« アイスはもう食べません、、なんちゃって、、(汗)。 | Main | 6000キロを飛んで来た「気」! »

July 31, 2009

どうなる、世界経済!

Imgp0315カメハメハ大王様にも無事帰国のご挨拶をして来ました、、(笑)!
Imgp0317カメハメハ大王様の後姿も、なかなか立派です!
Imgp0320ランチはこのホテルの、、、
Imgp0323和食レストラン「都花嵯」へ。とんまが「バターフィッシュの味噌焼き(左上)」、健太が「アヒ・ベレーの煮付け(右下)」。どちらもハワイではトップクラスの味付け、とても美味しかった!
Imgp0324そして夕食の材料を買いにここへ。肉類はこの「セーフウェー」のものがローカルには定評がある。

 世界経済は一体どうなるんだろう、、。
とんまの勤めるUXエアラインでは先週社員たちの間で、
「もううちの会社もやばいそうだ!」と言う噂で持ちきりだった。
とんまも真剣に次の仕事を考えなきゃ、、などと眉間に皺を寄せていた。
それがどうだろう、
今週のTV・ニュースではUXエアラインが「黒字になった!」と、
アナウンスがあった。
こんな時代なので様々な人間の憶測が様々な形で現れて、
一体何が本当なのか分からなくなっているのが現状だろう。

 しかしこうなって来ると世界経済の予想が非常に困難になってくる。
いまや日本を抜いて世界一の外貨保有高を誇る国「中国」、
この国の動きが一つの鍵を握っている事は間違いない。
ところがこの中国という国、
未だにベールに包まれているところが多く、
彼等の発表する数字はにわかに信頼できるものではなさそうだ。

 特に中国が発表するGDP成長率、
こいつが先ず曲者だ!
例えば、彼等は「対前年比同期」の数値のみ発表して、
実質のGDP実数値や対前期比成長率について公表しようとしない。
日米欧をはじめとする主要国はどこも「対前期比」を公表しているというのに、
中国はその公表を拒み続けているのだ!

 中国は2008年度の失業率を4.2%、失業者総数が890万人と発表している。
失業率が4.2%で失業者が890万人と言う事は、中国の全労働人口は2億1200万人と言うことになる。
たった2億人が働いて、人口12億の国民全員が生活している計算になる。
そんな馬鹿な!
実際には中国当局が発表したその失業率とは、
都市部の登録失業者のみで、
数億人に登る農村部からの失業者の数は含まれていないのだ。
よってそれらを含んだ失業率となると実際は9.4%とも言われている。
つまり実際の失業者の数は1億人を越えているわけだ。
そして1億人の失業者といえばほぼ日本の人口と同じことになる、、、。

 アメリカは自国の国債を中国に買わせるため、
またその国債を売却されないように、猫なで声で彼等に
近いづいている。
今中国の持つ「米国債」が売りに出されでもしたら、
アメリカは甚だ危険な状態に陥る。
果たして何処まで中国がそのアメリカの国債を買い支えられるか、
非常にきわどいところに来ているのは誰が見ても明らかだ。
特に最近の中国のアメリカ国債の買い方が、
「短期物」に集中している事が、
なんとも不気味に思えてならない、、、。

 さあ、日本よ!
一体らどうする、、、、。
自民だ民主だと言って、
責任のなすりあいをしている暇があるのか!

|

« アイスはもう食べません、、なんちゃって、、(汗)。 | Main | 6000キロを飛んで来た「気」! »

Comments

健太さん この夏のお天気と一緒で世界経済もどうかなっちゃってますね。我々ももう先のことより目先のことで精一杯です。とにかくこれからは中国を抜きしては世界を語れないのは確かですね。選挙も良いんですが本当に日本のことを考える政治家に一票を投じたいです。(汗)

Posted by: ばってん | July 31, 2009 at 06:29 PM

健太さん、こんにちは

今日のお題はヘビーですねshadow
中国と接点のある日本人で中国の先行きに対する見方は、大企業の役職クラスの人と末端の現場で働いていたり、単に生活していた人とではほとんど真逆のような気はしますeye
おしなべて中国や中国人が好きな人は多いですが、意見を聞くと面白いですよpig
極端に言えば、中国はデカイから伸びるという見方と中国はデカイから伸びないという見方に2分されるような感じですcoldsweats02
もっとも、このあたりはtwyokさんが一番お詳しいと思いますがsweat01

アメリカの国債、確かに中国が大量に保有しているようですが、最新の公表値では80兆円くらいですdollar
少なくはないものの、海外の投資家が保有している米国債は合計で300兆円以上になりますので、取り立てて深刻という感じはしないですねthink
もっとも、これから刷りまくるであろう国債を誰が引き受けるのかは興味深いところですがsweat01

それより、とんまさんの話に驚きましたflag
そういえば…
個人的にも洒落にならないようなcoldsweats02

明日か明後日、mailtoします

Posted by: ダイアルはM | July 31, 2009 at 07:28 PM

カメハメハ大王像、全部で4体あるんですよね。
ハワイ島の2体は見に行きました。
あとはワシントンDCにあるらしいけど、これはなかなか見に行かれそうもありませんdespair

政治経済のことはまったく疎いんですがsweat01
中国当局が発表することは、あてにならないということ。。。しかし、そんな中国でもこれからの経済に大きく関わってるっていうことくらいは、私にでも分りますcoldsweats01
でも、そんなことよりまずこの日本ですよね!
今の感じでは、選挙に行く気になりませんangry

Posted by: ごんのすけ | July 31, 2009 at 07:55 PM

ばってんさん

本当に日本のことを考えた政治家って沢山いるんでしょうが、どうして我々には見えないんでしょうか、、coldsweats02
そういう人たちの中から、日本を引っ張っていけるような人が出て来てくれないと、この疲弊しきった日本国の再生はとても考えにくいですね。とにかく頑張れジャパンsign03fuji

ダイアルはMさん

結局中国はいろんな意味で未だに闇に包まれた感じなんじゃないでしょうか。彼等もわざとそうしているんだと思いますが、、 shadow

なるほど色々考えようはありますね、「でかいから伸びる!」「でかいから伸びない!」、、。大男総身に、なんとかって、言いますよねcoldsweats02
でも、これからアメリカの印刷物を引き取れるのは、当面中国しかないんじゃないでしょうか。中国も現在ある外貨をアメリカ以外に使える国はないと思いますsmile
つまり彼等中国も、かつての日本と同様、アメリカと一部運命を共にしているんじゃないかなあ、、sweat02sweat01ドルの価値が下がる事は中国にとっても決して歓迎できる事ではないと思いますthink

とんまの会社の事は、それこそ毎月のように色々噂がながれてます。それほど業界の浮き沈みは激しいんだと思います。E:coldsweats01]

メールお待ちしておりますmailto

ごんのすけさん

ワシントンの国会議事堂にもあるんですってねhappy01噂によるとオバマ氏が大統領になってから、目立つ場所にうつされたとか、、happy01
4体目は、カウアイ島のプリンスヴィルがカメハメハ・スクールに寄贈したものと聞きましたが、健太はまだ見たことはないんです、、coldsweats01
ヒロに有るんですよねwave
ワシントンの奴、見に行きたいなあpig

今回も日本に行ってますます日本が心配になりましたcoldsweats02そのまんま東が政治家面すること事態、そのまんま日本が異常であることの証明していると思います、、、think

Posted by: 健太 | July 31, 2009 at 09:09 PM

最近確かに中国への輸出関連の仕事が増えて、少し回復方向にあるかなって思ってますが、現実はまだまだ厳しいですweepこんな時に選挙!お国のお偉いさん達は何を考えているのかわかりませんpunch仕事がらみで選挙の応援もあるのでうんざりですpout
ハワイに行けば下らないニュース番組を見なくて済むので良かったhappy01

Posted by: 木村オハナ | July 31, 2009 at 10:28 PM

木村オハナさん

ニュースによると、中国でニッサンが去年比売り上げ40%増と聞いています。小型車を中心に品ぞろえした事が功をそうしたと聞きますhappy01
外貨を持っている中国がどんどん日本のものを買ってくれると良いですよねgood

確かにくだらないニュース番組は見たくないですよね、、、coldsweats02
さあ、迫ってきました!後一寸ですwavesun

Posted by: 健太 | July 31, 2009 at 11:56 PM

健太さん、

今回のエントリーは随分お堅いと思っておりましたが、やはりハワイアン・ギャグ忘れていませんでしたね。
コメントにも、健太さんのそのまんまの人柄が表れていますよ。

世界経済、こうなる!と明確に語れる人はいないと思いますね。
中国や北朝鮮、イランの核問題を端に発した中東情勢とインド経済。
本当に明日の世界がどうなるか判ったもんじゃありません。
日本にいる我々に出来ることはまず国内の政治に目を向けることですね。
まずは選挙に行って投票することから創めないと政治も変わりませんし。
若者の選挙に対する関心の低さが今の日本の現状を表しているんですかね?

Posted by: ボルキチ | August 01, 2009 at 08:38 AM

確か大王像の周りの芝生は立ち入り禁止だった思う(皆入っていますが)のですが、トップの写真はやはり入られて撮られたのでしょうか(笑)。
私は経済は雑学的に知っているだけですが、好況・不況は循環するというのだろうなと思います。またアメリカは不調ですがBRICといわれる国はまだ資本主義的には発展途上で、なんとなく地球全体ではバランス・シートはまあまあなのでは?
日本は、まあなんと言うかという感じですが、ここ暫く私は在外選挙登録をしておらず、ある意味国民の義務を果たしていないわけです。ホノルルでは在外公館投票も出来るので、この衆議院選挙には間に合いませんが、また登録しようと思っています。

Posted by: 池ちゃん | August 01, 2009 at 09:08 AM

ボルキチさん

我々の若い頃と違って今時の若者は恵まれすぎていて、意欲がわかないんだと思います。昔と違って何事も先が見えすぎるんでしょう。見えるのはどちらかと言うと悲観的な内容が多いのかもしれませんcoldsweats02

若者たちは選挙への関心が低いんですか?困りました、、think
あの幕末の改革には20歳代の連中が中心になって進められました、、confident

池ちゃん

ははは、、最初の写真はズームで撮りましたeye
日本の選挙権がなくなってしまったのが残念でなりません、coldsweats02
この分で行くと民主党の大勝のような気がしますが、いかがでしょうか、、think
たとえ与党が民主党になっても大した変わりはないような気がします。彼等は高速道路の無料化など公約に掲げていますが、財源がはっきりしません、、shock

やっぱり日本を一旦振り出しとは言わないまでも、やり直すくらいなことじゃないと本当の改革はないと思います、、。貧乏に戻ってしっかり基礎を作り直すことじゃないでしょうかpig

Posted by: 健太 | August 01, 2009 at 09:34 AM

健太さん、おはようございます。

「どうなる・世界経済」、その前に、「どうする日本人の生活」、大手企業の夏季賞与実績が発表され、対前年比17.2%の落込みで過去最大となった模様。6月の失業率も悪化し過去最悪の5.5%に迫る350万人と更新尽くめの日本経済、有効求人倍率0.43倍と二人に一人の求人しかない状態で、とても将来に希望を持てる状況にないのが現実と言わざるを得ない。強力なリーダーシップを持った政治家の出現が望まれますが、寄り合い所帯化した政党、政治家に何を期待したら良いのだろうか?”喉元過ぎれば熱さを忘れる”政党、政治家はもう御免被りたい。現実直視のスピードある支援、救済、中長期のビジョン、赤字国債発行に頼らない収支改善策、国民主体の政治を目指してもらいたいですね。
隣国の発展は目覚しいものがありますが、民主主義、資本主義国家のスケールを当てはめ、計ることは難しいと思います。オープン・フェアーな関係までは時間が掛かるのではないでしょうか?世界の工場として先進国が集中し、安い労働力を求めた結果、巨大な貿易黒字国家が誕生し、恩恵を受けた階層から巨大な消費国家が生まれようとしています。消費と生産、これからも注目の国、中国であることは間違いないでしょう。

Posted by: takashi | August 01, 2009 at 10:32 AM

takashiさん

強力なリーダーシップを持った政治家、本当に必要ですねthink
若者が政治に興味がないのは大人たちの姿勢にも問題があるかもしれません。何がおきても流されることに慣れてしまった大人たちを見て育った彼等は対処の仕方が分からないのでしょう、、coldsweats02
いつもこんな時思うのは幕末の若者たちのことです。坂本竜馬、吉田松陰、小松帯刀など当時先頭に立って新しい日本を考えたのは皆20歳代の若者たちばかりでしたshock

Posted by: 健太 | August 01, 2009 at 02:47 PM

健太さん

とんまさんのお仕事に関することでも解るように究極の状況、情勢を見極めるのは素人には相当難しいですよ。
各党のマニフェスト、考え方を知るにはマニフェストを熟読する必要がありますが、新聞じゃないですが見出しをちらりと見ておしまいじゃないでしょうか。未来の予測は確かに難しいですが、わたしの年代で考えればやはり老後が安定すること。将来心配することのない資産があれば景気でしょう。食べ盛りの子供を抱えている家庭であれば教育費の捻出でしょう。だからきちんと選挙に行かなくていけません。
この選挙で日本の将来像がどうなるのか決定するのだから。
世界の経済を牽引していくのは暫くはアメリカと中国ですしょう。「大国の興亡」覇権を握る者は必ず変わります。


Posted by: 壽 | August 01, 2009 at 03:52 PM

壽さん

他人事では有りません、、coldsweats02
とんまにしたらXX年間頑張って会社に貢献してきたのに、それらがまるで水の泡。もしそうなったら何処へ怒りをぶちまければ良いのやら、、shock

日本の行く末はこのままで行ったら大変な事になると思います。それこそ誰か強力なリーダーシップを持て舵取りをしないと、日本は潰れます。だって1000兆近い財政赤字は一体誰が払うんでしょうかsweat01
最もアメリカも同様、大変なことになってますsweat02
資本主義経済とは実は大掛かりな「ねずみ講」だったのではないでしょうかthink

Posted by: 健太 | August 01, 2009 at 04:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48740/45800836

Listed below are links to weblogs that reference どうなる、世界経済!:

« アイスはもう食べません、、なんちゃって、、(汗)。 | Main | 6000キロを飛んで来た「気」! »