« パーキング地獄のマキキ地区! | Main | 与平寿司、、行ってみようか? »

July 08, 2009

この人生で一番信じられないこと、、、

Imgp2158黄色い花は「アラメンタ」!ひまわりの写真は見つからなかった。ハワイのひまわりの写真どこかにあるんだけどなあ。今日のホノルルはあまり良い天気じゃなかったので、古い写真の中から、、。

トニーズと言われていた健太のデビュー曲、「勇気あるもの」! 

 この道は長いけど 歩きながら行こう
 石っころだらけでも 歌いながら行こう

 ごらん ひまわりは空へ空へ太陽へ
 友の背中を叩く時 友と
 手と手を握る時この手のひらに
 勇気がわいてくる わいてくる

 幸せは何処にある さがしながら行こう
 果てしない旅だけど 笑いながら行こう
 
 ごらん 夕焼けの空は空は茜色
 友と悲しみ語るとき 明日の
 楽しさ語るとき その唇に
 勇気がわいてくる わいてくる

  
 これが健太のデビュー曲。
この歌が健太の運命を変えてしまった。
そして信じられないけど、
健太はまるでこの歌のような人生をたどって来たのだ。
1966年秋、
吉永小百合さんと一緒に歌ってビクターレコードから発売されたこの歌は、
100万枚の大ヒット曲となった。
作曲は今は亡き吉田正先生、そして作詞は佐伯孝夫先生。

 あれから43年、
確かにそれは長い道のりだった。
そしてその健太の歩んだ道は、
この歌詞のように、まさに「石っころだらけの道」だった。
だけど何時もそこには太陽に向かって大きく開く「ひまわり」があって、
何時も健太のまわりには仲間、つまりメンバーがいた。
こうしてハワイにいながら未だに仲間とは昔話をしながら、
励ましあっている。

 一緒に歌った吉永小百合さんはその後も第一線で活躍なさっているけど、
もし彼女に会う機会があれば、彼女に聞いてみたい、、。
「吉永さん、貴女の人生もこの歌のような人生でしたか、、?」ってね!
噂によると彼女も何度かハワイを訪れていらっしゃるようだ。

 それにしても何て不思議な歌なんだろう、この歌は、、。
信じられない、、。
何故こんな歌を健太に歌わせたんですか、、神様、、。
何故、健太はこの歌と同じような人生をたどってきたんでしょうか、、神様、、。

 夕べワイキキの「サントリー」で夕食をした時、
鉄板焼きで偶然同席した京都からいらっしゃったご夫妻と、
ふとしたきっかけで話をした。
何とそのご主人、
健太のこの「勇気あるもの」をご存知で、最初のフレーズをちょっと歌ってくださった!
暫く忘れかけてたこの歌、
今日はなんとなく振り返ってみたかった、健太のデビュー曲でした。
そして改めてこうして聞いてみると、
健太の声がはっきり聞こえるのにも驚きです、、(汗)!

|

« パーキング地獄のマキキ地区! | Main | 与平寿司、、行ってみようか? »

Comments

You Tubeを再生しました。歌詞を見たときには思い出せなかった旋律がすぐに甦りました。そして、なぜか涙が出てきました。
43年。私は健太さんほど波乱万丈(失礼!)な経験はしていないと思っていますが、ここまでの道はやはり短くはなかったと思います。
でもご縁があって、今、健太さんとも同じ島で青空を見ていることができるのは、本当に有難いことだと、改めて思いました。

Posted by: 池ちゃん | July 08, 2009 at 06:08 PM

ワタシも先日、夫に教えようと思い、検索して動画を見せました。

「あー知ってる知ってる!」と。
時々再生して聞いています。

歌を聴くとすっかり忘れていた
そのころのことが鮮やかに甦ってきますねーー。
どんなに鮮やかに思いだしても
やり直す事は出来ませんが
何か、新しい気持ちになります。

Posted by: 照見 | July 08, 2009 at 06:33 PM

健太さん、こんにちは

巡り合わせといっていいんでしょうか?
出会いというのは本当に不思議ですねshine
健太さんのドラマのような人生をかいま見せていただく限り、自分のようなヒヨッコは、なんともコメントのしようが無くなってしまいますが、それにしても世の中奥が深いと思いますfuji
それにしても、今日一番の驚きは、この曲が正面切ってエントリーされたことですimpact
何度かyoutubeで聞いてみましたが良い曲ですよねnotes
さすが、当時の紅白に出ただけの事はあるんじゃないかとlovely

ところで、こちらはかなり蒸し暑くなってきましたcloud
梅雨も明けていないのに早くも熱帯夜に突入していますmist
覚悟し…じゃなかった、涼しい格好でお越し下さいsmilepig

Posted by: ダイアルはM | July 08, 2009 at 06:36 PM

健太さん 健太さんの声がはっきり聞き取れますね、幼心にこの曲は良く覚えています。まさか数十年後にこういう形でお付き合いできるとは夢にも思いませんでした。未だ志半ば、もう少し勇気を持ってウクレレ修行に励みます。でも今日持ってくるの忘れちゃったんです。(涙)shock

Posted by: ばってん | July 08, 2009 at 06:40 PM

ほんとだ、健太さんの声がハッキリ聞こえますねear
現在の健太さんの歌声を聞く前に聞いた時は、よく分らなかったけど、健太さんのお話をされる時の声、歌声を聞いて改めて「勇気あるもの」を聞くと、よ〜く分りますheart02
私も幼心に(?!)聞いた覚えが。。。
そんな歌を歌っていらっしゃった方と今はこうしてお知り合いになれたっていうのも、なんだか不思議な気がしますshine

Posted by: ごんのすけ | July 08, 2009 at 07:35 PM

小学校の時の転校生を送る送別会だったかな
人前で一人で始めて歌ったのはこの曲でしたcoldsweats02
「上を向いて歩こう」と「勇気あるもの」は毎日学校からの帰りに歌いながら歩いていたもんですhappy01
そうか~ 健太さんが歌ってたんだ~confident
感慨無量ですね~wink
一番は完璧に今でも歌えますsign03

Posted by: BANIANN | July 08, 2009 at 11:04 PM

池ちゃん

改めて聞いていたら不覚にも健太も熱いものがこぼれました、、sweat02
43年、まるで昨日のことのようでもあり、ずっと昔の夢のようでもありますが、あの当時の事は鮮明に何時でも想い浮かべることが出来ますthink
若さも手伝って、無茶もやりましたが、全てが本当にあったこと、、。そう思うと、今の自分に何か自信と言うか勇気が出てきます、、。全くこの歌のようで、実に不思議です、、、confident

照見さん

そうか、丁度ご主人も同じ世代でしたっけねconfident
あの頃パチンコ屋さんに入ってもこの歌が流れていましたっけnotes
その後学校でも音楽の時間に取り上げられたとも聞いていますear
しかし振り返ってみると不思議でなりません、、。何で健太がこの歌を歌ったのか、、、coldsweats02
何でそういう人生を送ってきたのかconfident
しかし、全くこの歌詞のように、幸せを求めて果てしない旅はまだ続きます、、、happy01

ダイアルはM さん

以前にもお話しましたが、このブログをはじめ時きは、ブログって言うのは自分を隠して書くもんだと思いましたthink
だって殆どの人が本名は隠しているし、姿も隠しています、、shadow
だからいい加減なことも初めのうちは書いていました。しかし時が経つにつれ、それは出来ないって気がついたんです、、。私生活が少しずつ暴露されて行って遂には丸裸の自分がそこにありましたcoldsweats01
今となっては正面切って自分を出した方が自然だと思えるようになりました。だって良く考えたら何も隠さなければならないような事を健太はしていないんですからsmile

いよいよ来週です。まだ梅雨が残っているようですねrainhappy01

ばってんさん

健太の声、多少若い声ですが、はっきり聞こえますねthink
こんなに聞こえるとは、、改めて聞いて驚いていますcoldsweats02
健太も志半ばですhappy01
お互いに少しでも、一日にちょっとでもいいから、何かで前進したいですねgood

ごんのすけさん

改めて今日聞いてみて、あまりにも健太の声が良く聞こえるので、実は驚いてます、、coldsweats02
当時のどの局のヒット歌番にも出演していましたし、ラジオや地方公演もいやと言うほどやりましたcoldsweats01
今あれをやれと言われてもまず出来ないでしょうsweat01
久しぶりに今日聞いていて「あの頃は若かったんだなー、、」と言う思いとともに、ぐるぐると様々な当時の出来事が頭の中に巡って来ましたthink

Posted by: 健太 | July 08, 2009 at 11:18 PM

そう言えば
「誰だっけ?}は解決しましたか?
先方の勘違いだったら楽しいネタになるんですけどね~

Posted by: BANIANN | July 08, 2009 at 11:19 PM

BANIANNさん

歌っていてくれたんですね!有難うhappy01

ホテルの営業で日本へ行くと、良くカラオケに連れて行かれましたkaraoke
ところがある夜、カラオケバーで旅行社のマネジャーが健太のことを知っていて、この「勇気あるもの」を歌たってくれたんですが、、、notes
何と!その彼にこの「勇気あるもの」を健太よりずーと上手に歌われちゃって、ちょっと恥ずかしい思いをした事がありますcoldsweats01

BANIANNさん、お願いですからくれぐれも健太よりは上手く歌わないで下さいねcoldsweats02happy01

Posted by: 健太 | July 08, 2009 at 11:27 PM

懐かしいですね~
大学を卒業して、丸の内の不動産会社に勤めていた頃を思い出しています。
歌は世につれ、世は歌につれと言いますが、自分の人生の過程が歌によって心に刻まれているように思います。
誰もが大きいか小さいかの波瀾万丈の人生を過ごすのではないでしょうか!
それを幸せに思うか、思わぬかは心次第ではないでしょうか、やり直しに効かない人生、前を向いて歩いていきましょうではありませんか!

Posted by: チー坊 | July 08, 2009 at 11:43 PM

あっこの曲、私も覚えてますよ~~♪
小さい頃の記憶って、凄いものですね。
最初の4小節で、完璧に思い出しました。

健太さんが歌っていらしたなんて、今の今まで気づきませんでしたm(__)m。

この歌にはとっても強い意思とか希望とかあふれていますネ。
自分が弱くなった時に聴くと、とても励まされます。

Posted by: まりあ | July 09, 2009 at 12:00 AM

健太さん
こんばんは、この曲を僕も聴きたかったんです。
このブログを読み始めた頃、ヤホー(yahoo)で「GS」とかで検索して「トニーズ」を探し当てて吉永さんとレコードを出していたのを中古レコード屋で探したりしたんですが
見つからずあきらめていたのですが、その曲が聴けるなんてうれしいです。
歌詞も良いですね
なんか健太さんの昔に触れてうれしいです。

Posted by: 千歳のコージ | July 09, 2009 at 12:25 AM

お節介ながら
こんなのや
http://pab001234.blog97.fc2.com/blog-entry-10.html
こんなの見つけてきました
http://stat.ameba.jp/user_images/db/0e/10050526139.jpg

Posted by: BANIANN | July 09, 2009 at 03:02 AM

健太さん、

健太さんに比べれば、まだまだ青い自分が語るのは生意気かもしれませんが…
平たんで刺激の無い道のりを歩むより、険しいけど刺激のある道のりを歩んだ方が最終的には経験豊かで充実した人生を送れるのでしょうね。
「果てしない旅だけど 笑いながら行こう」なんだかジーンとくるフレーズです。
「勇気あるもの」を聞いて、明日からの生活に変化が生まれそうです。

Posted by: ボルキチ | July 09, 2009 at 03:49 AM

ややもすると比較しがちな人生ですが、比較すべき対象が元よりないことに気付いた時、人生は「その人のもの」として充実すると聞きます。
私はまだ愚かです。隣が気になる愚かな人間です。
笑えない人生を、どのように話せるようになるかを
自分に問いかけてみたいと思います。

・・・上のコメは・・・半分以上、chi-ponnが隣で・・・(笑)。

健太さん、助けてぇ~!!

Posted by: くろしばヒコ | July 09, 2009 at 04:04 AM

すごい!こうやって聴いてみると、ホントに吉永小百合さんと歌っていらっしゃったのが実感できました。小百合さんも、きっと、懐かしく思われますよね!年代も同じでいらっしゃるので、お話もあわれるでしょうねheart04聴いていて、健太さんの声っぽい!と思いました。一番通っていましたね。歌詞のような人生もいいじゃありませんか!素敵なとんまさんと、ハワイで暮らされている健太さん、私は、うらやましくてたまりません!lovely

Posted by: ALOHA | July 09, 2009 at 04:18 AM

先日はサントリーで楽しい食事とお話をありがとうございました。本日(日本時間で7月9日)京都に帰ってまいりました。私も久しぶりに若い頃を思い出して話に入らしていただきました。とても楽しかったです。これからもちょくちょくこのサイトに寄らしてもらいます。

Posted by: 走上 | July 09, 2009 at 07:07 AM

健太さん、おはようございます。

「歌は時代を映す鏡」と言われますが、メロディー、テンポ、歌詞、そして「歌手」、その時代の人達の心の奥底に仕舞い込まれた「自己実現」に向け、夢、希望、飛躍を叶えようとする応援歌だったのでしょうか?辛かったり、悲しかったりした時、よく歌を口ずさんでいたように思います。爺の人性の道は、決して平坦で滑らかな道でなかった。でも多くの歌手、歌、歌詞に勇気を貰い、障害を乗り越えて今が有る様に思えます。そのお一人でもある健太さんに「感謝」です。

Posted by: takashi | July 09, 2009 at 08:44 AM

チー坊さん

確かに「歌は世につれ、世は歌につれ、、」その時代背景には必ず何らかの音楽があって、それが自分の思い出と連鎖しているんでしょうね、、、notetyphoonnotes

おっしゃる通り、大なり小なり人は皆「波乱万丈」な人生を送って来ているんだとも思いますhappy01
人生イコール波乱万丈、、、think
これからの人生お互いに良い事が沢山あると良いですねgood

まりあちゃん

覚えていて頂いて光栄ですhappy01
子供の頃の記憶って幾つになっても残っているものなんですねthink
だから小さい時から英才教育をすれば、才能が発揮できるんでしょう。健太も子供の頃から音楽をやらせてもらえていたら、もう少しは何とかなっていたと思いますcoldsweats01
まだまだ果てしない旅は続くでしょうが、お互いにこれからも歌いながら「幸せを求めて」行きましょうgood

千歳のコージさん

聞いていただいてとても嬉しいですhappy01
レコードまで探していてくださったとは、とても光栄ですshine
さすがに43年前のレコード、中古レコード屋さんにもないでしょうね、、coldsweats01
しかし昔の自分の歌を聞いていると何故か照れくさかったり恥ずかしかったり、、smile

BANIANNさん

ありがとうございます。
後でこのコメントが終わったらゆっくり聞かせて頂きますconfident
マハロsign03

ボルキチさん

結局人生、何時も迫られるのは「勇気」かもしれません、、think
どんな時も勇気さえもって行動すれば、きっと良い結果が生まれるんじゃないでしょうかhappy01
また例えその時は結果が出なくても、ずっと後になってその経験が浮上する場合がどうも多いような気がします、、、coldsweats01
最後には幸せが掴める様に、お互いに勇気を持って生きましょうgood

くろしばヒコさん

さすが天才CHIPONNさんとその奥様happy01
「比較すべき対象が元よりないことに気付いた時、人生は「その人のもの」として充実する、、」、、think
今まで考えたこともありませんが確かにおっしゃる通りだとも思います。精神的なものを含めて、裸で生まれて裸で死ぬのが人間の定め、、。比較すること自体が馬鹿げているんですねcoldsweats01
勉強になりましたpig

ALOHAさん

吉永さんはこの歌をどう思っていらっしゃるか、、知りたいです、、think
しかし彼女の人生もはたから見るほど平坦ではなかったとは思いますconfident
彼女なりの波乱万丈はそこにあったんじゃないでしょうか、、typhoon
それにしても改めて聞いて見て、健太の声が良く聞こえるのには驚いてますeareye

走上さん

ああ、無事に帰国されたんですね、安心しましたsign01
ほんのつかの間でしたが、楽しい会話、有難うございましたhappy01
走上さんが「勇気あるもの」をご存知だったことから、急に思い出したように聞いてみました。本当に久しぶりに聞いて、また違った感激を味わっています。有難うございますthink
お忙しいとは思いますがこれからも、時間があったら時々覗いてください。奥様に宜しくお伝えくださいgood

PS:You Tubeで「健太のワイキキ」で検索すると、ハワイの景色や健太のウクレレとギター演奏も見れますので時間が有ったらご覧下さい。

Posted by: 健太 | July 09, 2009 at 09:13 AM

takashiさん

「勇気を持って生きよう!」と言うメッセージを歌っていながら、健太は何度も勇気が持てずにこけましたcoldsweats02
それでも何とか持ちこたえられたのは、この歌のおかげである事は間違いありません、、think
この「勇気あるもの」と言うメッセージをこの世に送り出した責任全うするよう、しっかりこの残りの人生勇気を持って生きてゆきたいと思っていますpig
それもこれもtakashiさんはじめ皆さん、そして仲間やとんまの支えがあって初めて実現するのだと思いますthink

Posted by: 健太 | July 09, 2009 at 10:33 AM

「勇気あるもの」久しぶりに聞いて懐かしく想いました。私は小学生でしたからレコードも買えず、お友達のお兄ちゃんのレコードを聞かせてもらっていました。GS懐かしい!健太さんの声はレコードで直ぐに判りますね〜sign03人生は山あり谷あり。でも帳尻は合うように出来ているでしょうから、今の健太さんはハワイでとんまさんと幸せな人生が 送れるんですね。
日本はジメジメ、又ハワイに行きたい病が発症です。

Posted by: Pulu | July 09, 2009 at 12:38 PM

健太さん

残念!会社では見られません。
日曜日女房と見ます、それからコメントしますね。
「勇気あもの」いい響きだな!

国分寺はどんより曇っていますが、西の空から青空が見えてきた!!

Posted by: 壽 | July 09, 2009 at 02:10 PM

健太さん:

昨日は韓国からのお客さんと1日中商談その後夕食でしたので、今、拝見しました。画像・音声はっきりのU-テユーブに魅入ってしまいました。「素晴らしいの唯一言」、そして、その頃の自分・社会・世界情勢が Phantasmagoria (走馬灯)のように移り変わる光景が浮かびました。

トニーのメンバーは殆ど、在ハワイなのでしょう? なんとかYSさんえのコンタクト方法を探し出し、次回彼女がハワイにプライヴェートで来た時、100%プライヴェート・ベースの「ハワイでトニー&YSの同窓会」を健太さんが直接YSさんに提案できませんか? 完全にプライベート(飛行機代・滞在費彼女持ち)で彼女とトニーのメンバーでどこかの「カラオケ」で、極秘で、この歌を歌い録音して(ヴィデオは無理でしょうね?)「YSとトニーの同窓会」で歌った「勇気あるもの」のCDかDVDを健太さんのプライヴェートの知り合いを通じて世に出す事をYSの承諾を取るって、無理な相談ですか?彼女に対する無責任な自分だけのYSさんに対するイメージから判断すると、「良いわよ、健太さん」って、事に成るような気がしますが? 甘いですか? 彼女の所属プロダクション・レコード会社等などから、この日本のシステムから判断して、例えハワイに彼女が仕事に一切関係なく来た時に、完全にプライヴェート・レヴェルでも無理でしょうか?実現出来れば素晴らしいど。 kissmark

日本では、絶対に無理でしょうね? 例え、世に出せなくても、実現できれば嬉しいですね?

健太さんのこのブログを知った直後、即ち、3年くらい前に、YSさんと思われる人か、このブログにコメント書き入れませんでしたか?

Regret to hear Sailboat pictures is not shown clearly in your 50 inches TV screen.

Posted by: twyok | July 09, 2009 at 03:24 PM

Puluさん

小学生でしたか!すると今XX歳くらいでしょうか、、happy01
この「勇気あるもの」、とんまがCDを買って来てくれたんですが、一体どこへ行ったんだろうか、一度も聞かないうちに行方不明なんです、、coldsweats01
CDの方が音質は良いんですが、やっぱりレコード盤で聞いたほうが、あの頃を思い出します、、confident

そうかもしれません、、。人生の帳尻あわせ、、何とか上手くやりたいですcoldsweats01

まだジメジメの日本ですか?来週は日本です、、coldsweats02

壽 さん

あっ、そうでしたね、、。聞けないんでした、、coldsweats02
でも健太の美声、ゆっくり後で聞いてくださいpighappy01
来週はまた日本ですが、何とか良い天気であって欲しいので、またダイアモンドへド様にお願して見ます、、confident

twyokさん

走馬灯のことPhantasmagoria、って言うんですか?知りませんでしたthink

吉永さんもお忙しい方なので、ちょっと無理かもしれませんが、もしそんなことが出来たら楽しいだろうなあ、、、happy01
ただし、今後健太の本でも出版して、それが陽の目を見るようにな事があれば話は別です。向うから声をかけてくるかも知れませんconfident
だからこそ、ご存知のように健太は今真剣に本の出版を考えているんです。どうせ人生帳尻を合わせるならそんな風に合わせたいんです、、、pig
実はとっても変な気分なんです、、、。何故か上手く行くような気がしてなりません、、、think

Posted by: 健太 | July 09, 2009 at 05:38 PM

千歳のコージさん・・・に見つかった?んだすね私のGSブログ・・。you-tubeにアップしたものを残して置いてるだけのブログです。

大変ご無沙汰しています。
帯状疱疹でずっと寝たきりの生活を強いられて、ようやく昨日から置きました。
発疹はまだ完治していなのですが、痛みもなくなったのでそろそろ良いかと思って・・・。

「勇気あるもの」・・・・歌詞の如く人生ですか・・。
そう言われればその様な気がしますね。
いずれにしろその山を越えたのですから大したものです。もし私だったら・・・♪ごらん~ の手前でお終い
です。

では、返信遅延をお詫びしつつ・・・・。

Posted by: masa | July 10, 2009 at 12:40 PM

健太さん

女房と聞きましたよ。
新しく買ったboseのスピーカーから健太さんらしい声が、、何故か涙がぽろりと、、

梅雨とは言っても雨はほとんど降っていません。
例年のとおりの空梅雨ですからなーんの心配もありません。気兼ねなく日本に降り立ってください。(笑)

Posted by: 壽 | July 10, 2009 at 01:11 PM

Thanks for sharing your thoughts. I truly appreciate your efforts and I am waiting for your next write ups thank you once again.

Posted by: pico projecteur | November 02, 2013 at 10:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48740/45581236

Listed below are links to weblogs that reference この人生で一番信じられないこと、、、:

« パーキング地獄のマキキ地区! | Main | 与平寿司、、行ってみようか? »