« June 2008 | Main | August 2008 »

July 31, 2008

この空の彼方に!

Imgp1711着陸1時間前の空。これだけでも結構楽しめる景色だね!ひょっとして、おっかさんはこの空の彼方にいるのかも、、、。
Imgp1716海岸線の左、小さな四角い緑がエバ・ビーチ・パーク。眼下のゴルフ場は「エバ・カントリー・クラブ」。

 7月31日午前8時ちょうど、無事ホノルル空港に到着。
ご覧のような景色が着陸前に見ることが出来た。
なぜかこうしたハワイの景色を見るとほっとする、、、。
ホノルルの気候は出てくる時の東京とほぼ同じくらい。
 
 そういえば今日、7月31日はおっかさんの誕生日だ!
生きていれば90歳になったところ。
今回東京の実家で色々整理をしていたら、おっかさんが残したメモが出てきた。
一見日記のようなものではあるけど、
それには1日の食事内容が記されていて、そのカロリーなんかも計算して書き込んあった。
おっかさんとしては将来的に何かの役に立てようと思ってそんなことをしていたんだろうけど、
それを見ながら兄貴が言った、
「こんなこと書いて残したって、、、虚しいよな、、」

 生きている間にどんな素晴らしい事をしても、死んでしまえば「Nothing・無」だ、、。
じゃあ一体その素晴らしいことは何のためにやってきたんだろう、、?
兄貴が続けて言った。
「こういうのを見ると、見えちゃうんだよな、、、」

 その兄貴の一言はつまり、
「しょせん人間生きているうちが花、しかし、
その『生きてる』って事すら取るに足らないこと。
人間って物の存在意義が見えてきちゃうんだよな、、、」
ってことだろう。
ある意味の悟りと言えるとは思うけど、
健太としてはそれが判ったなら、答えは簡単な気がする。
もし人生が、生きていることが、そんなに虚しい物だとしたら、
答えは一つ、
いつも言ってるように、
「今、この時、この瞬間を思いっきり、決して後悔のないようにエンジョイすること!」
『金髪のいかれ親父!』と思われようがなんだろうが、
健太は健太の道を行く!

 なんて言ってるくせに、
「もう金髪はかっこ悪いから止めた!」
などと、まるで信念の欠片(かけら)もない健太なんだよなあ、、(汗)。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

July 30, 2008

ハワイの空!

Imgp1129ハワイの空。健太は先にこの空の下へ行ってみんなを待っているからね、、(笑)!

 不思議だね!
夕べのあの涼しさは一体何だったんだろう、、?
エアコンなしで朝まで、それも毛布をかけないと寒いくらいだった。
ま、何はともあれハワイ人にとってはまことに有難い事でした、、、(笑)。

 で、今晩の便で健太はハワイに帰る予定。
実際のところは、たとえどんなに暑くてももっと日本にいたかった。
でもこれからお盆を前にしてなのか、それとも他に何か理由があるのか、
健太の乗るUX航空のホノルル便は非常に混雑している。
今日を逃すとなかなか帰るチャンスがない。
せっかく来たんだから友達にも会いたいし、美味いものをもっと食べたい。
第一あれほど好きなラーメンを今回はまだ一度も食べていないんだ!
ま、そんな訳でこれからこのネット・カフェを出たらランチにラーメンでも、、って思ってる。
真夏のくそ暑い時に食うラーメンはまた格別で、
これこそラーメン通ならではの醍醐味だ!

 今回はとんま来ていないので、
レストランなんか一人ではいることが多かった。
ぶらっとそうしたレストラン入って席に着くと、
どこの店でも大抵誰か他の客が健太をじろっと見る。
だからランチ時などそうしたほかの客が健太を見てるなと感じると、
わざとビールを頼む。
すると益々チラチラと健太の様子を伺ってくる。
結構この時の彼らの目つきを観察するのが面白い、、(笑)!

 最初は何故そんなに見られているのか分からなかったけど、
良く考えれば当たり前だったのかもしれない。
つまり健太は今回髪の毛を金髪に近い色に染めているんだ。
日本人の年寄りでそんなやつは「たけし」以外には滅多にいないだろう。
<こいつ、あんな格好をしてるけど、何者なんだろう、、?>
多分そう思って見ていたに違いない。
おまけに平日昼真っからビールを飲んでりゃ誰でもそう思うよな!

 さ、何はともあれ健太はみんなより一足早くハワイに行って、
みんなの来るのを待ってるからね、、(笑)!

| | Comments (27) | TrackBack (0)

July 29, 2008

日本のビールは世界一!

Imgp1702可愛いチンドン屋さたち。JR蒲田西口駅前にて。 
Imgp1404ナナクリ・ビーチ。このあたりは結構歩いていても暑いよ!汗だくだったことを覚えている、、、。

 昨日の東京の雷は凄かった!
ハワイでも時々そんなときもあるけど、あれほど強烈ではない。
子供のころおっかさんに「おへそをとられちゃうよ!」、、なんて脅かされたので、
雷はいまだに好きになれない。
多分あの勢いだったらあちこちで何らかの被害はあったに違いない。
シリアスな問題が起きてなければ良いけどなあ、、。

 しかし今の東京の暑さなら別に問題ない。
このくらいならハワイでオアフ島を徒歩で歩き回っている時とほとんど変わらない。
普段健太は帽子も被らず、汗だくで歩いているからね!

 それに、ちょっとくらい蒸し暑くても、
「サウナ」に来たと思えば別になんともない。
むしろ只で「サウナ」に来ているわけだから、
只であることに感謝しなければならない、、はちょっとオーバーだけど、
ま、それなりに真夏の日本を満喫しています、、(笑)。
負け惜しみでもなんでもない。
だってビールが滅法美味いんだなー。

 日本のビールの美味さは世界一だ!
って別に健太が世界のビールを飲んで歩きまわった、ってわけじゃないけど、
いろんな人の話を総合するとそういうことになりそうだ。
かと言って生ビールじゃあ日本のビールの美味さは味わえないよ、
やっぱり瓶・ビールさ!
昨日飲んだのが「キリン・クラッシッ」ってやつだ。
あの味、
健太が日本で法的に酒が飲めるようになって飲んだ、
あの最初のビールの味そのままだった。
まさに涙がちょちょ切れた、とはあのことだ!

 でも日本は不思議なところだね、、。
だって店ではビールの銘柄を聞いてくるところは殆どないんだ。
「生ですか瓶ですか?」
それだけだ。だから「キリン・クラッシッ」が飲みたくても、
店によってはそんなの置いてないところはいくらでもある。
なんて、そんなことを書いてたらビールが飲みたくなった!
「健太!早くブログを終わらせてビールだビールだ!」
なんてトニーが言ってるよ、、(笑)!

| | Comments (8) | TrackBack (0)

July 28, 2008

さらばワイキキ!

Imgp1689眼下に広がるワイキキそしてダイアモンドヘッド。遠くのほうにココヘッドも見えるね!

 ホノルル空港は快晴!
UX-879便はハワイ時間7月27日10時28分、オンタイムにホノルル空港を離陸、
空港西側から東側、ワイキキ方面へ向かって上昇した。
高度300~400メートル辺りで緩やかに右旋回、
左手にご覧のような景色を見ながら静かにオアフ島を後にした。
「健太。あたし健太に向けて手を振ってるからね!」
家を出る前にとんまが言った。
実は我が家のラナイから、日本行きの便がこの写真を撮ったちょうどこの位置によく見えるんだ。
健太も写真を撮りながらとんまに向けて手を振った、、、。

 そんなわけで昨日の午後1時過ぎ、無事に成田に到着しました。
飛行機のドアを出て「ジェットウェー」に入った途端、
「ボワッ」っとした恐ろしいほどの熱気を感じた。
「ジェットウェー」の通路を抜けて空港内ビルに入ったら、
さすがにエアコンで涼しくなったけど、
いやはや到着早々先が思いやられました、、(汗)。

Imgp1698健太の朝食セットと兄貴が頼んだトマトスープ。これがさっき「ジョナサン」で食べた今日の朝食だ。やっぱり日本の食事は安くて美味い!

 さて今日は7月29日だ。
あー暑い!
やっぱり東京は暑い。
まだ午前中だと言うのに、
こうしてエアコン入りのネットカフェにいても、たらたら汗が垂れてくる、、。
やっぱり湿気が多いんだね、日本は。
明日今回の来日目的を終えたら、すぐうにハワイに帰りたいです、、。
とんまも、「すぐ帰っておいで!」なんて言ってた。
彼女は日本の真夏の暑さをいやというほど知ってるからね!

 そんなわけで残念ながら今回は、
街角で健太とすれ違うなんて事はまずないと思いまーす、、(笑)!

| | Comments (10) | TrackBack (0)

July 26, 2008

キング・ストリートのジッピーズ

Imgp1671キング・ストリート、ジッピーズのクラブハウス・サンドウィッチ(左)とBLTOサンドウィッチ(右)。

 「サンドウィッチ・アイランド」、
これがハワイ(諸島)に最初に付けられた名前だ。
1778年1月ハワイ諸島を発見したキャプテン・クックが、その航海の投資家だったサンドウィッチ公爵の名前にちなんで、そう付けたそうだ。

 だから「ハワイにはいろんな変わったサンドウィッチがあるに違いない!」
と健太は思っていたけど、残念ながら40年経った今日まで、
そんなサンドウィッチに巡りあう事はなかった。
そこで健太は、健太独特のハワイアン・サンドウィッチを作ろうと、
ハワイアンフードをパンに挟むことを考えた。
それが「カルア・ピッグ・サンドウィッチ」&「ロミロミサーモン・サンドウィッチ」。
前者は市販のカルア・ピッグとキャベツの炒めたものを挟む。
そして後者はこれまた市販の「ロミロミサーモン」をレタスと一緒にパンに挟んで食べるのさ!
ハワイ・ムードいっぱいの美味いサンドイッチが食べられる!
ただしロミロミサーモンは水分が多いので、水気を良く切ってから挟むのがコツだ。

 確かにアメリカはサンドイッチの本場、いろんなサンドウィッチがあるにはある。
だからお昼時などレストランで何を頼んだら良いか迷ったときは、
何でも良いからサンドウィッチを頼んでおけば先ず間違いはない。

 中でも代表的なものはハンバーガーだけど、
そのほかBLT・サンドウィッチ、
そしてクラブハウス・サンドウィッチなどは我々日本人に違和感なく美味しく食べることが出来る。

 最初この「BLT・サンドウィッチって何のこと?」ってローカルに聞いたら、
「It’s a sandwich with the Bacon, Lettuce and Tomato!」
「あーなるほど、Bはベーコン、Lはレタス、Tはトマトなんだ!」
とやたら感心する健太でした、、、(笑)!
因みに今日の写真、キング・ストリートのジッピーズのBLTにはO、つまり「Onion」も入っている。

 ハワイは人種の坩堝、
サンドウィッチも家庭で食べる時はそれぞれお国柄が垣間見られる。
卵サンドウィッチなんて多分日本独特のものだと思う。
マヨネーズと卵が絶妙なハーモニーを醸し出してくれる。
それと我がとんまは、
サンドウィッチに良く「海苔」を挟む。
これまたバターをぬって挟むと、「ジャパニーズ・サンドウィッチ」の出来上がりー!
これぞサッパリ系サンドウィッチだね!
作るときの注意として海苔を細かくちぎって挟むこと!
一枚大きなまま入れちゃうと、
「がぶっと」かぶりついた時、海苔がずるずるっと全部でてきちゃう、、(笑)!
 
 もちろん韓国の人たちは「キムチ・サンドウィッチ」を作る。
この場合ビックマックなどのテークアウトのハンバーガーにキムチを挟む事が良くある。
こいつあ滅法美味い。
興味のある方はぜひ一度お試しあれ。
これも夏バテ防止に最適のサンドウィッチと言えるかも知れない!

| | Comments (9) | TrackBack (0)

July 25, 2008

初めて見るラベンダー・カラーのハイビスカス!

Imgp1666結婚を前に幸せそうなライムちゃん。「一力(りき)レストラン」にて。
Imgp1663ライムちゃんの家の近くに咲いていたとても珍しい「ラベンダー・カラー」のハイビスカス。ハワイの長い健太だけど、こんなのはじめて見た。ちょうど今日ライムちゃんが着ていたブラウスの色とっぴったり同じだ!

 健太のCD「Trade Wind Ano Kumono Youni」で歌を歌ってくれた「ライムちゃん」がハワイからいなくなってしまう、、(涙)!
素敵なパートナー(彼)にめぐり合えたとかで、来月メインランドに引っ越してしまうそうだ。
実はまだまだ「ライムちゃん」には色々お願いしたいこともあったので、健太としてはがっかり、、。
そんな訳で今晩お別れ会を「一力(いちりき)レストラン」でやってきた。

 世の中にはカラオケで歌のうまい人は沢山いるけど、
そういう人の殆どが録音をしてみると、とてもプロとしては使い物にならない。
その点ライムちゃんは録音に十分耐える歌唱力を持っている。
そう考えると本当にがっかりしちゃうけど、ま、彼女が幸せになれるんなら、そんな素晴しいことはない。

 引越し先は「シアトル」だそうだ。
シアトルと言えば比較的日本人も多い街。
溶け込むにはそれほど時間が掛からないと思う。
でも健太ととんまは彼女に言った。
「ライムちゃん、幸せになってね。でも、もしなんかあったらハワイに帰っておいで、健太ととんまは何時でも待ってるよ!」って、、、。

 とても優しいライムちゃんのこと、
きっと幸せな家庭を築いてくれると思う。
でも彼女も言ってくれた、
「健太さん、私に出来ることがあったら、何時でも言ってください。ハワイへ飛んできます!」

 彼氏の写真を見せてもらった。
これまたとても優しいそう。
彼ならライムちゃんを幸せにしてくれると思う!!


| | Comments (12) | TrackBack (0)

July 24, 2008

君はあの島まで泳げるか!

Imgp1592カフク・ゴルフコースに近いビーチ。少し先に小さな島が見える。あそこまで若いころならへっちゃらで泳いで行っただろうけど、今はとても自信がない、、(涙)。

 来月でこのブログをはじめて丸3年になる。
PCの調子がおかしいとか、日本に行ってインターネット環境が整わないとか、、
そんなとき以外は毎日アップして来た。
ま、内容はともかく、
自分でも良くやってきたと思う。

 しかし、物事は大体3年やってビギナー時期が終わる。
5年経ってやっと一人前の口が利けて、
10年でやっと本物らしく見せることが出来るんじゃないかな、
何事も、、、。

 一昨日のアップで尊敬する黒澤明監督のことを書いた。
彼の言葉を娘さんの黒沢和子さんが、
「黒澤明の残した言葉」として本にしている。
『黒澤明「生きる」言葉』、と言う本だ。
その中のこんな言葉があるので紹介したい。

 「続けていることがどんなに大切かは、後でわかるんだ。

映画界に入る迄、えらそうに、続けていると言える事なんかなかったね。
映画の世界に入っても、最初は辞めたくて仕方なかったたんだ。
もう何十年も続けているわけ、気が付いたらそんなに続けてきたんだなって思った。
続けてきたってことが大切なんだって思うようになったよ、、、。

何でも続けていると、身につくんだよ。今更何だって、こんな爺がってもんだけど、
ぱっと目の前が開けて良く見えたり、霧に囲まれて一寸先も見えなかったり、順繰りにそんなことがあって、
だんだん鮮明に見えるようになってきたらお陀仏ってこった、、、。

これでもか、これでもかとがんばって、一歩踏み込んで、それでも粘って一頑張りして、
もうだめだと思ってズカっと踏み込んで、
そうしているとき突き抜けるんだ!」

 黒澤明は1936年助監督として東宝映画に入社。以来30本の映画を製作。
「生きる」「野良犬」「姿三四郎」「羅生門」「七人の侍」「影武者」などの名作がある。
1998年、88歳の生涯を閉じた。

 健太のこのブログ自体あまり意味のあるものとは思えないけど、
この黒澤明の言葉から考えると
何はともあれ、続けていく事に意義があるんだな、、って、、、、、。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

July 23, 2008

ハワイの夏をキムチパワーで乗り切ろう!

Imgp1661左は韓国スーパー「パラマ・マーケット」のベチュ・キムチ。まさに本場のキムチだ!左はローカル業者コハラによるキムチ。少しマイルドなところがローカルに人気を集めている。

 最近のホノルルの天気はいまいち。
曇りがちで雨がパラついたり、晴れてもすぐにまた曇る。
それにもまして風がないのには閉口する。
健太のうちの自慢の涼しさも、無風状態が続くとさっぱりだ、、、。
こんな暑い時には辛い食べものがよく似合う。
そう、キムチが良い!

 ご存知の方もいると思うけど、
健太の韓国料理は筋金入り!
とんまが辛いものが苦手なので最近トンとご無沙汰しているけど、
健太に韓国料理を作らせたら天下一品。
特にカルビやプルコギの味付けは本場韓国の人でも、
「健太さん、その味付け教えてくださいよ!」
って言うくらいだ。

 さてキムチだけど、さすがにキムチは韓国人の味付けには負ける、、、、。
しかし韓国料理レストランをやっていた時、
健太もキッチン・アズマ(おばさん)たちに混じって大量のキムチを作っていたので、
ある程度のもの作れる。

 そのキムチ、
韓国料理には欠かせないもの。
しかしいわゆる漬物のキムチではなく、料理用にこのキムチを彼らは多用する。
冷蔵庫で古くなったキムチは決して腐らないので、
これをいろいろ利用すれば美味しい韓国料理が出来あがる。
身近なもので言えば、
キムチチゲ。
何でもいいから残り物をキムチと一緒に煮込んでしまう。
残り物の焼肉や味噌汁、はたまたナムル(野菜)の残りなどを利用すれば良い。
しかし煮干だけは必ず入れよう!
また夏にはこの古キムチを細かく切って、ゆでた素麺に混ぜて、
「ビビン・ククスー」にしても美味しく食べれる。
これにも細かく切った残り物の焼肉などを混ぜると更に良い!

 さあみんな、あこのくそ暑い夏を「キムチパワー」で乗り切ろう、、(笑)!


 

| | Comments (12) | TrackBack (0)

July 22, 2008

7人の侍、健太がもう一度作りたい!

200pxseven_samurai_poster1名画、7人の侍のポスター。

 健太の尊敬する映画監督は、黒澤明と木下恵介。
いまだに黒澤明監督の「7人の侍」は最低月に1回は見る。
そして別に意識はしていないけど、
そのイメージが頭から抜けないうちにいろいろなTVドラマや映画を見る。
つまり健太における映画やドラマの原点が黒澤明監督になる。
黒澤作品、特にこの「7人の侍」には映画に必要なすべての要素が含まれている。
ストーリー性、芸術性、エンターテインメント性、など等、、。
これらを最高の時点で表現しているのがこの「7人の侍」だ。

 先ず健太がTVドラマや映画を見ていて絶対受け入れられないのは、
「陳腐性」だ!
身近な例で言えば明らかに作り物のセットと判る装置、
明らかに殴っていないとわかる喧嘩シーン。
そんなのを見せられるとせっかくの良いストーリーも台無しになってしまう。
しかしこれをクリアーしたからと言って決して良い作品だとは言えない。
まだまだクリアーしなきゃならないところが山のようにある、、、。

 最近のアメリカ映画は徹底した「エンターテインメント」映画だ。
それは最新のCG技術によって支えられているのは間違いない。
作り物が作り物に見えない見事な出来栄えだ。
それはそれなりにすばらしいい作品と言えるかもしれないが、
決して名作とは思えない。
一度見たら次の日には、
「えっ?昨日の映画って何の映画だっけ、、、?」
ってな具合になる。
アメリカ映画の中にも芸術性を追った映画もあるにはあるけど中途半端な作品が多い。
今から20年ほど前に「アマディウス」と言うアメリカ映画があった。
とてもアメリカ映画とは思えないほど芸術性も高く、良質のエンターテインメント要素もあって、
健太的には「7人の侍」ほどではないにしても、
かなり良心的な優れた作品だったような気がする。

 さてその黒澤明の残した言葉の中に、
「何なんだろう、正倉院の御物を見てきたけど、今あんなすばらしいものを作れるだろうか、
人間は本当に進歩しているのかなんて考えちゃったよ」
(黒澤和子著・黒澤明「生きる」より)
ってのがある、、。
「7人の侍」を見た後、さまざまな日本人の作ったのドラマや映画を見ると、
健太はそれと同じ言葉が頭の中にひらめいてしまう、、、、。
 
 「何なんだろう、黒澤明の7人の侍を見たけど、今あんなすばらしいものを作れるだろうか、
日本人は本当に進歩しているのかなんて考えちゃう、、、、」
今健太は映画を作ろうとしているけど、
そんな訳でできたらその「7人の侍」を健太がもう一度作ってみたい!
主演「菊千代(三船敏郎)」の役は坂口憲二にやらせたらきっと良い味を出してくれる!
誰かスポンサーになってくれないかなあ、、、。

 で、健太が木下恵介監督を尊敬している理由なんだけど、
もちろん木下恵介監督は日本映画界の名監督、巨匠だけど、
それにも増して、
健太が出演した映画の中に木下恵介作品があるからだ。
たったワンシーン、何度も間違える健太を、
1時間近くかけてのんびり健太ができるまで待ってくれた、、、(汗)。
とても恥ずかしい経験だったけど、
健太の一生の思い出を作ってくれました、、、(涙)。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

July 21, 2008

マックを探せ!

Scan0010若かりしころの健太たちのマルベル社発売のプロマイド。写真右からマック、健太(トニー)、サミー、フランキー(クリ)。
Scan0011同じマルベル社プロマイド。右から、健太、マック、サミー、フランキー。

 人を探している。
健太たちのバンドのベースマンだ。
バンドメンバーは4人だったけど、
そのうちベースマン、マック健太のなんちゃってサクセスストーリーではアキ)だけは長男。
両親を日本において来ているのでハワイに残るわけにはいかなかった。
そのマックが日本へ帰ってから既に35年が以上が経っている。
もちろんその後健太が日本に行く度に折を見ては彼と会っていたけど、
かれこれ20年ほどそのチャンスがなく、消息も掴めずそのままになっていた、、、。
 
 来週久しぶりにまた健太たちのライブを「料亭・夏の家」でやることになったので、
今日その打ち合わせがあった。
ご存知の方も多いと思うけど、メンバー4人のうち3人は今もハワイに残っている。
マックがいなくなったから、
それまで「リズムギター」を弾いていたサミー(スギ)がベースギターを担当している。
今日のその打ち合わせの時サミーが言った。
「マックは今、また日本で俳優をやっているらしい!」
聞き捨てならない一言だった。
「なに?マックが日本で俳優を?」
「そうなんだ。この前インターネットのあるプロダクションの俳優一覧表にあいつが載っていたのを見たんだ、、」

 さあそれからが大変だ!
ライブの打ち合わせなんか放っぽらかしてインターネットで「マック」探しが始まった。
サミーはどこでどうそのサイトにアクセスしたのがを全く忘れてしまっていた。
サミーの話ではどこかのプロダクションの俳優一覧表に掲載されていたと言うけど、
一向にそれらしきものが見つからない!
検索し続けること2時間近く、
しかし結果は空しく、
一向にそのサイトには行き当たらなかった、、(汗)。

 そこで心あたりの方がいたら教えてください。
元・トニーズのベースマン、名前はマック=アキ=秋元栄次郎の消息!
サミーは、
そのサイトでは秋元栄次郎が、
ひょっとして栄治郎だったかもしれない、、、などと言っていた。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

July 20, 2008

ハワイにもハワイ産の素麺、「フラ・ソーメン」がある!

Imgp1657

 暑い日のランチは「素麺」に限る!
ハワイにもローカル産の素麺「Hula Somen」なんて言うのがある。
またどこ製だかわからないけど「友白髪素麺」なんていうのが、
健太がハワイに来た当時からスーパーで売られていた。
しかしやっぱり何と言っても本場日本の素麺が抜群に美味い。
健太が好きなのは「揖保の糸」だ!

 子供のころおっかさんが昼時になると素麺を良く作ってくれたけど、
はっきり言っあんまり好きじゃなかった。
子供ってああ言う地味な食べ物が嫌いなんだ。
どちらかと言うと見た目も派手な「スパゲティー」とか、
「カツどん」、「うな重」なんかをランチに出てくることを期待しているんだよね。
しかし年齢とともに好みも変わって来るもんで、
今の健太は大いに変身、
「素麺大好き人間」になっている。

 今日のホノルルは曇り、時々雨。
比較的涼しかったけど、それでも夏だ。
なんかさっぱりしたものが食べたかったので、早速素麺をゆでた。
でもやっぱり子供からの派手好みは今の健太の中にも残っていて、
素麺だけでは物足らず、
椎茸や青野菜(今日は青梗菜)を麺と一緒にゆでて、
出来上がりに沢山の氷、紅生姜を浮かばせた。
これで見かけも綺麗だし、また栄養価も申し分ないだろう。

 とんまは今日「デンバー」へ行っている。
とんまはいまだに子供のままなのか、素麺がそれほど好きじゃない。
だからこんな時こそこのソーメンの出番なんだ!
何と一人で4束の素麺を平らげちゃいました、、(笑)。

Imgp1651
 
 昨日の映画は、
「Juorney to the Center of the Earth・地底への旅」。
3Dがここまで進化しているとは思わなかった。
その立体画像は、まるで手を伸ばせば届きそうな目の前まで飛び出して来る!
鳥は君の目の前まで飛んでくるし、槍は君の目を突こうと飛んでくる!
今年第一のお薦め映画でした!

 昨日の名探偵健太の回答。
日本では「不能犯」と言う法律用語があって、その行為から犯罪を発生させることはで出来ない場合を指します。
つまり「呪い殺す」など実際にはできないことで、犯罪としては成立しないのです。
一方同僚Zの場合は明らかに脅し=恐喝で、立派な犯罪が成立するのです。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

July 19, 2008

ハワイの名探偵に依頼殺到!

Imgp1540ジェットスキーのお兄さん、飛び込んじゃった。何しろくそ暑いからね!みんなもこの冷たいノースの海にザブーン、、と飛び込んでみようか(笑)!

 ハワイの名探偵健太の噂を聞いて、日本からも沢山の相談や調査依頼がやってくる。
ある朝健太のメールに次のような相談が持ち込まれていた。

 「かねがね健太名探偵のお噂は聞いております。
しかし私は日本にいるので相談したくてもなかなか相談できませんでした。
そこで知り合いがたまたま健太名探偵のメールアドレスを持っていたので、
迷うことなく相談にのっていただこうとPCに向いました。

私は今、ある者から脅迫されているのです。
実は私には、私の人生でどうしても許すことの出来ない会社の上司「X」がいて、
そいつをこの世から葬り去ろうと、
東京でも有名な祈祷師にXを祈り殺してもらうように、10万円を払って頼みました。
その祈祷師は『分かりました。Xを祈り殺しましょう!』と言ってくれました。
ところがそれを何処でどう嗅ぎ付けたのか会社の同僚Zが、
『お前がXを呪い殺そうと祈祷師に頼んだのは知っている! その事を警察に知られたくなかったら10万円を俺に払え!』
などと社内メールで私に言ってきました。
警察に知れたら私の人生は、、、。
一体私はどうしたらいいでしょうか、、、?」

 名探偵健太はその相談者に即、
「Zを警察に恐喝者として訴えなさい!」
と伝えました。
しかしそれでは警察に、相談者が祈祷師に10万円を払ってXを殺そうとしたことがばれてしまいます。
では一体何故、名探偵健太は依頼者にそんなことを奨めたのでしょうか、、?

 易しすぎましたか、、、(汗)。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

July 18, 2008

ハワイのワインの飲み方

Imgp1646

 そして今日も暑いのだ!
だからと言って今日も「With Bucket IceのCoors Light」も能がないし、
更におろし生姜の「ジンジャー・エール」も紹介しちゃった、、。
じゃあどうしよう、、???
などと困っていたら、
twyokさんが昨日のコメントで実にタイミングよくとても良いアイディアをくれた。
そう、この写真を見てください!

 スプライトだけじゃあ味気がないし、なんだかロマンに欠ける、、。
そこでスプライトにほんの少し赤ワインを入れてやるのさ!
するとローズ色で葡萄の芳醇な香りあふれる、なんとも素敵な飲み物に変わるんだ。
そう、ご存知の方も沢山いるはず、
これをハワイでは「ワイン・クーラー」と呼んでいるのさ(多分世界中どこでも同じ呼び名だと思いますが、、、)!
ワインの量は夫々好みで、ほんの色と香りだけでも十分楽しめる。
それとメインはその色と香りなので、ワインは安物で十分。
写真に写っているワインは2ドル99セントの一番安い赤ワインだけど、
味香りとも最高です!!

 世界広しと言えどもこんなロマンティックな飲み物はないと思う。
まさに薔薇色の夢、そしてその名の表す通りとても「クール」、
まさに涼しさとかっこよさを兼ね備えた、
このくそ暑い夏にもってこいの飲み物の一つだ!

 twyokさんアイディア有難うございました。
ただ飲み物の名前は、「ワイン・クーラー」でした。
さあ皆、「ワイン・クーラー」を飲んで、
身も心も「クール」でこの夏を乗り切ろう!

 

| | Comments (14) | TrackBack (0)

July 17, 2008

ハワイのソーダの飲み方

Imgp1630

 今日も暑い!
昼真っからビールはお仕事中の皆さんにお気の毒なので、
今回はスプライトかセブンアップを飲もう!

 ごらんの写真はコカコーラ社のプレーン・ソーダ、スプライト。
「コーラは人体に有害だ!」などと新聞紙上をにぎわして以来、
アメリカ人はこのセブンアップやスプライトを盛んに飲むようになった。
最近とんまがフライト中アメリカ人から頼まれる飲み物は、
ほとんど「セブンアップやスプライト」だそうだ。
ご存知のようにセブンアップもスプライトもメーカーが違うだけで、ほぼ同じもの。

 しかし今日の健太の写真にはコップとスプライトの缶のほかにもう一つ、
クリーム色の何かが乗った小さな皿が写っている。
一体これは何でしょうか?
実はこれ、
「擂り(すり)しょうが」なんです。
この「擂りしょうが」をスプライト(もちろんセブンアップでもOK!)に入れると、
しょうが=ジンジャー、、、つまり、
これぞ本物の「ジンジャー・エールの出来上がり~!」ってわけ!
市販の「ジンジャー・エール」はメーカーがいろいろ加工しているのでどちらかというとまがい物、
だからこれぞ本物の「ジンジャー・エール」って言えるだろう!

 実は健太が勤めていたホテルのレストラン「MAC 247」では、
この本物のジンジャー・エールを2年ほど前から出しているんだけど、
以来ハワイでちょっとした通は、
こうして自分で「ジンジャー・エール」を作るようになったのさ。
何よりもとんまはこの「自作ジャンジャーエール」の大のファンなんです!

 めちゃ暑い今年の夏は、
抜群のスタミナを約束してくれるこの自作「ジンジャー・エール」を飲んで、
大いに夏バテを解消しようじゃないか!

| | Comments (15) | TrackBack (0)

July 16, 2008

ハワイのビールの飲み方

Imgp1624

 暑い!
今ハワイも暑いのだ。
こんなときはビールに限る。
量は飲めないけど、特に最初の一杯は美味いよなー!
健太の好きなビールは「Coors Light ・Silver Bullet」ってやつ。
 
 ハワイはこんなに暑いところなのでローカルにもビール党が多い。
でも彼ら独特の飲み方があるの知ってる?
多分知ってるとは思うけど、

 「With Bucket Ice」ってやつ。
何のことはないごらんの写真のように、
単に大きなグラスにアイスを入れてそれにビールを注いで飲むだけのこと。
しかしこれだとビールは思いっきり冷える。
少し水っぽくはなるけど、そこがまた良い!
つまり、「ちょっとアルコール分の入ったソーダ、、」って感覚だ。
これだと酔い方もゆっくりなので、
健太のように量が飲めないやつは長く楽しめる。
日本ではこんなことあまりやらないでしょ?

 さて、
ラナイに出てホノルルの景色でも見下ろしながら、
Coors Light With Bucket Iceを一杯飲むぞ!

| | Comments (13) | TrackBack (0)

July 15, 2008

昔のままのハワイの家

Imgp1578カタマランの浮かぶ、フキラウ・ビーチ。
Imgp1583フキラウのサーフショップ。セールをやっていたので覗いてみたけど、残念ながら健太の欲しいものは一つもなかった、、、。
Imgp1587マラエカハナ・ステート・リクリエーションエリアのビーチ。
Imgp1601カフクにあった昔のままのハワイの家。健太たちが始めてハワイに来たときはこんな家ばかりだったんだけどなあー、、。
Imgp1604パブリックのカフク・ゴルフコース1番、パー3。まさにリンクスの様相だろ!

 朝10時に自宅を出発。
55番のバスをライエ・SCで降りる。
そこから、テンプル・ビーチ、フキラウ・ビーチを経てマラエカハナ・ステート・リクリエーションエリア、
そしてカフク・ゴルフコースへと歩いた。
この辺りは既に何度もこのブログでレポートしている。
ましてやこのフキラウ・ビーチに至っては今回で3度目のアップ!
何度アップしてもアップし足らないのがこのフキラウ・ビーチだ。

 実は戦後の1948年から1972年迄は、
このフキラウ・ビーチがウィンドワードからノースにかけての一番の観光スポットだったのさ。
フキ=引く、ラウ=魚網、、、。
つまり古くからこのフキラウ・ビーチは引き網漁が盛んだったところ。
観光客はその引き網をハワイアンたちと共に楽しんで、
ルアウを食べたり、ポリネシア・ダンスを見たり、
ハワイアンクラフトの土産を買ったり、、、。
しかし時代の波はどこにも必ずやってくる。
1970年、近くに「ポリネシア・カルチュラル・センター」が出来て、
大方のの客を取られてしまったのだ。
そんな事からフキラウ・ビーチの公園部分は未だに私有地となっている。

 フキラウ・ビーチを過ぎると、
「マラエカハナ・ステート・リクリエーションエリア」の入り口が左手にある。
そこから暫く左側のビーチ沿いカフクの街の近くまで、
テントを張ってキャンプができるようになっている上に、
バンガロー風のロッジのようなものもある。
夏休みだからだろう、平日でも沢山のファミリ-が楽しんでいた。

 オアフ島にはパウリック・ゴルフコースが7箇所ある。
その一つがこのカフク・ゴルフコースだ。
ビーチ沿いにある18ホール、まさに「リンクス」といっても良い、
実に面白いコースだ。
おまけにパブリックなので思いっきり安い!
イングランドのリンクスなどとは違って、
あれほどのラフはないし、フラットなコース。
しかし一旦風が吹き出すと突然にリンクスらしさを発揮、
アベレージゴルファーをたちまちにして餌食にしてしまのうだ!

 カフクを過ぎたところで万歩計は13100歩ちょっと。
行き先の空模様がおかしい。このままでは完全に濡れる!
タートルベイの少し手前で55番のバスに乗ることにした。
案の定バスがサンセットビーチを過ぎた辺りから大粒の雨、雨、雨、そして雨。
ちょうどその頃日本人観光客の女の娘が4,5人乗ってきて優先席に座った。
<おいおい、まだ空いてるから良いけど、、、、
お願いだ、混んできたらハワイにまで来て日本人の恥をさらさないでくれ、、、>

 ハレイワを過ぎてワヒアワ辺りでバスは満員になった。
ちょうどその時一人の年老いた女性が乗ってきた。
その女性の足元がおぼつかない。
じっとその女の娘たちを見据える健太、、、。
すると、、、
女の娘たち、さっさと自分から席を立ってその女性に席を譲った!

 あー、良かった、、、。
ほっと胸をなでおろす健太。
本当に良かった。
まだまだ日本の若者たち、見捨てたもんじゃない!!
何だかその娘たち、途端にすごく可愛く見えてきた!

| | Comments (10) | TrackBack (0)

July 14, 2008

アメリカのカー・インシュアランス

Imgp1430ナナクリ・ビーチパークから少しハワイアン・エレクトリック寄りの岩場。

 ガソリンはハワイでもどんどん高くなって行く。
こうなるとなるべく車には乗らないようにしないとガソリン代で健太の小使いが大幅に減ってしまう。
ガソリン代だけならまだしも、
車の保険も上がってきた。
去年まで年間1200ドルだった物が今年になって1400ドル!

 去年健太の車のリアー・ドアをぶつけて壊したことはここで報告したけど、
保険屋はそれが保険代を上げてきた理由だという。
しかし健太はこの30年間同じ保険屋に加入していて、
今日まで彼らには大金を払ってきている。
それに比べて、彼らがこの30年間健太に支払った修理代なんか微々たるもの、
まったく滅茶苦茶なことを言って来ている。

 とんまの車の保険代は年間1000ドル程度。
ムービーマンは900ドル弱らしい。
それに比べて健太の保険代は高過ぎるような気がする、、、。
あんまり頭にきたので、今回で30年間の付き合いを切る事にした。
あちこちで安い保険の広告も出ているので、それを申し込んだのさ。

 それは例の会員制の店「Costco」のもの。
彼らの謳い文句は、
「貴方の今加入している保険よりも、500ドルは安くします!」
っていうもの。
結果その新しい保険では、
確かに500ドル安の年間900ドルになった。
しかしはっきり言って保険の内容はかなり違う。
今回の保険はベーシックのものだ。

 今までの保険では1000ドル・ディダクタブルと言って、
自分の車をぶっつけたら1000ドルまでは自分で払わなくちゃならない。
それ以上のものに関しては彼ら保険屋が払うって言うことだった。
今回の保険は一切彼らは健太の車は直してくれない。
自分で直すことになる。
だから、とにかくぶつけない様に気をつけて運転すればいい。
返ってそのほうが用心深くなるかも知れない。

 しかし最近の物価高を考えると、我が家の車2台は贅沢!
とんまの車が大分くたびれてきているので、
あれが今度壊れたら、我が家も車は1台にして、
何とかこの物価高を乗り切ろう!
それにしても、
いま更って言われるかもしれないけど、
皆さん、お互いに安全運転を心かけましょう!

 

| | Comments (8) | TrackBack (0)

July 13, 2008

今日はワイキキ、明日はアラモアナ!

Imgp1532サンセット・ビーチの曲がった椰子の木。この木、知っている人は知っているよね!

 健太は大体1日に8時間寝ないと体調が悪い。
多分熟睡出来ていないからだろう。
その証拠にいつも夢を見ている、、、、。

 時には6時間7時間なんていう時もある。
先ず6時間しか寝れなかった日は、起きていても気持ちが悪い。
頭痛がする上にふらふらする。
普段からポカの多い健太なのに更にそれに輪をかけてポカをする。
それに昼食の後眠くて仕方がない。

 「なにー?健太は一日に8時間も寝るのかよ!」
昨日映画の後Like Like Drive Innで夕食の「チョップ・ステーキ」を食べながらムービーマンが言った。
「そういうムービーマンはどのくらい寝るんだい?」
「俺は毎晩、せいぜい4時間だね、、、」
「4時間?!」
「ああ。俺が健太みたいに8時間も寝たらおかしくなっちゃうよ!」

 いやー、驚いた!
ムービーマンは健太より4時間も1日の睡眠時間が少ない。
ってことは、1年で365日X4時間=1460時間=60.8日分、
ムービーマンは健太よりずっと人生を有効に使ってるって計算になる。
彼の人生は1年に60日も健太より長いんだ!

 「で、ムービーマン、その健太より60日分多い日数を一体何に使ってるのさ?」
「そりゃ健太、決まってるだろ!
お尻のでかい白人の姉ちゃんを探すのさ!
今日はワイキキ明日はアラモアナ、、ってね!
さーて明日は日曜日で仕事は休みだけど、
ワイキキにでも行って、、、、、。がっはっは!」
「そうかやっぱりムービーマンは一生、
その白人のでかいお尻を追いかけるんだね!」
「そりゃそうだ健太!男がそれを忘れちゃあ、おしめーよ!」
「、、、、、、」
 
 PS:因みに夕べの映画は「ヘル・ボーイII」。なかなか面白く出来てました!

| | Comments (7) | TrackBack (0)

July 12, 2008

ハワイの自然エアコン

Imgp1494ノースの忘れ去られたチェアー。一体どんな人がこの椅子に座っていたんだろう、、、、。

 ハワイの夜が最近少し蒸し暑くなってきた。
でも健太のうちは山側の窓を開けるとタンタラスからの緑の風が冷たいほど入って来る。
かといって夜中空けっ放しおけば風邪を引いてしまうし、締め切ったままでは熱い。
ま、それでも我が家では窓の開閉をアジャストするだけで、
適当に温度調整はできる。
つまり自然のエアコンだ。

 今日はとんまと久しぶりにウオルマートとサムス・クラブに出かけた。
季節と共にみんなの買い物の内容が変わってゆく。
さすがこの暑い夜の続く昨今、
結構沢山の人たちが「スタンド・ファン=扇風機」を持って店から出てきていた。

 もちろん住んでいる地域によって多少違うけど、
通常我が家のように、ハワイではエアコンが要らないところが多い。
健太がハワイに40年近く住んでいる間、
エアコンがあったところはコンドのマルコポールだけだった。
マルコポーロの海側のユニットは西日が強く、どうしてもエアコンが必要だったからだ。
多分そんなところに住んでいる人たちが、あの「スタンド・ファン=扇風機」を購入したんだろう。

 おっかさんは病院で亡くなる前、
東京の自宅で介護の人たちのお世話になりながら暫く生活していた。
東京の夏は暑い!
その東京のおっかさんの家にはもちろんエアコンが設置されていたけど、
倹約家のおっかさん、真夏のどんなに暑い日でもそいつを点けようとしなかったらしい。
困ったのは介護のみなさんだ。
「お宅のお母さんはエアコンも点けさせてくれないんです!これじゃあ私たちはばててしまいますよ!」
堪らなくなった介護の一人から半田の兄貴のところにそんな電話が入ったと言う。
その後兄貴はおっかさんを、
「介護の方たちがいる間だけでもエアコンを入れさせるように」、
と何とか説得したらしい。

 健太に姪っ子がいる。
どうやらその姪っ子も夏のどんなに暑い時でも「エアコン」を入れないらしい。
健太のおっかさんは彼女にとっては「おばあちゃん」、
不思議だね!
遺伝ってのは本当におかしなところに出てくるもんだ、、、。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

July 11, 2008

ハワイアン・イングリッシュ事情 II

Imgp1500バンザイ・パイプライン近くのカタマラン・ヨット。
Imgp1498バンザイ・パイプラインも夏は人が少ないんだろうか、、、。

 Howzit every one?
「皆どう?元気でやってる?」

 ハワイが長い人や,
ハワイに詳しい人は大抵このハワイアン・イングリッシュを知ってる。
HowzitはHow is it?が変形したものだ。
Ey, howzit brah?
なんて使えればなおさら結構。
ここでbrahは、=bruddah=brother、、となる。
こんな風にハワイの英語は、
長いハワイ英語の歴史の中で独特なものに変わってきた。

 健太は以前良くローカルに"Ey, buddahead!"なんて呼ばれた。
最初は何のことか分らなかったけど、
buddahead=日本人。
いわゆる蔑称で、ブッタ(釈迦)・ヘッド=「釈迦頭野郎」っててことらしい。
日本人は絶壁頭が多いからそんな風に言われたのかなあ、、。

 その他にも日本人に対して「bobura」なんてのもある。
もともと「bobura」はポルトガル語で「かぼちゃ」のこと。
日本系人移民が始まった頃のサトウキビ畑のでは、
ルナと呼ばれるポチギー(ポルトガル人)がその畑の現場監督だった。
ポルトガル人はハワイにやってくる日本人を捕まえては、そんな風に呼んでいたそうだ。

 「bolohead」なんてのも良く聞くよね!
"bald head"のこと、つまり「はげ頭」ってことさ。
B が続iいたんで次は、
"buggah=バガ"
Ey, you buggahs!=よう、おまえら!

 "bummahs=バマース"は、
がっかりしたときに使うとぴったり。
例えば、
"Gee, I am realy disappointed to hear that!"
が、
"Wow, bummahs, man!"
「わー、そいつあがっかりだ!」
って感じになる。

 ハワイアンイングリッシュは奥が深くて楽しいねっ!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

July 10, 2008

ハワイのコーヒー

Imgp1552アラモアナ・ショッピングセンターの山側に新しくできたマック店内。ハワイのマックには年配者が多い。日本のマックには若者ばっかりが目立つ、、、。なんでやろ?
Imgp1486引き潮時のノース・ププケア・ビーチ。シュノーケリングには最高だ!

 <昨日の続き>
 
 「で、探偵さんと警部さんたち、どうやってリチャードの盗んだお金を見つけ出したの、、?」
あれから3日後、
ジーナとジャスティンはコーヒー・ショップを閉めた後、
アラモアナ・ショッピングセンターの「ロンギース」で夕食をとっていた。 
暮れかかる眼下のアラモアナ・ビーチは紫色に広がり徐々に色を深めて行く。
それは2人の幸せなひと時にふさわしいロマンティックな雰囲気を演出してくれていた。
「リチャードは家のローンが払えないで困っていたらしい、、」
ぽつりとジャスティンは話し始めた。

 「ほら、例のサブプライム・ローンってやつさ。
うちのコーヒーショップに来る前、あいつはワイキキの旅行社に務めていたんだけど、
この1、2年の観光客激減で今年の初めレイオフ(解雇)されたらしい。
うちに来てから本当に良く働いてくれたけど、、」
ジャスティンは深くため息をついた。
「ま、とにかく、
リチャードは遅番が多かったんで、何時も俺が店を占めてから金勘定をしているのを見ていたんだ。
それとジーナからの電話が閉店後必ず入ることも知っていたし、
俺が携帯を良く裏のオフィスに忘れるのも知っていた。
そういえば今まで何度も金をそのままにして、
裏のオフィスでジーナからの電話に出たことがあった。

そこで彼は自分宛の、札束の入りそうな大きめな封筒を事前に用意しておいて、
俺がキャッシュレジスターから裏のオフィスに行く機会をずっと狙ってたんだ。
そしてあの日、俺がオフィスに行ったのを見計らって、
リチャードはキャッシュレジスターの金を盗んで封筒に入れて表に出ると、
むかえの郵便局のポストにそいつを投函したのさ、、、」
「なるほど!探偵さんと警部さんは、郵便局で彼宛の郵便物を探したって訳ね?
でもジャスティン、それじゃあ彼がその封筒をポストに投函したと言う証拠はどこにもないわね?」

 ボーイがジャスティン達のオーダーをテーブルの上においた。
バターとガーリックのにおいが食欲をそそる。
ここの「シュリンプ・シシリアン」はハワイ一だと、ジーナもジャスティンも思っている。
「そうなんだ。でも俺からこんな事言うのもなんだけど、リチャードはついていない。
彼の家の郵便受けが道路に面して家の外にあるので、
雨の多いマキキでは郵便物が良く濡れるのさ、、」
「だから、、?」
「だから封筒を、ほら、水をはねるような多少の防水効果のあるエンベロップがあるだろ?
あれを使ったのさ。
あれだと少し大きめのもあるし、それなら4000ドルくらい裕に入る」
「あっそうか!あの少し光沢のある封筒じゃあ指紋がのこっちゃうのね?!」
「そうだ。エンベロップからリチャードの指紋が検出された。
その指紋は彼の自宅のドアやドアノブの指紋とばっちり合致したんだ!」
ジーナは納得したと言うように頷いた。
「でも、売り上げが戻ってきて良かったわね!
ジャスティンが『マックより美味いコーヒーを絶対作ってやる!』って言って、
何年もかけて開発したジャスティン・ブレンド・コーヒーの大切な売り上げだもん!」
しかし何故かジャスティンの顔色は優れない。
ジャスティンはジーナの手をしっかりと握っていった。
「ジーナ、、、金も戻ってきた事だし、俺は健太や警部に頼んでリチャードを無罪にしてもらおうと思う!
観光業で生計が立っているハワイ、俺も一時は観光業で飯を食った人間だ、いやハワイで観光に関係ないやつなんて一人もいやしない。何らかの形で必ず関係している。
だから今回の事件はとても他人の事とは思えないんだ。
それに何だか俺ばかり幸せになってるみたいで、、、、、」
ジーナはじっとジャスティンの目を見つめた。

 「マックのコーヒーなんて!」
先月日本から兄貴が来ていたのでマックに連れて行こうとしたらそんなことを言われた。
以前にも書いたけど、確かに日本のマックのコーヒーは大変申し訳ないけど、いまいちだ、、。
しかしハワイのマックのコーヒーは実に美味い!

  「健太はコーヒーの味知らないわね!」
今から30年ほど前付き合っていた韓国のガールフレンドから言われた。
「えっ、なんで?」
「だって、ジャック・インザボックスのコーヒーを美味しいって言ってるじゃない!」
「そ、それが?」
「だってあそこのコーヒーそれほど美味しくないわよ!」
「で、でも味の好みはみんな違うじゃん、、」
「確かにそうかも知れないわね。でも、その割りにマックのコーヒー、一度も美味しいって言ったの聞いたことがないわ、、」
「うーむ、だって美味しいって思わないだからしょうがない、、」
「だからコーヒーの味を知らないっていうのよ。
ハワイのコーヒー・ラバーは大体おんなじ意見を持ってるわ。
マックのコーヒーはトップ・クラスだって!」

 あれから30年。
今健太は、マックのコーヒーは抜群に美味いと思っている。
それに反してジャック・インザボックスのコーヒーは不味くはないけど、マックほど美味いとは思わない。
「兄貴どうだい、ハワイのマックのコーヒーの味は?」
「不味いとは言わないけど、別にそれほど美味いとは思わないなあ、、、」
「ははは、兄貴はコーヒーの味を知らないね!」
30年前にガールフレンドに言われたことを、
そのまま兄貴に言ってやった。
でもきっと次回ハワイにきたら兄貴からも違う意見が出るような気がする、、、。
ちなみにとんまは、
「マックのコーヒーは最高!」
って何時も言ってる。
それと朝食なんかのとき、
「ジャックインザボックスに行こうか?」
って言ってあまり歓迎されない時はあるけど、
「マックに行こうか?」
って言って断られたことはない、、、。

| | Comments (95) | TrackBack (0)

July 09, 2008

名探偵、ホノルル・ダウンタウンに登場

Imgp1519サンセット・ビーチのライフガード・ボード。
Imgp1517ノースのランチワゴン。ノースのシュリンプはやっぱりどこで食っても美味い!!
Imgp1534ノースのビーチも眩しいけど、美人の水着姿のまた眩しい、、、(汗)。
Imgp1544サンセット・ビーチに上げられたカタマラン。こんな情景、何かドラマが生まれそう、、、。

 ジャスティンはやっと長年の願いがかなって自分のコーヒーショップを持つことが出来た。
場所はダウンタウン、直ぐ向え側が郵便局、左隣には中華料理店、右隣には携帯電話会社と、申し分ない環境だ。
店の朝はダウンタウンのオフィスに向かうサラリーマンたちで賑わい、またランチタイムはペイストリー(菓子パン類)を求めて沢山の客がやってくる。
一日の売り上げも予想より遥かに上回っていた。
<この分なら借金もきっと早めに返せるだろう!>
愛するジーナとの結婚も間近に迫っているジャスティンにとって、
こんな嬉しいことはなかった。

 しかし良い事ばかりは続かない。
ダウンタウンはビジネス・オフィスの街。一日は短い。
夕方7時にはもう人気も殆どなく、どこの店もシャッターを閉めてしまう。
ジャスティンはキャッシュ・レジスターを開けて一日の売り上げを計算していた。
店内の掃除を遅番従業員のリチャードがしている。
その時、裏のオフィスに置いて来たジャスティンの上着のポケットの携帯が鳴った。
<ジーナからだろう、、>
しかしジャスティンはうかつにも、
キャッシュ・レジスターを開けっ放し、現金もそのまま裏のオフィスに行ってしまった。
ほんの2,3分のことだった。
キャッシュ・レジスターに戻ったジャスティインは紙幣ばかりの4000ドルの札束がなくなっているのに気が付いた。
一瞬何が起きたか把握できなかったがすぐ我に戻った。
<まてよ、リチャードは?>
と見ると、リチャードの影は店内にない。
慌てて表通りに出たジャスティンの眼に、
道を渡って行ったのだろう道路の向こう側の100メートルほど先を、
逃げるように走って行くリチャードの姿が見えた。
「待て!リチャード!」
幸いポリスがリチャードのそばを通ったので、
「Catch him!」と大声で叫んだ。
さすがポリス!一瞬のうちにリチャードはお縄となった。

 しかしポリス・ステーションへ連行されたリチャードは犯行を否認した。
第一リチャードの懐には、ジャスティンが盗すまれたと主張する4000ドルはおろか、
10ドルの金すらなかったのだ。

 「犯人は絶対リチャードに決まってるのに!」
翌朝コーヒーショップに立ち寄った健太に、ジャスティンは訴えるように言った。
健太が数々の難事件を解決したことのある名探偵であることを知っているからだ。
一部始終話を聞いた健太は自信たっぷりに言った。
「犯人はリチャードだね!」
「そ、そりゃそうだろうけど、でも証拠は?」
「ははは、ジャスティン、リチャードは今どこに?」
「今日は休みだから、マキキの自宅にいるかも知れない、、」
「マキキか、、、分かった!」

 その日の夕方、
名探偵健太はHPD(Honolulu Police Department)の鬼警部フランク・渡瀬と一緒にジャスティンのコーヒーショップに現れた。
フランク警部はジャスティンを前に席に着くと、
おもむろに彼のバッグの中から札束を出してジャスティンに手渡した。
「事件は解決だ。こいつがあんたの盗まれた4000ドルだ。
それからリチャードは今別の警官が逮捕に向かっている」
「こ、これは!どうやって?」
 
 さて名探偵健太と鬼警部フランク・渡瀬は、
一体どうやってこの事件を解決したのだろう!
今日は簡単すぎましたか、、、?


| | Comments (3) | TrackBack (0)

July 08, 2008

ハワイ・地獄のノース・ショアー

Imgp1483ププケア・ビーチ。Wow!!!
Imgp1488エフカイ・ビーチパーク。そしてまた、ワーオ!!!
Imgp1523サンセット・ビーチ。すぐドライブしてここまで来いよみんな!
Imgp1536サンセット・ビーチで戯れる君たち、君たちもこの地獄の魔力に取り憑かれてしまったのか!


 何てったって「ノース」と聞いただけで心が弾む最近の健太。
今日の天気が良ければ真夏のノースの写真を撮りに行こうと、
夕べから決めていた。
案の定今朝のホノルルの天気は快晴、
早速バックパックを担いで出かけた!

 ついこの前おっかさんの散骨をノースでもやったけど、
あれからまだ1ヶ月とたっていない。
だと言うのに、
52番のバスでノースに降り立って目の前に広がるププケア・ビーチの景色は、
まるでこの前来た時と違ってすべてが原色に近い「キラびやかさ」に溢れていた。
<ワーオ、これぞ真夏のノース!>
気持ちばかり焦って、
健太の足はもたもたとついて行けない。
なんてちとオーバーだけど、
それほど早くビーチに立ちたいと焦るほどノースの景色は美しかった。
それはむしろ恐ろしいほど危険な美しさに色溢れていた。
危険なものほど人の心を捉えて離さない、
ひょっとして地獄の景色とは、
実は針の山や血の池ではなく、
人の心をひきつけて善人の心を滅してゆくドープのような、
こんな景色なのかもしれない!

 真冬のノースがサーファーたちにとって地獄なら、
ノン・サーファーにとって真夏のノースこそ地獄中の地獄!
まるで底知れぬ美女の魔力に取り憑かれて、
近寄れば危険だと分かっていながら近付いてしまう、、、、
あの、とろけてしまいそうな怪しげな感覚。
あー、もしもこれが地獄ならそれでも良い、
健太はこの地獄の中にじっと浸っていたい、、、、。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

July 07, 2008

ハワイアン・レール・ウェー

Imgp1408「我々はアメリカ人ではない!」。ビーチに掲げられているハワイアンたちの主張。もちろんここに住むホームレス達の主張だ。
Imgp1423橋の上の線路が焼け跡のような形で残っていた。ご覧のようにすぐ傍にホームレスのズボンが掛かっている。木の向こうにテントが少し見えるだろ、、、。
Imgp1414かなり老朽化している陸橋。しかし線路はまだ使えそうだ、、。
Imgp1419この線路の1キロほど先に、現在の西の終点カへ・ポイントがある。
Imgp1428カエナポイントの方へ向かって延々と続いてゆく線路。
Imgp1425左の煙突はハワイアン・エレクトリック・カンパニー。この辺りのランドマークといって良い。向こう中央に小さく見えるのがコオリナのホテル。線路が道路のすぐ右下に敷かれているのが見える。
Imgp1441途中で途切れている線路、、。
Imgp1468列車から見たコオリナゴルフコースの10番ホールフェアウェー。スライサーの健太はこの右側の池(噴水のところ)に良くつかまったっけ、、(涙)。ティーグランドは写真右方向、、、。
Imgp1477エバの駅に展示されている昔使われていた蒸気機関車。SLファンにはたまらない物なのかもしれない、、。


 今日は昨日の続きを写真で楽しんでほしい。
現在のところハワイアン・レイル・ウェーでは日曜日のみ、「エバ」「ナナクリ」間の列車運行を実施しているけど、
さらにその先のワイアナエ、
そしてカエナポイント辺りまで延長する事は決して不可能ではないと思う。
現存するレールは途切れ途切れではあるけれど、
多少の補強工事でそれを可能にしてくれると思う。
なんとしてもあの海岸線を昨日のあの列車に乗って走ってみたいもんだ!

| | Comments (9) | TrackBack (0)

July 06, 2008

ハワイのビーチパーク、そして信じられない光景が!

Imgp1391ナナクリのマック店内から見るビーチ。
Imgp1426かつて汽車はこんな海岸線を走っていたんだなあ、、。
Imgp1434トラック・ビーチパーク。遠く左側にホームレス・テントが、、、。実はこのすぐ左側にも、、、。でもカメラは向けられない。このビーチでライフルを担いだ少年とすれ違った。
Imgp1448えっつ!き、汽車が!汽車がやってきた!

 気になっていることがあった。
ビーチパーク巡りが途中で止まっている。
おっかさんの散骨の際ビーチ巡りはしていたけど、
シリーズとしてはアップしていなかった。
それに、
「健太、最近歩いてないじゃないか。歩けよもっと、楽しみにしてるんだから!」
昨日ムービーマンが映画の帰りにそんなことを言っていた。
そうか!ローカルにも楽しみにされているんじゃあ、
歩かないわけには行かないじゃないか!

 そんな訳でやっと今日、ビーチパークめぐりに出ることにした。
ナナクリ・ビーチパーク、トラック・ビーチパークそしてカヘポイント・ビーチパークがその目的地だ。
実はみんなも知っての通り、すでにこの島全部を歩いて制覇をしてしまっている。
その中でほとんどのビーチは紹介してしまった。
しかし今日の目的地はまだレポートしていない。
以前に報告したようにこの辺りはホームレスの巣窟、
メインランドの観光客が写真を取っていて殺された場所でもある。
下手に進入して危険な目には合いたくなかったんだ。

 幸い今日の天気は上々、
おまけに日曜日だ。
<今日ならホームレスも何とか多めに見てくれるかも知れない、、、>
日曜日にはどこのビーチも家族連れが繰り出しているはず。
つまり健太はそのドサクサに紛れ込んでしまおうと考えたのだ。
先ず昼少し前にダウンタウンからエクスプレスCのバスに乗ってマカハ迄出た。
バスはワイパフの街を抜けてカポレイ、コオリナそしてナナクリへと向かった。
今日とんまはサンフランに出ていて夕方帰ってくる。
だから朝は一人だったんで朝食はまだだった。
ナナクリのマックでブランチをとることにした。

 マックから見える景色には幸いホームレスのテントは見えない。
<よし、今日はここからコオリナまで歩いてやれ!>
クリスピー・チキンサンドイッチを頬張ると早速ビーチへ出た。
少し雲が掛かりだしたけど、何とか写真は撮れるだろう、、、。
早速カエナ・ポイント方面の写真をパシャリ!
そしてハワイアン・エレクトリック・カンパニーのほうもパシャリ。
幸いホームレスのテントは先のほうに見えるだけだ。

 ピリオカヘ・ビーチの方向、つまりホノルル方向に歩き出した時だ、
ファーリントン・ハイウェーの脇に平行して線路を見つけた。
いや実はもう昔からこの線路のことは知っていた。
でも今日はなんだかとてもそれを追及したい気持ちに駆られたのさ!
線路はさびてはいるけど朽ちてはいない。
<線路の上を歩こう!>
子供のころ線路の上を歩いた、あの気持ちを思い出して、
ジリジリ照りつける真夏の日差しを浴びながら線路の上を歩き出した。

 もちろんこの線路の上をかつて汽車が走っていた。
この前紹介した「ホノルル・ラッピッド」の鉄道会社ではなく、
もう一つの「オアフ・レイルロード」がそれだ。
1887年、当初はサトウキビ列車としてスタートして、
1941年の真珠湾攻撃の年まで乗客を運んでいたという。
古い地図を見ると「オアフ・レイルロード」は、
ダウンタウンからオアフ島西端「カエナポイント」まで汽車を走らせていたようだ。
また島の裏側も、「カエナポイント」からノースを走ってカフクまでの路線が描かれている。

 トラックビーチ迄歩くとさすがにホームレステントが増えてきた。
でも今日は日曜日、一般家族客もかなりビーチに来ている。
<うまくいきそうだ!>
健太はスルスルと彼らの中に溶け込んだつもりで、写真をパシャパシャ!!
と、一人のローカルの女性が健太に声をかけてきた。
「You want me to take your picture?」
「Ye,,yes! please」
一瞬虚を突かれた感じの一言に、
心にもないことを言っちゃう健太。
だって健太は自分の写真なんかどうも良いからね!
とにかく何事もない一言だったので、
「すっ」と肩の緊張が解れた。

 そこからずっとビーチ沿いを歩いた。
左側の浜の上にはホームレス・テントがずらっと並んでいる。
<でもビーチには子供たちが遊んでいるから安心、、、、>
と思った途端、前方から12,3歳の一人の少年がやって来るのが見えた。
<お、おい、あの子の抱えているのは、、、、>
男の子はどんどん健太に近づいてくる。
なんと、彼の持っているのは銃じゃないか!
やがて男の子はその銃(多分ライフル)を肩に抱えた。健太との距離は15メートル。
ふて腐った目がとてつもなく薄気味悪い、、。
距離が3メートルになったとき男の子は健太を見た。
「Hi!」
健太は無理やり笑顔を作って少年にそう言った。
男の子は軽く健太一瞥して健太の声に微かに顎を上げて、
ほんの申し訳程度の挨拶らしい態度を示してきた。
横を黙って通過する男の子。
<、、、、、、>
くわばらくわばら、、、、。
でも何でこんなところでライフルなんか、、、、。

 ビーチはまだ続くけどちょっと危険過ぎるかもしれない。
すぐにファーリントン・ハイウェーに戻る健太。
もうすぐハワイアン・エレクトリック・カンパニーだ。
<また線路の上を歩こう、、>
そ思って暫く線路の上を歩くと突然前方から汽笛が聞こえた。
と、信じられない光景が健太の視界に入ってきた!
「き、汽車が走ってくる!!」
 
 そういえば最近新聞で、
日曜日だけエバからこのナナクリまで汽車を走らせていると読んだ記憶がある。
呆然と見つめる健太の前で汽車は止まった。
汽車からはPAを使ったナレーションが聞こえてくる。
観光用に走らせている列車だ。

 乗客は100人ほど乗っている。
<よし、これに乗せてもらおう!>
健太はナレーションをしているおっさんに声をかけた。
「Can I ride this train?」
「Sure ,but you have to pay you know!」

 かくして健太は列車に乗り込みました!
この列車、エバからナナクリ(カヘポイント)を往復するわけで、健太はその片道しか乗っていない。
ナレーションのおっさんが降り際に言った。
「Hey young man,you don't have pay anything.No body know anyway!」
健太ただ乗り大成功でした!!

Imgp1455ナレーションをしているおっさん。無料にしてくれて有難うおっさん!遠くに見えるのはカエナ・ポイント方面。

 ハワイ・レイルウェーはエバ・ビーチSCまで40番、そこから44番のローカルバスに乗り換えて運転手に「Hawaiian Railway」って頼んでおけば良いと思う。日曜日、午後1時と3時のみ。大人10ドル子供7ドル。オプショナル・ツアーもあって、送迎つき大人39ドル、子供18ドルだそうだ。お申し込みは226-2856迄。

| | Comments (23) | TrackBack (0)

July 05, 2008

ハワイ語でMake=マケ=死んだ!

Imgp1360


ダウンタウン、ベルタニアストリートに出現した新コンド。椰子の木と青空が良く似合う!しかしこの不況、売れ行きは果たしてどうなんだろうか、、、。
 
 名探偵健太はとんま一緒にとニューヨークへ遊びに行くことにした。
久しぶりの休暇だ!
満席のUエアラインX-34X便は快調にホノルル空港を飛び発った。
天候は快晴だ。
国内線は食べ物飲み物すべて有料なのに、さすがとんまの勤めるエアーライン、FA仲間(Flight Attendant)が次々と来てスナックや飲み物を差し入れしてくれる。
快適な旅になりそうだ。
やがてその有料機内食がサービスされると言うころ、
地上から緊急連絡が機長に入った。
アルカイダによる犯行声明があったと言うのだ。
「X-34X便の機内に爆弾を仕掛けた。離陸後30分後にタイムスイッチが作動して、着陸しようと高度を1500メートルまで下げたら自動的にその爆弾が爆発するようにセットしてある!」
と言う内容だ。
機長の脳裏にあの忌まわしい911テロの模様が浮かんでは消え浮かんでは消えた、、。
あの時の航空会社もこの機長のUエアラインだったからだ。

 たまたまFA仲間がとんまのハズバンドである名探偵健太が乗っていることを知っていたので、
機長にそれが伝わった。
機長が健太に相談に来た。
「Kenta, Do you have any idea to solve this problem? If don't, we will be all make you know!」
白人機長はmake(マケ=死ぬ)と言うハワイ語を使って言った。
機長の説明を聞いていた健太、
暫く考えていたがやがてにっこり笑って機長に言った。
「キャプテン心配はいりませんよ。健太が付いていますから。
その代わり、これから一寸した健太の指示に従って頂けますか?」
機長は大きくうなずいた。

 健太の指示に従ったUエアラインX-34X 便は結局何の危な気もなく無事、着陸を成功させた。
後に機内を調べて発見された爆弾を実験してみると、確かに高度1500メートルで確実にその爆弾は爆発した。

 さて名探偵健太、
一体何を機長に指示したのだろうか、、?


| | Comments (23) | TrackBack (0)

July 04, 2008

ハワイアン・イングリッシュ事情

Imgp1217さー、これからこのアラモアナ・ビーチで独立記念日の花火が上がる!金曜日なのでヒルトンの花火も一緒に上がるのかもしれない。とんまはもうラナイに特等席を用意して、今か今かとまっている!

 我々日本人にもハワイ英語は難解に聞こえることが多い。
ましてや英語の本場アメリカ本土からやって来た連中にすれば、
<こいつら、本当に英語をしゃべってるのかなあ?>
なんて感じることはしょっちゅうだろう、、、、。

 まず第一に、彼らの英語は発音がプツプツと切れて、
単語も短く短くしているように感じる。
例えば、
 
 単語    使用例
when=wen wen ever
the=da da kine
that=dat dat man
dis=this dis house
them-dem go wit(with) dem
dan=than beta(better) dan me
hey!=ey! ey, you!
modah=mother my modah
yo=your yo car

、、、、のように、枚挙に暇がない。
だから必然的に文章も短くなってくる。

 「みんなと一緒にワイキキに先に行っててくれ。俺はもう少しここにいてから行くから!」
 普通に英訳すると、
 Why don't you go ahead to the Waikiki with everybody else, I'll stay for minute and meet you soon.
 これをハワイ英語にすると、
 You go Waikiki, I go stay come.
 となる。

 つまりすべてが物事を簡単に済ませようと言う、南国らしい怠け者、,,
いや、超簡潔言語にしようと言うわけだ、、、。
えっ?健太?
もちろん、代表的な南国言語愛用者です!

 さて昨日の名探偵健太の給料の謎解き、「連合艦隊さん」から、見事な回答を頂きました!

 勤めて最初にもらう給料はまだ昇給がないので、
この「ホノルル探偵事務所」の場合、6ヵ月後に2万ドル支給される。
そして一年後にはやっと昇給がもらえるので、2万1000ドルの支給。
つまり1年間に稼いだトータルの給料は4万1000ドルになる。

 一方、「アロハ探偵事務所」に勤めたとしたら、
最初の1年の終わりにもらえる給料はまだ昇給がないので、4万ドルのみ!
すでに1000ドル「ホノルル探偵事務所」と差がついた。
従って、「アロハ探偵事務所」の2年後にもらえる給料はやっと4万4000ドル。

 ところが「ホノルル探偵事務所」のほうでは、1年6ヵ月後の給料は2万1000ドルに昇給分1000を加えて
2万2000ドルもらえる上に、
さらに2年目の終わりにもらえるのは2万3000ドル、
よって2年間の両社の合計収入比較は、

 「ホノルル探偵事務所」 2万ドル+2万1000ドル+2万2000ドル+2万3000ドル=8万6000ドル 
 一方、
 「アロハ探偵事務所」  4万ドル+4万4000ドル=8万4000ドル

 同様に計算して行くといつまで経っても、「アロハ探偵事務所」の給料は「ホノルル探偵事務所」の給料には追いつかないことになります。

 連合艦隊さんお見事でした!

 皆さん!
これからも健太の名探偵シリーズ、時々アップさせていただきますので、
これに懲りず正解も含めて、楽しい回答をお寄せください!
 マハロ!

| | Comments (7) | TrackBack (0)

July 03, 2008

ハワイの名探偵

Scan0007真珠湾攻撃の後、省みる者もなく朽ち果てたダウンタウンのハワイ出雲大社。Imgp1345
復興なった現在のハワイ出雲大社。
Scan0008ダウンタウンのロイヤル・サルーン・ビル。1890年に完成。
Imgp1334現在もまだ残っているロイヤル・サルーン・ビル。1987年から「マーフィーズ・バー&グリル」になっている。  

 昨日の謎解き、いくら初歩的な事件とは言え沢山の正解さすがでした!
ジャックは事前に氷の中心に毒を入れておいて、
溶けたらその毒が出るように細工をしていたと言う訳です。  

 さて、評判の(?)名探偵健太、
今でこそ「健太探偵事務所」を構えてはいるものの、
かつて「ホノルル探偵事務所」に一探偵として所属していた事もあった。
しかし沢山の難事件を解決してきたのでその腕を見込まれて、
他の探偵事務所からからヘッド・ハンティング(引き抜き)の声がしきりに掛かった。
その中でも当時の大手探偵事務所、「アロハ探偵事務所」のボスであるマイク浜崎からの誘いは、
マイクが健太と同じ日系人であることからかなり熱心だった。 

 「健太、ホノルル探偵事務所はお前に今いくら出してる?」 
マイクは健太がアロハ探偵事務所を出し抜いて大きな山を解決した時そう声をかけてきた。
「固定給は半年で2万ドル。昇給は半年にごとに1000ドルだ」
「なるほど。どうだ健太、
給料は同額しか出せないが昇給のほうは年間4000ドルしようじゃないか!」
「一年に4000ドルの昇給か!」
「そうだ。半年に1000ドルずつと、年に4000ドルとじゃあ、先行き大きく差が出るぜ。うちに来いよ!」
<借金もあるし少しでも多く貰えたら、、、>
一瞬心が動いた。
しかし暫く考えた健太だったが丁重に断ることにした。
「気持ちはありがたいがお断りしよう、、、」
マイクは訝しげに、
「おいおい、こんな良い条件を断るとはなんてこった!
いくら世間で名探偵だなんて言わてるお前も、
この「超名探偵・マイク浜崎」に言わせれば所詮は血の巡りが悪い2流探偵でしかないな!」
「何とでも言ってくれ。どっちが血の巡りが良いのか悪いのか、
これを読んでるみんなに判断して貰おうじゃないか!」  

 さて健太はなぜマイク浜崎の誘いを断ったんだろうか?
はっきりとした理由が分かったら、説明してもらおう!
今日はそう簡単ではなさそうだ、、、、。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

July 02, 2008

ダイアモンドヘッド殺人事件

Imgp1289こんな感じじゃないかな?バー・ダイアモンドヘッド、、、。
Imgp1337今日のダウンタウン。向こうにアロハタワーが見える。

 名探偵健太は、
ダウンタウンのバー「ダイアモンドヘッド」のカウンターで一人ビールを楽しんでいた。
バー・ダイアモンドヘッドは1800年代に建てられた古いレンガ造りビルの一角にある。
この薄暗く汚いバーのカウンターから表のホテルストリートを行き交う人々を観察しながらグラスを傾けると、
一日の疲れが一気に癒される思いがする。
バーテンダーのジャックとはここに来るようになってからの知り合いだ。
ジャックとはいつもメジャーリーグの話やゴルフの話をしているが、
あまり立ち入った話をしたことはない。
それでも健太はこの店に通って10年になるので、
ジャックに関する多少の情報は持っている。

 ある晩閉店間際に健太がカウンターでビールを飲んでいると、
ジャックの弟「ビル」が入ってきた。
そう、健太はジャックがこの弟の「ビル」を殺したいほど憎んでいるのを知っていた。
「久しぶりじゃないか、、。お前の好きなシェーバス&ワーター、俺のおごりだ」
ジャックはビルに水割りを出した。
ビルはその水割りを一瞬手に取ったが、すぐにカウンターの上に戻した。
「ははは、、ビル、そりゃ俺はおめえを殺したいほど憎いさ。でもな、その水割りに毒なんか入ってないぜ!」
そう言うとジャックはそのカウンターの水割りをひと口ふた口飲んで見せた。
ビルはそれを見て安心したのか、暫くしてその水割りをごくりと飲んだ。
殆ど水割りを飲みほした頃、ビルは突然苦しそうに止まり木から転げ落ちた。
「ジャ、ジャック、おめえ、、、!」
ビルはそう吐き出すように叫ぶと遂にフロア上で動かなくなった。

 健太はジャックを睨み付けて言った。
「ジャック、お前の殺しのテクニック、この名探偵健太の目がごまかせないぞ!
大人しく観念して警察に自首するんだなあ!」
「け、健太、お前も見てただろう、俺もその同じ水割り飲んだじゃねえか!
き、きっとビルは自分で勝手に毒でも飲んだに違えねえ!」
「いや、ジャック。お前がビルを殺したのさ!」

 さてジャックは、どうやって弟のビルを殺したのか、、、。
どなたか名探偵健太に挑戦してみては、、、?

| | Comments (11) | TrackBack (0)

July 01, 2008

サンフラン帰りのとんまに美味しい晩ご飯を!

Imgp1307今日は写真を撮らなかったので昨日の真珠湾の写真の中から。こんなでっかい弾(飛行弾?)が当たったら君、ど、どうする、、??!!痛いだろうなー!!

 さーて今晩のおかずは何にしようか、、、。
肉にするか魚にするか野菜にするか、、、。
秋刀魚なんか美味しいけど、
あれを焼くと部屋中臭くなるし、後で魚焼き器のクリーンアップが大変!
やっぱり肉か、、。肉は豚にするか牛にするか、、。
アメリカの豚肉は不味いからね。
牛肉だってそれほど美味かあないけど、、、。

 今日本で料理屋が、こぞって日本産の豚肉の一部、
油とかほかのパーツを盛んに買い求めているそうだ。
理由は、アメリカ産の豚肉は滅法安いけど滅法不味くてどうにもならない。
でもこの日本産豚肉エキスをアメリカ産豚肉にほんの少し混ぜでやるだけで、
全体がまるで日本の豚肉のように、まろやかで驚異的なうまみを発揮すると言う。
最近読んだ日本の新聞にそんなことが載っていた。
しかしだからと言って偽装工作だけは避けてくださいね、
日本の業者さん、、。

 ともあれ健太の今晩は豚肉にしようと決めた!
生姜焼きとか醤油焼きはもう散々やっている。
とんまもたまには違う味を食べさせたい。
そこで今日は、
「豚肉の梅醤油焼き」、ってのを作ってみよう!
このレシピはいたって簡単。
豚肉は仕方がない、「マルカイ」でアメリカ産でも比較的良い肉を手に入れた。
後は「梅ペースト、醤油、みりん、酒」を大匙1杯ずつ混ぜて、豚肉を手で揉む。
フライパンにごま油を馴染ませて、
こんがりとそいつを焼き上げれば出来上がりだ。
それにこの前ダウンタウンで買った「チョイサム=菜の花」があるので、
その「おしたし」も添える。
サラダはサニーレタスとトマト、それにハワイ産日本のきゅうりを買った!

 たとえば梅ペーストってハワイじゃ結構高いんだ。
チューブに入って900円(8ドル)くらいする。
だけど梅干はよくお土産でいただくので沢山あるから、
そいつを潰して使った。

 今夜の8時ちょっと過ぎ、
とんまは夜9時20分ホノルル着でサンフランから帰ってくる。
「とんま、今晩のおかずが美味しいよ!」
 
 味噌汁はどうしようかなあ、、、。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »