« 見ちゃったトップレス! | Main | 明日こそ、そうです、明日こそ! »

August 31, 2013

涙が止まらない、、、

Imgp0023_2
ビクターレコード、トニーズ。左からクリ、スギ、健太、アキ。

 夕べ健太は眠気がやってこないで一晩中眠れなかった。
朝方6時半ごろ、
とんまは成田のフライトがあるので起きてきたけど、
全く眠れずリビングルームのソファーに横になっていた健太だった。
こんなに眠れないことなんて珍しい。

 とんまは8時ごろ家を出て行った。
その後健太は何とか眠ろうとベットで七転八倒。
しかしいくら頑張っても眠れない。
夕べ寝る前に一応睡眠導入剤を1錠飲んだんだけどね、、。

 やっとうとうと出来たのが今朝の10時過ぎ。
その時電話がけたたましく鳴った。
<やっと眠れそうなのに、、、>

「もしもし、、?」
「あ、健太さん?」
「そうだけど、、」
電話の主は若い男の声だった。
「あ、僕Lですけど」
その声を聞いて健太の脳裏には予期していた出来事がはっきりと浮かんできた。
L君のお父さんは今日の写真の「スギ」なのだ。
「L君か!お父さん、、、」
「そうなんです、さっき息を引き取りました、、、、」

 スギは健太のバンド「トニーズ」のリードボーカリスト。
楽器はアキが日本へ帰ってしまったあとベースを担当していた。
そのスギ、
一昨年の12月に「前立腺癌」で手術をした。
その後の経過は順調だったけど去年の春ごろに癌が転移していることが判明、
そして今月(8月)の中ごろから容態が急激に悪化して「ホスピス」に入っていたのだ。

 L君の声に健太の声は詰まって、
一挙に熱いものが目にあふれ出した。
年は健太より2歳若いスギ、
そのスギが逝っちゃうなんて!

 夕べの健太の「もがき」はそれが原因だったに違いない。
何しろスギが19歳の時からずーっと兄弟のようにしてきたんだからね、、。
いや、兄弟より親しくしてきたと思う。
その彼が最後の痛みでうなされているのを、
健太がどこかで感じ取っていたに違いない。

 さっき早速ホスピスに行って最後の対面を済ませてきました。
まだまだやりたいことが沢山あっただろうに、、。
抜け殻のスギの顔は心なしか笑っていた。

 スギ、健やかに眠ってくれ。
そしてそのうち必ず健太も行くから、
先に行って待っててくれよな!

Imgp0002
スギの入ったホスピスのある、エバの「セントフランシス病院」。
Imgp0004
スギが眠ったホスピス、、。
Imgp0009
ワイマル・ショッピング・センター。Oyajiさん、帰途に「えぞ菊」によってきましたよ!
Imgp0011
健太はホノルルのとある横断歩道を渡っています。さてどの辺の横断歩道でしょうか?


 

|

« 見ちゃったトップレス! | Main | 明日こそ、そうです、明日こそ! »

Comments

どんな人間にも病棟に与えられた唯一のもの・・・・・時間
その時間をどういう風に使うのか、使ったのか。
ボクが亡き父から教わったのは人生の財産は友だという事
未だにその考えを変える出来事は起こっていない
いや、
その事を裏付けるかのように歳を重ねた今でも素晴らしい友を得ています。
そう言った意味で中身の濃かった時間を一緒に過ごした最高の友に先立たれた事、心からお悔やみ申し上げます。
でもですね~その健太さんを慕って健太さんを財産と思っている多くの若輩の友の為に、スギさんの処へ遊びに行く予定は当分しないで下さいネ

Posted by: BANIANN | August 31, 2013 at 05:34 PM

BANIANN さん

何物にも変えがたいすばらしい仲間、友達でした。
そんな意味でも大きな財産をなくしてしまった思いですthink
有難うございます。
そういっていただけると本当に嬉しいですdelicious
健太の場合は「憎まれっ子世にはばかる!」、、、。まだしばらくはスギのところへは行かないと思いますconfident

Posted by: 健太 | August 31, 2013 at 07:08 PM

健太さん、こんにちは

健太さんより年下ということは、まだお若い年齢ですねclock
仲の良いお友達に先立たれた健太さんの心情は、とても察する事の出来るものではありませんが、自分も親友に先立たれるような事が起きたら辛くてたまらないでしょうcrying
衷心よりお悔やみ申し上げます。

健太さんには、なんとしてでも長生きをしてもらって出来るだけ沢山の土産話をスギさんに話してあげて欲しいですmemo

今日の問題ですが、たぶんダウンタウンなんだろうなあというくらいしか想像がつきませんが、健太さんがダウンタウンに行かれるときは、いつもなじみのレストランに行かれているようなので、そのお店の近くかなあとcoldsweats01

Posted by: ダイアルはM@愛鴨 | August 31, 2013 at 07:36 PM

スギさんのご冥福を心よりお祈りいたします。
50年来のご友人をなくしてしまった健太さんのお気持ちを思うと胸が痛みます。
でも、健太さんはまだまだお元気!
スギさんとの再会は... まず当分ムリでしょうconfident

今日の問題は、右側にカメハメハさん、向こう右側にイオラニ宮殿ですね。

Posted by: ごんのすけ | August 31, 2013 at 07:51 PM

スギさんのご冥福をお祈り申し上げます。

Posted by: タロッペいたばし | August 31, 2013 at 08:00 PM

ダイアルはM@愛鴨さん

遅いか早いかで人は必ず逝ってしまいます。早く逝ったほうが良いのか、後で逝った方がいいのか、、誰にも分からないけど、後に残されたものの悲しみは大きいです、、think
ただひとが逝く事が悲しいことではないような気もしています。人それぞれ頑張って一生をすごしたわけだから、むしろ大きな仕事を成し遂げたんだと考えるべきだと最近は思っていますconfident

はいはい、何時ものレストランの近くです。今日はゴルフショップへ寄りましたgolf

ごんのすけさん

有難うございます。スギもこうして皆さんからも暖かい声を掛けてい頂いて幸せなやつだと、つくづく思いますhappy01
さすがハワイのベテラン!
ハワイアンエレクトリックそして郵便局の前あたりですgood

タロッペいたばしさん

有難うございます。
スギも思い残すことなくあの世にいけると思いますthink


Posted by: 健太 | August 31, 2013 at 09:11 PM

健太さん、

正に虫の知らせを感じていたのでしょうね。
私にも覚えがあります。confident
兄貴の様に慕っていた健太さんの近くまで来ていたのでしょうね。
健太さんは弟の様に可愛がっていたスギさんの痛みを分け合って少しスギさんを楽にさせてあげられたのでは?

健太さんはまだまだ、スギさんの分までお元気でいなくてはなりませんよ。

スギさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。


Posted by: ボルキチ | August 31, 2013 at 09:20 PM

ボルキチさん

完全に「虫の知らせ、、」って奴でしょうね、、、。
すこしは彼の痛みをやわらげられていたら良かったと考えていますが、、、。
あんなに眠れないことはめったにありませんnight

有難うございます!
そうですね、、。健太はスギの分までしつこく元気で生き続けます、、happy01

Posted by: 健太 | August 31, 2013 at 09:38 PM

健太さん
なんちゃって サクセス ストーリでスギさんの若かりし時代の写真や活躍ぶりを
何度も読んでいましたので本当に残念です。

スギさんのご冥福を心よりお悔やみ申し上げます。

Posted by: Osamu | August 31, 2013 at 09:48 PM

健太さん、

2ー3日前にトニーズの昔の写真を見てました。杉さんの顔やさしそうでナイスルッキングガイですね。御冥福をお祈りします。RIPです。

正に虫の知らせ(foreboding)ですね? こういう事信じます。

Posted by: twyok | September 01, 2013 at 12:51 AM

スギさんのご冥福をお祈り申し上げます。

 私たちは、変わらないものなど一つも無いことをよく知っています。
 知っていても、愛する者との別れは悲しい。
 
 ご友人に先立たれた健太さんのお気持ち、いかばかりかとお察しいたします。
 いずれ、我々も旅立ちます。
 その時間差が20年だろうと30年だろうと、宇宙の時間軸では「同時」の様なものですね、きっと。

 大切な友人と、奇跡のように同じ時間を生きて、同じ空間で出会える、これが実に不思議です。

 健太さんはこれから何千回もスギさんの笑顔を思い出されることでしょう。
 それが同時代を生き、そしてこれからを生きていく健太さんに、スギさんから与えられた財産だと思います。

 生意気言ってすみません。
 改めてご冥福をお祈りいたします。
 
  

Posted by: ゆぶぶ | September 01, 2013 at 02:51 AM

健太さん、こんばんは
50年来の苦楽を共にしたお仲間に先立たれるという事は、とても悲しい事ですね。

スギさんのご冥福をお祈りいたします。

この通りは、リチャードst、でしょうか?

Posted by: pulu | September 01, 2013 at 03:26 AM

健太さんご無沙汰しております。
スギさんの突然の訃報に驚いています。ご冥福をお祈りしております。
健太さん、スギさん、クリさんと初めてお会いして8年が過ぎましたが、昨日の事のように思います。
その間、音楽活動を通じて友との絆の大切さを教えて下さったのが健太さんです。田中も私も感謝しています。
それだけに、スギさんを失われた健太さんの御心痛お察致します。
健太さんには、健康に留意いただき、まだまだこれからも私達と、繋がっていて下さるようお願いいたします。

Posted by: 仁志 | September 01, 2013 at 04:02 AM

Osamu さん

Osamu さんには本を作って頂いたので、スギのことは鮮明に覚えて頂いていると思います。
あの本の中の数々の写真の中のスギは輝いていますshine
ページをめくってみればまるでまだ生きているかのようにスギはそこにいます。
2週間ほど前スギがホスピスに入って直ぐお見舞いに行ってきましたが、あの本を見せてやりました。痛みで苦しい中、しっかりと見ていましたthink
本当に有難うございました。

twyok さん

そうそう!「なんちゃって、、」を最近また読んでいただいてましたよねconfident
あの中のスギは輝いて躍動していますthink
写真の数々を見るとあの頃がまるでうそのようにも思えます、、、。
有難うございます。

ゆぶぶさん

有難うございます。

なるほど、宇宙時間では10年も20年もほぼ同時なんですよね、、。
憎まれっ子世にはばかる、、の健太ですが、はばかっている間に、一体スギよりどれだけの多くのことが出来るのか、、confident

彼と過ごした多くの時間は健太の宝物です。
おっしゃる通り、何かあるたびに彼の笑顔が浮かんでくるに違いありません、、、happy01

重ねて、有難うございます。

Puluさん

有難うございます。
ほんと、、。数えてみれば50年来の仲間、友達でした、、。今振り返ってみればその思い出のすべてが夢のようですnightsleepy

リチャード・ストリート、当たり~happy01

Posted by: 健太 | September 01, 2013 at 04:21 AM

健太さん

ハワイへの移住を含め、長い長い間、共に過ごして来られたスギさんは
健太さんにとって家族同然のかけがえの無い存在だったことと思います。
心よりお悔やみ申し上げます。

きっとスギさんにとっても、健太さんはかけがえの無い存在だったから
会いにいらしたんでしょうね。

スギさんが穏やかでいらっしゃられるよう、お祈りさせて下さい。


Posted by: そら | September 01, 2013 at 04:25 AM

仁志さん

ご無沙汰しております。
お元気そうで何よりですhappy01

有難うございます。
スギはこの世のすべてを諦めて逝ってしまいました、、。

そうですかあ、、。あれからもう8年になりますか、、。
早いものですね。
こうして振り返ってみるとすべてが夢の中の出来事だったような気がします、、night

これからも宜しくお願いしますconfident

Posted by: 健太 | September 01, 2013 at 04:28 AM

健太さん

スギさんのご冥福をお祈り申し上げます。
セントフランシンスにホスピスがあること知らなかったです。
ホスピスに入られていたと言う事は最後の一ヶ月に入られたということで健太さんも予期されていた事と思いますが長年の友人を亡くすのは簡単には受け入れられないと思います。
帰りにエゾ菊のあんかけラーメンも十分に味わえなかったこととお察しします。
あらためて今日は残りの人生の第一日目と胸に刻み健太さんは楽しく長生きしてください。
今日の最後の写真、ゴルフ屋の前から山側を写した写真の様に見えたのですがあまり自信がありませんでした。
この近くのお気に入りレストランとはどこでしょうか?

Posted by: oyaji | September 01, 2013 at 04:29 AM

健太さん

健太さんのお気持ちお察し申し上げます。
スギさんのご冥福心よりお祈りいたします。
でも・・・健太さんスギさんの分まで、
ずっとずっと長生きしてください。

Posted by: スー | September 01, 2013 at 04:41 AM

健太さん

スギさんの在りし日の姿をしのんで、ドラマ「青春とはなんだ」の動画を見ました。
健太さんに負けず劣らず、男前です。

Posted by: 仁志 | September 01, 2013 at 06:57 AM

健太さん

スギさんがお亡くなりになったのですね。
心より御冥福をお祈りいたします。

最近不思議な体験をした方の本を読みました。
日本語訳は「喜びから人生を生きる」と言うタイトルで、全身をガンに冒され臓器不全で亡くなりかけた時に起こった臨死体験によって、自分の存在そのものが素晴らしと悟り、もう一度この世に戻る決意をした所、全ての臓器は正常に動き、ガンが消えてしまったと言うものです。
臨死体験中、離れていた所に居る自分のことを心配する人や治療走り回る病院関係者、遠くインドから飛行機に乗って来る兄の事、全てが同時に目の前に展開されるのだそうです。
スギさんは健太さんが眠れずに居るお姿に、心配しないで、大丈夫だよと声を掛けていらっしゃったのではないでしょうか。
死は恐るるべきものではないようです。

Posted by: Mimy | September 01, 2013 at 07:47 AM

そらさん

ハワイ永住をともに決心して生きてきたこの長い長い人生の彼との思い出、大切に胸にしまって生きてゆきます。
もちろん彼の分まで長生きしま~す、、happy01

お悔やみ。ありがとうございますconfident

Oyajiさん

ウェストロックの7番ホールのすぐ脇がちょうどホスピスでした。これからウェストロックでゴルフをプレーするたびに昨日のことが思い出されると思います、、confident

昨日えぞ菊では気分を変えて「あんかけ焼きそば」にしました。やっぱり「あんかけラーメン」のほうが美味しいですね、、。いずれにしてもあまり楽しめませんでした。

ダウンタウンのレストランが「デリ」って言うところですがランチのみなんですrestaurant

スーさん

有難うございます。
もちろん健太はスギの分まで長生きします。それを彼も望んでくれていると思います。
健太は「憎まれっ子」なので世にはびこります、、、happy01

仁志 さん

「青春とは何だ!」見ていただけましたか?
それはそれは!彼も喜んでいると思います。
若いころ彼は日本のアランドロンになる、、って言ってましたから、、(笑)!

Posted by: 健太 | September 01, 2013 at 10:10 AM

Mimyさん

有難うございます。

面白そうな本ですね!
臨死体験の話は沢山読んでいますが、その話はすごいthink

おそらく昨日の夜はスギが健太に何かを訴えたかったんだと思います、、。
「まかしておけ!健太がお前の分まで生きてやるから!」
そう心の中で言い続けています。
死は人間にとって悲しいことではなく、むしろおめでたいことだと健太はかねがね思っています。
長い長い人生を全うしたんですから、、、confident

Posted by: 健太 | September 01, 2013 at 10:18 AM

健太さん、こんにちは。

友との永久の別れ、さぞや悲しいし、寂しいかとご察しいたします。”死”は誰にも何れ訪れますが、後悔の無い人生、まっとうしたいと思ってます。

健太さん、これからも身体を大切に、何時までも多趣味を楽しみながらスギさんの分まで長生きしてください。

スギさんのご冥福を心よりお祈りします。

Posted by: takashi | September 01, 2013 at 04:01 PM

ワタシも数年前同級生を見送りました。

娘さんが
「高校生の時のおかあさんってどんな感じだったんですか?」と聞いてきて
涙で言葉が詰まりながらも少しずつ話しました。

健太さんはほかの人が知らないスギさんを知ってる
スギさんの大字な宝物なんでしょうね。

心からお悔やみ申し上げます。

Posted by: 照見 | September 01, 2013 at 04:13 PM

あ、変換ミスをしました。
大字は「大事」です。
すみません。

Posted by: 照見 | September 01, 2013 at 04:16 PM

takashi さん

兄弟のように、いやそれ以上親しく生きてきたのでショックでした、、。
しかし彼も自分の人生を思いっきり駆け抜けて行ったんで後悔は無かったと思いますconfident

お互いに健康に留意して長生きしましょうねsign03
といっても、他人に迷惑掛けながらまでは、、。難しいところですね、、sweat01

照見さん

ご無沙汰いたしております。
お元気そうで何よりです。

親しいものをなくすのは本当に苦しいですね、、。
しかし彼もすばらしい息子さんたちや優しい奥さんに囲まれて幸せに逝ったと思いますconfident

スギのほかのひとがしらない部分、沢山健太は知っています。
何しろ、何回も風呂に一緒に入ってますからspahappy02

Posted by: 健太 | September 01, 2013 at 05:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48740/58106141

Listed below are links to weblogs that reference 涙が止まらない、、、:

« 見ちゃったトップレス! | Main | 明日こそ、そうです、明日こそ! »