« 健太式、英会話習得法 | Main | 宿れ、究極のマナパワー! »

May 08, 2008

ワイキキだけも相当数の人が職を失っている!

Imgp0782この日曜日にとんまと行ってきたアロハ・スタジアムのスワップミート。昔はローカル客が多かったけど、最近では観光客がその半数以上。なんていってもここは安いからね!
 
 アロハとATA エアラインの倒産そしてオイルの高騰により、
メインランドからの航空運賃も急上昇している。
3月には往復400ドルで購入できた航空チケットが、
この4月に入って700ドルから800ドルに跳ね上がった。
ご多分に漏れず先週のメインランドからの集客は昨年比、7.8%ダウンだったと言う。
またフューチャーブッキング、この夏の予約も同じ理由により大幅に減っている。
そんなことからHTA(Hawaii Tourist Authority)では300万ドルを、
緊急資金としてつぎ込むことを決定したと言う。

 それを受けて、
アメリカの大手旅行社プリーザント・ホリデーでは既に、
ウェストコースとからの客に479ドルでホテル5泊付きのパッケージ・ツアーを売り始めた。
ただし5月26日以前に申し込む必要があるらしい。
政府はハワイのホテル宿泊客から一律7.25%のホテル税なるものを徴収しているんだけど、
その34.2%、850万ドルをHTAが彼らの予算として受け取っている。
もちろん、日本人の観光客もそのホテル税、7.25%の税金は取られている。
HTAはハワイの観光促進のためにそれを使っているわけだけど、
果たしてそれらが有効に使われているんだろうか?

 日本のマーケットに関しては、
広告代理店「X通」がその宣伝活動を一手に引き受けいる。
日本マーケットへ一体今年はいくら予算が回ってるか分からない。
しかし健太は、最近この広告代理店のやり方がとても心配だ、、。
東京新橋の一等地にオフィスを構えて、
従業員もハワイと日本の両方で抱えている。
これだけでも大金が掛かるだろうに、、、。
それでもそのHTAからの資金が集客につながっていれば問題はないんだけど、、、。
 
 このブログで口を酸っぱくして何度も言って来てるけど、
1997年には日本からのハワイ観光客は210万人。
それがこの3、4年間ずっと130~140万人しか来ていないんだ、、。
それってピーク時の半分近い数字だよね!
理由は色々あるだろうけどハワイの日本人にとっては由々しき問題。
観光業に携わる人が圧倒的に多いからだ。
  
 例えば、1997年には210万人の日本人観光客のお世話するハワイの観光業スタッフが、
500人必要だったとする。
でもこの3、4年では130万人しか来ていないんだから、
スタッフは300人もいれば十分ってことになる!
大まかに見積もっても、
観光業に携わっていたハワイの日本人最低200人は、
職を失っているわけだ。

 一昨日ムービーマン御用達の和食「とらやレストラン」で、
観光エスコート会社の社長Aさんにぱったり会った。
「健太さん、私は引退する年にはまだずっと早いんですが、実質引退同然です。
だって今のワイキキにはお客さんが少な過ぎて、もうガイドもエスコートも必要ありませんからね、、、」
Aさん、笑ってはいたけど、その実切実な問題を抱えてるに違いない。

 「お客さん、観光案内しますよ。安くしておきます!」
先日ワイキキで健太の友達が、中年女性2、3人に声を掛けられたと言う。
旅行会社をレイオフ(解雇)になった人たちは、
なんとしても自分の手で仕事を見つけなければならない!

|

« 健太式、英会話習得法 | Main | 宿れ、究極のマナパワー! »

Comments

健太さん


メインランドからの航空運賃の上昇の件は私もHonolulu advertiserで見ました。
変な話、「航空運賃も上がった。ホテル宿泊料金も上がった。」これじゃ、本当にリッチな人じゃないとハワイに行けなくなってしまいますね、、、。

もちろん、旅行をプランニングする旅行代理店もあの手この手で大変なんでしょうけど…。

健太さん、本当にこのままだと日本人がハワイに遊びに行くチャンスも減りますし、ローカルの人はローカルの人で失業する可能性がどんどん高まってしまいますね。

ハワイ政府は、どういう視点で政策を進めているんでしょうね??

Posted by: Dice | May 08, 2008 at 10:52 PM

日本のGWにハワイへ行ってきた友人がとても空いていたよって
日本はGWでもハワイ・本土は違うから観光客は少ないかもしれませんが
日本からの観光客も運賃の高騰、燃料サーチャージ問題で
海外を敬遠しているようです
ヨーロッパもユーロが高いので敬遠している様子だし
気軽に海外旅行へ行く事のできる日はまた来るのでしょうか・・?

Posted by: MAHALO | May 08, 2008 at 11:03 PM

健太さん 先頃旅行会社H?Sが燃油代込みの値段にするって出てました。そのうち他社も追随するでしょうね。もう少ししたら楽できると思っていましたが甘かったです。(涙)しっかり働いてハワイに通いたいと思います。cat

Posted by: ばってん | May 09, 2008 at 12:07 AM

Diceさん

健太の今日のアップもHonolulu advertiserからのアイディアでした。
ハワイもだんだん富裕層のディスティネーションになって来ています。
しかし富裕層は自分の別荘もあるだろうし、ホテルに金は落としません。買い物もハワイ特産物はないので何も買わないと思います。
せいぜいアロハシャツ1、2枚かな、、。

ハワイ政府はあまりにものんびりしていて、全てが後手後手になってます。
今から10年20年先を考えてもっと観光客が楽しめるように投資しておくべきなんですが、、。
あまり期待は出来ません。
政治家は自分が生きている間の収入さえ確保できればそれで良い、、と思っている人が殆ど。どこかの国ととても良く似ています、、(涙)。

MAHALOさん

そうか、ヨーロッパ旅行もユーロ高で敬遠してるんでしょね。
気軽に海外旅行に行ける日は、、、残念ながらなかなかやってこないかもしれません。
日本の国がいろんな意味で下降線をたどっていることに問題があるんでしょうね、、。
もう日本がバブルの時のように、世界のトップクラスの国になることはないかも知れません、、(涙)。

Posted by: 健太 | May 09, 2008 at 12:20 AM

健太さん、こんばんは
私もハワイの日本人観光客増えて欲しいです。日本人がたくさんいると安心感がありますし、日本語で活動できる範囲も広がりそうなので。
でも現実は厳しいですね。
そこそこ自由に使えるお金を持っているはずの団塊の世代はハワイにあまり行きたがらないように見えます。私の知り合いの団塊世代の方々は東南アジアのビーチリゾートか発展途上国の遺跡や自然巡りがお好きなようです。ハワイに遊びに行く人の話は本当に聞かないですね。そんなところにおじさん、おばさんたちの妙なこだわりを感じてしまうのですが、海外旅行をすればするほど一度ハワイにはまってしまったら抜けられなくなるという人は多いと思うんですよ。
いい年して治安が悪い途上国に遺跡を見に行ったり、言葉の通じないヨーロッパに山を見に行くなんて、多くの人は1回いけば十分と感じるんじゃないでしょうか?
ほっておいても、いずれハワイへの回帰は起きてくるような気はしますし、誰かが上手く仕掛ければ思いのほか早くハワイが人気になることもあるのではないかと。
ただ、日本に限らず経済の状況が見通せないうちは、どうにもならないかもしれませんね。昨日、サブプライム問題に詳しい方と話をしていたのですが、正直驚くようなネタがボロボロ出てきました。何事もなくこの夏を乗り切れるかどうかが大きなポイントだとか。
旅行も金融も同じだと思うのですが普通に考えて起こりうることは、やぱり避けられないのかもしれません。

Posted by: ダイアルはM | May 09, 2008 at 12:39 AM

先日、アヒポキさんのブログに書き込みしたばかりなのですがハワイだけではありません。今年のGWは北海道便の航空旅客も期せずして7,5%の下落、本州の方や帰省客も大幅ダウン、連休直前の円高は海外客の減少にも繋がってしまったようです。アヒポキさんによるとワイキキのホテルは何処も値上げしているそうですが、GW期間の日本人客を当て込んでドル安差損を値上げでカバーしようとしていたのでは?逆効果だと思いますが。それに北海道はゴルフ場も閑古鳥、通常祝日は2万円かかる私のホームコースはぎりぎりになってGW期間中8千円の特別割引チケットを送ってきました。他の有名コースも軒並みダウンのようです。それでもゴルファーは5千円でプレー出来るセルフコースに足が向くようです。温泉地も宿泊客は10%以上のダウン。反対に増加したのは旭山動物園と丸山動物園。市内の温泉浴場や岩盤浴だそうです。これだけ見ても生活に余裕が無いのが判りますね。様変わりです。様変わりといえば今日は北海道に雪が降りました。積もったところもあるようです。先週は24度、今日の朝は2度です。桜と梅とこぶしとつつじとチューリップやタンポポが一斉に咲いてます。それに通常は5月末から6月に咲くライラックが一斉に咲き誇っています。ライラックが咲く頃はリラ冷えと言います。やっぱりどっかおかしいこの頃です。

Posted by: 連合艦隊 | May 09, 2008 at 02:36 AM

健太さん、こんにちは~!
切実な問題です。
私の会社が、正に、それです。
これから、どうやって生き抜いていくか摸索中です。

Posted by: アヒ・ポキ | May 09, 2008 at 10:26 AM

この問題は我々にとっては切実すぎる課題です。
でもHTJ(X通)や州・市に何かを期待することはできませんから、自分たちで生き残りを模索するしかないと思っています。
そして現状を考えるとハワイの旅行・ホテル・アトラクションなどの会社は、我社を含めて数年後に今のままで生き残っているところはほんの一握りだろうと思います。この何十年もほとんど自助努力をしていないのだから必然の結果でしょうね。
たぶんその時には私も今と同じような仕事をしている可能性は少ないだろうという思いが日を増すごとに強くなっています。

Posted by: 池ちゃん | May 09, 2008 at 10:36 AM

ダイアルはMさん

本当に現実は厳しいいです。
おっしゃる通り、団塊の世代は「史跡」や「名所」めぐりが大好きです。
ハワイにもそうしたところは沢山あるんですが、歴史が浅いですよね。
やっぱり経済の状況が見通せないうちはどうにもならないのでしょうか、、、。
何事もなくこの夏を乗り切れるかどうかが大きなポイントなんですか?
ちょっと気味が悪いです、、、(汗)。

連合艦隊さん

ハワイの観光業は上層部が頼りになりません。
そうしたHTAなどの資金も、大半が宣伝費などと称する訳の分からないところに消えてしまうのが落ちです、、。
日本国内も良くないんですね。
そう言えば横浜金沢にはこの前の日曜日、4万人もの人が潮干狩りに来たそうです。これは異常ですよね!
旅行の業界語に「あんきんたん」って言う言葉があります。不況になった時の客の旅行先の選択で、「あん=安い、きん=近い、たん=短い期間でいける」、、、。まさにその潮干狩りは「安・近・短」でした、、、(笑)。

アヒ・ポキさん

結局観光客の絶対数が少ないんだから、この取り合いは無意味ですよね?そうではなく、ハワイを売ることじゃあないでしょうか。
その良い例がネットショップとか、オンラインのハワイビジネス。
ハワイには日本人好みの隠れた良い物がまだまだ有ります。
これを見つけ出して、商売にするのです。
既に沢山の人がやっていますが、まだまだ隠れたヒット商品があるはずです!!
そうした物は大抵は意外なところにあるものです。
頑張って探しましょう、、(笑)!

池ちゃん

HTJ(X通)や州・市は期待薄でしょうね、、、(汗)。
おっしゃる通り、残念ながらこの何10年も、業界はふんぞり返っていただけです。
黙っていても客が来るのが当たり前だった時期が長すぎたのです。
必償、必罰。その報いが来ているのでしょう、、。
しかしここが腕の見せ所!こんな時だからこそ、とんでもないアイディアが生まれてくる可能性も十分にあるんじゃあないでしょうか!

Posted by: 健太 | May 09, 2008 at 11:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48740/41148648

Listed below are links to weblogs that reference ワイキキだけも相当数の人が職を失っている!:

« 健太式、英会話習得法 | Main | 宿れ、究極のマナパワー! »