« July 2008 | Main | September 2008 »

August 31, 2008

もうハワイに戻って来ました!

Imgp2134LAのフリーウェー。
Imgp2138そしてまた、マンハッタン・ビーチ。
Imgp2145これぞLAの空だ!
Imgp2183帰ってきたハワイ。真珠湾がはっきり見える!
Imgp2184左端、最初の湾がコオリナ。

 取り敢えず用だけ済ませてホノルルに戻って来ました!
「えっ、健太ロスに行ったんだ!いよいよハリウッド進出かよ?」
なんて帰ってきたら仲間が言ってくれると思ったら、
「なんだ、LAションかあー!」だって、、(怒)!

 LAの気候はハワイとほぼ同じだけど、多少乾燥気味かもしれない。
海の色は灰色で、ハワイの海とは比べ物にならないほど暗いけど、
そのスケールのでかさはやっぱり凄い!
それにロス市だけで385万人、郡全体では976万人と人口が多いので、
何かビジネスをするにはハワイよりずっと有利。
日系企業数の多さもハワイの比ではない。
因みにハワイ全島の人口が160万人。

 ロス滞在中に、
「ひょっとして、雨が降るかも知れない!」
なんて事を聞かされた。
ご存知の通りロスはめったに雨が降らないところとして有名。
そういえば今大型ハリケーン「グスタフ」がアメリカに接近中、
そんな影響もあって、
「ロスに大雨!」
なんて、めったにない機会にめぐり合えるかと期待したけど、
結局健太たちが滞在している間には雨は降りませんんでした、、、。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

August 30, 2008

健太・イン・LA !

Imgp2124
今日のホノルル上空は快晴、ワイキキがごらんのように見渡せました!
Imgp2128
国内線ファーストの朝食。これはこれでなかなか美味しかったよ!
Imgp2125
メインランド便はこうしてダイアモンドヘッド様の上空を飛びます!
Imgp2130わーい、LAだLAだ!
Imgp2136
LAXの空港を降りて、、、、。
Imgp2139マンハッタン・ビーチ。
Imgp2142
LAならではの景色!
Imgp2147
南トーランスの和食「KAN」。ここの「生たこ」が最高でした!「

 今朝ホノルルを7時半に出て、
現在LAに来ています。
なんだかんだ面倒なことを書き込むより、写真でそのレポートをさせてください!
日本に向かう便は大抵ワイキキの当たりから右旋回をして太平洋に向かうけど、
メインランド便はごらんのようにワイキキ上空、
さらにハナウマ湾上空を飛んで米大陸に向かうんだ。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

August 29, 2008

すごく近い、ハワイと日本!

Imgp2070小道を抜けると、そこはもう「ラニカイ」だった、、、、。

 ハワイと日本の間は約6144km。
なんだかえらく遠く感じるね、、、。
でも、地球の直径は12,756kmだってさ。
それに、地球から月までは8万4000kmもある。
かと言ってその程度で感心はしていられないよ!
この太陽系の属する天の川銀河の幅は10万光年。
そして隣の銀河、アンドロメダ星群までは200万光年、その2つの銀河の占める幅は何と600万光年だ!
えーと、1光年が9兆4600億kmだから、、、、。
「X$#@&^%,,,!!!!」
気の遠くなるほど宇宙はでかい!

 それに引き換え我々人間って、
なんと小さな事をくよくよして生きていることか、、。
悲しいくらいだね、、、。

 もう一度生き方考え方をそんな次元で整理してみたら、
もしかして、
今まで想像もしなかった「新しい自分」と出会えるかも、、、。


 

| | Comments (11) | TrackBack (0)

August 28, 2008

人種の坩堝、ハワイ!

Imgp2111タイ食品店で買った「ポメロ」、インスタント・ラーメン等々、、。
Imgp2094ハノハノ・ルームから見た夕日。夕べは健太たちの結婚16周年の祝。LAの友達がシェラトンのハノハノ・ルームへ招待してくれた。
Imgp2098アピタイザーのアヒポキなど刺身風盛り合わせ、そしてホタテのソテー。
Imgp2096先ずはダイアモンドヘッド様にご挨拶がてら、シャンペンで乾杯、、、(笑)。
Imgp2102友達がオーダーした「ショートリブ」。
Imgp2101とんまの、「フィレミニヨン・プリンセス・カット、7オンス」。
Imgp2103健太がいただいた「プロン・ソテー」。

 人種の坩堝ハワイ。
ご存知の通り、白人はもちろんのこと、日本人、中国人、韓国人、フィリピン人、タイ人などなど、
さまざまな人種がハワイで生活をしている。
それらは必ずと言っていいほど、その国の文化をハワイに持ち込んで、
自国で生活をしているのと同じような居心地のよさを、
自分たちなりに整えようとしている。

 それには何はともあれ食生活が重要な位置を占めてくる。
日本人は日本からの食品をドンキやマルカイで買い求めるし、
中国人はダウンタウンで、韓国人はパラマ・マーケットなど自国のスーパーなどで調達する。
その他の連中は、大抵街中に小さな自国専門の食品店などを持っているようだ。

 ベルタニア通りのタイムス・スーパーの向かいには「タイ」専門の食品店がある。
健太は以前とんまがタイから買ってきてくれたタイのインスタント・ラーメンがお気に入りだ!
今日はタイムスに行ったついでにその店によって見ることにした。

 「わーこれ、懐かしい!」
店に入るなりとんまが叫んだ!
とんまがタイのフライトを飛ばなくなってからかれこれ2年、
よっぽど懐かしいものを見つけたようだ。
「健太、これ食べたことある?甘くて美味しいのよ!」
とんまが持ってきたのはみかんの親分、、
って言うより、まさにザボンのように大きな柑橘類だった。
「それって、ザボンじゃないの?」

 「うーむ、詳しいことはわかんないけど、
タイではね、これをポメロって言ってたわ!」
キャッシャーの女の子が健太たちを見て言った。
「それ、甘くて美味しいよ!私も今買ったんだけど、味見してみる?」
そう言って女の子はでっかいポメロからその一欠けらをナイフで切り取って健太に差し出した。
見かけはあくまでも夏みかんかザボン風、、、。
注意深く口に運ぶ健太。
一口そっと口に入れた健太。
「、、、、、。あれっ、すっぱいかと思ったら本当に甘くて美味しいね!」

 ってな訳で今日はその「ポメロ」を買ってみました。
今冷蔵庫の入れたので、
夕方までには良く冷えて食べごろになってるんじゃないかな、、(笑)!

| | Comments (13) | TrackBack (0)

August 27, 2008

なぞなぞ、オアフ島 Part II

Imgp2058風の名所『XX・ルックアウト』。
Imgp3336おなじみ緑の外装の店、「XXXXX・マーケット」。
Imgp2064『XXXX・ビーチ』。この時点ではまだ天気はいまいちだった、、、。
Imgp2071アクセスから見た『XXXX』ビーチ。なんて素晴らしい色なんだ!!
Imgp2086『XXXX』ビーチをバックに、皆で飲んだハワイの「ワイアルア・マンゴ・ソーダ」!

 一昨日はLAからの友達と「マカプウ・ポイント」に行って大いに盛り上がった!
と言うのは、
彼らもハワイにはもう何十回来ているけど、
今まであんなに素晴らしい景色があるとは知らずに、
ただ通り過ぎるだけだったそうだ。
「じゃあ『XXXX』は行った事ある?」
「ああ、話には聞いたことあるけど、まだ行った事はないんだなー、、、」

 って訳けで今日も昼ごろホテルに彼らを迎えにいった。
彼らが泊まっているのは健太が去年まで勤めていた「ヒルトン・ワイキキ・プリンスクヒオ・ホテル」。
メンバーはこの前と同じ健太にとんま、そして友達夫妻の4人。
天気はと言うと、、、まあまあかな。
とりあえず雨は降りそうもない。
しかしワイキキは快晴でも、あっちは大雨、なんていう事も時にはあるので、
油断は許されない。

 しかし心配をよそに、トンネルの向こう側は何とか晴れていた。
これなら素晴らしい『XXXX』のビーチを見れるに違いない!
途中風の名所『XX・ルックアウト』へ寄って観光客気分を味わうことにした。
「わー、私ここへは高校卒業したとき始めてハワイに来た時以来よ!」
友達の奥さんがルックアウトの景色を見てはしゃいでいる。
それもその筈、
そこにはオアフ島5大絶景のひとつ、
「カネオヘ」や「チャイナマンズ・ハット」が一望に見渡せる、
大パノラマが繰り広げられている。

 「XXXXの街」はこのウィンドワード・オアフでは比較的大きな街。
ショッピングセンターはじめ沢山のレストランもある。
帰りにはそこで何か食べて帰ろうと相談する4人。
そこから『XXXX』迄は歩いても20分くらいかな、、。 

 『XXXX・ビーチ』パークに到着、
『XXXX・ビーチ』パークの入り口にある、おなじみ緑の外装の店、
「XXXXX・マーケット」でこのハワイにしかないソーダ、
「ワイアルア・マンゴ・ソーダ」を飲む4人!
『XXXX』は『XXXX・ビーチ』パークに隣接する、
とてもこの世の景色とは思えない素晴らしい景色!
それもその筈、『XXXX』とは、
ハワイ語で『天国の海』と言う意味らしい、、、。

 さて今日も問題、
『XXXX』
『XX・ルックアウト』
「XXXXの街」
「XXXXX・マーケット」
とは一体どこのことでしょうか?
はじめの3つは写真を見れば簡単過ぎる問題かな、、?
しかし4番目の問題は、
よっぽどのハワイ通でないと分からないかもしれません。
ねえtwyokさん、、(笑)!

PS:『XXXX・ビーチ』と、『XXXX』ビーチとは違いますのでくれぐれもご注意ください!

| | Comments (8) | TrackBack (0)

August 26, 2008

ハワイ生活が長いと、、、

Imgp2031マカプウポイントから見たラビット・アイランド(上)。何度見ても良い景色だね!

 ハワイも日に日に涼しさを増して行く。
朝方は結構寒いのでブランケットを掛けていないと風邪をひきそうだ。
つまり常夏の国ハワイにも微妙に季節感はあって、
多分もうハワイなりに秋になろうとしているに違いない。

 しかし季節感があると言っても日本のように季節の旬の食べ物があるわけでもないし、
自然界にも別に紅葉のような変化があるわけでもないし、、、、。
その意味ではハワイはあまり面白くない所ともいえる。
そんな理由からだろう、沢山の友達が今までにハワイを脱出して行った。
LA、ラスベガス、サンフラン、ニューヨークそして日本、へと彼らは向かった。
つまりハワイには刺激が少なすぎるんだね、、、。

 「健太!ハワイの奴らは皆水平線の10度上を見て歩ってるじゃないか!」
健太の兄貴は何時も健太を含むハワイにいる人間をそんなふうにこき下ろしていた。
ま、水平線の10度上を見て歩ってるかどうかは知らないけど、
確かにハワイの気候は人間から「ピリッ」っとしたところを奪ってしまうかもしれない。
それに人口も160万人と非常に少ないので、
何か商売でもしてガンガン儲けてやろうと思っている奴らには、
ハワイは全く無縁なところだ。
結局ここは観光で来て楽しむところなのかもしれないね。

 6月のはじめに健太の兄貴はおっかさんの散骨をするためにハワイにやって来た。
長い滞在だった。
ある日兄貴は一人で買い物をしたいと言うのでウオルマートで解散、
1時間後その入り口で落ち合うことにした。

 健太はウォルマートから近所のウォルグリーンに行ったり、
ロスに行ったりして時間を潰した。
あの辺で時間を潰すのはたやすいこと、
ラモアナまで足を伸ばせばアイショッピングなども出来る。
1時間後ウォルマートへ戻って兄貴の姿を探した。
キョロキョロ、、、、。
すると向こうからどこかの冴えないおっさんが、
地平線の10度上位を見るような視線で歩いてこっちにやってくる、、、。
<おやっ?>
健太は自分の目を疑った、、、。
なんとそのおっさんは健太の兄貴じゃないか!

 「兄貴!」
「オー、健太か!」
「兄貴、兄貴はいつもハワイの連中の事馬鹿にして、
『奴らは水平線の10度上見ながら歩ってる!』って言ってたけど、
今兄貴がこっちに歩いてくる時、まさにその水平線の10度位上を見るよな眼差しで、
ボーっとして歩いてきたぜ!」
「、、そ、そうだったか?
ま、その、なんちゅうか、今回俺もハワイが長かったからなあ、、、、」

| | Comments (10) | TrackBack (0)

August 25, 2008

なぞなぞ、オアフ島!!

Imgp2034『XXXXXXXX』のライトハウス。もう何回もこんな写真を載せたっけ、、。
Imgp2033『XXXXXXXX』から見た絶景!
Imgp2038『XXXXXXXX』へ登ってゆく途中の景色。遠くに見えるのはカイルアの陸続きの島。
Imgp2039『XXXXXXXX』を降りてから、今度はビーチへ行って 『XXXXXXXX』方向を撮ったもの。相変わらずインクをぶちまけたような、青く深い海の色だった!
Imgp2044「XXXXーX・SC」の「XッXーX」で健太が食べた「チョップ・ステーキ」。

 LAから友達夫妻がハワイに来ている。
彼らが健太ととんまの結婚式に参列してくれたのが15年前、
以来年2回、年末と8月にこうしてハワイにやって来て一緒に食事をしたり、
昔話に花を咲かせるのが恒例になっている。
夕べワイキキのロイヤル・ハワイアンSC「千房」で夕食をしながらとんまが言った。
「ねえ、明日皆でまたダイアモンドヘッドに登ろうよ!」
実は彼らとは、過去に何回か既にダイアモンドヘッドには登っている。

 そこで健太は、
「いやー、ダイアモンドヘッドはもう何回も登っているから、
今回は『XXXXXXXX』に行ってみないか?
とんまもまだ登ったことないし、丁度いい機会じゃないかなあ、、、」
「あー!健太が前にオアフ島を歩いた時、
ブログに載せた事のある、あの『XXXXXXXX』?」
「そうそう!あそこだよ、よく覚えていたねー!」
「写真で見せてもらったけど、素晴らしい景色だったね。ぜひ行ってみたいなー!」

 ってな訳で話は決まった。
朝方はあの方向は大抵雲が多く、
せっかく行っても良い景色が見れないので昼ごろに行くことに決まった。

 昼過ぎに、『XXXXXXXX』の麓に到着。
2組の夫婦は年齢的にさほど変わらない。
登りの片道を30分と見た。
帰りは下りになるので20分程だろう。
天気は、雲が少しあるけど、まあなんとか「良い天気」と言えそうだ。
中腹からワイキキの方を振り返ると、
ダイアモンドヘッドは山と山の間から微かに見えた。
そして右手に赤い帽子のライトハウスが見えると、頂上はもうすぐそこだ!

 「わー!すごい景色だね!!」
友達夫妻ととんまが叫んだ。
ダイアモンドヘッドの頂上から見る景色も素晴らしいけど、
この、『XXXXXXXX』から見る景色はオアフ島5大絶景の一つといって良いだろう!

 適度な運動をしたので4人とも腹が減った。
帰りに『XXXXXXXX』から近い「XXXXーX・SC」の「XッXーX」で、
水面に浮かぶボートを眺めながら、
遅めのランチをする4人でした!

 さてここで問題。
『XXXXXXXX』
「XXXXーX・SC」
「XッXーX」、、
と言う3箇所は、一体何処の事でしょうか?
ハワイ通の君だ、この写真を見れば一発で分かるよね!
入る文字はカタカナ。
ローマ字でもひらがなでも漢字でもない。
全部Xだからと言って全部同じ文字ではないからね、、(笑)。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

August 24, 2008

アメリカのエアラインがやばい!

Imgp1918ローカル色豊かな、オネウラ・ビーチのシャワー、、、。

 アメリカのエアーラインがやばい!
先週のUSA・TODAYに、各社の収益状況が掲載されていた。
それによるとどこの航空会社も借金の山、何時こけてもおかしくはない状況だ。
もちろんとんまの勤めている会社も例外ではない。
そうした状況の中、会社側は何とか歳出を減らそうと懸命だ。

 航空会社にとって一番手っ取り早いのが、従業員の削減だ。
とんまの会社では100万円の退職金を出して希望退職者を募った。
ご存知の通りアメリカの会社は退職金などありゃしなんで、これはかなり異例のこと。
だから彼らにとってはそれなりに魅力もあったらしく、
既にかなりの人員が退職して行ったと言う。
しかしとんまはまだ仕事をしていたいので、そのオファーを蹴った。
とんまは仕事が生きがいだからね、、(笑)!

 しかし残ったとんまたちには厳しい現実が待ち受けていた。
まず、今とんまはメインランド便を主に飛んでいるけど、
メインランド便はファーストを除いて食事代7ドルづつを徴収している(つい先月までは同じものが5ドルだった)。
その食事たるやチキンサラダなどチキンが主で、それにソフトドリンクが付くだけの、
とても7ドルの代物ではないらしい。
もちろんアルコール類はお金を取る。
次に枕と毛布は全席にはなくて、エコノミーの場合座席の60%しか用意していない。
コーヒーは無料で出すけど、それに付けていたクッキーがついこの前までは2枚出していたけど、
先月辺りから1枚に減った。

 最もつらいのは、1フライトに乗るFA(フライト・アテンダント)の人員を減らされた事だ。
成田ホノルル便も、エコノミーは4人。ギャレー(キッチン)をいれてトータルで10人しか乗らない。
つまり今まで11人か12人でやっていた仕事を10人でやらなければならないって訳だ。
当然FAひとりひとりの仕事量は増える。

 ここで問題なのは、
とんまたちAFはこれまでにどんどん給料をカットされた上に、仕事量は増えているけど、
会社のマネージメント側は今までと同じ収入を得ているばかりか、
人員カットで少しでもプロフィット(利益率)が向上すれば大金のインセンティブ(ボーナスのようなもの)を懐に入れるのだ。
会社がどうなろうが従業員がどうなろうが、
「自分だけ金を懐に入れてしまえば、後はどうなっても構わない!」
アメリカの経済がこれほどまでに疲弊してきたのは、
こうした自己中心のマネージメントが跋扈しているからに他ならない!
優秀な彼らは例え会社が潰れようともたいした問題ではない。
それまでの間にもう十分蓄えは出来ているし、
会社が潰れたらのんびり他に食いつぶせそうな会社を探して、良いポジションで移れば良い。
そしてまた次の会社を食い潰すんだ。白蟻のようにね!

 断っておくけど、ここで言う優秀な彼らとは、
良い大学を出て数字に強く、コンピューターと口が達者な連中を指す。
決してクリエイティブなことの出来る奴らじゃあないことは確かだ!

 お詫び:先日アナウンサーの「大下治心さんが亡くなられた」と報告しましたが、「大西勇」さんの誤りでした。
大下さんはじめ、関係者一同の皆様に心からお詫び申し上げます。


| | Comments (12) | TrackBack (0)

August 23, 2008

カパフル通り、burgers on the edge!

Imgp2019「burgers on the edge」の看板。
Imgp2023今月のお勧め、「ミラノ・バーガー」。向こうの通りはカパフル通り。中央緑の合間に茶色く見えるのが、ダイアモンドヘッドの背中、、(笑)!

 
 ワイキキの外れ、動物園の脇の山側に向かう道を、
カパフル通りって言います。知ってる?
あの道をどんどん山の方に700~800メートル歩いて行くと、
右側に「Genki Sushi」、左側に最近出来た「セーフウェー」のショッピングモールがあるんだ。
その調度元気寿司の真向かえあたりに、「burgers on the edge」って言うハンバーガー店が出来て久しい。
開店時ずっと混んでいて、なかなか行く機会がなかった。
今でもランチ時はパラソルのオープンエアー・エリアは何時も満席。
今日はランチが2時過ぎにずれてしまったので、丁度いい機会だ、
その「burgers on the edge」に行ってみる事にした。

 「burgers on the edge」は2時過ぎていると言うのにほぼ満席状態。
しかしこんな機会を逃すとこの店ではなかなか食べられそうもないので、
席の空くのを待つことにした。
天気は上々だ!
青空の下で食べるハンバーガーはきっと最高だろう!
待っている間メニューを入念に見る健太。
でもこうした初めての店ではメニューをいくら見たって何を頼んで良いのか分かりゃしない。
結局、「今月のお勧め、"Milano"」って言うのがあったので,
そいつを頼むことにした。

 暫く待ったら丁度席も空いた。
パラソルの下で元気寿司の看板や行き交う車、
店から道路に向かって右手奥に見えるダイアモンドヘッドの背中なんかを眺めて10分、
「ミラノ」はやってきた!

 <うーむ、これぞ、この味こそ、まさしくアメリカン・バーガー!>
と、そのミラノを口に頬張る健太。
<えつ?でもミラノってイタリアじゃなかったっけ、、、?>
などと訳の分からないことが頭をよぎって、
でっかいバーガーを平らげる健太でした、、(笑)!

 因みにミラノの値段は、8ドル50セントでした(コーラ別)。
ハンバーガーとしては決して安くないね、、、、。

| | Comments (16) | TrackBack (0)

August 22, 2008

爽やかなハワイの風

Imgp2015写真はライムちゃん。「ケワロ・ベイセンパーク」にて。

 今日はもう少しでシアトルにお嫁に行ってしまう、「ライムちゃん」と
さよならランチ。
ダウンタウンの飲茶を食べに行ってきた。
もちろんとんまも一緒。
上の写真を撮ったのは、「ケワロ・ベイセンパーク」。
ライムちゃんにはいずれ健太の映画に出演して貰うことになっているので、
とりあえず今日はそのカメラテスト的にビデオカメラを回した。
この前報告したように、「フルハイビジョン」は編集が出来ないので、
今日はDVカメラによる試し撮り。
ライムちゃんには「Lime & Kenta」のヒット曲、「小さな幸せ」を歌ってもらっての撮影でした。

 そうだ!
今時「You Tube」なんていう便利なものがある、
あれにこの「小さな幸せ」のビデオをアップロードしてみるのも面白いかも知れないね。
ライムちゃんの歌声は爽やかな「ハワイの風」のように、
とても素敵です!


| | Comments (11) | TrackBack (0)

August 21, 2008

シンガポール風中華料理かなあ?

Imgp2008ウォルマートに行っては見たものの、、、。
Imgp2011ローカルスタイルと店では呼んでいるワンタン麺。くれぐれも言っておくけど、シュウマイ麺じゃないよ、、(笑)!青い野菜は「チョイサム」、チャーシューは小さいけど厚めで沢山入っていたし、味も良い!

 人間ってなんて面倒な動物だろう、、。
一日2回か3回何か食べ物を体内に入れなければならない。
その上美味いものでなければならないなんて面倒な縛りがあって、
おまけにそいつは1年365日の事だってんだから始末が悪い!

 午前中の仕事を終わらせて12時少し過ぎに車を出した。
今日はとんまがいないので一人。
健太の癖として先ずケエアモウク方向へハンドルが向いてしまう。
あの通りに出れば食べ物屋はもちろんの事、
アラモアナをはじめウォルマート、ドンキ、ロス、サムス・クラブ、
ウォルグリーンなど沢山のリテーラーが密集している。
車をウォルマートに停めて適当に美味そうな食べ物を探しまわるけど、、、
うーむ、なかなか食べたい物ってないもんだ。

 歩き回っているうちにめんどくさくなって来ちゃった、、、。
気分一新、車をウォルマートから出してほかへ行くことにした。
車はキングストリートを東へ、、、。
やがてカピオラ二との合流地点へやってきた。
そこからはフード・ランドが見える。
そのショッピング・モール(正式な名前を知らない)には、
このブログでも以前何度か紹介をした事のある、
韓国料理の「ジーナズ・BBQ」がある。
<しかし昼真っからキムチって感じじゃないなー、、>
車をそのモールに停めてぶらぶら、、、。
ジーナズ・BBQのほかには回転すし、メキシカン、そして中華の店が並んでいる。

 中華の前でカラー刷り写真のメニューを覗いた。
「シンガポール・フライヌードル」「北京ダック・ヌードルスープ」、、、次が「ワンタン・ヌードルスープ」、、。
<へー、なるほどね、
同じ中華でもここはシンガポール・スタイルか、、、。よしここに決めた!>
実はご存知の通り昨日も中華。
しかしこの店だったら何か昨日とはちと毛色の違ったものを、
食べさせてくれるそうな気がする。

 驚いたことに店の名前が入り口に出ていない。
<名もない、中華料理店か、、、、>
店内の雰囲気を見るとどうやらテークアウトしても、席に座って食べてもOKって感じだ。
「I have a ワンタン・ヌードルスープ!」
カウンター内の女の子にオーダーをいれる健太。
入り口近くの席ではカップルが一組オーダーのできるのを待っていて、
奥の方ではおっさんが一人プレートランチを食べていた。

 ふと店の外を見ると、急に激しく雨が降りだした。
<チェッ、洗車したばかりだっちゅのに、、。
おまけに明日はちょっとした撮影がある。雨は困るんだよなあ、、、>
なんて思ってたら健太のワンタン・ヌードルスープが出来上がってきた。
<えーっ?これがワンタン・ヌードルスープかよ!>

 ワンタンって言うから日本のワンタンを想像してたら何のことはない、
シュウマイが麺と一緒に入ってるじゃないか!!
いやハワイだってほかの店のワンタンは日本のワンタンと大して変わらないのに、ここは、、、。
スープをそっとすする健太。
<オー、なかなかいけるじゃん!>
シュウマイ、いやワンタンには小皿にマスタードを取って醤油と混ぜ、そいつを付けながら食べる。
それがローカルスタイルさ!
冒険して新しい店にに入ってみたけど、今日は大成功!
とても良いランチが食べれました。

 店を出るときカウンターの女の子に聞いてみた。
「焼きそばにはシンガポールって書いてあったけど、、、
あのワンタン・ヌードルスープってやつも、シンガポールスタイルのなの?
日本じゃあれはワンタンじゃなくてシュウマイって言うんだけど?」
女の子は笑って言った。
「ははは、別にシンガポールスタイルって訳じゃなくて、
単にあの焼きそばに「シンガポール」って言う名前が付いただけ!
私たちの料理は『カントニーズ・スタイル』です!
それにあのワンタンは「ローカル・スタイル」にしてるんです。
何でもしっかり量を入れておかないと、ローカル客って来てくれませんからね、、、」
「なーんだそうか!」
「でもここのメインはダックなんです。ここの北京ダッグ、最高ですよ!
次回ぜひ食べてみてください!」
「Why not! ワンタン・ヌードルスープ、美味しかったから、
じゃ次に来たときはその『北京ダッグ・ヌードルスープ』食べてみみるよ!
By the way what's the name of restaurant? I haven't seen any sign out there.」
「It's Duck(Sはなしでした、、汗) Lee!We have ordered new sign, and it sould be raedy 2,3 weeks later.」
ってなわけで、店の名前は「ダック・リー」!

 料金は$6.50+TAXでした!


| | Comments (17) | TrackBack (0)

August 20, 2008

健太はやっぱり天才か?

Imgp1999今日のアラモアナ・SCの駐車場から。見えるのはハワイ・プリンス・ホテル。
Imgp2006今健太のうちの窓の外にはこんな景色が!
Imgp1996今日のランチはアラモアナSCの中華料理「キリン」にて。注文は「かた焼そば」、そして「飲茶」、それをとんまと2人でシェアーしてい頂ました!食べ物はあまり良く写真に写っていなかった、、(汗)。

 俳優や歌手などの、
いわゆる天才と呼ばれた者の中には、
若くしてこの世を去っていった連中が実に多い。
おそらくその殆どの理由は、
その才能を業界にもて遊ばれてボロくずのようにされてしまったか、
本人がそれを重荷に感じて疲れ果ててしまったか、
そのどちらかじゃないだろうか、、、。

 若くて死んでいった連中には、
ジェーム・スディーン、エルビス・プレスリー、ジョン・レノン、ジミー・ヘンドリックス、ジョン・バルーシー、、
日本では尾崎豊、HIDE、赤木圭一郎、、、枚挙に暇がない。
またハワイではあの「I'll Remember You」「One Puddle Two Puddle」ほか多数ヒット曲を出したシンガーソングライターの、クイ・リー(Kui Lee)などもいる。

 しかし天才も学者の場合は、自分勝手に学問を追及できるので、 
その範疇ではなかもしれない。

 で、健太はというと、
自分では天才と思ってたけど、
何とかこの年まで元気でやってるって事は、勘違いをしていたのかなあ、、、?
ひょっとして健太は学者的な天才だったのかもしれないね!
そ、そうだ!きっとそうに違いない、、(笑)!

| | Comments (10) | TrackBack (0)

August 19, 2008

どうなる、健太の映画、、、

Imgp1848_2こんな具合に最近見た大昔の日本映画(1954年作)、「ハワイ珍道中」にもハナウマ湾が出てきた。写っているのは江利チエミさん。
Imgp1804健太もぜひこのハナウマ湾を健太の映画のどこかに使いたいと思っている、、(笑)!


 エレクトロニクスのテクノロジーは日進月歩。
日本のテレビは、2011年7月25日から地上デジタルに変わるそうだけど、
ハワイでは来年(2009年)2月にはもう既に今までのアナログTVは使えなくなる。
つまり本格地上デジタルの開始と言うわけだ。
ま、それに合わせてだろうけど、
受像機もフル・ハイビジョンのものがどんどん安くなっている。
リゾリューション1920X1080ってやつだ。

 またデジタル・ビデオカメラも、
ついこの前までminiDVビデオカメラが幅を利かせていたけど、
やがて記録媒体はDVDやSDカードに推移。
さらには、内蔵ハードディスクに映像を記録する物が現われた。
そして今や、
「フル・ハイビジョン・ビデオカメラ」が店頭を飾っているのだ!

 健太は映画を撮ろうとしているので、
そのフル・ハイビジョン・ビデオカメラを使おうと、
店頭で何度もテストした。
何と!写りはまるでプロがプロ用のカメラを使って撮ったように、
くっきりと美しい映像が撮れる!
今まで映画を撮ろうとプロたちも使っているキャノンのDVカメラを買ったけど、
それよりずっと綺麗に写る!
迷うことはない。早速購入した。

 あれから2ヶ月、
このオアフ島を歩きながらそのカメラを使って沢山の映像をキャプチャーした。
そいつを自宅のフル・ハイビジョンテレビで写してみると、
「ワーオ!すごく綺麗!」
健太はたちまちプロの映画カメラマンになってしまった、、、、。
しかし良いことはそう長くは続かないと言うのが世の常、、、、

 そのカメラで撮った映像を映画にするにはPCに取り込んで、
編集しなくてはならない。
つまり、カットとカット、シーンとシーンををつなぎ合わせて、
BGMを入れたり、ナレーションを入れたり、アフレコしたり、、、。
ところがどうだ、
PCに取り込んで映像を再生すると、
動いている被写体が「モザイク状」、あるいは「かげろう状」になって再生れてしまうのだ。
これじゃあ映画としてはとても使えない!

 この場合考えられるのはPCのスペックが低過ぎることだ。
しかしメーカーの指定している動作環境は、
Intel core 2 Duo 2.13GHz以上、
Memory 1GB以上、
ハードディスク空き容量300MB以上、、、
ディスプレー1280x1024ピクセル以上、となっている。

健太のPCは新しくこのために買い換えたので、
Intel core 2 Duo 2.8GHz、
Memory 4GB以上、
ハードディスク空き容量500GB以上、、、
ディスプレー1920x1080ピクセル以上と、
ばっちりクリアーしている。
それでもうまくいかないのだ、、。

 そこで、
「これはカメラが良すぎて、ソフトが付いてゆけないに違いない!」
と、先月日本へ行った時そのカメラメーカーに問い合わせてみると、
「常駐ソフトが邪魔をしていると思います、、」
などとまるで頓珍漢な回答が返ってきた。
ま、言われた通り、一応その常駐ソフトもテンポラリーに外して見たけどまるで効果なし。
健太は怒った!
決して安いカメラではない。
そこで今度はアメリカで売っている他社のフルハイビジョン・ビデオカメラを入手。
同様のことをしてみたけど、なんとそのカメラも同じ結果。
TVで写して再生する分には綺麗に写るけどPCに取り込んで再生すると、
動いている被写体の画像が「かげろう状」に再生されてしまうのだ!

 大量の映像を既に撮ったと言うのに、まるで使えない、、、(涙)。
<一体どうすれば、、、、>
悩んでいた先週のこと、
アメリカにUSA・Todayっていう新聞がある。
そのトピックに健太の悩みがそのまま取り上げられていた。

 So, you just bought a new,tapeless high-definition (フル・ハイビジョンのこと)video camera and want to start editing your footage to show off on DVDs and the web.
But you're stymied.Many cameras record video in a format that has become the new high-def standard,AVCHD, but it's not yet compatible with popular video-editing programs such as Adove Premiere Elements, Windows Movie maker or Roxio's Easy Media Creator 10.
You probably can't even get crips to play on your computer because Windows Media Player and QuickTime
Player can't handle it, eather.
What to do?
You must buy software that works with AVCHD.

 ってわけで、
早速その記事に紹介してあったソフトをインターネットでオーダーを入れた。
ところが、きっとそのUSA・Todayの記事はアメリカ中で読まれているんで、
健太と同じ悩みを持つ人が五万といるらしく、
そのソフトに突然大量のオーダーが入って全部売り切れだと言う、、(涙)。
ま、なんとかレインチェックはいれておいたけど、
健太の映画、行く先まだまだ茨の道。
それにそのUSA・Todayの記事には、
そのソフトを扱うのもそれほど簡単ではないなどとも書いてあった、、(汗)。


| | Comments (65) | TrackBack (0)

August 18, 2008

君はスッチーになれるか?

Imgp1828ハナウマ湾上空。上の方がちょっぴり見えるココヘッド・クレーター!
Imgp1976ジッピーズのジップミン。ハワイのラーメン、、ってところかな!これはこれでなかなか美味しいですよ、、(笑)!

 健太の奥さん、「とんま」の仕事はスッチー。
大空を自由に飛び交って、あちこち仕事をしながら旅が出来る!
こんなすばらしい職業はない。
かっこいいユニフォームに身をまとって国際空港を闊歩する彼女たちの姿は、
確かに魅力的な存在で、
いつの時代も女性の憧れの職業の一つかもしれない。

 しかしそれはあくまでも表向きの彼女たちの姿。
仕事はまるで空のウェイトレス!
食事を運んでアルコールをサーブする、
時にはどこかのパブ並みの仕事を強いられる。

 何よりも大変なのは、
航空機と言う狭い特殊な空間で長時間過ごさなければならない事。
閉所恐怖層の人には絶対不向きだね!
ましてやそれは何の支えもない空の上のこと。
危険とも常に背中合わせだ、、、。

 そんなわけで、航空会社はアメリカ合衆国の法律に則って、
そのFA(フライト・アテンダント)たちを常に最新情報によって教育し、
安全なフライトを確保しなければならない。
今とんまは、その航空会社による年に1回の教育を受けさせられている。
もちろん試験もある。
試験に落ちれば、、「おさらば、あばよ!」、、(涙)!
彼女たちはあらゆる状況において、的確な判断が要求されるので、
そうした正しい知識を身に着けていなければならないから仕方のないことだけど、
ま、決して表面から見るほど彼女たちの仕事も楽ではなさそうだ、、。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

August 17, 2008

アメリカの大統領

Imgp1982_3ホノルル・カントリー・クラブに咲くハイビスカス。真夏の太陽を一身に浴びて気持ちよさそうだね!
Imgp1978ホノルル・カントリー、1番ホールパー4。出たしからダボと不吉な予感、、、(汗)!

 「Assassination」と言う単語がある。
日本語では「暗殺」。
健太もこれだけ世間から注目され、
次期アメリカ大統領候補、、、、
とまでは行かなくても、
その生まれながらの多彩な才能には多くの嫉妬の目が常に向けられている、、
ので、
暗殺されないように気をつけにといけない、、、
と人前で話しても、
誰も相手にしてくれないのは実に悔しい、、(涙)!
なんて、、、
訳の分からない話はまあちょっと横においといて、、
それこそ次期アメリカの大統領を考えると、
それは「オバマ」か「マケイン」って事になる。

 かつてジョン・F・ケネディー大統領は暗殺された。
そしてその弟ロバート・ケネディーもその直後暗殺されている。
16代大統領リンカーン、25代大統領マッキンレーも暗殺された。
暗殺未遂にいたっては、
「7代・ジャクソン」「32代・ルーズベルト」「38代・フォード」
「40代レーガン」と、4人もの大統領がそのターゲットにされている。
つまりアメリカの大統領、大統領候補は暗殺と常に背中合わせ、
切っても切れない関係にあるようだ、、。
だから映画でもそんなことを描く映画が後を絶たない。

 「今までの経過を見ていると、どうやら大統領はオバマになっちゃいそうだね!」
「そういえば、この前ハワイに来てた時のオバマ人気は異状だったぜ」
今日ゴルフの後一杯飲みながらそんな話が飛び出した。
「いやあーそりゃ彼がハワイ出身だからだろ!
冷静な判断をもってすればマケインが当選するんじゃないのか?」
「いやー、マケインはちょっと年が行きすぎてる」
「そう言えば、もしオバマが当選したら、暗殺されるって言う噂だぜ!」
「えーっ?そんな!」
「なるほど、今までのアメリカの歴史を見てきても、
全く考えられない事じゃなさそうだ、、」
「大統領になんかなるもんじゃない!
だから健太は大統領になるのやめたんだ!」
「、、、、、、、、、」
途端に誰も何も言わなくなった、、、。


| | Comments (9) | TrackBack (0)

August 16, 2008

今日も一段と美しいダイアモンドヘッド!

Imgp1971

 ああ、ダイアモンドヘッド様、
貴方は偉大なる方です!
我々ハワイの民を何時もやさしく見守っていて下さっている。
いや、ひょっとして貴方は世界中の者達を見守って下さっているのかも知れませんね!

 貴方はたとえ何が起ころうと、
決して慌てず、唯じっとそこに座っておられる。
雨の日も、風の日も、雪の日も、、。
いや、ハワイは雪はあんまりないか、、(汗)。

 しかし貴方もかつて、
250万年ほど前に慢心の力を込めて怒り狂った日があったと聞きました。
そしてその時なくしてしまった貴方の頂きは、
今はきっとワイキキの沖に静かに眠っているのでしょう。
でもこうして今手を前において、
じっと沖を見つめているように横たわる貴方の美しい姿は、
一度見たものの心を捉えて離さない不思議な魅力に溢れています。

 貴方の属する自然界が、
そうして時が経つことによってより安定して美しく完成されてゆくものならば、
我々人間達にも何時かそんな時が来るのでしょうか、、。
今地球上の石油が枯渇し始めています。
しかし、枯れ果てた油田の後には一体何が我々を待っているのでしょうか?
人はこの地上で最も賢いとされています。
それって本当ですか?
何故それほど賢い者同士が足を引っ張り合い、罵りあい、殺し合などするのでしょうか、、、。
そんな者達の姿はまるで、
自らが望んで滅んで行こうとしているとしか思えないのですか、、、。

 貴方は何を聞いても答えてくれそうもありません。
しかし貴方の言いたいことはなんだかこの耳に聞こえるような気がしてなりません、、、。

 「この人間どもの大馬鹿野郎めが!
こんな簡単な道理が分からないようなら、
滅びるだの何だのかってにせい!
わしゃ知らんぞ!」


 

| | Comments (10) | TrackBack (0)

August 15, 2008

これって、事実でしょうか?

Imgp1916オネウラ・ビーチ。このビーチは岩が多いからなのかサーファーやスウィマーが比較的少ない。どちらかと言うと釣り人が多いようだ、、、。遠くの方にダイアモンドヘッド様の姿が微かに見える、、、(笑)
 
 日本の労働人口は約5000万人、そのうちフリーター、つまり派遣社員、臨時雇いなどが1000万人。
この派遣社員たちは会社の寮などに入っている者が多く、寮費、その他諸々を引かれると手取り平均6万円にしかならないという。
これでは食べるだけで精一杯。
それに契約が終わるとその寮を出なくてはならず、行くところがない。
よって、その連中の一部がいわゆるネットカフェ難民になるのだという。

 先日起きた秋葉原の無差別殺人事件。
あの犯人もそうした派遣社員の契約切れで、金もなし住むところもなし、
自分の怒りのもって行き場所がなくあんなことをしたと言う。

 更に、2、3年後にはそのフリーター・派遣社員たちの数が2000万人になるらしい。
彼ら(若者たち)に言わせると、
今のこんな社会を作ったのは今の大人たち!
その癖に自分たちは年金をしっかりもらって、楽に生活している!
こっちは働きすぎで疲れてるんだ、優先席に座って何が悪い!
と、まあ彼らの言い分、、、、。
 
 以上、先月日本で聞いたある若者からの話です。
これって事実でしょうか?何か間違いがあったら教えてください、、。

 もし本当なら、
どちらがどうとはいえない複雑な問題だ。
何れにせよ誰かが何とかしなくてはならないんだろうけど、
政治家たちは意外に(?)数字に強く、
そうした統計は全て手元に持っていて現状を把握しているにも拘らず、
なんら解決策を持たないと言う、全くお粗末極まりない話だ。


| | Comments (31) | TrackBack (0)

August 14, 2008

アラワイ・ゴルフ練習場

Imgp1957今日のワード・アベニュー。ちょうどスポーツ・オソリティーの前辺り、、。画面のほぼ中央にハワイ名物、「3輪パトカー」が写っている!
Imgp1961アラワイ・ゴルフ練習場脇の川に住む丸々と太ったタラピアたち。もちろん食べられますが、この辺はゴルフ場のケミカルが、、、、(汗)。
 
 今度の日曜日は久々にゴルフだ。
エーと、最後にゴルフをやったのは、、、何と去年の9月!
幾らなんでもまるでボールを打たずに行くのもまずいと思って今日午後打ちっ放しに行ってきたんだけど、
お蔭様で何とかボールは前へ飛んで行ってくれました、、(汗)。

 ちょっと雨が降ったけど、すぐに快晴へと変わる空模様。
「女心と秋の空、」なんて言うけど、「女心とハワイの空、、」のほうが正しいと思うんだがなあ、、!

 アラワイの練習場は空いていた。
そりゃそうだ、真夏のこのくそ暑い時炎天下で何も好き好んでゴルフボールを打とうなんて、よっぽど好きじゃなきゃ出来ないよね。
一時あれほど凝ったゴルフも、今やすっかり興ざめ、、。
不思議なもので、あれほど毎日やりたかったゴルフも、こうして1年近くもやらないでもなんともない、、、。
セックスと同じだね、、(なんて、そうだったっけ?、、、、)。

 ゴルフはたしかに面白いスポーツだけど、時間が掛かりすぎる。
大体ワン・ラウンド4時間から5時間。ちょっと混んでたりすると6時間掛かる事だってざらにあるからね、、。
それにコースまでの往復の時間を入れると、これほど身近にゴルフ場のあるハワイですら、トータル6、7時間は見ておきたい。
それだけ時間があるなら貴重な人生だ、
もっとほかの事に時間を使いたいと思う、昨今の健太です!!


| | Comments (11) | TrackBack (0)

August 13, 2008

ホワイト・プレインズ・ビーチ

Imgp1905エバビーチパークの隣の「オネウラ・ビーチパーク」。朽ちた柱には魚の尻尾が釘で止められているのが見えるだろ、、。
Imgp1922「オネウラ・ビーチパーク」を西に海岸沿いを歩いた。
Imgp1928海と反対側の宅地造成地に突然現れたコーラルの池。
Imgp1938「ホワイト・プレインズ・ビーチ」。こんな風に、泳ぎとサーフィンをはっきり区別しているビーチも珍しいね、、。
Imgp1942「ホワイト・プレインズ・ビーチ」をライフーガード越しに、、。もちろん遠くに見えるのはダイアモンドヘッド様、、(笑)!
Imgp1950ここを真っ直ぐ行けばバーバーズポイント基地だ。健太は入れない。と、、珍しく向こうからマラソン人が走ってきた!ちょっと見える?「Good afternoon!」、すれ違いざまに白人のお兄さんそんな挨拶してくれました、、(笑)!
Imgp1899今日のランチは、エバ・ビーチSCのロコモコ・ドライブイン、「シュリンプ・チャウメン(海老・焼きそば)」でした!

 沢山のビーチがこのオアフ島にはあるけど、
健太が行ったことがないビーチもまだまだある。
今日は何とかその一つ、
「ホワイト・プレインズ・ビーチ」を制覇しようと、エバビーチに向かった健太でした。

 いつものようにエバビーチ・SCの前でバスを降りた。
ちょうどランチ時。
今日はしっかり歩くつもりなので食べておいた方が良い。
マック、バーガーキング、L&L、ピザハット、タコベル、サブウェー、、、
一応有名外食店はこのSCにも揃っているけど、
今日はちと毛色の変わったものを、、、。

 そう思って見つけたのが「ロコモコ・ドライブイン」だ。
店内はさすが昼時、テークアウトなどの客でいっぱい!
フロントにある写真入のメニューから一番美味そうなやつを頼むことにした。
「シュリンプ・チャウメン」、これで今日のランチは決まりだね!
twyokさん、明日のランチはチャウメンでいかがですか、、(笑)!

 SCの脇のパピピ・ロードを南に25分ほど歩くと、
以前にも紹介した事のある「オネウラ・ビーチ・パーク」がある。
このビーチパークは数あるオアフ島のビーチパークの中でも一番手入れが悪い。
ビーチの看板は汚れ朽ちかけている。
パークの芝も緑がずいぶんくすんでいる。
健太はちゃんと税金を払っているんだ、
市もしっかり手入れをしてほしいよなー!

 さてこのオネウラ・ビーチ・パークの海岸線に沿ってどんどん西に歩いてゆけば、
今日の目的地「ホワイト・プレインズ・ビーチ」に着くはずだ。
海岸はずっと岩場で時折釣り人と出会う。
健太を見ると皆にっこり笑って「Hi!」と声をかけてくる。
はるか彼方にはその「ホワイト・プレインズ・ビーチ」が見える。
この海の山手側はリゾートハウス地の造成で、
トラクターが忙しそうに動いている。
このあたりの地層は「コーラル」、つまりサンゴなので、
遥か彼方までその敷地が白く広がっている。
暫く行くとそのコーラルの中に大きな池が見えてきた。
コーラルに溜まる水はハワイの海そのままで、
シャーペット・グリーンの水を満々とたたえていた。
敷地内にはゴルフコースも出来るそうなので、
これはそのゴルフコースの池になるのかも知れない。

 30分も歩いただろうか、どうにか「ホワイト・プレインズ・ビーチ」に到着。
しかしここで問題、
「ホワイト・プレインズ・ビーチ」には金網が大きく張り巡らされていて入れないのだ!
<もしかして、軍のビーチなんで入れないようになってるのかなあ、、、>
暫く金網の向こう側の様子を探る健太。
幸い誰も健太などには目もくれていない、、。
<今だ!>
引き潮になるのを見計らってビーチ寄りの金網の破れたところから、
「ホワイト・プレインズ・ビーチ」へ進入する健太!

 しかし案ずるには及ばなかった、
ビーチはパブリックビーチで、誰でも入れるところ。
金網のある理由は逆に、
こちら側、「ホワイト・プレインズ・ビーチ」から出れないようにする為の物のようだ。
子供も多いので岩場の多い金網の向こう側は彼らにとって危険だと考えたのかもしれない。

 しかしそれからが健太の新たな挑戦でした。
「ホワイト・プレインズ・ビーチ」は表通リから一番奥まったところにあったので、
延々と炎天下の中、バーバーズポイント、
更にカポレイ方面へ歩かなければならなかったのだ、、、(涙)!

| | Comments (22) | TrackBack (0)

August 12, 2008

ハワイアン・おつまみ!

Imgp1884カカアコ・ウォーターフロント・パーク。ダイアモンドヘッドの裾がほんのちょっとだけ石棚の間に見える!
Imgp1888カカアコウォ・ーターフロント・パークの岩場にへばり付くオピヒ。黒い丸っこいやつがそれ!
Imgp1896とんまが食べたいと言ったマックの「シェイク」。とんまがチョコレート健太がバニラでした!!

 最近主婦並みにスーパーで買い物をするようになった健太。
いきおい値段にも詳しくなってきた。
ミルクはどこが安くて、肉はどこ、同じ肉でもカルビはあそこ!
なんて、結構うるさい。

 ハワイには昔からハワイ独特の食べ物があって、
ポイとか、ロミロミ・サーモン、カルアピッグなどなど。
その中でも一際美味かったのが、「オピヒ」だった。
「オピヒ」とは、片面だけ番傘のようなギザギザの貝殻を付けていて、
他方で岩にへばりついている貝の一種。
アワビの子分、、ってところかな、、(笑)!
そのまま、つまり刺身でビールのつまみ、酒の肴にすれば最高だ!
写真で見ても分かるようにとても小さい、
シジミよりちょっと大きいくらいのサイズ、、、。
文中の、「一際美味かったのはオピヒだった、、、」と言う過去形は何を意味するかってえと、
すでにその「オピヒ」自体、過去のものになりつつあるからだ。

 かつてはどこのスーパーでも手軽に買えたその「オピヒ」、
最近ではもうすっかりその姿を消した感がある。
時々思い出したように店頭に出ていることがあるけど、
それとて極稀れなこと。
たとえ売っていても高くて手が出ない。
この前見たときは確かポンド40ドル位していたと思う、、。

 今日は買い物の帰りにとんまとカカアコ・ウォーターフロント・パークへ寄って見た。
せっかく良い天気なのに、緑いっぱいの表の空気を吸わない手はない。
パーク内には緩やかな芝生の丘陵があって、
木陰で昼寝をむさぼるもの、
海辺で釣りをするもの、サーフィンをするもの。
沖ではパラセーリングがい幾つか高くあがっているのも見える。

 公園はとても綺麗に整備されていて、
昼休みのひと時をみなそうして思い思いに過ごしている。
健太たちは海岸沿いの遊歩道を歩いていた。
構図の良くなりそうな被写体を見つけてはそいつをカメラに収めていた。
遊歩道の海側は岩場で、
波がザンブザンブと押し寄せてきては、その飛沫を健太たちに容赦なくかけてくる。
ふと岩場を見て健太は目を見張った。
何と幾つもの「オピヒ」が岩にへばりついているではないか!
「なーんだ、オピヒの奴、いるところにはいるじゃん!」
大きな声を上げてとんまに訴える健太!

 でもホームレスの連中、
空き缶ばかり拾っていないでこんなの拾っていれば、
楽に生活出来そうだけどなあ、、、。
高く売れるよ「オピヒ」!

| | Comments (8) | TrackBack (0)

August 11, 2008

ハワイのTシャツ

Imgp1870アラモアナ・ビーチの釣り人たち。この西のはずれならスウィマーが少ないのでのんびり釣れる、、なんて声が聞こえた。
Imgp1872健太:「What kind of fish is this?」釣り人:「Oh, it's Aji !」健太:「えっ、これがアジかよ!??」
Imgp1859ウオルマート内のL&Lでランチ。「サーモン・バーガー(鮭)」。今日も店内は日本人ショッパーがいっぱい!

 かつて日本人のハワイでの買い物と言えば、
アラモアナ・SCまたはワイキキ、あるいはワイケレ辺りと相場は決まっていた。
それは日本人がハワイに慣れていなかったために、
分かりやすく、出来るだけ身近なところで済ませてしまおうと考えたからに違いない。
ところが最近ではオアフ島の何処の店に行っても、
日本人が買い物をしている姿を見る。
スーパーはもちろんのことウオルマートなどの大型店、
会員制の「カスコ」や「サムス・クラブ」でも時折日本人の姿を見る。
多分会員の知り合いにでも連れて行ってもらっているのだろう。

 「健太、こういう安物のTシャツなんかお土産にならないぞ!」
20年ほど前、日本はバブル景気の始まり、
当時日本からやって来た健太の兄貴は、
スーパーなどで売っている「UH(ハワイ大学)のTシャツ」などを、
日本へのみやげ物として健太が勧めてもまるで馬鹿にして手に取って見ようともしなかった。
そうしたTシャツは当時の金額で10ドル前後だったと記憶する。
「えつ、でもハワイの土産にはもってこいだと思うけどあなあ、、、」
「馬鹿、そんなものもって行っても、今の日本では誰も喜ばないんだよ!
もっと良い物を買っていかなきゃ!」

 そんな事言われた健太としては実は結構傷ついた。
「じゃあ何を買ってゆけばいいんだよ!」
「ま、一応名前の通った、ほら、ディオールとか、
ポロとか。あるじゃないかハワイにだって!」

 この6月に、
その兄貴が20年ぶりにハワイにやってきた事はここでも報告した。
10日間ほどの滞在だった。
そろそろ帰国ま近になったころ兄貴が言った。
「健太、みやげ物を買いたいんだけど、どこかに連れてってくれ」
「OK、じゃあアラモアナのブランド店でも行くか?」
「馬鹿、そんなところで土産なんか買えるかってんだ!
ウオルマートで良い、ウオルマートで!」
「???」
 
 云われるまま、ご存知アラモアナのウオルマートに兄貴を連れてゆく健太。
「でかい店だな!これじゃあ、何からみて良いか判らないよなあ、、、」
そんなことを言って兄貴はふとTシャツ売り場の前で足を止めた。
何と兄貴が見ているのは、忘れもしない、
あの20年前と同じUHのTシャツだ!
「えっ、、、それって20年前に、、、」
その声を無視して兄貴はシャツの生地のよしあしなんか見定めている。
「まあこの程度でも良いか、、、」
「兄貴、1枚3ドル50セント、、、、、。ちょっと土産には安すぎないか?」
その言葉を兄貴は鼻で笑あしらった。
「なーに、こんなもんで良いのさ。でもちょっと、、、、」
考え込む兄貴。
「どうしたんだ兄貴?」
「これ一枚で3ドル50セントか?高いよなあ!」
「グエーッ?そ、そんな!」
「いや昨日ワイキキで、7枚20ドルって言うのを見たんだ、、、」
「7枚20ドル?!!」
「なーに、どうせみんな何回か着たら寝巻きにするんだ、そんなんで充分なのさ!」

 ってなわけでワイキキに兄貴を連れて行った健太。
7枚20ドルのシャツをあれこれ吟味する兄貴。
実は健太はもっと安い店も知っている。
「兄貴、実は10枚で20ドルっていの店、知ってるよ俺!」
その言葉に喜色満面の兄貴。
「健太、そ、その店に連れて行け!」

 いくらバブルはとっくに弾けたとは言え、
あまりの変わりよう、、、、、。
どこか割り切れない気持ちでいっぱいの健太でした、、、(汗)。

| | Comments (17) | TrackBack (0)

August 10, 2008

ハワイカイ、ココマリーナ・センター

Imgp1837少し陽が翳ってきたのが残念だったけど、それでもやっぱり素晴らしい景色でした!
Imgp1839ジッピーズ店内から見たマリーナ。
Imgp1838ジッピーズのマヒマヒ・バーガー。

 ハナウマ湾の近くにハワイカイと言うところがある。
ハワイ通の方はもちろんのこと、リピータであれば一度や二度はその名前を聞いたことのあると思う。
昔はハナウマ湾まで市バスが行っていなかったので、
皆このハワイカイ・ココマリーナから歩いてハナウマまで行ったもんさ!

 このハワイカイ・ココマリーナ・センターは、
リゾート地のショッピングセンターらしく、
リッチな雰囲気の休暇を楽しむにはもってこいの立地条件。
沢山のレストランが軒を並べて、
どの店に入ってもハワイらしさでいっぱい。
特にマリーナ側のレストランでの水面に浮かぶボートを眺めながらの食事は、
あなたにとっておきのセレブなひと時を与えてくれる。

 昨日健太がハナウマの帰りに入ったのは「ジッピーズ」。
SCの一番奥まったマリーナ側にある。
メニューはジッピーズなのでご存知のように決して高くはない。
昨日はご覧のマヒマヒ・バーガーとビールで10ドルちょっと!
街中のジッピーズにはアルコール類をおいている店は少ないけど、
ここなら心配ない、
ドメスティック・ビヤーなら大抵おいてある。
ハナウマで遊びつかれた体に、マリーナに映る夕日を見ながらのビール、
最高だと思うよ!


| | Comments (10) | TrackBack (0)

August 09, 2008

ハナウマ、ハナウマ、、、そしてハナウマ!

Imgp1830
Imgp1832
Imgp1808
Imgp1819
Imgp1825

 
 ご存知の方も多いと思うけど、健太の奥さんの名前は「とんま」!
しかし健太も奥さんに負けずにとんまなのである、、、。

 3日前のアップでオアフ島で見逃せないビーチとして、
「ワイキキかノース、そしてカイルア、ラニカイ、、、」
なんて書いている。
全く間抜けでとんまな健太だ!
大切なところを忘れてやしませんか、、ってんだ。
「飲みねえ飲みねえ、寿司食いねえ!」って、知ってる?
そう、健太はその森の石松にも抜けたところが良く似ているのだあ~~。
そして、抜けたのは、
「ハナウマ湾」でした、、(汗)。
よりもよって、オアフ島トップクラスの人気ビーチをぬかすなんて、、。

 そんな訳で今朝の天気はあまり良くなかったけど、とりあえず歩きに出ることにした。
もちろん目的地はその「ハナウマ湾」。
家を出たのが遅かったのでハナウマ湾に到着したのが昼少し過ぎ。 
現地の空模様は、、、まあまあ何とか晴れている。
しかしパーク内をうろうろするうちに快晴の空も見れるかもしれない。
なぜならば昨日のKGMBのニュースでは、
「ハリケーンは発生しているけどまだずっと遠いので、明日は快晴になるでしょう!」
って言ってたからね。

 さすがビーチ人気度ではワイキキの次にランクされるほどのハナウマ湾、
既にかなりの人出があった。
白人半分、黄色人種半分、、、って割合かな、、。
入場料は5ドル、ハワイの住民はIDを見せれば無料、
映画も見れる。
映画ではハナウマ湾がどうやって出来たか、なんてのを見せてくれる。
要するにハナウマ湾も火山の火口だったんだね!

 案の定、上手い具合に1時間ほどしたら晴れ間が大きく青く頭上に開けてきた。
やっぱり快晴でなければあの恐ろしいまでに深い空、
深い海を見ることは出来ない。

 今日歩いたのは、ハワイカイのココマリーナ・SCからハナウマの往復、
そしてワイキキから我が家へ、、、。
それでも真夏のハワイ、炎天下を歩くのは結構厳しかったでやんす、、、。
万歩計を持ってゆくのを忘れたけど、トータルで1万歩くらい歩いたかな。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

August 08, 2008

アロハタワーの2人の男、、、

Imgp1616威風堂々のアロハタワー。この下で数々のドラマが、、、。
Imgp1619アロハタワー・マーケットプレイス。
Imgp1622アロハタワー近くに繋留されている帆船。

 
 アロハタワー。1925年完成。
言わずと知れたオアフ島ダウンタウンの港に君臨する、
かつてのオワフ島の象徴だ。
当時はここに外国船が入るとロイヤル・ハワイアン・バンドが「アロハ・オエ」を演奏し、
レイの店が建ち並び、降りる人迎える人でごったがえしていたと言う。
あれから83年、一体このタワーはどんなドラマを見てきたのだろうか、、、。

 健太が非常に興味を持っている一人の男、
森村正、本名「吉川猛夫」(当時27歳)も1941年3月27日、
高級客船新田丸からこの港に降り立った。
この日はとりわけ日本と言う国にとって重要な日、
いや、運命の日とも言えるかもしれない。

 吉川は日本からの諜報員。つまりスパイだ。
真珠湾攻撃に向けて日本海軍はこの男をハワイに送って、
真珠湾に関するあらゆる情報を収集させようとしたのだ。 
徹底した極秘裏に男は日本から送られてきたにもかかわらず、
アメリカ海軍情報部は既に吉川が日本からスパイとして送られてくる来ている事を察知、
その日このアロハタワーに、
吉川の姿をカメラに収めようと米海軍秘密工作員を送っていた。

 結果、米海軍側は吉川を泳がせることにした。
スパイとして逮捕してしまうにはあまりにも惜しい。
彼を泳がせて、
一体日本軍が何をしようとしているのか突き止めるほうが得策だったからだ。

 吉川はそんなことはつゆ知らず、
日本軍の攻撃目標である真珠湾に関するあらゆる情報を、
逐次日本側にマッケイ・ラジオ・アンド・テレグラフ、或いはRCAを通して暗号文として送った。
彼にとって更に不幸だったこと、いや、日本軍にとって不幸だったことは、
それらの暗号文全文をアメリカ側は傍受、暗号も難なく解読されてしまっていたのだ。
もちろん彼の宿舎の電話には盗聴器が掛けられていた。
日本の敗戦はこの時に既に決まっていたと言っても、
過言ではないだろう、、、。

 健太はこのアロハタワーの前に立つと、
2人の男の顔が浮かんでくる。
一人はその吉川、
そしてもう一人は健太自身の親父、、、、。
健太の親父も1936年このアロハタワーのピア11に、
大学野球・ハワイ遠征のため降り立ったのだ。

 気のと遠くなるような年月が既に流れている。
その親父ももうこの世にはいない。
親父はこのアロハタワーを見上げながら、
自分の息子が将来この島で暮らすようになるなんて、
果たして想像しただろうか、、、。
 
 もしかしたら健太の運命は、
もう親父がアロハタワーを見上げたその時から、
決まっていたのかもしれない、、、。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

August 07, 2008

ハワイ独特の回転寿司!

Imgp1774元気寿司パール・シティー(Waiau)店。
Imgp1777めちゃ美味い「ソフトシェル・クラブ・フライ」下2つと、「シシャモ」「牡蠣フライ」。
Imgp1776とてもハワイらしい寿司、「レインボー・寿司」。
Imgp1778とんまお気に入りの「スパム・寿司」。「可愛い!」って飛びついたけど、健太にはちと塩分が高いかも、、、(汗)。

 日本人にとって寿司は代表的な食べ物の一つ。
今や世界中どこに行っても寿司屋がないところはない、、、はちょっとオーバーだけど、
ま、大きな街には大抵ある。
ハワイにももちろん沢山ある。

 しかし食べ物と言うやつは外国に出ると必ずその国のカラーに染まって行くんだよなあ、、。。
一番良い例が、「カリフォルニア・ロール」だ!
日本の寿司はアメリカに渡って大変身、
寿司のコンセプトをしっかり守りながら、
その土地特有のセンスによって更に磨きが掛かけられ、
およそ日本人には考えも及ばなかった全く新たな寿司として、
それは誕生していったのだ。

 さてここに、「回転寿司って言うのがある。
日本の伝統的食べ物の「寿司」と、
日本人の徹底した合理主義が生んだ回転カウンターとが絶妙なコンビネーションを発揮した、
日本食文化の最高傑作だ!

 ご存知の通り、ハワイにもその回転寿司はある。
あちこちにオープンしては廃業の憂き目に会うものもあったけど、
その草分けとも言うべき「元気寿司」は、
あちこちにその支店網を広げながら大いに健在。
今やすっかりローカルに溶け込んでいる。

 健太もとんまも実はこの「元気寿司」、
日本の本格的な寿司を知っているだけに、あまり感心しなかった。
以前は時々行ってみたものの、
どうしてもその陳腐な内容に長い間足は遠のいていた、、、。

 ところが今日、
パール・シティーに用事があって、たまたまランチに迷った挙句、
久しぶりにその「元気寿司」パール・シティー店に入ることにした。
席に着いて回転カウンターを見ると「おや、、、?」
なんだか知らないけどカウンターを回っているのは寿司ではないのだ!
「えっ?寿司は?」
なんてとんまが言ったら、やっと向こうからマグロが2かん、イカが2かん、卵が2かん、
一番安い黄色い皿に乗ってやってきた。
「エーなんで?」

 そう!
カウンターに乗っていたのは、
「エビフライ」「シシャモ」「牡蠣フライ」「チキンのから揚げ」「コロッケ」「冷奴」「スパイシー・ツナ」「枝豆」、、、、。
そのうちウェイトレスが健太の右となりのおっさんに、
何かの揚げ物を持ってきた、、。
「け、健太、あれ何?」
健太の左側に座っているとんまが小声で言った。
<うーむ、、、、>
よく見みるとそれは、
「蟹をま丸ごと揚げたやつだ!」
するととおっさん、一気にその蟹を丸ごと「ガブッ」っとやった。
「Hey ,this is really Ono!」
おっさんが仲間に言った。

 そう言えばシシャモは以前からあって、かなり美味かった。
一時それを目当てにやってきたこともる。
でも、これほど変わった新メニューがあるとは知らなかった!
早速その蟹を2つオーダーするとんま。

 カウンターを回る日本の寿司屋にあるものといえば、
マグロ、イカ、トビコ、ネギトロ、納豆、、。
健太は迷わず牡蠣フライやシシャモを取った。
とんまも大体同じようなものを食べている。
やがて「蟹のフライ」をウェイトレスが持ってきてくれた。
さっき隣のおっさんがやったように、
迷わず丸ごと「がぶりっ!」っとかぶりつく健太、、、。
「Wow ! this is really good!」
その声に隣のおっさんがにっこり健太を見て笑った。

 今ハワイの回転寿司は、
そんな具合にハワイ独特のものになりつつあるようだ。
それにしてもあの揚げたての蟹、「ソフトシェル・クラブ・フライ」、
めちゃ美味かった。
元気寿司は我々日本人が寿司屋と思って行くと、
少なからずディスアポイントするけど、
ハワイ独特の単なる「回転レストラン」と思って行けば、
かなりエンジョイできると思います、、(笑)!

 因みにエビフライは「shrimp fry」牡蠣フライは「Oister fry」って呼んでいるようだ。
だからその蟹も、「ソフトシェル・クラブ・フライ」と呼べば良いらしい。
つまり英語だと「Fried Shrimp」「Fried Oister」「Fried Soft club Shell」ってなりそうだけど、
やっぱり日本の食べ物なので日本風な呼び名にしているんじゃないかなあ、、、。

| | Comments (40) | TrackBack (0)

August 06, 2008

ノース、ノース、、、そしてまたノース!

Imgp1522
Imgp1529
Imgp1512
Imgp1515
Imgp1526
Imgp1539
Imgp1489
Imgp1487
Imgp1550さすがノースの表札、、って言うか住所札!

 今日はノースの写真を少し多めにアップしよう!
やっぱりオアフ島ではワイキキかノース、そしてカイルア、ラニカイ、、、
その辺が絶対行って見たいビーチだよね。
もちろん前から健太が案内しているようにほかにも良いビーチは沢山あるけど、
その辺なら取り合えず治安も良いので安心して行ける。

 見てご覧、ノースの空、海の色!
一年中で今が一番綺麗な時期だとおもう。
何度も言っているように、できればレンタカーではなくバスで行って欲しい。
健太もその良さを知らないで30年以上自分の車で回っていた。

 確かに自分の車だっと無駄な時間も少ないし、
好きなところで停まって好きなだけそこにいれば良い。
しかし運転に気をとられて景色は良く見れないし、
自家用車から見る景色は低い位置からみるので、広く見渡すことが出来ない。
そこへ行くと、無駄な時間は取られるけど、
バスから見下ろす景色はまさにパノラマ状態!
おまけに片道2ドルと滅法安い。
こんな素晴らしい物を活用しない手はないよな!
何回も乗って、20ドルも使えば最高の観光が出来るじゃないの?

 毎回言ってるけど、できるだけ明るい内にワイキキに着くように、
少なくても4時ごろには向こうを出発したいね!
 
 今日どこかに歩きに出ようと思ってたけど、
朝から曇天、、。
残念だけど明後日あたりに出かけるつもりです。
えっ、明日ですか?
明日は健太のとてもとても大好きな、、、、、
歯医者のアポがあります、、(涙)。


 

 

| | Comments (10) | TrackBack (0)

August 05, 2008

新装開店のカイムキ・マック、生アメリカ!

Imgp1767新装開店したカイムキのマック!
Imgp1769プレミアム・チキンのクリスピーとコーヒー&ラテ。道路の向こうに見えるのが「シークレット・ハーツ(聖心女学院)」。
 
 これだけファーストフードの話をしたらここはハワイ、
やっぱりマックを載せないわけには行かない!

 健太の家の近くには昨日載せたベルタニア・ストリート、
それとワードのスポ-ツ・オーソリティー隣、またケアモウク、
そしてキングなどなど、、、、そのマック店の数はやたら多い。
で今日は、今度新しく新装開店したカイムキのマックを紹介したい。

 キング・ストリートかカピオラニ通りを東、
つまりダイアモンドヘッド方向へ行くと、
丁度フリーウェーの下辺りでワイアラエ・アバニューへと合流する。
最近ここに新しい「ストレッジ=貸し倉庫」が出来ているので、
それを左に見てワイアラエを登って暫くすると左手にその新装開店の「カイムキ・マック」が見えてくる。
店のレイアウトはなかなか良く出来ていて、
駐車場も前よりずっと広くなっているのでアクセスが簡単になった。

 そのマックの向こう側には「シークレット・ハーツ(聖心女学院)」が見える。
さて、今日のオーダーだけど、
今日はとんまも一緒だったのでこのところ凝っている「プレミアム・チキン、クリスピー」を頼んだ。
店内もなかなか落ち着いた雰囲気だけど、
表には写真にも写っているようなパラソルが何本か有って、そこでも食べれるようになっている。
早速出来上がった「プレミアム・チキン、クリスピー」をトレイに載せて表に出た。
爽やかで新鮮な空気をいっぱい吸って、サンドウィッチをがぶり、、、
と思ったら、うーむ今日の表は風が強すぎる、、、、。
慌てて店内に戻る健太ととんまでした、、(汗)。

 その「プレミアム・チキン、クリスピー」、健太的には、、誠に美味なり美味なり!!
もちろんとんまも、このサンドウィッチが大好きだ!
それと何よりも、いつも言っているように、ここのコーヒーは最高だね!!

 諸物価の上り続ける昨今、
みんなもハワイに来たらランチはファーストフードで済ませちゃったら、、?
美味くて安い、こんな良いことはない!
ましてやここはハワイ、
生のアメリカン・カルチュラル「生アメリカ」を、
もう一度かみ締めるのも良いかも知れないね、、(笑)!

| | Comments (14) | TrackBack (0)

August 04, 2008

マックドナルド VS バーガー・キング

Imgp1765向かい合わせで営業するバーガー・キングとマックドナルド。もう30年以上もこうして営業して来ている。
Imgp1764ステーキ・バーガー。照り焼き風にシーズニングされたステーキがいかにもハワイ風で更なる食欲をそそる!

 とんまは長年のFA仲間の引退祝い兼誕生祝い、
って事でパーティーのために昼前に出かけてしまった。
さーて今日は健太一人でランチ。
何を食べようか、、、、。
このところこのブログ上で食べ物を掲げる機会が多かった。
<よーし、今日もブログは食べ物でいこう!>

 午前11時。
とりあえず朝のコーヒーは飲んだものの、
まだ目覚めが悪い。
とんまがいれば、とんまは「目の覚めるような美人」なので、
ばっちり目覚められる、、
けど彼女はいない、、、(笑)!
そこで、カッチッとし目の覚めるようなコーヒーが飲みたい!

 パーキングから車を出してキングストリートのマックに向かう健太。
ハンドルは取りあえずキングのマックに向けて切られてははいるけど、
<どこか違うところでコーヒーを飲みたいなあ、、>
なんて、そんな気持ちが頭をもたげてきた。
<そうだたまには「バーガー・キング」へい行ってみようか!>

 今日のホノルルの天気は快晴。
ボグ(火山灰の霞)もあまり見れないので澄み切った青空が目にしみる。
一旦キング・ストリートへ入ったもののUターンする健太の愛車「ニッサン・クエスト」。
ハンドルはベルタニア・ストリートへ向かって切られた。
ピイコイからベルタニアに入ってペンサコーラを過ぎると右手にバーガーキング、左手にマックと、
2つのバーガー店が向き合って営業している。
迷わずバーガー・キングの駐車場へ停まる健太の車。

 カウンターでメニューを見る。
最近マックに行くことが多いので、久しぶりのバーガーキング。
メニューも大分変わって来ているようだ。
ここの人気メニューはご存知「ワッパー(ウィズ・チーズ)」。
つまりマックで言えば「ビッグ・マック」、
ジャック・インザ・ボックスで言うなら「ジャンボジャック」に相当するものだ。
しかし「ワッパー」ではあまりにも芸がないので、
コーヒーと「ステーキ・バーガー」を頼むことにした。

 まだ少し昼には時間があるので店内の混雑も60%程度の客入りだ。
「ステーキ・バーガー」はコンボで頼んだので、「フレンチ・フライズ」も付いてくる。
「ガブリッ」大きくステーキバーガーをむさぼる健太!
<うーむ、こういう味かあ、、、>
コーヒーには何時ものようにクリームを2ヶ。
<ふむ、なかなかいけるじゃん!>

 窓の外を見るとベルタニア・ストリートを挟んで向こう側にマックが見える。
不思議なもので、こうして商売敵同士が向かい合って30年以上も営業している。
一時ハワイのバーガー・キングは全体的に元気がなくなって、
その行く末が心配されていたけど、
新メニュー、新外装を武器に、また力を取り戻しつつあるようだ。


| | Comments (31) | TrackBack (0)

August 03, 2008

ワード・ウエアハウス、キンケイズ

Imgp1748キンケイズから見たケワロ・ベイセンの景色。ティントのガラス越しなので色彩がいまいちアキュレートに再現されていないのが残念!
Imgp1750ローステッド・ガーリック・プロン$16(右)と、ホット・クラブ・サンドウィッチ$13。
Imgp1757デザートのアップル・コブラー(右)と、バニラ・バーント・クリーム。このバニラ・バーント・クリーム、最近日本でも時々お目にかかるようになったけど、ここのは抜群に美味かったよ!
Imgp1756行き届いたサービスをしてくれたウェイトレスの「カヘラニ」さんでした!

 ホノルルには小さなショピングセンターがあちこちにある。
ちょっとした街のコ-ナ-に何件か軒を並べた、センターとは名ばかりのものもあれば、
アラモアナセンターほどではないにしても比較的大きくて、
出店している店も多岐に渡ったリテーラーが並んでいて
それなりに買い物を楽しめるところもある。

 そうした小さなショッピングセンターの中に健太の好きな、
「ワード・ウエアハウス」がある。
そこの衣料品店、アクセサリー店、靴店、キッチン用品専門店、酒類店、楽器店などは、
通リいっぺんの物とは違った一味違う品揃えのある店が多い。
何と言っても、
「アイランド・ギター」があるのが、
健太お気に入りの最大の理由 !
アイランド・ギターのメインはギブソン系ギターで、
ビンテージものなどもいかなり置いているのが何といっても魅力。
毎日行っても飽きないショッピングセンターだ(笑)!

 またこの「ワード・ウエアハウス」は立地条件もよくて、
アクロスには「スポーツ・オーソリティー」「ロス」「99㌣・ショップ」「マルカイ」などもある。
更に100メートルほどアラモアナ方向に歩けばカカアコと呼ばれる地域があって、
ピアーワン、ノードストローム、オフィスデポ、デビッド&バスター、
更にワード・センター等、
食事やショッピングがてらこのあたりを散策するのは実に楽しい!

 そんな訳で、
今日のランチは久しぶりにその「ワード・ウエアハウス」の2階、
「キンケイズ」に入って見た。
日曜日と言うこともあって混んではいたけど、
ちょうど窓際の席が空いたのはラッキーだった。
大きな窓ガラスの向こう、
「ケワロ・ベイセン(湾)」に小船が停泊しているさまは、
まさにホノルルの昼時にふさわしい、
極上の景色!


| | Comments (48) | TrackBack (0)

August 02, 2008

ハワイ日本外食事情、、

Imgp1739

 ケンタッキー・フライドチキン。
いわずと知れた代表的なアメリカのファーストフードの一つだ。
こうした店の絶対必要条件は、
先ず安くて美味いこと。
そして立地条件がいいこと。更にハワイの場合は駐車場が完備されていること。
大体それさえ間違えなければハワイの場合は何とかやっていけそうだ。
現実にハワイでは殆どの一流ファーストフードは、
ワイキキを除いて長年同じ場所で営業が続けられている。
悲しいかなそのサービースの質は、ハワイの場合たいして問われないのかもしれない、、。
それでもさすがにワイキキはレントが高いのかその出入りは激しく、
ついこの前まで有ったファ-ストフードが突然消えてなくなってることなんてざらにある。

 一方東京はファーストフードのメッカ、
競争はハワイの比ではない。
ましてや様々な外食チェーン店が街並みに軒を並べて、
ファーストフードとなんら変わらない速さで食べ物を出してくる。
これじゃあ不味いものを出したり悪いサービスをしていては客足は遠のくばかりだ!

 今回東京滞在で、
改めて日本の外食産業の競争の厳しさを目の当たりにしたような気がする。
つまりハワイと違ってレストランの選択肢が極めて多い。
まったく羨ましい限りだ。
特にラーメン屋に至っては星の数ほどどこの町にもあって、
その出入りも激しい。
それだけに価格競争もあって、
清潔かつそこそこのサービスで美味しいものを安く食べさせてくれるところは、
世界広といえども東京ぐらいなもんだろう。

 健太の実家は東京蒲田。
蒲田にはJR蒲田、そして京急蒲田の2つの駅があって、
どちらの駅の周辺にも食べ物屋の数は無数にある。
どの店に入ってもそこそこの値段でそこそこの味のものが食べれる。
「王将」「日高屋」「喜多方ラーメン」「ニイハオ」「リンガーハット」「太閤」「歓迎」「ジョナサン」「バーミヤン」、
「元禄すし」「蛇の目寿司」「若貴すし」「ひもの屋」「笑笑」「村さ来」「和民」「吉野家」「すき屋」「ココ一番」「マック」「モスバーガー」などなど、、。
どこも安くて美味いので良く行く。

 あー、ハワイにもそのくらい沢山選択肢があればいいのになあ、、、、。

 

| | Comments (16) | TrackBack (0)

August 01, 2008

ニーマンマーカス、マリポサ

Imgp1730マリポサから見たアラモアナ・パーク。
Imgp1727ロブスター・クラブ・サンドウィッチ(手前)とチルド・キングクラブ・サラダ。美味美味!!
Imgp1724ハワイのビール「メハナ・ビヤー」と「プランテーション・アイスティー」。ビールはどちらかと言うと黒ビール系、ホップの利いたなかなか美味いビールだ!
Imgp1737帰りに寄ったウオルマートに消防車が駆けつけた!すわっ、火事、、と思いきやどうやらボヤだったようだ。

 「何か美味しいものをたべにいこうよ!」
今日とんまは休みだ。
アラモアナショッピングセンターへ向う2人。
紺碧の空は眼に染みるほど眩しく、
街の景色は南国の真夏の太陽を浴びて、
それぞれの色彩を極限まで主張しようとしている。
まさに原色の世界だ!

 車をシアーズの近くに駐めてその店内を抜け、
「ニーマンマーカス」の「マリポサ」へ向った。
「日本のマガジンにここの『ロブスター・クラブサンドイッチ』が載っていたらしくて、
コメントでALOHAさんがそいつを食べ損なったってしきりに悔しがっていたんだ。
どうとんま?ためしにそいつを食べてみないかい!」

 12時15分。時間が悪かった。
丁度昼時、店内は満席だ。
「Would you like to wait about 30 minutes Sir?」
<うーむ、せっかくロブスター・クラブサンドイッチを食べると決めたんだ、
30分くらい待てないでどうする!>
「Yes, could you put my name on your waiting list?」

 30分をアイ・ショッピングで潰すことにした。
「とんま、今日は久しぶりにお金持ちを演じようか?」
「えっ?またやるの!!??」
「ハハハ、まかしておけ、ってんだ!」

 ショッピングセンター2階ビトンの近くに時計屋がある。
その店は高級時計ばかりを扱っているのだ。
暫くショーウィンドウを眺める健太ととんま。
「Good afternoon Sir!」
店員だかセキュリティーだか分からない黒服の男が店内から顔を出して声を掛けてきた。
「Hi ! How are you doing?」
堂々とした態度をみせて、いかにも上客を装って店内に入り込む健太。
とんまが半分しらけて付いて来た。

 ショーケースに並ぶ高級時計の数々。
「How much is the one with blue surface ?」
その中に一際美しいブルーのローレックスを指差して女店員に尋ねる健太。
「This Rolex watch is $25,000 Sir!」
「Oh、 It's not too expensive.
How about the Gold one with many Diaonds on your left side?」
「Wow, You have a very good taste Sir! This is $60,000!」
その言葉にとんまの方を見ながら、
「That's just right for me! What do you think about this Rolex honey?」
とんまの芝居がそこから始まった。
「Kenta! It's a nice watch, but I don't like too much diamonds on the surface.It's nasty looking for me!」

 何て店員をからかいながらあっという間の20分が経った。
「少し早いけど行ってみるか?」
時計店を出ると再びマリポサに向う2人。
レストラン内はさっきよりは混雑もないようだ。少し空席も見える。
入口の係りが言った。
「Just on time Sir!」

| | Comments (18) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »