« February 2007 | Main | April 2007 »

March 31, 2007

思いっきりアロハな、お土産!

Imgp1323

 ご存知のように、ワイキキにある無料雑誌を時々チェックしている。
中には毎月健太宛に届くそれらの雑誌もあって、新刊は殆ど読んでいる積りだ。

 今日健太の手元に届いたのが「ハワイ・アイ」4月号。
カラー刷りで100ぺージほどの、「アロハ・ストリート」と並んで人気のある雑誌だ。

 さてその「ハワイ・アイ」4月号の特集は、「メイドイン・ハワイを味わう」!
なるほど、沢山のメイドイン・ハワイの食べ物があるからね。
で、その「ハワイ・アイ」4月号の中では幾つかの食品工場に取材に行った記事が載っていた。
1.「ハワイアンホースト」2.「アロハ豆腐」3.「ライオンコーヒー」、、、などなど。
どれもハワイを代表する食品。
多分皆も1,3、については良く知っていると思うので、今日は2について一寸話したい。
まさか豆腐を日本への土産として買わないもんね、、(笑)!
いや、もしかしてこれからはそんなみやげ物も有かも知れないよ!!!

 「ALOHA TOFU」やっぱりこう書かなきゃピンとこないなあ、、。
何処のスーパーにも必ずおいてあるこのアロハ豆腐、ハワイの食卓には決して欠かせないローカル食材だ。
ハワイにはその他日本の食品を作っている会社が沢山ある。
味噌醤油はもとより「こんやく」や「さつま揚げ」「ちくわ」「蒲鉾」「なると」「ラーメンの麺類」「タクアン」「漬物」、、枚挙に暇がない!
そのどれもが、ハワイではかなりの歴史がある。

 アロハ豆腐は1950年の創業、今は3代目が継いでいるそうだ。
ところがこの「アロハ豆腐」、健太には切っても切れない縁にあるのさ、、、。
今を去ること36年、、いやもっと前、健太達バンドメンバーはホノルル空港に着いた。
スーツケース一つに一本のエレキ・ギターとアンプ。ちびた財布にはなけなしの80ドルが小さく畳んで入っていた。それが全財産、、、。(健太のなんちゃて、サクセスストーリー参照)。
当時健太達のバンドはハワイで大人気を博したけど、金は何時もなかった。メンバーは夫々日本に送金していたからね。

 そんな時、バンドがはねると、何時もローカルのお客さんたちが健太達を毎朝朝食に誘ってくれた。金もなく腹をすかしていた若い健太達にとってこんな有難い事はなかった。
その中に「バスター(壊し屋)」の異名をとる男がいた。
痩せて背はそれほど高くなく、度の強い黒縁のめがねがやけに顔に比べて大きかったのが印象的だった。
彼は健太達を徹底的に面倒見てくれた。
自宅に連れてって家族を紹介してくれては、腹をすかした健太達にたらふく食べさせ、健太達がデートで車がいると言っちゃあ、自分の「サンダー・バード」を惜しみもなく貸し与えてくれた(あのサンダーバード、かっこよかったなー、、、笑)!
後で知ったんだけどバスターはそんな時、自分はバスで仕事に出かけてたんだ、、、(涙)。
それに免許がないメンバーには、自分から進んで免許取得を手伝ってくれた。
また彼はボーリングが好きで、健太達を良くボーリングに連れて行ってくれたっけ、、、。
あの頃日本では空前のボーリングブーム、メンバー全員ボーリング漬けになっていた。もちろんメンバー全員のボーリング代は彼が払ってくれていた、、、。

 その彼が「アロハ豆腐」の2代目だったのさ、、、。
噂では親と仲たがいして、あのアロハ豆腐とはとっくに関係がなくなっているらしいけど、あれから35年以上、彼の消息はようとして知れない。
馬鹿な話さ、あの頃の健太達は人気者だから、みんなが群がって面倒を見てくれるのは当たり前だと思っていたんだろうね、、。
大した感謝もしないで別れたままになっている、、(汗)。
彼の消息が分かれば今すぐにでも会ってお礼を言いたい。

 そんな思いを秘めて、とんまの作るアロハ豆腐入りの味噌汁を食べると、たまらなく胸が熱くなる、、、。そして、
<ハワイにもこんな美味しい豆腐があるんだー!!>
心からそう叫びたくなる!

 写真上は今日見に行ったコンドからの景色。こんな風に海も見えるし、横のラナイからはダイアモンドヘッド、後ろにはタンタラスまで見える、、、。ハワイの観光スポットを、一度に3つも手に入れられるコンドだったけど値段が、、、(汗)。下は、「ハワイ・アイ」4月号の特集記事!

Imgp1322
 

| | Comments (8) | TrackBack (0)

March 30, 2007

美しい日本、そしてハワイ、、

Imgp1320
 
 安倍総理の「美しい国」を自分なりに捕らえようと公明党の太田昭宏氏が、外国人に会うたびに尋ねたそうだ。
「日本は美しい国ですか?何が美しいですか?」
その答えは、
「終身雇用が素晴らしい!」
「健康保険が美しい。貧しい人でも皆救って行く精神がある!」
一方安倍総理自身は、
「明治、大正期に外国人の多くが日本を称賛した。
アインシュタインは、謙虚さと質素さ、純粋で静かな心、これらを保って欲しいと述べた。質素で立ち居振る舞いが美しい日本でありたい!」(3月29日朝日新聞朝刊より)。

 なるほど、じゃあ健太は「美しいハワイ」を考えて見たい。
この際上をならって、ハワイの景色の美しさを除外して述べる事にしよう、、。

 何と言ってもハワイの美しさは、
「アロハ・スピリット」!
よそ者を明るく温かく迎え、ハワイ滞在をより楽しいものにしてもらおう、ってことだ。
それは南国育ちならではの大らかな包容力と、優しさから来るもの。
だから住民たちも滅法フレンドリー!

 そしてハワイアン・タイム。
約束の時間はあまり守られない。
要するに「何をあくせくしてるんだよ、、」って事さ、、、(笑)!
もちろんビジネスの世界では 、幾らハワイと言えどもそれは許されないけどね、、、。

 また一昨昨日アップしたけど、あの「エディー精神」!
彼の行動はハワイの素晴らしさ、美しさを間違いなく象徴している。

 しかし考えてみよう、
今の日本は本当に美しいだろうか、、?
今のハワイは本当に美しいだろうか、、、、。
日本の事は皆さんの方が良く知っているので、健太は今のハワイをそんな意味で振り返ってみよう。

 健太がハワイに初めて来た頃は、ハワイの住民は驚く事に何処の家もドアに鍵など掛けていなかった。泥棒がそれ程少なかったのさ!
ところがどっこい、今そんな事をして外出したら最後、帰宅したら何も残ってないだろうね!

 「大家さん、一寸家賃待ってください。今月はお金がなくて、、、」
「良いよ良いよ、ある時に持っていらっしゃい、、、」
一体何度健太はそうした心の広い大家さんに助けてもらった事か、、、(涙)。
ところがどっこい今は、
「健太さん、来月出て行ってください!」
「えっ、で、でもそんなに急に言われたって、、、」
「行くところがない?あっそう!ま、無理にとは言わないけど、その代わり家賃を来月から上げさせて頂きますよ!」
ま、これはたとえ話だけど実際に日常茶飯事!

 つい最近カイムキの「コロンビア・イン」が営業を停止しなきゃならない羽目にあった。家賃が倍以上に跳ね上がったからだ。
コロンビア・インは健太達が初めてハワイにきた時からあった老舗レストラン。
ローカルの家族連れに絶大な人気があったと言うのに、、、。
また、健太とムービーマンがこよなく愛した「マカレ-・チャプスイ」も、おなじ理由で閉店した。
最近そんな話がはいて捨てるほどある。

 「家賃が倍以上に跳ね上がって、どうやって営業できるんだ、、、」
マカレ-・チャプスイのオーナーは、
そんな家賃じゃ今まで「5ドル」で出してたランチを「15ドル」にしなきゃやっていけない!」と、悲しそうに言っていた、、。
資本主義社会。当たり前な事と言われてしまえば二の句が告げない。
しかし、あのハワイの大らかさ、寛容さ、優しさ、思いやりの精神は、一体何処へ行っちゃたんだ!

 こうなってしまった理由は明白だね!
「泥棒を平気でやる奴」、「せこく金儲けだけを考えてる嫌な奴」、
また「そんな考え方を持ってきた奴」が、
どこからかこの「平和だったハワイ」にやってきたって事だね、、、、。

 写真は今日のロイヤル・ハワイアン通り、両替やさんの隣辺りの空です、、、(笑)! 


| | Comments (9) | TrackBack (0)

March 29, 2007

ワイキキもてもて男!

Imgp1316
 
 困った事に健太は自分が年をとっていると言う自覚が、まるでないらしい。
まだまだ新しい事に挑戦できるし、若い娘にももててると思ってる、、(笑)!
何の事はない、要するに「お目出度いおっさん」だって事だね!
 
 しかし人間幾ら歳を取っても、常に前向きで行かなきゃいけないと思うんだけど間違いでしょうか?
ただ、時々突然現実を目の前にしてしまう事もある、、、。

 今日もある大手旅行社H社の皆さんに、ホテル見学に来てもらった。
何しろ、4月からは新ブランドになる健太の勤めるホテル、出来るだけ沢山の人に見てもらいたいからね。

 MAC 247でランチを皆さんとしたんだけど、互いにあまり知らない同士。
顔や名前は知っていても、その出身地や、趣味などにはまるで知らないよね、、、。
そこで今日も、自己紹介かたがた、健太の略歴を話したら、
「えつ、健太さんミュージシャンだったんですか?なんていう歌を歌ったんですか?」
なんてH社のマネージャーさんに聞かれた。
「Yあるもの、って言う歌なんですよ!」
自慢げな健太、、、。何しろ公称100万枚売れた歌なんだから!
するとそのマネージャーさん、いとも簡単に、
「へー、僕は知らないです。今度、国のお袋に聞いて見ます!」

 そうだよな、、、。皆若いんだもん、幾ら健太が若い振りして一緒になってみんなと話したって、彼らがそんな古い歌知ってるわきゃないよ、、。
でも、確かにそのマネージャーさんのお母さんなら、知っていてくれるに違いない、、。

 などと、今日は現実を見せられちゃいました、、、。
かと言ってそれに懲りてはいないよ!健太は何時までも、新しい事に挑戦して、これからも精神的若さを保って生きたいと思ってる、、(笑)!
 
 写真は今日MAC 247にきてくださったH社の皆さん!若い皆さんにもてた積りの健太でした、、、(笑)!

| | Comments (12) | TrackBack (0)

March 28, 2007

真犯人はだれだ!

Imgp1315
 
 
 あんまり仕事が暇で、困ってます、、、(笑)
「困ってますなんていって、笑ってるじゃないか!」
なんて言われそうだけど、こうなりゃ笑うしかない、、。

 ハワイ旅行は、一般旅行者の外に沢山のグループ旅行で賑わっていた。
しかしこの何年かの間にそのグループ旅行の数が激減している。
1970年代、農協さんグループの旗を持って先頭を歩くあの添乗員さんの姿、本当に懐かしい。
正にあれは、ハワイにとって「よき時代」だよね!

 その後、会社の報奨旅行なんかも皆ハワイに来てくれていた。
報奨旅行だから、当然宴会場を用意して社員の表彰式なんかも有って、ホテルにとってとても良いお客さんだった。
そんな時代は1990年代後半まで続いてくれた。
その間1980年代後半からは少しずつ高校生の「修学旅行」なんかもやってきたけど、そうした動きは911の後極端に下降線を辿り始めて、今年に入って最悪の様相を呈している、、。

 様々なその原因、つまり犯人をこのブログでも、「あーだ、こーだ」と散々述べてきたけど、
大きな目で見ると「ホテル代が上がった」とか
「航空会社のサーチャージが、、、」なんてのは、真犯人とはいえない!

ずばり、2つの原因!
1. 日本人がお金を持ってないんです!
2. 日本人は先行きが不安なんです!

 この2つの原因がしっかり絡み合ってる。
日本人の預金総額は1400兆なんていったって、使える金はそんなにありゃしない、、。
でも先行きに希望がもてれば、今持っているお金を使ったって一向に構わない!
また人は、お金がなくても将来に大きく希望さえ持てれば、借金してでも旅行をするだろう!
ところが今の日本、先行きに不安ばかり、、、。
仕事の事、家族の事、教育の事、年金の事、、、、、、。
はっきり言って全べてに不安だらけ!

 何故だろう?
日本国民は「政府にはもう何も期待できない、、」って諦め切ってしまったんじゃないの?
だって日本の政治に一般国民は散々だまされ続けてきたんだ!

 「毎月積み立ててゆけば、老後は心配ありませんよ!この年金がありますからね!」
買いたいものも買わずに、、、とは行かないまでも、一生懸命積み立ててきたのに、ここに来て、
「自分たちが引退する頃、年金はもらえるかどうか分からない、、、」
なんて事になってる!
こんな馬鹿な話どこにあるんだ!
一般人がこんなことしたら、詐欺罪で捕まるよ!

 今年から団塊の世代がそこそこの金を手中に収める。
そいつを狙ってあらゆる業界が、何とか彼らの財布の紐を緩めようと画策しているようだ、、。
でもね、団塊の世代だって馬鹿じゃない、
この不安な状態で、一体誰がハワイに来て思い切り金を使えるのさ!

 つまりハワイ旅行の業績を悪くしている真犯人は、、日本政府だ(怒)!

 写真上は今日のパンチボール。ドクター定期健診に行ったとき、病院のパーキングからパシャリ!ごめん逆光で一寸暗かった、、(汗)。下は今朝ホテル見学にわざわざ福岡から来てくださったN旅行者のMさんとAさん!MAC247にて、、、。お客さんを、たくさんハワイに送ってくださいね、、、(笑)!
 
Imgp1314

 


 


| | Comments (12) | TrackBack (0)

March 27, 2007

ハワイの格言、、、

Imgp1303

 「サーファー」の間で有名な言葉に、
「Eddie Would Go!」って言うフレーズがある。
ブログ友のサーファー、 「なんとなく、すごしてます?」の秀蔵さんが以前教えてくれた言葉、、。
この言葉、どうやらサーファーなら誰でも知っているらしい、、、。
例えどんなに危険な波でも、
「Eddie Would Go!」=「エディーなら行くに決まってるさ!」
って事だ。

 興味があったので色んな人たちに、このEddie Aikauの事を聞いて見た。
エディーは1946年マウイ島に生まれ。
オアフ島に移住した彼は、誰もが恐れをなして尻込みするノースの「どでかい波」を、いとも簡単に乗りこなしてしまった事で一挙にその名をハワイ中に響き渡らせた。
卓越したサーファーとしての能力と、持ち前の勇敢さを生かしたエディーは、後にワイメア・ベイのライフ・ガードとなって、何百人もの命を救うという快挙を成し遂げる。
それらの功績から1971年、ライフセーバーとして最も勇敢な者に与えられる「ウオーターマン」の称号を受ける。

 かつてポリネシア人たちはカタマランと呼ばれる双胴船に乗り、星を頼りにポリネシアの島々を転々と航海しては、安住の地を求めた。
1978年、タヒチからハワイへと航海する双胴船“ホクレア号“による、そうした昔ながらの航海を模した船旅にエディーは参加した。
しかし不幸にも“ホクレア号“は、モロカイ沖30キロの海域で船底に穴が開いて沈没してしまう、、、。
沈没と同時に、船に積んであったサーフボードでパドルしたディーは、助けを求めてモロカイ島へ向かったが、その後彼の消息はようとして知れなかった、、、。

 彼は人の命を守るために一生を捧げた勇敢なサーファー!
例えどんな場合も自分の本分をわきまえて難関に向かってゆく!
結果ばかりを意識していては、成功はありえない。
エディーはそうして海の藻屑として消えて行ってしまったけれど、
彼を称えて残された格言「Eddie Would Go!」は、
サーファーばかりではなく、世界中の誰もが勇気付けられる素晴らしい格言として、沢山の人々の心に残って行くに違いない!!

 写真上はワイキキの今日の日差し。ハワイにも夏が近付いている、、、。下は今年のハワイアン・エアラインのカレンダー「Eddie Would Go」のアーティクル!!

Imgp1312

| | Comments (16) | TrackBack (0)

March 26, 2007

ワイキキを歩くだけで罪、、

Imgp1304

 「この世に生まれてきたこと事態、既に人は罪を創っている!」
そんな事を聞いたことが有る、、、。
確かに人は、地球を汚してはあちこち破壊してゆく、、。
でもそれって、凄くネガティブな発想のような気もする、、。
物は考えようでどうにもなる。表があれば裏もある!
人はきっと、何らかの大きな目的を持ってこの宇宙に生かされているに違いない、、。
それが何んだか分らないけど、死ぬまでには何かそれについて健太なりに発見したいとは思っている、、、、(笑)!

 ま、そんな大それた事はともかく、
この2、3年のうちに、健太のまわりの人間が少しずつあの世へ旅立って行った。
その連中のことを考えると実に辛い、、、。
亡くなって行ったことに辛さを感じてる訳じゃない。
この前も書いたように、むしろそうした彼らには、
「厳しい人生、良く頑張ってまっとうしたね。ご苦労さん!」ってねぎらってやりたい気分。
健太が辛いのはそうじゃなくて、実はその連中に借りを返さないうちに行かれてしまったことなんだ、、。
<あいつにはあんなに世話になったのに、何にもしてやれなかった、、>
<あの方たちには、恩返しも出来ないまま、、、、>

 でも、さっきも言ったように物事には「表もあれば裏もある!」。
先に行った彼らにして見れば、逆の方が死んでも死に切れなかったかも知れない。
つまり、
<あー、健太に借りを作ったまま行くのは辛いなー、、>
と言うより、
<健太に貸しがある、俺はあいつのために色々してやった。思い残す事はない!>
って思った方が、成仏できそうだ、、(笑)!

 しかし、そうして世の中を「貸し、借り」で考えて見ると健太の人生、圧倒的に「借り」ばっかりだ。
家族にも借りだらけ、友達にもかりばっかり、、、、。
うーむ、これじゃあまだまだあの世には行けない健太です、、、、、(笑)!

 写真は今日のカラカウア通り2222番地、ガレリアの隣だ。健太はここを歩いているだけでも罪なのか、、(笑)!でも警察の取締りは最近歩行者に対しても凄く厳しくなった。
くれぐれも「ジェー・ウォーク(横断歩道のないところで横断する事)」でポリスに捕まらないようにね!罰金が70ドルとも90ドルとも聞くよ、、、、(汗)!


| | Comments (10) | TrackBack (0)

March 25, 2007

ダッシュボード・カバー

Dash2

 ハワイの直射日光は、想像をはるかに超えて強力だ。
ビーチに行っても、決して一挙に日焼けをしようとしないこと!
人によっては半日で火傷をしてしまう、、、。
もちろん紫外線も強いし危険極まりない!

 そいつは人間だけではなく、あちこちに影響を及ぼす、、、。
特に車は直射日光を受ける機会が多いので、ペイントをいためたりシートをだめにしたり、、。
車内で一番その影響を受けるのはダッシュボードだ。
健太の家のパーキングは屋根が付いてないので、休みの日なんか諸に太陽を浴びて、
車の屋根やダッシュボードは鉄板焼の鉄板のように熱くなる!
通常ダッシュボードの材質はプラスチック。
何年かすると、水の枯れた田圃のように、ひび割れが入っちゃものもある。

 そこで考えられたのがダッシュボードカバー、或いはダッシュボード・マット。
皆の中には、そんなカバーをハワイに来て見たことの有る人もいると思う。
人によっては「飾り?」んなて言うけど、ハワイにはハワイなりのそうした特別の配慮が必要だ、、!
でも、日本にも有るのかな、これって、、?健太はこいつ、日本でまだ見たことないけど、、、、。

 飾りにしちゃああまりにも味気ないけど、時には名前を刺繍したりして皆結構楽しんでる、、。
そんな訳で今日は健太のニッサンクエスト用に、パールシティーの方に行ってそいつをオーダーして来た、、。
写真のダッシュボーは、有るウェブサイトからちょっくら拝借しました、、、(汗)!
下の写真は今日のランチ。健太のジャンボジャックと、とんまのタコス。相変わらずジャック好きな健太です、、、(笑)!!

Imgp1299

| | Comments (43) | TrackBack (0)

March 24, 2007

スズメ百まで、歌忘れず、、、

Imgp1293

 「スズメ百まで歌忘れず、、」
昔の人は面白い事を言ったもんだ。
「一度覚えた事はなかなか忘れるもんじゃあない、、」ってこったね!
人間で言えば自転車なんか一度乗れるようになったら、
何十年振りに突然乗っても、ちゃんと乗れるようになってる、、、。

 健太が肩を手術して4年半。腰が痛くなって1年半位。
あれほどやっていたゴルフもすっかりご無沙汰している。
何しろバブルの頃は週に2,3回コースに出ていた。
オフィスで仕事をしているとホテルの総支配人が来て、
「健太、オフィスなんかにいないで、お客さんを誘ってゴルフに行きなさい!」なんて怒られたもんさ、、(笑)!

 そんな訳でこのブログでゴルフに行ったことを載せたのは、かれこれ1年半程前の事、、。
不思議なもので、あれほどゴルフに狂っていたのに一端やらなくなると、どうでも良くなっちゃう、、。
色々誘われても、「いやー、肩を手術したんでちょっと、、、」なんて断ってきた。
それがだ、この4月業界のゴルフトーナメントがあって、ホテルの新しい総支配人の命令でどうしても断り切れなくなっちゃったんだ、、(汗)。

 「とんま、打ちっぱなしに行こうか!」
とんまも911の後忙しくなってゴルフに殆ど行ってない。
「そうだね!でも健太、腰は?」
「うん、今日は体調も良いんで何とかいけそうだ、、」

 ってなわけでランチの後、アラワイ練習場に!
軽く練習スイングしてみると、
<オー、良い感じ!何とかボールが打てそうだぞ!>
7番アイアンを出してとんまに言った。
「とんま、健太の1年半ぶりの最初のショット見てくれる?」
「OK!」
アラワイ練習場のボールは半分はボロボロのジャンクボール。
アイアンの練習には何時もそのボロ・ボールを使って、比較的良いボールはードライバーに使う。

 人工芝マットの上にそのボロ・ボールを載せた健太。
ターゲットを150ヤードに定めて、ゆっくり構えた、、。
今日のワイキキは快晴。ジリジリと太陽が健太を照りつける。
すでに額から汗が流れ落ちてきた!
「じゃあ、行くぞ!」
ミスヒットの一番の原因は、ボールと頭の間隔が狂って体が上下してしまう事。
体が低くが下がれば、ボールの手前を打っちゃうし、
逆に体が伸びて頭が上がればボールの上を叩いちゃう、、、。
しっかり頭の位置を動かさないようにゆっくりテークバックをした。
トップを確認したら、一挙にクラブヘッドをボールめがけて打ち下ろす健太!
<トン、、>
軽い人工芝のマットを打つ音と共、ボールは勢い良く飛び出した!
「ナイスショット!」
とんまが手を叩いて声を上げた!
ボールは150ヤードの標識の少し手前に落ちて転がって行く、、、。

 すずめ百まで歌を忘れず、、、。
健太百までゴルフ忘れず、、(笑)!
その後ドライバーも真っ直ぐ200~250ヤードの看板めがけてビシバシ飛んで行った!

 「Aさん、ナイスショット!」
写真はアラワイの打ちっぱなしで久しぶりに会った、ドライバーのAさん。Aさんは元ボクサー、そのパンチ力は抜群!良く飛ぶよー、、、(笑)!

| | Comments (9) | TrackBack (0)

March 23, 2007

この子は将来海外で生活する!!

Imgp1289

 何て人の命は短いんだろう、、。
一昨日高校時代の親友の一人から、4人の親友のうちの一人「K.I」がこの世から去っていったと連絡が入った。

 死が人間にとって悲しい事だとは思わない、、。
その人が何歳で亡くなっても、その人は自分なりの命をまっとうしただけの事。
むしろ、「頑張ったね!」ってねぎらってやるのが正しいような気がする。
いくら心でそう思っていても、その知らせを聞いた健太の目からは熱いものが流れて止まなかった、、、。

 試験勉強だといっては互いの家に泊まって、ろくに勉強などせず語り明かしたあの青春時代、、、。
将来の事、勉強の事、家族のこと、女の娘の事、、、。話は尽きなかった。
今の健太は、あの時の語らいの成れの果てだ、、、。

 あの頃から健太は「俳優になりたい!」って言っていた。
その言葉の通り、健太は俳優になった。
売れない俳優健太を、その4人の親友は影に日向に応援してくれた。
更にミュージシャンに転向してからは、その応援は過熱して、あの健太達のデビュー曲「Yあるもの」のヒットは彼らの後押しがなくて決してありえなかったと今でも信じている!

 そうした力強い支えの一つが無くなったしまったと思うと、一挙に虚しさが込み上げてくる。
まだまだ、これから健太にはやらなければならないことが残っていると言うのに、、、。
しかし、「K.I」はきっとあの世に行っても健太を応援し支えてくれているに違いない。

 そんな話を仕事仲間にしたら、「Do you believe superstitious?」って言われた。
スーパーステイシャス=迷信、って事だけど、
健太は結構信じる方。

 お恥ずかしながら健太は3回結婚をしている。
最初の結婚の時、周囲から猛反対を受けた。
暦で相性が悪いと言う。
<そんな馬鹿な!年寄りの話しなんて聞いてられるかってんだ!>
周囲の反対を押し切ってゴール!
結果は惨めなものだった、、、。
2度目も同じく猛反対を食らった挙句、最悪のかたちで別れた、、、。

 しかし不思議な事に、とんまとの結婚は誰からも反対されなかった、、、。
何よりも驚いたのは、こうした事に必ず反対する「おっかさん」が、
GO!のサイン!!狐につままれた感じだった。
とんまと結婚して何年かして、高島易断かなんかの暦を見て驚いた!
確かに、健太の1回目、2回目の結婚相手はどちらも「凶」と出ている。
しかしとんまとは「大吉」とあったんだ!

 おっかさんは健太が生まれた時、健太の将来を占ってもらったらと言う。
易者はいみじくも、おっかさんに言ったそうだ!
「この子は大きくなったら、、海外で生活するでしょう!」

 写真は今日のワイキキの様子。この後夕方5時半ごろ、消火栓の故障でカラカウア通りが渋滞。健太は営業からオフィスに帰るのに40分もかかちゃった、、、(汗)。


 

| | Comments (18) | TrackBack (0)

March 22, 2007

置き去りの日本、、

Imgp1278

 もめ事の耐えないこの人生、、、。
実生活で最も我々が遭遇する揉め事の一つに、
「言った!」「いや聞いてない!」
「聞いてない!」「いや、言った!」
ってのがある、、。
こんな会話は双方自己主張をするばかりで、幾ら続けても答えが出てこない、、。

 この「口約束」、日本では実に大切なもの。
特に家族内、友達同士では日常ごく当たり前に交わされている「約束事」だ。
しかしこれが一旦ビジネスに持ち込まれると、実にややこしい。
「いや、貴方の言葉を信頼して話を進めてきたのに、、、」
「貴方の言葉を信じなくて、一体誰の言葉を信じろって言うんですか!」

 さすがの日本も、最近ビジネスにおいてはしっかりと契約書を交わすようになっている。
それでも極親しい間柄ではビジネスにおいてさえ、まだ口約束はある。
「契約書」なんて言う言葉を出す事自体、まるで相手を信頼していないように取られると、互いの信頼関係にひずみを生じる場合が多いからだ、、。

 世の中はどんどん進歩してゆく。
今やメールのないビジネスなど考えられない。
この10年の間、あっという間に人間社会に入り込んできたこのメールだけど、
実はこいつも完全ではない。

 「その件に関しては、メール送っておきましたよ!」
「いや、そんなもの受け取っていませんが、、、」
重要な書類に関しては、相手がファイルを開けたかどうか確認できるシステムも有るけど、それとて万全ではない。
「ちゃんとメールを開けたって、こっちには記録があるんですがねー、、、」
「いや、そんな覚えはありません!」
こんな事は日常茶飯事!
だからこうした重要書類に関しては、必ず相手から、「これを読みました」と言う返事を貰っておかなきゃならない。

 人を信じられない、、、。
淋しいことだ。
古来の日本における信頼関係。
実に美しいと思う。
安倍総理じゃないけど「美しい日本」だ!
しかし現実は厳しい。
そんな事を言ってたんじゃ、この世知辛い世の中から置いてきぼりを食らっちゃう、、、。

 昨今の日本、「世界中から置いてきぼりを食らっている!」と
思うのは健太ばかりだろうか、、、、、。

 写真は以前にも載せたと思いますが、ヌアヌに有る「金閣寺」。係りの人が、「ゴールドハウス」って言ってたのでそれでいいんだと思います、、、。ハワイにも日本の素晴らしい文化を伝える、こんなものが有るんだ、、。辺りに咲くオレンジの花、「アフリカン・チューリップ」、ハワイならではの光景だね、、、。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

March 21, 2007

空いてるワイキキ、、

Imgp1283

 成功者を見ると、「俺もあいつみたいになりたいなー!」
なんて夢を見るし、
失敗者を見ると、「俺はあんな風にはなりたくない、、、」
なんて思う。

 じゃあ成功者を見て、そのまま彼らの真似をすれば自分も成功できるんだろうか、、、?
以前にも書いたけど健太はそうした「サクセス・ストーリー」や、成功のための「How to、、」ものが好きで、良くそんな本を読んだ。
少なくてもその本の中に書かれてあった「成功の秘訣」などの殆どは健太もやって来ていると思うけど、成功はしていない。
精々「健太のなんちゃって、サクセス・ストーリー」(まだ見てない人は是非クリックして!)が関の山、、、(笑)。

 一方「失敗ストーリー」なんて本はないし、「How to fail」なんて言う本もない。
しかし「サクセスストーリー」の中では必ず
「何度かの失敗があった上の成功である!」と、彼らは力説して止まない。

 昨日ワイキキを歩いていたら「健太さん!」って声が掛かった。
振り向くと、この業界の草分け時代、大手旅行社のベテランとして活躍していたOさんだった。
しかしあの頃とはうって変わって精彩がない。
「Oさんお久しぶり!お元気ですか?」
「いやー、参りました、、」
彼のその一言で、健太は彼が何か言いたいかすぐに分かった。

 そう、彼があの大手旅行社で活躍していたのは今を去る25年前の事、、、。
あの後彼はその大手旅行社を辞めて、マネージャーの肩書きで他の旅行社に移籍した。
マネージャーとなれば給料も上がるし、思い切って仕事が出来ると思ったに違いない。
しかし残念なことに、移籍先では思ったような待遇が受けられず悶々としていた。挙句の果てに、その後の911でレイオフ(解雇)されてしまった、、、。
そして現在、他の新興大手旅行社の平社員として働いている。
初めにいた大手旅行社に残っている当時の同僚たちは、既に部長級ばかり、、、。
彼がしょげるのは痛いほど良くわかる。
健太はありのままの一言をOさん言った。
「Oさん、あのままあの会社に残ってたらね、、、、」
Oさんはふと目を伏せるようにして言った。
「健太さん、生意気だったんですよ、僕は、、、、」

 彼は自分の実力を過大評価していたのさ。
あの一流の旅行社でバリバリ仕事をしていた時、同僚のたちが「チーフ」になって行ったり、「アシスタント・マネージャー」に昇進していくのを見て、
<俺はあいつより仕事が出来るのに、、、、会社は見る目がない!>
と思ったんだろうね。

 上昇志向の高いのは良い事だ。
しかし自己評価を適切にしないととんだ事になる。
Oさんもかれこれ50歳近くなったと思う。
もう同じは失敗は繰り返さないだろう、、。
平社員、いいじゃないか!
彼には他の社員にはない素晴らしい経験がある!
5、6年の経験しかないその辺の社員には足元にも及ばない、25年間の重みをしっかり見せてやれば良い!
それは何処に出しても恥ずかしくない立派な「勲章」だ!
そいつを生かしてしっかり仕事をしていれば、
きっとまだチャンスはある。
頑張れOさん!

 写真は今日のワイキキ。あまり良い波じゃないみたいですが、サーフーの皆さん如何でしょう、、(笑)?
でも、やっぱり少しお客さんが減ってるよね、、、(汗)!


| | Comments (14) | TrackBack (0)

March 20, 2007

ハワイ三重の塔、、

Imgp1276
 
 健太はホテルに勤めるサラリーマン。
他にも色んな顔を持つけど、なんと言っても生活の糧はそこから得ている。
何時も口をすっぱくしていっているように、ハワイの給料は激安、何時も金はない。
過去に色々儲けてやろう、、なんて思って「株」をやったりしては見たものの結局どれも大した稼ぎは生まなかった。

 しかし世の中の賢い奴らはそんな健太をよそに、どんどん金を稼いでいる。
何時も「金が全てじゃあないよ!」とか、
「金で幸せは買えない!」とか言ってはいる健太だけど、やっぱり金は欲しい、、、(汗)。

 今、盛んに「BRIC(ブリック)」とか「VISTA(ビスタ)」なんて事が叫ばれている。
最初は何の事かと思ったら「BRIC」、
Bは「ブラジル」
Rは「ロシア」
Iは「インド」
Cは「チャイナ」
の事だと言う。
つまり、これから経済的に大いに発展してゆくと予想されている国々だ。

 次の「VISTA」、
Vは「ベトナム」
Iは「インドネシア」
Sは「サウス・アメリカ」
Tは「トルコ」
Aは「アルゼンチン」
と、その後に続く国々だそうだ、、、。

 話しによると、そうした国々の株の中には、どんどん上昇していて、
一年のうちに数十倍になったものがごろごろあると言う。ベトナムの株の中には、短期間に100倍になったものも有るそうだ。
今世の中には、そうしたかたちで巨万の富を得ている奴がごまんといるに違いない、、、。

 一方、ラスベガスのギャンブルで儲ける確実な方法があると言う。
「スタンフォード」の学生たちが編み出した「ブラックジャック」の賭け方だ。
この連中を「カウンター・カードリーダー」と呼ぶらしい。
「カードリーダー」たちは「ブラックジャック」において次に来るカードの確率を計算して割り出したつわもの達。その確率は、見事なまでも彼らを勝利に導くと言う!
ただ、カジノではこの「カードリーダー」たちを断る権利があるんだとさ、、、。
でも君が一寸研究してこの「カードリーダー」になれれば、思いっきり稼げる事請け合い、、(笑)!

 いずれにしても、こいつあどちらも研究して見る余地がありそうだ、、(笑)!

 写真上は久しぶりにアップの、ヌアヌにある三重の塔。シャワーツリーに囲まれて不思議な雰囲気をかもし出している、、。
下はワイキキ・ショッピング・プラザの1階で特別出演していた、プレスリーそっくりさんの「ジョナサン」さん、、、(笑)

Imgp1280

| | Comments (11) | TrackBack (0)

March 19, 2007

虹、でかしたとんま!!

Dsc09845
 
 「アメリカの景気が少し減速している」、と言う話を最近良く耳にする。
確かにホテルビジネスを一つとっても、去年一昨年よりかなりブッキングペースが落ちている。
それと不動産も過去2年間の動きよりずっと鈍くなって来ているようだ。

 かと言って不動産の値段はそれ程下がって来てはいない。
特に中間価格帯のコンドに関しては、むしろ多少上がっている物もある、、。
つまりとんまと健太は去年の秋ごろ、「多分コンドの値段は下がる、、、」と踏んだ。
確かに高級コンド、或いは高めに設定してある物件は少し下げてきている。
しかし健太達の求めている価格帯の物は、据え置き、或いは物によっては上昇しているものもある、、、。
つい先だっての全世界株安も、ここに来て「大した不安もない!」、
と投資家たちは見極めたに違いない、この、2、3日堅調な推移を見せ始めている。
また「円」も「上がる上がる!」と言われながら大した動きを見せない。

 一体これらの動きは何なんだ!
結果だけこうして見るとかなり安定期になっているって言う事なんだと思うけど、何かが変だ。
どこかしっくりこない!

 ブッシュ大統領は今、イラクへの増派に伴う多額の軍事費を計上している。
昔から政治家たちの間では、
「経済が悪くなったら戦争を始めろ!」なんて事がよく言われて来た。
国が金を使う事で金に動きが出る。
兵器に金を掛け、兵隊たちに金をばら撒けば必然的に経済の活性化が見込める。
確かにイラク戦争を始めてから、アメリカの経済はかなりよくなって来ている。
しかしブッシュにしたところで、
「経済を良くするために戦争を始める!」なんて口が避けても言えなかっただろうし、
「経済を安定させるために、更なる軍事費を計上する!」など言える訳がない、、。

 どうやらこのアメリカ経済安定の裏側には、そんなからくりがあるのかも知れない、、、、。

 写真は今朝、うちのコンドから見たワイキキ方面に出た虹。
この方向に虹が出るのは極めて珍しい、、、。とんまが撮っておいてくれた。
でかしたとんま、、(笑)!

| | Comments (9) | TrackBack (0)

March 18, 2007

ハワイの観光スポット・トップ3

Volcano

 今朝のホノルル・アドバタイザー紙に去年のハワイ・ナショナルパークのランキングとのトータル・ビジター数が発表された。
 
トップは3は例年と同じく、

1. ハワイ島ボルケーノ  1.6ミリオン
2. アリゾナ・メモリアル1.55ミリオン
3. マウイ島・ハレアカラ1.47ミリオン

の順だ。

 その他、
モロカイ・カラウパパ、
ハワイ島・プウコハラ・ヘイアウ、
ハワイ島プウホネア・オホーナウナウ、
ハワイ島コロコ・ホノコーハウ、、、の順。

 こうしてその人気度を改めて知らされると、実にハワイ島の人気が高い事に驚く。
確かにハワイ島は、オアフ島やマウイ島そしてカウアイ島と趣を異ににしている。
キラウエアの活火山では「生きている地球」の息吹を感じ、スターゲイジングを体験する事でこの宇宙の神秘と偉大さを身近に感じることが出来る。
また島全体の景観はハワイ諸島の中では一番面積が大きいことから、自ずと自然の雄大さを、また手付かずのその自然は古代ハワイの姿そのまま感じることが出来、見るものに感動を与えずにはいられない、、。

 他島でまだハワイ島に行っていない方がいたら、是非一度!!

お詫び:3月13日、3月16日のコンドの名前が「ワン・ウオーター・フロント」と間違ってましたので、ここにお詫び申し上げます。正しくは「モアナ・パシフィック」でした、、、(汗)!

| | Comments (18) | TrackBack (0)

March 17, 2007

タイガーを見ていて学ぶ事、、、

Imgp0946
 
 タイガーの調子がおかしい、、。
スポーツ番組のダイジェストで見てたんだけど、2メートル以内の短いパットが全く入らない、、、。
ゴルファーにはこの辺が入らないとやばい!
特にプロに取っちゃー死活問題だ。
ダブルボギーなんかも叩いてたしね、、、。

 <一体タイガーは今日幾つ叩いて、何位くらいなんだろうか、、、、>
と思いつつ最後までそのダイジェスト版を見てたら、なーんだ、
今日はイーブンパーの70で、トータール3アンダーの10位。
腐っても鯛だよなー!
確かトップが8アンダーだから、まだ明日頑張れば勝てるかもしれない!

 タイガーは何時も夢を与えてくれる。
<今日が駄目でも、明日がある!>
<今に見ていろ!必ず追いつき追い越してやるぞ!>
<例えどんな難関の前に立たされても、決して諦めるな!>
<何事も失敗に学ぶ事の方が多いんだぞ!>
<失敗に学んだら直ぐにそいつは忘れろ!決して後に引きずっちゃ駄目だ!>
<状況を見極めて、強気に行け!必ず、いつかは良い結果に結びつく!>
<自信をもて!失敗を恐れるな!チャンスは必ずやって来る!>
<親を大切にしろ!>
<たとえどんな事でも良い、世の中に貢献しろ!>

 彼を見ていると、健太にはそんな声が聞こえてくる!

 キングカメハメハの銅像をじっと見ていると、彼も何かを伝えたがってるように思えてならない、、、。
彼もタイガーみたいな人だったのかも知れないね、、。負けを知らない勇敢な戦士だったそうだ、、、! 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 16, 2007

ハワイにはお化けが沢山いるからね!

Imgp1265

 相変わらずコンド探をしている(一軒家もあり)。
現在住んでいるところは仮住まいなので、何れ引っ越して行かねばならない。
もう既に3、40軒見てるだろうか、、。

 でも結局最終的にはコンドになりそうだ。
一軒家は庭の手入れなどの面倒があるからね、、。
それに虫が入ってくるのをとんまは極端に嫌がるので、このところ一軒家はその対象からはずされている。
健太は男だから、虫なんぞそれほど気にならないけどね。
ポイントは先ずロケーションが第一かな、、、。
出来たら新しい方がいいに決まってるけど、新しいところは高いよー!
それとここはハワイ!もちろん景色が良いところがいい決まってる!

 ロケーションはワイキキに比較的近い事。
コンドは時々変な構造になっている所がある。例えば駐車場がやけに遠いとか、エレベーターがユニット数の割りに少ないとか、、、。
また洗濯機が変なところにあったり、キッチンが狭すぎたり、、。

 景色に付いては、健太はどうしてもダイアモンドヘッドが見えるところが良い。
朝起きて一番に、健太の守り神様に挨拶が出来れば最高だからね、、(笑)!
もちろん階数も高い方が景色も良いだろう。
しかし時には階数が低くても景色が良いところもある。
例えばワード・アベニューの上のほうはパンチ・ボールの裾になっているんで、それだけでも多分ビルディング30階分くらいの高さがあると思う、、。

 こうしてみて廻っていて気が付いたんだけど、ハワイって結構お墓が多いんだね!
健太達が見に行ったコンドには、廻りにお墓があるところが沢山あった。
そういうのを気にする人もいるけど、健太もとんまもそれは全く気にならない。返ってそれに守られている気がするくらいだ!

 ただ欠点といえば、たまに「お化け」が出ることかも知れない!
「健太のなんちゃって、サクセスストーリー」にもあるように、
ハワイにはお化けが沢山いるからね、、、(笑)!
 
 写真は一昨日も載せた今建設中の「モアナ・パシフィック」。このまわりにお墓は、、、たしかなかった、、、(笑)!でもさ、このコンド見てると目が廻ってくるね、、、。
だって渦巻いて見える!健太の目の錯覚じゃないでしょ、、、?


| | Comments (10) | TrackBack (0)

March 15, 2007

ワイキキ、今年のゴールデンウィークは、、、

Imgp1264

 ハワイの日本人の観光客が減っている。
理由は複合的なもの。様々な要素が複雑に絡み合った結果といえる。

 この事は何度かここに報告しているけど、その構造を細かく分析した訳ではなかった。
今日はもう一歩踏み込んで話を進めたい。

 顧客減少の最大の理由として、航空運賃、ホテル代の高騰があげられる。
この2つがツアー代金を押し上げてしまったのは確か、、。
しかし問題はもっと複雑に絡み合っている。

 2年ほど前からアメリカの好景気を背景に、ワイキキには米本土からの観光客が溢れ始めた。
もちろん、ヨーロッパに行きたかったアメリカ人観光客が、テロを恐れてそのディスティネーションを国内旅行に振った事も大きな理由の一つ。
そんな訳で、予約を早めに入れるアメリカ人観光客によってワイキキのホテルは早期にさばけて行った。
それに引き換え日本人観光客の予約は比較的遅く、日本人がホテルに予約を入れようとしても、既に米本土からの客でホテルは満杯。日本人の入れる余裕がなくなって来ていた、、。

 そうなると困るのはハワイ-日本間のキャリアと日本の旅行社。
幾ら頑張って客を集めてもワイキキのホテルは満杯で取れない、、、。
客もいて飛行機の席も確保できると言うのに、みすみす客を逃してしまう。
これじゃあ航空会社も旅行社も、たまったもんじゃない!

 そこで航空会社はある決断をした。
「日本のお客さんにも、アメリカ人と同じように早めに予約を入れてもらおう!」
そのために考えられたのが、「アーリー・バード」、、。
アーリーバードとはレストランなどで、開店してすぐに来てくれるお客さんには破格の値段で食事を提供しよう言うもの。
つまり今回の航空会社の場合は、
出発60日前、或いは45日前に申し込んでもらえば、それぞれ割引料金を提供しましょうと言うもの。

 確かにこれならワイキキのホテルも確保できて、何とか集客出来そうだ。
しかしこれが逆効果だった。
つまり早めに申し込める人は多少安くツアーを組めるけど、どうしても早く申し込めない客も沢山いる。
出発間際で申し込みたいそんな人たちは、結局高い物、割引料金のない物を買わされてしまう訳だ、、。
これじゃあいざ申し込もうとしても、
「この前までXX万円だったのに、、、」
なんて事を言って、
「じゃあ今回はハワイをやめて他に行こうか、、、」
って事になっちゃう。

 ゴールデンウィークが近づいてきた。
今年は最長9日間の休暇が組めそうだ。
しかしその60日前、45日前の予約状況は決して予断を許すものではない、、、。
一説では現時点で、去年比50%~60%の予約しか入っていないと言う、、、。

 写真は今日のシーサイド・アベニュー。今日も朝方は雨、やっと午後になって青空が、、、。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

March 14, 2007

とても良い国、日本とアメリカ!

Imgp2828_1

 日本とアメリカ、両国とも世界に誇る素晴らしい国だ!
例えば「サービス」って言葉は英語。元々アメリカから入った習慣だけど、
日本におけるサービスはきっと世界一だと思う。

 日本で先ず驚くのは、電車の時間が実に正確なこと!
山手線でも京浜東北でも中央線でも、どこの私鉄でも、たまに事故があった場合等を除いて、電車はぴったりその時間にやってくる。
一分の誤差もない。
これは乗客に対する最高のサービス。
また、日本で車を修理に出せば、実に丁寧に正確に直してくれる。
そしてその納期日もよほどの事がない限り、しっかりと守られる。

 更に、何処の店に行っても綺麗な包装紙、綺麗な紙袋に買い物を入れてくれる。
そして実に丁寧な対応!

 さて同じ問題をハワイに置き換えて考えて見ると、
先ず、バスの時間。
こいつはでたらめ!幾ら待ってもこないと思ってたら最後に3台くらい数珠繋ぎで纏めてやって来る。
次にハワイで車を修理に出してご覧!
ペイントなんか一目見て明らかな違いが分かる様な色になってることがある。
それにぶっつけた凹みが綺麗に直ってると思ったら、アンテナが上がらなくなってる!
良く見てみると凹みを直す時アンテナのユニットをぶっつけてしまった後がある、、。
納期もとてつもなく遅い場合がある。
1月に修理に出した健太の車は3月に戻ってきた、、、(涙)。

 「なーんだ、じゃあアメリカ(ハワイ)はちっとも素晴らしい国じゃないじゃないか!」
うーむ、確かにそこだけを見ればそうかもしれない。
しかしこんな事はどう思う?

 健太の車がカラカウア通でエンコした。
途方にくれていると、どこから現れたのか屈強な男が2人、交通量の少ないところまで健太の車を押してくれて、名前も告げずに去って行った。

 また車の横入りも、手をあげれば必ず入れてくれる。
つまり困っている人がいると、必ず誰かが手を差し延べてくれるのがアメリカかも知れない。

 それとアメリカ人はルールに非常に厳しい。
だから出来るだけ個人個人が世の中のルールを守ろうとする。
NOはNO!なかか許してくれない、、、、。
これは「妥協をゆるさない!」と言う、とても良い習慣だと思う、、。
またそのうちゆっくりアメリカの良さ、もう少し考えて見たい、、、。

 この4月からヒルトンの冠を付ける、ワイキキ・プリンス・クヒオ・ホテル。リノベーションされたソフィスティケイトな部屋は、今ワイキキでもトップクラス!是非みんなにも一度泊まってもらいたいホテルの一つです、、、(笑)!

 


| | Comments (14) | TrackBack (0)

March 13, 2007

比較的安い新コンド、モアナ・パシフィック

Imgp1165

  一昨日の昼過ぎ、とんまが洗濯中、突然下水が詰まってトイレとかバスタブから水が溢れ出した。
溢れた水はそのままずっと引こうとしない。
こうなるとトイレは使えない、洗面、歯磨、髭剃りは言うに及ばずシャワーも浴びれない、、。

 ロングス・ドラッグに行って下水用のスポイトを購入、がばがばやったけどまるで駄目。その他、下水詰まり解消用の色んな化学薬品を投入して見たけどほんのちょっぴり水位が下がった程度。
結局プラマー(下水配管工)を呼ぼうとしたけど、忙しくて来れるのは今日、つまり火曜日の午後だと言う、、、。

 じゃあこの3日間トイレやシャワーはどうしたのか、、、?
トイレはコンドの一階のプール脇にもあるのでそれを使ったり、シャワーは以前に住んでいた同じコンド内のユニットがまだ売れていないのでそこも使える。
唯し、その売出し中のコンドは、かなり内装工事などに手を掛けてきれいにしてあるのでなるべく使用したくない。つまり下手に使って何かあっちゃ大変だ、、。

 そこで、「XXこ」や「おしっこ」をなるべくしないように、食べない事、飲まないこと!
もしくは、そうした「もよおし」はなるべく出先で済ませる事!

 これってかなり厳しい要求だよ?
「出物腫れ物処嫌わず!」
そんなに上手くいくわけがない。
そこで良いことを思い付いた!
去年ピロリ菌騒ぎの時もらった下剤がある。
こいつを朝出かける前に飲んで出れば、ホテルで何とか「事の処理」を済ませられそうだ、、。

 <ゴロゴロ、、>
突然腹が痛くなった。
すっかりそいつを忘れていたホテル内の重要なミーティングの最中、その「もよおし」はやってきた!
「Kenta, where are you going ?」
前かがみになった格好でトイレに行こうとする健太を見た総支配人が眉をひそめて言った、、、。
<フン、どうせこの人には日本語なんて分かりゃしないんだ、、>
健太は大きな声で答えた。
「Excuse me, I’m going to do Xnko!」
そういってミーティング会場を出たものの、ふと今自分が喋った英語のことを考えた、、。
<待てよ、「Xnko」には「Xnkoをする」って言う動詞とも考えられる、、、。となるとさっきの「do」は要らなかったかも、、、、、、?>
なんて考えてるうちに見る見るそいつは、強引に健太の体内から出ようと迫って来た、、、。
 
 今日も天気が悪かった、、、。よって、またこの前見たコンドからの景色を見てください!
手前の丸い建物はニール・ブレジデル・センター。左の背の高いツイン・タワーが完成真近な「モアナ・パシフィック」。こいつは最近建ったコンドの中では比較的安いらしい。それでもとてもとても健太には手が届かない、、、(汗)!

| | Comments (11) | TrackBack (0)

March 12, 2007

銀行、信じてたのに、、、(涙)!

Imgp1164

 健太は古い人間。
銀行のやる事は先ず間違いないと信じ込んでいた。
それもハワイでは日系の銀行として有名なCバンクなので、なおさらの事信じてた、、、。
ところがどっこい!

 この5年間、毎年とんまと二人で(夫々独立した口座に)積み立て預金のような事をやっていたんだけど、2001年の健太の分が計上されていなかった。
積み立て金の支払い方法は、
すでにある2人の口座から引き出して、それを積み立てに移してもらう事になっている。
既に今年が2007年、何故今まで気が付かなかったの?
って言われそうだけど、理由は2つ!
一つはC銀行を信じてた。
もう一つはとんまは健太がチェックしてると思っていたし、健太はとんまがチェックしてると思ってた。

 ま、こんなところがとんまが健太を「大とんま」と呼ぶ由縁だけどね、、、(汗)!
そこで問題が残った。
じゃあ健太がその積み立てたはずの金は何処に行っちゃったんだ?
健太の手元の銀行のステートメントを紐解いても、古い物は捨てちゃって残ってない。
だってその気になれば銀行ではFIDCって言う法律の下、
全ての記録を残していなければならないので、何時でも入手出来るからね、、、。

 そんな訳で今日はC銀行に行ってそいつを調べてもらうことにした。
<その金が銀行の誰かの懐になんか入ってたりしたら、唯じゃ置かないぞ!>
なんてかなり興奮して銀行に向かった。
しかしこういう時は怒ったら負けだ。
落ち着いて、落ち着いて、、、。

 銀行に向かって歩いてるうちに、ふと、
<まてよ、金は何処にも行ってないのかも知れない、、、>
とんまが付けてる記録では、その2001年の支出の一部として健太ととんまの積み立て金額が記入されていても、
銀行は単に健太の積み立てをするのを忘れただけで、健太達の口座からはとんまの分のみ下ろされていたのかも知れない、、。

 ワイキキのC銀行のドアを潜る健太。
たまたま窓口の女の子は日本人だった。
さすが日本人!健太の言っている事の重要性が一発で分かった。
彼女の話では、過去のステートメントを出すには2,3日掛かると言う。
本店のコンピューターでしかそうした記録は引き出せないからだ。
そんな訳で残念ながら、その結果は今日報告できない、、、。
結果が出次第また報告します、、(笑)!
でもやっぱり信じられるのは自分たちだけなのか、、、
と言ってもこう言う事に関しては健太の場合、自分を一番信用していないからなあ、、、(涙)。

 今日は晴れたり曇ったり雨が降ったりで、良い写真が撮れなかった。仕方がないこの前見に行ったコンドからの景色見てください。こんなダイアモンドヘッドの景色も悪くないかもね、、、(笑)!
下に見える茶色い屋根が、キングストリートの「マッキンレー・ハイスクール」だ。


| | Comments (18) | TrackBack (0)

March 11, 2007

何時もハワイに来ちゃう健太、、?

Dsc09835
 
 とんまは朝起きるとカーテンを開ける。
窓の外にはワイキキの街並みが見え、ほんの少しだけど海も見える。
そこでとんまは何時も決まったセリフを言う、、。
「なーんだ、ハワイか!」
健太ととんまは結婚して15年。大抵このセリフがとんまの朝の一言だ!
そしてそれに関して健太も一言!
これは毎回違う事で受けるようにしてる。
「とんまの航空会社はハワイしか来ないんだね!」
これが今朝の健太の一言だった。
「だって健太はハワイが一番!って言ってるじゃない。だから何時もハワイに連れてきてあげてんのよ、、、!」
「ふーん。でも健太だってたまにはヨーロッパかなんかに行って見たいなあ、、」

 とんまは航空会社に勤めてX十年。その癖に未だにヨーロッパには行った事がないと言う。
って言うか、とんまのU航空がP航空だったころには「世界一周」って言うフライトが有って、それでロンドンには立ち寄っていたらしい。
だからイギリスには行った事は何度もあるけど、その他フランスとかドイツ、イタリアには行った事がないんだ。

 健太も日本、韓国とアメリカ本土しか行った事がない。
そんな訳で前から、「とんま、タイに行こうか!」とか、
「ヨーロッパに行きたいね!」とか言っている、、、。
しかしここで問題は、健太の仕事では長期の休暇が取れないこと。
つまり、とんまの航空会社を利用すれば格安料金で世界中何処にでも行けるけど、
スタンド・バイ(空席待ち)になる。
だから混んだ路線に乗ろうとすると、2、3日乗れないなんてこともあるんだ、、。
ヨーロッパのどこか田舎の空港でそんなことになっちゃったら一寸困るよね、、、。
これじゃあ充分に休暇がないと心配で何処にもいけない。
とんまはラスベガスやデズニーランド(LA)が好きなので、何度か2人で行ったことが有るけど、とんまの航空会社は使わず、安い航空券を買ってレベニュー(料金を払って)で行っている。

 そんな訳で、朝起きると2人は「毎回ハワイに着いてる、、、」って事になるのさ、、(笑)!

 写真上はとんまがカーテンを開けると見える景色。前にも似たような写真載せたと思います、、、(笑)!下は今日見に行ったコンドから見えたパンチ・ボールの様子。

Dsc09843


| | Comments (12) | TrackBack (0)

March 10, 2007

ホテル用語

Imgp1711_1
 
 職業によってその専門用語ってのがある。
今日は健太が仕事するホテル業界の用語をちょっぴり伝授しよう。
興味のない人は写真だけ見て、さいなら、、、(笑)!

 ウェブライターで健太の友達の「プーコのハワイ生活」プーコちゃんも、今ホテルに勤務している。 
職場は「フロントデスク」と「コンシアージ(コンシェルジェ)」の両方らしい。
「コンシアージ」とは、ホテル内の案内所のようなもの。
オプショナルツアーや、エアライン、レストランの案内など、かなり例幅広い質問を宿泊客から受ける事になる。
健太もホテルマンとして最初の出発は、この「コンシアージ・デスク」からだった。

 F&B (Food & Viberageの略)って言うセクションがる。
これは、ホテル内のレストランとか宴会部門のこと。
ここにも健太はいたことがある。
あと、部門別にはみんなも知っている「ハウスキーピング」とか「セールス」「リザベーション」「メインテナンス」「ランド・スケーピング(庭の手入れなどの係り)」などがある。

 さてホテルの全従業員が一番関心があるのが、
「ホテルのオキュパンシー」
お客さんがどのくらい入っているのか、つまり客室占有率のこと。
こいつが「上がった下がった!」って行っちゃー一喜一憂するのがホテル従業員なんだ、、(笑)。

 でも幾ら「オキュパンシー」が90%であっても、「ADR」が低くちゃあしょうがない。
ADRは「客室単価」のこと。ホテルの部屋代のトータルを客室占有数で割ると、一部屋、平均幾らで売っているか直ぐ分る。

 ところが、ホテルのオーナーサイドにとっては、もう一つ大切な数字があるんだ、、、。
そいつが「レブ・パー」さ!
ADRつまり「客室単価」が高くても、それは売り上げを今使っている部屋数で割っているだけ。
例えば、幾らADRが高くても、遊んでいる部屋、つまり「空き部屋(ベイケント・ルーム=Vacant room)」の事を忘れてる!
つまり、「レブ・パー(Revenue /room)」は遊んでいる部屋も含んだ、そのホテルの総部屋数で売り上げを割るわけ!
こいつがもし低かったら、それだけ遊んでる部屋も多いって事だし、良いビジネスをしているとは言えないよね。

 あんまり面白くなかったんで、最後に面白いホテル用語を一つ!
「グレーブ・ヤード(墓場)」。
ホテルは24時間機能している。その夜中のシフトで仕事をする時、
「今日は俺グレーブ・ヤードなんだ(墓場で仕事だ)、、!」なんて言う。
冗談好きのアメリカ人らしい表現だよね、、、(笑)。
最も他の職業でも夜中のシフトの事をそう呼んでいるけどね、、、。

 写真は、ダイアモンドヘッドの突端から、カハラに向けて!!この辺りの写真もかなり載せまっくってるよな健太君、、、(笑)!

| | Comments (16) | TrackBack (0)

March 09, 2007

伸び伸びと天に向って、、、

Wkk_mata_sora
 
 昨日載せたハイビスカスの写真を見ていて、
一輪の花の思いっきり空に向かって立っている姿が、やけに目に沁みた。
そう言えばハワイの植物は皆、ただひたすら天に向かって行こうとしている!
椰子の木などはその良い例かもしれない、、、。
彼らは「そうしろ!」と誰に言われた訳でもなく、
自分で「そうなろう!」と考えてそうしたわけでもない。
極自然にそうしているんだ。

 そうしたハワイの植物を見れば見るほど、考えさせられる、、、。
我々人間はこの地球上に生を持つ者として、誤った方向に向かってはいないだろうか、、、。
植物たちはみな、堂々とそうして天に向かって伸びてゆくと言うのに、
我々人間は、「作られた見掛け」や「頭で考えた生き方」を追っている、、、。
<この方がカッコイイ!>とか、
<こういう風に行動すれば上手く世の中を渡ってゆける!>とか、、、、。
結果、
「金ばかりを追ったり」、「快楽ばかりを求めたり」、「自尊心ばかりを育てたり」、、、、。
これじゃあ歪んじゃうよな!

 俺たち、もっとこのハワイの植物たちのように、自然に生きてゆけないものかなあ、、、。
彼ら植物たちは、「かっこよく花を咲かせよう!」とか、
「こうすれば人間たちが見てくれるだろう!」とか、思ってるわけがない。
なのに、我々は何も意識しない彼らの姿を見て、
感動して、憧れる、、、!

 何時の時代からだろうか、そうした自然な生き方を人間が失っしまったのは?
素直に伸び伸びと生きてゆけば、人間だってもっと素敵な世界を作って行けただろうに、、。
今からでも遅くはない!
写真の左の椰子の木を見てご覧。彼は途中で一端曲がってしまったけど、また真っ直ぐに伸びて行ってるじゃないか!

 どんなに社会が不自然な形になっていようが、自分だけでも、
あのハイビスカスや椰子の木のように自然に美しくこの世の中に存在できる!
それには「自分を創らないこと」「不自然な事はしないこと」「他人を意識しないこと」、、、。
何時、どんな時も、有るがままの自分でいること、、、、。
 
 それって決してやさしい事ではないよ、、。
だって我々は子供のときから、「自分を作ること」「他人を意識すること」を、教育の名のもとに強いられてきたからね、、、。
第一、一体何が「自然なのか」すら、分からなくなって来ている、、、。

 だからハワイがあるのさ!
ハワイのこの自然をその目で見て、体で感じれば、
自分本来の有るべき姿が、おのずと見えてくる!
絶対見えてくる!!

 青空にぐんぐん伸びて行こうとする椰子の木!
今日は良い写真が撮れなかったので、以前に撮ったものの中から掲載してます、、、。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

March 08, 2007

健太の奥さん、、、

Imgp1220

 またとんまはBack to Backで、日本へ行った。
つまりフライトが2つ休みなく続いた、って事。
昨日成田から帰って、今朝すぐにまた大阪へ飛んで行ったのさ。

 昔からスッチーは女性の憧れの職業。
洗練されたユニフォームを身に纏って、巧みに英語を操りながら国際線を飛ぶ、、。
別に女性でなくても憧れるよね、、、。

 先ず出発前夜、とんまはあのフライト・アテンダントが引き摺っているスーツケースを準備する。
時々それを見てるけど、スーツケースは何時もパンパン。
「えっ、こんなもん迄持ってゆくのかよ!」
ってな物まで詰め込んでいる。
「何時何が起きるか分からないからね!」
荷物に中身について質問する健太に、とんまはそう答える。

 季節によって多少の差はあるけど、出発の朝は大体6時ごろ起床。
フライトは9時とか10時だって言うのに、7時過ぎにはもう家を出る。
さて、空港に着くと当日のクルーが集まって「ブリーフィング」がある。
パーサーがその都度注意事項を伝えたり、仕事のポジションを決めたりするのさ。

 ポジションには、
エコノミーのアイル(通路)、ギャリー(キッチン)。
ビジネスのアイル、ファーストのギャリー、アイルなどなど、、。
それぞれセニョリティー順(年功)に好きなポジションを選ぶことができる。

 ギャリーのポジションを取ると、食事の準備を一切任される。
きつい仕事だけど、時にはお客さんとの対応をしなくて済むのでその方が良い時も有るようだ。
やっぱりお客さんとの対応には神経を使うからね、、、。
しかしこれとて簡単じゃあない。
暖かい物は暖かいうちに、冷たいものは冷たいうちにサーブしなくちゃならない!

 さてもう一つその中に、「ランゲージ・ポジション」ってのがある。
これを選べば日本語対応を一挙に引き受ける事になる。
大体フライトには14人~16人のフライトアテンダントが配属されて、そこにランゲージが1人アサインされる。
これが結構きついらしい。
フライトに問題はつきもの、、。
やれコーヒーがぬるい、ビデオが見れない、リクライニングが機能しない、
席が気に食わない、書類の記入方法が分からない、、、、。
その大抵の場合が「不服がらみ」、、。

 せっかく楽しく仕事をしている時に「お客さんの怒った顔」を見ると、誰でもうんざりするよね、、。
その半面、素敵なお客さんに出会った時は、こんなに気分の良いことはないと言う。

 健太はとんまのフライトに何度も乗った事がある。
それとなく彼女の働く姿、お客さんへの対応の仕方を見ていると、
<良いサービスをしてるなー、、>
って、何時も感心させられる。
健太も仕事柄色んな航空会社を利用しているけど、とんまほどきちんとしたサービスをする人にはなかなか巡り合えない。

 まず嫌味がない。
慇懃無礼が蔓延するこの機内サービスで、
何時も、どんな時でも明るく笑顔で対応するとんまの姿を見るのは、とても気持ちが良い。
そして何よりお客さんに対して親切!
当たり前かも知れないけど、その当たり前な事が出来ない人がいっぱいいるからね、、(汗)!
 
 「太平洋線で誰がナンバーワンスッチーですか?」
って聞かれれば、迷うことなく、
「とんまさんです!」って答えるね!
ワイフだからって持ち上げてる訳でも、点数稼ぎをしてる訳でもない。
前にも似たような内容の物があったかも知れないけど、
健太は、このことなら何度でもアップしたい、、。
今日の写真の黄色いハイビスカスのようにねっ、、、(笑)!
 
 えつ、誰ですか?
「ごっつあんです!」って言ったのは、、(笑)!


| | Comments (12) | TrackBack (0)

March 07, 2007

ワイキキにたなびく、ホノルル・フェスティバルの幟!

Imgp1224

 昨日のアップで、「何が事実で、何が真実か、、」に付いて意見を述べさせてもらったけど、さすが健太の読者の皆さんにはインテリが多く、沢山のご意見を頂いてとても嬉しい限りで有ります。
そこで今日は「健太側に立って見た」ある事柄への事実、真実をお伝えしたいと思う、、、、。

 健太のグループが歌った歌の中にある有名女優さんと歌った曲「Yあるもの」がある。
これがデビュー曲で、いきなりのミリオンセラーになった。
健太達は元売れない俳優の集まり。俳優としてくすぶっていたので、ミュージシャンに変身したってわけだ。
その一曲目がその「Yあるもの」だった(「健太のなんちゃって、サクセスストーリー」参照)。

 ヒット曲はある意味では作られる物。
そのヒットへのプロセスは色々ある。
健太達はその曲「Yあるもの」を売るために全力投球した。

 メンバーはプロダクションとミーティングの結果、テレビ、ラジオ、有線放送へのリクエスト作戦を展開する事にした。
レコード発売と同時にメンバーは常に10円玉を持って、地方公演、ラジオ、TV出演の合間を縫っては有線にリクエストを入れた。
もちろんプロダクションと協力して全国の有線放送局にレコードを持って挨拶周りにも行った。
テレビ、ラジオでは健太達のレギュラー番組もあったので、
ファンたちに「はがき」を渡して、TV局やラジオ局にファンレターとしてどんどん送ってもらった。
メンバー4人の給料は(当時プロダクションから給料をもらっていた)殆どをそのはがき代、電話代に消えて行ったのはまだ記憶に新しい。

 更にその間、精力的なライブ活動も日本全国で展開した。
その成果があってか、レコード発売後半年もするとその「Yあるもの」はヒットチャート上位に食い込んできた。
「努力が報われた!」と言う、あの時の嬉しさといったら、とても言葉では表わせない、、。

 それだけ売れれば当然、「紅白出場」なんて言う話が出てくるよね、、?
もちろんプロダクション側にはその要請がNHKから入った。
メンバーは興奮の色が隠せなかった。
今でも紅白は歌手としての最高の目標とする人もいる。
しかし当時の紅白のステイタスは現在の比ではない。
紅白に出るか出ないかで、ギャラに格段の差が付いた。
また、それに全てを賭ける歌手がごまんといたんだ。

 さていよいよ「紅白の出場者」の発表!
新聞のその欄には、確かに健太達の「Yあるもの」の活字は載っていた。
しかし歌手名のところには一緒に歌った、あの有名女優の名前だけが載っているだけだった、、、。

 健太達は所属プロダクションに猛烈に講義した!
「一体、どうなってるんだ!」
あまりの健太達の剣幕に社長が出てきた。
応接室に集まった健太達に社長は静かに言った。
「健太達の気持ちは痛いほど良くわかる。
あの歌は健太達の努力がなければ、あれほどは売れなかったと思う、、、」
そう説明する社長の仕立ての良いチャコールグレーのスーツが、何故かやけに今でもこの脳裏にこびりついている。
社長はそのスーツの袖を少し捲り上げるようにして続けた、、。

 「ここに問題が2つ有る。一つは、健太達が一緒に歌った女優さんは、いまや押すも押されもしない大スターになってることだ、、。
お前達が血の出るような努力してあの曲をヒットさせたって事を、『俺は』知ってる。実際にこの目で見ているんだからな!
しかし、世間一般では『Yあるもの』は、あの有名女優が歌っているんでヒットしと思ってる人が殆どかも知れない、、、」
「そ、そんな、、、」
4人には次の言葉がなかった、、。
「さてもう一つの問題は、紅白は男女が夫々競う会う『歌合戦』じゃないか。
NHKは健太達の扱いに戸惑いが有ったようだ、、、」
つまり、男の健太達が紅組に入るのはおかしいし、その反対もおかしいって事らしい、、。
今でこそ男性が紅組に出る事に問題はない。応援と言う形もある。

 ところが後日、ある信頼できる筋から驚くべき情報が入った。
相手の有名女優が、、、。
止めておこう、、これ以上書くと健太らしくなくなっちゃうからね、、(笑)!

 でも当時その話を誰かにすると、
「ばーか、何言ってんだよ、どうせ健太達は彼女のバックコーラスじゃんか!」
うーむ、痛いとこを付く奴だ!
確かにそうかも知れない。
しかし、
<あの曲をヒットは、健太達の努力なしには成し得なかった!>
って、今でも思っている。

| | Comments (15) | TrackBack (0)

March 06, 2007

道端に咲くハイビスカス!

Imgp1230

 新聞やラジオのニュースをまともに受け取るな!
何時も健太は口をすっぱくするほど、言っている

 つまり我々一般人は新聞やラジオで、つい「真実」を知ろうと思ってしまう。
しかしここで問題なのは、
「事実」って何?
「真実」って何?
ってこと!

 記事を書く人はどんなに冷静に、事実だけを書こうとしても、多くの場合それは事実、真実にはならないのさ!

 どういうことかと言うと、
一番いい例が今年のハワイ州の消費税のアップ。
新聞ではどれも、
「今年の1月1日から、消費税は0.5%上がります!」
と報告した。
しかしそれは、
去年まで4.16%だったものが、4.66%に上がるって言うこと、、。
ここに盲点が有る!
4.16%から4.66%にあがるって事は0.5%の上げ幅じゃあない!!
4.16%の12%が、05%に当たる。

 つまり、
「今年の1月1日から、消費税は12%上がります!」
と言うのが正しいと言う人も出てくる。
要するに、報道する人が物事をどういった観点で見るかに寄って、記事の内容が全く変わってしまうんだ!

 「オアフ島の不動産は、過去最高の伸び率を示していますが、、、」
なんて単純に報道する場合がある。
これじゃあ一体何を基準に言っているのか分からない。
価格のことなのか、軒数の事なのか、何時を基準に最高なのか、更にその数値は何処から導き出されたものなのか、、、全く分からない。

 ニュースはその記事を書く人の主観が必ず入ってくるので、
「事実」「真実」などを報道するなんて事は、実は不可能に近いことなんだ。

 更に話を進めると、
「昨日の夜11時過ぎ、XX交差点で起きた衝突事故は、事故を起こした運転手Kの酔っ払い運転によるものと思われる、、」
なんて記事も良く見る。

 この記事の問題点は、
先ず事故の全体像が書かれていない。
<昨日は雨が降っていたし、路面がスリッピーになってたんじゃないだろうか、、>
<あそこの交差点の常夜灯の電球はこの前から切れたままになっている、、だから良く見えなかったんじゃないだろうか、、、>
あるいは、
<運転手の精神状態はどうだったんだろうか、、、、
もしかしたら奥さんと口論した後の事故だったかも知れない、、>
<ひょっとしてぶつけられた側にも、なにか問題があったのかもしれない、、、>

 一つの事象にはあらゆる局面が考えられる。
その一つ一つが真実であり事実でもあるわけだ。

 そうした中の一つだけ、
「酔っ払っていた、、、」
と言うことだけを事実として受け取って判断にてしまうのは、ある意味でその事件に対して色眼鏡をかけて見ていると言っても過言ではない!

 我々が新聞やラジオの報道によって物事を判断する場合、こうしたあらゆる局面を想定して考えないと、誤った結論を導き出してしまう事は大いに考えられる、、、。

 写真はダウンタウンの道端に咲くオレンジのハイビスカス。
ここの花、ついこの前まで何も咲いてなかったのに、今日は満開だった、、。

 「健太、後ろにまだつぼみの花がかなりあるじゃないか、何処が満開なんだよ!」
なんって言う人もいると思う。
健太は全体を見て沢山花が咲いていたし、そこはオレンジの花でいっぱいだったからそう書いた!
ここいら辺の表現も、実に微妙でだよね、、、。
その点写真は、見た人が夫々判断をすれば良いので比較的事実に近いものが伝えられそうだね、、、。
あくまでも「比較的」だけどさ、、、。


| | Comments (16) | TrackBack (0)

March 05, 2007

オアフ島、モクレイア・ビーチ

Dscn0259

 みんなも知っての通り、健太の住んでるのはオアフ島。
ホノルルやワイキキビーチ、ダイアモンドヘッドのある島だ。
「そんな事言わなくても分ってるよ!」
って言いたいよね、、、(笑)!

 さてこのオアフ島、もちろん島と言うからには八方海に囲まれている。
だから島中に素晴らしいビーチある。
ワイキキ・ビーチやサンセットビーチ、サンデービーチだけがビーチじゃない!
でも観光でハワイに来ると滞在期間は短いし、
例え長く滞在してもレンタカーなど借りないと、なかなか島中を見ることは出来ない、、。

 沢山のビーチの中で健太がひときわ好きなビーチは、
「モクレイア・ビーチ」!
裏オワフの西端グライダーの発着で有名な、
ディリングハム・エアポート(エアー・フィールド)の直ぐ側にあるんだ。
そのビーチは何時も人影はまばらで、とても静か。
昔のハワイがそのままが残ってるって感じだね!

 先週クリちゃんがカウアイ島まで撮って来てくれた写真の中に、
「ハワイアン・モンクシール」の写真があったの覚えてる?
あの後R旅行社に営業に行ったら、
たまたまあのブログを見ていたホテル予約課のお姉さまが、
「健太さん、見たわよ!私もハワイアン・モンクシールを撮った写真が有るけど、
もし良かったらブログで使って見る、、、?」
「エッ、ホント?!」
早速見せてもらった。
写真はその健太の大好きな、「モクレイア・ビーチ」で撮られている。
白い砂浜に気持ち良さそうに寝っころがる「ハワイアン・モンクシール君」!
可愛いじゃあないか!!
彼女の写真はズームだろうけど、ハワイアン・モンクシールにずっと近づいて撮っていた。
「これ本当に使って良いんですか?」
その言葉に、お姉さまはにっこりと色っぽい目で健太を見つめて頷いた、、、(笑)!

  ブロガーに取っちゃあ写真は命!
色んな写真を使って色んな角度からハワイの姿を皆に伝えたいもんね!

Dscn0253

| | Comments (31) | TrackBack (0)

March 04, 2007

ハワイ病の進行度チェック!

Imgp1222
Imgp1223

 日曜日!今日もオープンハウスでコンド見学。
うーむ、どれもこれも、おびに短し襷に長し、、、。

 写真は今日見てきたコンドからの景色です。
上の写真では確かにダイアモンドヘッド様が見えるよね?
でも下の写真の向うに見えるのはダイアモンドヘッド様じゃないよ!

 さてここで、ハワイ病患者の皆さんに問題です。
下の写真で向うに見える山(丘?)は、一体何ていう名前でしょうか?

 これに答えられる人は、ハワイ病の進行度がかなり深刻なところまで来ていますので、
緊急入院が必要でしょう、、、(笑)!

| | Comments (24) | TrackBack (0)

March 03, 2007

カリフォルニア・ピザ・キッチン

Imgp1214

 休みなのでのんびり起きてブランチにいくことにした。
久しぶりにカハラ・モールのカリフォルニア・ピザ・キッチンへ!
前にも一度アップした事があると思うけど、、(汗)。

 オーダーしたのは「ジャパニーズ・エッグプラント・ピザ」「チャイニーズ・チキン・サラダ」、
そして「フィティチーニ・シュリンプ」!
最後にデザート「ピーキャン・チーズケーキ」。

 こういう時は食べるのに夢中で、つい写真を撮り忘れちゃうんだなー、、、。
だって、もたもたしてると全部とんまに食べられちゃうんだ、、、(笑)!
それでもやっと撮ったのが、ご覧頂いている「フィティチーニ・シュリンプ」と一部の「ジャパニーズ・エッグプラント・ピザ」(写真下)。

 さーて今日は土曜日!
もうそろそろムービーマンのお迎えです。
今日の映画はなんだろう、、、、
何時も見る映画を選ぶのはムービーマン。彼の独断と偏見なんです、、、(笑)!
行ってきまーす!

Imgp1215

| | Comments (10) | TrackBack (0)

March 02, 2007

花・プルメリアとダイアモンドヘッド

Imgp1210
 
 人生、とかくめげる事が多い。
例えハワイに住んでる健太だって、そんな事が沢山ある。
でも健太は毎日が楽しい!
楽しくなくても楽しいと自分で思うことにしてる、、、(笑)!

 先週から健太の会社のメールがおかしい、、、。
パスワードを入れてもアクセスできないのさ!
既に1週間が経っている。
その間、秘書に頼んで本社に連絡を入れたり、あらゆる手を尽くして回復を試みたけど、埒が明かない。
今の健太の勤めるホテルチェーンは世界のトップ・ブランドなので、そうしたセキュリティーのガードが非常に高いんだ。
結局ホテル・チェーン本部のサポート・センターに連絡を入れて、何とかしてもらおうとした。

 ところがどっこい、こいつらが一筋縄ではいかない!
健太のメールを最初にセットしたのは健太のボス。
彼の判断で色々セットしたので、あらゆる質問事項を彼がどうアンサーしたか健太にはまるで分からない。
例えば「好きなペットの名前は?」、「最後に卒業した学校名は?」、「好きなスポーツは?」、「好きなフットボールチームは?」、、等々。そんなのセットした本人しか分りっこないよねえ、、。
ボスに聞いてきたら、「うーむ、なんて答えたか忘れた!」
だって、、、(涙)。
サポート・センターとしてはこの質問事項に健太が、「正確に答えられなければ、ヘルプできない!」と言う、、、(涙)。
「済みません、答えられないんです、、」
って言ったら、
「答えられなけれないんなら、XXXXにメールして、パスワードをリセットしてもらえ!」
と言う、、。
でも、メールにアクセスできないのに、どうやってそこにメール送れるってんだ!
とにかく困った。予約や問い合わせのメールでがんがん入ってるはずだもの、、、。

 こうしてストレスがやってきたら、健太は先ず外へ出て空を見上げる!
青く深い空を見て大きく深呼吸、、、。
それでも駄目なら、一挙にビーチに出て、ダイアモンドヘッド様を拝む!
これですべてがOK!
こんな時つくずく、「やっぱりハワイって良いよなー!」って思える、、、、(笑)!

 写真は今日の拝んできたダイアモンドヘッド様(笑)。
手前にプルメリアの花が4輪、、、。
このプルメリア、ついこの前まで葉っぱが沢山有ったけど、何と今日見たら枝と花だけで葉っぱはほんの少しになっていた、、、。
「葉桜」って言うけど、これは花だけのプルメリアだから、
「花・プルメリア」、、って言うのかな、、、(笑)!

| | Comments (11) | TrackBack (0)

March 01, 2007

カウアイ島、良いよ~!!

Kauaiwaimeacanyon2007feb_24
 
 健太がブログをやっているのを知っている人が、時々写真を提供してくれる。
「健太、先週カウアイ島に行ってきたんで、ブログで写真使わないかい?」
昨日あるお得意さんに営業に寄ったたら、沢山写真の入ったCDをそこのマネージャーさんがくれた。
そうだ!そのマネージャーさんって言うのは、何時だったかジャックインザ・ボックスに行った時、「クルーズ君」って言うクオーターの男の子を連れていた、あの若い頃の岡田真澄似のハーフ、クリちゃんのことだよ!
クリちゃんは先週日本から来た企画部の青年K君を連れて、新しいツアーの企画をするために、カウアイ島に行ってたんだ。

 「カウアイ島」といえば、昔は他島(オアフ以外の島)の中で一番人気。
今でこそ「マウイ島」がその地位を取って代わっているけど、当時は郡を抜いて人気があったのさ。

 カウアイ島は別名、「庭園の島」と呼ばれていてその美しさはまた格別。
島の中央には「アラカイ・スワンプ」と言う湿地帯が有って、そこの年間降雨量は世界一と言われている。
その潤いがカウアイ島の隅々まで行き渡たって、島中に美しい花々を咲かせているんだ。
また辺り(スワンプの)には世界でまれなその環境によって、沢山のめずらしい鳥たちが生息している。
そしてその近くのワイメアキャニオン、
本土のグランドキャニオンにも似た渓谷もある。
そのスケールには、「絶景だ!」と只々目を見張るばかり、、、。

 更にその先にはコケエのロッジがあって、
そこからのトレッキングコースの素晴らしさはあまりにも有名。
そして更に足を進めると、
かの有名な「ナパリ・コースト」に向かう断崖絶壁がある!
この断崖絶壁の景色を始めて見た健太の人生観は変わった!
<世の中にこんな美しい景色があるなんて!>

 オアフ島も良いけど、余裕があったら是非他島にも足を伸ばしてみよう!

 写真上はナパリコースト・ルックアウトからの景色。下は、たまたまハワイアン・モンクシールに出あったのでパシャリやったそうです。もっと近くで撮りたかったらしいけど、あまり近ずいてはいけないんだってさ、、、。

Kauaimonksealgrandhyatt2007feb_3

| | Comments (10) | TrackBack (0)

« February 2007 | Main | April 2007 »