« October 2007 | Main | December 2007 »

November 30, 2007

安くはないカイルア・ビーチ沿いの家々

Imgp3740_2 
 
 今日はハワイ日系人の歴史を少し辿ってみたい。  
明治元年にいわゆる「元年者」と呼ばれた日本人移民者男女153人が、帆船「サイオト号」で渡って来た。
更に1885年に第一官約移民として956人が「ペキン号」で到着。
それからその官約移民は27回続き、トータルで29036人の日本人がハワイにやってきた事になる。
後に官約移民は廃止されたものの、更に移民会社の手で40208人渡って来ている。

 ハワイに渡って来た移民の殆どは月給15ドル、
契約は3年といった形で耕地で働いた。
渡航の際、出身地の県知事等から、
「辛抱して働いて、日本に送金し錦を着て日本に帰る様に!」
との手紙が夫々渡されたそうだ。
詰まり始めは完全な出稼ぎの民に過ぎなかったのだ、、。

 それほど多くの日本人が渡航してきたにもかかわらず、
女性の移民は極端に制限されていた為、いわゆる「廓」が大流行だったそうだ
(官約移民では男100人に対して女25人の割合でしか許可されなかった)。

 それ等は、ヌアヌアベニューの海よりのパウアヒ・ストリートでは道路の両側に軒を連ねる程盛んで、
その職業に就く女性も200を越したと言われる。
悪い事にこれらにまつわりつくピンプ(ひも)も300を越す勢いで、
「日の出倶楽部」「義侠倶楽部」「一心倶楽部」「連合倶楽部」などと名乗る、やくざ集団もあったという。
彼等はご多分に漏れず、賭博、恐喝、脅迫など日常茶飯事、
何かにつけ善良な市民を傷め苦しめたそうだ。
しかし商売女のある者のは、
「耕地に働く大の男の給料が月に15ドル、
あたしたちは女の身で毎月150ドルから200ドル稼いでその多くを本国へ送る。
あたしたちは国を富ます愛国者さ!」
等と嘯いたと言う。

 はたして耕地の状態はというと、乱れている者も多く、
妻の売買は珍しい事でもなく、博打に負けた借金の抵当に妻を預ける者もいた。
時には妻を馬と交換した者もいたらしい、、、。

 当時このオアフ島には既に8000人ほどのアメリカ兵が駐屯していたので、
政府も「血気盛んな青年に対して必要悪!」と判断。
しかし「風紀上教育上好ますからず」と後にその殆どは壊されて、
当時のパイナップル工場の近くに「イヴィレー」と言う名で、
客室100室ばかりのそういった施設を新たに開業させた。
悲しいかなそこで働く女性の殆どは日本人だったと聞く、、、。

 今日はちょっと暗い話でごめんなさい、、。
写真は昨日カイルア・ビーチから陸地めがけてパシャリ!
ビーチの終着点からこうした椰子の木と家々の間を抜けて道路へ出たけど、売り家もかなり多い。
でも目が飛び出るほどの値段、、、決して安くはない、、(汗)。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

November 29, 2007

オアフ島を歩こう・カイルア海岸の果てまで

Imgp3703久しぶりの快晴!カイルア・ビーチに来た。今日はあのずーっと先のビーチの果てまで後で歩く!
Imgp3717ここまできて、ラニカイに寄らない手はない、、(笑)!
Imgp3723ラニカイの丘の上の家。なんだか嵐が来たら吹き飛ばされそう、、って何時も思って見てるんだ。右端にはちょっとラニカイの石塔が見えるだろ!
Imgp3730ラニカイ・ビーチからカイルア・ビーチの端まで歩き出して、ちょっと振り返って見た。
Imgp3732大分歩いたけど,まだまだ先だ、、。
Imgp3733あれっ?ビーチだっちゅのにこんなでかい石が、、。苔の状態から見ても随分長い間ここに有るんだねこれ、、。
Imgp3738終点はもうすぐだ!
Imgp3743ここがカイルアビーチの最終地点。もうこの家の向うはカネオヘになると思う。
Imgp3747振り返るとラニカイがあんなに遠い!
Imgp3751今日は2万歩ちょっとでした!  

 昨日の雷雨とはうって変わって今日は久々の快晴!
丁度とんまは久しぶりに成田フライトでいない。<この天気ならきっといい写真が取れるぞ!>
ってな訳でご覧のように、前回あまり天気が良くなかった、カイルア&ラニカイに行って来ました。
ついでに、カイルア・ビーチを今回はカネオヘ方向にその果てまで歩いて見ました。
今日はぐだぐだ文章を読むより、写真で楽しんでください、、(笑)。
その代わり昨日の続きをこの後に載せますので、興味のある方はお読み下さい! 

真珠湾攻撃による日系人の苦労  

 1941年12月8日真珠湾攻撃による日米開戦は多くの悲劇をハワイに住む日系人にもたらした。
太平洋沿岸の日系人10数万人は強制立ち退きを命ぜられた。  

 この米国の出たら目な取り扱いに対し、
米国市民権を持つ日系2世は「憲法違反である!」と講義した。
そうした講義デモの先頭に立ったのは、第一次世界大戦でアメリカのために戦った勇士であり、
また米国民であることに誰よりも誇りを持って強く生きていた「ジョセフ・栗原」だった。
彼はそうしてアメリカ人として誇りを持って生きたにもかかわらず、
「ジャップ」の一言で辱しめられ、
彼が米国民として第一次世界大戦で戦った名誉さえ踏みにじられ、
銃剣の先でこづき回され、全く人間としての取り扱いを与えられなかった。
彼の米国に対する非人道と不正義に対する挑戦はこうして始まり、
遂には米国市民権を放棄、
戦後焦土と化した日本に多くの二世とともに引き上げた。
しかし貧乏と困窮のどん底にあった敗戦国日本は、多くの二世にとって住みよい場所ではなかった。
そのためあれほど米国の不信に憤り、市民権を放棄してまで日本を選んだ二世たちも、
その殆どがのちに米国市民権を回復して米国に戻ってしまった。  

 そんな中、ジョセフ・栗原は困窮に耐え、日本で、日本人になる事に全力を尽くした。
生涯独身で老境に入った彼は、黙々と東京の片隅に生き、
冷ややかな現代日本人の人情を見つめつつ、
盆栽、盆景に関する本を英訳しては日本の美しさを海外に伝え、
欧米でベストセラーの一つとして称えられた。
彼はあらゆる困苦と戦っていたが、その間自分の運命については一言も愚痴を言わず、
古武士のような態度で生き抜いた。
そして昭和40年、東京目黒の宿舎で脳溢血の為その生涯を閉じた。  
彼はカウアイ島に生まれ、東京で70年の障害を閉じるまで、
自らの信ずるところに断固として生き抜いた熱血漢だった。
聖書を片手に一刻として純潔の精神を忘れず、
人生最後の一ページまで男らしく闘い抜いた。

 残された彼のタイプライターには「自然に還れ」、
と題された次の一文が残されていた。

 世界は偉大なる科学の進歩をたたえている。 
 しかし人はいかにして月に行くかに苦労して、 
 大地より生まれたことを忘れている。 
 幼き日に一握りの土を持って泥だんごをつくり、 
 トンネルや穴を掘って遊んだ事を忘れている。 
 人生と健康を与えてくれるこの大地の土は、
 もはや我々の手や足に接していない。
 現代の人々は幼き日に自然が与えてくれた喜びの全てを忘れてしまっている。   
 この本の教えるところは、日本人がいかに限られた狭い場所と資材で、 
 石や土を持って限りない自然の喜びを味わう事が出来るかを、 
 教えたものである。 
 現代の歪められた全てを超越して、 
 そこに改めて自然を味わう、日本の偉大な芸術があるのだ。  
 
 実はこれは彼が残そうとした著書の書き出しだったが、
不幸ににしてその完成を見ずして帰らぬ人となってしまった、、、。

注:この内容は生前大変お世話になった、日系二世村山氏から頂いた資料を元にしました。 

| | Comments (23) | TrackBack (0)

November 28, 2007

真珠湾攻撃の記念日近し、、、

Dsc00123クリックすると大きくなるよ!
 
 真珠湾攻撃記念日、1941年12月8日(ハワイ時間では7日)が迫っている。
今時の日本の若者たちにとっては、
日本がアメリカと戦争をしたことすら、真実味に欠けて受け止めているに違いない。
しかし健太はその問題と無関係ではとても暮らしてゆけない。
こうして今ハワイに住んでいるし、
幼い時に東京でアメリカ軍の空襲をじかに受けているからだ。

 日本は何故真珠湾攻撃をしなければならなかったのか、、。
複雑な問題は絡まっているけれど、
日本の中国侵略を嫌ったアメリカが日本を敵対視し始めていたのも大きな理由の一つだ。
また当時アメリカ国内に住む日系人を嫌うアメリカ人が、
「排日運動」をおこしはじめたのも見逃せない。
「イエロー・ペリル」と言って、その「排日運動」は瞬く間に全米に広がった。
ハワイの当時の日本人一世、二世の文献を拾ってみるとその様子がはっきりと見て取れる。
 
 排日運動家の言い分は、
1.日本人は職業上の価値を無視して、長時間低賃金で働き白人労働者を圧迫する。
2.日本人は生活程度が低劣で、米国人と生活上の競争は出来ない。
3.日本人は故国に送金し米国経済に貢献しない。
4.日本人は日常品を故国から取り寄せ米国製品を使用しない。
5.日本人は愛国心が強く、政治道徳は米国人と一致しない。
6.日本人の持つ文化は米国に悪影響を及ぼす。
7.日本人は密集して、自国の風俗習慣を改めない。
8.米国は絶対米国人の米国であり、ジャップを排除すべし。
9.日本人の入国は人種問題を悪化させる。

そこで日系人たちはそんな白人たちに気兼ねして、次のような注意書きを回付して互いに自粛を呼びかけた。
1.賭博場女郎屋街、その他良くないところへ行くべからず。
2.街を歩く時は姿勢を良くして、大声を出したりして笑い興ずるべからず。
3.大勢にて用のないところへ行ったりせず、危険なところ、人ごみは避ける事。
4.外出先で酒によって醜態を見せるべからず。
5.旅館やレストランは午後11時には閉めること。
  また夜遅く大声で歌い三味線などの鳴り物で近所迷惑にならないようにせよ。
6.白人に対してむやみに反抗的態度をとるべからず。
7.身だしなみを常にきちんとすること。
8.白人の仕事を取るような仕事に付かぬ事。
9.ピストル、ナイフなどの所持を慎む事。
10.常に呼子を用意して万一に備えること。

 何と涙ぐましいことか、、、。
これほどまでしても、白人による「排日運動」は止まなかった。
彼ら日系人はそうした最悪の環境の中で「真珠湾攻撃」を受けたのだ!

明日に続く、、、。

 今日は朝から凄い雷と稲妻で大雨。その後雨は止んだものの、結局晴れ間は見れなかった、、。
黒澤明が一部監督した「トラトラトラ」では、日本の戦闘機は、
今日の写真のサトウキビ畑の上空(ハレイワ方向から)を飛んで真珠湾に向って行く隊もあったとされている、、、。
あの映画を見た人の中には、こんなような景色見に覚えのある人もいると思います、、。


| | Comments (5) | TrackBack (0)

November 27, 2007

ハワイのハンバーガー、、、、

Dsc00403   

 ハンバーガーのマクドナルドも”偽装表示”!
都内の4店舗が売れ残ったサラダの調理日時のを、
翌日に張り替えて売っていた事が明らかになったと言う、、。
店側では「もったいないし、見掛けも問題ないのでやった、、」と供述していると言う。   

 このところこの手の不祥事が日本の食品業界で目白押し!
要するに、「見えないところなら何をやってもわかんないだろう、、」と言う、
安易な考え方がこんな問題を起している。
それもこれも「何が何でも利潤優先!」、
と言う昨今の日本の企業の歪んだコンセプトが引き起こしたもの!   

 最も嘆かわしいのは、医者も昔は「医術=仁術」と言って、
人の病を治すのが目的で金は2の次だった。ところが今や殆どの医者は、
単なる金儲けの手段と考えているようにしか思えない、、、。
ちょっと話がずれちゃった、、(汗)。  
 
 「清貧」という美しい言葉を作ったあの世におわす先達は、
日本の今の姿を見て嘆き悲しんでいるに違いない、、、。
物欲に目が眩んだ人間のうごめく今の日本の社会は、
完全に崩壊に向かっているとしか考えられない、、、、。
あれほど栄えた古代ローマやマヤ文明が消え去った真の理由は誰にも分らない、
しかし、あれほどバブルで栄えた日本が今進んでいる道をこうして遠くから見ていると、
きっと似たような崩壊の仕方だったんじゃないかと、健太には思えてならない、、、。
時は変われど人間の慾の深さはいつまで経っても変わらないんだろうね、、、、。
「舌切り雀」は日本の童話じゃなかったっけ、、(涙)?   

 話し変わって「アメリカの主食ハンバーガー、、(笑)」について。
現在ハワイにはマック、ジャック・ボックスインザ、ウェンディー、
そして今日の写真の「バーガーキング」が主力店。
さすがにハワイのマックでは今回の日本のマックのような話は聞かない。 
一方、ジャックインザボックスは今から20年ほど前、客に出したハンバーガーに「O-157」が検出されたのが原因で、実に長い間冷や飯を食わされてきた。
しかしこの10年ほどの間にすっかり実力を取り戻して頑張っている。  
 
 またこの写真の「バーガー・キング」は、
25年ほど前に鳴り物入りでハワイに乗り込んできたものの、
人気商品であるはずの「ワッパー」が思いのほか伸びずに、もう何件も店をたたんでいる。
今日の写真のベルタニアにある「バーガー・キング」は、ハワイに残った数少ない店舗の1つだ。 
 
 更に「ウェンディーズ」は現在、
TVや今映画館などで大々的にコマーシャルをぶっつけて、
何とか他のブランドと肩を並べようと必死になっている。
ただ残念なのは、
日本の「モスバーガー」もかつてワイキキに進出したものの、
店のリース問題で撤退していってしまった事だ、、、、。   

| | Comments (12) | TrackBack (0)

November 26, 2007

アラモアナビーチ、カラオケ、、そして新婚さん、、、

Dsc00402_2

 今日はとんまが「カラオケに行きたい、、!」って言うんで、
ワイキキのGSスタジオへ!
あの近くにはとんまの働く航空会社のホテルがあるので、そこに車を止められる。
ランチ後、なんと1時半から5時半頃まで2人で歌いっぱなし!
健太はあの風邪以来まだ喉がおかしくて、
声がまるで出ないけど、どうせ来たからには、、、と思い切って歌ってやった。

 とんまは歌が大好き。
そんなわけで、最近フライト仲間と時々カラオケに出かけている。
それを知って健太が言った。
「どうせやるなら、歌、上手くなっちゃったら?」
その言葉に、
本気で健太からボイスレッスンを受ける事になった、ってわけ。

 健太はこれでも過去、2人の有名な先生について正式に歌を習っている。
決して上手くはないけど、一応プロだったのでレッスン位できる。
先ずとんまは生まれつき歌が好きだったからだろう、「音程」は比較的確か。
しかし呼吸の仕方、声の出し方、伸ばし方等など、基本をまるで知らない。
それらをマスターするだけでぐんと歌唱力は上がるはず!
ま、今日はそのヴォイス・レッスン第一日目と言う事だ、、。
ちょっと努力をすれば3年後には健太を越える、、、とまではいかな今でも、相当伸びているはず、、、(笑)!

 健太は過去にとんまにゴルフも教えた。
最初の頃130~140も叩いたのに、教え始めて3年目には80台はおろか、70代後半も出していた。
何事も習い事の上達のコツは、先ず先生の言う事を素直に聞くこと。
先生だっていつも完璧じゃない。その辺に批判的な考えをもったり、あらをほじくる奴は決して伸びない!
その点、とんまはなかなか素直なので歌もきっと上達すると思う。
本人は「3年後は歌手デビューだ!」なんて言ってるけど、、、(汗)。

 カラオケを歌い終わってちょっと買い物をした後、夕食は、とあるレストランへ。
最近健太たちはそのレストランに足しげく通っている。
と言うのも、そこのオーナー夫妻が健太たちと同じコンドだと最近知ったからだ。
前からそのレストランには行ってたけど、親しく話すようになったのは、
健太たちが彼らと同じコンドに越してからだ。

 オーナー夫妻はきっと健太たちが帰ってからいつも健太たちの噂をしていたに違いない。
「あの人たち何者かねー」
とか、、、、。
いずれにしても健太たちは見かけも少し他の夫婦とは違うようだからね、、(笑)。

 そんなわけで、
今日2人がそのレストランでケラケラ笑いながら夕食を終えて支払いをしようとしたら、
店の奥さんがまじまじと健太たちを見て言った、
「そちらお二人さんは、新婚さんですか?」、、、だって!
いやー、あちこちで色々誤解された事は有るけど、
この歳になって「新婚さん!」なんて言われたのは初めてさ、、、、(笑)!

 写真はカラオケに行く前に寄ったアラモアナ・ビーチ様子。
今日はとてもいい天気。カラオケに行かなかったら間違いなく歩きに出ていたね、、、。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

November 25, 2007

趣味と実益!

Dsc00388    
 
 今日はあまりにも多すぎるギターの整理。
健太のギターは趣味と実益を兼ねた「必殺無仕事人」にぴったり!
商売としても多少なりとも収入は得ている。
それにしても多すぎるギター、何とかしないと、ギターを「かじって」は生きてゆけない、、、(汗)。   

 それとコレクターとして持っていても、手入れをしないと錆びたりペイントがおかしくなったり、、。
特にハワイのこの気候はやばい。 
おまけに、今ギター市場はやや停滞気味。
もう直ぐクリスマスなので、プレゼント用に買っている人も少しはいるようだけど、
よっぽど良いギターを安くしないと買ってはくれない。
そのくせ「オークション」に並んでいるギターはどれも、実際の価値より高い値段が付けられている。
<えつ、こんなに高くして売れんのかよ?>
って思う値段。
案の定、そういうものはいつも売れ残っている。    
 
 この状況、「何かに似ているなあー?」と思ったら、不動産だ!
不動産も出物で格安の物件は直ぐに売れるけど、
この3,4年上がり続けて来た高値のままの物件は足踏みをしている。
やっぱりアメリカ経済はやばい域に入っている、、。
あのサブプライム・ローンの焦げ付きが引き金になったんだと思われるけど、
元来あんなものを何故はじめたのか我々素人には分らない。    
 
 サププライム・ローンとは、比較的信用の低い人たちへ貸しつけるローンの事。
日本でもあのバブルの頃、銀行が窮地に追い込まれた理由は、
金が銀行にあまり過ぎて何とか貸し付けようと、誰かれ構わず貸し付けた結果、
不良債権の山を築いたわけで、このサブプライムも同じようなものだ。
そんな人達が支払いに窮しやすい事は誰の目にも明らかだっちゅうのにね、、、。   
 
 そんな訳で、健太のギターも、もう暫くお蔵に入ってるものが多くなりそうだ、、、(涙)。
写真は健太のフェンダー商品。どれも売り物だけど、どれもライブで使ってます、、(汗)。
下の段左から2番目は「レリック」と言って、わざと「使い古しに」見せているもの。見掛けは悪いけど、音は抜群。正にビンテージ物だ、、、(笑)! 

| | Comments (10) | TrackBack (0)

November 24, 2007

休日のLAへのフライトと、日本へのフライト

Imgp3693 

 昨日久しぶりにLAに飛んだとんまが帰ってきた。
丁度サンクス・ギビンデーを挟んでのフライトなので、ホリデー・ペイが付く。
つまり休日出勤手当てだね!このホリデー・ペイはおかしな計算の仕方をする。
結構複雑らしくて、とりあえずある金額をベースから離れていた日数を分母にして計算する。
例えばそのある金額が、300ドルだとすると、
自分のベースを(とんまの場合ホノルル)離れていた日数、
つまり今回の場合は1日間なので分母が「1」になって、
1分の$300=$300のホリデー・ペイを獲得できる、って訳。 

 一方、大阪や成田に行くとベースを離れている日数が3日間なので分母が「3」になってしまうので、
3分の$300=$100のホリデー・ペイしかもらえない!
実際はもっと複雑らしいけど、大雑把にはこんなところ、、、。
つまりとんまが休日に飛ぶならば、
日本へ飛ぶよりよりLAに飛んだほうが有利になるって訳だ。 

 帰ってきたとんま、沢山稼いでにこにこしてるかと思いきや、
しょんぼりとうなだれている。
「どうした、とんま?」
「あたしのお気に入りのグッチのサングラス、なくしたみたい、、、」
「えつ?あれを!だってあれって高かったんだろ?」
「ホリデーー・ペイじゃ買えない位の値段なの、、、(涙)」 

 あーあ、やっぱり「とんま」は「とんま」なんです、、、(汗)。 

 写真は今回LAでとんまが買ってきてくれた朝食用のおケーキ。
あのチーズケーキを頼んでおいたんだけど、サンクス・ギビングデーなんで売り切れてたそうだ、、、(涙)。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

November 23, 2007

キングストリート・ジッピーズで朝食

Imgp3676 

 昨日とんまはLAへ向けて発った。
多分今日の午後3時すぎに帰ってくると思う。
朝起きるとまた天気が悪い。せっかく今日こそは歩きに出ようと思ったのに、、、。 
朝は少し遅めに(8時)起きてコーヒーを一杯。
パンは、、と見ると昨日はサンクスギビングで店が閉まっていたので買い置きがない。
10時ごろちょっとドライブがてら出て、何か食べる事にした。
ジャックインザボックスに入ろうとしたら、
なにやらポリス・カーが駐車場で一台の車を停めて尋問をしていて、とても入れる雰囲気じゃない。 
仕方がないのですぐそばのジッピーズヘ、、。

 ジッピ-ズは金曜の朝だというのに満席。
多分今日も休暇を入れて4連休にしている人が多いからに違いない。
待つのが大嫌いな健太。直ぐにカウンターへ。
カウンターなら何処の店もさっさと自分で行って勝手に掛けて構わない。 
健太はこのジッピーズのコーヒーが好きだ。
適当な苦味と朝を感じさせるあの香り、最高です、、(笑)!
年配のウェイトレスが来たので、そのコーヒーを頼んでから、
「この店で一番人気のある朝食はなんですか?」と聞いてみた。
「あー、やっぱりポチギー・ソセージと目玉焼きつきのパンケーキだね!」
そうしゃべる彼女の顔を見て思い出した。
<あっ、このひと、前回とんま来たとき最初すげー感じ悪くて、
お金を払う段になってがらっと変わってめちゃ感じよくなったあのおばさんだー!>
覚えてる人もいると思うけど、
支払いの段になるとチップをいっぱい貰いたいんで、突然感じよくなった、あのおばさんさ!
どうした訳か今日は最初から感じが良い。
<今日はチップをはずむよ、おばさん!>(笑)。 

 やがてユニフォームを着た30前後の男の従業員が何処からともなくやって来た。
ユニフォームのシャツがズボンの後ろからねじれたようにはみ出している。
きっと出勤してきたばかりなんだろう。
そういえば寝ぼけ眼だ、、、。
彼はただその辺をうろうろするだけで何もしようとしない。
<ははーん、彼はマネージャーか、、、>
そう思っているとカウンターの健太の隣の席にやはり30前後の男が来て座った。 
男はやたら愛想が良く、回りのウェイトレスやカウンターの向うのキッチンの連中と親しく話しはじめた。
<常連客かな、、?>
そうやって見ているうちに、その男の話方や話の内容から、健太の想像は変わってきた。
<きっと彼は元従業員かなんかでみんなを知っていて、親しく話しているのかもしれない、、、>
さっきのマネージャーらしき男もやってきて大笑いしている、、。
男はハッパ(ハーフ)なんだろう、なかなかハンサム。
でもユニフォームのシャツが後ろでねじれて出たまんま、、。
髪の毛はと見ると、うーむこれもきちんとコムしているとは思えない、、、。 
<このマネージャー(多分)仕事は出来ないな!>
健太はそう踏んだ!
先ずマネージャーの癖に私語が多い。
身だしなみがきちんとしていない。幾ら休み明けでも寝ぼけ眼での出勤はだめ!
でもねえ、皆さんハワイの色んな企業のマネージメントなんて、こんな奴らが多いんですよ、、、(汗)。

 最近の日本では、、、如何ですか? 

 写真は今朝食べた「ジッピーズ」の朝食、
パンケーキ&ポチギーソーセージエッグ。
シロップは2種類あって一つは80%シュガーカットだったけど、
やっぱり普通のメイプル・シロップが健太は好きだなー!

| | Comments (8) | TrackBack (0)

November 22, 2007

マカプウ・ポイントの写真

Dsc00367 クリックすると大きくなるよ!  

 ブログには写真がつきもの。別に文章だけでも構わないけど、
やっぱり写真があったほうがにライターの意思、
意図がより効果的に読者に伝えられると思う。
そこでブログ・ライターはカメラマンでもなくてはならない。
しかし、例えそこに写真があったとしても、
正確にライターの主張を読者に伝えるのは簡単ではない。
ただ単に写真を撮って載せるだけでは、
下手をすると全くライターの意思に反することを伝達してしまう恐れがある。   

 カメラも人間の目とはかなり違ってものを捕らえる。
色、明暗、バランス、広さ、奥行き、、、。
なかなか人間の目の通りは捉えてくれない。
またカメラの機種にも個性が有って、何台かある健太のデジカメは捉えた同じ被写体が、
夫々まるでちがった印象で写っている場合が多い!
だから健太が歩きにでる時は必ず2台のデジカメを持って出る。   

 更に難しいのは構図。自分が一番捕らえたいのはなんなのか、、。
そこをはっきり意識して撮らないと、ぼやけた散漫な写真になってしまう。
そして、風景には人物を入れるか入れないか、、でまた違ってくる、、、。
もっと難しいのは、一番近い被写体を何にするか、、、。
こいつはかなりハードだ、、、。   

 そんな意味でこの前マカプウ・ポイントでは2台のカメラを駆使してかなりの枚数を撮ったけど、
同じ被写体を撮ってもこんにちがうんだとつくずく再確認させられた。
今日載せた写真は、あの時11月12日の一枚目の写真と同じ方向を撮ったもの(興味のある方は12日の一枚目の写真参照してください)。
12日の写真は、まるで自分の乗っている飛行機が急降下して今にも海が目前に迫ってくるような感じ、
或いはあまりの海の美しさに吸い込まれて、自分が崖のてっぺんから今にも落ちてしまいそうな感じで撮って見た、、、。

 さて今日の写真は、いかにも
、「今、自分はマカプウ・ポイントに立ってこの景色を眺めています!」っていう感じにしてみた。   
なんの事はない、12日の写真は眼下の海を出来るだけフレームに沢山入れるためのカメラを縦にして撮った。
今日の写真は、ただ単に展望台の手すりをちょっぴり写真の左端に入れただけ、、(笑)。
それでもきっと皆は健太の言ってる意味を分ってもらえると思う。
つまりそんな単純な事でも、見る側は意識はしないかも知れないけど勝手に、ある特定の意味付けをしてくれるって事だ。
だから良い写真を撮れば、
時には読者がライターより素晴らしいイメージを持って、
更に想像を膨らませてブログを見てくれる結果に繋がれば、こんなにあり難いことはない! 

 最近ビデオをブログに載せるのも増えてきたようだけど、
健太はあまり興味がない。こんな例はちょっと女性には失礼だけど、ヌード写真も全部見せちゃあ全く興ざめ、、。素敵な体と魅力的な表情さえそこにあれば、あとは男性がいろいろ想像して楽しんでくれるのさ、、(笑)。   
 
 朝の天気が悪いとどうも歩きに出る気がしない。
それともしかしたらオアフ島一周を終えてしまって、やる気が萎えてるのかもしれない、、(汗)。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

November 21, 2007

韓国料理新しい穴場!

Imgp3675  

 今日はとんまがどうした風の吹き回しか、「健太、ランチ奢ってあげる!」なんて、、、、(笑)。
と言うのも普段の外食は殆ど健太持ちになってるからだ。
<うーむ、そいつはありがたい!何か高いものでも食ってやろうか、、、、笑!>
なんて思ったけど、じつはそいつあ馬鹿な話さ、一見別々に見えても結局は同じ財布なんだから、、(汗)。  そこで色々考えたら、この前とんまがフライト仲間と行った韓国料理が美味い、ってんでそこの行く事にした。 
 
 店の名前は「チョイ」。場所はウォルマートの裏側でリキリキ・ドライブインから見るとエバ・サイド(西側をハワイの人はこう呼ぶ)。ケアモウクをアラモアナから山に向って歩いて、右にそのリキリキ・ドライブイン(Like Like Drive Inn)がある。その先の信号をウォルマートの駐車場裏側に当たるところ左折。暫く歩くと信号があるから、それは突っ切ってほんのちょっと行った左側。 
 
 そういえば以前アヒ・ポキさんがレポートしてたのがこの店だった気がする。 
駐車場が狭いからバレーの男の子たちが何人かいた。
店に入るとランチだというのにいっぱい!

 健太が過去に韓国人と結婚していた頃は、毎日韓国料理を食べていたといっても過言じゃない!
しかし最近はすっかりに食べなくなった。
引越しで「ジナズ・バーベキュー」が遠くなったので、韓国料理のテークアウトもすっかりご無沙汰している。
店内には日本人の姿もちらほら、、、。   
  
 ランチスペシャルは10ドル以下で、ご覧の様な内容!
安くて、美味しくて、量がある!
ハワイで大衆レストランを経営する場合の3原則を、しっかり守っている。
健太は「釜飯風の五穀米」のような物と韓国の味噌汁テンジャン・チゲのセット。
とんまも同じだけど、チゲはトーフチゲ。
もちろん、写真に写っているおかずの魚、ナムル、キムチは無料!
アラモアナからも歩いてそれ程遠くないので、是非日本の韓国料理ファンのみなさん、
一度お寄りになってみては如何ですか!

| | Comments (29) | TrackBack (0)

November 20, 2007

ウォルマートでこういう物が安い!

Imgp3671 

 プリンターがいよいよお釈迦になった!
何れにせよとんまもスケジュールなんかをプリントアウトしたり、
健太も譜面をプリントアウトしたりするので我が家の必需品。
仕方ない、1台買うことにした。  
大体今年の春ごろから調子がいまいち、、。
コピーだけは出来たけど、PCのプリントをコマンドしてもその時は何も出てこない。
<壊われたのかな、、?>と思って諦めてPCをオフにする。
しかし次回PCをオンにする時がさがさ音がして、さっきプリントしようとして出てこなかったものが、
のそのそと出てくる、、。  

 いったんそれを覚えると、毎回PCをオフして、またオン。
そしてプリント・アウトを待つって具合。
ちょっと手間が掛かるけど、まだ使えたのでそうやって使っていた。
ところが今朝からコピーすら出来なくなった。  
こんな時良いものを買いたいなら、Comp USAに行く。
<でも、安物でも良いや!>って思ったら、最近はウォルマートに行くことにしている。
機種さえこだわらなければ、時には格安で買えるからね!  

 夕方になってとんまと一応そのウォルマートをチェックに行く事にした。
もしかしたらプリンターでセールのものがあるかもしれない!
どうせ高級機種を買ったって、それらに装備された機能を全て使いやしないんだ。
とんまも健太も、プリント出来さえすれば何でも良い。
古い奴にはカードリーダーが付いてたけど、一度も使ったことがなかった。
あんなの使わないでも、ほかに色々方法があるからね。
せいぜい使ってもスキャナーまでかな、、。  

 店内にはいると、、、「とんま、売ってるよ!セールだあー!!」
何とHPのALL IN  ONEってプリンターが何と、36ドルで山積みになってる!  

 それともう皆さんも既にご存知と思うけど、
ウォルマートの前に最近、
「Walgreen=ワルグリーン」って言う雑貨屋が新しくオープンした。
そこもついでに覗いてみることにした。
店は狭いけど、丁度「ロングス・ドラッグ」みたいな店。
何とそこでSDカードの1G、19ドル99セントで買いました!
これって、めちゃ安だよね?!

| | Comments (8) | TrackBack (0)

November 19, 2007

ホノルルの空は今日こんなです、、

Imgp3669

 今日はブログ友のOsamu(mixi)さんとまりあさん(A little happyness)とランチ。
Osamuさんは以前にも紹介したけど、ハワイで日本とオンライン仕事をしている。
住まいはもともとダイアモンドヘッドのすぐそばだったけど、最近引っ越されて、また更にダイアモンドヘッドに近くなったそうだ、、(羨望)!
まりあさんは世界中をとび廻っている、ばりばりのプロ添乗員さん。

 食事をしたのは最近出来た「広島焼のしょうちゃん」。
広島のお好み焼と大阪のお好み焼きはちょっと違うことを初めて知った。
大阪出身のOsamuさんが詳しく説明してくれた。
例えば広島焼の焼きそばは「クレープのような薄い皮で被っている」って言う事だ。
健太は営業で広島に行って、「ビル全部お好み焼き屋さん」(お好み焼き村、、?)、、なんてところにも行っているも関わらず、
そんなことは知らなかった。
さて、その「しょうちゃん」、ランチセットは焼きそばとライスにお惣菜がついて8ドル50セント。
安くてなかなか美味しい!
場所ユニバーシティー・アベニューのモイリイリ。コオラウ山脈に向って右手。
サッポロ・ラーメン「えぞ菊」ユニバーシティー店の向かえ側だ。
今日はOsamuさんにすっかりご馳走になっちゃった。
「Osamuさん、ご馳走様でした!」 
 
 それにしてもホノルルの天気は最悪。今日も昼間ちょっと晴れ間は見えたものの、
今もごらんのように雨が降っている。
ハワイも本格的な雨季に入るのかなあ、、、(汗)。
広島焼の写真あまり良く写っていなかったので、次回また載せさせていただきます!

| | Comments (22) | TrackBack (0)

November 18, 2007

ハワイのビール

Imgp3666

 今日は夕方になってビールが飲みたくなった。
昼間のうちにタイムススーパーで「アヒ・ポキ」を買って来たので、そいつを肴にねっ!
結構大きいので食べでがあるんだなあ、その「アヒ・ポキ」!
えつ?ブログ友の「アヒ・ポキ」さん の事じゃありませんよ。
そんな、失礼ですよ「大きくて食べでがある!」なんて言っちゃって、、(汗)。

 昔ハワイに来たばかりの頃は、「Primo・プリモ」って言うハワイのビールがあった。
ブルーのラベルでなかなか良いデザインだったけど、、、。
残念ながら潰れちゃったみたいだ。
しかし何と言っても昔から「バドワイザー」が一番人気だったね!
健太は移り気なので、随分今まで色々変えて飲んできている。
最初はその「Primo・プリモ」、そして「バド(バドワイザーの略)」。
昔セールでよく買ったのが「オリンピア」。
あまり美味しくなかったんで、あれも最近は見なくなった。
ちょっと値段が高めの、「ミカロブ」なんてのも一時流行ったね!
もちろんそれと平行して「ハイニッケン」「キリン」も人気が有った。

 1980年代に入ってビールは「ライト」時代に入った。
「ミラー・ライトをはじめ、「バド・ライト」「「ナチュラル・ライト」、、。
そしてぐんぐん力を付けてきたのが「クアーズ」そして「クアーズ・ライト」
クアーズは「カリフォルニア産のビールで、もとはハワイでは売っていなかった。
だから誰かがLAなんかに行くときは、お土産に持ってきてもらってたもんだ。
しかしもう15年位になるかな、「クアーズ」もハワイで買える様になった。
それと同じ頃に、日本の「アサヒ・スーパー・ドライ」が登場、こいつも根強い人気を掴んだ。

 健太はライト時代の最初は、
「ナチュラルライト」を良く飲んだ。ちょっと流行ったからね!
しかしちょっと味に癖があるんであれも市場から消えていった。
そいつに代わって伸してきたのが「ミラー・ライト」。
一時は誰も「バド」か「ミラーライト」に偏っていたっけ、、。
だからそれからというもの15年ほど、健太はミラーライトを飲み続けた。

 ところが最近健太はまた浮気をし始めている、、(笑)!
「クアーズ・ライト」が大いにお気に召しているのさ!
元来「クアーズ」はロッキー山脈からの、美味しい水で造るビールと言う触れ込みだった。
確かに口当たりがさっぱりして飲みやすい!
まだ飲んだ事がなければ、次回是非一度お試し下さい!

 さ、これから「アヒ・ポキ」と健太特製の「塩キュウリ」で早速「ぐび」っといきます、、。とんまがいないから、昨日ウォルマートで買ったDVDでも見ながらね、、(笑)!


 

| | Comments (12) | TrackBack (0)

November 17, 2007

健太のうちの近くに、、、

Imgp3657

 健太のうちの近くにお墓がある。
以前そこでお化けかと思われた2人の日本女性に会った話をしたことがあるので、覚えてる人もいると思う。
実際はお化けでも何でもなかったけどね、、(笑)!
でも、いろんな人が、
「えつ?お墓のそばに引っ越したの?」
なんて、気持ち悪そうに言う。
そうかなあ?そんなに気持ち悪いかなあ、、、。
健太は全然気にならない。
なんだかそこにいる人たちに守られているような気さえする。

 引っ越してきた6月にはその墓、草も生えていないので地面がじかに見えて、
なんだか妙に荒れ果てているように見えた。
ところが最近すっかり緑になってとても綺麗!
つまり、先月末からの連日の雨で草が栄養分を得て伸び伸びと育ってきているんだ。
そういえば健太の「ダイアモンドヘッド様」も、毎年夏には茶色、冬には豊かな緑色に変わる。
ハワイは冬が雨季だからね!

 しかしお化けと言えば、ここに越して来てから健太もとんまもそれらしき者の訪問を受けていない。
いや待てよ、そう言えば!健太は一度、、、、。

 あれはとんまがまだ大阪のフライトに飛んでいた頃、
就寝前のシャワーから出てきて体を拭いていたときのこと、
静まりかえった廊下の方で突然、「チ-ン!」って、
まるで仏さんの金でも鳴らした様な音がした、、、。
<おやっ?>
家の中には健太しかいないのに、、、。
空耳にしてはあまりにも「はっきり」と聞こえた、、、(寒)!
時計を見ると深夜12時丁度だった、、。

 とんまが帰ってきたので早速その話をしたら、
「健太も年だから耳がおかしいのよ!空耳空耳!」
なんて取り合ってくれない。
でも健太も負けてはいない!
「なに言ってんだよ、とんまだって前に住んでいたコンドで、お化けに足を踏みつけられたじゃんか!」
その言葉にとんまの顔色が、一瞬血の気を失った、、。

 あれは確か今から5、6年前の事だった、、、
健太ととんまは昼寝が長引いて、夕方薄暗くなってからめが覚めた。
正確にはとんまが少し先に起きていた。
目をこすって起き上がった健太に、
「健太!あたし今誰かに足を踏んずけられて起きたの!」
「えつ?!」
「最初は、健太が先に起きてあたしの足を踏んずけたのかと思って起きたら、健太はまだ寝てるじゃない!」
健太は話しを聞きながら電気のスイッチを入れた。
そこには顔面蒼白のとんまが、放心したように座っていた、、、、。

 「健太さんお化け信じるの?」
なんて良く聞かれるど、
健太はお化け信ずるとか信じないとかより、
いてくれたほうが楽しいような気がするんだけどなあ、、(笑)!

 写真は家の近くに在るお墓。つい最近聞いた話ではここは軍人の墓らしい。日本人(日系?)の墓もいっぱいある。
お墓にいる皆さん、どうかそこから健太ととんまをお守り下さい、、、、。ついでに2人にお金がいっぱい入るように、、お願いできますでしょうか、、、、(汗)!

| | Comments (11) | TrackBack (0)

November 16, 2007

ハワイアン・リージェント・ホテル

Imgp3648

 ワイキキビーチ・マリオットはもと、「ハワイアン・リージェント」と言うホテルだった。
かつてその中に天ぷらで有名な、「葵丸進」っていう和食レストランがあった。
当時健太はまだ旅行社に勤めていて、ランチと言うとその「葵丸進」にお世話になっていた。
旅行社の従業員には特別メニューを作ってくれて、格安で食べさせてくれていたのさ。
ある日開店何周年記念かで、その葵丸進からギフトを貰った。
今日の写真がそれ。
将棋の駒の形をした「徳川家康」と書かれた通行手形の飾り物。
まさか江戸時代にそんな通行手形があったわきゃないけど、
「葵丸進」と言う店の名前から、葵の紋にひっかけてそんなものを作ったのか、
或いは葵丸進は老舗で、江戸時代将軍家に天ぷらを献上していた、なんてことも考えられる、、。
良くわかんないけどとにかく、その「徳川家康」と書かれた裏にはこんなことが書かれている。

 徳川家康遺訓
人の一生は重荷を負って遠き道を行くがごとし
急ぐべからず不自由を常と思えば
不足なし

 確かこれは徳川家康の残した言葉としては、かなり有名だよね?
丁度この飾り物をもらった時、健太は最悪の人生を送っていた。
離婚して間もない頃で、金もない。あるのは借金だけ、、。
(それは「健太のなゃんちゃってサクセスストーリー・全86話」に細かく書いてあるので、未読方は是非お読み下さい。)
つまりそんな時だったので、
この葵丸進さんから貰った置物の家康のこの言葉と、毎日のようににらめっこしていた。
不自由だらけの毎日だったからね、、(汗)。

 あれから既に25、6年近く経つ。
すっかりその置物の事を忘れていたけど、このまえ引越しの荷物を片付けていたら小物を入れていた袋からこいつが出てきた。
この言葉があるから、すっかり立ち直った今の健太がいると言えばちょっとオーバーかなあ、、、、。
でもあのすさんだ生活の中で、この家康の言葉に大いに励まされた事は事実。
立ち直ったと言っても精神的にね。金のないのは今でも全く同じだけどね、、、(涙)。
なーに、金だってそのうちに一杯入ってくるさ!入ってきたら皆でパーッとやろうぜ、、、(一体何回このセリフ言ったっけ、、、、、、笑)!

 昨日も言ったように昔の人の残した言葉や習慣は実に的を得ていると思うし、即実行に移せる諺なんか決しておろそかにはできない、、、、。


| | Comments (13) | TrackBack (0)

November 15, 2007

干した柿の皮入り「コーシャー・ピクルス」

Imgp3642
Imgp3647

 ダウンタウンには中華料理の他にもいろんな楽しみ方がある。
衣料品、食料品、雑貨、アクセサリー等を扱っている色々な店が建ち並んでいるから、そんな店を冷やかして歩くのさ、、(笑)!
その中でもひときわ目立って多いのは生鮮野菜の店。
際近健太たちは毎朝パパイヤを食べるんだけど、パパイヤもこのダウンタウンで買うと滅法安い。
いつも行く近所のタイムス・スーパーではパパイヤは1ポンド89セント。
ところがダウンタウンだと1ポンド59セントで買える。
ダウンタウンの駐車場は安いところで3ドル程度。
だからわざわざパパイヤだけを買いに行くのは高くついちゃうけど、
飲茶でも食べに行くときはぜひあの辺りで買い物をして帰りたい。

 昨日古い知り合いとランチをしようって事になって、またダウンタウンに行った。
店は何時もの「メイ・サム」。
ランチを終えて早速皆で散歩がてら辺りを散策。
あちこちの店を冷やかしてはパパイヤを買った。
最近辺りの店で柿を見るようになった。
マウイ島で取れるような話を聞いたことがある。
ハワイも柿の季節に違いない。
先週とんまがその柿を見て言った。
「健太、ハワイの柿は買わないほうが良いわよ!あたし昔ハワイでもろに渋柿、『ガブ!』ってやっちゃってさ!」
そういえばその話は何回か聞いたことがある。

 健太は子供の頃からよその家の柿をあちこちで失敬していので、どの柿が渋いかは一目見て分る。
ダウンタウンで見る柿はみな甘柿なのさ、、、。
しかし一応とんまの意見も聞き入れておこうと思ってずっと黙ってたんだ。
ところがこの前たまたまサムス・クラブで買った柿が甘かったので、
昨日パパイヤを買った後珍しく
「柿買って見ようか、、、?」
なんてとんまが言い出した、、、、。
ダウンタウンの柿はやっぱり安くてサムス・クラブの3分の1の値段。
食べてみるととても甘くて美味しかった!

 「お母さんが漬物を漬けている時ね、この柿の皮を糠(ぬか)に入れてたっけ、、、」
「そういえば、昔の人はみんなそんなことやってたね!」
健太もおばあちゃんが同じことをやっていたのを覚えている。
ご存知のようにこのハワイは暑くて、ぬか漬けはあまりやらない。
だからたまにピクルスを漬物代りに買ってきて食べる。
「健太、コーシャー(kosher)のピクルスの味は比較的漬物に似てるの!知ってた?」
ピクルスを買うときとんまそんなことを何時も言っている。

 このまえのサムス・クラで買った柿の皮をとんまはラナイに出して干していた。
「どうするんだよ、そんなもんの干して?」
「コーシャーピクルスに入れてみようかと思ってね、、!」
とんまはクスリと笑った。

 さて、今日の夕食で干した柿の皮入り「コーシャーピクルス」が出て来た!
「とんま、こ、これは、、、」
「食べてごらん!」
健太はその「干した柿の皮入りコーシャーピクルス」の大きめな一片を口に入れた。
口の中に入ったピクルスは、ほんのりと甘みおびて広がった!
なんと、ピクルス独特のあの「刺すような酸っぱさ」が消えている!
 
 何事も我々の先祖から伝わってきている教えや習慣、
理由は分らないけど、見事なまでに的を得ている事に驚かされる。
例えば、徳川家康が、、、、、
明日へ続く!

 写真は良く行く飲茶の店「メイ・サム」。そしてダウンタウンで買って来た柿と、干した柿の皮、それに柿の皮を入れて更に美味しくなんたコーシャー・ピクルス、、(笑)!

| | Comments (14) | TrackBack (0)

November 14, 2007

ホノルルの夕焼けとビ-ル

Imgp3630

 健太は酒があまり強くない。
ビールなら精々1、2本程度。
若い頃は勢いで何本も飲んだけど、年とともにそんなこともなくなってきた。
とんまはというと、健太と結婚した当初(15年前)は殆どアルコールは駄目。
それでも仕事柄睡眠不足だと翌日にひびくこともあって、寝酒に日本酒を少々飲むこともあった。
本来仕事前12時間以内にアルコールを飲んではいけない規則になってはいるんだけどね、、、(汗)。
それでもビールなんか殆ど飲まなかった。

 それが最近のとんまは自分から、
「ねえ、ビール飲もうよ!」なんて言うようになった。
もちろん量はコップ1杯程度。沢山飲んでも1缶ぐらいだね。
でもやっぱりとんまと言えど、
あのビールの喉越しは常夏のハワイでは極上と感じれるに違いない、、(笑)!

 今日も夕日が沈みかけたころ、とんまがラナイから健太を呼んだ。
「ねえ、健太、ビールでも飲もうよ!」
「いいね!!」
そういう話には直ぐに乗りやすい健太。
茜色に染まったホノルルの空を見ながらのビール、最高でした、、(笑)!

 写真はシーライフパーク辺りの空。
あの辺りはこんな具合にハング・グライダーが良く飛んでいる。


| | Comments (12) | TrackBack (0)

November 13, 2007

判官びいきのアメリカ人

Imgp3619

 「判官びいき」と言う日本語がある。
元はと言えば、兄頼朝の嫉妬により滅ぼされた「九郎判官源義経」に人々が同情したことをそう言った。
以来、弱いもの、追い詰められた者に同情することをそう表現するようになったようだ。

 最近民主党(さっき共和党と間違えました、、汗)の大統領候補ヒラリー・クリントンがある公演で、
学生に環境問題について質問するように事前に工作していた事が、その学生の垂れ込みで発覚した。
いずれ対抗馬の嫌がらせだとは思うが、こう言う事は良くあることだ。
もちろん対抗馬は「鬼の首を取った」気分だろう、、。

 彼女の夫ビル・クリントンが大統領だった時、見習い生の「モニカ・ルインスキー」と不倫。
なんとそいつが暴露された!
見習い生の「モニカ・ルインスキー」の売名行為とも言われているけど、どう考えても彼の廻りの不穏分子の差し金に違いない、、。
<アメリカって言う国はこう言う事に厳しい、、、。きっと彼の大統領生命も終わりだろう、、、>
健太はそう思った。
ところがどうした事か、逆に彼の人気を煽る結果になった!
この時正に健太は、「アメリカ人も結構判官びいきなんだ!」と悟らされた。
しかし何よりもその時ヒラリー女史が良く絶えたと思う。

 さて、今回のその質問のやらせ問題。
ヒラリー女史は「自分は知らなかった、、、」と言っているけど真相は外部者の誰にも分らない。
しかし、今のアメリカの大きな流れの中では、大した問題問にはならないと健太は読んでいる。
やっぱりアメリカ人も、「判官びいき」だからさ、、(笑)!
彼女は大統領になると、今でも健太は固く信じている。

 写真はマカプウ・ポイントから見下ろしたラビットアイランド。こういう景色を見ていると、思いっきり大きく深呼吸したくなるよね、、、(笑)!

| | Comments (11) | TrackBack (0)

November 12, 2007

オアフ島を歩こう・マカプウポイント

Imgp3622マカプウ・ポイントから見たベーローズビーチ方向。
Imgp3615ホウェール・ワッチング・ポイント。
Imgp3621マカプウ・ポイント・ライトハウス。
Imgp3627シーライフパークから見たラビット・アイランド。
Imgp3635マカプウ・ビーチパーク。あの山の天辺がマカプウ岬突端。
Imgp3637シーライフ・パーク。
Imgp3607ハワイカイからマカプウへの道、、、。

 朝のうち少し用事が有って出られなかった。
でも今日はまたとない快晴!
何としても例のマカプウ・ポイントで良い写真が撮りたくて、昼少し前に自宅を出た。

 アラモアナから58番のバスに乗ってサンデー・ビーチまで。
マカプウの近くはバス停が無い。
今日はどちらかと言うと写真が目的だけど、それでも久しぶりに少しは歩きたい。
丁度腹ごなしにはいい距離かも知れない。

 良い天気なのでジリジリと陽射しが照りつける。
サンデー・ビーチから30分も歩くとマカプウ・ポイントだ!
駐車場の辺りから頂上まで約20分ほどかかる。
今日はベテランズ・デーの休日とあって、駐車場には溢れるほどの車が止まっていた。
熱射の下での上り坂はきつい!
ホウェール・ワチング・ポイントで暫く沖を見つめていたけど、残念ながら鯨らしきものは発見できず、、。
喉が渇いたけど手もちの水を飲むのは何とか頂上までは我慢したかった。
久しぶりの歩きなので頂上にはへとへとになって到着、、(汗)。
でも前回来た時とは比べ物にならない程、青空は手を大きく広げて健太を待っていてくれた、、、(笑)!
頂上で飲む水はめちゃなま温かったけど、最高に美味かった!
 
 マカプウ・ポイントでは2台のカメラを駆使して、思いっきり写真を撮った。
頂上から降りてくると、何と日本の高校生のグループが大勢登ってきた。
ついこの前まではこんなところまで日本の高校生が来るなんて、考えも及ばなかったけどね、、、!
下りでも数々の景色をカメラに収めた。
しかしあまり暑くて眩暈がしてきた、、。
久しぶりの歩きだ、無理はしない方が良い、、、。
<今日は早めに帰ろう、、、>
そう心に決めてマカプウ・ポイントからシーライフパークまで降りて、
バスを待った。

Imgp3641

 そんな訳で、今日の歩数はご覧のような結果でした、、!

| | Comments (8) | TrackBack (0)

November 11, 2007

ハワイのワッシュレット事情

Imgp3606
Imgp3605

 健太のところにはトイレが2つある。
一つには以前に買ったワッシュレットが付けてある。
もう一つは普通のアメリカ式のトイレ。

 これほどアメリカはいろいろな面で文化の先端を行っていると言うのに、
ワッシュレットを完備しているホテルや家庭は(日本人は除く)、なかなか見当たらない。
ハワイにはプラスチックの風呂桶やワッシュレットを売っている店が2軒ほど有るけど、どちらも滅法高い。
健太たちは良く日本に行くのでそれらの値段を良く知っているからね、、、。
日本で安いものは、2万円台($200ほど)である。
こっちは税込みで$600位する。
これじゃあ馬鹿らしくて2つ目を買う気にはなかなかなれない。

 日本のワッシュレットを買ってきてつければ良いんだけど、そこが業者のねらい目!
ボルトのサイズが違ってこっちのトイレには付けられない。
業者は特別規格でその部品を持っていて、簡単に取り付けられる。
つまり、日本はセンチ規格、アメリカはインチ規格。
ギターのパーツなんかでも全く同じで、センチとインチの微妙な差が部品交換を難しくしている。
ましてやトイレは水廻り、継ぎ手のところがうまく接続できていないと水漏れは必定!
悔しいったらありゃしない!

 それと年齢とともに日本の深い風呂桶が欲しくなっている。しかしこれもなかなかこっちのバスルームにはフィットしなのが困りもの、、(汗)。
でもとんまと一度サイズを計ったら、日本のプラスッチックの小さめの風呂桶なら何とか設置出来そうだった!
「やったね!」
二人は勇んで風呂桶を買いに行こうとして、一瞬我に返った!
「バスルーム内には丁度置けるサイズだけど、そのバスルームのドアが狭くて中に入らないじゃんか!!」

 とんまと健太のでこぼこコンビ、いつもこうしてドジをやる。
「でももしあのまま気が付かないで風呂桶をかって来ちゃったら、、、、、?」
健太が言った。
それを聞いたとんま、暫く考えた挙句、
自信に満ちた声で言った。
「健太、心配ない心配ない!ラナイに置いてそこで風呂に入れば良いじゃん!景色はいいし最高だよ!」
「なるほど、いい考えだ!ワイキキやダイアモンドヘッドを眺めながら風呂に入る、最高だね!、、でもラナイの構造はあの風呂桶とその中にはいる水の重さに耐えられるかな、、」
ラナイはせいぜい人間が何人か出て景色を楽しむのが目的、とてもそんな重さには耐えられそうも無い。
「風呂に入りながら、ラナイの底が抜けて下に落ちって行ったら、助かんないよ!同じ死ぬなら公衆の面前そんな真っ裸の姿では死にたくないわね、、」
とんまが笑いながら言った。
「もう死にそうなのに、救急車に載せられながら、『すいません、下、下を隠して下さい!』ってか?」
健太も一緒に大笑いさ、、、(笑)!

 写真は今日のランチを食べたジッピーズ。メニューは健太はいつも通り「ジップパック・右」、とんまが「照り焼きバーガー・左」。朝のうち雨が降っていたけど午後はとてもいい天気になりました!

| | Comments (20) | TrackBack (0)

November 10, 2007

アメリカの個人情報管理

Imgp3576

 個人情報の保護に関して、今日本はとても厳しい。 
でも元はと言えばその発想はアメリカ生まれ。
その本家本元のアメリカ、一体何処がそんなことを見張ってるのか知らないけど、
やたらに健太やとんまの個人情報が漏れている。

 ハワイには楽器屋が少ない。
ま、そんなにあっても商売として成り立たない。
しかし、彼らハワイの楽器屋はどっちにしても厳しい状況にある。
先ず、相変わらずカタログ販売が強い。
それにネットの楽器ビジネスも盛んだ。

 楽器カタログ販売は2つの大きな楽器販売網がアメリカ中を牛耳っている。
「ミュージシャンズ・フレンド」と「アメリカン・ミュ-ジックサプライ」の両社。
この2社は毎年4~5回のカタログを作ってアメリカ中にメールで送る。
健太のようなギター狂にはこんな嬉しいことはない。
先ず最新情報がそれでチェック出来る上に、彼らはメーカーから大量に買うので滅法安い!
でも、健太がこの6月引っ越したことを何処から知ったのか、
その2社の楽器カタログ販売会社から、
既に何冊もカタログが、健太のこの新しい住所に送られてきている。
たまたま健太の好きなギターの事なのでいいけど、
アメリカでは一体その情報管理、
どうなってるのか非常に興味がある。
もちろん迷惑なダイレクトメールも色んな業者から届いているからね、、、、。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 09, 2007

ハワイと日本、、、

Dsc00304

 ハワイの州知事は現在、リンダ・リングルさん。
今から4代前の知事は日系人の、ジョージ・有吉」氏。
そのジョージ有吉氏の手紙が産経新聞の記者に届いたそうだ。
内容は「親殺し、子殺し、数々の不正や偽装」が伝えられる中、元知事の訴えは
「義理、恩、おかげさま、お国の為に、、」に、もう一度思いを馳せて欲しいというものだったそうだ。

 あり難い事に健太のブログを読んでいる皆さんから、色々なご意見や激励の言葉をメールで頂く。
昨日はこのブログによくコメントを下さる、twyok さんからのメールで、
その元ハワイ州知事、「ジョージ・有吉氏」の手紙に関する記事のコピーを送って頂いたので、
それを今日はここで簡単に紹介したい。。
「心温まる記事」としてそのコピーは添えられていた、、、、、。


 (上段からの続き)
 終戦直後に出会った少年がジョージ有吉氏に見せた日本人の心が今も、彼の胸に刻まれていたからだ。
手紙によると、陸軍に入隊したばかりの有吉氏は1945年秋、初めて東京の土を踏んだ。
丸の内の旧郵船ビルを兵舎にしていた彼が最初に会った日本人は、靴を磨いてくれた7歳の少年だった。
言葉を交わすうち、少年は両親を失い、妹と過酷な時代を生きなければならない事を知った。
 
 東京は焼け野原だった。
その年は大凶作で、1000万人の日本人が餓死すると言われていた。
少年は背筋を伸ばして、しっかりと受け答えをしていたが、空腹の様子は隠しようがなかった。

 彼は兵舎にもどり、食事に出されたパンにバターとジャムを塗るとナプキンに包んだ。
持ち出しは禁止されていた。だか彼は直ぐに少年のとことにとって返し、包みを少年に渡した。
少年は「有り難うございます」と言い、包みを箱に入れた。

 彼は少年に、何故箱にしまったのか、お腹はすいていないのかと尋ねた。少年は「お腹はすいています」といい、「3歳のマリコが家で待ってます。一緒に食べたいんです」といった。
有吉氏の手紙にはこのときの事が熱くつづられていた。
「この7歳のお腹をすかせた少年が、3歳の妹のマリコとわずか一片のパンを分かち合おうとしたことに感動した」と。

 彼はこの後も、ハワイ出身の仲間とともに少年を手助けした。しかし日本には2ヶ月しかいなかった。
再入隊せず、本国で法律を学ぶ事を選んだからだ。そして1974年、日系人として初めてハワイ州知事に就任したのだ。

 有吉氏の手紙は、
「興廃した国家を経済大国に変えた日本を考える度に、あの少年の気概と心情を思い出す。
それは『国の為に』と言う日本国民の精神と犠牲を象徴する物だ」と記されていた。

 多少違うかも知れないけど大まかのところはこんな感じ、、、。
健太の涙腺はいたって弱いので、この、
<少年は「お腹はすいています」といい、「3歳のマリコが家で待ってます。一緒に食べたいんです」といった。>
、、のくだりで思いっきり熱いものがこみ上げてきた、、、、。

 有吉さんだけじゃない!
ハワイの日本人はみんな今の日本の事を心配してます、、、心から。

| | Comments (16) | TrackBack (0)

November 08, 2007

また、ダウンタウンの飲茶へ!

Imgp3568

 ハワイに初めてきた時、
「えっ、そんな英語ってありなの!?」
ってのが結構あった。
日本の学校の試験でそんな答え方したら絶対「X(ばつ)」を貰うって言う英語さ。

 例えば英作文で、
「彼」が何かをした場合を表現する時、
「He does、、、、、」
と表現しないと、Xを貰った。
でも1970年代に流行った「トニー・オーランド」のヒット曲には
「He don't love you」ってのがあった!
これにはぶっ飛んだよね。

 健太が何かをしようとしたらローカルが叫んだ!
「Kenta, no can!」
「no need!」
<no can?no need?、、そんな英語でいいのかよ?>って思った。
「Long time no see you!=お久しぶりですね!」
これも英語っぽくない英語だ、、。
そのほか、
「You was!」
ってのもおかしいよね?でも、こいつあ映画で何度も聞いた覚えがある。
多分、何かを強調した場合なんか、そんなこともあるのかも知れないけどね、、、。
それと意外と多く使われているけど知らなかった言葉に、
「How come?=何故?」
<普通は、「Why」を使うんだろうが!、、、でもそんなも英語ありなんだ、、、、>
って感じだった。
日常会話ではこのHow come、意外とWhyよりも使用頻度が高いかもしれない。

 今日のランチはダウンタウンの飲茶。
ご存知の通り中国人のサービスは最悪とされている。
ところが今日行った中華料理店は言葉使いも丁寧で親切!
って言うか、前からその店に通っていたけど、この2、3回何故かサービスが向上している。
とんまも同じことを感じていたらしい。
とんまに言った。
「How come?」
とんまが「ノーマイガイ」を口の頬張りながら上目使いに言った、、、。
「近所に強力な競争相手が出現したんじゃないかしら、、、?」
そう言えば、ダウンタウンには最近飲茶はじめ中華料理店がやたらに増えている。
それに何処も値段が安くて美味い!
おまけにサービスが良いなんて、言う事なしさ、、(笑)!

 写真は今日の飲茶。このほかシーフード焼そばを頼んだ。締めて$20+チップ。
やっぱりダウンタウンは安くて美味い!だって同じような感じで和食に行ったら、最低30ドルは取られるぜ、、(汗)!

| | Comments (9) | TrackBack (0)

November 07, 2007

ハワイのこれからの夕食メニュー

Imgp3565

 天気に関しては暫く諦める事にした。
期待するだけ疲れちゃう、、、。
でも作物には雨は必要、ハワイの農作物が沢山育つように願うしかない。

 毎朝とんまとパパイヤを半分づつ食べている。
最近スーパーで買うパパイヤはでかくて甘い!
スプーンで中味をすくって口の中に入れると、解けるように胃の中に消えてゆく、、。
この大きなパパイヤ一個大体1ドル50セント位かな、、。
とんまが言った、
「日本でこんなの食べたら500~600円するよ。
健太も感謝しなくちゃね。こんなに美味しいもの食べられるんだから!」
本当にそうだ、、。
第一、食べたい時に腹いっぱい食べれるなんて、
健太の子供の頃ではとても信じられないこと!

 健太は子供の頃明大前のお爺ちゃんの家に住んでいた。
健太の家は既に高井戸にあったのに、何故明大前にいたのか記憶に無い。
明大前は新宿に近いこともあってアメリカ軍の焼夷弾による空襲で辺りは焼け野原。
たまたまお爺ちゃんの家に落ちた焼夷弾は不発で、天井に穴が開いただけで助かった。
今でもあの家で天井を見上げると、青空が見えた事をはっきり覚えている。
それといつも空腹を抱えていたことも、忘れたくても忘れられない、、、、。
日本は敗戦で食糧難だったからね、、。
小学校に通うようになって高井戸に移った。
高井戸は今でこそ都会だけど、当時は田圃と畑のど田舎。
育ち盛りの健太は既に空腹に耐えることはしなかった。
裏の農家の畑に行っては、「サツマイモ」や「大根」を盗んできてはそいつを生のままかじった!
決して美味い物ではなかったけど、空腹に耐えるよりずっとましだった。

 今朝パパイヤを食べながらその話をとんまにした。
「へー、お腹壊さなかったの?」
「ぜんぜん!」
当時の肥料といえば、人糞。
そんなものの掛かった作物を、ろくに洗いもせず食べていたんだ!
今考えると恐ろしい事だよね、、(汗)。
でも肥やしが良く効いた健太、お陰さまで大きく育ちました、、(笑)!
しかし当時の事を考えると、健太を含めて今の日本人は本当に恵まれていると思う。
だから、今、世の中がどうなっても、
そうした経験のある健太はしぶとく生きてゆく自信は大いにある、、。
また、何一つ口にするものを疎かには出来ないし、何を食べても感謝の気持ちが湧いてくる。

 食べ物の話をしていたら腹が減ってきた、、(笑)!
今晩のおかずは「トマトスープ」!
トマトを煮込んで中に色々な野菜や肉を入れる。
肉の代わりに、ベーコンや荒挽きのソーセージなんかを入ても美味しいよね!
今とんまが一生懸命作っていてくれてます。
ハワイも最近寒くなってるから、スープや鍋物ははこれからのメイン・メニューになるんだ、、(笑)!
<あー、いい臭いがしてきた、、、>

 写真はさっき撮った夕焼け。
「夕焼けだから明日は晴れるね!」とんまが言った、、、。


 

| | Comments (12) | TrackBack (0)

November 06, 2007

やっと晴れ間を見せた、コオラウ山脈

Imgp3563Imgp3555


 やっと雨は止んだ。
夕方になって山側の方がご覧のようにすっかり晴れ渡ってきた。
しかしとても蒸し暑い、、。
ハワイは日陰に入ると涼しいはずなのに、じっとしても少し汗ばむ感じだ。

 明日もしハワイカイの方が晴れていたら歩きに出る。
せっかく歩く癖を付けたのに、また2週間ばかり歩いていない、、。
前回は風邪で長いことうちでくすぶっていた間、幸いギターに関するDVDを沢山見ることが出来た。
じゃあ今回この悪天候ではなにが出来たのか、、、。
実はまた他のギターに関するDVDを見た、、、、(笑)。
長い間に溜まったそれらのDVDが沢山ある。
それにギターのものなら何度同じ物を見ても飽きないんだなー、これが、、(笑)!

 今回は、BBキング、ムリエル・アンダーソン、マイケル・トンプソン、エリック・ジョンソン(この前と違う物)、トム・コルブ、ハーブ・エリス、パット・マーティノ、ハパ、ジェームス・テーラー、レッド・ツエッペリン、ジム・ホールジョニー・ラ、ジョニー・ラモン、カート・マイケル、G3 in Tokyo、、等など。
どれも良かったけど、中でもムリエル・アンダーソンは最高だった!
女性なんだけどガットの13弦ある特殊なギター(7弦の太めストリング+普通の6弦)を使って幻想的な曲を次々と聞かせてくれた。

PS:そのほか、イーグルスの最新アルバムが出たのでそれも早速聞きました。やっぱりイーグルスは最高です!

 写真はさっき我が家から見たコウラウ山脈の景色と、今回見たギターに関するDVD、、、。

| | Comments (26) | TrackBack (0)

November 05, 2007

やっぱり雨のホノルル、、

Imgp3554

 やっぱり今日も雨のホノルル、、。
ドンキに行った時はちょっと止んでいたのに、買い物を終えて店を出てきたら大雨!
駐車場に行く間にすっかり濡れました、、(汗)。
 
 デジカメ「ペンタックス・オプティオ」の調子がおかしい。
実は既に2月ほど前から、スイッチをオンにしてもレンズのカバーが半分開かないんだ。
仕方がないからから手動で開けて使っていた。
画素数は6メガで、もう3年ほど使っている。
しかしこれを実際にブログで使うときは、画素数を最低の640x480に落としている。

 実はこの「オプティオ」の他にも「カシオ」「フジ」「ソニー」を持っている。
ソニーは2台あって、古い方はもう10年位前のもの。それともう一つは最近の「サイバーショット」。
古いほうはフロッピーディスクを使って撮影するやつ。
でかいくて重いのでもう前世紀の遺物だね。でもまだ写るよ、、(笑)。
カシオは「1センチの接写が出来る」って言うんで5、6年前にオークションの写真用に買ったんだけど、
こいつもでかくて重いので携帯には向かない、、、(汗)。
サイバーショットは去年の誕生日にとんまが買ってくれたもの。
ご存知のように小型で画面もでかくてとても良いカメラ。画素数も7メガある。
しかしブログには画素数はいらない。持ち運びが便利で、使い勝手がよければそれで良い。
そんな意味で「ペンタックス・オプティオ」は非常に重宝していた。
何度も落としたけど、「丈夫で長持ち」ってのも良い! 
 
 そいつがそんな具合に壊れたんで、2週間ほど前「ドンキ」に行って似たような物を見てきた。
驚いた事に最近は値段がかなり安くなってるね、、、。
比較的新しい型の「オプティオ」の8ギガでさえ200ドル以下!
「ウオルマート」ではメーカーさえ問わなければ同じ8ギガで100ドルで買えるものもあった、、、。
「随分安くなってる。ま、ゆっくり考えてから買おうか、、、」
とんまとそう話をして結局その日は買わないで帰ってきた。

 翌日、ちょっと良い被写体を見つけたんでその壊れた「オプティオ」を出してスイッチを入れて驚いた!
「な、直ってる!」
つまりレンズカバーはちゃんと開いてくれたんだ!
「健太、きっと新しいのを買おうって言ったのがそのオプティオに聞こえたんじゃない、、」
とんまがそんな事を言って笑った。
<言葉が分るカメラか、、!>

 あれから2週間。オプティオ君、
また駄々をこねてレンズカバーが手動でないと開かなくなってきた。
「とんま!ドンキにカメラ見に行こうか!」
と、大声で叫んで見たもののオプティオ君そ知らぬ顔、
今度は何度スイッチを入れたり切ったりしても、頑固にそのカバーを全開しようとはしなかった、、(涙)。

 写真はドンキのカメラ売り場のショーケース。値段を見てごらん、結構安いよね。
今日はカスコにも行ったけど、あそこではソニーの一眼レフ交換レンズつきで990ドルで売っていた。
スペックにも寄るだろうけど、あの辺の商品の値段は全く分らない健太です、、、。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

November 04, 2007

演技の下手な日本の政治家、、

Imgp3552

 昨日はムービーマンと中国の映画を見に行っていた。
タイトルは「Lust Caution=色・戒」。日本語に訳すと「色欲への警告」、、かな。

 日本が中国に満州として占領していた頃の話。
中国人でも日本に肩入れしていた者は中国人たちから狙われていた。
梁朝偉(トニー・レオン)の演じたのもそうした男の一人。
ある演劇部の学生たちはその男の命を狙おうとする。
湯唯(タン・ウェイ)の演じるのはその学生の中の一人。
彼女はその美貌を利用して梁朝偉(トニー・レオン)に近づく。
自分の立場から他人を一切信用しない男は、それでも彼女の虜になってしまう。
2人によるベットシーンは全く吹き替えなしの本番。
多分実際にしていると思う。
度重なる情交により、女はその男の「愛」に心が動く、、、。

 2時間半に亘る長い映画。
画面の下の英語サブタイトルを読みながらだったけど、充分楽しめた。
問題は彼らもスターなんだろうけど、
堂々と「やってのけた」彼ら、
またそれをやらせた監督、見事だと思う。

 果たして日本で同じような映画を製作したらどうだろうか?
日本の映画を見ていていつもイライラするのがそこだ!
例えば主役の女優を誰かが平手でひっぱたくシーンがあるとする。
先ずその場合カメラウォークでごまかしてしまうだろう。
何しろトップスターだ。
「トップスターを本当にひっぱたくなんてとんでもない。怪我なんかさせたら大変だ!」
って事だろうね、、。

 健太が若い頃演劇を学んだ時、「糞リアリズム」って言う言葉があった。
「演技なんだから、なにが何でもいつも本気(本当に)でやることは馬鹿なこと!」と言う意味。
しかし時代は変わってきている。
観客も演技であるとは分っていながら、より本物に近いものを要求してくるのだ。
アメリカ映画ではかなり本気でアクションシーンをやっているので俳優たちの怪我が絶えない。
しかしそれが彼らの仕事。「嫌だったら俳優なんかやるな!」ってこった。
つまり、見ている側が「こいつら手心を加えてる!」なんて思った瞬間からそのストーリーに興ざめしてしまうんだ。

 建て前と本気、、何て言葉があるように、
日本では何をするにもそうした表面上の「演技」でごまかしているところが多々ある。
もうそろそろ政治家さんたちも下手な演技を止め、
「本番女優(本当にセックスを映画の中でやる)」さながら、
堂々といつも「本番」「本気」でやって欲しい!

| | Comments (5) | TrackBack (0)

November 03, 2007

ワイキキ上空を飛んで行くとんま!!

Dsc00248
Dsc00246

 天気予報は外れ、、。
今日は晴れてはいないけど雨は降っていない。
とんまは元気にLA へ飛んでった。
「ちょうど家の前方上空を1時ちょっとすぎに飛んでいくから、ラナイから見ててね!」
とんまはそう言って家を出た。
 
 そういえば一昨日もそんなことを言われてたけどすっかり忘れてたんだ、、(涙)。
<今日は忘れずに見ておこう!>
見逃すといけないのでバイナキュラー(双眼鏡)を抱えて、
1時ちょっと前にはラナイの椅子に座って前方アラモアナの方向に目を配った。
1時1分右手空港方向から1機飛んできた!
<あっ、あれに違いないぞ!>
バイナキュラーを覗き込んだ。
<おやっ?>
なんだか小さな飛行機だ。
とんまの乗るのは767か777のはず、、、。
どうやら違う飛行機だ、、。

 上空は曇ってはいても、飛行機位はなんとか見える。
特に健太は精度の良いバイナキュラーを持っているので、これならバッチリだ。
ついこの前まではとんまは日本ばかり飛んでいたので、方向が違ってこんなことは出来なかった。
でも今月に入ってLAフライトばかり、
奥さんが乗っている飛行機を、自分の家のラナイから見るなんてのもなかなかおつなもんだ(笑)!

 時計が1時2分を指した時だ、
右手空港方面からそれらしき機体発見!
バイナキュラーをしっかり構えて焦点を合わせた。
<あっ、見えた見えた、あれはまさしくとんまが乗ってる飛行機だ!>
機材は紛れもなくは777だ。
そいつは曇ってはいても微かな陽の光を受けて銀色に輝いた!
機体はゆっくりと、アラモアナ、そしてワイキキ、ダイアモンドヘッドへと
高度を少しずつ上げながら飛んでゆく。
その間2分~3分程度かな、、、。

 とんまはこのところずっとあの辺りを飛んでいる時、機内から我が家の方向を見ていたという。
だから今日もきっととんまもこっちを見ているに違いない!
見えっこないけど、大きく飛行機に向って手を振る健太。
何しろこれで3つのLAフライトをback to backで(たて続けに)飛んでいるとんま。
<ごくろうさん!これが終われば暫く休めるから、頑張って!>
健太は心の中で叫んだ、、、。

 写真は一応撮ったけど天気が悪くてよく写っていない。
仕方がない、これはこのまえのサンダーバードの航空ショウの写真。とんまの乗った飛行機はこれよりずっと上空を右から左へと飛んで行った、、、
次回天気の良い日にしっかりカメラに収めたい、、(笑)! 

| | Comments (8) | TrackBack (0)

November 02, 2007

ラニカイ・ビーチで式を挙げるカップル

Dsc00340

 今朝は曇っていたのでウォーキングに出なかったら、午後になってとても良い天気になった。
<なーんだ、これなら出かけるんだった、、>
なんて思ったけど、これこそ後のまつり、、、。
どうやら明日は雨、その後どんどん天気は崩れていって遂に日曜日にはサンダー・ストームがやってくると言う、、。
結局回復するのまで4、5日かかるそうだ、、、(涙)。

 とんまは今日LAから帰ってきたけど、明日また昼ごろLAへ飛ぶ。
でも雨ってのがねえ、、、。
つまり空港にある航空会社の駐車場には屋根がついてないんで、
ゲイトまであのキャスター付きのスーツケースをごろごろ引きずっていかなきゃならない。
傘をさしながらそれって、かなり厳しい、、、。

 何よりも大雨が降るとこのオアフ島の北、つまりノースには洪水の恐れのある地域が沢山ある。
それと山側では伐採した木々が放置されてあったりして、雨でそいつが流れ出てくる可能性もあるそうだ。
慌てて一部それらを片付けている光景をTVでやっていた。
それと、フロリダのフラッド(洪水)のニュースもやっている。
先週はLAの山火事もあったし、なんだか不気味な気もするよね、、、この頃、、、。

 写真はこの前撮ったラニカイ・ビーチで式を挙げるアメリカ人カップル!
こっちの人は神父さんと友達をビーチに呼んで、そこで式を勝手に挙げちゃう人が多い。
経済的だよね、、(笑)! 
しかしいずれにしてもウィンドワード地域は雨に弱い。
この辺りも雨の被害を蒙るんじゃないか、とても心配だ、、。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

November 01, 2007

ワイキキの海

Dsc00195

 ハワイは特殊なところ。
ハワイの人は英語を使ってはいるけど、彼らがメインランドに行くと英語が通じないとよく言われる。
それはハワイアン訛りだったり、日本語訛りだったり、フィリピン語訛りだったり、中国語訛りだったり韓国語訛りだったり、、、、。
それらがごちゃ混ぜになってハワイの英語になっている。
最近では大部改善されてはいても、まだまだおかしな英語らしい。
らしいと言うのは健太は完全にハワイ訛りの英語をしゃべるから、自分ではちゃんとしゃべっている積りでもメインランドからの相手に伝わらない事はよくある、、(汗)。

 始めてハワイに来た時聞いた日系人の英語は面白かった。

Pearl City=ポールシティー
Ticket=テケト
Open=オーペン
Girl=ギョール

 また、初めてハワイに来た時聞いた日系人の日本語も面白かった。

遊びなさい=演奏しなさい
はがゆいの=いらいらするね
ミーでものー、、=私はねー、、
えとたべんさい=沢山食べなさい
はぶてる=怒ってる

 一部の日本語はどこかの方言なんだろうけど、
東京生まれ東京育ちの健太たちにとっては分らない事ばっかりだった。
今急に沢山は思い出せないけど、そんな言葉がごろごろしていた。
最近はそれらをすっかり聞かなくなった。
そうした英語や日本語をしゃべっていた日系2世3世たちが、既に少なくなってきているからだ、、(涙)。

 今日も降ったり止んだりの天気、、。仕方ないので以前に撮った、ダイアモンドヘッドから見たワイキキの海見てください!
ため息の出るような色だね、、(笑)!

| | Comments (16) | TrackBack (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »