« 2匹の狼の戦い | Main | ハワイで、雨ニモマケズ! »

September 28, 2009

What's your excuse ? で、何なの、あんたの言い訳って?

Bethany_ii1片腕でサーフィンをするべサニー!
Bethany_i1べサニー、鮫に襲われて失った左腕と、その時噛み切られたサーフボード。
Bethany_v1それでもサーフィンを続けるべサニー、、。
Bethany_vi1今日の可愛い娘ちゃんは、べサミーちゃんでした、、(笑)!
Bethany_viiii1


 カウアイ島のナパリコーストの側にハエウア・ビーチと言うところがある。
最も安全なサーフ・スポットとして知られていたところだったが、
2003年10月、プロサーファーを目指していた13歳の少女が突然鮫に襲われて片腕を食いちぎられてしまった。
大量の出血にも拘らず奇跡的に一命を取りとめたその少女が、
ベサニー・ハミルトンだ。
既に聞き及んでいる方も多いと思う。

 しかし彼女はその1ヶ月後には既に片手でパドリングをして沖へ出て行った。
彼女がボードの上に立ち上がった瞬間、
浜ではべサミーを見守っていた者達による感動の拍手が鳴り止まなかった。
そしてその10週間後に彼女はトーナメントに出場、
数ヵ月後には5位に入賞を果たした。
沢山の報道陣に囲まれた時の彼女の一言。
「誰かが希望を見出す手助けが出来るなら、私が腕を失った価値はあったと思う」

 何事にも恵まれすぎている現代社会、
まるで世の中や周りの人間が元凶の如く言い訳をする者達、、。
たった13歳の少女がそうした者達へ、この言葉の裏で訴えている!

「What's your excuse!」

 この「What's your excuse!」は、
数ある英語のフレーズの中でも見事なフレーズだと思う。
「で、何なの、あんたの言い訳って?」って健太は訳したけど、
実はもっと強烈なニュアンスをもっている。
「何かあ文句あっか!」とか、
「四の五のいってるんじゃねーよ!」
みたいなね!
 
 写真は彼女の自伝「Soul Sufer」から拝借しました。

|

« 2匹の狼の戦い | Main | ハワイで、雨ニモマケズ! »

Comments

健太さん こんにちわぁ、

ベサミーちゃん、カンバックしたという
記事をみて感動したのを思い出します。

男でも、サメが近くに来ると・・ビビルのに・・

「What's your excuse!」 これ、最高です!

Posted by: 秀蔵 | September 28, 2009 at 06:26 PM

健太さん

女房にこれに似た言葉使います。そしたらあんたこそと言われます。要するにどっちもどっちってことだんです。
十分肝に銘じ、もう言い訳しません。女房殿!

「勇気あるのもの」大それた勇気でなくとも小さな勇気を持とう!

「What's your excuse!」メモしておきます

Posted by: 壽 | September 28, 2009 at 06:44 PM

健太さん:

ご無沙汰でした。

このサーファーの少女の記事何かで読み・見ました。昨日の英語の文章も味わい深い文章でした。

横浜ー那須ー大内宿ー仙台ー横浜、 920キロの遅い夏休み最高でした。何が綺麗だった?高速道路沿いから見える収穫直前の稲穂の黄金色でした。日本の地方は本当に綺麗です。平泉は遠いので次の機会にしました。

次男のカリフォルニアの大学時代のアメリカ人のガール・フレンドが最近味わった「失恋」の後、彼女のブログに乗せていた可愛いブログ、一寸長いですが、紹介させて下さい。本当に可愛い文章、でもなかなかの文章力だと思いませんか?。

I'm not going to think about him.

I’m not going to think about him.

I’m not going to think about him.

I’m not going to think about him anymore.

I’m not going to think about the way he smells.

I’m not going to think about his perfect ears.

I’m not going to think about the sound of his voice.

I’m not going to think about how he never cleans his room.

I’m not going to think about how his socks never matched.

I’m not going to think about his taste in music.

I’m not going to think about how he never wakes up when his alarm goes off.

I’m not going to think about the way his hair looks perfect in the morning.

I’m not going to think about the way he puts toothpaste on my toothbrush for me.

I’m not going to think about how he picks out his outfits starting with his shirt.

I’m not going to think about the million long black hairs I've left on his pillow.

I’m not going to think about how he always gives me the good pillow.

I’m not going to think about all the times he use to bring me lunch at work.

I’m not going to think about how disappointed he was when I got my first tattoo.

I’m not going to think about how he used to smother me with kisses when he thought I was sleeping.

I’m not going to think about how he always kisses me on my eyelids.

I’m not going to think about how he always orders the same thing when we go out to eat.

I’m not going to think about all those film assignments he helped me complete.

I’m not going to think about how he filled his fridge with my favorite drink, even though he hates it.

I’m not going to think about how he can use chopsticks better than me.

I’m not going to think about all those pictures of us he had on his phone.

I’m not going to think about how he only read the comic book I spent months making him once.

I’m not going to think about the time he forgot my birthday.

I’m not going to think about the time I forgot his birthday.

I’m not going to think about how I couldn’t help but to love him a little less every time he cut his hair.

I’m not going to think about how for the longest time, I was happy.

I’m not going to think about how secretly, I knew I was being selfish.

I’m not going to think about how I called him after not hearing from him for months to find out, he’s not talking to me.

I’m not going to think about how he use to call me in the middle of the night to see if I wanted to go out to Ihop and now he doesn’t anymore which means he probably found someone else to do that with.

次男は今、アップルから2週間の休暇を貰いカリフォルニアに行っています。多分この女性にも、会っていると思います。

Posted by: twyok | September 28, 2009 at 08:10 PM

秀蔵さん

一番驚いたのは腕を噛み切られた時全く冷静だった彼女の精神力です。それが彼女の命を救ったようですね!
良くぞ岸まで戻ってこれたと、ただただ感心するのみ、、、think
男でもなかなかできることじゃないと思います。
片腕をなくしてもさらに挑戦しようとするその姿は、感動以外の何物のでもありません。
正に健常者に彼女が語りかけているようですね、、。
「What's your excuse!」、、って、、、coldsweats02

壽 さん

結局我々は言い訳がましいんですよね、、、。
健常者には何の障害もないくせに、何も出来ないのは、
出来ないんじゃなくて、「やらない、、」んですcoldsweats02
今自分たちの目の前に何か問題があるとしたら、
何も考えずに行動を起こすだけなんですthink
それっきゃないんですsweat02sweat01

Posted by: 健太 | September 28, 2009 at 08:30 PM

twyok さん

お帰りなさい!
平泉ってかなり遠いですよね。
のんびり楽しむはずが返って疲れて帰ってくるようじゃ意味がありませんから、、、。
それにしても920キロとはまた長いドライブだなあ、、、car

息子さんのカリフォルニアの大学時代のアメリカ人ガール・フレンドの文章、良いですね!
でもこんな事を書いているって事は暫くは忘れられないってことですが、
今の彼女の心が腫れ物のようになっている様子が手に取るように分かります、、think
若い頃誰も経験があったのではないでしょうか、、。あの甘酸っぱい想い出、、coldsweats01

Posted by: 健太 | September 28, 2009 at 09:02 PM

健太さん 我が身を振り返ると恥ずかしくなって来ました。それに言い訳が大好きで困っています。これを読んで奮起しないといけませんね。今からちょっとだけウクレレを抱いて寝るじゃなくって練習します。noteshappy02

Posted by: ばってん | September 28, 2009 at 09:38 PM

ばってんさん

健太は子供の頃悪餓鬼だったので、いつも言い訳ばかり考えていました、、。
未だにそんなところが残っているようです、、、coldsweats02
それでも少しは変わってきていると感じることがあります、少しだけ努力が出来るようになったかなあ、、、って。大したことじゃないんですがね、、coldsweats02

Posted by: 健太 | September 28, 2009 at 09:57 PM

健太さん、こんばんは

今の日本に一番必要な言葉ですねcrown
結局、自分が努力をしない限り、まわりは何も変わらないんですよpunch
ここまで立派にはなれないとしても、努力もせず、何でも政治や環境etcのせいにしてしまうのは見苦しいと思いますpig

今日は極上のべっぴんさんですねvirgo
本格的にシリーズ化ですねscissors

そろそろ、温泉の素を調達にいらして下さいねhappy01

Posted by: ダイアルはM | September 29, 2009 at 12:00 AM

人より努力している人は人より笑顔が美しいそうです
人より努力している人は人より平気な顔をしているそうです
人より努力している人は人より努力している人に気がつくのが早いそうです

マッタク努力をしていないボクは鈍感で無神経で人より辛そうな顔をして笑い顔は引きつっているようです

年齢に関係無く尊敬できる人は沢山居ますね~
「What's your excuse!」・・・・ボクは「で?!なに?!!」って訳してました
マッタク太刀打ちできない迫力と実力を感じる言葉です
使える様になりたいな~

Posted by: BANIANN | September 29, 2009 at 12:38 AM

べサミーちゃんの事故からの復活は日本のサーフィン雑誌やTVで観ました。ハワイの波で片腕でパドルして波の立つポイントまで行き片腕で波に乗り片腕でバランスをとる。彼女は相当な努力をして復活したと思います。サーフィンは誤魔化しが効かないスポーツで体と心を鍛えてないと必ず痛い目にあいます。
最近しがらみが多くて海に行くのが嫌になってしまいました。彼女の事を観ていたら、くだらないことで自分の好きなサーフィンをやめようかなーってきっかけにした自分に気づきました情けないです
weep
明日からはなまった体を鍛えて今週末から海に復帰しますgoodもちろんウクレレの練習も忘れずにnotes
健太さん有難うございますscissors

Posted by: 木村オハナ | September 29, 2009 at 02:16 AM

BG(Berch Girls)と言う雑誌にハワイのソウルサーファー、 べサミーハミルトンの記事が載っていて、本当に驚きました。
片手でパドルするのも大変なのにサーフィンして、大会に出て上位の成績をおさめてしまった。
並大抵の努力では成し得ない事です。
人は 逆境を克服しないと大きくなれないってつくづく思います。
私は逆境に遭わない様避けてばかりwobbly
what's your excuseなんて云えないなあcoldsweats01

Posted by: pulu | September 29, 2009 at 04:26 AM

素晴らしいポジティブシンキングですね。
すべての経験を糧にして、生きているように感じます。
たった一日の中でも、数々の失敗や後悔があったりするものですshocksweat01
失敗したからダメっていうんでなくて、そのハードルを1つづつ乗り越えて、次に繋げて行くことが大切なんだろうなと思いますrundash
要は、気持ちの持ち方次第なんでしょうね。
いつも前向きな気持ちを忘れずにいたいですupupup

Posted by: めぐっぺ | September 29, 2009 at 07:25 AM

健太さん、おはようございます。

「ベサミーちゃん」、テレビ放映されてました。普通の人間なら二度とサーフィンをしないであろうが、恐怖と戦い、ハンディをもろともせず立向かう勇気と精神力には頭だ下がります。五体満足な健常者でありながら、兎角挫け易いヤワな精神に渇を入れねばなりません。見習うべき事は、老若男女に関係ないと言う事ですね。

健太さん、爺、温泉三昧で身体がふやけて、昨日帰宅しました。義母も今日、ショートステイから帰宅します。何時もの日常の始まり、始まりで~す。

Posted by: takashi | September 29, 2009 at 09:21 AM

ダイアルはMさん 

今の日本は恵まれすぎているんでしょうね、、。
やはり未だに島国なんだと思います。
比較するものが無く周囲は誰もがある程度の生活環境の中にあるのでそう言うことになっちゃうんでしょうね、、。
これからの日本がさらに伸びようとするならば、よっぽどの覚悟が必要ではないでしょうか、、、。

健太の場合結局何をやっても「なんっちゃって、、」なので、「可愛い娘ちゃんシリーズ」も何ちゃって」の域を出ないと思いますが、それだけに何が出てくるか分からない面白さはあるとかも知れません、、、happy01

spaの素買いに行きまーすspa

BANIANNさん

健太とBANIANNさん、結構似たものどうしじゃないでしょうか、、?
目指していたことも同じだったし、健太もしゃべる仕事をしていたので、BANIANNさんを見ているとまるで若い頃の自分を見ているようです、、。
ここでは詳しくは書けませんが、「そこまでやれるなら、、」と感じることが沢山あります。
「もったいないなー」と言う思いでいっぱいです、、。結局すべて経験が必要なのでしょうがcoldsweats02
しかし、今はまだ力をつけている時なんだと思います。
肩の力を抜いて、頑張って下さい。
ひょっとして神輿の担ぎすぎで肩の力が抜けないのかなあ、、、happy01

Posted by: 健太 | September 29, 2009 at 09:31 AM

木村オハナさん

べサミーちゃんのような人がこの世に存在することはとても信じられません、、。しかも当時若干13歳(今は19歳)、健太は無神論者ですが、どう考えても神様の使いとしか考えられません、、think

しかし、われわれは彼女のまねなどとても出来ないので、ほんの少しだけでもいいから何かを学ばなければならないと思います、、、。
お互いに無理をしないで、自分で出来る範囲で頑張りませんか、、think

Posted by: 健太 | September 29, 2009 at 09:42 AM

puluさん

人間逆境に立たされないと力を発揮できないのかもしれませんね。
だから普段から逆境にいるんだと自分に言い聞かせなければ、大きな成功は望めないのかもしれません。
そう考えれば今の日本は完全に逆境に立っているんだと思いますが、
日常生活に直接大きな影響が見えないので一般人は皆、「自分たちの逆境」をつい見過ごしてしまっているのじゃないでしょうか、、。

どんなに小さなことでもいいから前に進みたいと健太は思っています、、。例えそれが上手く行かなくても「やった!」と言う実感さえつかめればそれはそれで前進だと思っていますthink

めぐっぺ さん

とても我々が追いつける範囲のものではないと思います。
ただ、「じゃあ俺に出来ることってなんだろう、、?」と自分に問いかける事は出来そうです、、。
今の自分の力が50なら、51か52まで先ずやってみよかなあ、、。
健太はそんな事を、ベサミーの本を読んで思いました。
13歳の子供からこんな爺が学べる!
素晴らしいことだと思います。
人生捨てたもんじゃありませんねconfident

takashiさん

お帰りなさい!
温泉、如何でしたか?
羨ましい限りです、、、。
でももうすぐ健太も行けそうですspahappy01

おっしゃる通り彼女からは老若男女問わず学べますね。
彼女の本は、このハワイの平和におぼれている健太をふと目を覚まさせてくれました。
ギターもウクレレも、もうこの年じゃあ上達は望めない、、、などと、、そんな言い訳は許してもらえそうもありません、、、coldsweats02

Posted by: 健太 | September 29, 2009 at 10:58 AM

TVニュースでは、ハワイの事は触れていませんでしたので、大丈夫だとは思いますが、サモア地震(8.0)による津波の影響が無かったか心配しています。

日本は約4時間くらい前に太平洋岸は少し高波になった様子です。

Posted by: twyok | September 29, 2009 at 09:29 PM

twyokさん

こっちのニュースでも盛んにやってました。
お蔭様でハワイには何の影響はないようです。

ところで、フィリピンの台風被害ひどいですね!
とんま得意のセリフがでました。
「地球がおかしくなってる、、、、」、、、(汗)。

Posted by: 健太 | September 29, 2009 at 09:45 PM

似た者どうしって言葉はボクにとって最高のほめ言葉かも知れませんlovely
とんまさんもその辺を感じて三兄弟と認定してくれたのでしょうwink
光栄です
そして
兄と姉に逢う為に今日も精進と仕事に邁進してまいりましたhappy01
神輿のせいで肩の力が抜けないbearing 気が付かなかった~wobbly

Posted by: BANIANN | September 30, 2009 at 12:12 AM

BANIANNさん

よく聞く言葉に「人生は自分探しの旅、、」ってのがありますが、もう一寸で自分が見えて来るんだと思います。
手助けしたいのですが、こればかりは幾ら兄弟と言えども、どうすることも、、。

自分を見つけた途端、まっしぐら!
その日が一日も速く来る事を願ってます。
前進しながらも、肩の力を抜いてじっくりその時の来るのを待ってください。
くれぐれも一生自分が見つからなかった、、何てことのないようにconfident

Posted by: 健太 | September 30, 2009 at 09:59 AM

Thank you for the good writeup. It if truth be told was once a enjoyment account it. Look advanced to far added agreeable from you! However, how could we communicate?

Posted by: bouncy castle rental | July 12, 2014 at 02:30 PM

When I originally commented I clicked the "Notify me when new comments are added" checkbox and now each time a comment is added I get four emails with the same comment. Is there any way you can remove people from that service? Thanks a lot!

Posted by: Chad | September 11, 2014 at 10:49 PM

I'd like to find out more? I'd want to find out more details.

Posted by: wix.com | September 18, 2014 at 06:39 PM

For newest information you have to pay a visit world wide web and on internet I found this web page as a most excellent site for latest updates.

Posted by: castles | September 19, 2014 at 10:41 AM

I drop a leave a response whenever I appreciate a article on a blog or I have something to add to the discussion. It is triggered by the sincerness displayed in the article I looked at. And on this article What's your excuse ? で、何なの、あんたの言い訳って?: 健太のワイキキだよ、おっかさん!. I was moved enough to post a thought ;-) I actually do have 2 questions for you if you tend not to mind. Is it only me or do some of the responses come across like written by brain dead visitors? :-P And, if you are posting on additional online sites, I would like to follow you. Could you make a list every one of all your shared sites like your twitter feed, Facebook page or linkedin profile?

Posted by: bouncy | September 21, 2014 at 12:46 PM

Thanks , I have just been searching for information approximately this subject for a while and yours is the greatest I have discovered till now. However, what in regards to the bottom line? Are you sure concerning the supply?

Posted by: Match.Com Search | April 04, 2015 at 08:30 PM

Play against various other persons on and illustrate that you will be the reigning champion of the zombie apocalypse.

Posted by: why you should play video games | October 25, 2015 at 03:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48740/46343506

Listed below are links to weblogs that reference What's your excuse ? で、何なの、あんたの言い訳って?:

« 2匹の狼の戦い | Main | ハワイで、雨ニモマケズ! »