« お婆ちゃんの知恵! | Main | 手相、占いを信じるか? »

February 20, 2013

精神力で勝つ限界は?

Imgp3903
エバビレッジ・ゴルフ・コース。今日はシカゴからハワイに移住してきたOyajiさんとのゴルフだ。Oyajiさんはコオリナにお住まいなので、ここは比較的近場のゴルフ場だ。
Imgp3905
1番ホール、パー5、フェアウェーのOyajiさん!
Imgp3906
3番ホール、パー5のフェアウェー。
Imgp3907
その3番ホールのパーパットを打つOyajiさん。残念はずれてボギーでした、、(汗)。
Imgp3908
絶好のゴルフ日和だ!
Imgp3909
12番ホール、パー5。このコースはパー5が5個もあるんだぜ、、(汗)。
Imgp3911
12番ホールでパーオンを狙うOyajiさん。
Imgp3912
13番ホール、パー5。
Imgp3913
澄み切った青空。空気が美味しい!
Imgp3914
18番最終ホール。ここまで2ストローク差で健太が負けていた。しかしこのホールはアゲインストで、かなりの難ホール。ここで勝負が決まるのだ!
Imgp3917
18番グリーンの脇の「ゴールデン・ツリー」!このホール2打追いついた健太、何とか引き分けに終わらせました!Oyajiさん健太の1勝1引き分けです。次回は頑張って健太をやっつけてください、、(笑)!


 今回かぜを引きかけた健太。
既にとんまが風邪に倒れていたので、
なんとしても風邪になんか負けられないと思った。
2人して寝込んじゃたまんないもんね。
のど飴を舐めたり、風邪に効くといわれた色んなことを実行した。
昨日案内した「甘酒生姜」「ブラウン・シュガー生姜」もその一つだ。
お蔭様で健太の風邪は寝込むまでには至らず、
何とか持ちこたえて、昨日今日は殆ど正常に近いところまできている。
きっと「風邪に負けまい」と言う精神力があったからだと思う。

 1941年12月8日、
日本軍は真珠湾攻撃をして太平洋戦争の火蓋を切った。
圧倒的にアメリカのほうが国力や軍備でも有利であったにもかかわらず、
日本が戦争に踏み切った理由は色々有ったには違いないが、
無謀とも言うべき行動だった。
恐らくインテリ政治家や軍幹部の中にはそれを十分承知していた者もいたはずだ。
それを知りながらなおかつ行動に出てしまった。

 その裏には恐らく、
2万5000対3000といわれていたあの桶狭間の戦で、
圧倒的不利な条件下で勝利を収めた織田信長や、
義経が鵯越を敢行して一の谷を襲い大勝したと言う過去の戦いの教訓から、
「戦の勝敗は、必ずとも互いの数や力には比例しない!」
と考えていた者もいたからに違いない。
その連中はあらゆる不利な条件は、
「精神力でカバーしろ!」
とでも考えていたのだろう。

 終戦間際には「原爆」を広島長崎に落とされて、
敗戦は目前に迫っていたと言うのに、
女子供には「竹槍」を持たせて、
上陸してくる米軍を迎え撃とうとまでさせた。

 確かに「精神力」でかなりことは克服できるとは思う。
しかし一体どこまで位なら「精神力」で持ちこたえられるのか、
目前の敵に勝つことが出来るのか、、。
その限界線は一体どの辺にあるんだろうか、、。

 今回精神力で風邪に負けまいと戦っていた健太は、
そんなことを考えていた。


8000ヒットの後伸び悩んでいます。クリック、宜しくお願いします!


|

« お婆ちゃんの知恵! | Main | 手相、占いを信じるか? »

Comments

健太さん、

クリックボタンが無いよ---------

Posted by: twyok | February 20, 2013 at 08:22 PM

今、出て来た。

Posted by: twyok | February 20, 2013 at 08:23 PM

oyajiさんに追いつきドロー。

でも例えが、オーヴァー、でも大好きです、このような、例え。

Posted by: twyok | February 20, 2013 at 08:25 PM

twyokさん

「一心、岩をも通す!」
念じれば岩にも穴が開けられるそうです、、bearing
大体が無理難題に挑戦するには、
神頼みだったり、精神的なものに頼りがちな日本人です。
確かにいろんなことが「精神力」で克服できますが、
それって一体どこまでの事が出来るんでしょうか、、、。とても興味がありますthundertyphoon

Posted by: 健太 | February 20, 2013 at 09:00 PM

あ~~~、ゴルフがやりたい!!!!

毎朝の寒稽古はやっぱり辛いです~~~~。

精神力だけじゃ我慢が出来ません(笑)

Posted by: TODOS | February 20, 2013 at 09:01 PM

re-re-re-visit:

Inversion Table, 継続して使ってますか? もし、イエスであれば、其の効果が出始めてません?

逆吊りにする事により、例え、一回2分にしろ、これ迄、Nerve を、ヒットしていた骨が、正しく本来有るべき位置に納まり始め、痛さが軽減すると云う事は考えられませんか?

2打差を追いついた、良く、解りました。 If Oyaji-san and Kenta-san don't
mind, let us know your guys total score.

Posted by: twyok | February 20, 2013 at 09:20 PM

健太さん
戦中派の私は 空襲の記憶は覚えていませんが 親から聞いた戦時の話は 心に重いものを残して離れません。
パールハーバー戦争メモリアル、広島原爆記念館、沖縄姫ゆりの塔などで 涙することがあります。

Posted by: Yoshi | February 20, 2013 at 09:27 PM

 戦争に行って復員した中学時代の先生の話を思い出しました。

 戦地での話。
 上官が「立てぇーッ! 構えーッ! 撃て―ッ!」と言う。
 アメリカ兵は岩の陰からガムを噛みながらこっちを狙ってる。

 「立てぇーッ! 構え―ッ!」で、日本兵が棒立ちになった瞬間、アメリカ兵の機関銃が火を噴く。
 戦友が胸を撃ち抜かれてどんどん死んで行く。
 私は、命令に背いて立たなかった。
 「精神がたるんどる!」と言われて死ぬほど殴られたが、あの時立たなかったから今こうしてみんなの前に立っていられる。

 

 精神論を振りかざすのは、合理的な理由がつかないことを無理強いする場合が多いと思います。
 根性、精神、気合い、そういう「命令する側に有利」な言葉は英語にありますでしょうか。

 「情感、心、意志、集中力」などとは全く違うものです。


  困難なことに立ち向かうのに必要な「根気」や「意志」の強さはもちろん大切なものです。
 しかし、「根性入れてやる!」とか言うのはどんなもんでしょう。

 健太さんのブログをご覧になっている方で、背中や腕に「根性!」と入れている方がいらっしゃったらゴメンナサイ。

Posted by: ゆぶぶ | February 20, 2013 at 09:36 PM

健太さん
野球のヒーローインタビューで未だに「気力で打ちました」ってのが有りますが古い体質を引きずっていますねスポーツ界は、柔道然り。まぁあんまり細かいこと喋ると企業秘密でしょうからとやかく言いませんが他の言葉も使って欲しいです。ヒーローインタビューの締めの言葉「応援よろしくお願いします」今年も結びの言葉はこれで決まり!!baseballup

Posted by: ばってん | February 20, 2013 at 09:51 PM

悪ガキleoだった頃
virgoと、きのうは抜かずの〇発しちゃったぜーlovely
とか、飯も食わずに二泊三日で〇〇発しちゃたよと、
仲間同士で自慢しあった昔を思い出し・・
あれは『根性』なのか『気合』だったのかsign02
ふっと、悩んでいます。

ねえ 健太さん
あれは、どっちだったんでしょうかsnow
それにしても、あの根性だったのか気合だったあの無茶苦茶さは、
どこかに…逝っちゃたんでしょうかshock
ねえーーー
健太さん ご存知アリマセンかbleah

Posted by: CHONY | February 20, 2013 at 10:48 PM

TODOSさん

素晴らしいスイングのTODOSさん、練習、もういらないんじゃないのsign02

本番がしたいですよね。
何事も本番が大切ですgood

twyokさん

インバージョン・T、かなり効いています。しかし一日2分なので、じっくり構えて直しますconfident

最終ホールで何とかイーブンに、、coldsweats02
2人とも95点でした。
かばって腰が及び腰になってますが、落ちぶれたと言えど健太、100は叩きませんweep

Yoshiさん

健太はギリギリの戦前派です。防空壕に隠れたことは鮮明にこの瞼に残っていますthink

4歳だったと思いますが「空襲警報発令!」って言う声が今でも耳に残っています、、、ear

ゆぶぶさん

真面目な兵隊さんは死んだんですね、、think

不真面目が悪いこともありますが時と場合、、って感じがしますdespair

もちろんかつての日本軍は合理的な理由がつかないことを精神論をかざして無理強いする典型的な団体でした、、、bearing

だから、「根性、精神、気合い」が通じる場合もあるとおもいます。それらがうまく機能するのはどの辺までなのか、、これが今日の問いかけでした、、coldsweats01
しかし、おっしゃる通り「根性入れてやる!」、、って言うのは違うんじゃないのかなあ、、punchannoy

ばってんさん

人は困難に立ち向かうとき、何か普段とは違った精神構造が必要なんだと思いますthink
言葉はいろいろあるでしょうが、数々の困難を乗り越えてきた人の精神構造は大分普通と違うような気もしますconfident

CHONYさん

あなたスペル間違ってるアルヨhappy01
他人に成りすまそうとしてもすぐばれるアルネhappy02

きのうは抜かずの〇発しちゃったぜー、、とか、飯も食わずに二泊三日で〇〇発しちゃた、、は単なる自慢話か、「さかり」のついたオオカミだったんじゃないでしょうかkaraoke
もちろん御多分に漏れず健太もそんな時期が、、、happy02
若さとはは凄いものですvirgovirgovirgoleopigdog
しかし年寄りには年寄りの凄さがありますbleah

Posted by: 健太 | February 21, 2013 at 12:02 AM

こんな若造ですが根性論は物理的なことに対しては
あまり効果(?)がないように思います。
ただ、山で遭難しかけた時や危機に陥りかけた時は
かなりその効果を発揮します!
危機的状況を根性で回避した経験があります。
とは言え、戦争と比べると私の経験なんて鼻糞(失礼(^^))みたいなものですが・・・

それはそうと今朝ホノルル警察で拘束されていた囚人が脱走したと聞きました。
最後に目撃されたのがカカアコ、カピオラニ周辺だったそうですのでお気を付けください。
すでに捕まっているといいのですが・・・

Posted by: kyo | February 21, 2013 at 12:20 AM

健太さん、こんばんは

精神力という言葉は好きですが、根性という言葉は正直好きになれませんimpact
いや、最後は根性がものを言うと言うことは痛いほどわかっているつもりですが、日本の根性論には未だになじめないですsweat01
子供の頃、巨人の星というアニメがありましたbaseball
魔球の開発とそれの打倒に文字通り命をかけるというお話ですが、なんで野球で戦うためだけに、そこまで命がけになるのかとか、試合に勝つとかチームに貢献するとか結局はそっちのけなのかよとかgawk
一つのことに打ち込むことは立派ですが、度が過ぎると単なる傍迷惑な人に見えてしまいますmobaq
戦前戦中でも職業軍人は結構合理的な考え方の人が多かったとかclock
根性論じゃあ彼らは真っ先に死んでしまいますからdown
今回、いじめの問題でクローズアップされてきましたが、根性論に染まった世の中の風潮は戦前のある時期から急に勢いを持ったそうですshadow
親や爺さん婆さんは大変だったと思いますが、我々世代もきっちりそのあおりは食らっていますpig
田舎でしたからgawk
都会に出て一番驚いたのは、そのあたりの考え方が全然違っていたことですねcoldsweats02

あ、でも、わけえもんには言いますよkaraoke
人生根性だ!って(笑)

Posted by: ダイアルはM@愛鴨 | February 21, 2013 at 02:12 AM

kyoさん

なるほど、、。
確かに山で遭難しかかたっとき等には「根性」的なものが要求されるんでしょうねconfident

命がけで戦っている兵隊にはそんな精神論も必要だったのでしょうthink

そうそう!昨日囚人が逃亡したそうで、薄気味悪いです。何しろ殺人犯らしいですからhappy02

ダイアルはM@愛鴨さん

「根性」と言う言葉にすでにアレルギーなんだと思いますwobbly
違った表現があればいいんですが、でもここ一番この難局を切り抜けなければ、、という時には「根性!」って言葉には効き目がありそうですbearing
つまり他に良い言葉が見つからないんですね、、、。
因みに韓国語では「根性」は悪い性格を表す言葉です。
「あいつは良い根性してる!」と言うことはなく「あいつは根性悪だ!」だけを意味しますbearing

ハハハ、、わけえもんには「人生は根性だ!」って言えることは、「叱咤激励」の言葉としては便利なんですねcatface

Posted by: 健太 | February 21, 2013 at 10:54 AM

健太さん、おはようございます。

「精神力で勝つ限界は?」勝とうとする相手、勝ちたい対象を如何に分析出来ているかに掛かってるのでは?戦もスポーツの勝敗も、気力、精神力だけに頼っていては、既に戦わずして勝敗は決まっているのでは?鍛錬に鍛錬を積んだ上に、戦術、戦略を前もってイメージする事が大事なのでは?物資も肉体も互角であれば、後は限界を打破出来るのは精神力なのでは?相撲の世界では「心・技・体」全てが揃っていてこそ大成する。時代が変わっても、頂点を極めるのはほんの一握り人物。

66歳を目前にして、気力、体力、集中力の衰えを感じている爺です。あ~あ、やんなっちゃった、衰えた。

Posted by: takashi | February 21, 2013 at 11:13 AM

takashiさん

なるほど、、。その相手を分析した上で自分の精神力と秤に掛ける、、happy01
美空ひばりは「勝つと思うな、思えば負けよ!」、、って歌ってましたが、、bearing
物資も肉体も互角であれば、後は限界を打破出来るのは精神力、、、確かにその通りですね、、。

勝負の世界はどの分野でも頂点を極めるのは極ひと握りのものですね。

気力、体力、集中力が衰えても、堪忍力、つまり耐える力は若いころよりずっと鍛えられていると思いますgood

Posted by: 健太 | February 21, 2013 at 08:51 PM

You actually make it seem really easy together with your presentation however I find this matter to be actually something which I believe I might never understand. It kind of feels too complicated and extremely vast for me. I am looking ahead to your next put up, I will try to get the cling of it! scrapebox proxies http://scrapebox.overblog.com/

Posted by: scrapebox proxies | March 22, 2013 at 08:20 PM

First off I would like to say awesome blog! I had a quick question that I'd like to ask if you do not mind. I was curious to find out how you center yourself and clear your mind before writing. I have had trouble clearing my thoughts in getting my ideas out. I do take pleasure in writing however it just seems like the first 10 to 15 minutes tend to be lost simply just trying to figure out how to begin. Any ideas or hints? Thanks!

Posted by: Web Hosting | May 28, 2014 at 04:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48740/56810670

Listed below are links to weblogs that reference 精神力で勝つ限界は?:

« お婆ちゃんの知恵! | Main | 手相、占いを信じるか? »