« レインボー・シティー・ホノルル | Main | 今日から始めよう! »

February 08, 2011

ジャパニーズ・アメリカン!

Imgp8004
札幌、、ではなく、ワイキキの時計台でした、、(笑)!
Imgp8024
ワイキキ最古のホテル、モアナ・サーフライダー(旧・モアナ・ホテル)。
Imgp8032
あれっ、私のサングラスどこやったっけ?
Imgp8035
ワイキキにはこんなイケメンいないだもん、、、。
Imgp8036
ビキニとタオルの柄を合わせるのに大変だったんだから、、。
Imgp8038
私の場合、色を合わせただけだけどね、、。
Imgp8039
ワイキキ・ビーチを歩くときはやっぱり、オイッチ、ニイ、サン、シーよね!
Imgp8051
ハワイのラムネ勢ぞろい!左から、メロン、プレイン、ストロベリー、ライチ&パイナップル!

 久しぶりに快晴のホノルル!
こうなればやっぱりビーチへ行って写真を撮りたくなる。
太陽の光がいっぱいあれば有るほど良い写真が撮れる可能性が高い。
せっかく色鮮やかなビキニの色も曇りじゃあ興ざめだよね、、。
それと晴れれば、
ビーチにいる連中の生き生きとして表情がまた良い!

 しかし健太はせっかくビーチに行ったというのにいまいち元気がない。
寝不足なのだ。
と言うのは一昨日の夜からとんまと一緒に、
「99年の愛・ジャパニーズ・アメリカン」と言う日本のTVドラマを夜中まで見ちゃったからだ。

 ご覧になった方もいると思うけど、
戦前アメリカに渡った日系人が白人達に「ジャップ!ジャップ!」と卑下され、
挙句の果て真珠湾攻撃によりに殆どの日系人が収容所に入れられてしまい、
日本人として、いや人間として耐え難い屈辱を受けると言う話だ。
結局日系人達は自らアメリカ兵に志願して、
442部隊としてヨーロッパ戦線に参戦、
突出した成果を挙げることにより、
その名誉を挽回すると言うアメリカ日系人1世2世涙のドラマだ。
健太の場合こうしてハワイにいて沢山の日系2世たちを知っているだけに、
この物語は強く胸に迫った、、、。

 してぇ、1年ほど前、
その442部隊のドキュメンタリー映画が製作・上映されたんだけど、
残念ながら健太は見逃していた。
しかしこの「99年の愛・ジャパニーズ・アメリカン」を見ながら何とかその、
442部隊の映画を見たいと思っていたら、
何と偶然にも、
今日ドンキでそのDVDを見つけたんだ!

 どうやら今晩もまた寝不足になりそうだ、、(汗)。
 
Imgp8060
ドンキで見つけたドキュメンタリー映画「442部隊」のDVD。

 

|

« レインボー・シティー・ホノルル | Main | 今日から始めよう! »

Comments

私は戦後のまだ進駐軍がいた時に生まれています。
もちろん何も覚えてはいませんが、父や叔父たちは、ほとんど出征していますし、叔父の一人は抑留中に死にました。
ドラマは見ていませんが、このドキュメンタリーはワードで上映されている時に見ました。私が存じている方も出ていますが、皆、父と同じ年代です。
そういった意味でも、あの戦争は、歴史なのではなく、今、ハワイに住んでいるということも含めて、私が生きていることの意味として、考えなければならないことなのだろうと思っています。

Posted by: 池ちゃん | February 08, 2011 at 06:52 PM

「99年の愛・ジャパニーズ・アメリカン」見ましたsign01
日本では5夜連続放送だったので、全部で10時間以上じゃないかな〜?
健太さん一度に全部見られたんですか?!
私の祖父母も移民だったんですが、生前その話を聞いたことがありませんでしたthink 父も子供の頃はカリフォルニア州のフレズノという所に住んでたみたいです。
父たちは戦争が始まる前に帰国したみたいですが、
祖父の兄弟(父のいとこ家族)は残ったので、今もLAに住んでます。
いろんな意味で興味深く見ましたconfident

Posted by: ごんのすけ | February 08, 2011 at 07:20 PM

健太さん、

私の442部隊、聞いたことがあります。
当時の人たちはどんな気持ちで戦地へ向かったのか?と考えると熱いものがこみ上げてきます。
ハワイの真珠湾攻撃でも、自分たちのルーツである日本との戦いも辛いものがあったと思います。
未だに世界の何処かでは戦争があったり、国々が領土を主張し領土確保に躍起になったり…
地球外生物が地球を攻撃してこない限り人類は団結できない状態なんでしょうか?

それにしても今日のSSのコメント、何時もにも益してウイットにとんでますね。
こう言うコメントで喜んでいるとは、平和ボケですね。coldsweats02


Posted by: ボルキチ | February 08, 2011 at 07:32 PM

日本は、ほんのついこの前までアメリカの敵国だったんですものね。

 開戦前にアメリカに渡った人達の御苦労は筆舌に尽くしがたいものが有ったんだろうと思います。


 私たちはこの平和な時代に生きていられるだけでも幸せだと思わなければいけなんですね。


 機会が有れば「442部隊」観ておこうと思います。


  プリウスやレクサスの暴走事故。

  結局、トヨタの電子制御システムに問題はなかった。
  アメリカのあの騒ぎ、何だったんでしょうか。


  GMの業績が回復するのを待ってから「トヨタ安全だった宣言」をしたとすれば、アメリカの民主党もなんだかなぁ、と思います。


 アメリカの東芝。


  女性差別をしている。

  アメリカ東芝の子会社の女性幹部が、ニューヨーク州地裁に82億円の損害賠償を求める訴えを起こしたと言うニュースを見ました。

 かつて、三菱自動車でしたっけ、アメリカ工場内でのセクハラ訴訟を起こされたことが有りました。


確か裁判途中で莫大な和解金を払って解決したんだと記憶しています。

 アメリカ東芝の子会社の女性は、給与や昇進で男性と比較して差別を受けたと主張しているようです。

 アメリカの企業では、入社したら全員社長になるんかい!

 昇進の遅れた人は男女を問わず「差別だ!」と叫んで80億円もらえるんかい!


 日本は、まだ、アメリカ人の標的になりやすい。


 戦争が終わって65年もたっているのに、その気配が残っていると感じるのは私だけでしょうか。

 

Posted by: ゆぶぶ | February 08, 2011 at 08:40 PM

池ちゃん

そう言えば池ちゃんの442に対するレコマンデーション、ここで拝見したと記憶しています。
「ハワイに住んでいる日本人として是非見ておくべきだ!」と言うコメントでした、、、。
まだ見ていないのですがとても楽しみです。
こうして我々が何の咎めもなく、何のディスクリミネーションも受けずにここで生活できているのも、彼らのお陰であることは間違いありません、、、think

ごんのすけさん

ドラマは2晩に分けてみました。
だから寝不足なんですよ、、coldsweats02

おじいちゃんおばあちゃんがアメリカにいらっしゃったなんて初めて知りました、、、(もしかして聞いたかなあ、、汗)。
当時の日系人は全くあのドラマのように、それはそれは大変な差別を受けたらしいですね、、think
ハワイの場合日本人が多かったのでまだ良かったらしいですが、メインランドの日本人は大変だったようです、、weep

LAのご親戚には会いに行かないのですかhappy01

ボルキチさん

下手をすれば日本人同士戦わなければならなかったのかもしれません、、coldsweats02
こうして健太たちがアメリカで平和に暮らせているのは、442部隊や100大隊のお陰なんです、、、。
本当に感謝してもし切れませんconfident

おっしゃる通り、地球外生物が地球を攻撃してこない限り人類は団結できないじゃないでしょうか、、。
悲しいかな、人間ってあまり利口ではないんですね、、weep

ゆぶぶさん

あのトヨタ騒ぎは完全に仕組まれたことですね、、。
アメリカはトヨタのお陰でひっくり返りそうになったなどと、とんだ責任の転嫁!
と言っても、外国とはそう言うもので、
やっぱり自分の国が一番可愛いんですthink

それでも、ロシアのように日本の領土を分捕っておいて「自分たちの土地だ!」と嘯くよりはましかも知れません、。沖縄はちゃんと返してくれました、、。

三菱も東芝もアメリカと言う国をちゃんと理解していなかったんだと思います。
たまたま日本の皆さんにはそれが目に付いたかもしれませんが、日本の会社以外でも幾らでもそんなことが起きているのがアメリカの現実です。
セクハラとは恐ろしいもので、
下手に男子社員は女子社員と話も出来ません。
健太の勤めていたホテルでも、副社長が女子社員からセクハラで訴えられて大金を払わされましたpig
正に異常と言うしかありませんね、、、despair
それとアメリカでは弁護士と言う曲者が跋扈しています。
金の取れそうな大きな企業の規約や内情を丹念に調べて、少しでも憲法や法律に反することがあれば、飯の種にしてきます、、dollardollar

Posted by: 健太 | February 08, 2011 at 09:42 PM

健太さんは今頃「442部隊」をご覧になっているのでしょうか…

戦争は本当に悲惨なものですね。
兄弟でアメリカ兵と日本兵として戦ったという話しも聞いたことがありますが、
これも442部隊のことだったか、100部隊のことだったか…

亡くなった父は大正13年の生まれですから、
戦争に行ったといってもほとんど終戦間際。
その体験を聞かされたことがありますが、
上官から殴られるのは日常のことで、全てが連帯責任となるので、
班の全員で殴られていたそうですが、殴られるより辛かったことは、
「メシ抜き」だそうでした。日々ほんの少ししか
配給されない食事なのに、
それすらもらえないのは、とても辛いことだったようです。

100部隊の方の話を収めたドキュメンタリーを消去せずに
時々見ていますが、
何度みても涙がでます。
まさか母国日本から奇襲攻撃されるなんて…
日系の方々の苦労は想像を絶します。

庶民は戦争なんて望んでいないのに、
戦争を起こすのは誰ですか?
他国の富や領土がほしくて戦争を起こすのは
政治家ですか?

頭の悪い私にはよくわかりませんが、
「平和ボケ」と言われてもいい。
平和ほど尊いものはありません。

Posted by: 白い孔雀 | February 08, 2011 at 11:12 PM

私もそのドラマみました。
日本の海軍がパールハーバーを奇襲した為に
ハワイの日本人はとても酷い目にあったんですよねbearing
442部隊の前に第100大隊があったことも忘れてはいけない事だと思います。
今私達がハワイでのんびり出来るのも先人達のお陰ですね

Posted by: pulu | February 08, 2011 at 11:19 PM

健太さん、こんばんは

この映画、日本でも非常に高く評価されているようですねmovie
もう、こんなことはまっぴらごめんですが、最近はどこもきな臭いですねdanger
水を差すようで申し訳ないのですが、最近、この手の映画やらドラマやらを良く目にするような気がしますeye
興行的にうまみのある題材とはとても思えないだけに、不思議な感じはしますthink

そういえば、今日は午前中雪が舞っていましたsnow
しばらくは寒い日が続きそうですwobbly
最近、時々「ハワイに行ってきたの?」とか「そろそろハワイに行くの?」とか聞かれますsweat01
なぜでしょう?pig

Posted by: ダイアルはM@愛鴨 | February 09, 2011 at 01:36 AM

健太さん、Aloha!

最近、この様な番組が多くある様に・・
とても勉強になるのですthink
歴史も深くないアメリカ国、
都合の良い様に侵略を続けてます。

ハワイ国、もいい例ですね
もし・・その時代に天皇とカラカウア国王が
手を結びハワイアジア連合を合従していたら・・?
歴史はどう変わっていたか??

・・きっとぉ、今は無いですね(汗;

Posted by: 秀蔵 | February 09, 2011 at 03:19 AM

健太さん

アメリカに移民し戦争を経験した日系の方々のご苦労は、私の想像を超えていると思います。
「国籍」の重さを考える良い機会となりました。

全く移民したという意識のない私、「タイの国籍に変えたら不便だし、永住権で良いよ」なんて簡単に思っていました。
「自分のルーツと国籍を大切にしてほしいから、タイ国籍を選ぶ必要はない」と言ってくれる夫。
昔の日系移民と事情は違うのでしょうが、自分にとっての国籍を強く意識した今日の健太さんのブログです。

それから、ラムネ全種類の写真を載せて下さってありがとうございます。
実はあの日から既に心は「ラムネ」。
毎日色々と調べていますよ。今年中には、タイ産ラムネが発売できればいいのですが・・・・夢見ています。

Posted by: Mimy | February 09, 2011 at 08:12 AM

健太さん、おはようございます。

食料自給率の低い日本、無資源国、海外移民、そして戦争、最初の原子爆弾被爆国、どれだけ国民を犠牲にして来た事か、過去の反省を忘れてはいけない。先人の耐え難い苦労、忍耐、努力が有ってこそ、今日の平和で豊かな社会が築かれた事を忘れてはいけない。勤勉、実直な国民性、協調性、日本人が持つ繊細な感性を活かし、世界平和の為に貢献して行く事が大切なのではないでしょうか?

ワイキキ・ビーチでは陽射しが眩しそうですが、今週末の東京は積雪も観測されそうで冬へ逆戻り!

Posted by: takashi | February 09, 2011 at 09:46 AM

白い孔雀さん

戦争は本当に悲惨です、、。
健太もその兄弟で戦うようになってしまったと言う映画、見た記憶があります、、coldsweats02

しかし、残念ながら人類がこの地球上に存在する限り、戦争はなくなりません。
日本もこうして黙って大人しくしているのに、何時ロシアや中国からまた脅かされるか分かったもんではありません。
日本人は今本当に静かに他の国に迷惑を掛けずに生活していると言うのに、、。
だから平和ボケはいけません!
向こうは大人しくしていればしているほどその気になって来ます。ちゃんと脅かしに動じないための準備は必要だと思いますbearing

pulu さん

健太の場合、その思いはもっと深いかもしれません。
だってこうして大手を振ってハワイで生活できるなんて、、、。この自由を与えてくれたのが日系1世2世なのですから、、。
ハワイの日系2世の方たちももうかなりの年で、だんだん少なくなってきていますthink

ダイアルはM@愛鴨さん

最近こういう類のドラマや映画が多いのは、ある種の警告ではないでしょうか、、think
尖閣問題、北方領土問題、、、。竹島問題も有るかもしれません、、。
中国もロシアも日本を脅かして、空きあらば従わせようとたくらんでいます。
特に最近のロシアの発言はとんでもないと思います。

いつもならダイアルはM@愛鴨さんもそろそろハワイに来る時期じゃあないでしょうか、、lovely

秀蔵さん

しかしアメリカはあの終戦で日本を自国にしようと思えば出来たのに、それをしませんでした。
ロシアみたいに北方4島をネコババせず、沖縄を返してくれました。
ハワイは嘗てアメリカが取ってしまいましたが、現在のアメリカも変わってきています。昔は黒人が大統領になるなんて考えられなかったんですから。黒人はバスにも白人と一緒に乗れませんでした。
彼らは彼らなりに間違いを認めています。
それに引き換え中国とロシアはとても食えませんbleah

Mimyさん

うーむ、難しい問題ですね、、。
健太がアメリカに帰化したのは年金問題があったからですが、、、。
健太には分かりませんがタイの場合、もしかしたら日本人のままでいたほうが良いのかもしれません、、。
しかし何れ世界の人々は中和されて、何万年も人類が生き続けたならばルーツも何もなくなっていると思います。

ラムネ、何とか商売になると良いですね!
値段など問題は色々有ると思いますが、
コーラがタイで売れたんだから、ひょっとしたらヒットの可能性はありますねgood

takashiさん

今晩は!

そうそう、そこですよね!
確かに我々の祖父や親達の世代は戦争を始めましたが、戦後の反映も齎してくれました。
何が良いか悪いかなんて誰にも分からないんだから、少なくとも命を掛けて戦った日本人にもアメリカ人にも、現在の我々は感謝の念は持つべきだと思いますthink
ただ心配なのは、今の日本の政治の腐敗です、、。
このままでは日本の将来は闇です、、、bearing

Posted by: 健太 | February 09, 2011 at 06:30 PM

健太さん、お久しぶりです。

「ジャパニーズアメリカン」と聞いて、思わずコメントしてます。
このドラマ、私も見ました。シアトルが舞台なんですよね。
それで地元では日本商工会が主催となって、先月このドラマを英語の字幕付きで上映したんですよ。
私は残念ながらそれには行けず、家で普通の日本語版を見ました。
見てて辛い場面も多かったですが、、、こうしてアメリカに住む日本人として先人たちの苦労は知っておくべきだと思いました。

私が横で簡単に訳しながら夫と見ましたが、主人公が「ジャップ!ジャップ!」と罵倒されているシーンでは彼、眉間にシワを寄せていました...(苦笑)
そして最後には「I am so sorry」と謝られてしまいました。
時代が時代だったら、こうしてこの人と結婚することもままならなかったのだろうなあと思います。
本当に、先人たちの苦労と功績のお陰ですね。

Posted by: ライム | February 18, 2011 at 01:26 AM

ライムちゃん

わー、お久しぶりです!
お元気すで何よりですhappy01

我々アメリカに住む日本人は過去の日系人がどれほどアメリカにおいて苦労したかは絶対に知っておくべきですね。本当に彼らには感謝してもし切れません。
シアトルが舞台だったのでドラマを見ながらライムちゃんの事を考えていましたwink
ご主人もドラマを見ながらさぞかし心苦しかったと思います。
442は見ましたか?
これも機会が有ったら是非見てください。
多分99年の愛はこの442からヒントを得て作られたんだと思います。

先輩日系人達の苦労を忘れずに、お互いこれからも思いっきりアメリカン・ライフをエンジョイしましょうgood

Posted by: 健太 | February 18, 2011 at 08:28 AM

Fashion trends tend to change with likes and dislikes of fashion setters and followers. Herve Leger gown may be the dream of countless women of all ages needless to say as well as me, although not almost everyone can manage it even when you need to personal. For others this might be the time to highlight toned arms with a halter or strapless style, or nice legs through a tea-length dress.

Posted by: bodycon dress long sleeve black | August 25, 2014 at 01:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48740/50819829

Listed below are links to weblogs that reference ジャパニーズ・アメリカン!:

« レインボー・シティー・ホノルル | Main | 今日から始めよう! »