« July 2006 | Main | September 2006 »

August 31, 2006

なーに、ここはハワイ、のんびり行こうぜ!

Dsc00051
 
 健太のホテルのセールスチーム。今大きく変わろうとしている。
去年まで健太を含めて7人のベテランセール・マネージャーがいた。
最近何とそのうち5人が辞めた、、。
理由は様々だけど、大方の理由は会社内の統制が上手く取れていない事にある。

 例えば、現在健太のホテルでは客室リノべーション(改築工事)中。そしてその予定が大幅に遅れている。だと言うのに一向にその細かい情況報告がセールスマンに届かない。かと思うと突然玄関の工事を始めて見たり、ラナイの修理を始めたり。
セールスマンは顧客から質問攻めに会うのと言うのに、その正確な答えを持っていない。
顧客はセールスマンが頼り。
「お宅の工事の情況教えてくれる?」
「いや、多分、、、」
あいまいな返事しか出来ない。
これの繰り返し。これじゃ相手は
「このセールスマン大丈夫かなあ、、、?」
って思って当然、、。

 しかし、健太の勤めるホテルはオーナー会社。社長の一言で幾らでも物事が進んでしまう。一般マネージャーたちは突然の社内の出来事を只指を銜えて見ているなど日常茶飯事!
こうした工事などは全てホテルのメインテナンス部門が受け持つ訳だけど、彼らには「ホテルには客がいる、、」と言う実感が伴わない。分かってもわからない振り。とにかく自分の仕事を社長命令通りにやればいいのさ、、。

 それともう一つの問題がある。
現在ワイキキ、いやハワイ全体で建築・改築ブーム。
新築コンドの工事をはじめ、沢山のホテルが改修工事をやっている。
勢い資材不足、労働力不足。各工事は何処も予定が大幅に遅れている。
一体何時完成するのか、誰も先を読めない。
そうなると、ラナイの工事に何日掛かるとか玄関の工事に何日掛かるとか、工事の責任者すら正確には答えられない。

 さて更に問題は健太たちセールスを襲ってくる。
近々健太たちのホテル代が一挙に倍になる。こいつあ前代未聞だ!
大げさに言えば、これは今まで影に日向に健太を面倒見てきてくれた健太の顧客への、大きな裏切り行為に等しい。
徐々に上げてゆくのが常識だろう、、。
だから、
「社長、そんなめちゃくちゃやな!」
そう言って文句を言うのも一つの手段。
しかしそれはここではあまり意味のない事。

 「この会社は私のもの、気に食わなければ何時辞めてもかまわんよ、、」
って事になる。
だからそれに耐えられないセールスマネージャーは皆自分から辞めていく事になる。

 健太はその残った2人のマネージャーの中の一人。
「じゃ、健太は辞めないの?」
って言われると思う。
しかし健太の考えはこうだ。

 確かに今だけを見ればごちゃごちゃに見えるかも知れない、、。
しかし今、健太が自分ではどうすることもできない問題で自分の身の振り方を左右するのは馬鹿げていると思うしう、もちろんもう一寸何とかして欲しいとも思っている、、、けど、今はじっと耐えるのみじゃないかなあ、、、。
 
 写真はライトハウス近くに咲く「アラケンタ!」じゃない、「アラメンタ」の花、、(笑)!


| | Comments (11) | TrackBack (0)

August 30, 2006

久しぶり、ホノルルの虹!

Dsc00036
 
 今日のスターブルテン紙の一面記事によると、
今年の7月のハワイ旅行者の消費が去年の同時期に比べて0.3%アップしたそうだ。
しかし中身をよく読んでみると案の定、日本からの観光客数は9.1%減少したと言う。
ホテル代の高騰エアーのサーチャージなどから、その傾向は容易に想像できる。

 しかしこの9.1%と言う数字は我々業界にとって由々しき問題。
一般消費者は、「旅行会社は手広く商売をしいて大金を懐に入れているに違いない!」と思いがち。それは旅行と言う、一見派手な商品を扱っていることからそう言ったイメージを持ってしまうのだろう。

 現実はそんなものじゃない。
昔から旅行社の儲けは10%と言われている。
つまりホテルも航空会社も10%程度のコミッションを支払うのみ。そこから人件費など必要経費を引いたらひょっとして赤字、、、、?

 だから乱暴な言い方をすれば、9.1%客が減少したって事はそのコミッションの10%をそのまま持って行かれたって事になる。
これは大問題だ!

 今朝のスターボルテンにはまるで、
「観光客の消費が0.3%伸びて良かった!」
と言ったニュアンスで報じているが、それはあまりにも軽率!

 正直な話、一般人は新聞の読み方を知らない。
つまり、新聞に書いてある事が全て真実で正しいと思ってしまう。
以前にも同じような内容をアップしたと思うけど、現実はその新聞記事の裏側にあることを知らないのさ。
それは取りも直さず記事を書いている人間も真実を知らないからだろう。物事を深く追求して考えていない。いや考えられないのさ!

 政治、経済、科学、文化、何れの分野をとっても、その道の専門家が自分の業界についての新聞記事を読めば「苦笑」してしまう事ばかりだと思う。
つまり新聞記者は物事を立体的に見る知識も能力もないからだ。

 話を元に戻そう。
こうして日本のハワイ旅行業界が苦境に立たされていると言う事はそのまま、観光をそのマジョリティーの収入源と頼るハワイが苦境に立されていると言うことだ。
そのスターブルテンの記事によると7月のアメリカ本土からの旅行者が564,294人、それに対してインターナショナルが161,389人(そのうち約90%が日本人)だと言う。
両者の数字の差がこれ程開いたのはこの10年なかったと記憶する、、。
この危機的状況を新聞記事を書いた記者は見抜いていない。

 写真上はワイキキの空。ダイアモンドヘッド様の頭を一寸。これこそ本当の「ヘッド」、、、(笑)!下は久しぶりに見たホノルルの虹!

Dsc00039_1


| | Comments (11) | TrackBack (0)

August 29, 2006

ハワイ大学のインターン

Dsc00025
 
 健太のオフィスにハワイ大学のインターンの女の娘が来ている。
年は多分20歳くらいかな、、。
人種は中国系。
大学のホテル経営学を専攻すると、単位を取得するにはこのインターンが不可欠だ。

 この娘が実に「はきはき、にこにこ」していて気持ちが良い。
この世に悩みなんかないんじゃないかと思うほど晴れ晴れとした笑顔!
何を頼んでも可愛い笑顔で、てきぱきとやってくれる。
仕事が楽しくて楽しくて仕方がないと言った感じだ!
丸々と太っているけどどちらかと言うと美形。しかしその見かけより態度の方が光っている。
こんな娘と仕事をしていたら多分誰も疲れを知らずに仕事が出来ると思う。

 健太はおっさんだけど、彼女のような態度で他人に接しようと何時も心がけてはいる。
果たしてそれが出来ているかいないかは周りが決めることだけど、、、、。

 でも彼女を見ていると、若い女の娘がやるから気持ちが良いんで、健太みたいなおっさんがやっても、「気持ち悪いおっさんだ!」なんて言われるかも知れない、、、。
最近そんな事も考えている。
「おっさん」はおっさんらしく、年に応じた堂々とした態度で構えるべきではないか、、、。
つまり今の健太は軽すぎるきらいがある、、。

 なんて、幾らそんな事考えたって、こいつばかりは持って生まれた性格、幾ら健太が「おっさんらしく堂々と重く構える、、」なんてやってみたって似合やあしない。そいつは所詮つくりものさ!

 ってな訳で今日も軽い乗りで、ワイキキを行くおっさん健太です、、(笑)!

 そういえば前にこんな事をいわれた事がある。
「健太さん、何時もブログ拝見してます。『健太のワイキキだよ、おっさん!』面白いですね!」
、、だって。
『ワイキキだよ、おっさん!』 
おっかさん」の『』が抜けただけでこんな事になっちゃうんだよな、、。
 
 写真上は今日ランチに行ったキング・ストリートの蕎麦屋さん、「稲葉」。下はオーダーした「ずけどんコンボ」。なかなか美味しかった!

Dsc00026


| | Comments (15) | TrackBack (0)

August 28, 2006

蒸し暑いハワイ!

Dsc00021

 ハワイには珍しく、蒸し暑い毎日が続いてます。
それに今日のワイキキの空には雲も多い、、、。
どうやらハワイの近くにハリケーンが来ているので、その影響らしい。
昼間は何とかエアコンのあるところへ逃げ込めば良いけど、健太のコンドにはエアコンが付いていない。普段は一年中風通しも良く涼しいので、滅多にエアコンが欲しいと思った事もない、、。
ところが夕べはかなり蒸して、夜中に目が覚めちゃった。

 夜中に目が覚めるとどうしてもソーダを飲んじゃう。
コーラは体に良くないって言うんで最近はスプライト。
それもダイエット。
我が家ではとんまも飲むのでかなりまとめて買うんだけど、最近
サムスでもロングスでもこのダイエットスプライトのセールが少なくなっている。
多分ハワイの住民は皆同じ事を考えているので品不足になってるんじゃないかなあ、、、。
それと値段も一時期に比べて随分高くなってるよ!

 そんな話をこの前ある友達にしたら、
「ソーダは良くない。水を飲んだほうが良い!」
って言われた。
「水?」
「そうさ、水を一日に2リットル飲むんだ!」
「2リットルも?」
彼はまるで自分がその道のオーソリティーだといわんばかり自信たっぷりに胸を張って続ける。鼻息も荒い!
「そう。出来たらその中に天然の塩を小さじ半分程入れると良い!」
「塩?」
「人間の体は殆どが塩水で出来てるから、その塩水を良質のものと入れ替えてやるのさ。一週間も飲めば全部体内水分を交換できるはずだよ!」
彼の話ではそうする事で健康体が維持できるとのだ言う。
そして最後に付け加えた。
「健太、お前はしょっちゅう腰が痛いって言ってるよな?その腰痛も、もしかしたら直るかも知れないぜ!」
だって、、、。

 <そうか、そういえば以前にも同じような話を聞いた事がある。でもなあ、、2リットルもに水、飲めるかなあ、、、、、>

 写真上は今日の午後、ダイアモンドヘッドを背景に見事に飛ぶ鳥を捕らえたもの(なーんて、まぐれでした、、、汗)。下は今晩の「元気寿司」からのテークアウト。実は今日はとんまとの結婚記念日。どこかファンシーなレストランに行っても良かったんだけど、今朝フライトから戻ったばかりのとんまには外出は一寸きつい。仕方がないこれで我慢です、、、(涙)!

Dsc00024_1

| | Comments (19) | TrackBack (0)

August 27, 2006

健太の日曜日

Dsc00014
 
 日曜日。珍しく朝9時まで寝れた。
休みはたいてい7時には目が覚めるのに、なんだかすっごく得した気分!
午前中はTVでタイガーの優勝を見守った。
今回のタイガーはどこか元気がなかったけど、さすが帝王、見事にスチュワート・シンクをプレーオフで下した。

 午後は例の「コパカバーナ」の編曲。ラテン系の複雑な編曲なので簡単ではない。そうこうしているうちにお腹が空いて来た。朝方パンを一切れ食べただけだからね、、、。
とんまは昨日成田に向けて飛んでったんで仕方ない、一人淋しくレストランへ行ってみるか、、、、。

 街に出ても食べたいものがなかなか浮かんでこない、、。
空を見上げると真っ青なハワイ晴れ。
<そうだ、テイクアウトして、公園で食べようかなあ、、、、>

 車は一路キングストリートを東へ。
フードランドの近くの健太お馴染み「ジナズ・バーベキュー」の「ジナズ・スペシャル」を久しぶりに求めた。
公園で食べようなんて思った途端心がうきうき、、、ルンルーン!
健太のコンドの前の公園は静かだし、人があまり居ないので最適の場所。

 公園の芝に座って先ず写真を一枚。
そのままそこで食べようとしたけど座り心地がいまいち。 
公園内には幾つかベンチとテーブルがセットされているので、そこへ移動。
<ふむ、ひと安心だ、、>
早速コーラを一口、ごっくん。
<あー美味しいなあー、、、空は青空、空気も美味しい。ルンルン、>
テイクアウトの折を開けると、カルビやバーベキュー、キムチやナムルが溢れんばかり!
<ごっくん、、>
つばを飲み込んでさて一口、、、。
と思ったら何処からともなく蝿が一匹やってきた。
<じょ、冗談じゃないよ、これは健太のランチだぜ!>
散々手を振り回して蝿は何とか追っ払った。
<さーてと、では、、、>
と思ったら今度は頭上の木が「ばさっつ!」って音がして、何かがテーブルに落ちてきた。
<な、なんなんだ!>
良く見ると落ちてきたのはゴム草履じゃないか!
何のことはない子供たちがゴム草履を投げて遊んでた、、。
「Hey, play other side!」

 やっと落ち着いて、弁当の折を開けると、またぞろ蝿がやってきた!
何と今度は1匹や2匹じゃない!
<おのれ!人のランチをななんだと思ってるんだ!>

 何とか食べ終わったものの、何も公園で食べる事はなかったような気がします、、、。

 写真は最初に座った芝の上で。こんなに美味しそうなのに、、、、。

| | Comments (15) | TrackBack (0)

August 26, 2006

ハワイでネットオークション!

Dsc00006
 
 今日は土曜出勤。午前中仕事だった。
何時も言うように、土曜日に出て行っても何もすることがない。電話すら滅多に掛かってこない。

 つまんないなーと思って外を見ても今日のワイキキは天気がいまいち。
あーあ、仕方がないインターネットでも見ようか、、。そうだ先週リスティングしたビデオカメラの値段を見てやれ!

 今年の初めに買ったプロ用のキャノンのビデオカメラ。
ハワイなんかじゃウェディング・ビデオ用に良く使ってるあの大きい奴さ。
小さいのも一台持っているけど、そのうちに自作の映画を何でもいいから作ろうと思って買ったんだ。ところが今のところ時間が無くて映画どころじゃない!
持っていてもしょうがないので売ることにした。
必要ならまたその時に買えばいい。
こういう場合大抵は損をすることになっている。
買ったのは、やはりこっちのインターネットオークションebay。
「新品同様」って言うんで買ったけど、受け取ってみたら壊れてた。
返品しようとしたら本人は行方知れず、、。
オークションのebayやPaypalというオークション決済会社に文句を言って何とかしようとしたけど、埒が明かなかった。彼らはそういった場合の保障はしますと言う触れ込みなのに、、、。
仕方がない、ハワイにもキャノンはあるのでそこに持って行って直してもらった。
確かに新品同様なので大した故障じゃなくて修理費も$250程で済んだ。

 さて明日がそのカメラの落札日。
<値段は何処まで上がっていて、いくらぐらいの損かな、、、>
損は覚悟だったけど、やっぱり損はしたくないのが人情。
Ebayのページを恐る恐るクリックして行く健太、、、。
「あれっ!」
あっ、や、やった!やりました。この値段なら殆ど損はしないで済みそう!
いやそれどころか儲かっちゃうかも知れない!!
 オークションの値段を左右するものの一つに、「Description=商品説明文」がある!
健太にこの説明文を書かせたら天才的なところがあるんだ、、(笑)!
別に英語力がある訳じゃない。表現力があるんだ!
オークションのサイトを見ている人が、読んでいるうちに欲しくなっちゃう!
そんな文章が得意なんだ健太は、、(笑)!
 
 さ、そろそろムービーマンから電話が入ってきます。今日の映画はなんだろうなー、、、。

 今映画から帰って来ました!
今日の映画はSnakes on a Plane。フライト中に蛇が機内を占拠する、、って言う、怖わーい映画でした、、(笑)!
そんな訳でワイキキの写真はなし。今日の映画のポスターです、、!

 PS:結局その後散々もめた挙句、Paypalは修理費の一部を返してきました。彼らの名誉のお為に一言、、。でも本当なら全部保障して欲しかった、、。いや品物を引き取って欲しかった、、、(涙)。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

August 25, 2006

ホノルルの新しい和食レストラン

Dsc00002

 昨日はハイヤット・リージェンシーにてバンド出演。
場所はハイヤットのダイアモンドヘッド・タワー一階にあるバンケットルーム。
ある大阪の企業の社長さんからの依頼。
この社長さんとは既に10年の付き合い。
ハワイにお得意さんを連れてきたり社員を連れてきたり。その度に健太達に出演依頼が来る。たしか去年もこの記事をアップしたと記憶している。
健太達のミュージックはGSサウンド。
実に古いもの。今の若者たちから見ればクラッシク・ロックになるに違いない。
果たして彼らにエンジョイしてもらえるかが何時も心配の種。
しかし毎回それなりに踊ってくれたりステージに上がってもらって一緒に歌ってくれたりして実に盛り上がったショーになっている。
ところが今回は肝心のカメラを忘れて、その模様がアップできません。申し分けない、、、。

 さてそのパーティーが何時もより更に盛り上がったのには理由がある。
その社長さんはこのたび息子さんに代を譲る事になったんだ。
ステージに上がってきて挨拶をした社長さん、さすがに涙をこらえる事はできなかった。
パーティが終った後、来月には大阪でその新社長就任の記念パーティーがあるので、健太たちに是非そのパーティーに出演して欲しいと依頼を受けた。
それって大変な事だ。だって健太達の出演料はめちゃ高い(笑)!
それに加えて、顎足がつく(航空運賃、ホテル、食事など)、、、。
最もこの会社、関連企業(海外に7社を含む)トータル14もの会社を持っている。
この時代にこれほどの成長を遂げたのはなんと言ってもこの社長さんのお人柄、、。
色々な出会いがあるけど、健太達とこの社長の出会いは実に素晴らしい出会いだと言える。

 結局終ったのは11pm。それから楽器を片づけたりしてるうちに12時過ぎになっちゃった。よってブログはお休みさせて頂きました。
 
 何を隠そう今日は健太の誕生日!仕事の後とんまと、この前アヒ・ポキさんが紹介していた「一力」へ行って来ました。店の雰囲気(写真上)はまるで日本のどこかのレストランのよう。頼んだのは写真下の「醤油ちゃんこ」。とても旨かったよ!
PS:今日はワイキキは曇り、いい写真が撮れませんでした。

Dsc00005

| | Comments (15) | TrackBack (0)

August 23, 2006

そしてまたワイキキ!

Imgp0338

 腰が痛くて今日は珍しく病欠。
痛いのは腰のくびれの5cm程上。脊髄の両脇やはり5cmの辺り、、。
痛さは立ち上がる時とか一瞬激痛が走って、立ち上がれない。

 医者に行ってきた。
自分で運転はきびしいので、今日大阪のフライトから帰って来たとんまに連れてってもらった。
主治医に症状を説明すると、「そこはキドニー(腎臓)の可能性があるね、、」
てな訳で早速ユイリンの検査をした。しかしそれらしい兆候は見られず、腎臓は白、、、。
結局医師の診断はというと、「筋肉痛だよ!」、、、。

 筋肉弛緩剤のプリスクリプションを書いてくれた。
<本当なのかなあ、、>
確かに痛い箇所から考えても、ヘルニアとはあまり関係はなさそう、、、、。
でも、割り切れないまま一路ロングス・ドラッグスへ。

 キング・ストリートのロングスは何時行っても混んでいる。
処方箋をわたすと店員は「1時間半掛かります!」だって、、。
とんまはフライトから帰ってきたばかりだし健太は腰が痛くてじっとしてられないし、、、。
仕方がないので時間つぶしに隣の「山源」にいくことにした。

 健太は狸そば、とんまはうどんをオーダー。
ふとカウンターを見ると良く知っている人がテークアウトのオーダーを入れている。
「あっ、Rさん!」
Rさんはムービーマンの部下。丁度ムービーマンたちのランチをオーダーしたらしい。
「あ、健太さん!今日ムービーマンはカツどんなのよ!」
山源のカツどんは安くて旨いと評判。
でもあれって量が多いんだよなー。

 帰宅後、早速その筋肉弛緩剤を飲んだら頭がボーットしてきた、、。(誰だ、元々ボーットしてるじゃないかなんて言った奴は?)。

 いまNHKのニュースをやっている。
今日は本当は昨日の続きで、健太の今の世界情勢、これからの自分の生き方を書く積りだったけど、
何とNHKその答えなのような特集を組んでいた。
辻信一著の「ハチドリのひとしずく」。
たった17行しかないこの本、何故か健太が言いたかった事をそのまま述べてくれていた。

 一匹のハチドリが森に住んでいた。
ある日森が大火事になった。
森の動物たちは一目散に森から逃げていった。
しかしそのハチドリは逃げようとはせず、一滴ずつ水をその火事に掛けて行った。
それを見ていたある動物がハチドリに言った。
「馬鹿だな、お前がそんな事したって、火事は消えやしない!」
その言葉にハチドリはこんな風に答えたそうだ。
「そうかも知れない、、でも僕は今、自分に出来る事をしてるだけさ、、」

 そして写真は、今日もワイキキ、、(笑)!

| | Comments (16) | TrackBack (0)

August 22, 2006

やっぱりワイキキは最高だ!

Imgp0072
 
 アメリカは50年先の世界情況を想定してイラクを攻撃したと言う。
何れ地球上の石油が枯渇し始めて(既にそうなっている)、まだ比較的埋蔵量の豊富な中東へ各国が群がるのは目に見えている。
いや既に、中国経済が日に日に力を増していてその経済力を武器に中東の石油に何らかの形で食指を示してくるのは時間の問題。彼らは中東の石油が喉から手が出るほど欲しいのだ!
そうした情況の中でアメリカが中東に大きな力を持つ事は、安定したアメリカの国家経営には欠かせない。
つまりサダム・フセインはアメリカに盾をつくやっかい者だった。
万が一サダム・フセインが中国やインドなどの未来大国に肩入れでもしようものなら、アメリカにとって大打撃となる。
よって今のうちにサダム・フセインを追放して民主主義国家に衣替えしてしまえば、アメリカがイラクに軍隊を配置する正当性が生まれる。
そうした既成事実をでっち上げる事により、おいそれと中国やインド、その他の未来大国は中東の石油に近寄れないと言うわけだ。
実はアメリカは石油の自己調達が充分にできるのだ。それなのに中東にちょっかいを出したのは、そんなところに理由があった、、。

 我々一般市民は、世界の国々が一体何を考えて行動しているのか、非常に見えにくい。見えるのはそこにある戦争の悲惨さのみ。
だからそうして戦争反対を叫ぶにしても、単に「戦争反対、平和賛成」では説得力に欠けるような気がする。
一体我々はそうした問題解決に何が出来るのか、、、。

 人間の欲に際限はない。100万円あれば200万円欲しい、200万円あれば500万円欲しい。
日本もかつて経済大国と言われ、そのプロスペリティーを欲しい侭にむさぼってきた。そして欲に欲の上塗りをして、遂にこけてしまった、、、。
日本は世界に名だたる優秀な国家だ!、、、等と勘違いしていた。こうして振り返ってみると、実は単なる成金でしかなかったような気がする、、。

 人はかつて「武力」によって世界を制覇してきた。
しかし20世紀に入ってそれは、「経済力」と言う多少知的なものに取って変わ
られた。しかしこれから100年も経たないうちにその「経済」による世界制覇は消えてなくなるに違いない。
物はあれば便利。しかし必要以上あっても意味のないこと。物欲には何れ飽きが来る。

 こうして深く考えていくと、何か虚しさのみが胸のそこに沈殿して、言うに言われぬ腹立たしさがこみ上げてくる。
じゃ、我々一般人はどうすれば良い、、、。


 「怒れ!」、、、。そんな声が聞こえる、、、。
ふむ、少しはすっきりするかも知れない。でも「怒った」ことろで一体世の中は変わるのだろうか、、、?
変わりゃしないさ。
じゃあどうする?

 自分一人がいくら怒ったって世の中は変わりゃしない!
でも、良く考えてみてくれ、、、、世の中は変わらないかも知れないけど、自分は変われるじゃないか!!

(明日へ続く)

 写真、「やっぱりワイキキは最高だ!」と再確認させてくれるね(笑)!

| | Comments (8) | TrackBack (0)

August 21, 2006

平和なハワイ!

Imgp0517
 
 最近のとんまの口癖で、「最近地球がおかしくなってる、、」
って言うのがある。
何か地球上の自然界に異変を聞くと、必ずとんまはそんな事をつぶやく。
確かに地球はおかしくなってると健太も思う。
でもそれもこれも、人間がその原因を作ってる事が少なくない。
人間だけが楽をしようと、次々に自然を破壊しているんだ。
「俺が俺が!」「Me,Me!」みんな自分の事しか考えていない。

 国々も全く同じ。今や中東だけではなく世界中の国々が自国の正当性を主張して、それが様々な問題を引き起こしている。
つい最近ではロシアの日本漁船拿捕。乗組員の一人が銃殺されたそうですね!
竹島の問題、尖閣諸島の問題、テポドンの問題、、、。身の回りでもこんなに沢山の問題を抱えている。

 これから世界はどうなって行くのか、、、。
期待より不安の材料の方が多い。

 少なくても中国はこの先世界でも強力な国に成長してゆくのは間違いない。
アメリカはそのことを非常に危惧している。
「アメリカがイラクを攻撃した真の狙いもその辺りにある!」
Mさんはそんなことを言っていた。
 
 先週プーコちゃんのオフィスでおしゃべりをしていた。
ご存知の様に彼女はウェブライター。
ハワイはもとより世界中の情報を彼女の会社のウェブサイトでアップしている。
「今何を書いてるの?」
健太の問いに、少し疲れた表情でプーコちゃんが言った。
「今アメリカで1600年代に起きた、魔女狩りの話を研究しているのよ、、」
「魔女狩り?」
「そう!あの時代には魔女が沢山いて、それをみんなが退治したらしいの、、」
「な、何だって魔女の退治?」
プーコちゃんは静かに首を縦に振った。
「まさか、だって魔女なんて本当にいたのかなあ、、、」
その一言にプーコちゃんの後ろの席に座っていたハオレ(白人)の上司のMさんが口を挟んできた。
「健太さん、それは本当の話なんですよ!」
Mさんは身長190センチもあるハンサムな白人。日本の高校に行っていたので彼の日本語は殆ど訛がなくぺらぺら。
彼の話を要約するとこういうことだ。

 「魔女狩り」はヨーロッパから移民者によてアメリカに持ってこられたもの。
そのころキリスト教は他の宗教を排除しようと躍起になっていたと言う。
特に「シャーマン」とか「占い師とか」「預言者」を徹底して嫌っていた。
つまり、病気やこの世に起きる様々の問題を彼らの「気」によって解決されては、キリスト教の思想が成り立たない。
そこでそうした連中を「魔女」と呼んで、一人ひとり抹殺していったのだと言う。

 人間は自分の都合が悪くなるとそれに対抗する相手を抹殺しようと考える。
アメリカがイラクを「サダム・フセイン」を攻撃したのも、そんなところに起因している、とMさんは言う。
今から50年先の世界情勢を読んでのことだそうだ。

 オサマ・ビン・ラディンは彼の力で中東を一つの国にしたいと願っていた。
イスラム教国家だ。
しかしそれには問題が多すぎた。
中東の国々の主張や向かっている方向がまるで違う。
そこでビン・ラディンは、このばらばらの国々を一つにまとめる為の策を練ったのさ!
浮かび上がった抜群のアイディア、それは「アメリカを中東の国々の共通の敵とすること!」だった。
(明日に続く)

 写真は今日のDFS(左下)の辺りをロイヤルハワイアンSCから撮ったもの。チラッとこの時お湿りが来たので、「虹が、、、」と思ったけど、、、残念虹は出ませんでした。以前ここから綺麗な虹を撮った記憶があるんですよ、、。それにしても平和なハワイだなー、この青空見てください、、、、(笑)!

| | Comments (8) | TrackBack (0)

August 20, 2006

メイドイン・ハワイ・フェスティバル

Imgp0495

 「健太、あたし今日何かが当たる気がする!」

 一昨日から始まった「Made in Hawaii Festival」、実は今日までだったんで昼過ぎにとんまと2人で覗いてみた。
ニールブレジデル・センターはこの「Made in Hawaii Festival」のために全面開放、実に沢山のベンダーたちが出店していた。

 沢山の催し物もあって、その中でもメイン・イベントは、ファーストハワイアン・バンク主催の「現金のつかみ取り!」
多分何千人もの客が全員がその「現金のつかみ取り!」に参加したにちがいない。
プラスチックの透明の電話ボックス風の箱に入って中の現金を20秒間掴み放題!但し現金はボックス内の吹き荒れる風に飛び回っている。

 早速2人で申し込んだ。
但し申し込んでも誰もが「現金のつかみ取り!」が出来る訳じゃない!
その中の6名だけが選ばれて、更にその中の2名に絞られ、その2名が「現金のつかみ取り!」に挑戦できる!
健太たちが行ったら既に一回目の抽選は終わって、2回目の抽選は1時45分だと言う。

 1時45分に会場に行ってみると、もう黒山の人だかり。
「健太、あたし今日何かが当たる気がする!」
苦笑いする健太にとんまは真顔、、、。
やがて係りが6名の名前を読み上げ始めた。
最初にハワイアンの大きなお兄さんが呼ばれて中央に出た。
と、次の瞬間
「とんまさん!」
一瞬無言のとんまやがて慌てて、「は、はい!」
「やったよ、本当にとんま、当たったじゃん!」

 しかしツキはそこまで。6人の中から2名だけ選ばれるんだけど、次のルーレットでとんまは敢え無く敗退、、、残念賞を貰った。

 実はツキは会場に入る前からあった。
入場料を払おうとすると、「只券があるから上げますよ!」
一人の男の人が寄ってきて入場券を差し出してくれた。
大した金額じゃないけど、なんだか今日はすっごく得した気分です(笑)!

 写真上が今日のニールブレジデル・センター外の様子。下はその「現金のつかみ取り!」の模様。一番下は一風変わったむすび、スパムむすび等のクッション。健太はこれ、あまり欲しく有りません、、、(汗)!

PS:見てください!なんと「Sugoi Sauce」なる凄い物が出品されてました、、(笑)!

Imgp0506
Imgp0507
Imgp0501


| | Comments (13) | TrackBack (0)

August 19, 2006

今日もハワイの空を見てください!

Imgp0470

 土曜日。やっぱり朝7時に起きちゃった、、もっとゆっくり寝てたかった、、、(涙)。
で、今日もギターの弟子たちの練習曲の曲探し。
こいつがなかなか良い曲が見つからない。
いくら音楽として素晴らしくても、これをギターで演奏して魅力的なものになるとは限らない。
そんな訳でこの前Ebayで落札した50,000曲入ったデータを、少しづつ聴き始めてみた。ウームさすがに50,000曲は多いよな、、。100曲も聴かないうちに疲れちゃった、、、(汗)!
因みに、現在までの練習曲としてアレンジしてきたものには次のような曲がある。

1.春がいっぱい(シャドーズ)
2.プライド(今井美樹)
3.枯葉(ジョー・パス)
4.Misty(エロル・ガーナー)
5.ミスター・サマータイム(サーカス)
6.Shadow of your smile(映画主題曲)
7.Wave (アントニオ・カルロス、セルジオメンデス)
8.夜霧のしのびあい(クロード・チアリ)
9.貴女のすべてを(佐々木勉)
10. もう一度(松山千春)
11.Fly me to the moon(ブレンダ・リー)
12. Masquerade (カーペンターズ)
13.Days of wine and roses(アンディー・ウイリアムス)
14. Walk don’t Run (Ventures)
15. Pipeline (シャンティーズ)
16. Yellow Jacket (Ventures)
17. Driving Guitar(Ventures)
18. 砂に消えた涙(ミーナ・Oldies)
19. Mr.Moto (Ventures)
20. 哀愁のヨーロッパ(サンタナ)
21. 朝日の当たる家(アニマルズ)
22. Blue Dolfin(スティブン・シュラックス)
23. ある愛の物語(トリオロス・パンチョス)
24. Unchain my heart (レイ・チャールス)
25.イパネマの娘(アントニオ・カルロス)
26.ある愛の詩(アンディー・ウイリアムス)

 以上の曲はギター・インストルメンタル曲として我ながら実に良くアレンジできている(笑)!
さて、今日は次の練習曲としてパリー・マニロウの「コパカバーナ」を選んでみた。
軽快なラテンリズム、サルサかサンバにアレンジしてやってみたい、、。
 
 ところで、今ムービーマンとの映画から帰ってきました。
今日の映画は「Step Up」。
バレーとダンスのコラボで、カンパティションに出場する話。
なかなか良い話でした。83点、、(笑)!

 何とか今日の空を撮りたかったんだけど、ついでにプルメリアも、、(この前同じようなのを載せたばかりだなあ、、、汗)!

| | Comments (9) | TrackBack (0)

August 18, 2006

フェスティバルの多いハワイ

Imgp0463
 
 ハワイでの催し物は実に多い。
今月は今日明日と、ニール・ブレジデル・センターで「Made in Hawaii Festival」が開催される。

 一体どんなものがハワイで作られているのか、、、
もちろんウクレレ、ハワイアンキルト、ハワイアンジュリー,パイナップル、コナコーヒなどは皆にもお馴染み。
いや実は、健太にはそんなものしか浮かんでこない(笑)!
てな訳で今日の昼休みを利用して行ってみたらパーキングがいっぱいで入場不可、、残念でした、、(涙)!

 9月にはアロハフェスティバル!
今年は60周年とあってかなり力が入っている。
今年のテーマは『パニオロ』、つまりハワイアンカーボーイ!

 何と9月9日には『大根フェスティバル』なんてのがある???
な何なんだこれは!!!

 来週バンドの仕事が入ったので、今日はプラクティスに行って来ました。何しろ半年振り、みんな歌ってないので声が、、、(涙)。
珍しく健太、酔っ払ってますんで今日はこの辺で、、(笑)!

 写真はワイキキのホテル。右が「モアナ・サーフライダー」左が「アウトリガー・ワイキキ」。チラッと一番右にハイヤットが見えるね!今日も本当に良い天気でした!

| | Comments (11) | TrackBack (0)

August 17, 2006

ホノルルの物価、、

Imgp0482

 「ホノルル、最悪のインフレーション!」

 今朝のスター・ボルテン紙のヘッドラインだ、、。
今年前半(1月~6月)の消費者物価指数は去年の同じ時期に比べて5.8%上昇していて、アメリカの全都市の中で最高の上昇率。
アメリカ全体の平均上昇率は3.8%で、ホノルルはそれを2%も上回っている。因みにマイアミが5.7%ロスアンジェルスは5.1%。

 一方、「ハウス・インデックス(家賃、ガソリン代、光熱費、その他家庭内諸経費)」に関しては、去年同時期(1月~6月)と比べて8.5%上昇。また半年間前(7月~12月)に比べて3%の上昇を示していると言う。
日本のバブル期には日本人がハワイの物件を買い漁ったのでその「ハウス・インデックス」が8.8%になったと言う過去もある。

 今年の1月、健太はボスのオフィスに呼ばれた。
「健太よくがんばりました!今年の君の昇給は4.5%です、おめでとう!」
<そうか昇給ね! 去年は3.5%アップ。今年は4.5%。ばっちりじゃん!>
でも今になって考えれば何の事は無い、昇給は物価の上昇にまるで追いついていない、、、。

 健太のホテルにまた本社からお偉いさん達が来てるので今日ランチョン・ミーティングがあった。写真下はシェフが腕によりをかけた料理、デザート。美味しかったけど、出来たらこんな旨い料理はとんまと食べたかったなー(笑)!上はアラモアナ・ビーチのサーファーたち。

Imgp0486
Imgp0488

| | Comments (12) | TrackBack (0)

August 16, 2006

ワイキキDFSの前でばったり!!

Imgp0478
 
 健太はDFSガレリアの前でK子にばったり会った。
彼女に会うのは久しぶりにだ。
彼女は何時も人を笑わせてくれる楽しいキャラクター。
近くのスタバに行く事にした。
アイスコーヒーを片手に席に付くなり、
「私の主治医って言ったら本当に失礼しちゃうのよ!」
K子はなにやら憤慨気味。
「一体どうしたんだよ?」
「この前さ、主治医に定期健診に行ったんだけど、事前にどんな検査するか先生に聞いたの。そしたら『別に脱がないでも良いから、、、』って言われたの」
「そうだよね、定期健診なんて血圧計ったり、服の上からでも出来るもんね、、」
健太は最近めっきりおばさんになった(失礼!)K子を見ながら、アイスコーヒーにクリームを入れた。
「それがさ、そう言われたんで、私最近冷え性だから毛糸のパンツをはいて行ったの、、」
「プッ!」
健太は少し飲みかけのコーヒーを思わず噴出しそうになった。
「そしたら何よ、やっぱり脱ぎなさいって言うじゃない!」
「そ、そりゃ、、、」
「しょうがないから、恥ずかしいけど毛糸のパンツ見せるっきゃないじゃん!」
「で、でも、、、」
「下を脱いでから、上のブラウスも脱ごうとしたら、『あっ、それはそのままで、、』だって、、、」
「えつ、じゃ下だけ、、?」
「そうなのよ、失礼しちゃうじゃない、、」
「失礼?、、なんで?」
「あたしの胸、見てよ健太!」
K子は健太の前で胸を張って見せた。
Tシャツの上から伺えるそれはペッタンコで、決して自慢できるもんじゃない、、。
「フン、どうせ『見ごたえのない胸なんか出すな!』って事なんでしょ!」
「、、、、(汗)」

 写真は今日の「カカアコ・ウオーターフロント・パーク」のサーファー。見事なサーファーぶり見せて頂きました、、(笑)!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

August 15, 2006

ハワイ行きフライトにて、、

Imgp0472
 
 フライト中、時々機内で子供がはしゃいで走り回ったり、大声で叫んだり。
海外旅行ではしゃぐ気持ちも良く分かるけど、他人に迷惑を掛けちゃいけない。
「おい坊主! 静かにしなさい!」
健太はたまりかねてそう叱った事がある。
すると近くにいた母親らしい中年女性が眉間に青筋を立て健太に言った。
「貴方!他人の子を勝手に叱らないで下さい!」
「?」

 日本では子供は自分の子供。アメリカでは子供は国の宝!
他人の子だろうが自分の子だろうが、間違ったことをしている子供への教育は「大人たち全員の責任でもある!」、、そんな考え方、正しいような気がする。

 健太が乗ったあるフライトでの出来事。
その日は比較的空席が目立っていた。
最近のエコノミーは前部と後部の値段が違う。前部の方が少し高い。
ある体の大きい男性客が後部の席に座っていたが、狭くてじっとしていられない。
その客はやがてエコノミー前部席に3席続いている空席を発見。
つまり隣も空席なのでそこなら楽に座れそうだ。
やがてその客はフライトアテンダントを捉まえて、そこに移動したい旨伝えた。
「お客様、恐れ入りますが前部座席は多少金額がお高くなっておりますので、、」
値段が違うのなら、多分そのフライトアテンダントとしてはそう説明するしかなかったに違いない。
<仕方がない、、、、>
そんな表情でその体の大きな男性客は自分の席に座った。
通常、席の交換を許可できるのはパーサーのみ。
しかし暫くしてさっきのフライトアテンダントが戻ってきた。
その男性客が気の毒だと思ったのだろう、パーサーに頼んで前部客席に移ってもらうようにしたと言う。

 その男性客は大喜び。しかしフライトアテンダントが彼を案内してその前部座席に行って見ると、なんと何処からか勝手に移った1人の少年がちゃっかりと座っている。
「坊や、ごめんね、ここにはこのおじさんが座るの、、、」
少年は何も言わず席を立った。
すると直ぐ前の席に座っていた女性客が立ち上がってそのフライトアテンダントに食って掛かった。
「あんた、どうせ空いてるんじゃない。うちの子を動かさないで頂戴!」
「でも、、、」
「でもじゃないわよあんた!大体なんでうちの子が動かされるんですか!」
「でもお客様の席は一列前のXXとOOとなっております、、」
「だから言ったじゃない、どうせ空いてるんじゃないよ。第一あんたその態度、子供に対する偏見よ!」
その女性客の剣幕にフライトアテンダントはもうこれ以上話す気ににならない、と言った表情、、、。
「分かりました、、」
こんなつまらない事で問題を大きくしたくないと思ったに違いない。。
結局他にも2席空いているところが有ったらしく、男性客にはそこに移ってくださいと説明している、、、、。

乗り物には新幹線でも飛行機でも、座席指定席と言うシステムがある。
新幹線や電車は一番分かりやすい。
幾ら空席があっても座席指定席やグリーン車には勝手に自由席の客は移れない。
当たり前のこと。また同じ座席指定、グリーン車内で空席があって移動するには車掌がいれば一応彼の許可が要る。ましてや、自由席からグリーン車に移る場合は追加料金を払わなければならない。
これって、常識じゃないの、、、?

 写真は今日ダウンタウンで撮った、ピンクの(赤?)プルメリア。ウーム、、、綺麗だ、君はとても綺麗だよ、、それにとても良い臭いがする、、(笑)!

 

| | Comments (11) | TrackBack (0)

August 14, 2006

夢のカリブ、、いやワイキキ・ビーチ!

Imgp0462

 楽しいな楽しいな! ルンルン!
今日は月曜日。ブルーマンデーなんて言っちゃいられない。今週もいっぱい仕事を取ってきて会社に貢献する。
会社は儲かって健太の給料は上がる、そして更に偉くなって、行く行くは総支配人に!
給料は一気に倍増だし、特別ボーナスが出てこれ頭金に新しいコンドを買う。
もちろん階数の高い、そうだな30階以上のオーシャンフロントだね。
車ももう古くなったので、新車に買い換えよう。今度はレクサスで良いと思っている!
それと来月はバケーションを取ってカリブにでも行きたい。あそこには、健太の勤めているホテルの元総支配人がいるからね!
その時までにはゴルフクラブも新しいのを買いたい。カリブにもいいコースがいっぱいあるそうだ。

 それよりも何よりも、長年欲しかったビンテージ・ギターをオークションで買うのが一番先だ。1950年代のフェンダーとギブソンを一台づつ。10万ドルもあれば買えると思うよ。安もんさ(笑)!
自家用ジェット機が買えるようになれば、おっかさんをハワイに毎週連れて来て上げられるんだけど、、それもあと一寸頑張ればいい。
そんな訳で皆には申し訳ないけど、ブログをやってる時間が、、、、。

 「とんま!このまえ買った納豆は?、、、あったら出して今晩のおかずだ!それと電話掛からないんだけど、先月払った?」
今日は月曜日、この暑い夏の日差しの中、今日もワイキキの街を徘徊する健太はしがないセールスマン、、現実は厳しい、、(涙)。
新しいコンド?新車?、、何時の事やら、、それに、ブログだってずっとやってるよ(笑)!

 しかし、健太は夢は持っている。決して諦めない!
きっと何時の日か、、、わっはっは(笑)!

 写真は今日のワイキキ・ビーチ。こうして写真を撮ってるだけで、自分もバケーションでここにいる気分になっちゃうね、、、(笑)!

| | Comments (10) | TrackBack (0)

August 13, 2006

何はなくても、ダイアモンドヘッドがあれば!!

Imgp0092
 
 健太は休みの日は時々教材用にバックミュージックを作る。
生徒にはそのバックミュージック(ドラムス、ベースー、リズム・ギター、キーボード)に合わせて練習してもらう。
昔はCDにしてそれをプレーしてたけどそれを、今はmp3プレーヤーに入る。
ipodは持っていない。

 さて今日はこのバック・ミュージックを整理しようとPCに向った。
相当数のバックミュージックがライブラリーに入ってる。
こいつを星の数ほどあるライブラリーの曲の中から拾い出すのが大変な作業だ。
メディア・プレーヤーの使い方を良く知らないので、
長い間にわたって作ったそれらを過去に遡って一つずつピックアップして行ってsyncリストに挙げて行くんだけど、
これがなかなか上手く行かない。Renameで曲名の前に番号をで付けたのに、移したsyncリストには番号が出て来たり来なかったり、、。
何度やっても上手くいかない。それでも夕方になって、何とか格好がついた、、、(汗)。

 ところがどっこい、再生すると一曲一曲の音量がまちまち。ある曲はとてつもなく大きく、ある曲は小さすぎる、、、。
あーア、午後丸々使ったのに結局終わらずじまい、、、。
無駄な一日を過ごしちゃいました、、(涙)!

でもコンピューターなんだから、音量ぐらい自動的に揃える事は出来ないもんですかねえ、、、。

 今日はいい写真がないのでダイアモンドヘッドの写真。「何はなくてもダイアモンドヘッド!」、、、、、健太とんまの名言集より、、(笑)!

| | Comments (11) | TrackBack (0)

August 12, 2006

ワールド・トレード・センター

Imgp0456

 今日の土曜映画は「World Trade Center」。例の911のストーリー。
監督オリバー・ストーン。主演ニコラス・ケージ。

 ムービーマンはこういう映画はあまり気分が良くないから行きたくない、、、って言ってた。確か2749人も亡くなっているので、あまり思い出したくないムービーマンの気持ちも良く分る。しかしこの映画の評が凄く良かったらしく、とにかく行ってみようって事になった。

 アメリカは数々の戦争を経験して来たけど、今まで自分の国の本土が攻められた経験は一度もない。そうした意味でこの911は戦争ではないけれど、何の罪もないアメリカ市民が被害を蒙った最初の経験と言えるかもしれない。

 さて映画はニューヨーク警察に勤める警官が貿易センタービルの下敷きになって救助されるまでの話を感動的に描いた作品。
主演のニコラス・ケージが好演。また助演のマイケル・ぺナがなかなかいい味を出している。さすがオリバー・ストーン作品と言ったところ!
健太は涙腺が弱いのでぽろり、、。でもあの感動的なシーンにはさすが涙腺の強いムービーマンだって、きっと泣いていたと思うよ、、、(暗いんで良く見えませんでした、、、笑)!

 写真はそんな悲惨な事件が嘘みたいな、平和そのもののワイキキビーチの様子、、、。

 

| | Comments (8) | TrackBack (0)

August 11, 2006

全く、最近の若者達ときたら、、!

Imgp0448

 「全く、最近の若者達ときたら、、!」
なんて、健太が若い頃よく言われたっけ、、、。

 そのころ政治評論家に「小ばま利得(漢字が見つかりません)」って言う人がいた。辛口の評論で何時もマスコミを賑わしていた。
ある日彼がTV出演して言った言葉に、、。
「大体、ビートルズなんて物は!!」
全く音楽も分からない「くそ親父」が、当時の世界のトップスターをそんな風にこき下ろしたんだ。
若かった健太は、
「こんな奴には若者や政治批判する資格はない!」
と怒り狂った事を覚えている。

 大人は自分の時代でしかものを見ない。
二言目には
「今の若者は口のきき方を知らん!」
「今の若者は大人の意見を聞かん!」
「常識がない!」
などなど、、。

 こうして今、親父になった健太。
今の若者を見て、たしかに心配なことが多い事は否めない、、。
彼らの行動はしばし理解できない。
挨拶が出来ない。人の話を良く聴かない。返事をしない。
無礼な目つきを平気で人に向ける。

 しかしよく考えて見れば当たり前の事。
大体親父たちの話しなんか若者にとって面白い訳がない。
彼らは俺たち親父の話を聞く耳なんか持たないのさ。
それと昔の常識は既に現代の常識とは著しく乖離している。
文化が違うんだよ!
大人も若者たちも「カルチャルショック」を感じながら、互いを見詰め合っているのさ。
互いに外国人同士だと思うのと同じ。
だったら、最初っからそう考えてお互いの文化に興味を持てば、もっと分かり合えると思うんだけど、、。
外国人なんだから、互いに尊敬しあう事だって必要だよね、、?

 インドのある古代遺跡から、「古代文字」の刻まれたれた石片が発掘された。
何しろ紀元前のとてつもない古い物、その「古代文字」をやっとの思いで解読したある考古学者は、思わず大笑いをしたそうだ。

その石片に書かれていた言葉は、
「全く、最近の若者たちといったらだらしがない、嘆かわしい限りだ、、、」
 
(この一節はたしか岡本太郎著・「自分の中に毒を持て」に載っていたような気がします、、)

  写真はオレンジと黄色のハーフ・ハイビスカス。ハイビスカスにはこうしたあいの子種をよく見かけるよ、、!
接写にカメラを合わせなかったので花が少しぼけちゃった、、。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

August 10, 2006

ワイキキビーチは誰の物?

Imgp0455
 
 みんなワイキキビーチに行く時はゴザや大き目のタオルを持って行って、そいつをビーチに広げて寝っころがる。時にはデッキチェアーにパラソルまで用意してくる人もいる、、、。
心地よいハワイのそよ風、椰子の葉の揺れる音、どこまでも深い青空、ぽっかり浮かんだ真っ白い雲、シャーペットトーンのパシッフィックオーシャン、、、月並みの表現でゴメンなさい、、、(汗)。
でもこんな雰囲気の中でビーチに寝っころがって見ろよ、そりゃ最高な気分が味わえるに決まってるよな!

 ところが、今そのビーチの場所取りが問題になっている。
アウトリガー・ワイキキの「デユークス・ベアフート・バー」の前にレンタル会社のビーチパラソルとデッキチェアーが所狭しと波打ち際まで占拠しているというのだ。
ワイキキビーチは誰の物でもない。誰でもそこに来て寝っころがってもかまわないと言うのに、時にはゴザを広げるスペースもないんだ。
ワイキキの住民は過去何十年も自由にワイキキビーチを利用してきたので、彼らの不満もわからない訳ではない、、。
レンタル会社の言い分は、自分たちはちゃんとルールに従って商売をしているので何の落ち度もないと言う。

 因みに、アウトリガー・ワイキキの海に向かって右側のロイヤルハワイアン、及びシェラトンワイキキはそれら「ビーチパラソルとデッキチェアー」は自分の敷地内のみでの私用許可を出しているそうだ。

 写真は今日のワイキキビーチ、そして問題のパラソル群。さっき撮って来ました。うーむ、確かに文句言う人の気持ちも分るような気がする、、、、(汗)!

| | Comments (12) | TrackBack (0)

August 09, 2006

買収されたハワイ「ジャック・インザ・ボックス」!

Imgp0449

 アメリカでは企業が買収されてオーナーが変わったり、合併して新しい会社になったり、また単に名前を変えたりする動きが盛んだ。
もちろん日本でも良くある事だけどその数がこっちでは桁外れに多い。

 健太の勤めるホテルはこの10月から世界的有名ホテルのフランチャイズになる。
今のホテル名もアメリカでは有名ブランドではあったけど、更に強力なホテル名に変更されるわけだ。

 今までは例えアメリカでは有名なホテル名であっても、日本人には馴染みのない名前、健太としてはやりにくい面も多かった。でもこれでぐんとやり安くなる。つまり日本人なら殆ど知っているホテル名になるからだ。

 しかし問題がないわけではない。ホテル名が変われば、当然その新しいホテルのシステムに変わる。
コンピュータのソフト、つまりリザベーションシステムも変わる。
また有名ブランドになれば部屋代も高くなる、、、。
残念ながら日本の顧客はまだ値段で動いている。
名前なんかどうでも、そこそこのホテルなら割安なものを選ぶのが今の日本人マーケット・トレンド。

 一長一短の今回のホテル名変更。
不安と期待の入り混じった、複雑な気持ちだ、、、。

 今朝のスター・ブルテン紙のトップページに、健太の大好きなファーストフード「ジャック・インザ・ボックス」、ハワイの25店舗が買収されたと報告している。買い手はハワイの「バーガー・キング」「ケンタッキー・フライドチキン」元オーナーのクリス・スカンナー氏。

 クリスさん、お願いですから「ジャック・インザ・ボックス」の名前は変えないで下さい!
因みに「ジャック・インザ・ボックス」とは「びっくり箱」の事です(笑)!

 写真は黄色のシャワーツリーの花。あまりにも綺麗なんでパシャリ。
どんな花もこのハワイの空では、その美しさを100%発揮してくれる!

| | Comments (16) | TrackBack (0)

August 08, 2006

ハワイにも残っている日本の伝統!

Imgp0436

 健太の生まれ育った国日本!
素晴らしい国!大好きな国!
アメリカには無い優れた伝統と文化を持っている。
それはこうして海外に出ていると、つい自慢がしたくなるほどさ、、。
でも、最近その日本をこうして外部から見ていると、心配でならない、、。


 「異常」!
その言葉が先ず浮かんでくる。
それは「政治や教育が悪い!」なんて抽象的なことじゃ説明できないし、昨今めっきり増えた残虐な殺人事件なんかを枚挙しても分かりにくい。
先ず日本人の日ごろの生活から拾っていった方が分かりやすいと思う。

 それは人々の心に余裕がないことが、その異常な状態を作っているとしか思えない。
先ずサラリーマンの残業が気になる。
必要な残業はしかたがないけど、
例えば先輩が居残りをしていると後輩はなかなか先に帰りづらく、仕方なく自分も残らざるを得ないとか、
本当に忙しくて残業をしても、会社には報告できずサービス残業をせざるをえないとか、、。
先輩の言われた事にいやいや従わなければならないとか、、、。
一体それらがトータル的にどの程度会社の利益に繋がっているのか、、甚だ疑問だ。


 リストラで会社は歳出面等では相当でスリムになっているかも知れない。
しかしこうした「習慣」や「情」に関してのリストラは全くの手付かず状態。
能率的に仕事を進めるためには、先輩のわけの分からない言い分など受け入れていられる暇などない筈。
また翌日きちんとした仕事がしたければ早く帰って、明日に備えるべきだろう。
また時には早く仕事を終えて自分の時間を作って、一旦仕事から完全に離れて見る事も大切だ。
そうすることで、自分の仕事が良く見えてくる。

 どちらかと言うと「頑張る」事が美徳とされる日本。
でも時には頑張らない方が良い時もある。
つまり日本人は状況判断が下手!

 あまりにも偏った考え方を「それが正しい」と思い込み邁進して行く。
高度経済成長期などそれでよかった時代もあったかもしれない。
だが、中国に経済大国トップの座を譲ろうとする今日、少なくても精神面では彼らの先へ進んでいなければ後10年20年後の日本は、見るも無残な残骸でしか有り得ない。

 じゃあ、どんな姿が理想的な日本の未来の姿なのだろうか。
色んな意見があるとは思うけど、
「日本の伝統文化を再現した国創り」
だと思う。

 これだけ世界の画一化が進むと、生き残りには個性しかない。
その個性は、昨日今日生まれた思いつきの個性ではなく、しっかり伝統文化を背景にした、日本にしか出来ない完成度の高いものが要求される。
そしてそこには日本古来の精神的な支えがなければならない。

 月並みな言葉に聞こえるかも知れないけど、
その精神的な支えとは、
「わび」「寂び」「禅」など、
外国人には簡単に理解し難いものが理想かもしれない!
ハワイにも日本の文化としてそうしたものは多少なりとも存在する、、。
 
 今日もブーゲンベリアの写真だけど、「八重・ブーゲンベリア」と言おうか、昨日とは違ってその花ビラが幾重にも重なっているのが印象的だ!


 

| | Comments (13) | TrackBack (0)

August 07, 2006

いくらハワイの空気が良綺麗でも、、、

Imgp0432
 
 「タバコ、やめたら?」
健太は友達であり、お得意さんであるHに言った。
いくらハワイの空気が綺麗だからって言ったって健康的に良くないのは分かっているし、その頃タバコの値段がめちゃ上がってきていたのも一つの理由だ。
彼の経営する会社は日本の不況の影響をまともに受けて明日にもどうなるか分からない風前の灯状態、例え一日$5でもセーブしたいところ。
「うーむ、、」
Hは健太の言葉を聞きながらも「ぷかぷか」、、。
大きく吸っては、気持ちよさそうに煙を吐き出す。
「でもな健太、こいつぁ今の俺にとって唯一の楽しみなんだよなー、、、」
その後何度も何度も同じ事を繰り返して彼に言ったが、彼は一向に止めようとしなかった。

 健太も30代中ごろまでタバコを吸っていた。
当時は丁度ゴルフに夢中になっていた頃で、パールカントリーに良く通っていた。
パールカントリーはアップダウンあるトリッキーなコースで、ゴルファーの攻略心を擽る一流のコース。
また、ティーグランドから俯瞰する真珠湾の景色は中々のもの。
その頃健太はあるナイトクラブのマネージャーをしていた。
クラブには日本からのビジネスマンが多くたむろしていて、
その中にそのパールカントリーの支配人T氏がいたのだ。
コースのオーナーは日本のカーメーカー「H社」、彼はそこからハワイに送り込まれていた。

 ある晩そのT氏がナイト・クラブの表でタバコを吸っている健太を見ていった。
「健太さん、タバコ止めたらどうですか、、?」
「えつ?」
「健康に良くないし、さいきんじゃあタバコ代も馬鹿にならないじゃないでしょ。タバコを止めればうちのゴルフコースにあと週一回余分にこれますよ!」
「な、なるほど、、」
当時のパールカントリーはワンラウンドカート付きで$20ぐらいだったか、、、。
確かにタバコを止めれば彼が言うように週に一回くらい余分にゴルフができる。
「私も2年ほど前まで吸ってましたが、、、」
「止めたんですか?」
「そう、きっぱり止めました!」
「でも止めるの、難しかったでしょ?」
「うーむ、難しかったといえば確かに、、。でも『止める!』って多くの人に宣言してしまったんで止めざるを得なかったんですよ、、。出来るだけ多くの人に止めるって言っちゃえば、自分の言葉に責任を持たないとならないじゃないですか!」
「まあ、確かにそうですが、、」
「それと、経験上言えるのは『無性にタバコが吸いたい!』って言う気持ちに襲われるのは、一日の内わりと限られた時しかないんですよ!」
「って、おっしゃいますと、、?」
「先ず一番吸いたいと思うのは、食事のあと、、、」
「なるほど、、」
「次に、人と話していて、なんとなく手持ち無沙汰な時、、」
「ふむふむ、、」
「あと、TVをみてたらTV中で誰かがタバコを吸っている時とか、側で誰かが吸いだした時とか、、、」
「あー、そう言えば、、」
「タバコを一旦止めようとしても止められないのは、この3つの誘惑があるからなんですよ!」
「、、、、」
「この3つの誘惑に負けず、じっと我慢するんです!」
「でもそれが、、みんな出来ないんじゃあ、、、」
「確かに、、でもこれも経験上、例えば食事のあと無性に『タバコ吸いたいなー!』って思うのは、精々1,2分間ですよ。だからその1,2分さえ我慢さえすればいいんです!」
「なーるほど!!」

 健太はその次の週からゴルフを一回増やした。
当時ろくな給料を稼いでいなかったので、先ずこれでタバコを買う小使いがなくなった。
もちろん大勢の人たちに『健太はタバコ止めます』って吹聴したのは言うまでもない。
あとはT氏の言った3つの誘惑に勝つ事!
これで見事に健太もタバコを止める事ができた!
でも、時には人と話している時相手によってはやたらにしらけて、顔が引きつっちゃう事もあったけどね。そりゃ辛かったさ、、(汗)!

 Hはその後も健太の助言を聞き入れず、タバコを吸い続けた、、。
結果は、、ご存知の通り先週帰らぬ人となってしまった、、、。
現代医学で明らかにされているタバコと癌の因果関係は先ず疑いのない事実だろう。
スモーカー諸君、諸君も何とか止めて欲しいと思います、、。

 写真は今日ダイアモンドヘッドを背景に撮った、満開のブーゲンベリア。なんと艶やかな花なんだろう、、こいつがいたるところに咲き乱れている風景、、是非皆さんに見てもらいたい、、(笑)!

 


| | Comments (23) | TrackBack (0)

August 06, 2006

ハワイと中東の関係、、

Imgp0379
 
 健太はこのハワイの素晴らしい自然とアロハ精神を読者に伝えたいと思ってこのブログを書いている。
ただ、一方的にそれだけを伝えても、受け取る側が
「どうせハワイに住んでる『あんぽんたん野郎』の戯言じゃねえか!」
と解釈される恐れがあるので、その時々の健太の心のうちとか、「人生観」「世界観」なんかを織り混ぜて書いている積りだ、、、。
そうすることによって、このハワイの自然やアロハ精神が浮き彫りになってさらに共感を持ってもらえるような気がする、、。
だから時には小難しい内容になるかもしれないけど、それを考えずしてこのハワイの素晴らしさは心底から実感してもらえないと思う。
ってな訳で今日はちょっくら固めの話、、、(汗)!

 イスラエルとパレスチナの紛争、、。
この辺の問題はかなり込み入っていてなかなか理解しがたい。
ましてや今、これにレバノンのヒズブッラーが絡んで来てるから厄介だ。

 イスラエルと言う国は1948年に出来た新しい国。
流浪の民だったユダヤ人たちの国だ。
一方パレスチナ人とは1948年以前にそこに住んでいた者たち。
つまりイスラエルの建国によって難民となった者たちだ。
しかし、アメリカインディアンやハワイアンのようないわゆる先住民ではなく、彼らもまた流浪の民であったことには間違いない。
ユダヤ人たちはアラブ人たちに正当に金を払ってそのイスラエルの地を手に入れたのだ。結果そこに住んでいたパレスチナ人はそのイスラエルの中で難民と化した。
また、イスラエルも土地を買ったのは良かったが、現実は厳しくその土地は殆ど砂漠地帯。農作物も育たない荒地だった。
その後イスラエルは数多くの犠牲者を出しながら懸命にそれを開墾、現在の緑のある大地に生まれ変わらせた。
しかしそこに残ったのはイスラエルとパレスチナ難民との争いだった。

 2000年の和平交渉では、イスラエルのバラク首相がパレスチナ側の要求をほぼ全面的に認めて譲歩したにも拘らず、イスラエルとの徹底抗戦を主張する原理主義とアラブ国家のプレッシャーに屈したアラファト議長(パレスチナ代表)は、交渉の席を立った。

 7月13日辺りからレバンノンのヒズブッラーがによるイスラエル北部のミサイル攻撃が激しくなった。
その射程距離から攻撃された地域にはパレスチナ人が多く居住していた
ヒズブッラーの武力挑発によるイスラエルのレバノン攻撃は元来ヒズブッラーのみに向けられるべきものである筈が、レバノン本体に及んでいる。

 この辺はかなり複雑で、レバノンの中でイランやシリアの支援をうけたヒズブッラー(神の党)は約300人の抵抗運動者を中心に3000-4000人の武装兵力を持つ組織で、レバノンの国内において国会議員128名のうち10名の議員を擁する合法的な集団。これがレバノンのハリーリ首相にとって頭痛の種、不穏分子になっている。
イスラエルはレバノンに対して、
「ヒズブッラーにやりたい放題をさせているのはお前の責任だ!」とレバノン全体に対してまで敵意を示しているところが更に悲劇を呼んでいる。

 ここで話を日本に向けよう。
日本は戦後驚異的な発展を遂げ、アジア地区のリーダー的存在を担って来た。
65年前、第二次世界大戦で迷惑をかけた代償として、大金を投じてアジア各国を支援してきている。
国々の中にはそうした日本の態度を好意的に見てくれる国もあるが、中には片腹痛いと思っている国も少なくない。
それは日本がいくらそうした償いをしたとしても、過去の憎しみを拭い去れないからだ。

 イスラエル、パレスチナ、レバノン、シリア、エジプト、イラン、イラク、、、。
中東の国々はそれを2000年も前にも遡って憎悪しみ合っている。
おいそれと「はい、そうですか、、」などと心を開けるほど単純な物ではない、、。

 そこで、一体我々に何が出来るか、、、。
簡単じゃないよね、、。
そこで健太はこのハワイの素晴らしい自然とアロハ精神を出来る範囲であちこちに伝えたいと思ってこのブログを書いている、、。
少し無理あるよろし、、、と同時にちとかっこ付けすぎでした、、、面目ない、、、(汗)!

 黄色いプルメリア、綺麗だね!ハワイにはどこの街角にもこうして花が咲いていて、見る者の心を和ませてくれる、、。

PS:ごめーん!プルメリアじゃなく、ハイビスカスです、、、(汗)!出かけるので慌ててました!

| | Comments (10) | TrackBack (0)

August 05, 2006

そしてまたアラモアナ・ビーチ!

Imgp0422

 そして今日もまたアラモアナビーチの模様を見ていただこう!
地球上の何処で争いが起きているなんてまるで信じられなだろ、この景色、、、。
人の心に安らぎと憩いを与えてくれるこのハワイの空と海、、、。
健太は出来る限りこの平和なハワイの空、ハワイの海を発信し続けたい。

 何ごとにも目くじらを立てる奴ら、、
まるで他人をわざと苛立てようと企てる奴!
そんな奴らに是非見てもらいたいこのハワイの景色!
その牙と爪を皆抜き取ってしまう、不思議な景色さこの景色は、、、(笑)!

 今日はこれからムービーマンと映画にいってきまーす!

| | Comments (13) | TrackBack (0)

August 04, 2006

健太の週末は、、

Imgp0406

 週末だ、週末だ!
先週も先々週も土日のどちらかが出勤で、のんびりしたくても出来なかった。
週に2日間の休みが多いか少ないか、、
それはさておき、やっぱりのんびり休みたい(笑)!
どうやら健太は元来怠け者らしい。だって休みがこんなに楽しみなんだから、、、。

 「週に2日も休みたいなんて、そりゃ贅沢だぜ!」
なんて声も聞こえるけど、
お客さん! そりゃむごいってもんさ!
ここはハワイだよ!世界屈指の楽園ハワイだ!
一体ここで休みを楽しみにしないで、どうしろってんだい、、。
青い空を仰いで、白い雲の流れてゆくのを見ながら椰子の木陰で昼寝。釣りをしたりゴルフをしたり、ビーチに行ったり、、、、
って、皆さんの想像はそうかもしれないけど、実際は最近それをあまりやらない。

 土曜日朝は何時も7時に起きる。
休みの日くらいゆっくり10時ごろまで寝てりゃ良いのに、貧乏性なんだろうね、いつもと同じ時間に、目覚まし時計も鳴らないのに起きちゃう。
起きたらコーヒーを入れて、パンを食べる。
とんまが大抵日本から色んなパンを買ってきてくれているので、それを食べるんだ。
それからおもむろにPCを点けて、「健太、、」を確認。コメント返しをする。
そして「イベー・オンライン・オークション」をチェック。
自分の品物が掲載されている時は、値段がどのくらいに上がってるか確認。
こいつがとても楽しみ。

 それからゴルフをTVで見る。
贔屓の選手がいればかなり集中して見るけど、大抵は平行して何かしている。
例えば「イベー・オンライン・オークション」に載せる品物の写真を撮ったり、そのDescriptionを書く(もちろんこれは英文)。
これを2,3商品掲載しようとするともうお昼になる。
夏の間は(ハワイにも夏はあります、、)素麺かなんか茹でてランチにする。
午後はギターの練習。
健太は元・プロのギタープレーヤー。
でも「テケテケ・サウンド」と言って実に古いサウンド、、、(汗)!
これを何とか新しい技術を身につけようと、無駄な努力をしてるって訳、、、(涙)!!
って言うか、ギターの練習にはいろんな意味があるのさ。

1)下手なギターがこれ以上下手にならないようにする。
2)指の運動は脳の活性化に繋がり心臓にも好影響を与える。
3)音楽は右脳を鍛える。
4)弟子がいるので、これにしっかりとした技術を伝えたい。

 あとは弟子たちのための教材つくり。
何か課題曲を決めて譜面を作る。
譜面が出来たらその譜面にしたがってバックミュージックの製作。
生徒はギターとベースなので、バックミュージックにはその曲のドラムとキーボードの音を中心に入れておく。
生徒はそれをバックに練習するって訳。

 以前はこれだけで良かった。
しかし最近はこのブログがあるじゃないか、、、(汗)!
一週間分の記事全部は無理でも、少しは書いておく。
じゃないととても毎日更新できない。
そして当日のブログの写真を撮りに出たり、買い物に出たり、、。
それとこの3年ほど、ムービーマンとの映画と夕食が夕方6時ごろから10時ごろまで入ってる。
これであって言う間に一日がたってしまうんだなー。
洗濯や掃除も時にはやるしね、、、。

 日曜日もそれと大差は無いけど、「イベー・オンライン・オークション」に商品を掲載してあれば、質問が沢山入る。
例えばギターを出していれば、
「何年製作?」「キズはいっぱいありますか?」「イタリアまで送ってもらえ、ますか?」「その場合の送料は」、、、などなど。

 それでも時間はまるでたらない、、、。健太君、一体どの位休みがあれば足りるんだろうか、、。

 写真は今日のワイキキ・クヒオビーチ前。ジリジリと夏の日差しが朝から照りつけていた、、。


| | Comments (9) | TrackBack (0)

August 03, 2006

ハワイのコンド、まだ上昇中!

Imgp0426

 今朝のホノルル・スター・ブルテン紙の報告によると、オアフ島のコンドミニアム平均価格が32万9000ドル(約3800万円)の新記録を樹立したとある。
一方一戸建て住宅の平均価格は66万ドル(約7590万円)。
それでも売り上げ戸数はコンドが12.8%のダウン、一戸建てが8.5%のダウン。
つまり値段は上がってはいるものの、販売戸数は下降線をたどっているって訳さ。
健太ととんまも現在住んでいるところが手狭になって来たので、何とか引っ越したいと考えてはいるものの、どう考えても今は買い時じゃない。

 カカアコ地区(アラモアナの西)、ニールブレジデル・センター界隈では新しいコンドの建設ラッシュ。その殆どが高層ビル。
きっと高層階の景色は素晴らしいに違いない。
でもコンドの平均価格が33万ドルと言ったって、その新築コンドはとてもそんな値段じゃ買えないよ!
最低でも50~75万ドル。でも最低じゃ階数も低いだろうし、先ず100万ドルは払わないとそこそこのところは買えないだろう、、。

 ハワイの初任給は職種にもよるだろうけど約$1600~$1800(税込み)。
10年働いてスーパーバイザー(主任)に昇進しても精々$2500(税込み)程度。もちろんボーナスは無い。この程度の収入じゃとてもそれらのコンドを買うなんて夢のまた夢、、。
だからこれらのコンドは殆どみんなハワイの住民のものじゃないんだ。

 こんな矛盾は何とかしたい!
こうした場合のアイディアは頭をシンプルにして考えた方が、その本質を捉えていい結果が期待できる。
例えば過去何年かハワイ州の税金を払っていない者がハワイのコンド買う場合は、
2戸買って、1戸をハワイに寄付しなきゃいけないとか、、。
高額の税金を取るって方法も有るけど、その税金の行方がはっきり見えないので良くない。下手したら役人たちの懐に入ったり無駄使いに消えちゃったり、、!

 業者に言わせれば、
「そんな事したら、売れるものも売れなくなる!」って言うだろう。
結構じゃないか!
売れなければハワイは何時までも美しい自然が保たれることになる。
あんた達の金儲けのために、我々ハワイの住民が翻弄されるのはもう沢山だよ!

 写真はアラモアナの西、新コンド群。正面は大分前に出来たナウル王国のナウルタワー。その手前一番左が完成真近の「ホクア」!

 


| | Comments (10) | TrackBack (0)

August 02, 2006

ワイキキのホテルは繁盛してるけど、、

Imgp0413
 
 健太の勤めるホテルは現在改装中なので、使用できる部屋数が30%程減っている。
そんな訳で直ぐにいっぱいになっちゃう。営業マン健太、売るものがない。
それでも外回りをしないとならない。つまり将来の分を売り歩く訳だけど、当然得意先を訪れれば、「今現在明日の部屋が欲しい!」って言われちゃう。
そこで「No、今何も売るものがないんですよ、、、」
なんて言っちゃうと、
「じゃ、何しに来たんだ!」
て事にもなる。

 客商売で難しいのはこの「No!」を言ってしまうと、「あいつは駄目さ、何時聞いてもNoって言うからな。肝心な時に何の助けにもならない!」
なんて囁かれちゃう、、、。

 「あの人は凄いセールスマンだ。彼の業績は凄い、、、」
なんて事をよく耳にする。
これには一寸意義がある。

 占いには健太も結構興味がある。
占いを見てもらうと、「何年、何月、何日生まれですか?」って聞かれる。
それに応えながら何時も、疑問に思う、、、。
<それで運勢、俺の人生が本当に占えるのかよ?>
ってね。

 つまり、それで全てが占えるなら、同じ年、同じ月、同じ日に生まれた人の運勢は皆同じになるって事になっちゃう。
山田も田中も渡辺も井上も、、同じ年、同じ月、同じ日に生まれたら「皆同じ運勢が出ちゃう!」ってこっちゃないか!
<そんな馬鹿な!>

 若い頃はそう思っていた。
しかしそれは結構正しいって事が最近になって分かってきた。
人はいろんな個性があって環境があって 、夫々違う生き方をしている、、。
いや、実は一見違うように見えるだけで、実際にはそれほど違わないんじゃないのか、、、。
人はその時代時代に大きく作用されて生きてゆかねばならないからだ。
例えば、「バブル景気だ!」って言っちゃあ皆生活水準が少し上がったり、「戦争が始まった!」って言っちゃあ皆苦労させられる。
その他大自然の現象、地震、津波、台風などには、大体皆同じように影響を受ける、、、。

 日本がバブル景気だった頃はワイキキのホテルの日本人セールスマンは出来る奴も出来ない奴も、皆一様にそれなりの成績が上げられた。
しかし景気が一旦冷え込むと、一人だけ成績を上げられるなんて至難の業!
911のあと、それがはっきり証明された。
あの時、ハワイのホテル営業マンでしっかり成績を上げられた人が一体何人いただろうか?
なにしろ飛行機に乗って旅をしようと言う人の絶対数が少なかったんだから、、、。

 現在ハワイのホテルは絶好調。
特にアメリカのマーケットは飛ぶ鳥を落とす勢い。
しかし、アメリカ景気の冷え込みもそろそろ囁き始められている。
「みんな今のうちに、何か対策を練っておいた方が良いんじゃないのかなあ、、、?」って思うのは健太だけだろうか、、、。

 写真は今日のワイキキのプルメリアのつぼみ、そしてダイアモンドヘッド。今日も暑かったー!

| | Comments (14) | TrackBack (0)

August 01, 2006

ハワイのナイトクラブ事情

Imgp0376

 ご存知のように健太はハワイで長年(1970~1980)ミュージシャンとして、活躍(?)していた(笑)!
出演先はいわゆるナイトクラブ。
つまり10年間にわたって、夜の世界に浸っていた訳だ。
その間、色んなハプニングがあったけど、それは 健太の、、、PartIIを見ていただくか、そのほかの話もまたの機会に報告させて頂く事にしよう。

 ま、そんな関係もあって、ミュージシャンを辞めたら、夜中クラブやカラオケなんかに行くのが億劫になっている。つまりあの雰囲気にいると「仕事をしている」感覚に陥っちゃう。
従って過去20年間そうしたところをなるべく避けて来たきらいがある。
それでも、多少は夜のネオン街(ハワイはネオンがほぼ禁止!)、ハワイのナイト・クラブ事情報は持っている。
そういうところが好きな人から絶えず情報を入手しているからね(笑)!
ハワイのナイトクラブ、美人もいるかもしれないけど料金は決して安くはないよ、、(笑)!

 クラブ・エンジェル  ワイキキ・インペリアル・ホテル内
大体4人で2、3時間いて請求書は$800位。
クラブ・瀬里奈  キングストリート   
 料金はほぼ上と同じ。
クラブ・アイ  ワイキキ・パシフィック・モナーク
 4人で2,3時間いて$1000一寸。
ラビアン・ローズ   ケエアモウク(中華パンダのビル)
 ここも 4人で2,3時間いて$1000一寸。
ナイアガラ(韓国クラブ)カピオラニ通り
 4人で $1000~$2500と幅が広い。

 ってな具合で、とても健太個人の金では行けません!
また会社も最近はこう言う交際費を出さないので、誰かスポンサーがいて連れて行ってもらわないと大変な事になる!
たとえスポンサーがいてもやっぱり夜の世界は仕事をしてるみたいで、あまり行きたくない、、、。
カラオケを歌っても仕事してる見たいなんて、かわいそうな健太です、、(汗)!

 日本でどうしてもそうした処に行かなきゃなんない時は、健太は顔のきく銀座の「パールメール」におじゃまする。 「荒木師匠」って言う美人ががいるからね(笑)!

 写真はワイキキの空。丁度ビジネス・プラザの前辺り!

| | Comments (29) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »