« April 2009 | Main | June 2009 »

May 31, 2009

ハワイに帰るけど、困った問題が、、(汗)!

Imgp6737今日はtwyokさんご夫妻の案内で、藤が丘のフレッシュネス・バーガー店へ!
Imgp6739とんまとご夫妻はダブル・チーズ・バーガー。
Imgp6741健太はダブル・ダブルバーガーだ!さすがアメリカ通twyokさんお奨めの店、ハワイの美味いバーガー店並、いやひょっとしてそれ以上に美味いかも知れないよ!
Imgp6733秋葉のイベント会場では「ちょっきんず」が出演中だった。
Imgp6732ライブ演奏をする「ちょっきんず」の3人。川崎出身なのか川崎の歌を歌ってた、、。ベースギターの娘(向かって一番左)、ポール・マッカートニー並のサウスポー、それに使ってるベース・ギターもポールと同じカール・ヘフナー、、(本物かな?、、、汗)。

 楽しかった日本滞在を終えて健太ととんまは明日いよいよハワイに帰る。
しかし困ったことが、、、、。
ひとつは政治不安等で、
日本の国がとても不安定な様相を呈していること。
北朝鮮の核やミサイルの脅威も気になる、、。

 でも健太的にはもっと困った問題が起きている。
とんまが今回のバケーションですっかりスポイル(堕落)しちゃったこと。
つまり遊びに味をしめちゃって、
「フライトに復帰したくない!」なんて言い出したんだ、、(汗)!
そりゃスッチー生活「X十年」もやってりゃ良い加減飽きてくるのも分かるけど、
とんまにはあと5、6年はフライトを続けてもらわないとたちまち生活苦、、
とまではいかないまでも、計画が狂っちゃうんだ。
とんまが飛びたくないのは他にも実は理由があるらしい。
とんまの言い分は、「メインランド便にこれからボーイング757型機を使うのでめちゃ働きにくい!」と言う。
どうやら757型機には通路が1本しかないらしい。
だからFAたちもカートも通路ですれ違えないってわけだ。
航空会社としては客が減れば機材を小さくしなきゃならないのは無理からぬこと、
苦肉の策なんだろうね、、。
 
 ただ成田便は今まで777型機を使っていたけど、
この6月から747型機、つまりまたジャンボに戻るらしい。
とんまがスッチーをスタートした時の機材は747だったので、
それに関しては喜ばしいことだけど、
以前にも話したように成田便のフライトはホノルル・クルーにはなかなか回ってこない。
ってなわけで、バケーションを終えたとんま、
決して愉快そうではない、、。

 さて、今日が健太のウクレレ・レッスンの「ウクレレ懸賞」の締め切りです。
当選者の発表は健太がハワイに帰ってからさせて頂きますので、
お見逃しのないように!

 それでは皆さんお元気で!
えつ?今度はいつ来るのかって?
実は1、2週間したら用事があるのでまた戻ってきます、、(笑)!

| | Comments (13) | TrackBack (0)

May 30, 2009

ハワイの写真をちょっぴり、、、

Imgp5136ハイビスカスの花たちが健太の帰りを待っている、、(笑)!
Imgp5141xワイアラエ・ビーチパーク。枯れた椰子の木がなんとも言えない雰囲気を出してるね、、、。
Imgp5145ココヘッドとココヘッド・クレーターが見える。
Imgp5158色とりどりのブーゲンベリアに囲まれる、カハラの豪邸。
Imgp5156ワイアラエ・カントリー・クラブの18番ホール付近。ソニー・オープンの時は9番ホールとなる。
Imgp5254xワイキキの水族館。
Imgp5267ホテル・ニューオータニの前のビーチ。
Imgp5358カカアコのDave & Buster。
Imgp5115アラモアナ・ビーチからホクア&ナウル・タワーを見たところ。

 今日は時間がないので、
ハワイに写真少しばかり楽しんで頂いています!

 現在の予定では6月1日日本を発つ予定です。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

May 28, 2009

健太、ラーメン大学へ入学!

Imgp5796そろそろここのハンバーガーが恋しいけど、、、。
Imgp5109アラモアナ・ビーチ。ごんのすけさんはもうこんな景色を見てるんだろうなあ、、。
Imgp6729ラーメン好きな健太としてはここだけは一応卒業したい!
Imgp6728そして基本中の基本、「東京ラーメン」&「餃子」はちゃんと押せておかねばならない!

 「そんなにラーメンが好きなら『ラーメン大学』に行けよ!」
「えっ?そんななところがあるの?」
「健太は蒲田だろ?」
「そうだけど、、、」
「だったら知ってるはずだ!結構古いラーメン屋で、JR東口を出たら京急蒲田に向かって5分ほど歩いた左側にあるんだ」
「えーっ、そんなとこあったかなあ、、」
「モスバーガーの向かいあたり、、かな」

 健太は高校生時代からハワイに来る前までは蒲田に住んでいたんで、
蒲田に関する大抵のことは知っているはず。
それもラーメン屋ならほとんど知ってる、、、。
まてよ?モスバーガーの向かいあたりか、、。
あー、そういえば思い出した!あったあった。
間口が狭い小さいラーメン屋だ!
あんまり小さいので気にも留めずいつも通り過ごしていた、
あの店だよ!

 とんまは友達と今日はランチの約束があるので絶好のチャンス。
何とか今日はその「ラーメン大学」に入学してこよう!

 てなわけで今日はそのラーメン大学に入学してきました。
今日食べた東京ラーメンと餃子は、
さすが「ラーメン大学」と名乗るだけの事はある!
伝統的な東京のラーメンと餃子の味を見事に継承していました。
さあ、これからほかのメニューにも徐々に挑戦して、
何とかこの「ラーメン大学」、卒業したい、、(笑)!

| | Comments (18) | TrackBack (0)

秋葉原においでよ、ムービーマン!

Imgp6710秋葉原。わー、尻のでかい白人のメードさんだ!こ、この店に行こうよ、ムービーマン!
Imgp6711秋葉駅前!
Imgp6712マスク不足だなんて嘘!秋葉じゃあ沢山売っていたよ!
Imgp6718夕べはダイアルはMさんと銀座のイタ飯屋「アズーロ」へ!
Imgp6720各種前菜盛り合わせ。
Imgp6721ズワイガニとキノコのタルト。
Imgp6723そして、「アズーロ」自慢の鮮魚のミックス・グリル!
Imgp6724イタ飯屋「アズーロ」の店頭に横付けになった「フェラーリ」、
店に良く似合う。よーし、健太も頑張ってこんな車買ってやるぞ!でも親父には似合わないネ、これって、、(汗)。
Imgp6725そして今晩行った「海鮮岬港」。

 夕べはダイアルはMさんと銀座のイタ飯屋「アズーロ」へ。
さすが日本のイタ飯はシェフ独特の、
かつ繊細な感覚を駆使したいろんな料理がで出てくる。
そしてダイアルはMさんが一番こだわるのはワイン!
とんまがワインが大好き、
健太はビール党であまりワインに興味はないけど、
お付き合いでワインもちょっと頂いた。
いずれにせよ健太はいわゆる「フル・バディー」なレッド・ワインは、
なんだか喉につかえるようで大の苦手、
でも今回ダイアルはMさんは非常に飲みやすい1本を選んでくれた!

 イタ飯にワイン、、とくればイタリアン・カー。
ほろ酔い加減で店を出ると、
なんと表にはごらんのピカピカの真っ赤な「フェラーリ」が停まっていた。
そういえば店内には金持ちそうなイタリア人がいたっけ、、。
イタリア人もイタリアン・カーでやってくる「アズーロ」、
イタ飯好きには絶対お薦めだ!

 そして今日の夕食は久しぶりに「海鮮岬港」へ。
しかし驚いたことに、あの「デカネタ」が売りだった「海鮮岬港」、
なんと全皿136円なんて言う安っぽい回転寿司店になっちゃってた、、(汗)。
そりゃ会計は安く済んだけど、、
いくら不景気とは言えそこまでしないとやって行けないとは、
なんとも寂しい限りです、、、(涙)。

| | Comments (18) | TrackBack (0)

May 26, 2009

返せ、北方領土!

Imgp6390根室市役所に掲げられた看板。
Imgp6389根室市役所に掲げられた看板、その2。
Imgp6414この向こうに北方4島はある、、、。
Imgp6705夕べは久しぶりに王将に行った。食べたのはこの「広東メン」と餃子。いつ食べてもここのラーメンは美味い!

 今回の日本旅行で一番心に残ったのは北方四島のことだ。
その4島とは、歯舞、国後、色丹、択捉、の4つの島を指す。
日本でも本土にいるとこの「北方領土問題」もあまり身近には感じない。
しかし北海道、それも根室市になるとまるで毎日が「返せ、北方四島!」のシュプレヒコールが聞こえるようだ。
街の隅々までそのその看板は掲げられていて、それはまるで市民の心の底からの叫び声にも聞こえる。
歴代ロシアの首脳陣は様々な形で日本へその四島の返還を匂わせてきた。
今回のプーチンの訪日でもそんな匂いのする会話が交わされたようだ。
しかしどの首脳陣も決して具体的な事には触れていない。

 1945年8月14日に日本がポツダム宣言を受諾し、
無条件降伏を決めたあとの18日、
ソ連郡は第二極東軍がカムチャッカ半島から占守(シュムシュ)島に上陸した。
31日までに得撫島を占領したソ連第二極東軍の他に、樺太から進撃した第一極東軍が存在した。
これは当初、北海道の北半分(釧路と留萌を結ぶラインから北)と北方四島の占領を任務としていた。
しかし、北北海道の占領はアメリカの強硬な反対を受けたため、これを断念せざるを得なかった。
ところが北方四島に米軍がいないことを確認したソ連軍はここに兵力を集中させ、
占領したのである。
 
 また同年9月2日、ソ連は講和条約をまたずして、
千島列島と北方四島の自国領への併合を宣言していた。
当然、このような措置は国際法上違反である。
しかしここから北方四島におけるソ連、そしてロシアの実効支配が始まった。
北方四島に暮らしていた1万7000人余りの日本人は、スターリン元帥の命によって1948年までに一人残らず強制的に島を追われたのだ。
こうした明白な事実があるにもかかわらず、ソ連は一向にその4島を返還しようとしない。

 その理由は実に明白で、
ソ連ロシアの首脳にはそれができないのだ。

 あの国は昔から他国の土地を吸収して肥大して行った国、
そこには自ずと隣国とさまざまな「国境問題」、「領土問題」を抱えている。
つまり万が一日本に北方4島の返還を認めてしまえば、
必然的に中国、その他の国々の言い分も受け入れなくてはならないからだ、、、、。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

May 25, 2009

見捨てられた日本、、(汗)!

Imgp6694蒲田東口「日高屋」の「黒ごま冷やし中華」と餃子。合わせて670円でした!全体の味はまあまあだったけど、トッピングの細切りソーセージがいまいち、、、。餃子はOK!
Imgp6697蒲田西口の「くいだおれ横丁」!
Imgp6699その中のとある店で食べた(名前を忘れた、、汗)五目雑炊。
Imgp6700とんまが食べた「五目釜飯」。うーむ、どう見ても四目釜飯にしか見えないけど、、、。
Imgp6702そして御茶ノ水のギター街へ、、、。

 昨日北朝鮮が核実験を行った。
過去において、
こうした北朝鮮情報に関してしてはアメリカ側から何らかの知らせがあった。
しかし今回のこの核実験に関しては何の連絡もなかったと、
自衛隊幹部は動揺しているという。

 新聞でこの記事を読んだ健太、
<とうとうそんな時がやってきたんだ!>
と、身震いがした。
これはアメリカ側の日本への暗黙の警告とも取れるからだ。
日曜大工ではないけど正に、
「Do it your self !」
のカードを切ってきたとしか考えようがない!

 アメリカは安全保障条約において有事の際は日本を援護することにはなっているものの、
そうした情報に関してはべつに何の決まりもなかったようで、
今まではアメリカの好意で知らされていたのだ。
しかし前回のテポドン発射の「誤報」以来、
「そのぐらい自分たちでやれよ!」と、
ある意味では突き放した態度を取ってきたに違いない。

 ODAなどで散々金はばら撒いている日本が、
なぜか世界から尊敬されてはいない、、。
理由はそんなところにあるのだろう。
自国を自力で守れないような国が尊敬されるわけがない。

 韓国政府の関係筋によると、北朝鮮は25日午後、
日本海に向けて短距離ミサイルを3発発射したということだ。
それらのミサイルは地対空で射程距離は130キロ。
核実験に合わせた発射で米韓日に脅しを加えたのだろうが、
こんなことですら韓国に知らされている日本、
間抜けというほかはない!

 「ローマは1日にしてならず!」
っていう有名な言葉があるけど、
そのローマ、滅びる時は他国の軍隊に頼ってしまい、
短期間にいとも簡単に滅びてしまった。
明治政府は神武天皇の即位をもって日本の「紀元」と定めた。
神武天皇の即位が西暦紀元前660年だとすると、
日本の紀元でいえば今年は2669年になる。
2669年もかけて築いたこの日本国の素晴らしい歴史も、
他国にその防衛を頼ったばかりに、
いとも簡単に消え去ってしまうのかもしれない、、、。

 理想と現実を混同にしてはいけない。
そんな事にならないように、
一日も早く日本は平和ボケから目覚めてほしい!

| | Comments (11) | TrackBack (0)

May 24, 2009

大きな未来は、年寄りにだって幾らでもある!

Imgp5235そろそろこの景色、あの空気が恋しいかも、、、(汗)。
Imgp5259ダイアモンドヘッド様、健太はもう少し日本にいます。健太の願いごと、、、よろしくお願いします!
Imgp5274ワイキキの空。
Imgp5910アラモアナ・ビーチ、マジック・アイランドからの景色。

 そういえばそろそろハワイが恋しいかも知れない、、。
何しろ40年近く住んでいるハワイ、
既にしっかりと自分の居場所になっている。
何よりも健太にとってダイアモンドヘッド様がそばにいないことは、
とても不安、、。

 「ダイアモンドヘッド様もう少しで帰ります!
その間、いつも健太がお願いしていること、よろしくお願いしますね!
えっ?何を願ったんだ?ですか?
お願いしますよ、忘れないでください!
世界平和、健太の周りの人の健康、そして世界経済の回復だったでしょうが、、(汗)。
あっ、そうそう、
それと健太にいっぱいお金が入るようにお願いしたことも忘れないでくださいよ!
何々?個人的なことは聞く耳を持たない、、ですか?
わかりました、、。じゃあ健太の周りの人みんなにお金がたくさん入るようにお願いします!」

 こうしていつもダイアモンドヘッド様へのお願いを振り返ってみると、
まるで子供のようなお願いばかりだね、、(汗)。
しかし子供ほどより純粋にいろいろ願っているんじゃないかなあ、、、。
つまり健太はこの年になっても中身は子供みたいなんでしょうが、
あんまり大人大人して賢く立ち回るより、
ずっと柔軟で未来も大きいような気がする、、、。

 この年になってもまだ諦めずに、
とてつもなく大きな未来を望んでいる健太です。
でも、何よりも心強いのは健太にはダイアモンドヘッド様がいることかな、、(笑)!

| | Comments (13) | TrackBack (0)

May 23, 2009

黄門様とスタミナ・ラーメン!

Imgp6642やってきた、JR勝田駅!
Imgp6643おや、餃子・ラーメン「寅さん」だって?ここがあの「スタミナ・ラーメン」の「寅さん」?!
Imgp6647ジャーン!ついに食べたぞ、茨城県勝田の寅さん、「スタミナ・ラーメン」!左が「冷やし」右が「暖かいラーメン」。
Imgp6655やって来たのはここ、、
Imgp6658_2あの水戸のご老公屋敷、「西山荘」だ!
Imgp6671この狭い部屋で水戸のご老公、「徳川光圀」、つまり水戸黄門様は、大日本史を書いていたそうだ。
Imgp6675西山荘の外観。

 さて今日はブログ友の「照見」さんの街「勝田」へ!
上野から常磐線で一時間ほど揺られると、そこはもう勝田駅。
あいにくの小雨だけど傘はほとんどいらない。
勝田駅を降りると「照見」さんの愛車「ボルボ」が駅前に横付けになったいて。
「健太さーん!」
照見さんは大きな目をさらに大きくして健太を出迎えてくれた。
「早速スタミナラーメン行きますか?」
「えっ?もう行けますか?」
「もちろん。ここからそれほど遠くはないんですよ」
「照見」さんからはこの勝田が発祥地の「スタミナ・ラーメン」を、
ぜひラーメン・ラバーの健太に食べさせたいと、
もうかれこれ3年ほど前から言っていたんだ。

 そぼ降る雨の中「照見」さんのボルボが颯爽と走る。
やがて見えてきたラーメン屋の看板!
「寅さん」!
「なーんだ寅さんて言うんですね、、」
午後1時過ぎだと言うのに店の前にはまだ列が出来ている。
列は出来ていたけど意外と待ち時間は短くて、
オーダーを入れるとすぐにラーメンが出て来た。

 「わーお!うまそーだ!」
日本中の、いや世界中のラーメン屋さん、ごめんなさい!
超ラーメン・ラバー健太には、
ラーメンが出てきただけでそれが不味いか美味いかわかっちゃう。
健太は天才的なラーメンに対する鋭い感覚を持っているんだ(笑)!

 野菜とレバーを炒めたあんかけ状態のトッピング。
ほんの少しピリ辛でそのスープは甘め。
全体のトローリと心地よい舌感覚、
そこには筆舌に尽くしがたい、今までに食べたことの無い安らぎの味があった!
照見さん、個性的でめちゃ美味いラーメン、
ご馳走様でした!
 
 ラーメン屋を出た後はこの勝田周辺の名所、「西山荘」を案内してくださった。
西山荘は水戸光圀、つまり水戸黄門が引退後過ごした館。
そこで彼はかの有名な「大日本史」を著したと言われている。

 「この西山荘の持ち主は現在15第目の「徳川斉正」と言う人で、
この先に9万坪の土地付きのお屋敷にお住まいです。
何でも東京の世田谷にも事務所なんかがあるみたいです。
しかし彼はまさに殿様そのもの、
将軍様みたいな方でこの屋敷内では彼の命令がすべて、
あの封建時代がいまだにまかり通ってるんですよ!
だから従業員も半年と持たない人が多いですね。
だって彼が白と言えば白、黒と言えば黒なんですからね、、、」
庭師のおじさんが健太たちのっちょっとした質問に、
そんなことまで話してくれた。

 写真で見てもわかると思うけど、
まるで俗世とは別世界のこの西山荘。
そこは建物だけではなく、そこで生活する人々の中にも徳川時代が残っていた、、、。
それはまるでタイムスリップして江戸時代に行ってしまったような、
不思議な感覚だった。

 帰路には照見さん宅にお邪魔して、
このブログをアップさせていただきました。

 
 

| | Comments (13) | TrackBack (0)

あなだらけの、羽田空港!

Imgp6591夕べは久しぶりの中華。場所はすすきの近くの「宋さんの家」。一緒に行ったのは札幌の友達「MIYABI」さんでした、、(笑)!
Imgp6590健太ととんまが大好きな小龍包!
Imgp6589ハワイを思い出して飲茶中心のオーダーにしました。
Imgp6592MIYABIさんとは健太がウクレレレッスンで歌った「霧の摩周湖」を全曲聞かせる約束があったので(レッスンではサビ前までしか歌っていない、、)食事が終わってからこんなところへ行った。なんと健太としてはこう言うところに行くのは1年振りでした、、(汗)。
Imgp6593今朝千歳空港へ向かう途中で撮った「すすきの交番」(左)。字が小さいので読めないかも、、。
Imgp6601千歳空港内、人気の「花畑牧場」の直売店。列が長すぎて買う気になれませんでした。
Imgp6604な、なんと!千歳空港内であのムービーマンが大好きだった「とらや・レストラン」のオーナーご夫妻とばったり!それにこのお二人、驚かないで欲しいけど、なんと健太と同じコンドミニアムに住んでいるんだ!信じられなーーーーーい!
Imgp6609今日のランチは「空弁」だ!
Imgp6613千歳を飛び立時は雨だったけど、機は暫くすると青空の中へ。さてこの飛行機、どこの航空会社の飛行機でしょうか???
Imgp6628羽田空港に着くと、そこはこんな具合に「あなだらけ!」でした、、、(笑)!


 みなさーん!
無事に今日の午後羽田空港に戻ってきました。
8日間の北海道・道東の旅、「BANIANNさん」「千歳のコージさん」そして「MIYABIさん」のお蔭さまで、
一生忘れることのできない楽しい思い出を作ることができました。
本当に有難うございました。

 今回のこの旅、
すべてを語れば驚くようなハプニングがあって、
本当に信じられない事ばかりなんですが、
その話はハワイに帰ってから時間のある時にじっくり報告させてください。
これからさらに1週間ほど東京に滞在する予定です。

皆さんの暖かい声援、
心から感謝しております。


 アロハ&マハロ!

健太&とんま

 

| | Comments (7) | TrackBack (0)

May 22, 2009

ダイアモンドヘッド様のヤキモチ、、

Imgp6509さて今日は小樽へ。コージさん有難う!
Imgp6537小樽と言えばやっぱり運河でしょう!
Imgp6541さあ昼飯だ!
Imgp6548小樽運河食堂で食べたのは、この「シーフードカレー」&「ポーク・カレー」。今札幌ではこんなカレー・スープが流行っているそうだ。
Imgp6567小樽のあとはこの「羊蹄山」へ!
Imgp6575羊蹄山の雪解け水がこんな具合に沸いてくる!健太もとんまもコージさんも全員でこの水を飲んだ!美味ーい!
Imgp6580羊蹄山の麓、真狩(まっかり)から生まれたスターの像。誰だかわかりますか、、?
Imgp6586 そして「定山渓」を抜けて札幌へ帰ってきた。

 遂にダイアモンドヘッド様の念力が切れた!
今日の札幌は朝から雨模様、、。
「えーっ、なによこの雨は、健太、ダイアモンドヘッドさんの威力はどうなったのよ!」
「と、とんま、だめだよ!「さん」呼ばわりなんて!ちゃんとダイアモンドヘッド様って呼んでくれよ!」
「だってちっとも健太のお願い聞いてくれないじゃん、、」
「なに言ってるんだ!北海道に、いや今回日本に来て昨日まで一日だって雨が降らなかったじゃないか!」
「そりゃそうだけど、、」
「90%晴れてくれたんだから、文句は言えないぜ!」

 そんな会話がとんまとあってから、上に載せた写真の「羊蹄山」に向かった。
羊蹄山は「蝦夷富士」と呼ばれるほどとても美しい山だ。
雲の中に半分以上隠れてはいたものの、その「羊蹄山」の美しさに見とれる健太とんま、そしてコージさん。
晴れならばもっともと美しいに違いない。
その時とんまが叫んだ。
「健太、分かったわ!今日雨になっちゃったわけが!」
「???」
「あのね、ダイアモンドヘッド様が怒ってるのよ!」
「えっ?」
「ダイアモンドヘッド様は健太が羊蹄山に来たことを凄く怒ってるの!」
「そ、そりゃまた何故?」
「だって羊蹄山も『山』、ダイアモンドヘッド様も『山』、、。
健太が羊蹄山に行くって言うんで、、ダイアモンドヘッドさんったら、やきもち焼いたのよ!」
「、、、、、」

| | Comments (11) | TrackBack (0)

May 21, 2009

愛するって、大変なことだね、、(汗)

Imgp6425JR根室駅。
Imgp6429JRの一番東の終点地。
Imgp6433夕べは久しぶりの回転すし。ねたも根室は独特のものが多い!
Imgp6449根室に近い「中標津空港」から札幌の「丘珠空港」へ向かった。
Imgp6452乗ったのは「すずらん」のイラスト機・DHC8-Q300。
Imgp6457機上から見る「摩周湖」???
Imgp6475もうすぐ丘珠空港に着陸だ!
Imgp6478空港には「千歳のコージ」さんが迎えに来てくれた。そして早速ラーメン屋さんへ!なんとそこは去年札幌で食べた「山桜桃」のブレンチ。
Imgp6479健太とコージさんが左の味噌ラーメン、とんまが右のとんこつラーメン!味ですか?もちろん抜群!
Imgp6480早速市内観光に連れて行ってもらいました。最初に「白い恋人」のチョコレート・カンパニーへ!
Imgp6488チョコレート会社の「「からくり時計」。
Imgp6499大倉山ジャンプ競技場へ!
Imgp6503大倉山ジャンプ競技場からは札幌の街が一望に見渡せる!すぐ右下に見える球場は嘗てプロ野球が行われた「円山球場」。

 根室を後にいよいよ札幌に向かった健太ととんま。
飛行機は「中標津空港」から札幌の「丘珠空港」へ!
飛行時間は約1時間。
ご覧のようにプロペラ機なので同じ道内でも結構時間がかかった。
しかしそれだけに飛行中は北海道の景色を思う存分機上から楽しませてもらえた。

 札幌のホテルは駅のそば、
さすがにインターネットは無料でばっちり使える。
かと言って困るのはとんまが側にいること、、。
健太がネットに集中しちゃうと、
ハワイにいる時と違って何もすることが無く手持ち無沙汰なとんま。
だんだん「蛸」のように口が尖がってくる。
それだけですめば良い、
終いには健太の背中や尻をぎゅーっと「つねって」」くる!

 「いてー、何をするんだ!」
「だって、健太ったらあたしをほっぽらかしてさー!」
「ま、そう言うなよ。すぐ終わるからさ!」
「すぐ終わるって、もうさっきから1時間も、それやってるじゃん!」
「ごめんごめん。でももうすぐだからさ、、」
「いや!もう!健太あたしのことなんか愛してないんだから!」
「な、何言ってるんだ、愛してるよ!もちろん愛してるけど、、」
「嘘!愛してたらあたしをこんなに一人でほっぽってなんかいられる分けないじゃん!!」
「わ、分かった!もう終わらせるから、機嫌を直せよ、、」

 皆さんも良くご存知とは思いますが、愛するって大変なことなんですね、、。
ってなぐあいで、、今日はこの辺で、、、(汗)。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

May 19, 2009

みんなこの岬で夢を見た!

Imgp6382朝の根室港。まるでハワイの青空のような素晴らしい天気だ!
Imgp6386その帰りに寄った魚屋さん。
Imgp6388根室市内。
Imgp6391市役所に立つ方位看板。
Imgp6395バス停歯舞。
Imgp6397遂にやってきた、ここが納沙布岬だ!
Imgp6402納沙布岬。ここ根室では何処へ行っても「「北方領土を返せ!」の文字が、、。
Imgp6408ここが日本最東端とは言うけど、、。
Imgp6404この岩がおそらく日本最東端になるんじゃないかな、、。
Imgp6410この晴れ渡った景色、、どこかハワイに似ているね、、。
Imgp6415日本の一番東に打上げられた難破船の残骸。
Imgp6418納沙布岬の売店で食べた「「かにラーメン」。さっぱりしてとても美味かった!
Imgp6417売店で無料でf振る舞われる「鉄砲汁」。つまり「かにの味噌汁」」だね!
Imgp6421砲汁の看板。北海道各地でこの鉄砲汁は食べられるようだ、、。
Imgp6422納沙布岬はJR根室駅から約50分ほどバスに揺られる。

 日本で一番東に位置する街根室。
納沙布岬はその中でも最も東にある最東端の岬。
そして皆この岬で夢を見た!

 ラスクマン

最初のロシアの遣日使節。鎖国中の日本と通商を求めるべく、
ロシア皇帝エカテリーナ2世の命を受け使者として、
日本の漂流者「大黒屋光太夫」ら3名を伴い1792年に根室に来航。
一行は一冬を根室で過ごして、
翌春に松前で幕府の役人と会見。

 松浦武四郎

江戸時代から明治時代にかけて北海道はじめ千島樺太などくまなく探検し、
多くの地図や記録を残した探険家。
根室にも何度か訪れて当時の様子は「知床日誌」の中に紹介されている。
後に開拓史の判官に任命される。

 高田嘉兵衛

淡路島生まれ、江戸時代の豪商。
廻船業を営み北前船「辰悦丸」で北海物産の交易に活躍。
幕府の命を受け、
択捉島への航路を開拓し、北海道では函館を根拠地として、
択捉、国後島、根室などを漁場として開発。

 リンドバーグ

アメリカの飛行家。
1927年単発飛行機・スピリット・オブ・セントルイス号により大西洋無着陸飛行に成功し、
一躍世界の英雄となる。
その後夫婦で世界各地へ冒険飛行を重ね、
1931年水上飛行機で根室港へ寄港した。

 根室の宣伝ポスターより。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

まだまだ続く、北海道の旅!

Imgp6217摩周湖の隣の湖、屈斜路湖。
Imgp6227そしてその屈斜路湖を見下ろせる小清水高原。
Imgp6239芝桜、芝桜、そして芝桜!
Imgp6236東藻琴芝桜公園。なんと、山全体が芝桜だ!
Imgp6248遂に食べた北海道ラーメン・大豊ラーメンの「ねぎ味噌ラーメン」!
Imgp6261屈斜路湖の足湯。砂場を少し掘ると温泉が出てきて足を入れるともう既に「足湯」状態だ!
Imgp6264屈斜路湖の「クッシー」!ネッシーにあやかったらしい!
Imgp6279そして泉質日本第3位の「川湯温泉」へ!
Imgp6265川湯温泉最初の夕食。ホタテがめちゃ美味かった!
Imgp6269とんまが頼んだ十勝ワイン、「摩周湖」!
Imgp6298川湯温泉を後にJRは走る!
Imgp6302そしてその終点はなんとこの駅でした!

 皆さん今晩は!
行く先々でインターネットにめぐり合えず、
コメントのお返しが出来ずにごめんなさい。

 健太は根室にやってきました。
やっとネットにめぐり会えたので、
取り合えず足跡を皆さんに見ていただこうと写真をアップします。
ただ問題は一度にアップできる写真の量が今回はここまで。
一旦ログアウトして、もう一度アップさせて頂きます!


 

| | Comments (9) | TrackBack (0)

May 15, 2009

霧にあらず、快晴の摩周湖!

Imgp6053ホテルの近くに咲く「水芭蕉」。
Imgp6058「ボッコ」。阿寒湖の水辺にはこんな温泉が沸いている!
Imgp6059阿寒雄岳。
Imgp6076_2阿寒湖のモーターボート。
Imgp6087まだ雪がこんな具合に残っている!
Imgp6100ついにやってきた「摩周湖」だー!
Imgp6120
Imgp6133摩周湖は透明度で世界第1位だったのが、最近の環境破壊で第3位になってしまったと言う、、。
Imgp6136摩周湖からの帰路に寄った「硫黄山」。これが明日行く川湯温泉の元らしい。
Imgp6143硫黄の煙が噴出す模様、、、。

 皆さん、
沢山のコメントを頂きながらご返事が出来なくて本当にごめんなさい、、。
それにしても昨日は突然とんまの出場に驚かれたと思います。
とにかく時間が無いし、ネコの手、、、じゃなくて「とんまの手」も借りたいくらいだったのでつい、、、。
これからも何かにつけああやって手伝ってくれればすごく助かるんですが、
スッチ-という職業にはおよそ似つかわしくなく、
意外と人前に出るのが苦手な奴なんですよ、、(笑)!

 さて今日は、
この阿寒湖周辺を午前中散策、
辺りの名所をめぐってみた。
何しろダイアモンドヘッド様へのお願いが通じたのか、
3日前に雪が降ったなど想像もつかない程、嘘のような快晴!

 と、突然とんまが日本で使っている携帯が鳴った!
「『健太さんですか?』ですって、、、、」
とんまが驚いて健太にその携帯を渡してきた。
携帯を受け取って答える健太。
「ハイ、健太ですが、、、」
「あーよかった、さっきから電話入れてたんですがまるで通じなくって!
私Kに住むBです」
「あー、いつもコメントくださる、昔ハワイに住んでいらっしゃったあのBさんですか?」
「はいそうです!」

 Bさんには北海道に来る事が決定してからすぐにメールでとんまの携帯の番号を知らせてあった。
「健太さん、今日は僕時間があるんでそちら、阿寒にお伺いしますよ!良かったらあちこち案内させて下さい!」
「えーっ?ほ、本当ですか!」
北海道のことはまるで知らない健太。
Mさんとは札幌ででも会おうと思ってた。
だって彼のコメントで「髭の健太さんを探しに、札幌に行くかもしれませんよ!」なんて書いてあったので、
Kって言う町が札幌に近いと思っていた。
ところがBさんの話だと、阿寒のほうがKから断然近くて、車で1時間だという。
逆に札幌だとKからは4時間もかかるんだそうだ。

 ってなわけで、今日はBさんに明日行く予定だった「摩周湖」まで案内していただいた。
というのは、明日は天気が崩れて「摩周湖」もそれこそ「霧の摩周湖」になっちゃうらしい。
健太の好きな歌『霧の摩周湖』ではいかにも霧の摩周湖が美しいように歌われているけど、
実際の「霧の摩周湖」は霧で何も見えないそうだ、、(汗)。
お蔭様でご覧のように素晴らしい摩周湖を見てこれました。

 Bさん本当に有難うございました!

 

| | Comments (14) | TrackBack (0)

霧にあらず、快晴の摩周湖!

Imgp6053ホテルの近くに咲く「水芭蕉」。
Imgp6058「ボッコ」。阿寒湖の水辺にはこんな温泉が沸いている!
Imgp6059阿寒雄岳。
Imgp6076_2阿寒湖のモーターボート。
Imgp6087まだ雪がこんな具合に残っている!
Imgp6100ついにやってきた「摩周湖」だー!
Imgp6120
Imgp6133摩周湖は透明度で世界第1位だったのが、最近の環境破壊で第3位になってしまったと言う、、。
Imgp6136摩周湖からの帰路に寄った「硫黄山」。これが明日行く川湯温泉の元らしい。
Imgp6143硫黄の煙が噴出す模様、、、。

 皆さん、
沢山のコメントを頂きながらご返事が出来なくて本当にごめんなさい、、。
それにしても昨日は突然とんまの出場に驚かれたと思います。
とにかく時間が無いし、ネコの手、、、じゃなくて「とんまの手」も借りたいくらいだったのでつい、、、。
これからも何かにつけああやって手伝ってくれればすごく助かるんですが、
スッチ-という職業にはおよそ似つかわしくなく、
意外と人前に出るのが苦手な奴なんですよ、、(笑)!

 さて今日は、
この阿寒湖周辺を午前中散策、
辺りの名所をめぐってみた。
何しろダイアモンドヘッド様へのお願いが通じたのか、
3日前に雪が降ったなど想像もつかない程、嘘のような快晴!

 と、突然とんまが日本で使っている携帯が鳴った!
「『健太さんですか?』ですって、、、、」
とんまが驚いて健太にその携帯を渡してきた。
携帯を受け取って答える健太。
「ハイ、健太ですが、、、」
「あーよかった、さっきから電話入れてたんですがまるで通じなくって!
私Kに住むMです」
「あー、いつもコメントくださる、昔ハワイに住んでいらっしゃったあのMさんですか?」
「はいそうです!」

 Mさんには北海道に来る事が決定してからすぐにメールでとんまの携帯の番号を知らせてあった。
「健太さん、今日は僕時間があるんでそちら、阿寒にお伺いしますよ!良かったらあちこち案内させて下さい!」
「えーっ?ほ、本当ですか!」
北海道のことはまるで知らない健太。
Mさんとは札幌ででも会おうと思ってた。
だって彼のコメントで「髭の健太さんを探しに、札幌に行くかもしれませんよ!」なんて書いてあったので、
Kって言う町が札幌に近いと思っていた。
ところがMさんの話だと、阿寒のほうがKから断然近くて、車で1時間だという。
逆に札幌だとKからは4時間もかかるんだそうだ。

 ってなわけで、今日はMさんに明日行く予定だった「摩周湖」まで案内していただいた。
というのは、明日は天気が崩れて「摩周湖」もそれこそ「霧の摩周湖」になっちゃうらしい。
健太の好きな歌『霧の摩周湖』ではいかにも霧の摩周湖が美しいように歌われているけど、
実際の「霧の摩周湖」は霧で何も見えないそうだ、、(汗)。
お蔭様でご覧のように素晴らしい摩周湖を見てこれました。

 Mさん本当に有難うございました!

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

健太、阿寒湖へ!

Imgp5969_2昨日夕食へ行った蒲田の「湘南食堂」。なんともレトロな雰囲気がたまらない!
Imgp5964メニューは至ってオーソドックス。頼んだのは「かまあ揚げしらす定食」。
Imgp5965「しらすずくし定食」。
Imgp5984おーっ!あれが釧路の街だ!
Imgp5993JR釧路駅をうろつくロシア女性たち。やっぱりここは北海道だ!
Imgp5998あれが見えればもうすぐ阿寒湖だ!
Imgp6003「あかん遊久の里鶴雅」の夕食の一部。
Imgp6006「あかん遊久の里鶴雅」のレストラン「北璃宮」から見る阿寒湖の景色!

 夕べおっかさんの1周忌を終えて健太は今北海道・阿寒湖に来ている。
今日から1週間ほど北海道旅行を満喫したい。

 阿寒湖の宿泊先は「あかん遊久の里鶴雅」!
なかなか豪華な温泉ホテルで居心地もすこぶる良い。
多分バブルの全盛期に造られたものだろう、
多少くたびれはじめた感じは否めないけど、未だにその隅々は煌びやかな雰囲気があふれている。
それとこの4年間、いわゆる「温泉地」でのインターネット環境は最悪で、
一度としてこの健太をアップした試が無かったけど、なんと無料インターネット・ラウンジまで完備!
なんとも感動もの!

 でも、ごめんなさい!
後ろに順番を待っている人が居るのであまり長々アップできません。
てな訳でとりあえず近況報告、させて頂きました!!

PS:昨日のコメントのお返しも、となりのPCでとんまに頼んで書いてもらっています、、(汗)
明日からも出来る限り近況報告はしたいと願って居ますが、
万が一出来ない場合はどうかひらに御容赦下さい!

| | Comments (11) | TrackBack (0)

May 12, 2009

昔懐かしい「中華そば」& 「支那そば」、、、

Imgp5936いつも満員で待たされる夕食時の「餃子の王将」蒲田店。
Imgp5935健太が頼んだ「中華そば」と「餃子」。やっぱりいつ食べても「餃子の王将」は美味いね!
Imgp5940そして朝食は例のごとく「ジョナサン」のこれ!

 やっと目的の「餃子の王将」で夕べ夕食を食べた。
昼間のあの「アジフライ定食」の量がかなりあったので健太もとんまも少し遠慮気味にオーダー。
とんまは餃子と卵スープ。健太は写真の「中華そば&餃子」。

 最近の若い人たちは知らないかもしれないけど、健太たちの子供のころは「ラーメン」って言わずに、
「中華そば」って呼んでた。
それと昔はなぜか「日本蕎麦屋」にもそんなもんがあって、
名前は「支那そば」って呼んでいた。
夕べ健太の食べた「中華そば」は、ご覧のように今の「醤油ラーメン」とあまり変わらず、
いわゆる「東京ラーメン」に近かったかも知れない。
ただし、上の写真のような焼き豚のでかいのは乗っていなかった。
ぺらぺらの薄い肉片、、と言った感じのもが乗っていたと記憶する。
しかしその日本蕎麦屋の「支那そば」はおそらくその「中華そば」前身ではあったと思うけど、
大分「中華そば」、そして今もラーメンとは様相が違った。
先ずスープがどちらかと言うと「日本蕎麦」のスープの味に近くて、
トッピングに関してはまるで違っていた。

 「支那そば」のトッピングは、
先ず「ほうれん草のおしたし」のようなものがちょっと乗っている。
そして一切れの「鳴門」。
ま、共通点といえば次の「メンマ」くらいなものかな、、、。
だから「メンマ」も昔は「支那ちく(竹)」と呼んでいた。
日本蕎麦と「支那そば」の違いと言えばその「支那ちく」位のもんだっただろうか、、。
あっ、それと「麺」は今のラーメンに近かったかも知れない。

 本当に懐かしい昔の「支那そば」、
今のラーメンとは大分違うけど、
多分あれがあったのは昭和の20年代から、
せいぜい30年代後半頃までだったんじゃないだろうか。
こうして思い出している間に、
なんだかあの「支那そば」が無性に食べたくなって来た、、、、(笑)。

 日本を離れて40年。
こうして帰ってくるたびに昔懐かしい日本の姿がまぶたに浮かんでくる。
何しろ健太の育った「杉並区高井戸」の川には、
「フナ」や「めだか」、「水澄まし」がまだまだ沢山いた頃だからね。
「どじょう」なんてのはその辺の畦道から田んぼに手を突っ込めば、いくらでも取れたんだぜ!

| | Comments (16) | TrackBack (0)

May 11, 2009

揚げ物ばっかりは、やばいかなっ、、

Imgp5915少し内容の変わったFクラスの和食膳の前菜。
Imgp5917和食膳のメイン。白身魚を甘辛く、、。
Imgp5916とんまの頼んだ「フィレ・ミニヨン」。こちらは前回と変わらず!
Imgp5920Fクラスのシート操作ボタン及びオーディオ操作ボタン。シートはベッドのように真っ平らになるのでゆっくり寝れる。
Imgp5927夕べ行ったトンカツ屋。
Imgp5924食べたのはロースカツ&えびフライ。これじゃあどっちがエビフライかわかんないよね、、(汗)。
Imgp5931今日のランチの「アジフライ定食」。食べたのは乗換駅の大井町の日本橋と言う定食屋さん。なんとこの定食これで450円。うーむ、日本では何を食べても美味い!
さて今日の健太とドライブはハワイを発つ前に既に You Tube アップ済みだった昨日の続き、カメハメハ・ハイウェーを通って空港からアラモアナまでのPart II 。

 皆さんこんにちは。
健太ととんまは無事に昨日の夕方4時ごろ成田に到着しました。
心配していた成田空港でのインフルエンザの検査は意外にスムーズで、
ホノルルからの入国はきわめて簡単、
書類を書き込むだけでそのほか別段普段と変わったことはありませんでした。
これがアメリカの他の空港からだとめちゃ大変で、
時には入国までに2,3時間かかってしまう、、
なんてとんまのスッチー仲間が言っていた、、(汗)。

 そんなわけで今日からまた健太とんまの日本珍道中がはじまります。
早速夕べは蒲田でトンカツ屋「熟かつ亭」へ、
今日のお昼は大井町の定食屋「日本橋」へ。
どちらも揚げ物、ちょっとやばいかなあ、、、(汗)。
さて、今晩こそ、ほら、あそこ、
あそこに行きたい、、(笑)!

| | Comments (17) | TrackBack (0)

May 10, 2009

ダイアモンドヘッド様、後の事は宜しく!

Imgp3674ノース、バンザイ・パイプライン。
Imgp3678ノースも暫く行ってないので、日本から帰ったら早速行こう。丁度季節も良い頃だ!
Imgp3929健太のハワイはハナウマから始まった、、はちとオーバーだけど、話せば長いことながら、ハナウマとはそれほど深い因縁がある、、。
Imgp3899ここは何処?前にも出てきたと思いますこの交差点、(笑)!
Imgp4253ダイアモンドヘッドさま、行ってまいります!
健太とドライブ。今回はホノルル空港からアラモアナまで、フリーウェーを走らないでカメハメハ・ハイウェーを走ってみました。これはそのPart I。

 では皆さん、行って来まーす、、
って言うか、そっちに行きまーす、、(笑)!

 ダイアモンドヘッド様、ハワイの後事、暮々も宜しくお願いしますね。
それと日本の天気、晴れ男の面目が保てるように、
素晴らしい天気を送ってください!

| | Comments (7) | TrackBack (0)

May 09, 2009

中身が増えるスッチー・バッグの中身!

Imgp5116アラモアナビーチパーク2枚。
Imgp5112
Imgp5154xそしてワイアラエ・ビーチ・パーク。
今日の健太とドライブは、ワイキキからホノルル空港へ向うPart I 。途中信号待ちの長いところはカットしてあります。フリーウェーはスピードが速いので何時ものように休み休み見てください。この続きは明日、、、、

、、、と思ったけど、えーい面倒だ、明日日本へ行っちゃうんで、Part IIも続けて見てくだい、、(笑)!

 さあ、明日健太ととんま日本へ向かいます。
日本に行く場合多少事前にやっておかなければならないことがある。
先ず支払い。
カードとか電話、電気、ケーブルTV代の請求が来るので事前に電話をして払っておく事。
(銀行引き落としは嫌いなのです)
以前日本から帰ったら既に支払期限が過ぎていて、ペナルティーを強制的に払わされた。
大した金額じゃないけど、これって馬鹿らしいよね、、。
後こまごまとした事もあるけど、それは確か前回に書いたので省くことにしよう。

 その反対にやっちゃあいけない事もあるんだな。
先ず床屋には行かない事。
こっちの床屋は下手糞なくせに安くはない!
日本の場合1000円カットだって結構上手い。
それと荷物にシャツなどあまり詰め込まない事。
それこそ普段着のシャツなんか健太の実家の蒲田辺りで買えば安い。
どうせすぐ駄目になるんだから、
そんなもんはハワイに帰る時始末して来れば良い。
ともかく身軽に動くのが健太のスタイル。

 ところがとんまときたら、
何時も何時も重たくてでっかい荷物をごろごろ転がして出かける、、(汗)。
旅のプロだからさぞかし身軽にあちこち飛び歩くと思うだろ?
とんでもない、それが「素人の浅はかさ!」ってもんさ。
旅が仕事、、、
イコール必要なものは自宅にいる時と同じように、
何時でも身の回りにおいて置きたい、、って事らしい。

 何年か前に彼女のバックの中身を事細かく書い事があったけど、
忘れたのでもう一度どんなものが入ってるのか聞いてみた。
「そうねえ、
着替えやグルーミング・キット、裁縫道具はもちろん、
バンド・エイドからちょっとした薬、
ポン酢やマイ箸、
非常食に靴磨きセット、
昔は携帯アイロンやパンツのゴムひも通しなんてのも入れてたわよ、、、(笑)」

 「なるほど、、パンツのゴムひも通しねえ、、」
と、感心する健太。
しかしあの職業、定年がないだろ、
それを考えてたらふとあることに健太は気が付いた。
「それじゃあ、そのうちに、『いれ歯』『オムツ』『かつら』なんかもその中に入ってくるんじゃないの?」
「、、、、poutannoybombimpactpunchsign03
「、、dashrun、、、」

 てな訳で、日本のどこかで白髪でヒゲの、
どこか日本人離れ、って言うか、
雰囲気が変わったおさんを見たらそれが健太だと思いますので、
「アローハ健太!」って声をかけてみてください、、(笑)!


 

| | Comments (15) | TrackBack (0)

May 08, 2009

なーに、君もまだまだ大丈夫だ!

Imgp5910今日のアラモアナ、マジック・アイランドから2枚。
Imgp5911
健太とドライブ。今日は昨日の続きで、H1フリー・ウェー(East)を空港からワイキキへの Part II!
フリーウェーを出た後のワイキキに向かう究極のローカル・コースをお楽しみください。さて車は最後にどこかのホテルで停まりますが、一体それは何処のホテルでしょうか、、(笑)!

 成功とは失敗の積み重ねの上に成り立つらしい、、。

 牧師をしている時「みすぼらしい!」と伝道師の仮免許を取り上げられて、
更に奇行が目立つと精神病院に入れられた。
生涯描いた絵は800を越したと言われるが、生前には殆ど売れなかった。
ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ

 デッカ・レコードのオーディションに不合格!
次いでコロンビア、パイ、HMVなどの大手レコード会社の契約を軒並み断られた。
ザ・ビートルズ

 自動車会社が成功するまで5回の破産をした。
ヘンリー・フォード

 714本と言うホームラン記録を作ったものの、その間の三振はなんと1330回もあった。
ベイ・ブルース

 「彼は想像力に欠け、まるで良い発想を持たなかった!」
と新聞社に勤めていた時編集長が言った。
何度も破産しながら、テーマパークを作ろうとした時、
市からは、「ろくでなしの集まるところを作るのか!」と言われた。
ウォルト・デズニー

 大学在学中の化学の成績は22人中15番だった。
ルイ・パスツール

 「学習する能力が低すぎる!」と学校で先生に言われた。
トーマス・エジソン

 4歳まで話すことも出来ず、7歳まで文字も読めなかった。
「精神的に遅れていて、社会性に乏しく、何時もおかしな空想をしている!」と学校を退学になった。
アルベルト・アインシュタイン

 高校生の時「最も成功しない少年!」と言う分野で選ばれた。
もちろん女の子にももてなかった。
俳優になっても映画会社のお偉方から、
「君には才能がない!」と言われた。
ハリソン・フォード

 作った電話会社の運営は思うようにいかなかった。
当時の大手電気会社「ウェスタン・ユニオン社」に身売りをしようとしたが、
「電気のおもちゃで何が出来るんだね、、」と軽くあしらわれた。
グレアム・ベル


 当時はロックの偏見が強く何度も中傷された。
ラジオの出演はたった一度で首にされ、
「トラック運転手に戻れ!」と言われた。
エルビス・プレスリー 

 高校生の時バスケット・チームのメンバーから外された。
「人生において、幾度も失敗を重ねたからこそ成功できた!」
と言っている。
マイケル・ジョーダン

| | Comments (22) | TrackBack (0)

May 07, 2009

ベトナム料理、あれっ?美味いよ、これっ!

Imgp5882エアポート・ポストオフィスに咲く五弁の花。名前は、、赤シャツさん教えてください、、(汗)。
Imgp5903赤い車が停まっているところが「PHO BISTRO 2」。カラカウア通りからこんな具合に見える。
Imgp5891「PHO BISTRO 2」。住所は1694 Kalakaua Ave。向こうに見えてるのがアラモアナホテル。
Imgp5893左が「グリーン・パパイヤ・サラダ」、右が「サンヌー」。
Imgp5895この半透明のタピオカ・シートで「サンヌー」の皿に載っているさまざまな具財を包んで食べる。
今日の健太とドライブは、空港からワイキキ方向へH1を走った。You Tubeは10分しか載せられないので、続きは明日載せます。今回走行中にカメラを支えている吸盤が1つ外れたので、少し画面が揺れてます。スピードも速いし目が回るかも知れないので、ゆっくり休み休み見てくださ、、(笑)!
  
 昨日ハワイ在住のKMさんから、
「カラカウア・プレート・ランチ」のアップにコメントを頂いた。
是非行って見たいとおっしゃって、
ついでにKMさんお薦めのお店を紹介してくれた。
コメントを読んで覚えている方もいると思います。

 そこで今日は早速そのKMさんお薦めの、
「PHO BISTRO 2」へ行くことにした。
場所は「カラカウア・プレート・ランチ」のすぐそば、一寸ワイキキよりの道路の向こう側だった。
店内は昨日の「カラカウア・プレート・ランチ」と打って変わってとても綺麗。
メニューを広げるけど何を頼んで良いかわからない。
かと言って、KMさんお薦めのガーリックシュリンプがメニューに見つからない。
何しろ「Pho」が未だに苦手な健太、何とか「Pho」以外のものをオーダーしたい、、(汗)。
そこで先ず、とんまが食べたことの有ると言う「グリーン・パパイヤ・サラダ」を一つオーダー。
で次に、「なんだかんだコンビネーション」とあるので、「これはなんですか?」と店員に聞いてみた。
「あー、それはベトナムでは『サンヌー』って呼ばれてるもので、
そこに書いてある具財をライスペーパーに包んで食べるんですよ!」
「なるほど、ライスペーパーか! とんまそいつはきっと、餃子の皮とか、春巻きの皮似たいな奴に違いよ!」
ってな訳で、そいつを頼むことにした。

 やがて写真でご覧頂いているようなものが出て来た。
店の主人らしい女性が食べ方を丁寧に教えてくれた。
そのライスペーパーは丁度健太の手のひらくらいの大きさで、
実際は「タピオカ・ペーパー」と呼ぶそうだ。
皿の上のバーべキュー・ミートやシュリンプ、野菜を載せてそのペーパーでくるんで、
専用のソースを付けて食べる。
ソースの中には日本の「なます」のように、にんじん大根の細切りが入っている。
好みのものをそのライスペーパーにそれぞれ包む2人。
すべて素手による作業。
しかしPhoが苦手な健太、実はあまり期待はしていない。
包みが出来上がると、
そいつをとんまも健太もほぼ同時に口に突っ込んだ!
とんまの目を見る健太。
あーっ!とんまの目がまん丸になった!
そして何か言おうとするけど声にならない。
口のものが噛み砕かれるまで無理そうだ。
健太が先に声を出した。
「あれっ?これ、美味しいよ!」
「ご、ごれ、おいじいね健太!」
とんまはまだ口をもごもごさせて言った。

 どうやらこれからこの「PHO BISTRO 2」、健太たちの行きつけのレストランになりそうだ。
値段は〆て20ドル39セントと、とてもリーゾナブル。
興味のある方は是非一度寄られてみてはいかがですか!
その女性は、「ハワイのPhoではインターネットの投票でナンバーワンになったんですよ!」
と自慢していた。
「グリーン・パパイヤ・サラダ」「サンヌー」の味から想像しても、
きっとここのPhoならば美味いに違いない!


| | Comments (46) | TrackBack (0)

May 06, 2009

プレートランチ、こいつあ美味い!

Imgp5870カラカウア・プレートランチ。カラカウアからドンキに行く丁度角にある汚い店だが、、。
Imgp5875カラカウア・プレートランチの。左がとんまが頼んだ「レモンチキン」。左が健太の頼んだ「チャップ・ステーキ」。味は、、、とんまいわく、「け、健太、美味しい、凄く美味しいよ!」。
Imgp5877ワーオ!表も汚いけど中はもっと汚い!
Imgp5874このオーダー・カウンターが凄いよね、、(汗)。
久しぶりのクイズなんか、いかがですか、、(笑)!
 
 さてこの前ハワイに来てた千歳のコージさんお薦めの、
「カラカウア・プレートランチ」、
この前間違えて、、と言うか偶然見つけた「Tae's Teppanyaki」に入ってしまったので、
今日は何としても行こうと、とんまと出掛けてみた。
今時日本からの皆さんの方が色んなところを良くご存知だ。
事前に電話帳で、「カラカウア・プレートランチ」の住所を調べておいた。
1665Kalakaua Ave、、、。
何の事は無い、それはカラカウアとマカロアの角じゃないか!
この前もそこを通ったけどあまりにも汚い上に、
サインも一寸上の方にあったので見過ごしてしまったんだ、、(汗)。

 ご覧のように「これ以上汚い店は無い!、、」って言うくらいその店は汚かった。
「ねえ健太、だ、大丈夫かしら、、」
店内に入ってその様子を見たとんまは既に及び腰、、、。
店のおっさんはチャイニーズらしいので日本語で何をしゃべろうが分かりゃしない。
「日本は世界に誇るグルメ王国、その日本人が美味いって言うんだから、大丈夫じゃないのか、、」
とは言ったものの、健太も決して自信があった訳じゃない。

 やがてオーダーした「レモン・チキン」と「チョップ・ステーキ」が出て来た。
値段はそれぞれ5ドル50セントと6ドル。
テークアウト・プレートが手に焼きつくように熱い。
火力の強いガスで料理しているからに違いない。
サイドに出てきたレモン・ソースをチキンに掛けて早速口に入れたとんま。
突然その目が「まん丸」になった!
「け、健太、美味しい、凄く美味しいよ!」
健太もすぐに「チョップ・ステーキ」を食べる。
「うーん、こいつあ美味いぞ!」

 ハワイの食べ物屋成功の為の3要素、
「安い」「美味い」「量が多い」を12分に満たしている、
「安い」「美味い」「量が多い」を求めるツーリストには絶対お薦めの店だ!
もちろんローカルにはもともと人気の有る店らしい。

 でも、この前「Tae's Teppanyaki」を載せた時(4月28日)、
コメントをくれたMakaniさんが、「うわさのお店は、たぶん「K・プレートランチ」だと思いますが、
さすがの健太さんでもびびる(おじけづく)と思いますよ、、」
って言ってたわけが良く分かりました、、(笑)!

| | Comments (57) | TrackBack (0)

May 05, 2009

俺は才能が無いなんて言わせない!

Imgp4043咲き乱れる様々な色のブーゲンべりア。
Imgp4471カイルアビーチとラニカイの中間にあるココナッツ・ツリー。
Imgp4475ラニカイの東の外れは砂浜がなくなってきている、、。
Imgp4478この辺りまではまだ少しは砂があるかな、、。
Imgp4503これとほぼ同じ写真を以前に載せたと思うけど、確かこの枝に葉っぱが付いてる写真じゃなかったかなあ、、、。
Imgp4496こうして写真だけ見ていると、健太の住んでいる島の景色とはまるで思えない、、(汗)。
健太のなんちゃってウクレレ・レッスン、7回目。今日から新曲の練習「夜空ノムコウ」は、、、

 もうすぐ日本へ行くことになっているので、第7回目のレッスンを急遽収録しました。
健太のウクレレ・レッスンをやっている皆さんは、
健太の留守中、この曲でがんばって練習してください!

 結局才能を開花させるには何事もそれを繰り返して行うことしかないと思う。
つまり練習の数がものを言う。
どんな才能の持ち主も必ず血のにじみ出るような練習をしている。
何もしないで「俺は才能が無い、、」んなて、人生をなめてる!

 健太はゴルフが大好きで、かつては毎日のように打ちっぱなしに通った。
更に仕事の関係上、週に1、2回必ずコースに出てプレーした。
打った球の数たるやトラック5杯や6杯じゃ済まないだろう。
それなのにオフィシャル・ハンデキャップは最低で10までしか行かなかった。
年に数回70台は出たけど、とてもシングルプレーヤーにはなれなかった。
そういうのを「才能が無い!」と言うんだ。
ねえドクターtwyok、、、、(笑)!
ちょっくらウクレレを触って、、「俺は、私は、才能が無い、、」とは言わせない!
とにかくウクレレでも何でもやってみたいなら、
才能が有るのか無いのか、徹底して練習して欲しい。
ウクレレの場合、
「あー俺はやっぱり才能がなかった、、、」、って最後に思っても、
その時は最低でも健太ぐらいは弾けるようになってますのでご心配なく(笑)!

 ところで前回の高級ウクレレ・フルークの当選者、
未だに何の連絡もありません、、(汗)。
この懸賞はこの「健太のワイキキだよおっかさん!」を見ていてくださる方たちのものです!
当選した「kazumochi」さん、至急住所氏名などの情報を健太宛にメールを送ってください。
賞品の発送が出来ません。
1月以上何の連絡も無い場合は残念ですが権利放棄とみなさせて頂きます。
万が一そんな場合は、前回応募して頂いた残りの13名の皆さんで、
再抽選を行います。

| | Comments (24) | TrackBack (0)

May 04, 2009

「パープル・ヘイズ」、ジミヘンのアイディアはどこから?

Imgp5850えーと、何処だっけ?どこかで見た景色だけど、、(笑)!
Imgp5234x狭い砂浜で本を読む女性、、。ワイキキビーチは広いんだ、もっと広いところへ行けばいいのにね、、。
Imgp5297x健太の愛用しているウクレレの数々。右から2番目の機種が今回の懸賞と同型のマホガニー・テナー・ウクレレ。一番右のでかいのは「バリトン・ウクレレ」で、ギターと同じ調弦で使っている。
健太とドライブ。今日はこの前のH3の帰り道。終点のカネオヘ・ベース・ゲートの駐車場でUターンして暫くすると右手に展望台がある。今回のビデオはそこから出発している。スピードが早いので目が回るかもしれないので、また休み休み見よう、、(笑)!

 今日のホノルルは「ヘイズ」に覆われた蒸し暑い一日だった。
ボグ(ハワイ島からの火山灰の飛来)なのか春霞なのか分からないけど、
視界がぼやけて何処を撮っても良い写真が撮れない。
そんな訳で掲載した写真は以前に撮ったものだ。

 「ヘイズ」と言えば健太たちが昔憧れたジミヘン(ジミ・ヘンドリックス)の、
「パープル・へイズ」を思い出す。
確か日本の題名は「紫のけむり」だったと思うけど、、、。
 
 それにしても初めてあの曲を聞いたときは正直言って腰を抜かしそうだった!
ぶっとい歪んだギターサウンド、
それまでに聞いた事のないようなメロディーライン、
そして妙なコードのバッキング。
更に彼のギターソロはまるでルール不在の常軌を逸したものだった。
それは多分LSDやマリワナによるものだろうと周りからは言われていたけど、
例え何があったとしても彼の中にそんなものが内在していたいからこそ、
そうした彼の世界が生まれたわけで、
何も無いところから何かが生まれる訳が無い。

 人は生きながら、常に何かを求めている。
それは今流に言えば「自分探し」とか言うことになるんだと思うけど、
で、旅にでる。
旅にも色んな旅があるだろうけど、
人によっては「自分探しの旅に出る!」、なんて人もいるようだ。
旅に出て何かに触発されて自分を発見しよう、、と言うことなんだろうけど、
本当にそんなことで自分を発見できるんだろうか、、。
例えそんな事が有ったとしても、
それは当然発見されるべきして発見出来たもののような気がしてならない。

 人は大体100年で4代。
例えば400年前に何人の自分のご先祖様がいたかざっと計算してみると、
なんと6万人以上いたことになる。
父母2人、祖父母4人、曽祖父母8人、、、そうやって400年遡ってその人たちの数を全部足していくと、
そういう数字になるんだ。
つまり、たった400年遡っただけで、
君の体の中に6万人以上の血が流れている事に気が付く。
我々の体の中にはその人数分のDNAは確実に残っているってこった。

 最近健太は夜寝る前の不思議な現象に気が付いた。
いや最近ではなくこの10年位かな、、。
ベッドに横たわって目を瞑ると、時々何かが見えるんだ。
<一体何が見えるんだろう、、>
目をこらしてつぶったその瞼には、
時には源氏物語かなにかの「絵巻物」のような物が次々と流れていったり、
また或る時には不思議な文字が、電光表示板のように流れてゆく。
それは漢字を逆さまにしたような文字であったり、
エジプト文字のようであったり、また時にハングルを逆さまにしたような見たことも無い文字の数々だ。
それが見えるのは精々1、2分間、、
時間が経つにつれかすんでしまって、終いには何も見えなくなる。

 いったいあれは何なんだろう?
あまりにも良くそんな現象が起こるので(月に一度は必ず起こる)、
最近はそれを、
そうした何万人ものDNAが健太に何かを伝えようとしているんじゃないか、、、
と考え始めた。

 ジミヘンがあの不思議な旋律を作り出したのは、
LSDでもマリファナでもなく、
彼自身の中のDNAが彼に伝えた物、、、
なんて思いを巡らせるのは、
とても神秘的でわくわくと心躍る。
まさに「紫のけむり」、
火の無いところに煙は立たない!!

PS:昨日の懸賞マホガニー・テナー・ウクレレの当選発表は6月はじめです。
応募した方は、自分が当選したことを気が付かないことの無いように、
必ずその頃このブログをチェックなさってください。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

May 03, 2009

また素晴らしいウクレレが当たる!

Imgp5856ボードを担ぐ「パドル・ボーダー」たち。パドル・ボードは比較的易しいので女性にも大人気!
Imgp5861アラモアナビーチでスウィミングやパドル・ボードを楽しむ人たち。
Imgp5854これがそのパドル・ボードだ!
健太のなんちゃってウクレレ・レッスン 6回目。今回は下の写真の素晴らしいマホガニー製、テナー・ウクレレが当たります!
Imgp5862これが賞品の「マホガニー製、レオラニ・テナー・ウクレレ」と同じもの。これは健太が現在使っているものの一つ。別に新しいのを差し上げます。沢山申し込んでくださいね!申し込み方法は、レッスン・ビデオの最後でお伝えしているのでご覧ください。
健太とドライブ、今日はワードからカピオラニ。そしてその後はどこへ行ったんでしょうか?
 
 最近あちこちのビーチで「パドル・ボード=Paddle Board」が流行っている。
ボードに乗ってパドル(オール)で漕いで行く、ごく簡単なオーシャン・スポーツなので女性にも大人気だ。

 さてこの「パドル・ボード」、ちょっぴり問題を起こしている。
「パドル・ボード」は単にボードの上に乗ってパドルで漕ぐだけなので、
波のない穏やかなビーチがその場所として最適。
例えばアラモアナビーチなど、もっともアイディアル(理想的)な場所だ!
しかしご存知のようにアラモアナ・ビーチはスウィミング・ビーチとして昔から広く人気がある。
つまり困ったことにこの「スウィミング」と「パドル・ボード」は同じような環境を必要としている。

 アラモアナビーチでは最近スウィーマーにパドル・ボードがぶつかって、
怪我をするなど小さな事故が多発していると言う。
そこで市側では、
パドル・ボーダーに対してアラモアナビーチの西側(ダウンタウンより)奥を使うように指定してきた。
しかしこれにはパドル・ボ-ダーから一斉に「ブーイング」起こった。
何故なら、駐車場はマジックアイランド側つまり東側(ダイアモンドヘッド側)にあるので、
でかくて重いボードを、ビーチの東の端から西の端まで担いで行かなきゃならない、、、。
確かに大変そうだ。
あちらを立てればこちらが立たず、、。
世の中、求めてるものや考えてることがそれぞれ違うんだ、
何時も問題が起きるようにはなっているんだよね。

PS: ウクレレの懸賞応募初めての方は kenta-hawaii@nifty.com まで、
  「懸賞ウクレレ希望」とメールを下さい!

| | Comments (20) | TrackBack (0)

May 02, 2009

日本も高速を無料にしろ!

Imgp5844今日のランチは「花ぜん」。
Imgp5847ハンバーグステーキっとアジのフライ、税込み$7.18。とんまが成田に飛んでいないので、一人淋しく食べました。こんなものの値段はハワイも日本もあまり変わらない。窓の外に「ウォルグリーン」が見えるだろ!
健太とドライブ、今日はベルタニア・ストリート。さて健太は最後ベルタニアから何処の通りに曲がって、何処で停まったでしょうか、、(笑)!

 日本とハワイと往復する機会の多い健太、
比較する気もないのに、いろんなことの違いに気が付かざるを得ない。
中でも一番の疑問点はアメリカと日本の物の値段の差。
あまりにも違いすぎる。
 
 前にも話したと思うけど、一番驚くのは電気製品の値段。
この前ヘッドフォンを探している時、
Boseの値段の差には驚いた!
一番高い「Bose QC3」は日本で47,250円。
全く同じものがアメリカでは349ドル。
ただこれに関してはアメリカの製品なので、
もしかして輸入税など目に見えない+アルファーがあるかもしれない。
しかしそれだからと言って1万円以上の差があるのはどこか不自然だ、、。

 また薄型テレビに関しての値段の違いにはどうしても頷けないものがある。
日本も最近少しずつ安くはなっているものの、まだまだその値段の差は歴然としている。
55インチのプラズマはハワイの大型店で2000ドルも出せば見つかる。
しかし日本では同じようなものが40~50万円。
高いところでは60万近い値段がついている。
アメリカでは大量オーダーして値段を下げさせているにしても、
日本で倍や倍以上ってのはひどすぎる。

 CD1枚にしてもアメリカではニューリリースのCDは精々$14~$18程度。
ウォルマートなんか時々$11、、なんて時がある。
日本ではちゃんとしたアーティストのものは少なくとも2500円~3000円はする。

 何故こんな話になったかって言うと、
この2日間ほどフリーウェーのビデオを載せていて、
ふと、日本であのくらい高速を走ったら幾ら取られるか、、って考えたからだ。
H3は山間を切り開いて建設され、
途中遺跡などが出たりして迂回コースを取らざるを得なかった結果、
アメリカで一番建設費の高い高速道路になったそうだ。
でも、どんなに高い建設費がかかっても、
市民から金を取ろうなんて、何処の州も考えやしない。
だってそのために市民は既に色んな税金を払わされているんだ。

 アメリカで無料に出来るんなら日本だって出来ないわけがない。
国会議員一人一人、そんな事は先刻ご承知。
只問題はこうしたことを議員が改革しようとすると、
結果的に皆自分の足元をすくうことになる。
まるで犯人と刑事が同一人物になる推理小説のように、
日本の政治は筋の通らない陳腐なものだからだ。
冒頭の物の値段にしても結局は同じこと、
どこかで誰かが何かをやっているからに他ならない。

 日本にもオバマのような優秀な人材がそろそろ出て来ても良いような気がする。
橋本さんなんかどう?

| | Comments (18) | TrackBack (0)

May 01, 2009

あれっ?それって何て言うホテル?

Imgp5835今日はとてもいい天気!カラカウアとカピオラニの交差点にて。
Imgp5838オレンジの小さな花。名前は知らない。赤シャツさん教えてください!後ろに見えるのはホテルですが、一体何処のホテルでしょうか、、?
Imgp5837久しぶりにジャパン・ビデオで日本のTV番組を借りてきた。上のホテルのヒントはこの写真にもあります、、(笑)
Imgp5826H3の終点カネオヘ・ベースに近いところからH3を撮ってみた。

今日の健太とドライブ、昨日の続きでH3のトンネルを抜けたところからカネオヘ・ベース入り口まで。約10分間、H3のドライブお楽しみください!

 昨日の続きのH3のドライブ、昨日と同じくスピードが速いので、
あまり集中すると目が回っちゃうかも知れません。
休み休みご覧ください、、、(笑)。

 このビデオの終点は「Kaneohe Marine Corp Base(カネオヘ・マリン・コーポ・ベース)」。
もし皆がこんな具合にH3をドライブすることがあったら、
H3終点カネオヘ・ベースでは健太がビデオ内でやってるようにゲートには入らず、
ゲート手前右側にあるパーキング内に入ってぐるっと回って反対車線に入れば、
来た方向に戻れます。
ベース内には許可なしでは入れません。
即逮捕されます、、(笑)!

 さて2枚目の写真に写ってるホテル、
一体なんと言うホテルでしょうか?
ヒントは健太が勤めていたホテルの傘下に名を連ねていたホテルです。
そして今日の3枚目の写真にも大きなヒントがあります。

 たまには長々書かず、この辺で失礼しよーっと、、(笑)!

| | Comments (18) | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »