« January 2007 | Main | March 2007 »

February 28, 2007

ワイキキ・パシフィックビーチ・ホテル

Imgp1199
 
 最近、健太が「健太のワイキキだよ、おっかさん!」の健太だって言うことが、ワイキキ周辺で仕事をしてる皆に大分ばれちゃってる、、(笑)!
別に隠す気はなかったけど、分からない方が都合が良い場合もあるかもしれない。
かと言って、別に分かってしまってまずい事も書いてはいない積り、、、。

 ハワイにいる日本人は、皆共通の問題や悩みをかなり持っていると思うので、そう言った何かを健太が書けば、きっと同調してくれる人も多いに違いない。
観光業に従事する人が多いからね!
と同時に日本が「風邪」を引けばハワイが「くしゃみ」をするほど日本とハワイの関係は密接。その共通の話題は尽きない。
そして、ワイキキで仕事をしている半分以上の人は日本のニュースに飢えていて、無料新聞「日刊サン」の愛読者だ。

 このところ続けて森進一の記事がその「日刊サン」に載っている。
持ち歌「おふくろさん」を、作詞家川内康範氏に無断でセリフを入れて歌った、、と言うことで川内康範氏が激怒。彼の作詞した曲を一切歌わせないと言っているらしい、、。
この記事を読んで、健太は何か不自然を感じずにはいられないかった。
<たったそれだけの事で、そこまで怒らなくても良いのに、、、、>

 健太達も森進一と同じ日本ビクターレコードに所属していた。
そのころビクターレコードではTV 番組を持っていて、健太も彼とその番組でよく一緒になったり、地方公演などでも一緒になった事もある。
そのころの彼は出す曲出す曲全てが大ヒット、まさに飛ぶ鳥を落とす勢い!
少しばかり天狗になった時期もあったのは確か、、、。
だから、今回のこの川内康範氏の事件(?)も、多分そうした背景があるんじゃないか、、と健太は読んでいる、、、。
だって、「セリフを勝手に入れた、、」って言うだけでそこまで怒るのもおかしな話じゃないか、、、。

 写真上は今日のパシフック・ビーチ・ホテル。良く見てご覧、今日も空に「イカ」が飛んでます、、(笑)!
下はケアワロ湾のフィッシャーマンズ・ワーフ。かつてここも忙しかった時期があったけど、最近はあまり人が集まらないようだ、、、、。
 
Imgp1204
 

| | Comments (81) | TrackBack (0)

February 27, 2007

ハワイに一度も来たこと無い人、、、

Imgp1195
 
 「ハワイは素晴らしいところです。まだ来た事がなければ、是非一度はおいでください!」
「本当かよ?中国とかヨーロッパや米本土の方が良いんじゃないのか?」
「いや、中国もヨーロッパも米本土も良いところでしょうが、ハワイは世界でも指折りの観光地、やっぱり何処にも負けない『素晴らしいところ』なんですよ!」
「でもなあ、観光地なんて大体ミーハーが行くところじゃないか、興ざめだね、、」

 こんな素晴らしいハワイなのに、なんと80%以上の日本人がまだハワイに来た事がないらしい、、。
ハワイ観光業に携わる健太君としては、なぜまだ沢山の人がハワイに来ていないのかその理由を知りたい、、。

 ま、その理由の一つとしてあげられるのが、あまりにも観光地として有名なので、それだけでも興味が薄れてしまう、、ってのがある。
TVでは毎週のようにハワイの映像が流れてくるし、ハワイに行った人からの話を聞いただけで、
<俺はもうハワイは行かなくても良いや、、、、>
なんて思っちゃう。
日本で言えば「熱海」みたいなもんさ、、(ちと例が古すぎるかなあ、、、汗)。

 でもそんな人たちでも、付き合いかなんか、或いはひょんなことで仕方なくハワイに来て見れば、
その清々しい空気を肌で感じて、深く何処までも青い空を見て、椰子の葉陰で一息して見れば、
「おいおい!ハワイって凄く良いじゃないか!!」
なんて、たちまちハワイの虜、ハワイ病患者の予備軍になる、、(笑)!

 つまり観光ってみんな「視覚」で感じるものと思っている人が多いんじゃないかなあ、、、。
ダイアモンドヘッドを見たり、ワイキキビーチを見たり、、、、。
しかしハワイはそれだけじゃないんだ!
ハワイは目をつぶっていてもその素晴らしさを感じられる!

 今ハワイ旅行は大きな曲がり角に来ている。
ハワイ病患者のリピーターの皆さんだけではもうやっていけなくなりつつある。
だから何とか、まだハワイに一度も来たことがない、80%の日本の人たちに是非来て欲しい!
そうすればその人たちがまたリピーターになってくれて、大いにハワイの観光業もまた活気付くに違いない!

 健太達ハワイの人間は、あまりにもその「ハワイ」の中にどっぷりと浸かっていて、見えない部分があるに違いない、、。

 ハワイに来たことがない人たちを、どうやって取り込むか、、、。
その方法、何か良いアイディアがあったら、教えてください!!
 
 写真は今日のシーサイドストリート。雨もぱらついて、帰宅時にはまた虹が見えたけど、撮るチャンスがなかなかありませんでした、、、(汗)。

| | Comments (28) | TrackBack (0)

February 26, 2007

チョコレート・フロム・フランス!

Imgp1174

 健太の勤めるホテルには色んな人種が仕事をしている。
ローカルやメインランドからの白人はもとより、フィリピン、中国、韓国、シンガポール、日本、、、と色とりどり。
だからいながらにして、いろんな国の文化と接触することが出来る。

 ハワイは不思議なところで、そんな人種がごちゃ混ぜになりながら、またさらに独特の文化を作り出している。
そんな背景から、それぞれの国の食べ物が広くハワイ全体に受け入れられている事も興味深い。

 東洋系が多い事からも、「ライス」が多くの食卓に並び、キムチ、刺身、ステーキ、スパゲティー、チキン・アドボ、チャシュー、そりゃもう国際色豊か。
そしてもちろん、皆箸を使うのが実に上手い!

 そんな連中が休暇を取ると、夫々のお国に旅行に出かけたりもする事もあって、
帰ってくると、そこの国のみやげ物を買ってきてくれることもある。

 健太のオフィスはホテル内の営業部にある。
秘書からセールスマネージャーまで、総勢13名。
人種の内訳は大体上に挙げたようなもの。

 秘書の一人が先月末から国に帰っていた。
彼女の名は「ネリーちゃん」。フランスから来た可愛い娘ちゃん。
当年とって22歳。
英語はとても上手だけど、フレンチなまりで時々聞きにくい。
なんて言えた義理じゃあない。健太の英語もきっと時には聞きにくいに違いない、、、(汗)。
彼女はフランスから帰ってくるなり、
「健太これお土産!」
って言ってチョコレートをくれた。
「へー、フランスからのチョコかー!」
若い可愛い娘ちゃんからもらったチョコレート、
それもフランスからなんて、嬉しいじゃあないか、、、。
鼻の下の長―い今日の健太でした、、、、、(笑)!

 写真上はブーゲンベリア。バックグランドはダイアモンドヘッド。ブログ友のOSAMUさんに家におじゃましたついでに近所の景色をパシャリ!
下がそのネリーちゃんから貰ったフランスからのチョコ、、(笑)!

Imgp1183

 

 


| | Comments (11) | TrackBack (0)

February 25, 2007

コンドからの景色!

Imgp1163
Imgp1169
Imgp1171

 最近毎週日曜日にはオープンハウス見学。
今日もダウンタウン、ヌアヌ、カピオラニ、キングと精力的に廻った。

 オープンハウスとは不動産屋が物件を探している人たちのために、
コンドや一軒家を広く一般に開放していることを言う。
日曜日の新聞には相当数のオープンハウスの広告が出ている。

 コンドを買って自分のものになっても、メインテナンス・フィーなる「維持費」を毎月別に払わなければならない。
古いコンドならそれは概して安く、新しいところは高い。
メインテナンス・フィーだけでも1000ドルもするところもざらにある!
1000ドルと言えばかつての1ベッドルーム(1寝室+キッチン+リビングルーム)の家賃並み、、。
それに、テニスコートやジャクジー、サウナなどがあればそれだけメインテナンス・フーは高くなるってわけさ、、。
コンドも今や、一般庶民の手からどんどん遠くなっていってる、、(涙)。
 
 という訳で、今日見たコンドからの景色を、幾つか見て貰ってます!
えっ、ダイアモンドヘッドばっかり写ってるって?
そりゃそうだ!ダイアモンドヘッド様のお姿を毎朝一度は拝みたいじゃないか、、、、(笑)!
夕方はシャワーが来たので、キングとマカリーの角で下のような虹を見ることが出来ました、、、!

Imgp1168

| | Comments (18) | TrackBack (0)

February 24, 2007

ワイキキのビーチ・ボーイズ

Imgp1140

 ビーチ・ボーイズ、、。
1960年代に「サーフィンUSA」などのヒット曲でおなじみのグループ。

 しかし今日は彼らの話じゃあない。
健太達が始めてミュージシャンとしてハワイに来た頃のワイキキビーチは、実に狭く、まるで猫の額のようだった。
丁度現モアナ・サーフライダーの一寸左側までしかなかったのさ。
だから今のハイヤットから先、いわゆる「クヒオ・ビーチ」は、その後に造成されたもの。

 その頃、狭いビーチには当時もちろん日本人観光客など殆どいなかった。アメリカ本土からの観光客が中心。
じゃあ、誰が他にいたかって言うと、ローカルの「ビーチ・ボーイズ」がたむろしていたってわけ。

 実はビーチの「軟派師」の事を「ビーチ・ボーイズ」って呼んでいたのさ。
そのビーチボーイズの中には、当時無名だったけど後にかなり有名になったハワイのエンターテーナーなどがごろごろしていた。
名前を出しちゃあ本人たちに申し訳ないので控えます、、、(笑)。

 そんな訳で、ワイキキはいまや観光客のものになった感があるけど、当時はローカルの若者達にとって最高の遊び場だった。
ウクレレやギターなどを持ち寄っちゃあ、売れないミュージシャンジ達がジャムセッションをはじめる。
そしてめぼしい可愛い娘ちゃんに声をかける、、、。
もちろん健太も時々ギター片手に仲間に入れてもらったっけ!
あー、若き日の健太!
毎日が楽しくて楽しくてしょうがなかったなー、、!
とは言っても、今でも毎日楽しいけどね、、、、(笑)!

 じゃあ今はその「ビーチボーイズ」はいないのか、、って言うと、もちろんいる。
だけどみんなの中には知ってる人もいると思うけど、
今では性質の悪い詐欺師まがいの「ビーチ・ボーイズ」ばかり。
可愛い娘ちゃんが目的と言うより、金銭目的の悪質な奴らさ。
彼らは百戦錬磨の軟派詐欺師!
過去に何度こいつらに日本人娘が泣かされたことか、、、、。
素晴らしいハワイ旅行を台無しにしないように、
くれぐれもこいつらには気をつけよう!
 
 写真はロイヤルハワイアン通りとラウウナ通りの角の椰子の木。何のことはない免税店の前でした、、、(笑)!

| | Comments (11) | TrackBack (0)

February 23, 2007

アトランティス、、そして虹!

Imgp1151
Imgp1155

 最近の車はとても良く出来ている。
今度買ったワンボックスカー・ニッサンクエストはリモコンにボタンがいっぱい付いていて、夫々を押すとサイド・ドアーが開いたり、リア・ドアーが開いたり至れり尽くせり。
まるで大人のおもちゃみたいなもん(勘違いしないように、、笑)!

 新しい車を運転していると、最初に困るのは車幅、車長の感覚。
特にこのクエスト、今まで乗っていたインフェニティーより少し長い。
何処まで後ろに下がって良いのか良くわからない。
障害物があるとピーピーと鳴る奴が付いてると便利だけど、健太の車は付いていない。
でも買って一月経った最近、やっと慣れてきた。

 「天災は忘れる頃にやって来る、、、」って言う諺がある。
一昨昨日のこと。
仕事を終えて帰宅。
コンドの一階にあるメール・ルームで郵便をピックアップ。
リア・ドアーを開けてそのメールを後ろのトランク(?)に入れてリモコンでドアを閉める。
健太の駐車場は2F。
パーキングに入るのでもちろんのろのろ運転。
ふと気が付くと、右サイド・ドアーが何時の間にか開いている。
<おや?知らない間に間違えてリモコン・ボタンを押しちゃったのかな、、>
運転しながらそのドアを閉めようと、リモコン・ボタンを押した。

 さて車はパーキングに入ろうとした。
パーキングに入るには少し登り坂になっている。
アクセルを強く踏んだ!
「ブー!」車は勢い良く坂を登る。エンジンは快調だ!
やがて、駐車場の入り口。
入り口はワンボックスカーがぎりぎり通れる天井の高さ。
と、その入り口を潜り抜けた途端、健太の車の後ろで、
「ガリガリ、ガガーン、、、」
<あれっ!!??>

 時すでに遅し、、、
健太のリア・ドアーは、駐車場の入り口の天井に思いっきりぶつかっていた、、、。
つまり、さっきサイド・ドアーを閉めようとして押したボタンは、リア・ドアーのボタン。リア・ドアーを間違って開けちゃってたんだよ!!

 哀れ健太のニッサンクエスト。
大きく空高く開き切ったリア・ドアーのガラスはめちゃ割れ、ドアも一寸スクラッチ、、.

 ああ、涙のニッサンクエスト!

 写真は今日のワイキキで、最近変わった潜水艦アトランティックのバスをパシャリ!それと帰宅時にアラワイ・ゴルフ場辺りに出現した虹。ま、車はぶつけたけど、虹を見たから「よし!」としようか、、、、(笑)!
車の写真は、、、、悲しいので載せません、、、。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

February 22, 2007

日本脱出にハワイはもってこい!

Imgp1143
 
 あー、日本が心配だ、、、。

 だって、最近の日本は狂ってる。
政治関係は言うに及ばず、いじめや残虐な殺し、熟年離婚、学級崩壊、、、、。
ニュースを見てもうんざりする物ばかり、、。
一体何が、誰がこんな日本にしてしまったの、、?

 しかしよくよく中身を検討して見ると、そうした問題には共通点が見られる。
「行き過ぎた、自己主張」だ。
政治家は如何に自分が正しくて、他が間違っているかを主張することに始終している。
「いじめ」もいじめる側の勝手な自己主張。
「殺人者」「熟年離婚を持ち出す主婦」「それを持ち出される夫」「学級崩壊させる生徒」、
全て「自分が、自分が!私は、私は!」と個人を主張してはばからない。

 今さら「戦後、、、」等とはなどと話を始めても、誰も振り向いてはくれないかもしれないけど、
この問題、あの「第二次世界大戦」で敗れた日本を振り返らずには解明できない問題のようだ、、。

 敗戦後の日本に雪崩のように入り込んできたアメリカ文化。
快楽を罪悪と決め付けるきらいのあった戦前の日本に、
快楽を求めて止まないアメリカ文化はまるでドープのように、瞬く間に日本人の心を蝕んで行った。
そして、今一般日本社会での個人的文句、
そこにはかつての日本人独特の「奥ゆかしさ」「控えめな態度」などの崇高な精神文化は、その片鱗すら見えない。

 「日本人は 自分の言いたい事をあまりにも言わなすぎです!」
なんて聴くけど、「最近の日本人」に関しては、健太はそう思わない。
むしろ言いすぎだと思う。
何でもかんでも個人的文句を言う。
自民党議員は民主党議員の文句を言い、民主党議員は自民党議員の文句を言う。肝心の政治はそっちのけ、、。

 「お前ら、今日本が一体幾ら借金が有るのか知ってるのか?
互いに文句を言い合う暇があったら、双方が協力してこれからの日本をどうやって建て直すか、真剣に議論するのがお前らの仕事だろうが!
こんな社会の秩序の乱れを、何とか正常に戻すのがお前らの仕事だろう!」
文句を言うなら、
「自分が自分が、私は、私は、」などと、一個人の社会的立場を主張するんじゃなくて、こういう文句を言って欲しい、、、。
マスコミは日本社会で、かなりの影響力を持っている筈、
だからこそ、その両者の足を引っ張る事に始終せず、日本社会の歪みを少しでもなくそうと努力すべきじゃないのか、、。
小沢さんの4億何がしの不動産のことを取り上げるのも良いけど、1400兆もある国の借金のことをどうしたらいいのか考えるのが先決じゃないのかい?

 自分の意見を述べる事自体、間違いだとは言ってはいない。
「意見を述べるって事」と「責任」は常に表裏一体だ、って事を言っている。
アメリカ人の中にもいい加減な自己主張をする奴は幾らでもいる。
しかし概ね、彼らは対個人には自分の言葉に責任を持っている。
しかし彼らは、自分に関係ない個人的なことにはあまり関心を示さない。
たとえ意見は持っていても知らん顔をする。

 結論を言うと、戦後入ってきたアメリカ文化を日本人は歪んだ形で取り入れてしまったと言うことさ、、、。都合の良いところだけを取り入れた、自分勝手なアメリカ文化、、、。
アメリカでもちゃんとした家庭では、子供たちの躾(しつけ)がとても厳しい。
もちろん必要な時は、体罰なんか幾らでもある。
そういうところには誰も目を向けようともしない、、、、。

 結局まともな日本人は最後にはあほらしくなって、つかの間でも「日本脱出 !」なんて考えちゃうんだろうなあ、、、(汗)!

 写真は今日のカラカウア通リ。ハイビスカスを下から撮ろうと無理な体勢でしゃがんだんで、ちと曲がっちゃった、、、(笑)!

 

| | Comments (11) | TrackBack (0)

February 21, 2007

カラカウア通りのポリス、、

Imgp1141

 最近のワイキキの街角に、やたらポリスが立っている。 
カラカウアの歩道や、ロイヤルハワイアンの歩道。さらにルーワース、シーサイド、、、、。
行き交う人にたまに声をかけては、なにやら質問をしてメモを取っている。
観光客を対象に、職務質問のようなことをしているのかも知れない。
だって健太には声をかけて来ようともしないんだから、、、。

 突然呼び止められた日本人たちの困惑の表情は隠せない。
日本人は英語が苦手だからね、、、、。
<どうするかな?>
って遠くからそれとなく見守っていると、会話は聞こえないけどなにやら簡単な質問をされてるようだ。
その内に<おや?>って思った、、、。

 ポリスたちは皆若い男性。
声をかけているのは若い女性ばかり。
それもかわい娘ちゃんばかり、、、。最近の日本の女の娘はみんな可愛いからね(笑)!
さてはこのポリスたち、職務質問を良いことに、、、、!
健太も時々お巡りさんやってみたいなあ、、、、。
 
 写真はカラカウア通りの「フィールズ・オープン」の幟。 「フィールズ・オープン」はコ・オリナゴルフクラブにて19日から開催されている、LPGA公式戦第2戦。藍ちゃん今度はがんばって欲しい、、。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

February 20, 2007

DFSで車があたるよ!

Imgp1139

 1日に2リットルの水を飲むと良い!
友達からも言われたり、書物にも書いてあったり。健太はそれを実行してはや半年は経つ。
一体効果はあるのかどうか、まるで分からない。
それはまるで、ビタミンを飲んでいる時のように、、、。
何の効果も自覚できないのさ、、、。
「この感覚、何かに似ているなあ、、、、」、、、。
 
 健太はアメリカの選挙権を持っている。
でも、投票した事はない。
日本にいた時はかなり積極的に投票した事もあった。
<たとえ俺の一票が無駄であっても、何もしないより良いに決まってる!>
そう信じて疑わなかった。

 つい半年ほど前、何かのきっかけで、
「ハチドリの一しずく」
と言う本の話を、ニュースで見た。
その後すぐにこのブログでもそれをアップしたのを、覚えれる人もいるかもしれないけど、内容は、、、、。

 ある森で大火事が起きた。
森の動物や昆虫たちは皆我先にと森から逃げ出そうと必死になっていた。
ふと一匹の小さなハチドリが自分で運べる量の水を持って、その火事に向かってまき始めた。
それを見ていたある動物が言った。
「馬鹿だな、お前がそんな事したって森の火事は消えやしないさ!早く逃げた方がいいぞ!何故そんな無駄な事をするんだ?」
ハチドリはその動物に言った。
「そうかもしれない。でもこれを、誰かがやらなく誰がやるんだい?」

 効果の見えないことを唯黙々と続けてゆく、、、。
しかし、
<もしかしたら何時の日か、、、!>
やっぱり健太はアメリカの選挙、投票することにします、、(笑)!

 写真は今日のDFSギャレリアで久しぶりに店員さんの「ジュンさん」に会ったので、パシャリ!以前に載せた時はジュンさん、髭を生やしてた。覚えてる?
今DFSで買い物をすると、この写真のminiが当たるらしい。
ジュンさんは、「健太さんが当るように、裏細工しますよ!」だって、、、(笑)!

 
 

| | Comments (9) | TrackBack (0)

February 19, 2007

ダウンタウンの穴場!

Imgp1105

 さて今日はプレシデント・デー、3連休の最終日。
朝はのんびり起きてぐだぐた、、、、。
10時半頃になって、とんまとダウンタウンの「飲茶」に行くことにした。
場所は前回と違ってスミス通りの角の「メイ・サム」。
この「メイ・サム」、前回の店より少々高いけど味はこっちの方がずっと良かった。
さすが人気店、すでに黒山の列が出来ていた。

 食べ過ぎちゃったので、一寸ダウンタウンを散歩する事にした。
チャイニーズ・ニューイヤーでもあるので店は閉まっている所もあったけど、
どうしてどうして、かなりの店がオープン。彼らのしたたかさを垣間見る事が出来た。

 「メイ・サム」から少し海側の右に「マウナケア・マーケット・プレース」がある。
マーケットには食品全般、肉、魚、野菜、沢山の店が入っている。
マーケットを更に中に入って驚いた。
何とフードコートになっていて、沢山の食べ物やが入るじゃないか!

 中華はもちろんの事、フィリッピン、インド、ベトナム、韓国などの店がずらりと並んでいた。
どれを見ても安い上に、美味そう!
さすがに観光客はきていなかったけど、こいつあ穴場だぜ!

Imgp1106
Imgp1109_1
Imgp1124
Imgp1116
Imgp1118
Imgp1119


| | Comments (27) | TrackBack (0)

February 18, 2007

ハワイの韓国料理、、、

Imgp1098

 ランチは久しぶりの韓国料理「兄弟」へ!
とんまは「石焼ビビンバ」。健太は「テンジャン・チゲ」。
韓国料理では何と言っても「チゲ」が美味い!

 中でも「テンジャン・チゲ」はいわゆる韓国風味噌汁。
もと韓国レストランを経営した経験のある健太、韓国料理にはちょっぴりうるさい(笑)!
日本の味噌汁との違いは、味噌自体がすでに違っていて、どちらかと言うと「納豆」的味噌を使う。
だから臭い、、、けど美味い、、(笑)!
それと具がいっぱい入っている。肉や海老、貝類、
また野菜は「しし唐」や時には「じゃがいも」「ズキニ」「人参」「玉葱または長ネギ」など等盛りだくさん。

 この「兄弟」はご存知の方も多いと思うけど、ハワイの人気韓国料理店の一つ。
日本からも沢山の芸能人が良く来ることでも有名。
今日はランチなので焼肉は食べなかったけど、ここの人気メニューは何と言っても「ハラミ」。未経験の方は是非一度お試し下さい!

 腹が空き過ぎて、「石焼ビビンバ」や「テンジャン・チゲ」の写真取り忘れちゃった、、、(笑)!

| | Comments (13) | TrackBack (0)

February 17, 2007

ムービーマン中国へ!

Imgp1095

 土曜日だけど今日はムービーマンの都合で映画は中止。
とんまも日本から帰って来ているので2人仲良く家でDVDを見ることにした(笑)。
ウオルマートのセールで買った「Dragonfly 」「Hollow Man」の2本。
古い映画だけど見てなかったのでまあまあ楽しめました。

 ムービーマンはこの4月中国に出かける。
今日はその打ち合わせだそうだ。
彼のお得意さんの中国系の旅行社の社長さんに案内してもらうんだ。
本当は一昨年行く予定だったけど「反日デモ」が盛んで今年に延ばしていたんだ。
実はその社長さん、健太にも声を掛けてくれたけど、とりあえず今回は遠慮しておいた。

 ところがあれほど中国旅行を楽しみにしていたムービーマン、最近元気がない。
「健太、中国旅行なんか段々乗り気がしなくなって来たんだ、、」
「えっ、そりゃまたどうして?」
「いやうちの娘やまわりの連中が、中国は気をつけろ!絶対生水は飲むな、生物は食べるな、、、っていうんだ」
そうか、健太もそんな話しを聞いたことがある、。
特にムービーマンの行く先はその社長さんの案内する一般観光コースと全く違うところ。
時には辺鄙な田舎の町や未開の地って言うか、昔のままの中国にも行くかも知れない、、。
そいつは確かに飲み物食べ物には気をつけたほうが良い!

 かなりまえだけど知り合いに聞いた話では、
どこかの街で「刺身が美味いぞ!」って言われて食べに行ったそうだ。
確かにめちゃ美味かった刺身なんで、かなりの量を食べた。
しかしその人、日本帰って1月もしないうちに腕や足、体中に大きなできものが沢山出来て来たと言う。
医者に行って調べて見たところ、なんと、訳の分らない虫が体中に入り込んでいたんだって!

 まこれは極端な例だろうけど、
やはり観光コース以外に行く場合は、かなり警戒が必要なのかなあ、、、。
ムービーマンは水はペットボトルもこっちからもって行くなんて言ってる。
ま、そのくらいの警戒心持ってた方が良いかも知れないね!

 写真はイオラニ・ハイスクール。やっぱりハワイの学校にはこの青い空が良く似合う、、(笑)!

 

| | Comments (17) | TrackBack (0)

February 16, 2007

さあ君ならどうする、、?

Imgp1080

 健太はハワイ生活が長いので、考え方が随分アメリカ的になっているんだろうか、、。
時には物事をストレートに言いたくなる。
言ってしまう事もある。
日本ではそれが許されない、、と言うか控える事が美徳とされる場合が多い。

 こういう話をすると、
「そうなんですよ!この前もハワイに行った時、子供の機内食を頼んでおいたのに、『ない』って言われたんで思いっきり文句を言ってやりました!こういう時日本人はもっとはっきり言うべきですよね!」

 なんて、、、。
背景を知らない人が聞いたら、この人の言い分はいかにも正しく思える。
実はこれには少しばかり問題がある。
子供の機内食はあくまでも『リクエスト』なのさ。そいつは本人も知っているはず。
お気の毒ではあるけど、残念ながら用意されていなくても仕方がない場合もあるんだ。

 同じような事がホテルでもある。
「会社の仲間同士の久しぶりの旅行なんですよ!仲間同士隣の部屋になれないなんて、一体どうなってるんですかあんたのホテルは!申し込んだ時お願いしておいたんです、ちゃんと。どうしてくれるんですかこれ!」
残念ながらこれもあくまでも「リクエスト」。もちろん出来る限りの努力はする。
しかし保証は出来ない。何故なら混雑期には部屋があるだけでもまだましなことが多いからさ。
第一日本人はハワイまにで来てどうしてべたべた皆でそばにいたがるんだろう、、?
健太にしてみりゃ、なんだかちょっぴり気持ち悪い気がしないでもないぜ、これって、、、。
「仲良しクラブ」じゃあないんだから!

 だから健太の言う「ストレートに物事を言う」って事はそうじゃあないんだ。

 例えば、健太があるどこかの社長さんからバンドの出演を長年依頼されていたとする。
毎回一人$1000のギャラ。契約書はないけどバンド4人で4000ドル長年貰ってきている。
さてその社長さんから10回目の出演の依頼があった。
快く引き受けたけど、ライブを終えてもらった出演料が4人分で2000ドルだった。
さて、君はバンドリーダー。
メンバーには説明しなくてはならない。
下手するとリーダーの君がちょろまかしたとメンバーから誤解されてしまう、、、。
君ならどうする?

 その社長さんに何か言う?
それとも何も言わず黙って、そのままメンバーに500ドルずつ渡す?

 今日の写真はこれまたシェラトンのプール辺りの上の空!やっぱりこの辺が一番ワイキキを代表する景色が多い気がするんだなー、、。

| | Comments (23) | TrackBack (0)

February 15, 2007

ワイキキ無料配布雑誌

Imgp1090

 ワイキキにいながら、ワイキキのことを案外知らない。
それは行動範囲が有る程度決まってしまっているからだ。
ま、ある程度の情報は街の無料雑誌を読んでいれば、入手できない事はない。
そんな意味でも、そうした雑誌には一応目を通している。

 それらの雑誌には、地図や食事処、催し物のスケジュール、お買い得情報、更にはハワイの歴史やオプショナルツアーの案内まで事細かに案内されている。
読んでいるととても興味のある記事もあって、営業にまわってスタバで一休みなんていう時には、もってこいの暇つぶし材料。

 今日のワイキキは晴れたり雲たったり。
一寸疲れたのでワイキキショッピングプラザの3階にあるスナックショップでソーダを買って、それらの無料雑誌に目を通していると、突如あるページのある記事のある商品に目が止まった!
<な、なんだって!>

 丁度上手い具合に健太の目が止まったページは、そのワイキキ・ショッピングプラザの記事。
<こ、これは一度買ってみなくては!>
早速一寸寄り道したあと、その商品の売っている店に向かう健太!

 と、その寄り道の途中、エレベーターの中で「あらっ!」って声!
<うーむ、背も高くてなかなかの美人。だれだっけ、、、>
あっ、ブログ友で健太のお得意さんでもある「池ちゃん」の奥さんでした、、(笑)!

 写真上はワイキキの無料雑誌。以前にも載せたけどあの頃よりまたずっと増えてるよね!
さて下が早速「ワイキキ・ショッピングプラザ」3階で買ってきた、「さそりと虫のキャンディー」!
うーむゲテモノ食いって言うけど、さすがの健太もこれ、食べられません、、(涙)。ちなみにこの2つのキャンディー、トータルで5ドル一寸でした、、、(汗)!

Imgp1087

| | Comments (10) | TrackBack (0)

February 14, 2007

それでも底抜けに青い空!

Imgp1075

 
 健太の勤めるホテルのオーナーは香港からの中国人。3人兄弟の一番下。
前にも書いたと思うけど、
お父さんは香港の大金持ち。
お父さんは、3人の息子達に夫々ビジネスを分配した。
長男にはマカオのカジノを、次男には投資会社、そして健太のボス3男坊はアメリカのホテル15軒をそれぞれ貰ったのさ、、、。

 何とも羨ましい話だけど、
ま、人それぞれそれなりの運をもって生まれてくるんだから、羨んだところで仕方がない、、、。
第一そんな財産を分けてもわったばかりに、苦労をしなきゃならない事だってあるに違いない。

 例えば今健太の勤めるホテル、、。
去年の3月から改修工事に入っている。本来去年の暮れには殆どその工事を終えるはずだった。
ところがどっこい、ハワイ全体の建設ブームによる、
資材不足、人夫不足。
工事は遅れに遅れ、もう2月も半ば、そろそろ工事を始めて1年にもなろうと言うのに、4分の1しか出来上がっていない。
この分で行くと今年の秋に終るかどうかすら危うい、、、、。

 だから今はホテルの部屋の4分の3は使えない。
4分の1だけの稼動ではかなりやばいホテル経営、、、。
毎月オーナーの懐、、いや会社から大金が出てゆく。
仮に月100万ドルの赤字だとすると、1年で1200万ドル。
大変な金額だ。
「ホテルなんか、親から貰っちゃって良いなー、、」
等と、無責任に羨むのは軽薄な事なのかも知れない、、、。

 今、本社からそのオーナーの仕向けた刺客(?)がハワイに送られて来ている。
「一体どうして、これほど売り上げが伸びないんだ!
ノルマ通り収益を上げられない社員は、、、、」
辞めろ、、とばかり剣幕が荒い。
でもこれって、何とも的外れの刺客だよね、、、(汗)。

 などとボヤいて外に出てみれば、底抜けに青いワイキキの空。ボヤキは似合わないハワイでした、、、(笑)!
 

| | Comments (11) | TrackBack (0)

February 13, 2007

さ迷える小鳥、、

Imgp1074

 明日はバレンタインディー。
多分過去にも書いたことあ有るけど、
日本の場合「女性が男性に愛を打ち明ける日、、」なんてなってるけど、
こっちではそんな事はない。ま、どちらでも愛を伝える日と考えれば良いだろう。
だからこっちでは、チョコレートは誰にでも日ごろお世話になっている人にあげれば良い。

 この前ある健太のお得意さんにホテルが作ったチョコレートケーキを持って行って、日本から来てまだ1年足らずの男性マネージャーさんに、
「バレンタイン・デーのチョコケーキですどうぞ!」
って上げたら、
「えつ、それって男の人から貰いたくないなー!」
って言われちゃった。

 いやいや健太はホモじゃあ有りませんよ、、(笑)。
だって「とんま」って言う素敵な奥さんがいるじゃん!
なんて言うと、ひねくれた奴もいて、
「両刀使いじゃないの、、、?」何んて言う。
馬鹿な!大体そいつを見れば、そうか、そうじゃないか分かりそうなもんなのに、、、。

 でも、健太は男性だろうが女性だろうが、元来人間が好き。
よっぽど嫌な奴じゃあない限り、かなり親しくなれる。
最近は時間がないので、あまり友達付き合いが沢山の人と出来ないけど、基本的には皆友達って感じ。

 難しいのは職業柄、極まれではあるけど、お得意さんの中には親しくしようとすると、
「こいつ下心があるんじゃないのか、、?」
なんて勘ぐる奴がいる。
これには参るけど、
<ま、きっと何時かはわかってくれるだろう、、>
と思うしかない、、、。

 写真上は今日のワイキキショッピング・プラザの前にて。ここもあまり混んではいなかったなあ、、、(汗)。
壽さん!ここの「きわみ」でラーメン食べたの覚えてますか、、(笑)?向うには現在工事中のロイヤル・ハワイアン・SCが見えるね!
下は我がコンドに迷い込んで出れなくなちゃった「小鳥」。手で捕まえて逃がしてやったけど、慌てて逃げようともがいて、一度ガラスに直撃!元気でいてくれるといいな、、、。
でも、これって「鶯」かなあ、、、、、?ハワイには鶯、いっぱいいるんだよ!

Imgp1073

 

 
 

 
 

| | Comments (12) | TrackBack (0)

February 12, 2007

ワイキキのトップセールスマン??

Imgp1070

 これを読んでいる皆の中にも営業畑の人がかなりいると思うけど、
健太が最近読んだ、こっちのそうした人のための本のなかなら一寸抜粋してみました。
興味ある人は是非ご一読の程、、(笑)! 

  セールス・リーダーシップとしての挑戦
 トップセールス・マン(TSM)とは、往々にして神秘的で且つ霊能的な、一般論では説明できない、カリスマ的存在として片ずけられて来た。
しかし最近になってそれは、そこに普通のセールスマンなら誰にでも出来る、理論的に説明出来得る法則が有る事が分かってきた。
   TSMは先ず、一体何がTSMであるか知らなくてはならない。伝統的にそれは一般セールスマンとちがい異端者で一匹狼的存在あるかのごとく言われてきた。また他方でそれらは規則正しいぜんまい時計のようにも言われてきた。
   しかし真のTSMは、現状を打破して前進する用意が何時でもあり、自分の現状をポジションとして考えず通過点として考えている。
「極限られた者だけがTSMになれる」など言うのは作り話である。

TSMとしての5つの練習法と7つの対応法

TSM1400人から得た結果「5つの条件」と「7つの対応法」を得る事が出来た。

A.5つの条件

1) TSMと一般セールスマン(OSM)の違いはOSMが避けようとしてしまう、新しい事への挑戦である。
2) TSMは「とんでもない事が出来る」と信じている。また自分の目標がはっきりと見えている。
3) どんなに知識や技量を持ったTSMも、仲間の手助けが必要な事を知っている。仲間を持たないリーダーはリーダーではない。
4) 手本を示す。口先では誰もついてこない。本当の尊敬はタイトルを得る事ではない。
5) 心を動かせ!人はいつか精神的に不安定になったり、勇気を無くしたりするものである。TSMのベストシークレットは「愛」であるかも知れない。

B.7つの対応法

1) 成長への挑戦。現状打破,革新、改良。
2) 危険を顧みず失敗したらそこから学ぶ。
3) 未来を空想することは更に事が向上しそれを可能にしてくれる
4) 自分の夢未来をカスタマーに伝えよ。彼らの反応を知る事が出来る。
5) 会社を宣伝して信頼を深める。
6) 態度を何時も明確にする。TSMとしてのモットーを箇条書きにしておくのも良い。
7) 小さな勝利を上げ、やる気を前進させる。


 でもこれって、簡単ではなさそうだよね、、、。ローマは一日にしてならず、、、か、、。
最近年のせいか、健太は別にTSMでなくても良いと思っている。
きちんと毎日を過ごしていれば、自分のした事がそれなりの成果が出る時もあるだろう。
その時こそTSMに成れるはず!
最近ではそう思って毎日を生きています、、、。

 今日の写真は、今ワイキキに入ってきている大型グループの幟。
つい先週まではプロボールの幟だったのに、、、。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

February 11, 2007

あるハワイの日曜日、、、

Imgp1060

 とんまは朝早く大阪に発った。
日曜なので一緒に起きて見送りをする。
「行ってらっしゃい!」
何時もスッチーたちの持ってるあのバッグに、更に2つの小型のバッグくくりつけて引きずってゆく。
こいつが重いの何の。男の健太でもなかなか持ち上がらないよ!
でもとんま、何しろ「ん十年」飛んでるのでちっとも重くないそうだ、、、(汗)。
それからかなり眠かったけどそのまま起きっちゃったんで、今頃になって眠気が襲ってきた、、。

 で、昼間は何をしてたかって言うと、車を洗ってもらってきた。
日曜日はキングストリートのガソリンスタンドで子供たちが、「寄付」のためにボランティア・カーワッシュをやっている。
ムービーマンも毎週そこに行って車を洗っている。
健太のこの前買った「ボックスカー」はでかいので$8ドル取られる。
集金のおばさんに$10ドル渡したら、
「Thank you!」って言ってその10ドルを箱に入れて知らん顔、、、。
一向にお釣りを返してくれない、、、。
べつに2ドル位良いんだけど、最初から覚悟してなかったんで、なんだか損した気分、、(涙)。

 去年「なんとなく、すごしてます?」の秀蔵さんから貰った、「フクピカ」=「拭くだけでピカピカになる!」って言う奴が気に入っているんで、この前日本で買い足しをしてきた。
カーワッシュの後は早速そいつで車を拭いてやったんだ!
宣伝文句の通リ、愛車の「名古爺ちゃん(なごじい)」(ニックネーム)ピカピカになった(笑)!

 後はギターの編曲をしてぐだぐだ、、、。
そんな日曜日でした。
これから一寸「よこよこ」(とんま語で仮眠のこと)しようかな、、、、(笑)!

 写真は今日のユニバーシティー・アベニュー。そして下が「フクピカ」。でもカーワッシュ、2ドル余計上げたのにご覧のようにワイパーの上に埃がたまってる、、(涙)。

Imgp1064

| | Comments (8) | TrackBack (0)

February 10, 2007

ワイキキのコンド

Imgp1056
 
 午前中は出勤でした。
午後はとんまと不動産屋さんと3人でコンドめぐり。
今すぐ買える訳じゃなけど、とにかく今のうち色んなコンドを見て置きたい。

 今日は主にワイキキ方面。
健太は住居をワイキキにしたくないと言うのが本音。
仕事と私生活の線引きが出来ないからだ。
でもまあ参考のために、、、。

 景色がいいと部屋が粗末だったり、部屋がいいと景色が悪かったり。
景色も部屋も良いけど、バスルームが悪かったり、、、。
全部で6軒見たけど、帯に短し襷に長し!
満足のするものはなかなか見つからない。

 健太としては1軒だけ比較的気に入ったコンドが有った。
ワイキキのはずれコンベンションセンター近く、海もダイアモンドヘッド様も見えないし、
あまり新しい建物ではないけど、
ドアを開けてリビングルームに入ると、パッと山側の景色がパノラマ風に目に入った。
緑もいっぱだし、何よりアラワイ運河が眼下に流れていてとても爽やか!
ラナイの窓を空けると、水面を掠めたすがすがしい風が部屋に吹き込んできた。

 あんな部屋で外の景色を眺め、新鮮な空気を吸いながら朝食を食べたら、
きっと10年は寿命が延びるに違いない、、(笑)。
但しあそこの欠点はシャワーのみだったこと。バスタブ(風呂桶)なしだった。
やっぱり健太も日本人、どっぷりタブに浸かって風呂を取りたいよね、、。

 写真はその健太が気に入ったコンドの、リビングルームからの景色。
左に見えるのがコンベンションセンター。背の高いミラーのビルはセンチュリー・センター!
見える橋は「カラカウア通リ」で、右に行くとワイキキ中心部、左はドンキ方向となる。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

February 09, 2007

頑張れ、JAL!

Dsc09634

 このところ天気が優れない。
観光客の皆さんがかわいそう、、。
特に最近ハワイ旅行の値段が上がっているだけに、彼らにとっては切実な問題!

 今を去る24,5年前、ある旅行社が「天候保障ツアー」なる物を実施したことがあった。
そのツアーできた人たちがハワイ滞在中に雨に降られたら、一日何がしの金額を返却していたのさ。
さすがにそのツアーは長続きしなかった。そりゃそうさ、ハワイといえどもいつ雨が降るか分りゃしない、、。
幾ら大手旅行社と言えども、去年のような「60日間連続降雨」、なんてのが有ったらつぶれっちゃう!
旅行社が潰れるって事は、ハワイにとって大打撃。
過去に日本の旅行社が幾つか消えていったけど、その度に我々業界は何らかの形で影響を受けてきた。
そんな訳で日本の旅行社の動きは健太にとってとても気になる存在、、、。

 気になると言えば、航空会社の動きも大いに気になる。
先日のJALの発表は我々にとってかなりのショックだった。
彼らの負債が幾らあったか忘れたけど、会社を立て直すには大手術が必要らしい、、、。
何と4700人をリストラすると聞いた。

 いったい何処をどう切るんだろう、、、。
例えばメインテナンス(整備部)なんか切るとしたら、絶対やばいんじゃないの?
只でさえこのところ整備関係のトラブルがたえなかったのに、、、。

 だけど、一体何故あれほどの大航空会社がそんなことになっちゃたのか、、、。
過去アメリカのPANAM社が経営困難に陥って、UAに身売りをした。
何を隠そう、そいつがとんまの勤める会社だ、、、、、(汗)。
とんまの話だとPANAM社がああなってしまった裏には、やっぱりオイルが絡んでいたと言う。
いわゆるあの70年代に有った2度にわたるオイルショックだ!
そして丁度あの頃、360円だったドルが一挙に280円に、そして更に180円へと下落。
その二つの要因が複雑に絡み合って、会社経営を危うくて行ったのさ!

 考えてみれば今のJALは、丁度あの頃のP社に良く似た状況に置かれている。
昨今のオイルの高騰。そしてJALの場合は逆に円安が響いている。
確かに状況は楽観できない。
しかしやはりJALは日本を代表する一つの企業だ。
何としても、立ち直ってもらいたい!!

 写真は先週のワイキキの様子。今日も天気が良くなかったんだよねー、、、、(涙)。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

February 08, 2007

くそ、今に見ていろ!

Imgp1044
 
 日本は自由な国。
勝手気ままに行動して良いし、勝手気ままに発言できる。
特に子供たちの自由度には目を丸くしちゃう!
子供は親に食って掛かれるし、先生の言うことなんか聞く必要もないんだから。

 健太の子供の頃は親の言葉に反発しようものならひどい目に遭った。
飯を食わせてもらえなかったり、唯でさえ少ない小使いまでも没収された。
先生の言うことを聞かないで勝手な行動でもしようもんなら、下手したらビンタもの!
仮に親に「学校で先生にビンタを食らった、、」なんて言付けようもんなら、親は学校に行って先生に礼を言ったもんだ。
「先生、うちの子を叱っていただきまして有難う御座います!」
なんてね。
今の子供たちにこんな話をしたら、
「うそ~!」
なんて言われそう。

 健太が子供の頃、親たちは健太達子供を早く寝かせて、夜遅くまで楽しそうに騒いで飲み食いしてる事があった。
トイレにでも起きてその様子を扉の隙間から覗いて見ては、子供心に
<いいなー大人たちは、、、健太も早く大人になりたいなあ、、、>
なんて思ったもんだ。
それはそのまま自分の「夢」にも繋がった。
<よし健太は大人になったら、、、!>
等とその夢に胸を膨らませて、また寝床に着いたもんさ、、、。

 良く「ハングリー精神」なるものが話題になる事がある。
「今の日本人にはハングリー精神が足らないからね、、」
スポーツで活躍できない日本人選手にこうした一言が良く出てくる。
確かに、
「くそ、今に見ていろよ!」
って精神がなければ、なかなか高いハードルは越えられない。

 タイガー・ウッズは子供の頃から、「ゴルフの天才少年!」といわれながらスポーツ界はもとより、各界から注目を浴びた。
それだけに少年ながらアメリカ中の名門ゴルフコースでプレーする機会もあった。
ある時、スポンサーの招待で少年だったタイガーと父親のアールが、ある名門コースに招待された。
さてフロントでチェックインをしようとしたスポンサーとタイガー親子、ゴルフコースのフロントで、
「このコースでのプレーはまかりならん!」
と拒否されたのだ。
父アールは黒人、タイガーは黒人とタイ人とのハーフ。

 アメリカの人種差別の根は深く、タイガーは何度もこうした仕打ちに遭ったと言う。
しかし幼い少年タイガーに父アールは言った。
<タイガー、あのフロントの連中の事を忘れるな!
何時の日か、この名門コースの連中もお前を招待したくなるような、立派なプレーヤーになるんだ!、、、>

 タイガーのあの粘り強い精神力、
それは父アールの徹底した「心技体」の教育と、過去のそうした辛い経験にしっかりと裏側から支えられているのだろう。

 今日もワイキキは悪天候。仕方ない先日撮ったダイアモンドヘッド様を見ていただいてます、、(汗)。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

February 07, 2007

ワイキキ・ピンクのハイビスカス!

Imgp1040

 こうして外国に生活して外国の企業で仕事をしていると、まるで分からない単語が随所で飛び出してくる。
専門用語なんか簡単なものですら分からない、、、、。
医学用語、法律用語なんかね、、、、。

 そんな訳で健太もこの年になってもまだまだ覚えなきゃならない言葉が沢山あるんだけど、一向に頭が言うことを聞いてくれない。
せっかく恥をしのんで聞いた言葉すらすぐに忘れる。もちろんメモはしてあるのでノートを見れば良いんだけど、それじゃあ意味がない。しっかり記憶しなきゃね、、。
ましてや辞書を引いて調べた単語なんかでも、一日も経てば記憶の破片すらないことが多い。

 「記憶術」なんて言う本を読んだ事もある。
「丸暗記は良くない、言葉と物事を関連付けて覚えるように!」なんて言う。
確かに多少の助けにはなるけど、そうそう簡単には行きゃしないぜ、、、。

 ただ不思議な現象もある。
それ程覚えよう覚えようと努力しないでも、自然に頭に入ってる言葉もあるんだ。
そのへんのメカニズムが解明できればかなり記憶力のアップに繋がるに違いない。

 そう言いながらも、健太は電話番号は良く覚える。
数字を言葉に変えるからだ。
釧路の黒サイ=946-9631、ミロ行く双子奈々=361=9257、
50歳悩むよ=503-7864、
産婆さん行くよね=383-1944(韓国語で4=ね)、
941-にろくじゅうさん=941-2613、
2x6=12をもじって13にしてる。この計算の合わないところが皆に喜ばれた、、(笑)!
挙げればきりがない。

 英単語の場合、単語を切り刻んで意味を知る方法もある。
implacable=無慈悲な
im=ない=不
place=場所。位置する
able=出来る
一見ばらばらに見えるけど、なんとなく「安定しない」「無慈悲」に繋がる気がする。
Explain=説明する
Ex=出る、出す
Plain=明瞭な
明瞭に出す、つまり明瞭にする、説明する、、となる。
Interact=影響しあう
Inter=入る
Act=行動する
よって、中に入って動いて影響しあう事になる。

 写真上、ピンクのハイビスカス。今日は天気が悪かったので昨日撮った奴です。下は今日ホテルのレストランMAC 247でN旅行社を招待してランチをした時のもの。皆さんとても綺麗なお姉さまたちでした、、、(笑)!

Imgp1051

| | Comments (11) | TrackBack (0)

February 06, 2007

プロ・ボールの幟のワイキキ!

Imgp1049_1

 先日、柳沢厚労相がとんでもない発言をした。
「女性は子どもを産む機械」、、、。
もしそうだとしたら、「男性は子供を生ませる機械、、、?」
うーむ、難しいなあ、、、。
だってそう言われちゃあ、健太の機械は過去に3人だけ製造して、最近じゃあ機械として役目を全く果たしていないようなもんだもんなー、、(汗)。

 物事を出来るだけ難しく考えまいとする人がいる。
多分柳沢厚労相がそういう人なんだろう。
「愛してる。君の事が好きなんだ!」
これって彼に言わせりゃ、
「それは、『君とHがしたい!』って言ってるんだぞ!」
って事かも知れない。

 確かに人間、何のために生まれてきたのかを考えて見ると、四の五の言ったところで所詮子孫繁栄が目的としか言えないのかも知れない、、。
だからもし、人間が本当に「子孫繁栄」だけのためにこの世に存在するとしたら、何か他にも見えてくるような気がする。
つまり、「子孫繁栄」がスムースに出来るための努力も「人間の使命」って事になりそうだ。

 更に考えを進めてみると、何で「子孫繁栄」がそんなに大切なんだろう、、?
って事になる。
健太はこう考える。
生きてるって素晴らしい事じゃないか!
この素晴らしさを「子孫たちにも」感じてもらうために「子孫繁栄」に勤しんでいるんじゃないの?

 だからもしどこかに、
「人生が素晴らしい!」と思えない人がいれば、
それは間違った生き方、間違った考え方をしているんだと思う、、、。

 仕事が終って帰宅。シャワーで汗を流して裸で出てくると、外気が何とも言えず「爽やか」って事がある、、。
<あー、生きてて良かった、、、>
細胞の一つ一つがそう叫んでいる!
人間の喜びってそんな程度のもんだと思う。
そんな喜びを子孫たちにも感じて欲しいじゃないか、、(笑)!

 写真は今週末に行われるプロ・ボールの幟!

| | Comments (8) | TrackBack (0)

February 05, 2007

ハワイのプカ・シェール

Imgp1045
 
 「プカ・シェール」って言うのが、1970年代中ごろめちゃ流行った。
直径5ミリぐらいの貝殻の真ん中に穴が開いてる奴をそう呼ぶんだ!
この「プカ・シェール」を何百個集めてその穴に紐を通し、ネックレスを作る。
これでいわゆる「プカシェール・ネックレス」の出来上がりだ。
その貝殻は1970年代に主にノース・ショアーで採れた。
殻の中心がもろくてノース・ショアーの荒波にもまれて穴が開いてしまったってわけさ。

 ひところは週末になるとこれを採りに行ったっけ、、、。
でもその頃そいつを皆が採りに行ったんで、なかなか見つからなかった。
朝から夕方までいて精々20個が関の山。
結局一本のネックレスを作るのに何ヶ月もかかったと記憶する。
それでも、出来上がったネックレスは一つずつその粒の大きさや色が違っていて
見かけが良くなかった、、。

 当時ですら、粒が小さく揃っていて色が真っ白い奴は、確か$200~$300したと思う。
エリザベス・テーラーなどハリウッドのスターがそれを身につけて更にその人気を煽ったっけ、、。

 最近その本物のプカシェールの姿をすっかり見なくなった。
今ではそこらの貝殻にドリルで穴を開けて作ったまがい物が、あちこちのみやげ物屋で売られていて、値段も$5以下。
ついこの前までプロゴルファーの「トム・レイマン」が、プカシェール・ネックレスをしているのを良く見かけたっけ。

 こいつが何故か男女を問わず、日本人に良く似合うんだ。
きっと君にも似合うと思うよ!
$5以下の安物でもいいから騙されたと思って是非一度してご覧、、、(笑)!

 写真上はシェラトンの前の花壇、インペイシェント(ピンクと白)を掠めて空を捉えました。下がプカ・シェール。健太のプカ・シェールが見つからないのでウエブサイトからの転用です、、。
写真は花があしらって有るけど花のないプレーンの奴が良い!

Puka_shell


| | Comments (84) | TrackBack (0)

February 04, 2007

スーパーボールで、気もそぞろ!

Imgp1037
Imgp1029
Imgp1030

 今の健太たちの住まいは仮住まい。
いずれ引っ越さなきゃならない。
ってんで今日もまた、とんまとオープン・ハウスの見学をして来ました。
で、今日見た景色を見てもらっています。
でもさ、今日はスーパー・ボールなんで、見せる側は「気もそぞろ、、」
プロパティーの説明もいい加減で、しっかり皆リビングルームのテレビに集中してた、、。
いったお前等仕事する気あんのかよ!!

 ダイアモンドヘッドは夕方だったんで少し光量が足りません。ピンクの花はカイムキの売り屋に咲いていた夾竹桃。3枚目の写真、面白い庭の木だったけど、こんな家には住みたくないかも、、、(汗)! 

| | Comments (13) | TrackBack (0)

February 03, 2007

ハワイにコタツ?

Imgp0972

 洗濯機は家に有るけど、大きなシーツとかベッドカバーとかは大きすぎて洗えない。
そんな時は町のコインランドリーに行く。
日本でも同じかな?

 今日はとんまとそのコインランドリーに行ってきた。
ベルタニア通りの「フジパン」の近くにそいつはある。
健太は独身の時良くそこへ行ったけど実に15年ぶり。

 週末は何時も混雑している。
洗ったのは日本からとんまが持ってきたコタツ掛け、、。
とんまの両親が亡くなって、実家にある色んなものが捨てられようとしている。
もったいないので出来る限りもってこようってこ事になって、そんなものまで持ってきた。
ハワイは常夏の国、もちろんコタツなんか要らない、、
って思うだろ?
ところがどっこい、ミリラニやワヒアワの方に行くと、
「冬場はコタツがあった方が良い!」、なんて、あの辺に住んでる人たちに良く聞く。

 健太たちはそのコタツ掛けをベッド・スプレッド(ベットカバー)に使おうと思ってる。
幾らなんでもホノルルじゃあコタツは要りません、、(笑)!

 今日は土曜日、これからムービーマンが迎に来てくれる。今日の映画はなんだろう!

 たまにはハワイの山側の景色見てください!ほのぼのとした休日のハワイの山景色。これまたなかなか良いもんさ、、(笑)!あるオープンハウスで、ペントハウスから見た山の景色です。

| | Comments (23) | TrackBack (0)

February 02, 2007

お金がそこに落ちている?

Imgp0999

 金儲けの上手な人は、
「金貨、小判がその辺に落っこちてるのに、誰も拾おうしないんだよね、、」
何んて言うらしい。
うーむ、言っている意味は良くわかるよ、、。
「頭一つ使えば、金なんて幾らでも手に入る」って言いたいんだろ、、。
健太はそこまでは見えないんだよな、、。
せいぜい1ドル、2ドル落ちているのは見えるけど、大もうけできるような「金貨や小判」なんてまるで見えない。

 ハワイの日本人観光客が減って職を失っても、何とか食って行く事は出来る程度の才覚は健太も持ち合わせている積りだ。
しかし「金貨や小判」となるとなー、、。

 前にも書いたけど健太はとても籤運が良い。
最近少しその傾向が薄れてきたとかな、、って思ったら、その反動かどうか分からないけど、とんまの籤運がやたら良くなって来た。
とんまは生まれてこの方ずっと籤運の「クの字」もなかったけど、健太と一緒になってから見事なほど籤運が良くなった!
ゴルフで賞品をもらったり雑誌の懸賞をもらったり、、、、。

 昨日フライトから帰ってきたとんま、
「健太、これプレゼント!」
なんて言って小さな箱をくれた。
「えっ、何で?」
「バレンタインデーも近いし、これフライト中当たったの!」
「わーい!!」
大喜びの健太!!

 国際線には魅力的な一流商品が免税品としていっぱい積んであって、皆もご存知の様にスッチーたちはそれを機内で販売する。
たまたまあるフライトで、とんまの売り上げが最高だった。
折りしも免税品を扱う会社のキャンペーンが実施中で、売り上げの良かったスッチーに商品が当たることになっていたらしい。
そんな事を知らないとんま。昨日フライトを終えてオフィスに行ったらスパーバイザーに呼ばれて、
「お目でとう!」って渡されたのが、
この、時価300ドルの時計だったってわけさ!

 「とんま、もっと籤運よくな~れ、、(笑)!

 写真上はこの前撮ったピンクのブーゲンベリア。ぱっと、辺りが明るくなるように艶やかに咲き乱れるこの花。ハワイの花の中でもトップクラスの美しさ!下がとんまの獲得した時計。かっこ良いだろ、、(笑)!

Imgp1022


| | Comments (9) | TrackBack (0)

February 01, 2007

ハワイはどうなる、、

Imgp1017

 ワイキキの小売業者が悲鳴を上げ始めている。
何時も健太が報告するように、ワイキキの小売店は殆ど日本人買い物客でその収益を上げている。
この一月に入って日本人観光客は前年比8%程度下がっているようだ。
その影響からは例えブランド店、DFSといえども逃れられず、天下のビトンでさえも人員削減を視野に入れていると言う。

 一方市の「マストランジット(大量輸送)」の計画もまだはっきりとその姿が見えない。
市長「ムヒ・ハネマン氏」は、カポレイ~アラモアナ間の20マイルを、モノレールなり鉄道なりで先ずはスタートさせよう言う。
しかしこれには様々な反対意見が飛び交った。
「ワイキキはどうなる!」「ハワイ大学方面は?」「そんな短い距離で交通緩和が出来るのか!」、、、。

 更に、今有料高速道路計画もある。
ルートはこれまた、カポレイ~ホノルル間。
既存のフリ-ウエ-に高架を加えて、途中からニミッツ・ハイウエーに高架を加える。
しかしこの計画が提出されると即、また反対意見の続出!
何しろ道路を走るのに金など払った事のない連中ばかり、反対するのも分からないではない。また一部の反対意見はハワイの景観を損ねるって言う、いつものお決まり文句、、、。

 何れを見てもハワイは問題だらけ、、、。
結局「金」がないんだ!
「金」さえあれば、ぐずぐず言わずにそれらの案が駄目なら、地下鉄でも地下道路でも掘れば良い訳さ、、、。
この1月からハワイの消費税が0.5%上がった。
これらをその「マストランジット計画にまわす、、」、と言うけど実はこれじゃ全く足らない。
だからと言ってむやみやたらに借金でこれらを完成させたら、北海道のどこかの市のようにホノルル市も破産しないとも限らない。

 そこで浮上しているのが「ハワイ・ギャンブル州計画」!
過去40年間、一体何度この「ギャンブル計画」が持ち上がっては消え持ち上がっては消えしたことか、、。
もちろんその一番の反対理由は「治安が悪くなる!」って事だね。

 写真はワイキキビジネス・プラザ。今日は天気が悪かったので昨日の写真です、、。
下は今日のMAC247で食べた健太のランチ「蟹サンド」。美味かった~~(笑)!

Imgp1020

| | Comments (18) | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »