« リノベーションをする健太家 | Main | さて、どっちのレストランに行ったかな、? »

August 07, 2009

自分より優れた相手の部分、、

Imgp0452久しぶりに一昨年まで住んでいたコンドの近くへ、、。
Imgp0444左側のコンドが1970年代に健太が住んでいたコンド。右側が一昨年まで住んでいたコンド。
Imgp0455そこに隣接する菜園に生るパパイヤ。これって、ハワイのパパイヤにしては面白い格好です。
Imgp0453菜園に咲くハイビスカス。さすがに栄養たっぷりなのか色がとても鮮やかでした!
Imgp0443ランチは久しぶりにキング・ストリートのマックへ!
Imgp0441左がとんまの頼んだ「Ranch BLT」$4.39、右が健太の頼んだ最新メニュー「Angus Third Pounders」$4.19。どちらも量が多くて、とても美味かった!
Imgp0442やっぱりこれの誘惑には負けちゃうよねー、、(汗)!これで値段は$1.35、日本のマックでは100円だったけど、こっちの方がクリーミーでちょっぴり上等な感じ、、(笑)!

 最近のアメリカは人種差別は完全に無くなった、、、ように見えるかもしれない。
特にオバマさんが大統領になって、一層そう言ったムードが先行している。
確かに表面的にはそうかもしれない、
しかしこればかりはそうは簡単に解決できないほど根強い物があると健太は思う。
ハワイは人種の坩堝、
あらゆる人種が寄り集まっているけど、
やっぱり健太もいわれの無き差別を幾度か受けた記憶も有る。

 とんままが航空会社に入った時は完全に白人社会の中に放り込まれた。
そこでは目に見えない形で色んな意地悪をされたと言う。
話は一寸ばかり古くなるけど、
ベトナム戦争が終ろうとする頃、
大量のアメリカ兵の家族が先にがベトナムから本国へエバキュエイト(避難)した。
大量に米兵家族を本国に運ばなければならなかったので、
軍の機材だけでは足らず民間航空会社の機材と人員もどしどし使われた。
とんまたちもご多分に漏れずそのプロジェクトに加わされたのだ。

 戦争は例え終結に向かっていたとは言うものの、
その頃のベトナムはまだまだ戦闘中で危険がいっぱい!
そんな中、ベトナムに送り込まれた民間機材はシートベルトも無い貨物用で、
米兵家族たちは雑魚寝状態で運ばれただそうだ。
そしてその時送り込まれたスッチーは皆アメリカの市民権を持たない、
いわゆる永住権保持者である、とんまの仲間たちばかりだった。
今振り返ってもあれは完全な人種差別で、
とんまもたち仲間も皆生きた心地がしなかった言う。

 結局人種差別も大人の「いじめ」。
自国民は他国民より、
或いは自分は他人より優れていると言う傲慢な考え方が「いじめ」を誘発させている。
どんな他人も自分には「とてもかなわない優れたところ」を必ず持っているものだ。
人々が本気でそこに目を向けることさえ出来るようになれば、
きっと意味の無い「いじめ」もこの世の中から消えてゆくに違いない。

 それは言い換えれば「愛すること」だと思う。
他人の優れたところを見つけようとすることは「人を愛すること」でとても大切な部分、
いや、少なくとも健太は、
愛とはもともとそう言うものだと信じて今日までやってきた、、。 

 と、こう書いた後読み返してみると、
「愛」と言う言葉が出てきた途端に、何故か内容全体が陳腐に聞こえてしまっている。
多少の反省をしながら、何故それが「陳腐」に感じるのか考えて見た。
その答えは意外と簡単なところにあった。
それは「愛」と言う言葉が現代社会であまりにも氾濫しているからだ。


|

« リノベーションをする健太家 | Main | さて、どっちのレストランに行ったかな、? »

Comments

健太さん、こんにちは

やっぱりハワイの空はこうじゃなくっちゃsun
マックも美味しそうですねfastfood
日本のとは全然違いますevent
マックのソフトクリーム、結構いけますよねbirthday
日本のも、かなり向上しているみたいですup

人間、皆一生しかできませんclock
人の人生はそれぞれ全然違うものですから、他の人の人生を垣間見るというのは擬似的に二生三生を経験することかもしれませんeye
他人との関わりなくして、自分の立ち位置を知ることはできませんdenim
他の人に教えてもらうことは幾らでもあると思いますschool

それにしても、とんまさんの武勇伝も凄いですねairplane
歴史的イベントには何らか係わってこられているようなsweat01

Posted by: ダイアルはM | August 07, 2009 at 07:38 PM

ダイアルはMさん

今日もお仕事ですか?ご苦労様ですconfident
マック、また新しいメニューが出たんで早速行って見ましたeyefastfood
日本のマックもかなり努力してますね。マックのソフトクリームはあちこちで食べましたhappy01

映画を見たり本を読んだり、結局疑似体験なんでしょうね!凄い冒険映画を見たり、素敵な恋愛映画を見たり、、良いものを見た後は本当に心が洗われますthink
明日は土曜日、映画の日です!果たして心が洗われるかどうか、、、それはムービーマンの選択に掛かっています、、movieshadow

とんまの体験話はとても面白いですpighorse
「とんまのなんちゃってサクセス・ストーリー」も書きたいんですがOKが出ません。彼女の人生も波乱万丈でした、、ってまだ続いてますが、、coldsweats01

Posted by: 健太 | August 08, 2009 at 01:35 AM

マックのソフトクリーム、ふたつが寄り添ってる感じがとっても可愛いですねheart04
健太さんととんまさんみたい?!(笑)

そういえば「愛」という言葉、氾濫してるかもしれませんthink
けど、健太さんがおっしゃる「人を愛すること」は、他人の優れたところを見つけようとすること、目を向けること。。。
まさにその通りかも...と、あらためて考えさせられました。
そう考えると陳腐でもなんでもないです。

Posted by: ごんのすけ | August 08, 2009 at 02:44 AM

言葉は言霊
陳腐に聴こえるのは使う人の魂の表れかもしれませんね
健太さんの発する言葉は少なくてもHAWAII病患者の我々には陳腐に聴こえませんね~lovely
健太さんととんまさんの言霊にはHAWAII病患者の我々にとって唯一無比の笑顔という最高の特効薬まで付いてきますからね~wink

Posted by: BANIANN | August 08, 2009 at 03:17 AM

はじめまして。

マクドナルド美味しそうですね。
ソフトも濃厚そうでおいしそう。

我が家は来週ハワイへ行きます。
いつもと違ったハワイのビーチへ行きたいなぁと思い
エヴァやナナクリビーチへ行こうと予定をしています。
検索をしていてこちらへ辿り着きました。
ナナクリビーチの事を書かれたものを拝見しました。
夏の今もやはり危険でしょうか?
エヴァビーチも同じでしょうか?

ハワイに住む事、我が家での夢なので
うらやましいです。
ハワイの風、香りが大好きです。

Posted by: あこ | August 08, 2009 at 04:39 AM

ごんのすけさん

2つのアイスクリームがアイチュークリームでしたheart04

言葉の持つ意味や重さが時代とともに変化しつつあるんだと思います。流行語というのがあって、「愛」は残念ながらその最も遠いところに位置しているように感じられます。慣れすぎてちっとも新鮮味が感じられ無いんでしょう、、。
それだけに愛を語るのは難しいですね、、、coldsweats01
でも、この大宇宙から見れば、たしかに人間なんて陳腐そのものなのかもしれませんが、、think

BANIANNさん

なるほど「言霊」ですかconfident
確かに使い方、使う者によってまるで違って聞こえるかもしれませんね、、happy01
健太なら、、と言うところ大変ありがたく思います。ありがとうございます。
何とか陳腐にならないように、言葉は吟味して使うことも必要だと、昨日はつくづく反省しましたpig

笑顔、そして笑い声はハワイにとても似合いますね!
9月は大いに笑いましょうsmile

あこさん

初めまして!

そういえばホノルル空港を降りると何時も甘い香りがします。花の香りなんでしょうが、それがハワイの香りですね‘cherryblossom
来週ハワイですか!大いに満喫してくださいgood

エヴァやナナクリビーチも素敵なところですが、万が一を考えて避けたほうが得策と思います。あの辺りは車でドライブするくらいが良いと思います。
でもまだまだ素敵なビーチで安全なところも沢山あるのでそちらで遊ばれたらいかがでしょうか?
カイルア・ビーチ、ラニカイ・ビーチ、マカプウ・ビーチ、、など比較的安全で素敵なところです。
そのほかまだまだ沢山素敵なビーチもあるので、健太の2007年の9月辺りのアップにふんだんに「ビーチ案内」がでていますので、このブログ右上のArchivesをチェックして見ては如何でしょうかpig

これからもよろしくお願いしますhappy01

Posted by: 健太 | August 08, 2009 at 09:26 AM

健太さん、おはようございます。

人種、異文化の坩堝、「アメリカ」は自由、平等の国と思っておりましたが、次女がAFSのテストに合格し、高二の時一年間留学したホームスティ先、日本人国際弁護士が言っておりました。有名大学に入学に際しては、米国人(保証力ある)二名の紹介状、親の収入(年俸)が決められており、審査基準を満たさないと入学出来ないと聞かされました。翌年お礼方々、ホームスティ先三家族と食事会を開き、米国大学進学で尋ねた時の事でした。17・8年前でも偏見、差別、蔑視が歴然と残る、アメリカ社会を垣間見る思いでした。高学歴、高職種、高収入は親次第、子供に対する愛情だけでは、解決出来ないのは日本も同じ。貧乏でも心が豊かだった遠い昔を、向こう三軒両隣は家族のような付き合い方が出来た昔を、懐かしく思ったりしている爺です。お互いの存在を認め合い、想い合い、そして愛おしむ社会の実現が望まれますね。

Posted by: takashi | August 08, 2009 at 10:01 AM

今日は、特に良いお話でしたね~happy01まったく同感です。ラスベガスの劇場の予約をした時、あとから来た白人の方が中央の席で、「クヤシ~!」と、思いました。馬鹿にされないように、語学を含め、自分を高めようと思いました。”愛”についても、重みがなくなっているのは確かかも?昨日、息子の友達から、メールが来ました。「愛してるよんheart01」さっそく私も返しました。「私もよんheart04」後で、聞いたら、彼女に送るのを間違ったのだそうです。sadそんな、日常茶飯事な”愛”です。

Posted by: ALOHA | August 08, 2009 at 02:32 PM

takashiさん

例えオバマさんが大統領になってもやはり人種差別はどこかに根強く残っています。これはin the bloodなのでなかなか消えることはないと思いますthink
お嬢さんはアメリカの大学に行きたかったのではないですか、、。確かにそうした差別はアメリカだけではなく日本にも沢山残っているんでしょうねshock
向こう三軒両隣、とても懐かしくていい言葉ですねhappy01
今は隣の人でもあまり仲良くしないのが日常ではないでしょうか、、coldsweats02
淋しい限りです。それもこれも世の中がが豊かになりすぎたがゆえでしょうねconfident

ALOHAさん

そうした他人には分からないような、本人だけが悔しい思いをする意地悪はしょっちゅうありますねpout
ははは、息子さんの友達が「愛してるよ~ん!」ですか、、。ま、それだけ「愛」が軽くなっちゃってるんでしょうねthink
でもそんな軽い「愛」でも、ないよりはずっといいと思いますpig

Posted by: 健太 | August 08, 2009 at 02:54 PM

健太さん、

今回のブログを読んで胸が熱くなりました。
健太さんが40数年前、始めてハワイに降り立ってから現在までの間、我々には分からない様な思いをしてきたのだと思います。
おなじく、とんまさんもそうした経験をしたきたのでしょうね。
そう言う経験をしてきたお二人だけに、お互いを思いやり、他人に優しくなれるのでしょうね。

私が尊敬する人々は誰から見ても立派な人なのに、決して人を見下したり、馬鹿にしたりしないのです。
私のそうした人々のようになりたいと、常々思っていますがなかなか難しいですね。

Posted by: ボルキチ | August 08, 2009 at 09:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48740/45867678

Listed below are links to weblogs that reference 自分より優れた相手の部分、、:

« リノベーションをする健太家 | Main | さて、どっちのレストランに行ったかな、? »