« November 2006 | Main | January 2007 »

December 31, 2006

「太陽がいっぱい」、今日のハワイ!

Eiga_ongaku

 日本はもう正月。こっちはまだ晦日、、。
久しぶりにとんまと家にいて2人で古いCDなんかを聞いている。

 ドリス・デー、ナットキング・コール、ライチャース・ブラザース等など、健太が中学生の頃の音楽、いや、もっと古いかも知れない!
中でも「不滅の名作映画音楽全集」なるCD !
昔の懐かしの映画音楽集だ。
今日のワイキキは快晴だけど凄い日差し!
一寸陽の下にいるだけで腕や顔が真っ赤に焼ける。

 とんまとベランダに出て布団を乾すことにした!
がんがん照りつける日光、情け容赦ない。
ベランダ中に広げた布団、「太陽をいっぱい」浴びている!
そして気持ちが良さそうに伸び伸びと膨らんで行く布団たち、、、(笑)。

 流れている音楽はあの世紀の美男子といわれた、
「アラン・ドロン」主演映画のスクリーン・ミュージック、
そう、「太陽がいっぱい」、、、。
メロディーには、ジリジリ肌が焼ける様子が見事に表現されている。
正に「太陽がいっぱい」だ!
あの映画皆見た?
思春期の健太が死ぬほど感動した映画!
今見直したら、きっと別にどうって映画じゃあないと思うけどね、、(笑)!
 
 健太もとんま、来年もこの「太陽がいっぱい」の国、ハワイで頑張ってゆく、、、。
2007年が皆さんにとって良い年になりますように、健太ととんまで遠いハワイの空から祈ってます(笑)!!

 写真はその「太陽がいっぱい」のワン・シーンで、「アラン・ドロン」が写っているCDジャケット。 

| | Comments (14) | TrackBack (0)

December 30, 2006

アメ車はかっこいい!!

Dsc09718
 
 とんまが今朝大阪のフライトから帰ってきた。今年最後のフライトだ。
帰ってきたら「車を見に行こうか?」って事になってた、、。
健太ととんまの車、2台ともかなりがたが来ている。

 とんまが家に帰ってくるなりその足で車屋へ直行!
新車中古車、あちこち見て回ったけど、「おびに短し襷に長し」、、、。
どうも買いたい車が見つからなかった。

 でもその中で1台だけ健太の心を無性にかき乱した車があった。
健太の世代はアメ車にあこがれた年代だ!
それも60年台の後半大ブレークした「フォード・ムスタング」!
アメ車の歴史に残る名車の一つさ、、。
そのリメイク版がが中古車ラインに並んでるじゃないか!

 見てくれ!かっこいいだろ!
ウィンドウーにも有るように2006年の車。
マイレージも低い!
ダッシュボードも昔のムスタングを模した物だけど、更に今風のセンスを取り入れた洗練されたスタイル。
でもさ、アメ車は3年も乗るとお陀仏って事が多いんでねー、、、、。
何とか財布の紐を締めてまま車屋さんを後にした、、、(汗)。
危ない危ない、、、、。

 でもやっぱかっこいいよなー、、、(笑)!

| | Comments (15) | TrackBack (0)

December 29, 2006

ワイキキの年末、、

Dsc09709
 
 さ、あと2日で新年!
今年は何とか「Hanging there、、、」だった。
意味の分らない人は昨日のアップを見てください(笑)!
ふんじゃあ来年はどうなるか、、ってーと、
とんまが先週日本で見たTV 番組での「細木数子女史」の占いによると、
来年は健太にとって素晴らしい年になるそうだ。
お金がいっぱい入って来るんだってさ、やったね(笑)!

 「当たるも八卦、当たらぬも八卦」って言うけど、
ま、健太の場合良いことは全部信じちゃうんだ(笑)!
実は来年は健太にとって(あくまでも健太にとってはです、、)大きな計画がある。
これが成功するかしないか、、、細木さん宜しくお願いします(笑)!
もちろん皆にも、後々その報告をする事になってくると思います。どうかお楽しみに!

 今日は仕事納め。お世話になってる旅行社の一部に挨拶に回った。
かつてのハワイの旅行社はこの時期オフィスにおじゃますると、怖い目で見られた。
正月は掻き入れ時、ホテルの営業なんかに来てもらっちゃ迷惑!って目つきだった。
しかし昨今の年末年始はさほど忙しくない。
皆さん快く挨拶を受け入れてくれました(笑)!

 今年の紅白でひとつだけどうしても見たいシーンある。
健太は「今井美樹」の大ファン。
しかも健太の大好きな「プライド」を歌ってくれるって言うじゃん!!
そればかりじゃあない、
彼女の旦那「布袋氏」もギターで(多分)共演するみたいだからね!

 写真は年末、つまり今日のワイキキ。晴れたり降ったりでした、、、。これは晴れ間の出たとこを逃さず狙ったワンショット!
手前がワイキキ・ビジネスプラザ、そして向うがワイキキ・トレードセンター、、、、。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

December 28, 2006

わーっ、虹だ!!

Dsc09712

 英語ってやたらカッコイイよね!
健太「How are you doing?」
同僚「Hanging there、、、」

 直訳すると、
「どうしてる?」
「その辺に引っ掛かってるね、、」
なんてカッコイイ表現なんだ!
つまり同僚は、
「何とかやってるよ、、」って答えてるわけだけど、
その英単語を聞いただけでその同僚の情況が手に取るように分かる!
その一言でサラリーマンの悲哀すら感じるだろ?
 
 初対面の人と、日本語だと
「始めまして!」
英語だと、
「Nice meeting you」或いは「 Nice to meet you」
英語の方が言葉に広がりを感じるよね!
この挨拶をしている2人の未来も見えるような気もする、、、。

 かと言って英語も良いことばかりじゃあない。
時としてその情況を相手に、1から10まで説明しないと通じない場合が多い。
日本人は「1を聞いて10を知る」、の例えのようにかなり会話を端折っても相手に通じるし、返って1から10まで説明されると、
<そんあこたあわかってらあ、、>
って思っちゃう。
英語の場合、例え相手が分かっているはずの内容でもちゃんと1から10まで説明しないとならない事が多いのさ、、。
面倒だって言やあ面倒だね、、。

 それと日本語には「現在、過去、未来」程度の表現で何とか会話も成り立つけど、英語には現在完了形、または現在完了進行形やら過去完了形、日本語に馴染まないない表現があって、慣れないとこの辺がごちゃごちゃになる、、、。

 ってなわけで、ここで健太のブロークンイングリッシュの出番となる訳さ、、、、(笑)!

 写真は帰宅時に久しぶりにお目見えした虹。それも大きく弧を描いていた。やっぱりハワイにゃこいつが似合う、、、、、(笑)!
 


| | Comments (14) | TrackBack (0)

December 27, 2006

ハワイで毎日楽しい日々を!

Dsc00337
 
 何時も考えてきた、、。
どうやったら楽しい人生を送るれるか?
美味しい物を食べて、あちこち旅行に行って、面白い映画を見て、とんまと仲良く暮らして、ギターを楽しく弾いて、、、。
 
 しかし人の欲には際限がない。
面白い映画を見れば次はもっと面白い物を求め、もっと美味い物が食べたくなり、ギターももっと上手く弾きたくなる、、、。
でもそんなに全てが上手くいくわけがない、、、。
美味い物ばかり食べても飽きるだろうし、次に見る映画はもっとつまらない物かもしれないし、年齢と共にギターが下手になるかもしれない、、。
でも、それじゃこの辺で妥協して満足しよう、、、何て思うって事は欲を抑えてる事になる、、。
欲をおさえるって事は自分の前進を止めてしまうってこと、、。

 そこで先ず映画や食べ物、旅行など、他人の関わる物は自分ではどうにもならないって事を再認識しなければならない。
それとこの世の中、ただ黙っていても、向こうから楽しい事なんかやって来やしない!
つまり自分で「楽しい人生」を作らなきゃならないってこった。
全て自分次第って事だよ。

 ここまで来ると人間、どうやら「努力」が必要らしいってことに気が付く。
美味しい物がなければ自分で作れ!
ギターが上手くなりたきゃもっと練習しろ!
お金がもっと欲しけりゃ頭を働かせてどうしたら稼げるのか考えろ!
面白い映画がなきゃ自分で作ってみろ!
それらが無理ならほかの事を考えろ、、、って事だね。

 「努力」って時々どこかに「悲惨さ」を伴っているように思えてしまう。
確かにそういう「努力」ってのもあるかもしれないけど、目的地に着きたきゃそういう類の努力は避けるが賢い。自分が辛くなるし途中でめげてしまうかも知れない、、、。
健太におけるギターの努力、、、。
もちろん好きな事なので、練習は嫌いじゃないけど、幾ら好きでも時にはうんざりする事だってある。
そうならない方法、、、

 子供の頃の健太は野球が好きで、作文には「プロの選手になりたい!」なんて事を書いていた。
あの頃野球をしていると、時の立つのを忘れ、空腹を忘れ、ただひたすらに日の暮れるまでやっていたっけ、、。
それでも疲れも感じなかったし、楽しくて仕方がなかった。
あれさ! あれだよ!
先ずその目的のものを「好きになる」事だね!
またギターの話しに戻して申し訳ないけど、
好きなギターをただ練習するんじゃなく、好きな曲を練習するんだ!
そうすれば努力をしているなんて感覚は毛頭なくなる、、、。

 最近「脳を鍛える50の秘訣」(さっき間違った題名書いちゃいました。これが正しい題名です)なる本を読んだ。
そこにはたった一つのことしか書いてなかった!
「何事も、好きになること。それが頭をよくする唯一の方法!」
 
 さてハワイ・ルンルン男健太、今日も大好きなワイキキを行く(笑)!

 これからマリオットの三世でディナーなんで写真は後で載せるね!

 今三世から帰ってきました!!
写真上は昨日とんまが登ったダイアモンドヘッド頂上からの写真。やっぱ何時見ても良い景色だよねー。健太は仕事でいけませんでした、、、(涙)!
下はさっき三世で健太が頼んだ「鴨のブレスト」、美味そうだろ、、(笑)!  

Dsc00344
 

| | Comments (8) | TrackBack (0)

December 26, 2006

ハワイは遊ぶところ、仕事は、、

Dsc09676

 仕事がしたくない、、。
3連休で頭も体も「仕事モードに切り替わりたくない、、、」って言ってる。
<何を甘えているんだ!どうせまた今週末も正月休みの3連休だろ、がんばれ!>
そう叱咤激励の自問自答、、、。
人間一旦楽をするとすぐに怠け癖が付く!

 しかしこの「怠惰感」、どうやらあの「アンティバイオティック(抗生物質)」のせいもあるようだ、、。先週末からあの薬を飲み始めてから、腰痛は緩和されたけど体調は優れない。
吐き気とまでは行かないまでも、かなりの不快感を体は訴えている、、、。
あれを摂ると何時もそうなる。

 とんまは一切「抗生物質」を受け付けない。いや、薬が一切駄目。
風邪を引いてもただじっと寝てるだけ、、。
一度とんまがぶっ倒れた時、医者はとんまの「抗生物質」アレルギーを知らず投与してしまって、
生死を彷徨う大変な事態になった事がある、、、。
つまりあの薬を摂ると、とんまに限らず、人の体に何か異常をきたす作用があるのは間違いない!
でも健太はこの「抗生物質」を1月1日の夜までのみ続けなければならない、、(涙)!

 何の病でも、抗生物質は一旦摂ると体内の菌が全滅するまでのみ続けなければならないそうだ。
良く風邪で「抗生物質」を摂って、体調が回復して来たので途中でやめちゃうケースがある。
これをやると、菌が「再発」する可能性が出てきて、その時また薬を飲み始めても既にその薬が効かなくなってしまうと言う、、。

 とにかく来年は「腰痛」ともおさらば、健康第一を目標に頑張りたい!

 写真上は昨日行った「アトランティス」の底抜けに明るいバーテンダーたち。カメラを向けただけでポーズを取ってくれた(笑)!
下は健太が食べたステーキ&ロブスター、とんまが食べたステーキ&クラブ。

Dsc09677
Dsc09678
 

| | Comments (9) | TrackBack (0)

December 25, 2006

メリークリスマス、From Hawaii !

Dsc09673

 クリスマスデー!
うーむ、あっちこちみんなお休み。
でもニュースによるとワイキキの店や「ドンキ」はやってるってさ(笑)!
健太はLAからの友達が来てるので、こからワイキキDFSの近くに新しく出来たレストラン、
「アトランティス」に行ってきます。
でも今健太は例の「抗生物質」を摂っているので、アルコールが一切飲めないんだなー、、、、(涙)!

 じゃ、行ってきます、、、(笑)!

 写真は健太のうちから見た、素晴らしく晴れ渡った今日のホノルル!

| | Comments (14) | TrackBack (0)

December 24, 2006

楽園ハワイも、健康第一!

Dsc09669

 長年健太の胃腸の調子が良くなかったので、
去年内視鏡を入れてもらって検査をした。
その報告は去年したので覚えてる人もいるとおもうけど、、。
結果、いわゆる「パイロリ菌(ピロリ?)」を発見。胃潰瘍と判明。
その「パイロリ菌」を殺すために「アンティ・バイオティック(抗生物質)」を10日間飲まされた。
10日後には目出度く「パイロリ菌」は死滅健康が取り戻せた。

 と思ってた、、。
でも、例の腰痛はあるし、今年の春ごろから去年まで感じていた「腹痛」「背中の痛み」が感じられるようになった。
<「パイロリ菌」は殺したはずなのに、、またどこか違うところがおかしいのかも知れない、、、>
何とか暫く(半年以上)我慢をしていたけど、先週たまらなくなって医者行った。

 「先生!全く去年と同じ症状があるんですが、菌が再発したんじゃないでしょうか、、?」
ドクターKは髭顔のいかにも名医といった風体。
じっと健太の目の奥を覗くようにして、
「いーや、そんな事はまずないんだがね。しかし君は去年調べた時「胆石」があった。多分そいつが暴れてるんじゃないのか?」

 そういえばその「胆石」もおかしな話なんだ!
内視鏡を入れたついでに「ウルトラサウンズ」で胆石などのチェックもした。
その時、「ウルトラサウンズ」で検査中技師に健太は聞いた。
「どうですか、何か見つかりましたか?」
技師は「つらっ」として、
「イーや、何も無いねえ、、、」

 しかし、その後ドクターKに行って結果を聞きに行ったら、
「君、胆石がある。どうする、手術するか?」
<一寸待ってくれ、だって技師は何もないって言ってたんだ!>
「先生それより、胃カメラを入れてください!」

 自分の体は自分でわかる事もある。
ドクターKはその時一応健太の要望を入れてくれて内視鏡を入れた。
結果「パイロリ菌」を発見したと言うわけなのさ。

 そんな訳で今回も、ドクターKの胆石云々を無視して、
「先生、とにかくもう一度『パイロリ菌』の検査してください!」
と嘆願!
仕方なく健太の言うことを聞いてくれたドクターK。

 するとどうだ、案の定前回とは種類の違う「パイロリ菌」が発見されたと言う!
自分の体は自分である程度は分かる。
去年と同じ症状があるって事は、同じ原因って可能性が大だよね、、?

 さて昨日から飲みだしたその「アンティ・バイオティック」、
効果抜群!胃の痛みも腰、背中の痛みも驚くほど消え始めている!!

 皆さんあまり医者の言うことを鵜呑みにしないように、、!
楽園ハワイも、健康第一、、、(笑)!

 写真上は今日のダイアモンドヘッド近くのハイビスカス。

 

| | Comments (12) | TrackBack (0)

December 23, 2006

のどかなホノルルの山景色、、、

Dsc09651

 とんまよりとんまな健太、、。
色々へまをやる。
健太の趣味はご存知の通りギター。
ギターを弾いたり、集めたり、改造したり、、。

 現在の蒐集数は60台。
多すぎるというなかれ!
あくまでも職をなくしたとき、これで食ってゆく為。

 こいつをオンラインオークションで売り買いすれば、何とか生活はやってゆける。
「健太のワイキキだよ、おっかさん! PartII」をお読みの皆さんには、分っていただけてると思う。
何の保証もないアメリカでの生活、日本人である事自体が既にハンディキャップ、
それでもしぶとく生きてゆかねばならない!

 そんな訳で今日は、一台のエレキ・ギターを改造しようと奥から出してきた。
このギター、実は少々問題がある、、。
Made in USA とは書いて有るけど、なにやら音が悪い。
こいつを少しはまともな音にするには、良い「ピックアップ」を付ける事でかなり改良できる筈、、、。

 早速ギターに付いている「音の悪い」ピックアップをはずして、
この前ebayで落札しておいた、それ程高価ではないけど音のいいと評判のピックアップを付けようとした。
しかし、サイズがかなり違う。
ピックアップそのものはぴったり嵌るけど、ワイヤーが太すぎて、ボディーに空いてる穴に通らない、、。

 ここで必要な作業はそのワイヤーを通す穴を大きくしてやらなきゃならない!
幸い健太は強力な電気ドリルを持っている。
早速通電してギターの内部の穴を広げようとドリルを回した、、。

 「ガガー!」
ドリルは強力な勢いで回る!
ドリルをボディーに当てる健太、、、、。
「わーっつ!」

 ドリルが強力すぎてワイヤーを通す穴が一気に開いたのはいいけど、
勢いあまってボデイーの表まで穴が開いちゃった!!

 何とかごまかそうと色々試す健太、、、。
悲しいかな、結局はっきりギターの表面の穴ぽこが表からも見えちゃう、、、(涙)!
新品のギターが台無し、、エーンエン、、。

 写真は今日のホノルル山側の景色。山側もなかなか良い景色でしょ、、(笑)!
下は音は良くなったものの、無残にも穴が開いちゃった健太のエレキ、、、(涙)。

Dsc09653
Dsc09660
Dsc09661
Dsc09662

| | Comments (7) | TrackBack (0)

December 22, 2006

暑いハワイで、スカッとコーラ!

Dsc09641

 健太はコーラが大好きだった。
過去形だけど、実は今でも嫌いじゃあない。
暑いハワイ、喉が渇いたら「プシュッ」と缶を開けて、冷たい炭酸を喉に送り込んでやる、、たまんないよなあの味!

 多分1990年代初めに「ダイエット・ペプシ」が発売されて以来かなりの間飲み続けきた、、。
しかし昨今その有害説が新聞紙上を賑わすようになってから、セブンアップ系に変更している。

 さてこの、コカコーラ、ペプシコーラなどのコーラ類は、
発売当時「麻薬」だったそうな!
名の示すと通り『コケイン』が入っていたんだ。
何しろ100年近く前のアメリカの事、まだまだ薬事法などが整っておらず、かなりでたらめな商品が世の中に横行していたらしい。
「コカコーラを飲むと、気持ちよくなって元気になる!」
って言うのが謳い文句だったらしい。
そりゃ「麻薬」が入ってるんだ、気持ちいいに決まってるよね、、。
でも後が怖い、、、!
どうやら当時のアメリカでは『モルヒネ』なんかも街の薬局で誰もが簡単に買えたそうだ、、。

  子供の頃の健太の家には戦前の古い新聞が何故かいっぱいあった。親父が何かで取っておいたんだろうけど、その新聞広告にはでかでかと、
「明日の活力に、ヒロポン!」
なんていう広告が載っていた。
ヒロポンといやあ強力な覚せい剤、麻薬だぜ!

 今から50年も経てば、
「昔はあんな物街のどこでも売ってたんだってさ!」
なんて物が、現在我々が日常平気で使ってる物の中に出てくるかも知れないね、、(笑)!

 写真は開業ま近かい、ルーワース・ストリートの「エンバシー・スイート」。11月開業予定が大幅に遅れている、、。 

| | Comments (10) | TrackBack (0)

December 21, 2006

ハワイの税関

Dsc09627
 
 「とんま」を手元の国語実用辞典で引くと、
<「頓馬」まぬけ、のろま、、>
とある。
うーむ、これってうちの「とんま」と一寸合わないかも知れない、、。
ニックネームの名付け親(中学同級生)は辞書を引いて付けた訳ではなく、あくまでも「ごろ」と「雰囲気」で付けたようだ。
だから「間抜け」なところは当たっていても「のろま」ではない、、(笑)。
どちらかと言うと何事もさっさと物事を解決してゆく性格。
しかし、その「さっさ」が時々「間抜け」な結果を導き出してしまって、「頓馬」と呼ばれる由縁となった、、、。

 そんな意味では健太と良く似ているかもしれない。
とんまに言わせると健太の方がもっと「とんま」だそうだ、、、(汗)。

 じゃ「とんま」はどんな「とんま」をするかって言うと、
以前にも書いたと思うけど、
冷蔵庫で洗濯して、洗濯機にコーラを入れると言ってみたり、お巡りさんが郵便を持ってきて、パスポートで運転。更には銀行で切手を買って、電車で日本に行ってくる!

 電車で日本に行くといえば、ベテラン・スッチー「とんま」としては、日本に行くって事は、本心で一寸電車に乗って行ってくるって感覚らしい。
そりゃ30年以上行ったり来たりしてりゃそんな感覚になるだろうね、、。
さてそのとんま、最近あることに悩まされている。
ハワイの税関だ。

 かつて、日本からの食品は野菜とか、泥の付いたもの、その他特別の物以外は色々と持ってくることが出来た。
野菜が駄目でも驚く事に「イチゴ」「梨」は持って入れるんだ
(みかん、りんご、バナナは駄目です)。
健太もそのおかげで、ハワイにいながらにして新鮮な日本の食品にあやからせて頂いた。
ところがこの1,2年の間に、以前は持ち込めたけど今は持ち込めなくなった物が増えている。

 牛肉加工品、鶏肉加工品、卵製品、等など(豚肉加工品も駄目だと思うけどね)。
これ等を持ち込めないって事はかなり制限される。
例えばインスタントラーメンのスープには必ず牛肉のエキスとか鶏肉のエキスとか、また麺には卵とか使われているので駄目!
税関の係員も良く勉強していて、インスタントラーメンの袋に書いてある日本語の、「肉」とか「卵」なんて言う漢字をちゃんと読めるらしい!
こうして考えて見ると、かなりの物が持ち込めない。
一部の「パン」には卵が良く使われている。
もちろんケーキ類、カステラとか、普通のラーメンも本来は駄目。
知らずに持ち込んでいる人は沢山いるけどね、、、。

 さて税関などお役所仕事をする奴の中には必ず「意地悪」な奴がいて、何かと細かい事を取り上げては文句を言う。
でも、ここでごたごたを起こすと彼らはすぐに「ブラックリスト」に載せようとするから要注意!
一旦このリストに載っちゃうと、毎回つかまって荷物を全部チェックされる羽目になる。
税関なんか早く済ませたいのに、痛くもない腹を探られるんだ。
こんな時に限って何か申告するのを忘れていた物がバックに入っていて、「これはなんだ!」、、なんてことがある、、。
幸いとんまは、何時もきちんと申告しているからそんな事はないけどね(笑)!

 写真上は今日のワイキキTod's、グッチの前辺り。下は今日MAC247でランチをご一緒したトムさん。
健太の食べたガーリック・ラザニア、そしてトムさんの食べたツナ・メルト。なかかなの美味じゃ(笑)!

Dsc09617
Dsc09619
Dsc09620

| | Comments (14) | TrackBack (0)

December 20, 2006

ハワイ線ベテラン・スチー、とんま!

Dsc09611

 健太の奥さんとんまは本当にとんまだ!
この世にこんなとんまな奴がいるとは信じられない!
何故なら、「とんま」である事を本人が認めているんだから、こんな確かな事はない、、(笑)!

 とんまは長年ハワイー日本間を飛ぶベテラン・スッチー。
何時もスースケースをパンパンにしてフライトに出てゆく。
<何であんなにいっぱい物を詰めて行くんだろう、、、、>
健太は不思議で仕方ない、、。

 しかしスーツケースの中身を見てみるとすごく驚く、、って言うか感心しちゃう。
<えつ?こんなものまで持ってゆくの、、?>
って物まで入ってる。
だって、そんな物は機内に用意しているんじゃないの、、って思うものが多い。
例えば簡単な裁縫道具(パンツのゴム紐通し付き)、栓抜き、小さな鋏、ミニ・ライト、筆記用具にメモ用紙、バンドエイド、マーカー、空ペットボトル、傘、ビニール袋、ヒモ類、、、

 仕事中フライト仲間が、
「あっ、あれがあればいいんだけどなー、、、」
なんてつぶやけば、大抵の物は持っているって言うから驚く!
長年のスッチー生活でいろんな場面に遭遇して、
<あれがあれば、、!>
って経験を何度もして来たからに違いない、、、。
正に今では「転ばぬ先の杖」って感じ!

 でもとんまは最近困ってる事が一つある。
機内でお客さんが、
「あのー、ペンを貸してください、、、」
って言ってくるので貸してあげると、ほぼ皆さん返してくれないそうだ、、。
だからフライと先のホテルではなるべくそのホテルのペンを持って帰ってくるんだけど、それじゃ足らないほど皆が返してくれないそうだ、、。
昔は自分がスッチーだからって、気取って高いペンを持って歩いていただけど、あまりにも皆が返してくれず追跡も出来ないので、今は全てホテルの安物ペンで済ませている、、(涙)。

 写真は健太の勤めるホテルの、新しい24時間営業レストラン「MAC247」の店内。
MACの意味はModern American Cookingの略。マクドナルドじゃあないよ(笑)!247は、週7日、24時間営業って事。そして写っているのはマネージャーのジョアンンさん!
下が今日お客さんが食べた「ロブスター・パイ」と、健太の食べた「スパゲティ・ミートソース」。実はあまり期待してなかったけど、とても美味かったです(喜)!!

Dsc09613
Dsc09614


 

| | Comments (17) | TrackBack (0)

December 19, 2006

ハワイ旅行とお化け屋敷、、、

Dsc09609

 人はなぜ旅をするのだろう、、。
多分、日々の生活から逃れて、何か全く日常と違ったものに触れたいのだろう。
そうすることによって、現在の自分の生活を振り返ったり、次のステップのための起爆剤にしたいに違いない、、。

 健太達が子供の頃、夏になるとあちこちで「お化け屋敷」なる小屋が掛かった。
それらのお化けが作り物であるのは分かっていながら、何故かその類の小屋に入るのがとても怖かった。
それでも親に小使いをせびっては、悪坊主どもを誘ってよく行ったものだ。

 小屋に入る前は背筋がぞくぞくして、それでいながらどこかにある種の「期待感」でわくわくもしていた、、、。
<何か、健太が今までに見たこともないような、凄いものに出会えるんじゃないだろうか、、、>
結局そんな特別の物に出会える訳もなく、
その小屋を後にするんだけど、それなりに不思議な満足感を味わえたのも覚えている。

 少し例としては突拍子なかったかも知れないけど、
旅はその「お化け屋敷」とどこか共通しているような気がする。
つまり「非日常」を人々は何らかの形で求めてるんだ。
そうすることで、自分が過ごしている日常を「俯瞰」して見つめて、どこかに異常を見つけたり、新しい進行方向を見つけたりして、考え方や行動を「修正」する、、、、。

 お化け屋敷のお化けは日常の出来事の象徴。
お化けが「ちっとも怖くなかった!」とすればどうすれば怖く出来るのか、、、。
一方お化けが「期待に反して怖かった」としたら、そこから何らかのヒントが得られるはず、、、。

 ここで健太の我田引水が始まる(笑)!

 元来旅とは、何が起こるか分からないもの。
旅先では予測しなかった様々なことが待ち受けている。
しかし、旅に出ようと決めたのは自分。
何が起きようと自分の責任!
それは古今東西を問わず同じ事。

 江戸時代、東海道53次の旅に出た人たちは、ひょっとしたら命がけだったかもしれない。
雲助の襲われたり、蛇の大群に出会ったり、食あたりになったり、、、。
しかしこうした難関を通ることによって、箱根や富士山、浜名湖の素晴らしい景色とも出会える訳だ。
ハワイ旅行は買い物の旅?
それも良いだろう、、。でもそれだけじゃ何だか淋しいよね、、。
自分の明日の糧のために何か役立てて欲しい。
それは、何か自分の予想に反した旅になったとしても、必ずそれを生かして欲しいって事にも繋がる。
旅に出ようと決めたのは自分、とりあえず何が起ころうと自分の責任だって言うことを忘れないで欲しい!

 「機内での席が主人と離れ離れになりました。どうしてくれるんですか!」
「ワイキキのホテルが混雑して、ホテルを変更させられました!お金を返してください!」

 こういうことを言う人は、旅の本来の楽しさを知らない、、。
そういう不測の事態が起きるのが旅、そしてそれを楽しむのが旅なのさ!
日常生活でも何か不測の事態が起きてもそれをポジティブに捉える事で、
人生が大いに変わってくる筈だ、、。

 写真は今日のワイキキ、ロイヤルハワイアン。直ってきたサイバーショットで画素数を一寸落として撮ってみました、、。
 

| | Comments (11) | TrackBack (0)

December 18, 2006

ハワイと芸能人

Dsc09601
 
 さて年末だ!
学校も休みに入ったんだろう、通学で混雑するはずの健太の家の前の通りに全く渋滞が見られない。
健太の仕事も「年末年始」は忙しくなる。芸能人をはじめ日本のお客さんが大挙してハワイへやって来るからだ。

 しかしこの芸能人の扱いほど面倒な物はない。
一つの良い例をここに挙げてみよう、、、。
健太が旅行社に勤めていた頃、ある「有名芸能人」が一般客に混じってやってきた。
一般人とも気さくに話して、和やかな雰囲気、、、。
<芸能人なのに気取らない、感じのいい人だなー、、、>
と、その時思った。

 彼は奥さんと4,5歳の女の子を連れていた。
彼はその子供を連れて、オプショナルツアーに参加希望をしてきた。
一つは「8島巡り」、もう一つは「ポリネシア文化センター」。
事の発端はその「8島巡り」からだった。
「何だって?子供料金がない?そりゃぼりすぎだろう!!」

 8島巡りはその頃確かに子供料金がなった。
確かに彼の一言にも一理はあるもののそれがその会社のポリシーなんだからどうすることもできない。
結局彼はそれをキャンセル、「ポリネシア文化センター」のみ参加となった。

 さてその「ポリネシア文化センター」の催行日、彼はその女の子を連れて集合場所にやってきた。また一般客と一緒だ。
それでも彼は気さくに一般客と歓談していた。
暫くしてバスが来ていよいよ乗車する事になった。
バスには沢山のホテルから客が既に乗ってきていて、その日の「ポリネシア文化センター」ツアーは満席。
結局彼と女の子は一番前の席に座る事になった。
確かにどこか居心地はあまりよくなさそう、、。
暫くして彼は健太を呼びつけた。
「おい、こんな満席のバスに俺を乗せるつもりか!」

 うーむ、「彼は一応有名芸能人」確かに居心地は悪いだろうけど、支払った料金はいわゆる「相乗りバス料金」、仕方のない事、、、。
しかし健太は事情をすぐに会社に報告した。
会社側は、すぐにバス会社と交渉、バス会社の持つ「リムジン」を差し向けた。
もちろん差額請求無しにだ。

 旅行社はいたって「有名人」に弱い。
彼のような客の一言が一番怖いんだ。
「H旅行社はとんでもない会社だ!」など吹聴されてはかなわないからさ。

 そんな具合に、「有名芸能人」の殆どはプライドも高く、扱いにくい。
また例え本人は「素晴らしい人格者」でも、彼らの周りにいる人間(マネージャーなど)が代わりに文句を言ってくる場合が非常に多い。

 余談になるけどその有名芸能人、もう10年以上前に亡くなりました、、。
さてこの芸能人は誰でしょう?、、なーんて(笑)!

 写真は今日のワイキキ、ハレクラニをシェラトンの前から捉えたもの。今日のダイアモンドヘッド方向は雲が多くてあまり良い写真が撮れなかったけど、波は良い波が出ていたようで、かなりのサーファーが楽しんでいたよ、、(笑)!

| | Comments (12) | TrackBack (0)

December 17, 2006

サムス、ドンキ、ロングスへ、、、。

Dsc09591

 クリスマスショッピングもそろそろ終わりに近付いているだろうに、
街はまだまだ買い物客で溢れている。
健太の場合毎年10月の終わりから11月のはじめに日本に行くので、
「ハワイではあまりない物」、或いは「あっても値が張って、
日本だと比較的安く買える物」を前もって買ってきておく。
理由はこのクリスマスショッピングの混雑に振り回されたくないからだ。

 そんなことを仲間に言うと、
「Kenta ,you are so smart!(健太って頭いいね!)」
なんて言ってくれるんで、鼻が高い、、、(笑)!

 それが恥ずかしながら、ちっとも頭が良くなかった。
今年は引越しがその原因を作ったんだけど、、、。

 さっき、会社の仲間のために買ってあるプレゼントを明日持って行く為にラッピングをしようと、
荷物中から包装紙やリボンの入った袋を探そううとしてふと我に戻った。
<いけねー、あの包装紙の入った包み、今回の引越しで捨てたんだっけ!!>
がさばるし、去年と同じようなのを使うのも気が引ける、、、とか何とか言って捨てちゃってたんだ!
<あー健太様としたことが!>
 
 仕方なく包装紙を求めて、嫌々クリスマス・ショッピングでごったがえす街に出て行った健太です、、(トホホ)。
ついでにサムス、ドンキ、ロングスと三軒の店を回ってきちゃった。
結局クリスマス・ショッピングの混雑を嫌々ながらエンジョイして来た健太です、、、(笑)!

 写真上はドンキ前でセンチュリー・センターを捉えたもの。下はドンキ店内。ダイエー時代よりずっと商品の数が多く雑多な感じ、、。ローカルの評判はまあまあのようです、、!

Dsc09589

| | Comments (8) | TrackBack (0)

December 16, 2006

クリスマス、車溢れるホノルル、、、

Imgp0909

 今ハワイは人手不足。
聞こえは良いけど内容を見たら「なーんだ、、、」ってみんな言う。
つまり企業は「安い労働力」を求めているだけ。
求人広告を見て応募しても、ちゃんと生活をしていけるほど払ってくれるところなんてありゃしない、、。共働きで何とか食っていける程度、、。

 ホテルもご他聞にもれず人手不足。
幾ら募集しても人は来やしない。
ハワイのホテルは賃金の安さではトップクラス、、、。
今一番足りないのはハウス・キーピングの「メイドさん」たち。
かと言って、秋葉原の「メイド喫茶」からメイドさんを連れてくる訳にも行かない、、(笑)!
あまりにも切実なので、
とあるホテルでは、「メイドさん」として期間労働者を「秋葉原」からじゃなく、「フィリピン」から呼び寄せる許可を取った。

 しかしこれはハワイの住民にとっては由々しき事態。
外国人に職場を奪われる結果となる。
問題はホテルがもう少し給与体系を良くすれば良いだけの事。

 資本主義社会では企業は金を儲けるのが目的。
企業側は労働者にはなるべく低賃金で働かせて、こき使いたい。
しかしここで日本史で習った決して忘れられない「一行」が脳裏を掠める、、、。
「士農工商。百姓は生かさず殺さず!」
<俺たちは、江戸時代の百姓と同じか!>
そう企業側に言えば、
「何言ってるんだ、そんなひどい事はしていない!ハウスキーピングで仕事をしているメイドさん達だって、家に帰ればTVもあるし冷蔵庫洗濯機、そして車だって持ってるに違いない。充分文化的な生活をさせてるじゃないか!」
なんて言うだろう。

 これだけ先進国の生活程度が向上してくると、ホームレスは抜きにして、一体どんな生活が最低でどんな生活が中級生なのか良くわからない。
只言える事は、最低限インフレ度と同じ或いはそれより一寸上の昇給率が毎年欲しい。
そうじゃないと、人々に労働意欲が沸かないんじゃないだろうか、、、。

 ホノルルの街はクリスマスショッピングで車が溢れている!左にコンベンションセンター、奥にアラモアナホテルが見える。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

December 15, 2006

今度ワイキキが賑わうのはお正月!

Imgp0911

 やっとトレーニングが終わりました。
考えて見れば、400ページのオンライン・クラスから始まって、
更に今週いっぱいホテルのバンケットルームを使ったライブのクラスと試験。
何と長い道のりだった事か、、、、、(笑)!

 今日クラスは午前中で終ったので、早速ワイキキの街へ、、、。
やっぱりカラカウア通りを歩くのは気持ちが良い!
ワイキキを歩くと、
<ああ、健太はハワイにいるんだなー、、!!>
って肌で感じることができるんだなー、、、、(笑)!
日本人の数はホノルルマラソンが終って大分少なくなってるけど、DFSの辺りに行けばまだかなりの日本人が見られる。
その風景を見ると何故かほっとするんだなー、、、。

 とんまは忙しく日本―ハワイを往復して頑張ってる。
毎年年末はいそがしいんだ。でも一寸風邪気味なのが気がかり、、、、、、。
健太は「喉がちょっと、、、」って感じで何とかこらえている。

 ブログ友の「ばってさん」が、息子さんが大学を卒業して日本に帰るのでそのヘルプのために今ハワイに来ているらしい、、。
今朝健太がまだクラスに出席している間にホテルに立ち寄ってくれたみたいです、、。
なにしろ先月は、彼の経営するラーメン屋さん名古屋の「赤座」に2回もラーメンを食べにいったんで、
会えなかったのがとても残念です、、、。
なんてたって、あそこのラーメンの虜になちゃった健太だからね、、、(笑)!
今回の彼の滞在はどのくらいなんだろうか、、、、。

 さ、明日は土曜出勤。
そして夜は、弟子たちのギター演奏発表会だ!
何しろみんな人前で演奏するのは初めてのこと、緊張しているようだよ、、(笑)!

 写真はワイキキ億ション、「ビーチ・タワー」。ここはワン・フロアーに2ユニットしかないんで、とても静かな上に、マウンティン・ビュー、オシャンビューの両方が楽しめる!
ここ、欲しいなー、、、。

 

| | Comments (5) | TrackBack (0)

December 14, 2006

朝のワイキキ!

Imgp0908

 ワイキキの朝は晴れていた。
でも後はずーっとトレーニングクラスに入り浸り。
幾つになっても勉強ができる事はいいことだ!

 クラスにはランチも出てくる。
特に今日のランチは、明日のクラスは午前中で終るので豪華の物が出てきた。
しかしこいつが困り物、、、
つい美味しいので沢山食べちゃうだろ!
それで太るのはまだ良い、
食べ終わった後午後の授業が眠くて仕方ない、、、。

 あくびをしては「いかにも聞いています!」って
顔をしてインストラクターを見ては頷く、、。
でも頭は何にも動いてないんで彼女の話している内容は全く理解していない、、(汗)。
まいっか、明日で終わりだ!
「授業中の態度が悪い!」なんて言われたってどうせあさってには彼女はメインランドに帰っちゃうだ。
「旅の恥、かき捨て!」じゃなくて、
「旅人に恥、かき捨て!」だ、、、(笑)!

 授業の内容は昨日書いた通りだけど、
時々面白いジョークを入れてくれるのが良い。
そのジョークをここに載せようとしたけど、業界の専門的なジョークなんでやめました、、(笑)!

 写真は今朝のワイキキ、クヒオ通りからビーチ方向へ。左にマリオット真ん中に緑の三角屋根セント・オーガスティン・チャーチが見える。右はフォスターワー!


| | Comments (8) | TrackBack (0)

December 13, 2006

だから旅行社が必要なんだよ!

Imgp0810
 
 さて今日も朝から晩まで「マネージャー・トレーニング・クラス」に参加した。
何しろ世界でも名だたるホテルチェーンのインストラクターだ。
「自分の教える事は絶対正しくて、業界でもトップクラスの教育プログラムだ!」と言いたげに胸を張ってやって来る。

 内容は確かに多岐にわたってしかも細かく授業をしてくれるけど、どこかリアリティーに欠ける。
空論、、、、実際の営業活動では当てはまらない場合が多い。
何故なら、顧客といえども相手は人間、マニュアル通り全てが上手くいくとは限らないからさ!
特に日本のマーケット戦略からは著しく乖離している。

 「顧客に可愛がられろ!」
なんて言うけど、
一体セールスマンの誰が顧客に嫌われようとするんだろう、、?
「相手に失礼にならないように!、、、」
セールスマンの誰が「失礼な事」を顧客に対してするだろうか、、、。
我々日本人は子供の頃からその辺は結構しっかり教育されてると思う。
特に健太達の年代はね、、(笑)!
時々聞いていてかったるくなる。
要するに「カモンセンス(常識)」に枝葉がついたような内容が殆ど。

 それと顧客の獲得方法も、アメリカの営業方法は直接飛込みで「社員旅行」なんかを自分のホテルに誘致しようとする。
しかし健太のように日本人相手の営業はそれが出来ない。

 例えば「田中建設」なんて会社が、ある地方で羽振りを利かしているとする。
その会社が400人の社員旅行を「海外旅行」にしようと考えていると言う情報が、何処からか入ってきたとしよう、、。
アメリカ国内でそんな話を耳にしたら、アメリカのセールスはそんな時その会社に、
「ハワイ旅行に来て、うちのホテルに泊まってください!」なんて事をやるけど、日本ではそれは無理。
何故なら、その場合の航空券は誰が獲得するの?
殆どの航空券は日本では「ホールセラー」つまり旅行社が確保しているので400席もの獲得は田中建設自身では不可能に近い。
「田中建設」としちゃ旅行社にホテルも航空券も任した方が確実なのさ。
チャーターって方法もないではないけど、その航空会社との交渉は誰がするの?
万が一何とか「田中建設」が自分で400席を手に入れたとしても、出発日に空港までの世話は誰がするの?
400人もの海外旅行グループを上手く誘導するのは大変な事だ。
健太が日本までいって世話をするの?

 100歩譲って何とかそこまでは来たとしても、ハワイに来たら誰が送迎バスを用意するの? ホテルは400人も空港に向えには行かないよ、、。
アメリカ人は自分で勝手にシャトルバスやタクシーに乗ってホテルに来てくれる。
更に100歩譲って、万が一バス会社を健太か「田中建設」が何とかアレンジできても、ホテルに着いたらいたら、
一体誰が「日本語しか喋らない」400人の案内を出来るのさ、、。
オプショナルツアーに400人が行きたい時は誰がお膳立てするんだろう、、。
それに引き換え、アメリカ人は自国語を喋ればいいんだから放っておけば良い。

 だから日本のお客さんには何らかの形で、どうしても「旅行会社」が必要なんだなあ、、。
ホテルにツアーデスクも出してくれるし、ちゃんと添乗員も付けてくれる。
面倒な業務を彼らが全部やってくれるのさ!!
でも個人旅行の場合は一寸事情が違うね。
航空券も送迎も自分たちだけなら何とかなることが多いからさ、、。

 もし今回のクラスが、インストラクターが胸をはれる程素晴らしい物なら、
健太のホテルが一泊$200を顧客に提示した時、殆ど同じ、
或いは1ランク上のクラスのホテルが$150提示してきたら、どうやって相手に勝つのか、、
そいつを教えてほしい!

 $150に$200が勝てるわけない、、、。
よく「付加価値を付けて、、」なんて言うけど、
この一泊$50の差は一寸やそっとの付加価値じゃ、埋まらないよ!
今健太にはその問題が大きくのしかかって来ている。
問題解決法、何とか伝授しいてください、インストラクター様、、、。
それが本当の「教え」、「免許皆伝」ってもんじゃないの、、?

 なんだかこの4日間、健太にとっては無駄な時間のような気がして仕方が無い、、、。

 そんなわけで今日のキング・ストリートからの写真は、前に撮っておいたものの中から選びました!!

| | Comments (7) | TrackBack (0)

December 12, 2006

ホテル・マネージャー・トレーニング

Imgp0900
 
 さて昨日の続です。

 最近ハワイでは電話会社「ハワイアン・テレコム」の請求書が問題になっている。
使ってもないような金額が加算されていたり、サービス料がついてくる。
いや「ハワイアン・テレコム」だけではない。色んな会社で問題は起きている。
こんな場合顧客はどう対処すんだろうか、、。
「その企業に、電話をする!」
ですよね、、、。

 さてこの電話が問題。
指定された番号に電話をすると、
「請求書についての質問は1番、製品についての質問は2番、故障については3番、、、を押してください!」
なんて言ってくる。
例えば1番を押すと、
「国内電話については1番、国際電話については2番、サービス料金については3番、、、」
ってまた言ってくる。
例えばここで2番を押すと、
「ただいま回線が大変混雑しております。暫くそのままお待ち下さい」
なんて言われるから暫く待つけど、一向に相手は出てこない。
5分10分は当たり前、15分待っても誰も出てこない事はざらにある、、。

 こんな場合「怒りを胸に」電話を切らねばならないことが多い。だってそんなに待っていられやしない!
皆忙しいんだ、、。
その日は諦めて、翌日やっても同じこと、、。
結局最後まで相手と話が出来ない。
そんな場合「文句を言おう!」
と思っていた顧客もだんだんその気力が失せて、どうでも良くなって諦めちゃう、、、。

 相手の企業はそれが狙い!
「がたがた文句を言ってくる客の事なんか、いちいち聞いてはいられない!」って事だろう。
「そんならその会社をやめちゃえばいいじゃん!」
そうは言うけど、その会社しかその州にはないとか業界にはない場合が多い。
例えばハワイアン・テレコムしかハワイには電話会社がないのさ。
だからこれだけ携帯が普及してきたら「家の電話なんか要らない!」って言って解約する人もいるようだ。
でも解約するにも、相手と連絡が取れないなんて事もあるよね、、、。
これはたまたま一つの例で、
例えばやっとその文句を言う為の電話が繋がっても、繋がった先がメキシコやフィリピンと、またはインドの「コールセンター」なんて事が多くて、
相手の英語は「何を言ってるのか良くわからない、、」なんてのはしょっちゅう、、。

 もう一つは、オンラインで「文句を言う」ってのがある。
これも大変な作業!
やっと相手のアドレスが分かってメールを送ってもなかなか返事が来ない。
やっと来たら、
「送った請求書を、ファックスで送り返せ!」
とか、
「これは正常なサービス料の請求です!」とか、、。
ファックスで送ると、
「2ページ目が良く見えないのでもう一度送れ!」
とか、きりがない。
そのうちそんな事に関わってる時間が惜しくなって泣き寝入り、、。
健太はこうしたファックスを3回も送った経験がある。
その時は、$1500の返金が欲しかったのに、結局$170しか戻ってこなかった。

 いやー、世の中「弱肉強食」、資本主義社会の悪い面が今どんどん社会に蔓延りだしている!

 今日から金曜日まで、新しいホテルのセールス・マネージャーコースを取らされている。写真はクラスのイントストラクターと、アメリカ本土のセールスマネージャー。クラスは朝7時半から夕方5時まで、、、(汗)。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

December 11, 2006

久しぶりに日本人で賑わうワイキキ!

Imgp0896

 ワイキキの街にこれほど沢山の日本人が溢れてるのは久しぶり。
ホノルルマラソン効果だ。
やっぱり健太達日本人にとってはこういう状態が好ましい。
だってかつては毎日こういう状態だったんだからね、、、。
ワイキキで働く者たちにとって安定した収入に繋がる。

 何故こんなに日本人が減っているのか、、。何時も健太が口をすっぱくしていっている。
エアーのサーチャージとホテル代の急騰。

 例えばツアーに関する全ての値段が倍になったとする。その結果集客が半分になっても収入は同金額、、。
「客が半分になっても、値段を倍にしたんで、入ってくる金額は以前と同じさ。問題ないだろう!?」

 こんなことを言う奴がいるけど、これはあまりにも単細胞。
ワイキキの街の日本人客が半分になるってこった。
これもいつも言っているように、
街で商売している人たちはどうなるの、、?
この人たちも商品の値段を倍に出来るかい、、、?
無茶な話さ、、、。
それと旅行業界で仕事をしてる人たちも、客が半分に減ったんだから半分(近く)に減らされちゃう、、。

 航空会社はエアー・サーチャージを2万円近く取っていて、ガソリンが下がったからと言ってそっちはあまり下げてこない、、。
一旦上がった航空運賃はなかなか元に戻らない、、。
これに関してはどんな業界でも同じような事が起きる。
一旦上がった値段はなかなか元に戻らないらない。いや戻さないのさ!

 これが消費者にとっては大問題!
こうなると消費者も文句を言い出す。
さて、今アメリカに住んでいるとこの「文句!」に関して大きな問題を消費者は抱えている。

 一体どんな問題なのか、、。
明日この続きを書きましょう。
20年前アメリカで起きた事は必ずといっていいほど日本で20年後に起きる!
明日は是非読み逃しのないように、、(笑)!

 写真はロイヤル・ハワイSCで先週改装工事も無事終わってオープンしたFENDI。まん前のビトンがショーウィンドに映ってるでしょ、、(笑)!

| | Comments (10) | TrackBack (0)

December 10, 2006

カメラがおかしい!!

Imgp0893
 
 とんまが健太の誕生日に買ってくれた「ソニー・サイバーショット」がおかしい!
今日も沢山写真を撮ってきたんでアップしようとしたけど一向に画像が取り込めない、、、。
安いカメラじゃないのに。それも調子が悪くて、直しに出して戻ってきたばかりだって言うのにだ!

 さっき文章も全部書いてさて写真を入れよう、、って時に幾らやっても埒が明かない!
そんなことをしているうちにせっかく書いた文章も消えちゃった(涙)!
このソニーのカメラを手に入れてからろくな事がない!

 この前その話を兄貴に話したら、
「健太、それは『ソニー・タイマー』って言うやつさ!」
「なにそれ?」
「ソニーの製品は買って一年くらい、保障が切れた後、すぐに故障するようになってるんだそうだ、、」
「えー、そんな馬鹿な!だってこのカメラは買ったばかりだぜ。第一『世界のソニー』っていわれるソニーだよ!」
「ハハハ、だから困るんだなあ!」

 おいおいいい加減にしてくれ!ケ健太のこの「サイバーショット」ブログじゃ2、3回しか使えてないんだ、、。ずっと古いペンタックスの「オプティオ」で凌いでるんだぜ、、、。

 そんな訳でさっき撮ってきた写真は全部没、、(涙)。
仕方がない今また「オプティオ」で一寸何か撮ってきます、、、トホホ。

 ってな訳で一寸散歩に行ってきました。なかなかいい被写体がないので近所にある「イオラニ高校」のグランドからダイアモンドヘッドの背中に向けて撮ってみました。さすが日曜日、グランドには人っ子一人もいなかった、、。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

December 09, 2006

さようなら、マカリーチャプスイ!

 キングストリートとマカリーの交差点に健太がひいきにしている中華料理店がある。
「マカリー・チャプスイ」
ここのシーフード・スープヌードルが最高に美味い。
ラーメン王国日本のラーメンと並べてもなんの遜色もない!
ところがこの店、今月15日を最後に店じまいをする。
理由はランド・ロードがリースの値段をばか高く請求してきたからさ、、。
その値段をのんで更に営業するとなると、ランチ・メニューを全て倍にしなけりゃならないという。
幾らなんでも、それじゃ客が来ない。

 今日は土曜日、ムービーマンと映画の日。
映画はデカプリオの「ブラッド・ダイアモンド」。
アフリカの無法地帯でのダイアモンドをめぐる冒険アクション映画。
映画の出来は今年のベスト5に入るくらい素晴らしい映画だった。
たった2、3センチの石っころをめぐって殺しあう。
親も子も見境もなく殺しあう、、。そこには人間の欲だけが蠢いている。
人間のばからしさ、、、、。同じ人種同士、いや同じ人間同士、何故殺しあわなきゃならない、、、。
映画は執拗にそれを見る者に問いかけてくる、、、!
デカプリオがとってもいい味を出していた。
健太は元々彼には興味がなかったけど、この映画で彼を見直した。とてもいい演技をしている。

 でその映画の帰りに「マカリー・チャプスイ」によって、お別れの「シーフード・スープヌードル」を食べてきました。
本当に残念です、、、(涙)!

 写真は「マカリー・チャプスイ」のミンさん。何時もムービーマンと健太の「シーフード・スープヌードル」を持ってきてくれる!!ミンさんたち店の人の話では、安くていい店舗が有ればまたどこかで開業すかも知れないとい言っている!

Imgp0888

| | Comments (19) | TrackBack (0)

December 08, 2006

アメリカ日本、文化の差!

Imgp0869

 健太の勤めるホテルのレストランが新装開店する。
そのオープニングセレモニーが今夜中24時に行われるのだ。
つまり金曜日の夜中、、、。

 誰のアイディアだか知らないけど、あほな企画!
会社側は我々に「お客さんを招待しなさい」と言う。
<えつ金曜日の夜中12時に?みんな一週間の仕事で疲れ果てて、やっと帰ってのんびりしよう、、って時にかよ、、、、>
考えただけでもそんな失礼な「招待」は出来ないよ、、、(汗)。

 しかしホテル・オーナーサイドは、
「レストランは24時間営業にする。だからワイキキの新しいスポットとして注目を浴びるのは必定、お客さんを招待して宣伝をしろ!」
って言うわけ。
何でアメリカ人ってこう一方的なんだろう?
相手の事なんかこれっぽっちも考えてない。
同じ招待をするなら、もっと皆が気軽に来れる時間帯を選ぶべきじゃないのかな、、、?
そのくせ色んなマネージャー教育セミナー等参加すると、
「何時も客の事を一番先に考えろ!」
なんて平気で言う、、。

 それとワイキキで24時間営業のレストランは確かに「デニーズ」がカラカウア通りから消えて、何らかの注目は浴びるだろうけど、朝昼晩はともかく夜中に一体何処からそんなに沢山客が来るって言うんだ!
先ずローカルは「ホテル」って言うだけで敬遠してごく一部の人間を除いて来やしないよ!

 ワイキキはリゾート地。真夜中まで起きていて腹がすく人も少しはいるだろうけど、あのだだっ広いレストランがいっぱいになるほど客は絶対に来やしないさ!
一方、だだっ広いレストランなんで従業員が沢山必要、レーバーは高くなる。
メニューを見てみると値段はむしろ安いくらい。
<これで儲かるのかよ?>

 さてそのメニューだ。
昨日ランチでその試食会があった。
メインランドのお偉いさんも参加しての試食会だ。
健太は「ジャパニーズ・弁当」って奴を頼んだ。
出てきたのはあの四角い松花堂弁当なんかに使う箱。
そこには、
ご飯、「しゃけ」のでっかい切り身。
ゴロンと一個「ゆで卵」。きゅうの九ちゃん漬けがちょっと、
一角にパイナップルの小さな切れ端が3つ。イチゴのスライス3枚。
ブルーベリー6,7個。
何故かご飯の上には「刻みねぎ」が振り掛けてある
おいおい何が「ジャパニーズ弁当」だよ!
ハワイではそこいらのテイクアウトで、もっと豪華な弁当が安く買える。
それでもそれを「日本食」と謳われちゃあ文句が言いたくなる物ばかりじゃん、、、!

 健太はそこでお偉いさんに意見を求められれた。
この1月ばかり前からメインランドから沢山シェフがこのホテルに来ている。健太はその連中とはよく挨拶をする。
皆底抜けに明るい感じの良い奴らばかり。
しかしこればっかりは健太は譲れない!
いつも日本に行くとグルメ三昧の健太。こんな物を「ジャパニーズ・弁当」として客に出されちゃ目も当てられない。
なんとも腹立たしいこった!

 しかし、良く考えて見ると健太がハワイのホテルで仕事をして来たなかで、こんな事は別に今始まった事じゃあない。
どちらかと言うと、こんな事の連続だ、、。

 文化の違いって、やっぱり大きな溝なんだよね、、、。
 
 写真は今日のワイキキの風景。またにたような写真だけど必ずどっかは違うよ、、(笑)!

| | Comments (13) | TrackBack (0)

December 07, 2006

ハワイアン・オリンピック?

Imgp0881
 
 今日は朝から雨がしとしと、、、。ホノルルマラソンは大丈夫だろうか、、。
考えれば健太がブログを始めてからもう3回目のホノルルマラソンになる。
このホノルルマラソンがハワイにもたらす効果は実に大きい。
元来リゾートでは12月の上旬はとても暇な時期。それが今ではワイキキ中ホテルはいっぱいだ。
JALの企画としてはベスト。大当たりの企画だった。
こうした人気イベントがもっとあればハワイは集客の心配がない。

 現在ハワイにおけるその他の人気イベントをあげてみると、
「ホノルル・フェスティバル」「メリーモナーク」「祭り・インハワイ」
「センチュリー・ライド」「アロハ・ウィーク」などなど、、、
しかしどれもホノルルマラソンの集客力の足元にも及ばない。
何か他に良い企画はないものだろうか、、、。

 「何が何でもあのハワイのイベントには参加したい!」
そうみんなが考える企画、、、。エアーライン、旅行社、ハワイ州、ホノルル市が協力し合って企画すればきっと良いイベントが生まれる!

 ハワイは世界中の人々を魅了する素材に溢れている。
素晴らしい自然環境は言うに及ばず、
「サーフィン」「フラ」「トレッキング」「ドライビング」「フィッシング」
「トローリング」「ダイビング(スカイ&オーシャン)」「ゴルフ」「スィーミング」「ビーチバレー」「ビーチサッカー」、、、
枚挙に暇がない。
そしてそのどれをとっても、それらをハワイでやる事よって更に人々を感動させる事のできるものばかり!

 健太のアイディアは、
これ等を何らかの形で競技として、
「ハワイアン・オリンピック」と命名、4年に一回開催するんだ!
人気イベントになる事は間違いなし!
もちろんその参加者、観衆で街は潤うし、TVの放映権などでもハワイの大きな収入になる。

 写真はDFSのまん前、両替店の隣にオープンしたブティック。あそこは以前喫茶店があったところです!

| | Comments (12) | TrackBack (0)

December 06, 2006

いじめ &真珠湾攻撃

Imgp0874

 健太は元気いっぱいでしたが、
ココログのメンテで暫くお休まざるを得ず、
ご迷惑をおかけしました!

 さて、いよいよ明日は12月7日、65年前の1941年12月7日朝7時、
日本軍がハワイ真珠湾を攻撃した。
何の前触れもない日本側の奇襲攻撃だった。
全く油断しきったアメリカ軍はその日本の攻撃になす術もなく、一方的に壊滅的打撃を受けた。
アメリカ映画「トラ、トラ、トラ」または「パールハーバー」をご覧になった方はその時大体どんな情況だったか想像できると思う。。
しかしこの2本の映画はあくまでもアメリカ側から見た「真珠湾攻撃」を描いた物。
見る者にとっては、「日本帝国」の一方的な攻撃と取れる。
確かにあの時の日本の行動は世界各国から非難されても仕方がない。

 そこで、この問題を「いじめ問題」として考えて見ると、一方的に日本が非難される事に疑問を持たざるを得ない。
問題の発端は、当時アメリカ各地にいた日系人から始まった。

 ご存知のように日本人は勤勉かつ、何事にも努力する民族。
アメリカに移民した日本人の多くは、寝る間も惜しんで仕事に励んだ。
そんな日本人が成功しない訳がない。
1929から33年にかけてのアメリカ全土で前代未聞の大恐慌が猛威を振るっていたが、日系人はその間も、わき目もふらず努力を惜しまなかったのだ。
しかし、そうした日本人を見て、片腹痛いと嫉妬した白人は少なくなかった。
「日本人は最低の人種!」
と、あちこちの新聞は書きたてた。
その新聞の記事にまるで挑発されたかのように、当時のアメリカ政府は日本政府に辛く当たり始める。
その中でも一番に日本にとって辛かった事は、オイル供給制限だった。
そうしたアメリカの日本制裁に対して、資源の少ない日本帝国は「南進論」「北進論」など、何とかその資源不足を他国侵略で補おうと論議が盛んになっていた。そして既に日本は中国にその触手を伸ばし始めていたのだ。
そんな日本に対して、当時から世界の「警察」を自負していたアメリカが黙っている訳がない。

 アメリカは当時最先端技術を持った情報網を駆使し、日本の行動を見張っていた。
日本軍は自国の暗号は「何人(なんびと)にも解読不可」と高をくくっていたのが大きな敗因だった。
アメリカ軍はほぼ90%の日本軍の暗号を解読。
つまりアメリカは「真珠湾攻撃」を、とうに承知していたのだった!
知っていながらわざと攻撃させた。これが当時のアメリカ大統領ルーズベルトの大きな「罠」だったのだ。
「攻撃してきたのは日本軍 ! 我々は受けてたっただけ!」
世界中にそのメッセージは見事に伝わった、、、。

 だからと言って日本が正しかった等とは言わない。
しかし、「いじめ」はあらゆる角度から、あらゆる手段でやって来る。
健太がいつも言うように、「いじめられる側」にも責任の一端がある、、とは正にこのこと!
あの時の日本には、武力しか手段がなかったのだろうか、、、。
これは現代社会における「いじめ」に対しても、大いに参考になる例だと思う。

 写真上は昨日久しぶりにH1フリー・ウェーの上に現れた虹!下は今日のワイキキ。ホノルルマラソンの参加者がかなり目に付くようになった、、。

Imgp0876


| | Comments (10) | TrackBack (0)

December 03, 2006

ハイビスカス、夕景 &健太の頭、、

Imgp0862
Imgp0867
 
 今日の天気もいまいち、、。
昼のうち一寸晴れっぽかったけど夕方の今、また曇ってる。
これじゃあ夕日も撮れないなあ、、。ま、もう一寸待ってみよう、、。

 さっきまた「スーパーカット(床屋の名前)」で髪を刈ってきた。
先月は日本で1000円カットにので、かっこよくしてくれた。
「スーパーカット」では前にも書いたけど一人カッテイングの上手な子を見つけたろ、
その子、「ローズ」に電話してアポをとってから行った。
名前は「薔薇」ちゃんだけど、、そこまでは素敵かどうかは、、皆さんのご想像に、、(汗)。

 とにかく「スーパーカット」の場所はカピオラニとマカレーの角、、
家から車ですぐ、、、と思って行ったら、
なーんだ「引っ越した」って大きく看板が出てるじゃあないか!!
それならそれとアポ入れたときに言ってくれれば良いのに、、、。

 「Sorry! I thought you know that! We moved out there a month ago,,,」
だって!
知るもんか。先月は日本に行ってたんだから、、。
ま、それでも何とか刈ってもらって時計を見たら、
切り始めてから何と5分しか経ってない!
でも健太は床屋の長いのは苦手!
5分。大いに結構!
それに「ローズ」はハワイでは珍しくバリカンを使わないし、なかなか綺麗にに刈ってくれる。
またハンサム健太誕生だ(笑)!

 ローズが何故先月来なかった?って聞くから事情を説明したら、
「No wonder! but I'm gona go to Taiwan from tmorrow also!」
だそうだ。
彼女はみるからにフィリピン人だけど、ご主人が台湾人らしい。
彼の両親に孫を見せに行くんだってさ。
台湾に行く途中トランジットで成田に寄るらしいので、
「Why don't you stay at Tokyo at least one night!」
って言ったら
「No we cannot afford that! Japan is too expensive! 」

 そうかも知れない。ハワイでの稼ぎなんていつも言ってるように、たかが知れてる。
彼らも共働きだろうけど、航空運賃だけでも相当の重荷になる、、。
JALで行くそうだけど、多分往復運賃$1000は硬い。
子供半額を入れても最低それだけで$2500。
宿泊代は実家に泊まるとしても、あちこち行きたいだろうし、美味しい物も食べたいに違いない、、。
最低でもトータル$4000は必要だ!
ハワイの人たちに取っての$4000って大金なんだ、、、。

 写真は今日撮った近所のハイビスカス。そしてやっと撮れた夕景、、、。
何れも大した美しさではない、、、。健太の刈りたての頭の方がずっと綺麗、、、(笑)!


| | Comments (9) | TrackBack (0)

December 02, 2006

ホテル・マネージメント・テスト、、

Imgp0853
 
 ワイキキは今日一日中雲ってました。
雲って困るのはいい写真が撮れない事、、、。
それと観光のお客さんがかわいそうになっちゃう。
せっかく大金を払ってハワイに来ても天気が悪いんじゃあね、、。
今年の3,4月ごろはひどかった。ハワイ気象観測史上最長、60日間の雨降り、、。
ま、こんな事は滅多にないけど、やっぱり心配、、。

 今健太の部屋から見える景色は夕方の曇った空。
少しでも夕日が見えればそれを撮ろうと思ってカメラを用意してたけど、どうやら無理なようだ。
仕方ないまた今週撮った写真の中から良い写真があったら載せます。
 
 で、結局12月1日に健太の勤めるホテル、Hホテルへの変更はなかった。
変更するのは確実なんだけど、またこれで日付けがいつになるのか分んなくなった。
えーいもうどうでも良いや!
でもさ、Hに変更されるのは確実なんで、健太たちセールスの人間は、Hホテル・オンライン・マネージャートレーニング・コースを受けなきゃならない!

 こいつがまた極悪非道!
自分の空いている時間を利用して、10日までに400頁の英文、
ボキャブラリーがおっぱい、いやいっぱい!
なんと6コース読破しなきゃならない、、、。
更に各コースの試験を80点以上取らないと、次のコースに行かせてくれないんだ、、、トホホ。
ご存知の通り、
健太の英語は究極の「なんちゃってブロークン・イングリッシュ」、、。
400頁の英文は、、、
とは言いながら、実はこの3日間で5コースまで終えた。
もちろん試験は全て86~90、100点!
後一つコースを残すばかりとなった!
ハハハ、何を隠そう実は健太、頭がとってもいいんだよ(笑)!

 写真は昨日のシェラトン・ワイキキの空!抜けるように青かった、、、(笑)!

| | Comments (9) | TrackBack (0)

December 01, 2006

ハワイでリフレッシュしよう!!

Imgp0859_1

 誰もがつい「負けそう」になる事がある。
いろんな問題が降りかかってきて、
<何で自分ばっかりにこんな難問を押し付けてくるんだ、、、神様!>
そう考える事が人生の中で何度もやってくる。
漱石ではないけど、「とかくこの世は住みにくい、、」
確かに生きるって事はそういうことかもしれない。

 ある宗教では悩んでいる者に、
「君の悩みなど極小さな物さ、アフリカの難民は一日の糧すらままならない。それに比べたら君の悩みなんか、米粒ほどもない、、、」。
なんて言うかも知れない。
確かにそれも一理ある。
しかしそんな風にその「悩み」を片付けてしまうと、その悩みの本質が分からず、また将来同じような悩みが自分を襲ってくる。

 仕事の悩み、人間関係の悩み、金のない悩み、、、。
でも良く考えてご覧?それって実は全部自分が作った悩みなんじゃない?

 「虐められている、、!」
そんな悩みがあればその原因を突き止めなきゃならない。
もちろんいじめる相手が悪い。
しかしもう一歩進めて考えるのも必要だろう。
「いじめられてる自分に非はないのか、、?」
大抵自分にも何か問題があるはずだ。
一番の問題は、
「いじめられる弱い自分」だ!
弱いから強い奴にいじめられる。
だったらそのいじめの問題を解決するには「自分が強くなる!」しかないじゃないか!
空手、ボクシングを習うのもいい。
肉体的に強くなるって事は精神的にも強くなれるってこった!
君が空手をやっているとなると、
今までのいじめっ子たちも近寄らなくなるのは間違いない。
嘘だと思ったらやってごらん!

 仕事の悩み。
あんまりその仕事で悩むなら辞めちまえ!
どこか、自分に合う仕事が見つかるまで、10回でも20回でも何度でも仕事を変えればいい!
そんなとき日本の社会ではまだ、
「君は何度も仕事を変えてるね、何か問題があるんじゃないのか君は?」
なんて面接官に言われるかも知れない。
そんな時そいつに言ってやれ!
「それだけ私は沢山の経験をしたと言うことです!能力のない奴に出来ない事です。アメリカでは、一箇所に長年しがみついて仕事をしている連中は能力がないとみなされる事もあります。私を雇って御覧なさいそれを証明して見せます!」
この位の事を言ってやればいい!

 人間関係の悩み。これも同じ。
そんな変な奴ばかりいるところから自分が出てゆくしかない!
世の中は広い。
色んな奴がいて、君のような人間を求めている場所がどこかにある!
なければ一人で生きてゆけ。
孤独に耐えるんだ。
どうせ人間生まれたときも死ぬときも一人じゃないか!

 金のない悩み。
これこそ自分の問題!
金がなければ自分で稼ぐしかない。
給料が安ければ高いところを探せ!
そんなところが見つからない?
じゃ自分で作れ!
そんな能力がない?
じゃ能力を磨け!
そんな勇気も気力もない?
じゃ、死ね!

 一寸過激でした、、(笑)!
しかしどんな時も自分を冷静に見直す機会は常に持って欲しい。
それには、ハワイに来てリフレッシュするのが良い!、
この素晴らしい空気を吸って、
この素晴らしい外気に触れて、
青い空を見て、綺麗な虹を見て(見れないときもあるけど、見るチャンスは大いにあり、、、笑)人々の明るい表情を見て、、、

 きっと何か得るものはあるはずだ、、(笑)!

 今日も何時もと似たようなワイキキの景色でご免なさい、、。でも自分じゃ毎回テーマは変えてるつもりなんですが、、(汗)!

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« November 2006 | Main | January 2007 »