« September 2007 | Main | November 2007 »

October 31, 2007

ホウェール・ワッチング

Dsc00181

 このところ数日間、朝から曇りや雨、、。
歩きに出ようと思っているのに参ったね、、、。
もうオアフ島は殆ど歩いてしまったけど、天気が悪くて良い写真が撮れなかったところが数箇所あった。
そこへもう一度い行こうと思ってるんだけど、なかなか行かせてくれない。
特にマカウ・ポイントにはぜひ行きたいところの一つ。
健太のうちからそっち方向の(ハワイカイ方向)空がよく見えるんだけど、
今週に入ってあっちの方が晴れていたためしがない。
健太のうちの廻りは今日の午後、ずっと雨が降っている。
少しでも晴れてくれさえすれば虹でも出てくれるんだけど、
それすらその望みのない状況だ、、。

 健太たちは車が2台あるのに駐車場が一つしかない。
だから一台は路上駐車。
しかしこの「マキキ」地区はみんな同じように路上駐車場を探してるので、競争が激しい。
特にこんな雨の日、とんまがフライトから帰ってきて駐車場がないと困るので、
健太が昼間のうちにどこか探して停めて置く。
しかし問題は、一度停めると出かけられないことだ。
路上駐車を空けちゃうと誰かが直ぐにそこに停めるからね、、。
それと路上駐車はご存知のように悪戯されやすい。
先週はとんまの車を路上に停めて置いたんだけど、車のエンブレム(マーク)を盗まれちゃった。
一時ベンツやホンダのエンブレムが盗まれるのが流行った。
子供たちが度胸試しにやってたんだ!
とんまの車はベンツでもホンダでもないけど、、、(涙)。

 写真はマカウ・ポイントからの景色。あそこからはこの絵のように鯨が良く見れるんだ。
この前はこんな具合にあまり良い天気じゃなかったんで、是非快晴の日にもう一度行きたいと思ってます、、!
天気さえ良ければ、隣のモロカイ島も良く見えるんだ! 

| | Comments (10) | TrackBack (0)

October 30, 2007

フライト・アテンダントの荷物

Imgp3512

 さて、とんまが今夜またLAへ飛ぶ。
成田や大阪へ飛ぶ時は例のクルー・スーツケース(キャスター付き)にその半分位のバッグを2つ引っ掛けて出かけた。
何しろベテラン・スッチー、バッグを開けると7つ道具どころか、
「エッツこんなものまで持って行くの?」
って物まで詰め込んであった。
前にも言ったけど、例えば「パンツのゴム通し」みたいなもんまでね、、(笑)!

 幾らなんでもLAに行く時は荷物が減るだろう、、と思ってたけど、
どっこい!今までと同じように大きな荷物を持って出かける、、(汗)。
<またパンツのゴム通し、入れたのかなあ、、、、>
今夜のフライトは8時40分の便。

 フライト・アテンダントにも色々いて、以前とんまの航空会社がP社だったとき、
Mr.Tはフライト中の荷物が少ないので有名だったそうだ。
つまり、昔あのP社がお客さんに配ってた肩掛け式の、ブルーでPMのマークの入ったバッグあっただろ?
あれ一つでハワイ-日本を往復していたらしい。
しかし彼らフライト・アテンダントは必ずフライトの際、分厚いマニュアルを持っていなければならない。
Mr.Tのバッグはそのマニュアルを入れたらもう余裕は殆どなし、、、。

 「Mr.Tはあれじゃあ着替えも持って行かないんじゃないの?」
フライト・アテンダント同志ではそんな会話が囁かれていた、、。
「どうやらパンツなんか、帰りには裏返しにしてはいて帰って来るらしいわよ!」

 そんなありがたくない噂が流れていたMr.Tだったけど、
その後同じフライトアテンダントのとても可愛い白人の娘と結ばれて、
今は幸せに暮らしてるんだとさ、、(笑)!

 写真は今流行(?)の「カイト・ボード」。
若者もおっさんも夢中になってあの「モクレイア・ビーチ」で楽しんでいた!

| | Comments (11) | TrackBack (0)

October 29, 2007

危うし、ハワイの観光業!

Imgp3498

 この秋のハワイの観光業はどうやら不調に終わりそうだ。
10月11月共に、各ホテルのオキュパンシー(稼働率)が相当落ち込んでいる。
既に日本人の数が減っているのは周知の事実。
しかしあれほど好調だった米本土からの観光客も今、大幅に落ち始めている。

 「俺たちは良い時代に生きたかもしれないなあー、、、」
先週映画に行った帰り「リキリキ・ドライブイン」でロコモコを食べ終わったムービーマンが、吐息混じりに言った。
「えつ、どうして?」
「いや、ほら俺たちはバブルの時期も最前線で仕事をして来たし、それなりに良い思いをしてきたと思うよ、、」
「そうかなあ?だって俺たち互いに金持ちにはなれなかった、、」
「別に良いじゃんか、金なんか!だって食うに困ってる訳じゃないだろ!」
「そりゃそうだけど、、、」
「それに引き換え、今の若い奴らはこれから相当厳しい時代を生き抜かなきゃならない!」
「確かにそうだね、、」
「日本はもとより、アメリカだってこれから大変な時期になると思う、、
それを考えると俺たちの子供たちは大変だぜ、、、」

 ムービーマンの長男はこの前も話したようにマカハで「すし屋」を経営している。
そして娘は弁護士としてニューヨークにいる。
確かにそういわれれば、この子達にとっても、何一つギャランティーはない。
今のところ何とかそのバランスは保たれている物の、これからのアメリカ経済は全く闇の中だ、、、。
どちらかと言うと悪い材料の方が多い。
この2年ほどアメリカの株はかなり良くて、
いかにも「アメリカ経済健在!」と謳っているように外見は見えるけど、
そいつあ単なるマネーゲームの動き。
経済の実態なんか誰にも分かっちゃいない!
この1年ほど、「アメリカバブル経済の崩壊」があちこちで囁かれてきたけど、
そいつは今まで何とか避けられてきた。
しかしいつそのバランスが崩れるか、、、、。
予断が許されない!

 写真はモクレイアからはレイワの方を見たもの。
たしかに俺たちはこんな素晴らしい景色の中にいられるんだ、金なんか要らないかも、、、(汗)!

| | Comments (13) | TrackBack (0)

October 28, 2007

とんま、LAフライトはどうだった?

Imgp3532
Imgp3533

 とんまが久しぶりのLA・フライトから昨日帰ってきた。
仕事の内容はと言うと、大阪フライトと成田フライトは食事つきなので何かと大変。
でもLAやサンフランなどメインランド・フライトの食事は、軽いスナックのパックを5ドルで売るだけ。
飲み物はソフトドリンクは無料だけど、ビールはやっぱり5ドル。
それにLAまでは5時間しか掛からないので仕事は比較的楽らしい。
何よりも気楽なのは日本語のアナウンスが必要ないこと!
「機長の報告によりますと成田の気温は、、、」
などと機長が何かアナウンスする度に、いちいち訳して放送しなくても良いわけだ。
だって乗ってるのはみんな英語の分お客さんばかりだからね!

 しかし、とんまがここ暫くメインランドへ飛んでいないうちに事情は大分変わってきているようだ。
特に911があってからと言うもの、航空会社側は極端に経費を削減している。
だからメインランドでのクルー宿泊ホテルは最低だという。
「とんま、LAのダウンタウンのホテルは安いホテルなんで、壁が薄いでしょ。だから『おなら』も出来ないのよ!」
既に何度かLAをとんまより先にとんだ仲間の最初の報告がそれだった。
そう言えば国際線では何処も比較的良いホテルに泊まらせてもらえる。
例えば大阪は「ハイヤット」、成田は「成田エクセル・ホテル東急」。
ああいうホテルなら壁は厚い、「おなら」も安心してできる、、(笑)!

 「それにさ、ホテルには湯沸しポットも置いてないからコーヒー一杯すら飲めないのよ!」
そうか、とんまはいつも朝起きたらコーヒーを飲むんで、そいつがないとすっきり目が覚めないだろう。
てな訳で今日はその湯沸しポットを見に行ってきた。
ロングス、ウォルマートなど見て廻ったけど、旅行にもっていけるような小型のものがない。
昔、コップの中に入れて湯を沸かす、「湯沸しコイル」ってのがあったけど、最近はそんなものも売ってないようだ。
結局最後にドンキにに行って見ることにした。

 「あったあった!」
さすがドンキ!
それもめちゃ安くて、大きさも丁度良い。
「これなら、カップヌードルだって食べられる!」
大喜びのとんま。
つまりLAでは食事もするにも何かと不便。
ホテルの部屋でカップヌードルでも食べられたらそれに越した事はないと言う。
なんだか天下の国際線スッチーとんまが、
急にうらぶれた田舎のフライトに行くようでかわいそうな気がしてきた、、。
一方健太はと言うと、とんまが日本に行けないと朝のパンを買って来て貰えない、、(涙)。
しかしさすがとんま、健太の気持ちを察して、
「健太、心配ないわよ!これ買って来たから!」
LAフライトから帰ってきて早速パッケージを開けるとんま。
「なにこれ?」
パッケージからは細長い箱が出てきた。
「これはね、LAからフライと仲間がいつも買って来るチーズケーキなの。
アメリカのケーキにしちゃあ結構美味しいらしいわよ!」

 早速今朝そのケーキを食べた。やっぱりアメリカのケーキは甘い。
でもコーヒーの苦さとマッチして、なかなか美味しく頂きました、、、(笑)。

 写真上はそのチーズケーキと、LAでつまみに買ったというプリッツル。機内のスナックに入っているいるクッキー。下がドンキで見つけた湯沸しポット。これで12ドルは安いよ!

| | Comments (38) | TrackBack (0)

October 27, 2007

とんまさん?

Imgp3520_2

 「とんま」は健太の奥さん。
知っている人は知ってるけど、知らない人は知らない。
もちろんあだ名。
でも彼女の仕事仲間も友達も、みんな「とんま」って呼ぶ。
なぜそのあだ名が付いたかはいろんな説があるけど、どう考えても彼女はやっぱりとんまだからに違いない、、(笑)!

 とんまの勤める航空会社が、大阪便を9月いっぱいで中止したのはご存知の方も多いと思う。
そこで今月からは、たまに成田便、後はメインランド便で、ロスやサンフラン、シカゴなんかに飛ばなきゃなんない。
で、昨日の朝とんまは久しぶりにLAに飛んでいった。
「健太、携帯はメインランドでも使えるから、付いたら電話するからね!」
なんて言ってた。
健太たちの携帯は2台セットで契約しているので、この2台の間の通話料は無料。
多分メインランドからかけても同じはず、、。

 しかし電話は一向に掛かってこなかった、、。
<どうしたんだろうか、、>
ちょっと心配気味の健太、、、。
ところが今日昼過ぎ携帯がなった!
いやそいつは健太の携帯の着メロじゃない、、。
キッチンの脇に携帯ステーションがあるんだけど、そこで鳴っていたのはとんまの携帯だった!
<なーんだ、忘れてったんだ。やっぱりとんまはとんま!>
でも鳴ってるから出なきゃ、、。
「ハロー?」
「あら、健太さんじゃないの!私とんまさん電話かけたんだけど、、」
「あー、とんまは仕事でLAに行きました、 、」
「でも携帯は、、」「忘れていったんですよ!」
「あら、とんまさんてやっぱりとんまさんなんですね!」

 でもさ、「とんま」って蔑称だよね?それに「さん」をつけるのおかしいと思わない、、(笑)??

 写真は今週行ったモクレイア・ビーチ。来週はどこかウォーキングに出かけたいなー、、。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

October 26, 2007

ホノルルの日本人

Imgp3472

 健太のハワイ生活37年、、なんて言ってるけどハワイにはじめて仕事で来たのはもっと前。
37年は永住し始めてからの事。
本当に長い間ハワイにいる。
もちろんハワイ生活の方が日本のそれよりずっと長い。

 あのころ、つまり健太が初めてハワイに来たころ、
健太たちのような日本からの日本人はこのホノルルの街には数えるほどしかいなかった。
多分1000人以下だたっと思う。ひょっとして500人位だったのかも知れない。
いずれにせよ、そんな具合だから大概の連中は顔なじみ。
名前は知らなくてもホリデーマート(現・ドンキ)ですれ違ったり、映画館でばったりあったり、お互いに目で挨拶したもんさ、、、。
それと街中で日本語が聞こえると嬉しくて振り向いたりしたっけ、、!

 ところが最近はそこらじゅうで日本語が飛び交っていて、その主を見ても知らない連中ばかり。
学生もいるし、企業の駐在もいるし長期滞在者もいる、、、。
じゃあ一体何人位、いわゆる「在留邦人」が現在このホノルルにいるんだろうか、、。
こんなとき便利なのが、イーストウェスト・ジャーナル社が無料で配布している「ハワイ便利帳」!
彼らの統計によるとその「在留邦人」はなんと2万人もいるそうだ!
その中には永住者が1万1千人ほど。
因みにアメリカ合衆国全体「在留邦人」の数は約30万人、永住者が12万人いるそうだ。
もちろん一番多いのはニューヨーク。ついでロス、サンフラン、シカゴ、アトランタ、そしてハワイ。

 一方ハワイの住民を人種別に見ると、一番多いのが白人の31万4,000人、ハワイアン混血27万人、ハワイアンを除く混血が24万人、日本人20万5000人、フィリピン人14万人、中国人4万人。
そしてハワイ全体の人口は1,245,050人だそうです。
                                                                    写真は先日行ったハレイワ・アリイ・パーク。キーボードがおかしくてハレイワの後の「海岸」をカタカナで表示できないんです、、、 (汗)。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

October 25, 2007

ハワイのパン屋さん

Imgp3531

 何度かハワイのパンについて書いたけど、
今日は日本から進出したパン屋さんについて、、。
先ず最初に進出してきたのが、「サン・ジェルマン」だと思う。
続いて「第一パン」、更に「フジパン」そして健太お奨めの「マノア・ベーカリー」などなど、、。

 ここからは健太の勝手な想像。
「マノア・ベーカリー」は個人のパン屋さん(多分)なので例外だけど、
何処も最初は日本から職人が来て腕によりをかけてパンを作る。
しかし長年営業して行くうちに、
ローカルの従業員に仕事を覚えてもらって色んなことを任せるようになる。
この辺りから「出来上がるパン」の質が変わり始めるんじゃないかな、、。
それでも日本からの職人さんがその店にいる間は、その人が眼を光らせていて何とかいけるけど、
日本からの職人さんが何らかの形でそこを辞めると、もうそこのパンはまるで日本のパンとは違ってきちゃう。
日本からの職人さんはハワイにまで来てパンなんか作るのが馬鹿らしくなるのか、他のローカルのパン屋さんにマネージャーかなんかのタイトルで引き抜かれるのか、或いは日本に帰ってしまうのか、、良く分らないけど、
先ず間違いなく何年かすると品質が落ち始める。

 それでも潰れずに何とかやっているのは、日本のパンのDNAが残っているからなのだろうか、、。
でも健太たち日本人だけが「日本のパンは美味い!」と思っているんじゃなくて、ローカルやメインランドからの白人たちも日本のパンを好んでいる。
「サン・ジェルマン」がハワイに進出のは1970年代だたっと思う。
確か白木屋に一号店が出来たんだ。
その「サン・ジェルマン」、今やローカルやメインランドから来た白人たちの人気のパン屋さん。
これは個人的な考えだけど、たしかにかなりハワイのパン屋さんとしては今でもいいパンを作っていると思うけど、やっぱりあそこも進出した当時の方が美味かったような気がする、、。

 そんな訳で、明日のパンは「サン・ジェルマン」のパンにしました。味を確認してみたい、、(笑)!
写真はベルタニアのタイムスの敷地内にある「サン・ジェルマン」。

| | Comments (228) | TrackBack (0)

October 24, 2007

モクレイア・デリングハム空港

Imgp3522
Imgp3514①②デリングハム空港。
Imgp3510③モクレイアのビーチにキャンプを張って、この「カイト・ボード」を楽しむ人たちが大勢いた。きっと泊りがけで来ているに違いない。
Imgp3506④キャンプ場。このほか普通のビーチでもキャンプを張ってる人もいた。もちろんホームレスじゃなくてね、、(笑)!


 モクレイア地区はオアフ島では特殊な地域かもしれない。
ポロ競技場があったり、グライダーや小型飛行機の空港があったり、キャンプ場があったり。
そういえばあの「カイト・ボード」も、あまり他の場所では見ない。
健太がはじめてハワイに来た時は何もなかったノースやカイルア、カネオヘの海岸線は、今や相当数の家がっ建っている。
一方このモクレイア地区は最近やっと少し家が建ち始めた、、って感じだ。
あちこちに土地や家の売り物があったから、多分これから伸びるところなんだね。
今ならまだ値段もそれほど高くないに違いない。

 辺りはビーチが延々と続いているし、人は殆どいない。
だって昨日報告したように、真っ裸で寝そべっている人がいたくらいだからね、、(笑)!
ちょっとお金に余裕のある貴方、そして貴女!
今がチャンスかも知れませんよ、、(笑)!

 しかし驚いた事に、
歩きすぎて夕べはびっこをひいていた健太だったけど、今朝起きたらまるで何ともない、、。
益々体力に自身を持つ健太でした、、(笑)!
でも風邪、、、喉がまだ、、、(汗)。

| | Comments (15) | TrackBack (0)

October 23, 2007

オアフ島を歩こう、ハレイワ-モクレイア編

Imgp3468①今日の出発点はハレイワ。ハレイワ・ロードを西に向うと直ぐにこのハレイワ・ボートハーバーが見える。
Imgp3470②「ここは何ビーチですか?」の問いに「ここもハレイワ・ビーチさ!」って答えが帰ってきた、、。
Imgp3473③帰ってから地図で見たらこの辺り全体の正式名称は、「ハレイワ・アリイ・ビーチパーク」だそうです。
Imgp3478④その先の「カイアカ・ステート・リクリエーション・アリア」
Imgp3483⑤ここから「ワイアルア」地区。昔サトウキビで栄えた町だ。
Imgp3484⑥ワイアルアのプランテーション跡。今は小さな土産もの屋が2軒ほどあるのみ、、。
Imgp3490⑦おっと、マカハの時みたいにまた道路標識が銃撃の的に、、、。ここも危険地域なのかもしれない、、、(汗)
Imgp3493⑧プランテーションの後は、何もないサトウキビ畑(現在は何も植わっていないところが殆ど、、)の中を延々と歩かなきゃならなかった、、。
Imgp3494⑨こうして歩行禁止地域もあった。クラウチングライオンのところも部分的にそうだったけど、そんなこと構っちゃいられないよね、、(笑)。
Imgp3500⑩「アウェオウェオ・ビーチパーク」。この先のビーチでカップルが寝そべってたけど、男性の方は全裸!あまり見たくないので直ぐに道路に戻った。もし女性の方がそうだったら近付いた思う(笑)!
Imgp3501⑫ハワイ・ポロ。ハワイでもこんな優雅な遊びをしてる人がいるんですよ、、(笑)。
Imgp3503⑫いよいよモクレイア近し!
Imgp3508⑫もうここはモクレイアの一部。みんな今流行の「カイト・ボード(サーフボード+カイト)」で気持ち良さそうに水上を滑っていた!
Imgp3518⑬今日の目的地「モクレイア・ビーチ」。この先波のしぶきで霞んでいるところが、この前反対側「マカハ」から行った「カエナ・ポイント」だ!
Imgp3529⑭今日は43000歩も歩いちゃった、、、。どうりで足が痛いと思ったよ!病み上がりにはちときつすぎた、、(汗)!


 朝10時にカピオラニから52番のバス、サークル・アイランドに乗った。
ハレイワについたのが11時15分。
ハレイワ・ロードを一路西へ、、。
病み上がりなので、体調が悪くなったら途中で帰るように、とんまからきつく言われて家を出た。
久しぶりなんで、なんだか雲の上を歩くみたいな変な気持ち。
9月22日、カイルアーカネオヘ間を歩いたのが最後。丸1ヶ月ぶりになる。

 モクレイアにはバスが行ってないので、マカハの時と同じ。
帰りも同じ道をあるって来なきゃならない。戻って同じ道を歩くのが大嫌いな健太だけど、仕方ない、、(涙)。
それにその道は最初延々とサトウキビ畑の中を歩かされる。
何にもないところさ、、。

 ま、後は写真でお楽しみ下さい。
今日の健太、疲れすぎなんでもう寝ます、、(笑)!
それにしても4万3千歩ってのは、我ながら頑張っちゃった。
明日朝起きて歩けるか心配だ、、、、(汗)。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

October 22, 2007

ハワイアン・ブレックファースト

Imgp3466

 朝食はいつもパンがあればパンを食べる。
今朝はパンがなかったんで、とんまとマックに行く事にした。

 ハワイのマックには世界中何処のマックにもない、変わった「ブレックファースト・メニュー」がある。
いわゆる「朝ご飯」だ。
ポチギー・ソーセージにスクランブル・エッグ、そしてご飯。
好みによってハッシュブラウンも加えられる。
この「朝ご飯」には面白い事に、醤油がついてくる。
ローカルはこの醤油をスクランブル・エッグやご飯にかけて食べるんだ!
もちろん健太たちもそれにならう。
 
 ハワイでテークアウトするとよく醤油がついてくるけど、
和食系の店ではちゃんと「キッコーマン」とか「ヤマサ」の醤油が添えられている。
しかし中華系或いはローカル系では時々「アロハ醤油」がついてくることがある。
今朝のマックの「朝ご飯」にも、その「アロハ醤油」がついて来た。

 とんまとそれを食べに行ったのは「リリハ」、
つまりダウンタウンのちょっと空港よりのところにあるマック。
アラモアナやキングの店の方が健太の家から近いけど、
それらの店はいつも年配者で混雑していてる上に、なんだか落ち着かない。
おまけにアラモアナにいたっては、
店内が薄暗くて同じ物を食べるにしてもなんだかあんまり美味く感じない、、(汗)。
そこにいくと「リリハ」のマックは少し遠いけど、店内は明るくて2階からは青空も見える。

 日本のマックにもこんなメニューがあったら面白いと思うなー、、、。
「ハワイアン・ブレックファースト」、、とか何とか命名して、
写真に写っている奴+パイナップルの輪切りを一枚添える!
付いてくる醤油はもちろん、「アロハ醤油」さ、、(笑)!

 ごめんなさい、あんまりお腹が空いてたんで写真がぶれちゃいました。健太としたことが、、、、(涙)。

| | Comments (24) | TrackBack (0)

October 21, 2007

ハワイのベテラン・ウェイトレス、、

Imgp3465

 「お腹がすいたね、、」とんまが言った。
時計を見ると正午を少しまわったところ。
「その辺に歩いて食べに行こうか、、?」
こんなときの話は直ぐに決まる。
健太が歩き出すようになってから、
とんまも事ある毎に出来るだけ歩こうと努力をしている。

 陽射しが強いのでとんまはサン・スクリーンを塗ってサン・バイザーと言う完全武装。
健太はと言うと、せっかくウオーキングで焼けた肌が白く戻りつつあるので何もつけずに出ることにした。
ハワイの午後に陽射しはジリジリと素肌を射す。
15分も歩くとキングストリートに出た。

 家の近くのキングストリートには、「山ちゃん」「一番ラーメン」「ジャック・インザボックス」「ゴールデン・ダック」「東仙閣」「楽」「ジッピーズ」その他中華料理や韓国料理など、沢山食べ物屋は有るけど日曜日は休みのところが多い。
昨日ランチはとんまとダウンタウンの「飲茶」を食べたので、結局「ジッピーズ」に入ることにした。
店内は昼時とあって混雑している。
とんまは「ガーリック・ステーキ」、健太は「ジップ・パック」をオーダー。
健太たちのテーブルのウェイトレスは50過ぎ眼鏡をかけたおばさん。
でもなんだかすげー「つっけんどん」。
「感じ悪いね!」
とんまが言った。
「うん。でもさこういう人は結局自分が損をするんだ。
だって健太はこんなおばさんにはチップをはずまないよ!」

 ハワイのレストランのウェイターウェイトレスたちの給料はミニマム・ウェッジ。
つまり法定最低賃金で働いている。
えーと今は多分1時間7ドル位。
だから彼らは「チップ」で稼がなくちゃ収入が最低になっちゃう。
今ハワイのチップの相場は食事代の大体15%程度。ワイキキでは18~20%は払う。
しかし、あくまでも普通のサービスをしてくれた場合のこと。
ちょっとルードな態度やいい加減なサービスをする奴には、10%も置かない事もある。
逆に良いサービスを受けた時は25%でも30%でも置けばいい。

 日本の皆さんはこのチップの習慣がないので、難しい判断を迫られるけど、
ワイキキのホテルやその他有名レストランでは、もう請求書に15~20%勝手に載せてくる場合が多い。
もちろん健太たちローカルが利用した場合でも同じ。
だからそういうレストランに行く場合は、それなりの覚悟はして出かける。
もちろんワイキキといえどもサービスが悪ければ10%でも構わない。
請求書に最初から載せてあれば、係りを呼んではっきりと言ってやる事だ!
「君のサービスでは20%は払えない。削除するように!」
なかなか難しいけど、正に「郷に入れば郷に従え!」
チップに慣れてこそ、君もハワイ通(ねえ、アヒ・ポキさん!) 、いやアメリカ通ってことだ、、(笑)。

 ところがそのウェイトレスのおばさん、請求書を持ってきた辺りから俄然感じが良くなりだした。
「おいしい?」
とか何とか日本語でしゃっべって来て、
「My husband is Japanese、and I am Chinese so I am teaching KANJI for my son!」
<何だよおばさん、あんたウェイトレスのプロ中のプロだね。客の心の捉え方をちゃんと心得てるじゃん!>
良く考えりゃ、あの歳のウェイトレスが客各扱いがどうあるべきか知らない訳がない!
しっかり手を抜くところ、押さえるところを見事なまでに実行したベテラン・ウェイトレスでした、、(汗)。
請求書は2人で24ドルちょっと。
結局4ドルのチップを置かされて帰ってきました、、、(涙)。

 写真はサウス・キングストリートのジッピーズ。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

Into the Wild とノースの関係、、

Dsc00283
Imgp3461

 今日の映画は「Into the Wild」。
何不自由ない家庭に育ったクリストファーは、大学卒業後の1990年、「物質」や「社会のしがらみ」に支配されない人間本来の自由を求めて、無一文でアラスカへ旅立つ。
サウスダコタ、コロラドリバー、カリフォルニアとアラスカに到着するまで、様々な地を訪れるクリストファー。
しかし残念ながら2年間にわたる冒険の後、アラスカの国立公園内の捨てられたバスの中で、彼の遺体がハンター達によって発見された。
食物を調達できずに草花、木の根等を食して、その毒に当たってしまったのだ、、。

 彼の歩きはちとおこがましいけど、
まるで健太のオアフ島一周を、桁違いに大きくしたもの。
何かと共感は覚えずにはいられなかった。
特に、彼が誰もいない大自然の中で両手を空高く広げて、その大気と景色を胸いっぱいに吸い込んだその姿、
それはまるで健太があの朝ノースのフキラウ・ビーチの先の名も知らないビーチに立った時そのもの!
あのビーチには誰もいなかった、、、。
清々しい海の香。
微かにひんやりとする朝風。
何処までも深く青い空。
ノース独特のあの眩いばかりの海。
どれもこれも、
<今この瞬間、この景色は健太だけのものだ!!>
そう思うと、黙ってはいられずに、
思わず言葉にならない何かを叫んでしまった事を今でもはっきりとを覚えている。

 クリストファーのその旅には様々な出会いが待っていた。
人々は彼の常に無欲で自然な対応に心を動かされて、「人間本来のあり方」を感じ取ってゆく。
最後の出会いだった「フランク」は70歳を越える退役軍人。
クリストファーの生き方を見てすっかり自分のあるべき姿に目覚めてゆく。
フランクは言った。
「愛だよ!愛が人々を支えてるんだ!」
その言葉にクリストファーが大きく頷いた、、、。

 ただただ、感動の一編でした、、、。
写真はその、名も知らないビーチ、、
実は健太が知らないだけで、名前はちゃんとあると思います、、(笑)!

 


| | Comments (5) | TrackBack (0)

October 19, 2007

そしてまたラニカイの景色

 Imgp3360

 そしてまたラニカイの写真!
「ラニカイ」とは「天国の海」って言う意味らしいけど、
天国に海が有るかないかは知らないし、天国を見たことがある人がいるなんて話も聞いた事もない。
ま要するに素晴らしい海ってこった、、、。
これはあるビーチ・フロントの家を通して撮らせてもらったんだけど、
果たしてこの家に住んでいる人たちはその「素晴らしさ」を実感しているんだろうか、、、。
多分ここへ引っ越してきて最初の半年、或いは1年位は、毎日起きるのが楽しみで、
庭に出てはパラソルの下でコーヒーなんか飲んだりして、幸せ感を思いっきり味わったに違いない、、。
しかし例えこんなに素晴らしいところに住んでも、1年、2年、いや5年経っちゃうと、
芝刈りが面倒だなあ、、、庭の落ち葉の掃除がかったるいなあ、、とか思い始める、、。
 
 何ごとも最初は感激するもんさ、、、。
そうした新しい家に引っ越したときはもちろんのこと、
新車を買った時や、新しいカメラを買った時なんかも嬉しくてたまらない。
ましてや、恋人が出来た時、あるいは結婚した時なんかは、
それはまるで自分が世界一幸せ者であるかのごとく有頂天になっちゃう。
しかし結婚後5年、10年経ったらどうだろうか、、、。
いつまでも新婚気分でいるのは、ひょっとして「至難の技」かもしれない、、、。
でも、もしかしたらそんな気持ちをより長く、或いはいつまでも維持できる方法があるかもしれない、、。
いやきっとある!

 多分この答えは一昨日のアップと同じなんじゃないだろうか、、。
健太はべつに宗教は持たないけど、
答えはずばり、「感謝する事」!
このラニカイのオーシャンフロントの住民も、
その「この素晴らしいところに住める!」と言う事に、いつも同じように感謝の念をもっていられれば、きっと
死ぬまでその景色を楽しめるに違いない!

 恋人同士、夫婦も同じだね、、。
健太はとんまに感謝の念を忘れた事もないし、これからも決して忘れない!
健太たち夫婦は他人たちから見れば、とんでもない珍道中をやってるように見えるかも知れないけど、
お互いに感謝しあって、これから先いつまでも人生を2人で楽しんでゆく積り。
結婚生活今年で15年だけど、まだ新婚気分さ!
ご馳走様!なんて声があちこちから、、、、、、(笑)!


| | Comments (23) | TrackBack (0)

October 18, 2007

死んでも伝わる、エンターテイナー魂!

Imgp3448

 本当にひつこい風邪!
まだ完全に治ってない。
あまり長いので一昨日から抗生物質をとっている。お陰で咳は止まり始めた。
外出は最小限にしているので、家で何かしている。
じっとして寝ていられない性質。
これじゃあ治る風邪もなかなか、、、、(汗)。

 しかし何と言って、もこの2週間で沢山の音楽DVDを見ることが出来た。
以前に見たものも含めてイーグルス3本、プレスリー、ライオネルリッチ、ウェス・モンゴメリー、栄ちゃんの他ごらんのDVD。
中でも「クロスロード・ギターフェスティバル」は2回も見ちゃった、、(笑)。
何しろ2枚組のDVDで、サンタナ、エリック・クランプトン、ほか沢山の有名ギタリストがその最高のパーフォーマンスを惜しげなく披露してくれているからさ!
しかし驚いた、、って言うか「へー」って思ったのは、あの天下のプレスリーも本番前は緊張して上がっていたって言う事!
そういえばあのタイガーでさえも、ラウンド中かなり緊張してやっているのがTVの画面にもはっきりと写っている。
なーんだ、健太が緊張するのも無理ないよね、安心しました、、、(笑)。

 昔「東野栄次郎」って言う俳優がいた。
ほら、あの「水戸黄門」をやっていた人、、。
あの人はいつも本番前に緊張して心臓がドキドキしていたと言う。
彼は、
「エンターテイナーはその位気合が入ってないと、観客に良いパーフォーマンすが見せられない!」
とまで言っていた(もしかして以前にもこのことかいたかな、、?)。
健太君大いに緊張しなさい、、(笑)!

 でもプレスリーも東野栄次郎も、もう死んだ人だね、、、(涙)。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

October 17, 2007

ホノルル日本語新聞3紙、、

Imgp3446

 最近ホノルルでは3種類の日本語無料新聞が発行されている。
先ず皆さんも良くご存知の「日刊サン」。
それと「デーリー・ゲンダイ(日刊現代)」と「The Honolulu Advertiser」の3紙。
夫々個性的に様々なニュースを報道している。
日刊サンとデーリー・ゲンダイは日本のニュースを中心に毎日発行されているけど、「The Honolulu Advertiser」は週一でハワイのニュースが中心。
エンターテイメントの少ないホノルルも、この3紙の登場で一挙に楽しみが増えたといえる。

 日刊サンはいわゆる日本のスポ-ツ新聞的。
デーリー・ゲンダイはかなり辛口で世相を切っている。
「The Honolulu Advertiser」は、我々ハワイに住む日本人が知りたいハワイのニュースを提供してくれるので大いに助かる。

 今日はその「The Honolulu Advertiser」中に、
ちょっと気になるコラムがあったので、簡単に皆に紹介したい。
記事を書いているのは、Advertiser Columnist キャサリーン・トウトさん。
カラー写真入りでそれは掲載されていて、中々魅力的な女性がそこには写っている。

 「誰しも不平不満はあるものだ。
空港の持ちの物検査での長い列。全ての商品をスキャンする前にいちいちチェックするキャッシャー。
のろのろ運転の車。吠え立てる犬の声、物価の高騰、、、。
不満を言い始めたらきりがない。もちろん年がら年中不満をこぼしている人間は嫌がられるが、「不平」にも怒りを内に沈め、すっきり吐き出せるという利点はある。私も今までそうしてた。

 私の親しい友人の一人が、双子の男の子を出産してから一週間後に脳卒中で倒れた。
31歳の誕生日を目前にしての事だ。
8月下旬から彼女は話すことも食べ物を飲み込むことも、歩くことも出来ない。
意思の疎通は全て手のシグナルだ。
食事は口から摂取できず、管からの栄養補給に頼らざるを得ない。中でも彼女にとって一番辛いのは、生まれたばかりの息子2人の側にいてやれないことだ。

 不平不満は山ほどあるだろう。1ヶ月に及ぶ集中治療の末、体は麻痺し、視力は衰え、人工呼吸器に頼り、食事も取れない状態。
それなのに彼女はこれまで不満をこぼした事がない。ただの一度も。
もちろんベットから飛び起きたり、電話をしたり、フライド・ポテトをむしゃむしゃ頬ばるなど、私達がなんとも思わない単純な事が自分に出来ない現状に、いらついたり、失望することもあるに違いない。
でも彼女はくよくよ落ち込んだりしない。回復して生まれたばかりの愛する息子たちの待つ家に帰ることだけを考え、只ひたすら努力を続けている。

 そんな不屈の精神に触れ、反省した。彼女の出来ない事が、なに不自由なく出来るのに、携帯電話の会話が中断されたり、波待ちのサーファーで海が混雑してるってだけの事に、不満をこぼすなんて。
不満の対象は人それぞれ。他人には取るに足らないことが、自分には大きな不満になる事がある。
でも多くの困難に直面しながらも、2倍3倍も感謝する事が有り、くじけずに進んでいかなくっちゃってことを、友人は気づかせてくれた。
私の母がよく言っていた。
「足が2本、腕が2本、目が2つあることに感謝しなさい!」、、と。
「殆どの人がそうじゃん!」って口答えしていた私。
でも実際はそうではなかった。
それに話の意図はそう言う事ではない。
母は「今あるものに感謝しなさい!」と言う事を意味していたのだ。
それは更に、「今あるもの」を認識し、頑張っている人たちに感謝しろと言う事でもある、、、」

 多少端折ったりしてるけど、大体こんな内容
ローカル女性なので日本語の分る人に訳してもらったのか、
ちょっと表現不足なところも有るけど、大体の内容は掴んでもらえていると思う。
分っちゃいるけど、つい忘れてしまいがちな、大切な事だよねこれって。
彼女のように自分の身の回りにそんな事件があって、はじめて我に返るのが我々凡人、、。
こうした他人の話を自分の事のようにしっかり頭に入れておけば、
もっと人生が楽しくエンジョイできる上に、あらゆることに感謝して生きられると思う!

| | Comments (16) | TrackBack (0)

October 16, 2007

今日の天気はこんな、、

Imgp3445

 今日の空模様はこんな感じです。
雨こそは降らないけど雲が多い、、。
なんて贅沢を言っちゃって申し訳ないけど、、、(汗)。
こんな感じの日に歩きに出ると、
ワイキキから遠く離れたところの天気は一体どんな事になってるのか、見当もつかなので要注意。

 最後に歩きに出たのが9月28日だから、かれこれ20日近くもこうして家にくすぶってる事になる、、。
で、体調の方はと言うと95%回復としか言いようがない。
咳はまだ出るし、冷たい風に当たると途端に自分自身のどこかが防御体制に入るのがよく分る。
つまり、この天気、体調は歩きに出るには万全とはいえない。

 「健太、もう歩きには出ないんだろう?あんなに無茶したからか体が参ってるんだよ。
若くはないんだ、無理しちゃだめだよ!」
そんな声があちこちから聞こえてくる。
しかしそれは実に見当違い。無理なんかした覚えはない!
今回の風邪と歩きを一緒にしないで欲しい。
この両者全く別の物!
たまたま若くはない健太が風邪を引いただけの事なんだ。

 実は明日、天気さえ良ければ歩きに出ようと計画していた。
でも今日もまだ咳が止まらないので、「大事をとって咳がなくなるまで待て!」
と言うとんまの助言を聞き入れることにする。
たまたま腰痛が風邪の間しずかにしていてくれたのは不幸中の幸い!
だからできるだけあの腰痛がやってくる前に歩きに出たいんだけどね、、、、。

 なんてったって、ハレイワでガーリック・シュリンプが健太を待ってるからね、、(笑)!

| | Comments (15) | TrackBack (0)

October 15, 2007

ジャック・インザボックスのコーヒー

Imgp3444

 朝は起きたらコーヒーを飲んで、パンがあればパンを食べる。
コーヒーはインスタントの、「テイスターズ・チョイス」がお気に入り。
もうこのコーヒーを飲み始めて15年以上になる。
とんまは本物のコーヒーを好んで飲む。
コナコーヒーが好きみたいだ。
健太もコナコーヒーは嫌いじゃないけど、朝はちょっと健太には強すぎる、、、。

 先週土曜のひるすぎ、誰かがドアを激しく叩いた。
「どなた?」
ドアを開けると健太たちの下に住む日系人女性が立っていた。
「お宅の台所から家に水がこぼれてきてるのよ!」
「えっ、ほ、本当ですか!」
「直ぐ台所見て頂戴!」
<おかしいな、水が漏るならうちの台所も水浸しになってるはずなのに、、、>
そう思いながら台所の流しの下のドアを開けて驚いた!
たしかに水がはねた後がかなり広がっている。
「ほらね!あとでプラマー(水道工事屋)の番号あげるから直ぐに電話してね!」

 暫くすると彼女は電話番号を持ってきてくれた。
「このビルの専門のプラマーだがらすぐに来てくれるわ!」
「すみません、、、(汗)」
彼女の台所に健太のところの水が漏れているというのに、あまり怒った様子はないのでほっとした、、。
直ぐに貰った電話番号に電話したら「留守電」になってる。
できるだけ直ぐ来てくれるようメッセージを残した。

 今日は月曜日。あの後もう一度メッセージを残したけど、そのプラマー、うんともすんとも言って来ない。
<さすがハワイだ!>
感心してる場合じゃないけど、あれからずっと流しが使えない、、。
コーヒーも沸かせなかった。
健太は素人なりに流しの下を見て分ったのは、漏っているのは下水じゃなくて水道のつなぎ目。
それも水道を出そうとして蛇口をひねると水が漏る。
洗面所の水でお湯を沸かせばいいんだけど、なんだか美味いコーヒーが淹れられそうもない。
てな訳で、昨日も今日も朝のコーヒーは近くのジャックインザボックスにお世話になった。

 結局プラマーは電話をかけてこなかった。
取り付けられている蛇口はやたらに気取ったファンシーな奴なので(構造も複雑)、なんとなく自分で直すのは気がひけたけど、プラマーが当てにならないんじゃ自分でやるっきゃない!
万が一自分で出来なければその時は他の業者に頼めば良い。
電話帳を調べれば、ちょっと高いけど「緊急」といえば直ぐにでも来てくれる。

 でも心配無用!健太はやっぱり天才でした、、(笑)。
ものの30分で完璧に直りました。
ま、過去に何度も似たようなケースを自分でクリアーしてきたからね。
しかし今回は蛇口が通常の物じゃなかっただけに、ちょっと躊躇しちゃったんだ、、、。

 写真は今朝撮った健太のうちの近所にある「ジャック・インザボックス」。最近何処の「ジャック・インザボックス」もこんな風に真っ赤に塗り替えている。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

October 14, 2007

今日もラニカイの景色、、

Imgp3358

 あんまり綺麗な話じゃないけど、風邪で鼻の穴に「かさぶた」が出来たらしい、、。
何度も鼻血が出たからね、、。
で、殆ど風邪も治ってるのでそのかさぶたが気になって仕方がない。
鏡で覗いても、鼻毛ばっかりで良く見えない。

 鼻の中に指を入れるなど、はしたない!
品位のある健太様に似合わないことだ。
かと言って、むず痒いし、、、。

 よし、決断をしよう!
この際「品位」などと言ってはいられない。
このむず痒さを放っておくべきではない。
やっぱり鼻の穴に指を入れて、どんな状態になっているのかチェックすべきだ!

 洗面所に向った健太、鏡の前でおもむろに左手の小指を立てて鼻の穴に、、。
<おやっ?>
おかしいぞ、こんなはずはない!
小指くらい平気で入る健太の鼻の穴のだったはず、、。
なのに、その左手の小指君、つかえて健太の右の鼻の穴になかなか入ろうとしないんだ!
<何たる事!>
ふと自分の左手の指を見て我に返った!

 「そう言えば、、!」
このところ、パーティーや年末のショーの為ギターの練習をかなり本気でやってた。
だから、健太の左手の親指を抜かした4本の指は、
ギターの弦を押さえるので大きくまめが出来ていて指先が太くなってたのさ!
いやー、男たる者、なんでも太いに越した事はないけどね、、、、(汗)!

| | Comments (18) | TrackBack (0)

October 13, 2007

ラニカイ・ビーチのアクセス

Imgp3357

 写真はご存知「ラニカイ・ビーチ」へのアクセス。
民家と民家の間に細い道があってそこからビーチに出る。
ラニカイだけじゃなく、ハワイにはこんな具合にビーチに出るところがあちこちにある。
ワイキキにもシェラトンとハレクラニの間にこうした細い道がある。
つまり、家々やホテルは個人の所有物だけどビーチは州のもの。
州民は軍などセキュリーティ上特別の理由がない限り、ビーチに自由に出入りする権利がある。
だからこうしてこの細い道は私有地だろうけど、ビーチへのアクセスのために開放しているんだ。

 ところが最近この「ラニカイ」の土地所有者たちが、
こうした細い道にゲートを付けて締め切ってしまうケースが出始めている。
ビーチアクセス用に自分たちの土地を開放したばかりに、
泥棒に入られてしまった、、と言うのが彼らの主張。

 難しい問題だね、、。
でも、ゲイトをつけたからと言って泥棒が入らないわけじゃない。
泥棒君たちはきっと、「この家にはいれば金になる!」と踏んではじめてことに及ぶんだと思う、、、。

 何れにせよ、ラニカイ・ラバー達にとってなんとも淋しい話だ、、。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

October 12, 2007

ギター三昧、、、

Imgp3436

 これだけブログを長くやっていると、つい同じような事を書いちゃうこともあるようだ。
健太は昔随筆が好きで色んな作家のものを読んだ。
しかし彼らも健太と同じで、同じような内容が繰り返し書かれている事が多い。
それはわざとそうする時もあれば、ついうっかり忘れててそうなる時もある。
今日はわざと、あることについて重複して書きたい。
つまり、常日頃それを何度も感じさせられて来ているからだ。

 お陰さまで元気も大分回復して来ているので、今日はかなり長くギターの練習をしてみた。
皆さんのお見舞いの言葉に、
「もう歩きに出たくてしょうがないんじゃないですか、、、?」
って言うのがあった。
しかし実際ところ、熱にうなされてる最中歩くのを考えただけでうんざり、、、。
炎天下延々と歩くのを考えるのは返って直りが遅くなりそう、、、。
でも、ギターは弾きたくて仕方なかった。
どんなに熱があっても起き上がってはギターを、触っては置き、触っては置き、、、。
やっぱり健太はギターを弾く事が一番好きなんだろうね、、、、(笑)。

 さて今日のその長い練習で、ギターをとっかえひっかえやって見て、
また思いっきり知らされた事が、今日のテーマ!
「なーんだ、やっぱりなんでも高い物が良いとは限らない!」
ってこと。
写真に写っている赤い偽物が一番弾きやすくて音も一番しっかりしていた。
もしかして病み上がりなんで、感覚が麻痺していたのかも知れないけどね、、(汗)。

 写真のギター赤いのが日本メーカーの「バーニー」。はっきり言ってギブソンの偽物で、ほぼ全パーツを中国に作らせてると思う。後のグリーン(一番上)、グレー(上から2番目)、白(下から2番目)の3本がMade in USA、本物のギブソン。値段は、バーニーが5、6万円。ギブソン・グリーン、グレーが36万円程度。ギブソン白が50万円位かな、、。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

October 11, 2007

ハワイのマンゴ・ソーダ

Imgp3340

 お陰さまで体調は大分よくなっている。
来週はじめ辺りにでも歩きに出たい気分だ。
病気の間は「歩く?とんでもない!」なんて思ってたけどね、、(笑)。

 さてこの長距離を歩くようになってなにが変わったって、
一番変わったのは体形。
ずっとスリムになった。
つまり体脂肪なんかがぐんと落ちたに違いない。
だからズボンも古くて履けなかった奴がゆるい位!
それに鏡に映る自分の顔も、ずっと引き締まった感じ。
もちろん日に焼けた事も有るけど、余計な肉がそげている。

 それと前にも報告したように、血圧がぐんと下がって血圧降下剤を飲まないで済むようになった。
これはでかい!
薬代だって馬鹿にならないよ。
それに食事が美味く感ずる。
元来何を食べても「美味い美味い!」って言って食べるんで、おっかさんからは「ゴミ箱」(何でも入る、、汗)呼ばわりされていたけどね、、(笑)。
そして最後に「腰痛」が軽減されている!
良い事ずくめだね。

 一方マイナス面はと言うと、歩きに時間をかけすぎるので他の予定がはかどらない、、。
これに関しては「健康第一!」と考えて後のスケジュールには泣いて貰う事にしている。
何はさておき、健康さえ確保しておけば世の中怖いものなんかないからね!
金も欲しいけど、金なんかなくても健康なら働けば良い!
最悪の事態は、
「金がなくて、健康じゃない、、」って状態。
これだけは何としても避けたいよなー、、、。

 写真はこの前カイルア・ビーチの「カラパワイ・マーケット」で飲んだ「マンゴ・ソーダ」。いつだったかカネオヘのマカデミアナツ・ファクトリーでこれの「パイナップル版」を飲んだっけ。写真も載せたよね、おぼえてる?
ハワイならではの「マンゴ・ソーダ」、値段も2ドルちょっと高めで何処にでも売ってものじゃあないけど、皆さんもどこかで見かけたら是非一度お試し下さい!なかなか美味しいですよ、、(笑)!


| | Comments (12) | TrackBack (0)

October 10, 2007

丸く円を描く、虹!

Imgp3430
Imgp3433

 「健太!」
夕方になってとんまが叫んだ!
こんな時は多分「虹」が出たんだろうと思ったら案の定何時もの山側に、
大きくそれもかなりはっきりと虹が出ている。

 慌ててカメラを持ってラナイに出て驚いた。
その虹は空に大きな半円を描いているばかりか、
その左端は健太の家の手前の道路まで繋がっているではないか!
つまりalmost丸く、円を描いていることになるのさ。

 その様子をカメラに収めようとしたけど、
家の近くの道路のところは暗くて肉眼でははっきり見えてもカメラには、、、。

 さて健太の風邪、とてもスローリーにではあるけど回復しつつあるようだ。
まだ汗をかくし、鼻と喉が痛い。
もちろん頭も痛い。
しかし起きていられるくらいにはなっているので、
ギターの練習をしたりインターネット・オークションを見たりは出来ている。
本当に皆さんにはご心配かけました
数々の激励のコメントありがとうございました。
この場を借りまして深く御礼申し上げます。
多分この分だと今週中になんとか完治すると思います、、。

 写真上は半円を北東の大空に描く虹。下はその左端の部分。道路のところにも虹がちょっと見えるだろ!
こいつがまるで健太たちの足元まで繋がってる感じだったのさ、、、、!

| | Comments (11) | TrackBack (0)

October 09, 2007

晴れ渡ったアラモアナ・ビーチ

Imgp3426_2
 
 「玄関の壁に鏡を付けようか!」
って事になって、昨日健太が寝ている間アラモアナに近いRossにとんまが見に行った。
「大きさも値段もちょう度いいのがあったから、明日健太が元気になったら買いに行こうよ!」
帰ってきたとんまがそう言ってた。
今住んでいるところは、エレベーターを降りたところが健太たちのユニットとお隣さんのユニット共有の小さな玄関ロビーになっている。
そこの壁が殺風景なのでそういう話が出たって訳さ、、、。

 Rossに入ってみると平日にもかかわらず店内はかなり混雑している。
「こっち、こっち!あれー、、?」
とんまが手招く方向に行って見ると、彼女は困惑した表情でキョロキョロしている。
「た、たしかに昨日ここに、、」
とんまの指差すところには何枚かの鏡が置かれているけど、
とんまの昨日見た鏡はないみたいだ、、。
「売れちゃったんだ、きっと!」

 一旦欲しくなると、なにが何でも手に入れたくなる健太ととんま。
Rossはあと、ダウンタウンとワードのスポーツ・オーソリティーの隣にある。
「ほかの2店にも、同じのがあるかも知れないよ!」
こんなときの意見はぴったり合っちゃう二人!
足早に店を出ようとすると、
「健太さん、とんまさん!」
キャッシャーで支払いをしている1人のハオレ(白人)女性が声を掛けてきた。
2人とも彼女の方を見ているけど暫く誰だか思い出せない、、。
一瞬、健太はとんまのフライト仲間かと思った。
一方とんまはとんまで健太の業界の知り合いで、以前健太から紹介された女性と思ったという。
しかし暫く見ているうちに2人で気が付いた、、、、
「M子、、、さん?」
「そうよ、何言ってんの私よ、M子よ!」
その時M子さんの後ろのおばさんが、
「凄いね、日本語べらべら!」
M子さんは見かけは完全に白人。どちらかと言うと英語は苦手。
その言葉を無視してM子さん、
「ねえ、久しぶりじゃなお茶飲みましょうよ。これ払い終わるまで待ってるか、どこかで、、、」
「何処が良いかなあ、、、」
その時さっきの後ろのおばさんが、
「おむかえの『リキリキ』がいいんじゃあ?」
「そうそう、リリキリに先に行って待ってて。これ終わったら私、車出してすぐ行くから」

 健太ととんまはRossをでて「リキリキ」へ向った。
何しろM子さんは、健太が以前勤めていたPホテルの会長婦人。
健太たちの結婚式にも出ていただいている恩人だ。
リキリキに入って健太たちは4人分の席を用意して、M子さんとあの後ろのおばさんを待った。
10分ほどしてM子さんは一人でやって来た。
「あれ?あのおばさんは?」
M子さん、キョトンとして
「おばさんって?」
「あのRossでM子さんの後ろにいた人、、」
「えつ?あの人誰?私知らない人よ!」

 すっかり健太もとんまもあのおばさんはM子さんの連れかと思った。
それにしても他人の会話に入り込んで、落ち合う先の「リキリキ」までセットしてくれるなんて、、。
とんまと二人で、
「やっぱりここはハワイだね!」って大笑いした!!

 写真は久しぶりに晴れ渡ったアラモのアナ・ビーチ!

| | Comments (7) | TrackBack (0)

October 08, 2007

ラジオ・K-ZOOカラオケ大会

Imgp3416ホノルル市長の「ムヒ・ハネマン」さんとライムちゃん!
Imgp3421ランチに出てきた中華料理の一部と大会のプログラム。

 風邪、、、まだ完全に治っていない。
ハワイは昨今朝晩結構冷え込んでいるので、油断しているとちょっと良くなった風邪も直ぐまたぶり返す。
しかし昨日は「ラジオK-ZOO」のカラオケ大会の審査員を朝9時から午後3時まで何とかこなして、
夜は11時までライブ出演を果たした。
これじゃあ治るものも治る訳きゃないよね、、、(汗)。
でもどちらもとても楽しかった!

 カラオケの審査員はCDコンビ、「ライム&健太」のライムちゃんといっしょ。
ライムちゃんとは久しぶり!
会場はシェラトン・ワイキキのハワイ・ボール・ルーム。
カラオケ大会にはホノルル市長の「ムヒ・ハネマン」さんもゲストとして歌を披露。
彼は市長さんではあるけれど、かつてCDを出したこともあるグッド・シンガー!
満席の会場を大いに沸かせてくれた。

 夜のライブはハイヤット・リージェンシー・ワイキキの、ダイアモンドヘッド側入り口の脇のボール・ルーム。
あそこは元、ビレッジシンガースのドラマーの林君がライブハウス「ケントス」をやっていたところだ。
ちょっと見には良く出来て会場だけど、
楽器の音もシンガーの声もなかなか思ったように客席に伝わってくれない、ミュージシャン泣かせの会場だ、、(涙)。
しかし健太たちの音楽はあの時代(いつごろ、、?)の人なら皆も口ずさめる歌ばかり!
会場に集まったお客さんは一緒に歌ってくれたりリクエストしてくれたり、大いに楽しんで帰ってくれたんで、
本当に良かった。
 

| | Comments (11) | TrackBack (0)

October 06, 2007

あるノースの午後

Dsc00279クリックで大きくなるよ!

 ご心配お掛けしました。2日間のご無沙汰でした!
ほぼ死んでました、、、(涙)。
今でも多少の頭痛、鼻水、が有りますが何とか起きていられる状態、
きっと良くなってるんだとは思います。

 さてこのまえの「ディズニー・ランド」の件、また健太の早とちりらしく、
進出するのはディズニーのホテルのようです、、(汗)。
いずれ何事も決定ではないらしいのは事実。
ディズニー・ランドなら最高だったんだけどなあ、、、。
そういえば随分前にどこかがそう言う事を試算した結果、
ハワイにテーマパークが出来ても採算が合わないという事を何かで読んだことを思い出した、、。
たしかにハワイは離れ小島、万が一何かの原因で飛行機が飛ばなくなったら、
もうテーマパークには閑古鳥が鳴く、、、。
LAやFL のように陸続きの場所にあるなら、例え飛行機が飛ばなくても何らかの集客は見込める、、。
投資する側も馬鹿じゃないよな、、。
でも健太はそういう馬鹿がいて欲しかった、、、(笑)。
「男意気」って馬鹿!
「えーい、男だい!採算なんかクッそ食らえ。やったろうじゃないか!」
なんて、、、今時そんなのあるわきゃないか、、、(涙)。

 明日はいよいよカラオケの審査員と、ライブ。何としても今よりは体調を整えなきゃね、、、。
なーに、何とかなるって、、(笑)!
 

| | Comments (8) | TrackBack (0)

October 03, 2007

ハワイにディズニー・ランドが出来る!

Dsc00217クリックすると大きくなるよ!
 
 健太の風邪今日が最悪の状態。
でも今朝とんまが成田から帰ってきて、
「健太、ひどい熱だよ!」
額に手を当ててそう言って、すぐに氷嚢を作ってくれた。
今夕方の6時過ぎ。
おかげさまで熱は少し下がっている。

 しかし悪いニュースばかりじゃあない!
今TVのローカル・ニュースで、
「ハワイに、ディズニーランドが来る!」
って騒いでる。
内容を良く聞いてみると、
まだ決定ではないけど、かなり前向きに検討されているって言う事だ!

 現在ハワイの観光業はあらゆる意味で頭打ち。
「ハワイにカジノを、、」とか色々案は出るけど、現実味がなかった。
カジノなんてコミュニティー(地域社会)が必ず反対する。
その点「ディズニー・ランド」なら健全なアイディア、多分問題はないと思う。

 場所はコオリナ辺り。
今あそこにはホテルが「イヒラニ」しかない。
ディズニーが来るとなれば先ずホテル・ルームも相当数必要。
少なくても5、6軒のホテルは建つに違いない。
そうなればハワイ市民の仕事も増える!

 写真はこの前ノースを歩いた時の物。バンザイ・パイプラインから西側を撮ったもの。
あの半島の突端辺りが、今度歩こうと思っている「モクレイア」だ、、、。
風邪なんか引いている場合じゃない、、(笑)!

| | Comments (14) | TrackBack (0)

October 02, 2007

怖いほど綺麗な海、、

Dsc00177クリックすると大きくなるよ!

 熱が少しあって、鼻が、、、、。
シャツは今日だけで7、8枚は取り替えた。
薬は一応アスピリンを飲んでいる。
アスピリンといえば日本では買えないよね?
こっちではアスピリンはあらゆる成人病に良いと言われている。
特に心臓には良いらしいよ。
心臓病患者には良くアスピリンが投与される。
成人は毎日1錠取るといいとも言われている位だ。

 何て、健太は風邪で参ってなんかいられないんだ。
今度の日曜日は、ラジオK―ZOOの「カラオケ大会の審査員」が朝から午後3時まで。
それが終わったら夜はパーテーでライブ演奏をやらなきゃならない。
これじゃあ声が出ないんで歌も歌えない。
あの美声が(?)、聞くも無残な哀れな声になってる、、、(笑)。

 写真はこの前ハワイカイを歩いた時の海。怖い位綺麗だ、、、。早く元気になってまた歩きたい、、、。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

October 01, 2007

サンタナで元気になろう!

Imgp3410

 とんまが急に成田のフライトを貰って飛んでった。
もう今月から大阪便はなくなって成田便は成田スタッフが飛ぶから、日本へ飛ぶなかなかチャンスがない。しかしラッキーな事に何かの都合で空きが出来たようだ。
やっぱりLAとかサンフランを飛ぶよりずっと良いに決まってる。

 あーあ、そんな時に限って健太が風邪でダウンだ、、(汗)。
不思議と健太が風邪を引くのはとんまのいない時、、、。
そんな訳で一日寝たり起きたりしてた。
起きてる時は何をしてたかって言うと、ごらんの写真のDVDを見ていた。
サンタナの音楽を聴いたら元気になりそうな気がしたのさ、、、。
そして夕食はさっき近所の、ほら例の「チョップ・ステーキ」の美味しいところからテークアウトしてきた。
この前も言ったようにここの「チョップ・ステーキ」は美味いばかりか、ピーマンが沢山入ってる!
健太の腰にはこの「ピーマン」が良いような気がするんで、しっかり全部おかずは食べた、、(笑)。

 

| | Comments (9) | TrackBack (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »