« January 2008 | Main | March 2008 »

February 29, 2008

オアフ島を歩こう、絶対内緒のビーチ!

Imgp0115エバ・ビーチの浜夕顔とダイアモンドヘッド。
Imgp0135古代ハワイアンたちの「ヘイアウ」と思われる苔むす岩たち。
Imgp0145ここで降りた広い道を道なりに行くとエバ・ビーチ・パーク。
Imgp0153遠き昔のサトウキビ列車の線路。

 オアフ島を歩こうシリーズ、とっくに歩いて島一周を終えてしまって、
<さてこれから何処を歩けば良いのやら、、、>
昼少し前に家を出たは良いけど、なんだか足は重く心も弾まない。
行き先か決まらないんだ。
とにかくアラモアナSCでバスを待った。
<最初に来たバスに乗ろう!>
勿論ワイキキ等の、市内巡回バスは抜きだ。

 最初に来たバスは42番「エバ・ビーチ」行き。
そう言えば、島は一周したけどエバビーチはワイパフから海に向かって15キロくらい先の僻地(?)、
一周コースからは外れていたじゃないか!
それにエバ・ビーチへはもう20年以上行っていない。
なんだか心が弾んできた!
道が混んでいたので、結局エバの街に到着したのはすでに2時を回っていた。
 
 エバ・ビーチ・パークはエバの街から歩いて25分ほど。
エバ・ビーチ・ゴルフコースのすぐ先の右側。
街からはずっと家並みが続いていたけど、突然1000坪ほどの芝生が右側に出現した。
芝生の広場の向こうにビーチが見える。
足早に芝を抜けると、、
「Wow!」
思わず叫びたくなるほど素晴らしい景色がそこにはあった!

 ビーチの左側には、遥か遠くにダイアモンドヘッド!
ワイキキビーチらしいホテル街。
そしてダウンタウン、さらに空港から飛び立つ旅客機の姿がまで一望に見渡せる。
ビーチの右側は、、と言うと、
そこはさっきの家並みの裏側だったに違いない、長い長いビーチが延々と続いる。
<よーし!今日はこのビーチの端まで歩いてやろう!>

 エバ・ビーチは東西に渡って約3キロはありそう。
ビーチに横たわるカップル、ブギボーをする子供達、もりで魚を捕る男、
子犬と遊ぶ家族連れ、じっと自分の庭であるそのビーチから沖を気つめる老人、、、。
<ここには、今まで健太が歩いてきたビーチのどのビーチにもない、穏やかさがある、、、>
健太の胸の中は何時にない安堵感とぬくもりで満ち溢れた、、。

 実は今日、このブログにこの「エバ・ビーチ」をアップするかどう躊躇った。
オアフ島のどこのビーチも実に俗化され、そこには沢山の他所(よそ)の者が溢れている。
「よそ者」、それは決して観光客だけではない。
たとえばアラモアナ・ビーチには観光客はもとよりローカルも、アラモアナ住民以外、
マキキやカイムキ、カパフル、マノアの住民もやって来る。
しかしこの「エバ・ビーチ」には、純粋にその土地の住民だけがいる、、。
エバという、遠い街々から離れたその土地柄から、そんな結果を招いているに違いない。

 そんな訳で、
このエバ・ビーチこそ、いわゆる、
ハワイの「隠れ家的」存在のビーチである事は間違いない!
だからこのビーチ、みんなもなるべく行かないで下さい。
健太からのお願いです、、、(笑)。

 ビーチを歩き終わってさらにエバヴィレッジ迄歩きました!
今日の万歩計は、12837歩を指していた。
 


 

| | Comments (25) | TrackBack (0)

February 28, 2008

ホノルル空港の空

Imgp3871 ご覧この澄んだ青空!ホノルル空港の空は皆が来るのを待っている!

 またソニーのサイバーショットがおかしい、、。
実は買ってすぐに画像がPCに取り込めないで、ファクトリーへ送った。
しかし彼らは、「別段異常なし!」といって返してきた。
そのことはここに報告したので覚えてる人もいると思う。
ほら、「ソニータイマー」の話をした時だ。
「ソニータイマー」とは、ソニー製品を沢山売ろうとソニーが自社製品にタイマーを組み込んで、
「ある一定の時期が来たらそれをオンにして製品を使えなくする、、、」
と言う実しやかなもの、、。
一時ソニーの社員までがそんなことを言っていたとか、いないとか!

 今健太のそのサイバーショットには貴重な写真が大量に入っている。
そいつをCDに取り込もうと何度も試みたけど、「エラー」が出てくる。
PCの中では一応カメラ内の写真をスライド式に閲覧はできる。
しかしそいつを一枚ずつ拡大しようとすると「エラー」、取り込もうとすると「エラー」、、。
今回PCを新しくしたので、それに原因があるかと思って、ラップトップの方でやってみたけど、
やっぱり同じこと、、。
つい2,3日前までは何の問題もなかったのに。
健太が使っているもう一台のペンタックス・オプティオの方は、
何の問題もなく稼動しているから、多分PCの問題ではない。

 考えられるのは、問題がサイバーショットのカメラにあるのではなく、
それを取り込む「ソフトがなにやら悪さをしているんじゃないか」、ってこと、、。
なぜなら、新しいPCにソニーのソフトをインストールしてから、この問題が起きているからだ。
このサイバーショットを新しく買ったときも同じで、
ソフトをあの古いPCにインストールして直ぐにおかしくなった。
でもあの時はカメラに問題があると思って買った店にカメラを持っていったんだ。

 前回の経験から、
この問題を解決するには今カメラに入っているメディアをフォーマットしなければならない!
結局あの時は全部カメラの中の写真を犠牲にして何とか立ち直った。
でも今回は、今入ってるのは「オアフ島一周」を歩いた時の貴重な写真なので、
なんとしてもセーブしておきたい!
カメラは買ってから1年半ほどたつ、、、。
やっぱり、そろそろソニータイマーがオンになる時期なのか、、、(涙)。
 
 写真はホノルル空港にて!
なんだかまた急に来週日本行きになりそうだ、、、(汗)。

| | Comments (29) | TrackBack (0)

February 27, 2008

ワイキキ昔話、、

Wkk_beach  

 "Ho-ni Ka'ua Wi-ki-wi-ki"     
  Sweet brown maiden said me,      
  As she gave me language lessons       
  On the beach at Waikiki   

 ”ホニカウア、ウィキウィキ=早くキスをして!”      
  ワイキキ・ビーチで      
  小麦色の肌の、可愛娘が 
  ハワイの言葉を教えながら、、、      
  僕に言ったんだ、、、      

 古代ハワイアンたちは、ダイアモンドヘッド西側一帯を、
「湧き出る水」、つまり「ワイキキ」と名付けた。
当時辺りは湿地帯で、近隣には漁民が多く住みつき漁村と言って良かった。
しかし一方、その美しい景色、静かで清浄な空気、澄み切った海は、
そうした古代ハワイアンたちにも、ナンバーワンの人気スポットであった。   

 古代のチャントによると、
ワイキキには、アイウォヒ、カレハウウエヘ、カプア、カプニ、マイヒワの、
5つのサーフ・ポイントがあったと詠われている。
その中の”アイウォヒ”は酋長やその家族だけのためのもので、
いわゆる一般には「カプ=タブー」、つまり進入禁止地域とされていた。 
カメハメハ王朝の王たちもご多分に漏れずワイキキを好んで、
1800年代初めころ、ここに別荘を建てたといわれている。   

 作家の”スティーブンソン(ジキル&ハイドの著者)”も、
このワイキキをこよなく愛し、
今はなき「サン・シス」と呼ばれたリゾート・ホテルに滞在したと聞く。
まだあの白亜のホテル「モアナ・ホテル(1901年建設)」ができる以前のことだ。
そして彼は、「サン・シス」は正に自然と人間が一体になれる、
最高のリゾートだったと言っている。

 冒頭の詩は、ストリーパー&カイリマイのヒット曲、「ワイキキ・ビーチで」より。 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

February 26, 2008

この花、なんて言う花ですか?

Imgp0085

 今日のホノルルはやっぱり少し「ボグ」気味。
特に南の空が白っぽい。でも北のほうはわりと澄んだ空!
このところ良い写真が撮れてないので、とりあえず近所を散歩。
被写体をいろいろ吟味するけど、いずれもかつてここにアップしたものばかり、、。

 空を撮るって言う健太独特の写真(と思っている、、)もいろいろ試すけど、
どうも納得した写真が撮れない。
<そうだ、今日は花にしよう!>
ちょうど健太のうちの北側に綺麗な青空をバックに、ピンクの花が咲いていたので、そいつをパシャリ!
<ふむふむ、なかなかよく撮れた。でも、この花なんていう花かなー、、、>
一輪手折って家に持ち帰ってとんまに聞いた。
「これなんて言う花?」
暫くその花を見つめていたとんまだけど、どうやら彼女も知らないらしい。
「どこか百合にも似ているね、、」
とそこへ、とんまのフライト仲間のMさんがやってきた。
昨日久しぶりに成田に飛んだとんまが、Mさんから何か頼まれたらしい。
そこで健太、ついでに彼女にも聞いてみた。
「この花、何の花だか知ってますか?」
暫くじっとピンクの花を見ていたMさん、ポツリと、、。
「プルメリアじゃないの?」
「えーっ?」
彼女だってハワイに30年以上は住んでいる筈なのに、プルメリアを知らないなんて、、、、。
面玉が飛び出るほど驚く健太でした、、、(汗)。

 さて、ありましたありました!
XPの2006年のコンパックで、本体のみ、ってのが。
モニターは同じコンパックなので古いやつを使えば十分。
スペックは望み通りではないけど、
インターーネットのスピードは十分過ぎるほど早い!

 結局、DellとかHP、Gatewayなんかのハワイで売ってるメインのPCは、
今や99.9%Vistaになっちゃってる。
頼んでおいた友達から今朝、
「Compaq Presario Series(壊れたPCとほぼ同じもの)があったのでどうする?」、って連絡が入った。
即ホールドを頼む健太でした!
スペックに関しては、プロセッサーがAMDだけど2.2ギガ・ヘルツ、
メモリーも1ギガあるので古いの(512メガ)より早いはず!
HDは250ギガ。HDに関してはその倍欲しかったけど、
この前日本で買った外付けの500ギガが、まだ新品未使用なのでそれを使えばいい。
とりあえず現在健太が使用する範囲ではまず問題ない。
メモリーもXPはVistaよりずっと使用容量が少ないので、
1ギガは十分だと思う。

 皆さん、お騒がせしました!

 

| | Comments (16) | TrackBack (0)

February 25, 2008

ハワイのコンピューター・セールスマン

Imgp4013  マカハ・ビーチとそのライフガード・ボード。

 デスク・トップコンピューターがお釈迦になってから、
沢山お方からご意見を頂きましたこと、ここに深く御礼申し上げます。

 せっかちな健太はこんな場合、すぐにショップに行って買ってしまうのが常。
でも今回は、しっかりとした情報を集めてから自分に必要なものを求めたいと思って、まだ買っていない。
お蔭様でたくさんの情報を頂きました。

 まず驚いたのは、マックを薦める人が何人がいたこと。
特に今日行ったハワイの大手電気製品店「ベスト・バイ」の店員の一言。

 「マイクロソフトは周辺ソフトを何とか消費者に押し付けようと、
OSをしょっちゅう開発してくるんですよ!
でも今で出ているVistaも実は未完成品で、
色んなソフトとの相性やハードとの互換性が非常に悪くて、
時には「プリンターすら繋がらない」、なんてこともあるんです。
おまけに過去散々自分達が売りつけたソフトすら使えないもの沢山もあるんです!」
<なるほど、、、。メールをくれたMさんもそんなようなこと言ってたっけ、、>
「そう言えば、この前ここで買ったラップ・トップも、Vistaなんですが、いまいち、、」
健太が去年5月このベスト・バイで買ったラップ・トップの(今このブログを書いている)OSもVistaだけど、
多々問題がある。
「そうでしょ!」
店員は続ける。
「こっちへ来て下さい」
店員に言われるまま違うコーナーへ。
目の前のコンピューターは、、、

 「えつ、?これってマックじゃないですか!」
「そうです。最近のマックは現在のマイクロソフトの欠点をばっちり克服しているんです。 
それにマックはめちゃ早いですよ!」
店員はそう言いながら色んな作業をマック上で見せてくれた。
確かに目茶早いし、作業が同時に幾らでも出来る!
インターネットも一度に何枚も開けられる!
矢継ぎ早に質問をする健太。
その問いにしっかり答える店員。
「Awesome!=凄い!」
と、思わず声に出して言ってしまった健太。
「良いでしょ!これにしたらどうですか?」
うーむ、この人知識もあるし、なかなか良いセールスマン!
健太のコンピューターはマックから始めた。
かつて音楽ソフトはマックのほうが良いものが多かったからだ。
でもいかんせん、値段が高い、、。
ふとそのディスプレーの脇にある値段を見ると、
「1800ドルですか!」
「そう、少々値は張りますが、その価値は十分ありますよ!」
「で、でも僕の予算は1000ドル前後なんですよ、、」
店員はその健太の言葉に笑顔で言った。
「そうですか、、、。だったらまだXPのPCもどこかで売っていると思いますから、
それをまず探してして見ては?私はViataは薦めません!」
<えつ?Vistaでも何でも売っちゃえば、あんたの成績になるんじゃないの?>
もう少しで口に出しそうになった。
店員はそんな健太の気持ちをよそに、
「If you need any help, let me know!」
なんて言ってどっかえ行っちゃった!

 そう言えば、前出のMさんもそんな事言ってたっけ。
「Vistaはあまりお薦めしないんで、今あるXPのPCを直すのも手ですよ!」
なんて言っていたっけ、、、、。


 「1000ドルでも良いから、何でも売り上げさえ上げりゃ良い!」
なんていうセールスマンの多い昨今、
<こんな人もいるんだー、、、>
などと、少し感激した健太でした、、。


| | Comments (6) | TrackBack (0)

February 24, 2008

絶滅寸前のハワイの鳥たち

Dsc00014_3ヌアヌの湿地帯に自生するタロイモ群。
 
 第二次世界大戦中、あるハワイの芸能人がハワイに来た将校を出迎えて、
レイを贈りながら何故かキスをしてしまったという。
初めてのことだったのでまわりの者たちは驚いたらしいけど、
その芸能人、どさくさ紛れに「こうするのがハワイの風習なの!」
と言ったそうだ。
それ以来、それが本当にレイを贈る時の慣らしになってしまったらしい。
 
 レイの風習はハワイの歴史よりもずっと古く、
遠くポリネシア人が太平洋の島々を彷徨ううちに習慣となり、ハワイへ持ち込まれたようだ。
またある一説では、
ハワイのレイの歴史は、「火山の女神ペレ」の妹「ヒアカ」が、
姉ペレの為にプナの海岸でレフアの花を捧げたのがはじまりで、
その後家族や友人、チーフまたフラの神などに、機会ある度に捧げられたとも言われている 。
またある解釈では人はすでに、
人類の初期のころ、つまり1万7千年も前から首に花輪をつけていて、これがレイの起源だとも言われている。

 レイにはご存知のようにたくさんの種類があって、
木の葉、ナッツ、貝殻、フルーツなど、およそ色鮮やかであったり個性のあるのものなら何でもレイにする。
時にはウイスキーのミニチュア瓶の沢山ぶら下がったレイや、紙幣で作られたレイ、キャンディーのレイなども見る。

 また、鳥の小さな羽を布に縫い付けるハワイ人が考え出した最高の民族芸術品、
「フェザーレイ」などもある。
古くは位の高い女性のみに着用が許された、イイヴイ、マノ、オオなどの、一部今では絶滅してしまった鳥の羽から作られたものもある。
カウアイ島にはアラカイ・スワンプ(湿地帯)と言われる世界でもっとも年間降雨量(1300センチ)の多い地域があって、そこにはそうした絶滅寸前のオオ・アアなどハワイ固有の鳥たちが、今も細々と生息していると言われる。

 

| | Comments (26) | TrackBack (0)

February 23, 2008

ハワイ島からの火山灰、ヴォグ、、、

Imgp0081_2

 昨日も今日もホノルルの空は真っ白け!
晴れてはいるけどこのホノルル独特の、いわゆる「ヴォグ」が出ているのさ。
通常このあたりの風は、北から南へ吹いて涼しい風を送ってくれているけど、
これが時には逆風、つまり南から北へ吹くことがある。
こいつは生暖かくて、ちと湿っぽい。
これを「コナウィンド」とハワイの人は呼んでいる事を、ご存知の方も多いと思う、、。

 さてこのコナウィンド、いろいろ弊害をもたらす。
先ず、こんな時ゴルフに出ると距離が読めない。
つまりいつもと風が反対なので、いつもフォーローのホールが、アゲインストになっちゃう。
スコアが乱れるんだなー、、。
それと時には雨までもたらすこともある。

 この「コナウィンド」、幸い昨日も今日も雨は持ってこなかったけど、
困ったことに、ハワイ島からの「火山灰」を持ってきちゃった、、、(汗)。
それがつまりヴォルケーノのフォッグ、「ヴォグ」ってやつで、
ホノルルの空を今日の写真のように白っぽく曇らせちゃうんだなー。

 写真は、マカレーのフリーウェー近くからマノアに向かって撮ったもの。
やっぱり今日の空、いつもと違ってどこかボケてるだろ、、、。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

February 22, 2008

とうとうお陀仏、健太のコンピューター

Imgp0073クリック=大!

 いやー、健太のデスクトップ・コンピューターがいよいよお陀仏です、、(涙)。
ネットをやっている最中とつぜんオフになったり、文章を作っていてプッツンってなったり、。
もう5年も酷使しているので仕方がないかも知れないね、、(涙)。
コンピューターも2,3台持っていて、目的に応じて使い分ければば良いんだろうけど、
健太の場合一台をあまりにもいろんなことに使いすぎてる、、。
うちの鍋と同じで、スープも作ればあんこも煮る、、(涙)。

 そんな訳で今日はあちこちでコンピューターを見てきた。
値段は500ドルから2000ドルまで様々。
とにかく細かくスペックをチェックしてみると、
もちろん安いPCのプロセッサーはインテルじゃなくてAMDを使っていて、
スピードもおそいし、メモリーも小さい。
おまけにバックアップCDが付いてこないやつが多い、、(今壊れたやつがそうです、、涙)!
ハードディスクの容量は、安いものは250ギガ、高いものは600ギガとか、、、。
でもある程度以上になるとそれほど基本的には変わらないことが分かった。
つまり、後は高くなるとモニターがどんどん大きくなってゆくし、
TVチューナーがついていたり、色々オプション付いてくる。

 今ある、その壊れたPCのモニターは19インチ。
モニターがあまりでかいと場所を取ってしょうがない。
殊に健太の部屋のPCのスペースはその位の大きさがベスト。
となると、モニターは19インチから22インチ程度。プロセッサーはインテルで速いもの。
メモリーは3ギガくらい欲しい。
TVのチューナーなんて要らないからHDは最低500ギガ程度あると良い。

 ところが、今日行ったベスト・バイやウォルマート、
コスコの3軒にはそいつをすべて満たすものが一つもないんだ!
結局どこかで妥協しなきゃならない。
ま、出来るだけ安く買いたいんだから仕方ないとは思うけど、、。

 そこで皆さんの中に、新しいPCを買うに当たって、
「これだけは気をつけなさい!」
って言うご意見がありましたら、ぜひお知らせください!

 写真は昨日のケワロ湾から山側を見たところ。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

February 21, 2008

サーフィンはハワイアンの命!?

Imgp0072写真クリック=大!
 
 今日はサーフィンついてちょっと一言。
健太はサーフィンはしないけど、一応知識位は持ってないとね、、(笑) !

 
 Ina aohe nalu, alaila kahea aku kai,
penei e hea ai:
ku mai! Kumai! Ku nalu nui mai Kahiki mai
Alo poi pu! Ku mai ka pohuehe,
Hu! Kaikoo loa.

 波のない時には こう念じるのだ
高くなれ、カヒキ(タヒチ)より来る偉大な波よ
力強い渦巻く波たち 
このポフエフエ(波を称えるこの歌)とともに、高まるのだ!
遠くから来る 力強く続く波たちよ!

 この詩はかつて古代ハワイアンたちがこよなく愛した、
「ヘエナル」のために叫ばれた。
「ヘエ」は、飛んだり滑ったりすること。
「ナル」は波が高まり海岸に押し寄せること。

 つまり現代でいう「サーフィン」のことさ。
古代ハワイアンたちにとって「ヘエナル」は彼達がもっとも愛したスポーツであり、
絶対に欠かせない生きる糧だったとも言われる。
大人子供男女を問わず、その技術の競い合いは「賭け」にまで発展していたと言うから驚く。
当時のサーファーは良い波が出ると、当たり前のように仕事も放ってビーチに向かった。
「クイヴァ」とは現在の11月ごろを指し、この時期は「最悪の嵐の季節」とも言われていた。

 しかしこの「クイヴァ」になると、
熟練したサーファー達はみな仕事の最中だろうと、
丘の上から荒れ狂う波が押し寄せてくるのを見て、
一気に家に戻りボードを手にビーチに向かった。
妻子が空腹になろうがお構いなし、
時には朝の4時ごろからサーフィンに出て一日中サーフィンをしている!
それは正に「悪魔の快楽」と呼ばれ、
「悪魔の快楽=セックス」とも準えられていた。
キャプテンクックの副官「ジェームス・キング」が始めてこのハワイアンたちのサーフィンを見て、
「猛烈なスピードとその大胆さに、ただただ驚かされた!」と言う記述が残っている。
 
 そんなサーフィンも、20世紀初頭にはキリスト教伝道者により、
「退廃的娯楽」として禁止されてしまった。
当時西洋文化が押し寄せてきていたハワイでは、
仕方がなかったのかもしれない。
しかしそれもつかの間、1908年白人スポーツマンのグループにより、
ワイキキのスポーツ・ランドが確保しされ、ハワイアン・カヌーとサーフィンの継続と保存を目的とした、
「アウトリガー・カヌークラブ」が設立されたことによって、再び脚光を浴びるに至った。

 写真は今日のケワロ・ベイセン・パークから見たダイアモンドヘッド。
ケワロ・ベイセン・パークにも沢山のサーファーがいた!


| | Comments (33) | TrackBack (0)

February 20, 2008

ハワイアン・イングリッシュ、分かる?

Dsc00090

 Eh, broh. You guys teenk we local folks funny kine, eh?
Well, chry wait.
I going learn you why you no understan'.
I like educat you 'bout da kine;
dat way you folks not going experience one communication gap in Hawaii nei.

 ハワイの英語について、過去に何回か話したことがある。
つまりそうした英語は、正しい英語を話す連中から見ると、
「ピジン・イングリッシュ」ってことになる。

 「ピジン・イングリッシュ」は”サマー・イングリッシュ”とも言われて、
2ヶ国語、あるいはそれ以上の言語から適当にミックスした言葉の合成国際語を言うもので、
元来18世紀の中国において、ヨーロッパ人と交易した広東商人の英語に起源がある。
広東人が「ビジネス」と言おうとすると、「ビジン」といった発音になってしまったことに由来する。
つまり18,19世紀において中国人のビジネス用英語を総称して「ビジン」、
または「ビジン英語」と呼ばれるようになったと言う。

 また最近の解釈ではそれは、「ピジョン・イングリッシュ」、
「ピジョン=鳩=のろま=未熟者」等となぞられている。

 上段に掲げたハワイアン・イングリッシュ、何を言いたいのか分かりますか?
ハワイの人たちは、実に「アカマイ」です!
アカマイの意味の分からない方は、一昨日のアップを見てください。
決して彼らは「ピジョン」ではありません、、(笑)!
 
 写真のような素晴らしい自然(ウィンドワード・オアフ)の中で育ったハワイアンたちの事、
上段に上げた文章のような、彼らの意外な逞しさも容易に理解できそう、、(笑)!

| | Comments (50) | TrackBack (0)

February 19, 2008

ハワイで買い物ですか?

Imgp0065
 
 最近の日本の観光客はとても買い物上手だ。
何処で何を買えば安いなどとちゃんと知っている。
だから昔はローカルしか見かけなかった店で日本人を良く見るようになった。
それはロングスであったり、ロスであったり、ウォルマート、ハワイドンキであったりする。

 健太ととんまは日本へ行くと、
洗剤 (アタック)、サランラップ、歯ブラシ、マヨネーズ、マーガリンなんかを買ってくる。
でも日本の人たちに聞くとそれはまったく逆らしい。
つまり健太たちは日用雑貨などを日本で求めて、日本の人たちはハワイでそれらを買う、、。
考えれば考えるほどおかしな話じゃないか!

 でも健太たちが日本のものを買うには、ちゃんと理由がある。
まず洗剤のアタックは、品質が良い上に香りもよく信頼度が高い。
サランラップはいろんなサイズがあって使いやすい。
歯ブラシは、毛先が色々選べたりイオンがどうのこうのなんて言う、
いかにも歯が綺麗になりそうなやつもある! 
またマヨネーズやマーガリンは、アメリカのは一言で「不味い!」。

 さて、日本の皆さん、
どうして日本の人はハワイでアメリカの日用雑貨を買って帰るんですか?

 写真は今日のウォルマート。天気は上々だった!   


| | Comments (18) | TrackBack (0)

February 18, 2008

少しはハワイ語に馴染もう!

Dsc00172ハナウマ湾。昔はここにウニが沢山いたんだ!もちろん釣りもOK だった。まさに入れ食いとはあのこと!(クリック=大きくなります!)

 健太がはじめてハワイに来た頃まず戸惑ったのは、
ローカルにEast、West、North、South、等、いわゆる方向を聞いても、「ポカーン?」としている事だった。
後で知った事だけど、
彼等は普段から方向を示す時、East、West、North、South、なんて言葉は殆ど使わなかったのさ!
つまり、東は「ダイアモンドヘッド・サイド」と呼ばれ、
西は「エバ・サイド」、南は「マカイ」北は「マウカ」と呼ばれている。
もちろん今でもそうだ。
みんなも道を訪ねる時、こいつを覚えておくと便利。

 最近は随分少なくなったけど、
昔は英語やローカルの喋る日本語には、ちょくちょくハワイ語が混じっていた。
「ユーは最近モモナになったのう!(あんた最近太ったね!)」とか、
「ユーは色が黒いがポロレイ・ジャパニーか?(あんた色が黒いけど本当に日本人か?」
「ユー、あんまり働きすぎるとバンバイ、マケになるぞ!(あんまり働きすぎると、じきに死んじゃうぞ!)」
なんてね、、(笑)。
そのほか良く使われたハワイ語には、

モイモイ=寝る
マクレ=歳をとる
モロワ=怠ける
コクア=協力する
ハナ=仕事(パオハナ=仕事を終えた)
アカマイ=賢い、ずる賢い。
アイカネ=友人
フウフウ=怒る
ポポロ=黒人

この辺りのハワイ語はかなり日常の会話に使われていた。

 日本から帰ってきて今日で3日目になる。
一体どうした事か、あれ程寒かった日本では何ともなかったのに、
この暖かいハワイに戻って来たというのにすっかり風邪気味、、。
鼻がグスグス、、、。きっと油断をしてるんだと思います、、、、(涙)。
バンバイ・マケにならないように今夜は早めに寝ます。
なにしろ最近めっきりマクレになって来てますので、、、、、(笑)!

| | Comments (24) | TrackBack (0)

February 17, 2008

どうなるハワイの観光業、、、

Dsc00029_3クリックすると大きくなります!

 イギリス人探検家ジェームス・クックの率いる、
「レゾリューション号」と「ディスカバリー号」がこのハワイを発見したのが、1778年1月。
クックは当時、イギリス海軍卿の名前にちなんでこの島を「サンドイッチアイランド」と名付けた。
さて、日本人が初めてハワイに来たのは一体何時頃なんだろう、、、。

 13歳の高知の少年万次郎が漁に出て遭難したのが1841年。
万次郎は仲間4人と、捕鯨船フェヤー・ヘブン号に救助されてハワイに来た。
5人のうち1人は死亡、万次郎のみアメリカ本土に行って英語を身に着けた。
その後万次郎は日本への帰国を決意、
帰途ホノルルに寄って昔の仲間に再会、一人現地人と結婚した「寅衛門」を残して3人は日本へ帰国した。
「寅衛門」はその後カイルアで亡くなっている。

 この辺りの話は比較的日本人も知っているが、
実はそれ以前1804年仙台の「津太夫」と言う者を筆頭に、
100人ほどの日本人が既にハワイに漂流していたのだ。
また更に古くは13世紀頃、「ママラ(XX丸の間違いではないだろうか)」と言う船が到着、
その乗組員はハワイに定着して、
「あまり色の黒くないハワイアンとなった」、、、とも伝えられていて、
これも日本人の可能性が高い。
また現在もビショップ博物館残されている、
「次郎吉」と言う日本人が書いたオアフ島の地図も(1843年頃のものと言われている)実に興味深い。

 そうした漂流者たちはその素晴らしさに心を奪われ、
彼等の殆どが永住の地としてハワイを選んだ気持ちは良く分る。
つまりその頃から、日本人のハワイ好きが始まったといえる。

 しかしそれほどハワイ好きの日本人なのに、
ハワイへの観光客の数が最近急激に減っている。
理由にはもちろん「サーチャージ(現在一人33,000円)」等によるツアー代金の高騰もある。
しかし健太にはもう一つ、大きな理由が最近見えてきたような気がする。
特に今回日本に行って感じたのは、
今の日本では日本人それぞれ、自分なりのハワイが身近に存在していることだ。
ウクレレの異常なまでの人気、そしてフラダンス人口の多いこと!
また各地に存在するハワイアン関係の店。
それはハワイアン・レストランでありラウンジであり、またはハワイアングッズの店であり、、、。
ましてやこれから春から夏にかけてはサーフィンも盛んになるし、更に皆アロハシャツも着る。
これすべて日本で解決可能だ、、、、。
 
 そんな風に、日本においてハワイの人気が高いことはとても喜ばしい事だが、
ハワイ側にとってはそれだけでは困る、、、。
やっぱり観光客が多く来てくれない事には、ワイキキの街は閑古鳥が鳴く、、、。
うーむ、やっぱりここらで一発、健太が何とかしなくちゃならないかなあ、、、(笑)!

 写真は風の名所「ヌアム・パリ」で、風に寄りかかる日本人観光客。

 


| | Comments (31) | TrackBack (0)

February 16, 2008

ファーストクラスの食事、、、

Imgp0058メニュー。
Imgp0046最初にサラダ。スープは断った。
Imgp0050前菜。これに似たようなものは時々アップしてるよね!
Imgp0055主菜。この中の白身の魚が特に美味しかった!
Imgp0056デザート。ハーゲンダッズのアイスクリーム。
Imgp0059ファーストクラスの席。

 無事にハワイへ帰ってきました。
何しろ長年住みなれたハワイ、やっぱり帰ってくるとほっとします、、、。

 さて今回もUエアラインのファーストで帰って来た。
何よりもファーストの良いのは席がゆったりしていて、水平に寝れるようになっていること。
ただこうしてハワイに来る便はこの冬場たった5時間半で着いちゃうので、
ゆっくり寝る暇なんかありゃしない。
つまり成田を日本時間午後7時半に出ても、日本時間午前1時にはもう到着しちゃうんだ。
だからやっぱり食事をエンジョイしたいよね。
かつてはUエアラインでもファーストではキャビアなんか出してくれけど、
最近は残念ながらそこまでは出てこない、、(涙)。

 健太は行きも帰りも大抵和食を頼む。
しかしここで問題は、ホノルルからの和食はハワイで作っているので味がいまいち、、、。
その点日本から帰って来るときの和食は、多分ちゃんとしたところが作ってるんだろうね、
ホノルルからのそれに比べるとかなり上質だ。

 今回日本に滞在中、テレビでは「中国製餃子」の事が毎日のように取り沙汰されていた。
あんなのを見ちゃうと、
どんなものでも、「中国製」って聞いただけで購買意欲がなくなるのは、健太だけじゃないと思う。
ついでに日本の「食品自給率」って言う事にも焦点が当てられていた。
何と39%しか日本国内では調達できていないという、、。
アメリカからの食品はまだ比較的安心だと思う。
でも中国の物は野菜とか魚介類とか、、何だか怖いよね、、。

 夕べは搭乗後1時間ほどで、楽しみにしていた夕食が出てきた。
やっぱり日本で作っている和食は美味い!
色々出てくるものを食べてるうちに、ふとあることが頭をよぎった、、。
<待てよ、日本の食品自給率が39%か、、、。
すると健太が今食べている和食の食材の60%は外国から、、、。いや中国からの物もかなり入ってるはずだ!>
段々食欲が萎えてきた、、。
<その点ハワイからの和食は味はいまいちだけど、多分中国産のものがはいってる確率は低い、、、>
うーむ、どっちが良いんだか分かんなくなってきた、、。
<えーい、そんなこと気にしてたら何も食えなくなっちゃうぞ!>

 なんて思いながら、出てきた和食を何一つ残さず綺麗に食べた健太でした、、(笑)!
もちろん写真のほかにも、カートが廻ってきてフルーツやチーズ、チョコレートなんかも出てくる。

| | Comments (47) | TrackBack (0)

February 15, 2008

待ってろよ、ノースのビーチ!

Imgp0042T&Yさんご夫妻と行った銀座天竜の餃子!バナナのようにでかくて抜群の味でした!
Imgp0038皆さんよくご存知の町です、、(笑)!
Imgp4016待ってろよ、ノースのビーチ!もうすぐ健太が帰るからな!

 さあいよいよ明日は日本ともお別れだ。
今回は寒かったけど、押しなべて良い天気に恵まれた日本滞在でした。

 ハワイに帰る前に、、と思ってさっき床屋に行ってきた。
もちろん1000円カット!
この1000円カット、通常は大体10分程度で終了するけど、
今日の床屋さん、店が余り暇なので(健太のほかに客なし!)やたらと話しかけてくる。
「最近のテレビがつまらない」っていう話から、映画の話になった。
「お客さん、僕もたまには映画に行きたいとは思うんですが、高くてね!」
「あー、そうですか、、幾らくらいするんですか最近の映画って?」
「女房と二人でまず3600円くらい取られると思いますよ、、、。
おまけにそうやって外出すれば、帰りに食事ってことになるじゃないですか。
そうするとやっぱり最低でも6000円以上掛かっちゃいますからねえ、、」
「フムフム、、、」
「うちの女房はフィリッピン人なんで、自分じゃ絶対払わないんです!」
「えっ、そうなんですか?」
「何しろ自分で働いた金はみんな本国の母親に送金しちゃうんですよ!」
「全部?」
「そう、全部です。だから本国では母さんがちょっとした金持ち生活しいてるんですよ!」
「あー、フィリッピンの生活水準は低いから、日本からお金を送ったら相当使いでがあるんでしょうね、、」
「そりゃもう!一緒にいる彼女の兄貴なんか良い車も持ってるし、大したもんですよ、、」
そう言えばハワイのホテルのメイドさんはほとんどがフィリピン人。
彼女たちは皆実に働き者、
骨身を惜しまず仕事をして、彼の奥さんと同じように本国に仕送りをしている。
「フィリピン人は働き者ですよね!」
健太がそう言うと、その床屋さんの兄さん、
「とんでもない!彼らの国ではそうして送金してもらったお金でみんなすげー良い生活をしてるくせに、
働きゃしないんです!
家内のその兄貴も
『車があるんだからタクシーの運転手でもしたら?』って家内に言われても、
『俺はそんなことをするために生まれてきたんじゃない!』
って言って何もしようとしないんですよ、、、」
「へー、そうなんだ、、。でも奥さん美人なんでしょ?」
「いやー、フィリピン人しては色が白くて可愛いんですよねー、、(照れている)」

 何のことはない、その床屋のお兄さん、
結局、自分の奥さんが色白で可愛い、、って言う自慢話がしたかったらしい。
なんと健太の髪を切るのに、20分以上掛けてくれた。
すごく丁寧にやってもらっちゃったんで、今日の健太のヘアースタイルかなり決まってるよ!
これで更にハンサムに磨きを掛けてハワイに帰れそうです、、(笑)!

| | Comments (13) | TrackBack (0)

February 12, 2008

東京各地の商店街

Imgp0023久しぶりに行ってみた武蔵小山商店街アーケード。
Imgp3893アラモアナ・シアーズ。ここは絶対まけてくれないよ(笑)!


 日本にはいわゆる「商店街」ってのがあって、その土地独特の名前が付けられている。
健太のバンドのベースマンは元「武蔵小山」に住んでいたので、
よくあそこの駅で降りたっけ、、、。
あそこには「武蔵小山アーケード商店街」ってのがあって、昔から安いと評判だった。
それと当時は個人商店が多くて、
そこには「名物親父や名物おかみさん」がいたりなんかして、個性のある店が多かった。
そういう店では決まって値切るとさらに安くしてくれた。
食べ物屋も大衆食堂系が多く、
寿司屋も回転すしなどもちろんなかった。
それは大同小異、どこの商店街でも昔はそうだった、、、。
最近はどこへ行ってもチェーン店が多く、
店の個性もなく、実に興ざめだ。

 「あのー、このジャンバーまけてくれる?」
この前あるアーケード商店街の洋品店で、ドラゴンの刺繍のあるジャンパーを見つけた。
前から欲しかったので、あちこちで似たようなものを見ているけど、
そこの店のジャンパーは少し高め。
でも色が気に入ったので、ちょっとまけてくれたら買おうと思った。
<せめて京急蒲田商店街のA屋で見たやつと同じくらいなら、、、、>
店員の男性は健太の問いに何か汚いものでも見るような目つきで、
「お客さん、家はそういうことやらないんですよ!」
だって、、、(涙)。

 それと商店街の名前も最近は個性がなくなってきた。
京急蒲田商店街は今外来語系の名前に変わっている(名前は「あすと」でした、、)。
あそこは昔「呑んべい横町」って呼ばれていた。
「呑んべい横町」、いい響きだね!
「演歌歌手長山洋子」あそこの布団屋さんの娘さんだと聞いた!
演歌歌手が出てくるには「呑んべい横町」って、ぴったりだと思うんだがなー、、、。


| | Comments (13) | TrackBack (0)

February 10, 2008

そろそろ恋しい、ハワイのビーチ、、

Imgp0019今日の秋葉原。
Imgp3997そろそろ恋しくなったハワイ、、フキラウビーチ。

 おかげ様で今日の天気予報は良い方が当たって、
雪は今のところ東京では降っていない。
暖かい日差しの中で、やっと今回初の御茶ノ水に行ってきた、、(笑)。

 こうしてブログをやっているとあちこちに知り合いが出来る。
その知り合いを皆ブログ友とも呼ぶけど、
実はそれぞれ関わり合い方が違ってきて、
健太が音楽のことを書けばそっち関係に友ができて、
またコンピューターの話を書けばまたその分野の友が出来る!
もっとも、なんと言っても一番多いブログ友は、「ハワイつながり」だけどね、、(笑)。

 こうしてブログを書いている間に、健太のコンピューターが何度もトラブルを起こした。
そうした時は必ずそっちに詳しい方たちがいろんな解決策をメールでくれたり、コメントをくれたりする。
前回、健太のデスクトップがめちゃ遅くなったのでそれを書いたら、
たくさんの方からそのトラブル・シューティングをお寄せ頂いた。
その中で御茶ノ水のギター屋街に近いところに勤めているMさんと言う人がいたので、
今日はついでと言っては失礼だけど、そのMさんの会社に立ち寄ってみようと思った。
御茶ノ水の街にはやけに人出が多かった。
<へー、何でこんなに人出が多いの、、、??>
なんて思った瞬間、そばで携帯をかけてる男の人の声が耳に入った。
「3連休だったんで明日も休みを入れて4連休にしたからさ、、、、」
<、、、、、、>
そう言えばそうでした、、、(でも何の日だっけ、、汗)。

 ってな訳でMさんには会えずじまいでした。
相変わらず御茶ノ水の街を歩くのは楽しい。
もちろん御茶ノ水の後は秋葉へ直行でした、、、(笑)!

| | Comments (11) | TrackBack (0)

ハワイでふぐ料理は食べられない!

Imgp0011

 日本はやっぱり寒かった!
ご存知の通り昨日は夜になって雪。
横浜市にいた健太はもろにその影響を受けた。
でも食べものは何を食べてもうまい日本。
なんと昨日はブログ友のWさんに「ふぐ料理」をご馳走になった。
あの深々と降る雪の中やっぱり「ふぐ鍋」は体が暖まるばかりか、
まず絶対ハワイでは食べられない最高の味、
とんまと二人でまさに幸せいっぱいでした、、(笑)!

 そう言えば今から30年ほど前のハワイ、
ベルタニアのタイムス斜め向かえ側の和食の店(店名は忘却)で、「ふぐ料理」が食べられたんだ。
何しろ30年も前のこと一体何を食べたのかよく覚えていないけど、
「ふぐのから揚げ」みたいなものを食したのだけは記憶がある。
ただ今考えてみると、あの店はもぐりでふぐ料理を客に食わせていたんじゃないかなあ、、、。
だってあらゆることに関して規制のうるさいハワイの事、
とてもあの時代に「ふぐ料理」で正式な許可を取っていたとは考えにくい。
第一ハワイには「ふぐ料理」のライセンスすらありゃしないんだ!

 しかしハワイ近海にはふぐは沢山いる。
誰もあんなもの釣りやしないけど、
もしハワイで「ふぐ料理」の許可が下りるなら、ちと面白いことになりそうだ。
今世界的に寿司などの「日本料理」が注目される中、
寿司以外に高級日本食を世界に紹介できたら、こんな素晴らしいことはない!

 で、その後ラーメン寿司のほうもしっかり食べています、、(笑)!
写真は昨日ブログ友のWさんにご馳走になった「ふぐ料理」!
食べるのに夢中で、いい写真が撮れませんでした、、(汗)!

| | Comments (27) | TrackBack (0)

February 06, 2008

ハワイ男に雪は冷たすぎだ、、、

Dsc00482ハワイ出発前に行ったマカハ、ワイアナエの海。
Dsc00515青梅線K駅東急で今日食べたラーメン。いわゆる伝統的な東京のラーメンに近い味でした!


 昨日午後1時半、成田に到着。
かすかに雪が降っていた、、。
「なんだよ健太、あれほどはれ男を自慢してたのに、、、、」
青梅線K駅で待ち合わせた兄貴が昨日の天気のことを言った。
健太も負けてはいない!
「そうなんだよ。さすがの晴れ男も、半日しか神通力を使えなかったからなあ、、、。
でも見てくれ!今日のこのすばらしい天気!
これは何といっても俺の力さ!」
「、、、、」
と、何もいえない兄貴でした、、(笑)!

 で、結局昨日はまた王将でラーメンと餃子、
そして今日も青梅線K駅前の東急でラーメン!
やっぱりこいつが定番、日本に来たらこれっきゃない!
今日もこれから回転寿司に、その兄貴と行くことになってる。

 どうやら明日も晴れるそうで、
鼻高々の健太です、、(笑)。
それにしても、中央線や青梅線の車窓から眺める名残雪景色は、
ハワイから来た健太やとんまに取っては、またとない絶景としか言いようがない。
でもやっぱりハワイ男には、実際に触れる雪、、、、冷たすぎでした、、、(涙)。

| | Comments (16) | TrackBack (0)

February 04, 2008

ハワイは寒いよ~。日本はもっとでしょ、、

Dsc00501

 さて、いよいよ明日真冬のジャパンへ!
2月と言えば日本でも一番寒い時期だ。
どうやら東京は雪が降ったようで、庭に積もった雪は10センチもあったんだってね。
あれ程「地球温暖化」を叫んでいた人達は、どう感じているのだろうか、、。
ハワイも今はとても寒い。
外に出る時は上着を持って出ないと風邪をひいてしまいそう、、。

 風邪をひくと言えば、財布の中も段々寒くなって風邪をひきそうだ、、(汗)。
アメリカの景気はもちろん後退しているし、物価は下がらない。
とんまの会社では、今まで国内線での荷物は2個まで無料だったけど、これから1個のみ無料。
2個目からは1個につき25ドル取るそうだ。
会社側の言い分は、「ガソリン代の高騰でやもえない措置だ」、とのこと、、、。

 あちこちの企業で利益を上げようと、最近色んな手段をとってくる!
日本では食品の偽装問題もそのあらわれだろうね、、、。
会社側は常に右肩上がりの業績を要求しいてくる。
従業員はたまったもんじゃない!
偽装はいけない事だけど、その心情が分らないわけじゃない、、、。
アメリカでは、保険会社も出費を削ろうと、
色々理由をつけては請求金額を病院に払わない件数が増えていると聞く。
そういえば、このまえ健太のMRIの代金がカバーされなかった。
もう去年の7月の事だと言うのに、最近請求書が送られてきて来てぶっ飛んだ!
何とその請求書には2900ドルと書かれている、、(涙)。
そりゃMRIを撮って患部が特定され健康になれるんだから、
ま、仕方がないと考えなきゃならないけど、、それにしても2900ドルは高いよなー。

 こうなると、地球温暖化でもかまわないから、
懐も一緒に暖ったかくして欲しいと思うのは、人情ではないでしょうか?
あんまり関係なかったね、、、(涙)。

 写真は昨日行ったマカハ、ワイアナエ・ビーチにて。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

February 03, 2008

オアフ島を歩こう!ナナクリ~ワイアナエ編

Imgp4046アラモアナまで家から歩いて40番のバスに乗った!
Imgp4056青空が見えて来たナナクリ・ビーチ。ホームレス・テントは見えない。遠くに見える煙突はハワイアン・エレクトリック社。
Imgp4057プウオフル・ビーチ。この辺からホームレス・テントが、、。
Imgp4077一瞬太陽が顔を出した!
Dsc00494ウレハワ・ビーチ。この辺からホームレス・テントが多くなリ出した。以前この辺りで写真を撮っていた男が殺された。万が一の事を考えて望遠で撮っておいた、、、(汗)。
Imgp4081ムービーマンの息子の寿司屋、「ハロー寿司」!

 
 このところハワイも寒い。
おまけに風も強く、雨の日も多い。
<こんな時、ホームレスは大変だろうなあ、、、>
そんな事を考えた時、ふとひらめいた!
<待てよ?今がチャンスかも知れないぞ!>
そう思ったらもう矢も盾もたまらなくなって、
アラモアナまで歩いてそこからバスに乗った。
乗ったバスは40番、「マカハ・ビーチ」行きだ!
マキキ地区は小雨が朝のうち有ったけど、晴れ間も見えた。
しかしバスを降りると、やっぱり天気が悪く、時々ぱらついている、、。
降りたバス停は、マカハ地区の始まり「ナナクリ」だ。

 実はこれだけ毎日のように寒くて風が強く、更に雨が降ってるとなると、
例のマカハ地区のホームレスは寒くて、とてもビーチになんかいられず、
どこかのシェルターに退避しているに違いないと踏んだのさ!
ナナクリのバス停のそばに小さなショッピング・モールがある。
そこから小雨に煙る「ナナクリ・ビーチ」を見ると、
案の定、夏に通った時あれほどあったっホームレス・テントが、まばらになってる!
<皆あんまり寒いんでシェルターに移ってるに違いない!くそっ!天気が良かったら、良い写真が撮れるのに、、、、!>
悔しがる健太、、。

 雨が止むまでナナクリ・マックで珈琲をすすった。
やがて30分もすると少しブルーの空が見え始めたけど、とても太陽は拝めそうもない。
雨は殆ど止んでいる。
<よし!出発だ!>
気合を入れる健太。
ホームレスがこのナナクリでは減っているとは言うものの、
この先延々と続く沢山のビーチはどうなってるか分らない。
この辺りは部外者にとっては当然危険地域だ。
2年ほど前にアメリカ本土からか来た観光客がビーチの写真を撮っている時、
辺りのホームレスに射殺されたのだ、、。
バックッパくを背負って早速海岸通りを歩き出した健太。
しかし幾ら被写体にカメラを向けても、一向に良い物が撮れていない、、(汗)。
光量が少なすぎる、、。

 ナナクリ・ビーチを過ぎてカラニアナオレ、プウオフルと、次々に続くビーチ・パーク。
ウレハワ・ビーチ、マリイ・ポイント辺りにから、ぐんとホームレス・テントが増えだした。
<ちぇっ、やっぱり危ないかも、、、>
怖がりの健太は、何だかその辺からバスに乗って家に帰りたくなっちゃった、、(涙)。
道路を走ってゆく車から時々クラクションが鳴る。
運転してる奴と目が合った。
<止めろ!こんなとこ歩いちゃだめだ!>
って言ってるみたいだ、、、(汗)。

 後悔先に立たず。
そんな時一人のホームレスが、先のほうの道路脇で何かやってる。
髪はぼうぼう、髭も伸び放題の痩せた男だ。
少しずつ近づくとどうやら自転車を直してるようだ、、。
だけど健太も男!
怖いけど、いかにも辺りの景色をめでている風体を装って、
そ知らぬ顔で通り過ぎることにした。
そしてまさにその男とすれ違おうとした時、
男が口を開いた。
「It's a beautiful right?」
ドキッとする健太。しかしまた何気無い風を装って、
「Oh yea! It's awesome!」
笑顔でそう言った。

 そのウレハワ・ビーチ辺りを過ぎると公園が更に広くなって、
1キロ以上向うの方まで続いている。
驚いた事にその公園には一つのホームレス・テントもなかった!
どうやらそこはマイパロア・ビーチのようだ。
マイパロア・ビーチを過ぎてワイアナエ・ビーチへ行く間、
有り難い事に、一瞬太陽が顔を見せてくれた!

 めでたくワイアナエ・モールSCに着いたのが3時半。
実はこのワイアナエ・モールには、
以前にも紹介したけど我がムービーマンの息子の、「ハロー寿司」があるんだ。
そこで遅めのランチを食べようかと思ったら、残ねながらもう閉まってる。
もしかしたら日曜は休みだったのかもね、、、、(涙)。

 今日の万歩計は18550歩を指してました!

| | Comments (41) | TrackBack (0)

February 02, 2008

ホノルルの街全体の景色!

Dsc00493ホノルルの街全体の写真(クリック=大!)。
Imgp4040ウォルグリーンの店内。

 昨日ムービーマンと久しぶりに「とらやレストラン」に行った。
「とらやレストラン」はアランモアナ・ショッピング・センターの山側で、
ウオルマートも近い和食レストラン。
6時過ぎ現地待ち合わせだったけど健太は少し早めに着いた。
あの通りには最近出来た「ウォルグリーン」が有るので、ちょっと覗いてみる事にした。
取扱商品は「ロングスドラッグ」とほぼ同じ。
クスリの他、雑貨一般。
やはり安売り店なので、時々掘り出し物が有る。
前回行った時はSDカードの1ギガを17ドルで買った。
<安く買ったぞ!>
なんて思ってたけど、日本で秋葉原に行ったとき、何と1000円でSDカード1ギガを売ってた、、(汗)。
最も秋葉原の場合メーカーは無名。
「ウォルグリーン」で買った奴は一応メーカー品だった。
しかしこの両者、果たしてどれほどの違いが有るのか、、、。

 さてムービーマンが来るまで10分はあるだろう。
店内を見て廻っていると、
変わった形の電話機とか、フライパンとか、ライト類化粧品など、買いやすい値段で並んでいる。
ふとスナック菓子の裏側に廻って見ると、ホノルルやハワイ各地のパノラマ写真が飾ってある。
そう言えばそいつを前にも見たことがある。
ワイキキの沖から撮ったものらしく、
ホテル街からホノルル全体を一枚に収めた細長い写真だ!

 写真には小さいけどあちこちのコンドが写っている。
えーと、ムービーマンのコンドは、、、
<有ったあった!写ってるよ、はっきりと!>
さて、健太のところは、、、、
<やったー!写ってらー!!>
ってな訳で一枚購入しました、、(笑)。
驚いた事に、遠く微かにハワイカイ方面、ダイアモンドヘッドからダウンタウン、
まるで島の3分の1ぐらいはその一枚に収まっているようだね!

 今日はその写真を複写して見ました。
5Mで撮ったのでクリックすればかなり大きくなると思います!

| | Comments (16) | TrackBack (0)

February 01, 2008

ホノルル・ダウンタウンの空!

Imgp4032

 日本で年金問題が取りざたされて、もうかれこれ経つ。
健太は日本でもちろん働いていた時期も有るので、
<健太は貰えるのかなあ、、、>
なんて、その問題が持ち上がった頃考えた。
国籍はアメリカ人になっているけど、それは別に問題ないと思う。
アメリカ人になっていようがなっていまいがそれは関係なさそうだ。
問題は勤続年数やその他、一体どんな資格が必要なのか、、、。
厚生年金は、若い頃俳優の修行をしていた時にもパートで働いているし、
松竹で売れない俳優をしていた頃も払っているはず。
それとその後、プロダクションでミュージシャン活動をしていた時も払っているはずだ。

 そんなことを考えていたら、
このまえ健太のバンドのドラマーが日本に行って調べて来たと言う。
「健太、お前も厚生年金、もらえるぞ!」
話によると、極僅かだけど何がしの金が月々もらえるという。
「特に今、年金問題でもめてるからはっきり主張してもらえる物は貰って来いよ!」
そりゃそうだ。
たとえ少なくても、頂けるもんなら頂きたい、、。
だって、一応払っていたんだからね!

 でも今日ブログ友のOsamuさんと話しをしていたら、彼は
「健太さん、そりゃ貰えませんよ!」
なんて言っていた。
うーむ、一度貰えるって聞いて、今になって貰えないなんて言われると、
すげー損した気になっちゃう、、(涙)!
どなたか、厚生年金に関して詳しい方いらっしゃいますか、、?
えっ?アメリカの年金ですか?もちろんそれは貰えます、、、(笑)!

 写真はホノルル・ダウンタウンの空。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »