をしてるかと言うと、思い切ってDVDを見てます。
昨日の映画は、「あまり面白い映画がない!」ってムービーマンから連絡が入って休んだ。
だから昨日は映画も行かずに昨日から今日にかけて、今まで買ってあったDVDをまとめて見始めた。
でも映画じゃなくでミュージックDVD!

Miles Davis Live in Munich
Queen Late at Wembley Stadium
The Jazz Channel B.B King
Steve Ray Vaughan Live From Austin, Texas
Eeric Clampton Live in Hyde Park
Jimi Hendrix

 浴びるほど見てます。
マイルス・デビスは凄い、狂い!
健太と似てます。
でも健太が似てるのは彼の才能ではなくて、そこに内在する「いい加減さ」だけですが、、、(笑)!
彼がいいを加減やるとめちゃ決まるけど、健太がいい加減をやるとずっこけます、、、(汗)!

 写真上はプルメリアだけどあそこのプルメリア(シェラトンのプール脇)、溢れるような香りもいっぱい振りまきながら一年中咲いてる。!
良くもまあくたびれないもんだよな!!

Scan0001
Scan0002
Scan0003


 

| | Comments (17) | TrackBack (0)

June 10, 2006

ワイキキ・クリーンアップ作戦

Imgp0108

 朝6時起床なんて、怠け者健太には滅多にない事!
なのに今日はそんな事になった。
普段から「健太はハワイにお世話になったから、、恩返しがしたい、、」なんて偉そうな事を言ってるくせに、日常の忙しさを理由に何も出来ていない。
第一そんなに忙しい訳がない、、勝手に忙しいと思いこんでるふしがある、、。

 そんな思いでいるところへ2、3日前、
「今度の土曜日ワイキキ・クリーンアップ作戦に参加しない?」
って誘われた。


 6時45分にワイキキビーチ、デュークの銅像の前に集合。
そこからバスでヒルトン・ハワイアンビレッジへ。
ヒルトンでコーヒーやペイストリーの簡単な朝食を取った後、
ビニール袋にゴミを拾いながら、ビーチ沿いにまたさっきのデューク銅像のほうに歩いて行くって訳、、。
距離にして1km有るかないか。
主催は「日米協会」。日本からもわざわざこのために10人ほど来て下さっていた。

 朝の清々しい空気を胸いっぱいに吸って、ごみ拾い!
何かほんのちょっぴりは良い事をしてる気持ち、、、(笑)!
でもワイキキビーチは何時も隣接するホテルが自分のホテルの前だけも綺麗にしているので、それ程大きなごみは落ちていない。
一番多いのは「たばこの吸殻!」。
フィールターの部分がわんさかと落ちてる。
皆さん、ビーチでタバコ吸うのは仕方ないけど、ちゃんと吸殻はもって帰ってゴミ箱に捨てましょう!

 中にはメガネが落ちてたり、スニーカーが片方落ちてたり、、
健太が拾った変わったものは、、、
「入れ歯」でした(笑)!
落とした人は夕食も食べれず、お気の毒様でした(笑)!

 タバコの空箱を持った白人のカップルが健太に声を掛けてきた。
「Can you throw this away?」
とてもお似合いのカップル、ジェイ君とレイチョルちゃん!
写真を一枚撮らせてもらいました。
それと老人もなかなか絵になるので一枚パシャリ(笑)!!

Imgp0105

| | Comments (16) | TrackBack (0)

June 09, 2006

ハワイ病流行!

Imgp0090

 近年日本のあちこちで蔓延している流行病がある。
「ハワイ病」がそれだ。
この病気の初期症状は、何かにつけてハワイの事を思い浮かべてしまう。
しかしこの症状をいくらか緩和させる事は可能で、例えばハワイの音楽を聴くとか、写真を見るとか、、。
しかし素人療法は危険。それによって返って症状を悪化させてしまう場合があるので要注意だ!

 一番危険なのはそれを慢性化させてしまうこと。そうなると毎日「ハワイ」の事を考えるようになり、更にそれが四六時中脳裏を襲ってくる。遂には仕事が手に付かなくなってくると言う。
こうなるともう手が付けられない。

 初期症状の場合は毎日健太のブログを見てもらえばそれでかなり改善されることが多いが、進行患者の場合はハワイにホテル入院させなければならない。
最低3、4泊、ひどい場合は半月から1ヶ月ほどの入院が必要。
高齢者、或いは超重症の場合はビザの許す限り、半年ほどのハワイ療養が必要だ。
問題は治療費が最近かなり上がってきている事、、。

 最悪、慢性患者の場合は永住権を何とか手に入れて、ハワイに移住しなければならない事になるから手に負えない。
金の掛かる、なんとも恐ろしい病である(笑)!

 下記はインターネット上から抜粋した文章(勝手に、すみません、、汗)。

 ハワイ病の症状
 
 ハワイが好きで好きでしょうがない人たちが大勢いるらしい。ハワイ病と呼ぶ。伝染率はそれほどでもないが罹患率はかなり高い。海外旅行に免疫の無い人間ほど罹りやすいような気がする。きっかけは1回目のハワイ行きである。潜伏期間はハワイに滞在している間。発病は早い人は帰国数日前から、だいたいは帰りの飛行機、遅い人でも帰国後数日で発病する。

 写真は今日のワイキキビーチ。今日もいい波が来ていたようだ!


 

| | Comments (17) | TrackBack (0)

June 08, 2006

ハワイのシャワーツリー、色々

Imgp0078
 
 昨日はココログのメンテでお休みでした、、。

 一昨日の花、”ブログ・ハワイ通”のアヒ・ポキさんから、「シャワーツリーじゃないでしょうか、、、」とコメントを頂いたので、昨日はピンクのシャワーツリーの写真を撮ろうとチャンスを狙っていた。

 昨日の営業まわりはキング・ストリートそしてワイキキ。
キングストリートには沢山のシャワーツリーが満開。
あちこちと絵になるシャワーツリーを捜し歩く健太。
うーむ、これと言った手ごろな奴が見つからない。
仕方がない今度はワイキキ中心にシャワーツリーをチェックしてみたけど、こっちもいいのが見つからない。

 予定どうり回り終わって少しまだ時間があったので、ワイキキビーチの様子をカメラに収めて更にカピオラニ・パークへ寄って見ることにした。

 すっきり晴れ渡ったパークにはまだ(先週写真を撮っている)シャワーツリーが咲き競っていた。

 さてそのピンクシャワーツリー、なるべくアップで撮ってみたい。
背伸びしたり手を伸ばしたり。
やっと撮った写真が下の写真。
どうでしょうか、一昨日の花と比べて、、、。
確かに似ているなー。しかし一昨日のほうがずっと可憐だったような気がする、、、。多分いろんな種類のシャワーツリーがあるんだね!

 上はハレクラニ辺りから見たDH。何時見ても惚れ惚れするよね、この景色(笑)!

Imgp0079

| | Comments (12) | TrackBack (0)

June 06, 2006

ハワイの知らない花、、、。

Imgp0060

 昨日インサイダー取引で逮捕された村上世彰氏のことを書いたけど、
インサイダー取引の罰則は日本では3年以下の懲役、あるいは300万円以下の罰金。
日本の皆さんには心外かも知れないけど、日本って国は甘いよね!
アメリカでは20年以下の懲役、5億円以下の罰金だよ、、。

 だから日本では逮捕されても彼らは「屁」とも思わない。
たった300万円払えば無罪放免に近いんだ。
ニュースで見たけど彼の態度には犯罪を犯したという自覚すら見られない。
人をなめてるよ!
これがアメリカのような罰則だったら、あんな態度で人前に出てこれやしないよ、だって20年の懲役だぜ!
ちゃんとその罪に応じた、並大抵のことでは社会復帰できないような罰を与えるべきだ!
300万円なんて彼らにとっちゃ端金じゃないか!

 日本もやっと駐車違反をこの6月から厳しく取り締まってるそうだけど、昨日のニュースで、それを取り締まっていた係官が「違反者に蹴られた」と言う、とんでもない事件が起きたと報道していた。
その違反者は即公務執行妨害で逮捕されたらしいけど、
捕まった本人「こんなことで逮捕されるとは思わなかった!」と言ったそうだ!
あー嫌だ嫌だ、甘やかされっぱなし!
アメリカでは別に駐車違反の取締り係官でなくったて、誰かに「蹴り」を入れれば、それだけでも「Assault!」とみなされて即逮捕だよ!

 今日ダウンタウンの先に、ドライバーズ・ライセンスの書き換えに行ったので、丁度通りがかりの川添えに咲いていた花をパシャリ。名前は知らないけど、綺麗だね~!!

| | Comments (12) | TrackBack (0)

June 05, 2006

ワイキキの成功者!

Imgp0051

 村上ファンドの村上世彰氏が逮捕されたと言う。
ホリエモンに続く現代成功者の劇的な逮捕だ。彼らはこの何年かの間に飛ぶ鳥を落とす勢いで、新聞紙上を賑わしてきた。
彼らの行動はあたかも新手法を展開、大成功を収めているように我々に見せていたが実は、アメリカの新聞でも評されているように、「所詮、昔ながらの会社乗っ取り手法」でしかなかったようだ。
一般人には、「俺たちはIT時代にふさわしい手法で金儲けを展開、株主に更なるメリットを、、」等と謳っていたが何のことは無い、新しい事なんか何もやってはしなかった。

 人間は一寸成功すると「盲目」になって、自分のやっている事が見えなくなってくる。
健太も株をやるけど、インサイダー取引なんて株をやるものにとっては常識中の常識!
そんな落とし穴に引っかかった彼は、東大は出ていても「馬鹿」としか言えない。

 健太が2、3日前に「馬鹿殿」の話を書いたけど、この事を言いたかったのさ。
どんなに健太達が馬鹿になろうとしても、彼らほど「馬鹿」にはなれない。
なぜなら彼らは自分の馬鹿さを認識していないからだ。
人間この宇宙の大自然の中では、所詮無知な馬鹿者でしかない!

 成功者の多くは中には本物もいるかも知れないけど、殆どは「まやかし」もの。詐欺師みたいなもんさ。
どこかで何か「あほな」ことをやっている。
例えそこに成功者がいたとしても、その殆どが尻尾を捕まれずに上手く逃げきれただけの存在!

 諸君、もしかしたら君の成功はもう目の前にあるのかもしれない!
だから君が明日成功を手中に収めた時、少なくても彼らのような「馬鹿」になってはいけない!
何を隠そう健太はもうこのワイキキでの成功は時間の問題だろう!
だから、充分気をつけます(笑)!

 ところでどなたか、$5貸してくれませんか、、、?

 写真は今日のワイキキDFSの前。「祭りインハワイ」の幟がまぶしい!


| | Comments (9) | TrackBack (0)

June 04, 2006

アラモアナ・ロンギーズ&プラダヘ!

Imgp0049

 とんまが帰ってきた。
4月から成田ベースにテンポラリーで移って、5月いっぱいまで成田からホノルルフライトを飛んでいた。
成田ベースに移った理由はお母さんの看病。でもお母さんが亡くなった今、成田ベースにいる理由がなくなった。
会社側もとんまをホノルルベースに戻さなければならない。
とんまにとっちゃ複雑な心境。まだこれから日本で数々の残務の整理をしなくてはならないからだ。

 早速今日は2人で遅めのランチに出かける事にした。
とんまはイタ飯大好き。健太はチーズとかこってりした物が苦手。
でも久しぶりに帰ってきたんだ、
今日はとんまの好みに合わせて、イタ飯でも比較的健太もいける「ロンギース」ヘ!

 「ロンギース」は何よりも店内からの景色が抜群。
アラモアナパークそしてビーチが一望に見渡せる。
久しぶりに昼間っから「クアーズ・ライト」を一杯。
喉に沁みてうめーなー!

 その足でプラダによって前回修理に出していたバッグをピックアップ。
前回気分を悪くさせられた店なので、買い物はしませんでした(笑)!

 覚えてる?あの時はとんまの誕生日だったので、
壊れたプラダのバッグを直しに出して、ついでにその店で何か誕生祝を買おうとしてたのに、
店員が「修理オンリーの客!」と判断したらしく、店員の態度がめちゃ感じ悪かったのさ!
頭に来た健太、その足で向え側の「ビトン」に行ってとんまの誕生祝いのバッグを買ってやったんだ!
「店員さん、お客さんにはくれぐれも感じ良くしておいた方がいいよ。
気分の悪い思いをさせられた事、客は何時までも忘れないよ!」
なんて、、、、当たり前の事を言わなきゃならないなんて、、、、あほらし、、(笑)!


 

| | Comments (7) | TrackBack (0)

June 03, 2006

ハワイで韓国映画

Imgp0042

 今日は土曜日。
朝早くからムービーマンが電話してきた。
「健太、今日の映画は韓国映画だぞ!」
「えつ、何でまた?」
「ふむ、チャン・ドンゴンのアクションで凄い映画が来てるんだ!」

 毎週土曜日、映画の選択はムービーマンに任せてある。
しかし今日は何故「韓国映画」、、、?
大体ムービーマン、韓国にあまり興味がない人。
健太は韓国料理が好きだから時々映画の後の夕食で、「韓国料理に行こう!」って彼を誘うけど、
あまりい顔をしない。
第一、韓国女性はいくら美人で尻が大きくても興味を示さないんだ!

 それが今日は一体どうした風の吹き回しなんだ!
食わず嫌い、、ってのが有るけど、きっとムービマン一旦韓国の良さを知ったら、映画も食べ物も女の娘も夢中になるに決まってるさ(笑)!

 てな訳でこれからムービーマンが迎えに来ます。
映画の題名は分らないので、帰ってきた映画の評とムービーマンの様子お知らせします(笑)!

 何時も映画を見ていると必ず主人公の女性に夢中になっちゃう「ムービーマン」!
「俺ああいう女、大好きなんだ!」
何て大抵言うんだ!
今日もあまり興味のなかったはずの韓国女優を見て、
そんなこと言うに決まってるさ(笑)!

 今映画から帰ってきました。映画の題名は「タイフーン」!
丁度上の文章を書いて時にムービーマンが迎えに来てたのでそのままアップしちゃたら、文章がめちゃめちゃだったので、今一寸直しました、、(汗)。

 映画はとても面白かった。
脱北しようとする北朝鮮の家族が、その手助けをしようとしている韓国人に裏切られる。
両親を亡くし、命からがら生き延びた姉弟。
その弟の役がチャンドンゴン。大人になって海賊になった彼は、韓国と言う国にリベンジしようと試みる。
残念ながら出演女優と言えば主人公のお姉さんだけで、ムービーマンが夢中になるような女優は出演してなかった、、(笑)!
チャンドンゴンも良いけど、対役のイ・ジョン・ジェもなかなか良い味を出してる。

 でも健太が苦手としているお涙場面が、、。
涙腺が人一倍弱い健太、、困りました、、、。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

June 02, 2006

暮れなずむ・アラワイ・ゴルフコース

Imgp0040
 
 5月にハワイを訪れた日本人観光客の人数が、昨年に比べて大幅に減少している。
ハワイで権威ある業界紙「ジャパン・レポート」は今年の5月は昨年比20%ダウンと報じている。
ゴールデンウィークと言う絶好のハワイ旅行シーズンがありながらのこの数字は、由々しき問題だ。

 この背景には言うまでもなく、各航空会社のサーチャージの影響があるのは明らか。
空港使用税などを含んだサーチャージはいまや一人当たり¥25000。
例えば旅行者たちがせっかく旅行社の安い¥69000なんて言うハワイ・パッケージ・ツアーを見つけ来てても、空港までの交通費などを計算すると結局トータルで10万円近く払わされるはめになる。

 しかしその¥69000のツアーの命もそう長くはあるまい。
ワイキキのホテルは軒並み値上げ。来年は更なる値上げは必至。
昨今のハワイ不動産の急騰はワイキキのホテルの価値も大幅に上昇させていて、ホテル側も現在のレートを維持できなくなって来ている。

 去年は日本からの観光客数は150万人強。
今年も同じ位の人数を予想していたが、今の情況ではとてもその数字を達成する事は出来そうもない。

 こうした値上げはある意味では仕方のないこと。
しかしこの値上げが、911の後減給を強いられ、その後全く昇給のないハワイの旅行会社の社員に「何とか恩恵をもたらして欲しい!」と思うのは健太だけではないはずだ、、。

 写真は暮れなずむアラワイ・ゴルフコース。さっき7時頃に撮ったもの。もう誰もプレーしていないけど、ハワイも日が長くなったよね。まだ2、3ホールはいけるよ(笑)!

| | Comments (16) | TrackBack (0)

June 01, 2006

ワイキキの馬鹿殿、うつけ殿、、

Imgp0017
 
 昨日の「成功本」の話では沢山の方からメールやコメントを頂きまして、
有難うございました。
コメント返しで少し触れたけど、
何事にも「なんちゃって人生」を送ってる健太としましては、それ程シリアスに考えている訳ではなく、
「所詮、人生はエンターテーメント!」
と言うのが本音!

 今日もワイキキの街を営業で歩いてきたけど、
「なんかいい事ないかなー?」って思いつつ、キョロキョロ!
時にはムービーマンのように「お尻の大きな美人」を眺めたり(健太の場合お尻はどうでもいいんですが、、笑)、美味しい空気をいっぱい吸って、咲き乱れる花の香りに酔いしれる。
それら健太のまわりの物は健太のために、全て存在していて皆健太のためにエンターテーメントしてくれている!

 昔時代劇なんかで「馬鹿殿」とか「うつけ殿」、、なんて「若殿様」が良く出てきた。
金糸の入った豪華な着物を着て、これまた金粉で飾ったような豪華な扇子をもって、
庭の草花をめでながら、沢山の美女をはべらせてぶらぶら歩き回る。
あるいは若殿とは思えぬ汚れた格好で村の若者たちと泥まみれになって遊びほうける、、、。
それはそれは楽しそうに、、、。
家来たちは、
「家の若様にもこまったもんだ、、、」等と嘆きごとをもらす。
そんな時、例え「馬鹿殿、うつけ殿」と言えども、家来たちが何を話しているかくらいは薄々感じているだろうに、、彼らはわれ関せず。マイペースで人生を謳歌する!
彼らにとっては他人の評価などどうでも良くて、人生が楽しければそれで良いのさ!
でもこのまわりの家来たちも表面ではそう言いながらその実、「馬鹿殿、うつけ殿」が羨ましかったのかもしれない。

 しかし往々にしてそうした「うつけ殿」、「馬鹿殿」は、一旦お家の一大事となるとまるで別人のように変身、凡人では思いもよらぬ奇策を武器に難局を乗り越え、お家の再興を果たす。

 ハハハ、楽しい話じゃないか(笑)!
だから、 人生これ即ちエンターテイメント!
「健康で楽しい良い人生!」、これっきゃないよね(笑)!
問題が起きたら、その時こそ「男として立つ!」。
「うつけ殿」や「馬鹿殿」たちのようにね(笑)!

| | Comments (12) | TrackBack (0)

« May 2006 | Main | July 2006 »