« 真珠湾攻撃のアイディアはどこから? | Main | 人生花火説! »

December 08, 2011

油断のならない奴?

Imgp1228
アメリカ・ハマグルマ!
Imgp1223
ハワイではそこいら中で見られるマングース!
Imgp1224
おっと、あられもない姿でした、、(汗)。
Imgp1214
陽だまりで日向ぼっこ!
Imgp1222
しかしこの目つき、油断のならない奴のようだ!
Imgp1212
そして彼らの隣人はこの「ゴイサギ」君です。

 マングースはインド原産で、
コブラの天敵として知られている。
ジャコウネコ科、
主にネズミや鳥、昆虫などを食べる。
日本には、1910年、インドから輸入されたマングースが沖縄本島に持ち込まれたのが始まり。

 明治時代、沖縄ではハブの毒を消す血清がなく、
かまれると死亡するケースが多く、
ハブの被害は深刻な問題だった。
そこでコブラの天敵であるマングースに注目、
ハブと戦わせる実験により、
マングースはハブにかまれても死ぬことはなく、
最後はハブの頭に食いついて、見事にしとめることを確認した。
早速、ハブ退治としてマングースは沖縄本島に導入されたのだ。

 またハワイでは、
19世紀にはサトウキビ農園でのネズミ駆除のため持ち込まれたものの、
ネズミの駆除もさることながら、
鳥類を中心に在来の動物を存亡の危機へと追いやっていると言われている。
どうやら沖縄でも同じような問題が起きていたようだ。

|

« 真珠湾攻撃のアイディアはどこから? | Main | 人生花火説! »

Comments

マングース君は、インドから来たんですか。
 知らなかった。


 自然の生態系は実に絶妙のバランスで出来上がっていて、異物を持ち込むと途端に壊れるらしいですね。

 マングースなんて、やたらと生命力が強いだろうからやれちゃう動植物は多いんでしょう。

 
 人間が大海を自由にわたる船とか、あっという間に地球を回る飛行機とかを作らなければ自然界での突然の変化はなく、ゆったりとした時間の中を掛けて植物や動物は変化し生態系もいきなり壊れることはなかったんでしょうけどね。

 日本でも、南方からの輸入材木に隠れて入って来た毒蜘蛛が繁殖してちょッとした騒ぎになりました。


 
 その後、着々と繁殖してるんでしょうか。


 毒蜘蛛やマングースだけじゃない、「油断のならない奴」はわが社にも居るぞぉ。

Posted by: ゆぶぶ | December 08, 2011 at 06:26 PM

ゆぶぶさん

地球上の生態系のバランスを崩したのはもちろん人間様で、既に手の付け様のないところまで行っているんじゃないでしょうか、、。
今更何をやっても、、、coldsweats02

マングースは人間に慣れません。いくら餌をやってもその恩はすぐに忘れます。元来臆病者なのです。
油断のならない奴、そちらの会社にもいるらしいけど、
きっと「臆病者」なんですよ、そいつ、、、bearing

Posted by: 健太 | December 08, 2011 at 07:11 PM

健太さん、こんにちは

今日の東京は滅茶苦茶寒いですsnow
雪がちらついたところもあったようですsnow
でも、先ほどから突然良い天気になりましたsun

マングースって人になれないんですねpig
蛇と戦っている姿を見ると勇敢な感じがしますが、臆病者というのが意外ですdanger

ハワイ島で初めてハワイのマングースを見つけたときは感動しましたが、さすがにたびたびハワイに行っていると旅行中に1度はマングースを見るようになったので、最近は感動が無くなりましたgawk

Posted by: ダイアルはM@愛鴨 | December 08, 2011 at 07:26 PM

健太さん、Aloha!

ハワイでは暖かな陽が昇っている頃でしょうか?

全てにおき・・人は勝手です(汗;
職務に着いた、マングー君

沖縄本島だけでなく・・多く生息する
ハブ君との生存は危険極まりないと・・

ある意味では、ハブ君は自然を守っているようにも
思うです。

自然界でのバランスを乱しているのは・・人間ですね(--:

Posted by: 秀蔵 | December 09, 2011 at 05:24 AM

ダイアルはM@愛鴨 さん

マングースも蛇なんかと戦いたくなかったんでしょうね、、bearing
餌としてはもっと簡単に取れる鳥とか虫とかが良いんだと思いますgood

さいきん殆ど毎日マングースを見てますが、餌をやろうとしても逃げちゃいますwink
どこかの売店で残り物を周りにおいておいたので沢山彼等が集まってきましたが、人間が近づくとさっと物陰に隠れちゃいます。臆病なんですねhappy01

秀蔵さん

何時も地球を壊しているのは人間ですね、、coldsweats01
バランスがどんどん崩れていって、あと1000年、人間てこの世には既に存在しないかもしれませんwobbly

なるほど、ハブ君にハブ君の任務があるんですねwink

Posted by: 健太 | December 09, 2011 at 08:11 AM

健太さん、おはようございます。

持ち込まれた動植物が、在来種を駆逐する。意図的にしろ偶然にしろ、持ち込まれた種の繁栄は、生存環境が適していれば繁殖するのは自然界の法則。これだけ人・物が行き来している現代、完全・完璧な防御は無理かも知れませんね?でも在来種を保護するのは、人間しか居ないので、外来種を最大限効果的に駆除する方法を見つけるしか無さそうですね!全て人間の活動から発生している訳で、絶滅危惧種にしないよう保護する必要がある。自然界、経済界、政財界の共存共栄は無理で、猛者・適者が生き残る。いずれにしても過酷な世界。

爺もハナウマ湾で何度も見ましたが、物陰に直ぐ隠れてしまう臆病な動物がマングース。でも顔立ちは、細面、眼光鋭く赤みがかかり強面、手足が短い割には動きが敏速なところは、爺とは正反対・・ダイエットしなきゃ!

Posted by: takashi | December 09, 2011 at 09:17 AM

今年の秋景色の中にはススキを見つけることが少なかった気がします。
目立ったのはセイタカアワダチソウの黄色い花ばかり。
風疹と共に沖縄に運ばれてきた傀儡種のセイタカアワダチソウですが、今や日本中に広がってしまいました。

食用にと持ち込まれたアメリカザリガニは大分県に持ち込みが禁止されていますが、徐々に入り込んでいる様子です。又、かつてはゴキブリが居ないと言われた北海道も札幌を中心に広がりつつあるようです。

ブラックバスがこれから各地でシーズンに入るワカサギや琵琶湖のアユ、モロコ等を捕食すると騒がれてからも久しく、外来種の駆除に尽力される方々の苦労は絶えません。
ブルーギルもそうです。日本に最初にブルーギルを持ちこみ、琵琶湖に放流した方がどなたであったかは知りませんが、このブルーギルについてのニュースはほとんど流されませんネ。若き日の高貴なお方だと言われているからでしょうか?

狭い日本の、さらに私達の生活する峡間を取り上げて見ても、マングースのような問題はいたるところに見ることができます。

新しい環境に順応し勢力を広げる能力は、「油断ならない奴」ほど長けているに違いなさそうです。

Posted by: chi-ponn | December 09, 2011 at 01:44 PM

健太さん、

おはようございます。
昨日は私の部署の忘年会で今朝は激しい二日酔いに苦しんでいます。
油断のならない奴、我が社にも居ました。
酔っていっるのを良いことに、「割り」と言っているのにほぼ「ロック」で酒を作る奴(≧ヘ≦)
「2時まで」と言いつつ、店を出たのが「3時半」( ゚皿゚)キーッ!!
皆様の様な知性あふれる文章が書けずにスイマセン。
昼に妻と子供を迎えに行かなければならないので暑いシャワーをもう一℃上げてもう一度浴びるとします。
↑っあ、完全に酔いが覚めていない。


Posted by: ボルキチ | December 09, 2011 at 02:34 PM

健太さん
朝6時前に目が覚めて起きたとたん急に背中に痛みが走り1時間45分後に治まりました。腎臓結石だと思います。
5~6年前の悪夢がよみがえりました。どの姿勢でも痛くて痛くて119番が頭をよぎりましたが堪えました。
油断したわけでは有りませんが大好きなコーヒーも駄目だったようですがミルク(カルシウム)を混ぜて飲めば未だいいそうです。寒い時期に水分を多く摂るのもちょっと辛いですshockhospitalcafedown

Posted by: ばってん | December 09, 2011 at 07:14 PM

takashi さん

今晩は!

結局強者が勝つことは宇宙規模で考えても分かりきっているわけで、時がたつにつれて弱者は消えてゆく運命にあるんですよね、、weep
人間がやらなくても結局何かがこの地球の生態系を変えては行くと思いますpig

マングースはスリムでめちゃすばしっこいですbearing

chi-ponnさん

何時も日本へ行ってもセイタカ・アワダチソウが蔓延っているのを見ますcoldsweats02
あれだけあるんだから、あれを何かに使えないんでしょうかね、、。花から蜜を採るとか、バイオ・エネルギーに変えるとかsmile
それにしても日本全国、あれのお陰もあって何処も景色が似てきています、、、coldsweats01

なるほど、新しい環境に直ぐなれる奴ほど「油断のならない奴!」なんですねbearing

ボルキチさん

うーむ、また午前様ですかア、、、。
若い時の無理は、、、そう、この前もこれ言いましたっけねpig

油断のならない奴、何処にもいますのでくれぐれもご注意くださ~いangry

ばってんさん

痛そう~、、。
お大事になさってくださいthink
あまり我慢をしないで医者に行きましょうhospital
健康第一です。
別に水じゃなくても、お茶でもお湯でも良いから水分、沢山取りましょうgood

Posted by: 健太 | December 09, 2011 at 08:44 PM

始めましてm(__)m
と言いつつ道路標識のあたりからちょくちょく読み逃げさせていただいています(^^ゞ
沖縄のマングースの話ですが元々無理があったんですよねぇ・・・
なんせハブは夜行性、マングースは昼行性、出会いませんよね!
それに、自分の危機でもないのにわざわざリスクを冒してまでもハブは捕食しないでしょうから・・・

Posted by: kyo | December 10, 2011 at 11:08 PM

kyoさん

始めまして!
何時もありがとうございますhappy01

なるほど、良く考えれば当然の事ですね、、。
マングースも自分が危機にさらされなければ、関わりあいたくないでしょうcoldsweats01
人間の考えることって、良くそんな欠点があります。
猿知恵、、とはこのことでしょうか、、happy02

これからも宜しくお願いしま~すgood

Posted by: 健太 | December 11, 2011 at 08:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48740/53440722

Listed below are links to weblogs that reference 油断のならない奴?:

« 真珠湾攻撃のアイディアはどこから? | Main | 人生花火説! »