« 明日こそ、そうです、明日こそ! | Main | 本当にファンなの? »

September 02, 2013

男と女

Imgp0003
オアフ島にもこんな素敵な湖(ソルト・レーク)があります!
Imgp0030
混雑していたレイバーデーのアラモアナ・ビーチ。
Imgp0032
マジック・アイランド側は家族連れのテントがいっぱい。
Imgp0033
今日の波は1~3フィートの予報でした。
Imgp0010
一寸ボケちゃいました、、(汗)。
Imgp0042
ロコ・クラウド。観光さんは少なかった。
Imgp0034
お隣空いてますか~?
Imgp0040
足が攣る人は木綿の糸や紐を足首に巻くと良いって聴きました、、、。
Imgp0044
マジック・アイランド側から西をパシャり!


 「たかじんのそこまで言って委員会」って言うTV番組がある。
以前にtwyokさんがそのアドレスを送ってくれたので、
以来何かあるたびに見るようにしている。

 
 ご存知の方が多いと思うけど、
番組の内容は、
政治問題など今日本で話題になっているテーマを、
出演者たちがそれぞれの立場から討論するんだけど、
時には彼ら同士が真逆な意見を言いあって火花を散らせる。
そうした歯に衣を着せない彼らの意見がとても面白い。
 
 その中のレギュラーに「田嶋陽子」さんと言う人がいる。
ご存知の方も多いと思うけど、
彼女は多くの女性を「家事」や「不当差別」から守ろうと、
必死になって男性パネラーたちとぶつかっている。
「男は女を穴と袋としか見ていない」とか
「女は飯炊きやパンツ洗いの奴隷」とか、、、。

 確かにかつての日本女性にはそんな風潮があったけど、
専業主婦はさておいて、
だんだんそういう仕事は夫婦で共同でこなしてゆく人たちが増えていっているのも確か。
健太もとんまも、手が空いているものがやる。
これですべてが上手く行くんだよね。

 さて、
だからそうした田嶋さんが言っている事も確かに一理ある。
しかし彼女の場合「何が何でも男も女も同じだ!」
と決め付けているところに問題があるような気がする。
いくら彼女が偉そうにそう主張してもやっぱり、
男と女は同じにはなれない、、。

 近隣諸国との揉め事の多い昨今、
そんなことは絶対あってはならないことだけど、
もしかしたらどこかの国と戦争なんてことになる事だって視野に入れておかなければならない。
今の状況ではそれを考えないで日本の国は成り立たない。

 絶対、絶対あってはならないけど、
万が一戦争になった場合、
最前線では屈強な他国の男性兵士と、
田嶋さんたち女性兵士が同等に戦ってくれるのだろうか?

 先ず無理だよね。
そう考えただけでも彼女の主張する「男と女は同じ」という理論は、
全く成り立たないことが分かる。
津川さん(津川雅彦さん。よく田嶋さんと反対意見でぶつかる)、
今度、健太のこの意見をしっかり田嶋さんに伝えてください、、(笑)!


|

« 明日こそ、そうです、明日こそ! | Main | 本当にファンなの? »

Comments

健太さん、

今日はお出掛け出来たようですね?

Labor Day Holiday の為、メールが一件も無いので、iTune Radio を、聞きながら、メールのファイルの整理とか、ゆっくりしています。

Nat King Cole - 「Smile」 が、流れ出したらもういけません。ボーズのボリュームを一杯にして聞いていましたが、何だろー、涙が出て来ました。貴方が7月初旬に来たとき、ユーチュブの音楽を、目を閉じて聞いていたのを見て、音楽家はそう言う風にして聞くのだと感心したのを思い出し、私も、目を閉じて聞いていたら、何故だか、ぐっと来て、涙が出て来ました。お会いした事も無い杉さんの顔も浮かびました。

四季の移り変わりで、秋を感じたのか、死期を感じたのか、涙が出て来ました。
それとも、此の動画の老人を見た所為かな?

http://www.youtube.com/watch?v=1T_uclFd8pU

右側のリンクに出ていた、ロッド・ステゥワートのも、素敵です。

http://www.youtube.com/watch?v=RJWA0fUM7-4

Smile って、確かチャップリンのモダン・タイムズの映画の主題曲でしたよね?

Posted by: twyok | September 02, 2013 at 07:43 PM

健太さん

たかじんの番組は確かに面白いですね。
私は月一回の朝まで生テレビを欠かさず見ています。
田原総一郎も老体にむち打って深夜3時間の番組を良く続けていると感心します。
以前はサンデープロジェクトという番組が日曜日に有りテレビ朝日が良くやっていると思っていましたが打ち切りになってしまいました。
やはり日本のマスコミはまだまだ成熟できていないのが現実でいつも米国のマスコミの報じるニュースと比較して判断せざるを得ないのが現実です。
やはりマスコミが成熟しないと政治も成長できないのが残念ですね。
田島陽子も昔に比べるとかなりソフトになったと思いますがやはり全てに男女平等ということは確かに無理が有ると思います。
やはり米国にいても日本のこの手の番組がいつでも見れるということは良いことです。
twyokさんいつもリンクありがとうございます。

Posted by: oyaji | September 02, 2013 at 07:52 PM

健太さん

私も「たかじんの・・・」観ました。
なかなか面白い人たちが出ていましたね。
田嶋陽子って女性の代表みたいに発言していますけど、イヤイヤそうじゃないからって言いたいです。
バカの一つ覚えみたいに、「人権、人権」って言っているのも違和感があります。

夫婦や家族の間もその他のコミュニティーも「人権」を振りかざす前に、「思い遣り」ですよ。
そして得意な所は率先してやり、苦手な所は手伝ってもらうと言う柔軟さ。

最近、津川さんのブログは更新されていませんが、素晴らしい内容ですね。

Posted by: Mimy | September 02, 2013 at 09:38 PM

twyokさん

エレベーターは直りました。
とんまが朝日本から帰ってくるのでエレベーターが壊れてたら困るなあ、、って思ってましたがOKだったの安心しましたhappy01

ナット・キングコール、健太も大好きで時々CDを聞きます。彼のCDだけで4枚ほど持っています。
今ああいう歌手がいないのがとても淋しいですねconfident
ゴルフ・チャンネルのトラベラーズのコマーシャルでドリス・デーのブルースカイが流れます。
おそらく1950年代の録音だと思いますがいまだにすばらしい音色で聞けます。
あのころの歌手はなんて魅力があるんでしょうかgood

Oyajiさん

「たかじんの、、」と「たけしのTVタックル」は最新番組に更新されると必ず見ていますgood
面白いですね!

朝まで生テレビ、見たこと無いなあ、。ハワイでも見れるでしょうか?
日本のマスコミはまだまだ後進国ですねpout

田嶋陽子って一体何人なんでしょうね、、何時も中国や韓国の味方をします。確かに反対意見もないと番組としては面白くないのかもしれませんが、、coldsweats02

Posted by: 健太 | September 02, 2013 at 09:50 PM

Mimy さん

夫婦や家族の間もその他のコミュニティーも「人権」を振りかざす前に、「思い遣り」!
名言ですねgood
人と人の間に思いやりがないから争いごとが起きるんでしょ?
何事も先ず「思い遣り」が一番最初に来るべきですねhappy01

得手不得手は誰にもあります。
そこを互いに埋めあうのが人と人の交わりですね。
とても良い言葉、有難うございましたconfident

Posted by: 健太 | September 02, 2013 at 09:57 PM

re-visit:

ドリス・デーですか?、彼女の唄は、何であれ,歌っているのを聞いただけで、あっ、ドリス・デーだって解ります。「Secret Love」を聞いてフアンになったのだと思います。

ナット・キング・コールと、ドリス・デーの唄を30曲合わせたユーチューブをお気に入りに入れています。

http://www.youtube.com/watch?v=DtZKwp6cjd4&list=PL3D487BA4551307BC

音楽って、本当にいいですねーーーー。

Posted by: twyok | September 02, 2013 at 10:38 PM

健太さん、Aloha!

あぁ・・ぁ・・あの人(汗;
言っている事は、わかりますけどね・・
確か、あの人は未婚でしたよね、
なんかの妄想癖が強いだけのように思います。

して、法・ルールを破る者が居るから警察屋があり
警察屋は法を破る前には取り締まることはしない。
火事が無ければ消防屋がいらない・・?
じゃ・・戦争をしないから 防衛する事も必要ない?

あのような番組を否定はしませんが・・
作られている内容には・・pout

そのてん! ラジオ番組は物凄い事を話しても
OKのようで・・楽しく聞いております。


mahalo!

Posted by: 秀蔵 | September 02, 2013 at 10:48 PM

twyok さん

現代黒人音楽も素晴らしいと思いますが、歌が全部そんな感じの昨今、白人の歌までどれもこれも同じで面白くありませんcd
古い人間だとお思いでしょうが、やっぱりあの次代の歌には夢があり希望がありますshine
椅子に深く腰かけてじっくり聴く!あのころの歌は最高ですねgood
後で聞かせいていただきますhappy01

秀蔵さん

あの人ってやっぱり外国人でしょうか?
日本よりほかの2つの国の味方ばかりします。
ま、あの人はどうでもいいんですが、
国を守る軍備が必要ないとする人たちの世界では、犯罪者も無く、火事も無いんでしょうねbearing
変わった世界です、、coldsweats02

そういうラジオ聞いてみないなあ、、bearing

Posted by: 健太 | September 02, 2013 at 11:34 PM

健太さん、

確かに人としてみな平等だと思います。
しかし男=女だとは思いません。
男性には男性の役割、女性には女性の役割ある事に代わりはありません。
男性が子供を産める訳は無く、、、
当然子育てや家事など協力できる部分は協力しあう。
適材・適所ではないけれど、その時必要な事を必要な人材が担当すれば良いのでは?

Posted by: ボルキチ | September 02, 2013 at 11:49 PM

相身互い
思いやり
持ちつ持たれつ
手間奉公に手間返し

人は人と繋がり合い助け合って生きて行きます

恩・義・粋

平等と言う名の権利主張は闘争の因果をも含みます

本当に苦労をした事が無く、学業の苦労を自慢する人はあまり信用したくないのは愚者の僻みでしょうか

そんな訳で 田嶋陽子さんってあまり好きになれません

Posted by: BANIANN | September 03, 2013 at 12:18 AM

健太さん、こんばんは

この人、商売でこういうキャラを演じているのか、見たまんまなのかわかりませんが、いずれにしても、こういう発言をする事が彼女の中の正義ではあるんでしょうねkey
でも、このあたりのからくりは健太さんが一番お詳しいのではないですか?
勉強が滅茶苦茶出来る人は友人、先輩、後輩諸々沢山いますが、割とおしなべてフツーの人ですpig
そういう人では、テレビ映えしないんでしょうねwobbly
まあ、こういうエキセントリックな電波芸者はすっかり時代遅れなんですけどねjapanesetea

健太さん、少し休まれて腰の具合が良くなったというのは吉報ですねgood
やっぱり、バランスが大切なのかもしれませんflair

Posted by: ダイアルはM@愛鴨 | September 03, 2013 at 03:18 AM

ボルキチさん

そうですね!
人は人としてみな平等、、。しかし男とおんなは同じではありません。役割が違うんですよね。
その辺をごっちゃ混ぜにしての議論は意味がないのに、、田嶋さんはその辺を突っついてきますhappy02

まさに「適材・適所」、それぞれが得意な部分をやって足らないところをお互いが助け合う、、。
男と女のあり方だと思いますhappy01

BANIANNさん

おっしゃる通り、お互いがお互いを差さえあって生きてゆくのが男女のすがた、平等に名を借りた義務の放棄は
お門違いだと思いますcoldsweats02

健太はそんな意味で田嶋さんを欠陥人間だと思います、、。

Posted by: 健太 | September 03, 2013 at 09:59 AM

ダイアルはM@愛鴨さん

田嶋さん一時期参議院議員になったけど、結局自分の力不足から放棄しましたよね、、。
そんなこともあって世の中にかなり反発しているのも事実だと思いますconfident
ある時期は本気でやっていたんでしょうが、今では商品としての自分をそんな形で表現しているんだと思いますthink

たった一日家にいただけで体調が良くなりました。
となると、年を考えて少し行動を慎むべきかもしれません、、bearing

Posted by: 健太 | September 03, 2013 at 10:17 AM

健太さん、おはようございます。

性別において、アダムとイブの時代から役割があったと思いますよ~。男と女、夫々に得意分野があり、得て不得手な事ってあるんじゃないですか?

爺は奴隷の身、偉そうな事は言えませんが、足りないところは互いに補い合う、これこそ夫婦(男と女)なのではないでしょうか?ご主人様と奴隷の身には存在しませんが。

男と女、男と男、女と女、これらの関係全てにおいて役割が存在するような?・・・健太さんは勿論ノーマルですよね。今日は、ドカーンな方いなかったんすか?

Posted by: takashi | September 03, 2013 at 10:48 AM

ナットキング・コールは私が確か中二の時に亡くなりました。
 肺がんだったと思います。

 当時、「9500万人のポピュラーリクエスト」と言うラジオのチャート番組があって、小島正雄さんという人が「ナットキング・コールが亡くなりました」って言ったのを覚えています。
 彼はもともと歌うつもりはなかったんだという話もしてました。
 どこかのクラブでシンガーが来なくて、しょうがないから歌ったら大好評で、というような話だったと思います。

 シルビー・バルタンもデル・シャノンもビートルズもドン・ホーもその番組で知りました。

 ガス・バッカスには一杯食わされましたけど。
 
 娘のナタリー・コールも大好きです。

 ですが、田島陽子という人は好きではありません。
 お付き合いしたことはもちろんないから、いい人かもしれませんが。

 相手の立場を慮って、初めて自分の主張です。
 人類はそう言うことが出来るから社会を形成し、文明が発達してきたのです。
 自分のことだけ、相手かまわず主張してみるがよい。
 自分のことを顧みず相手を攻撃し続けてみるがよい。

 やがて、田島陽子という人も老いさらばえていく。
 その時でも「穴」とか「袋」とか言っておればよい。
 誰も老婆をそういう風には見ておらんよ。

 それでも男に愛される老婆は居る。
 チャーミング、ということが田島さんには永遠にわからんだろうと思います。
 
 女が、男に便利に使われて不幸な人生を送ることはない。
 しかし、「どんな男にも愛されない女」は刺々しく花も咲かせず枯れ果てて、大地に戻るのです。
 
 因果応報。

 

Posted by: ゆぶぶ | September 03, 2013 at 04:25 PM

takashi さん

同権も良く分かるけど、何からな何までって、、チト無理がありますよね、、。
おっしゃる通りアダムとイブのころから、はっきりそれぞれの役割があったと思いますwobbly

ははは、、昨日はドカーンの人、いませんでした、、pig

ゆぶぶさん

小島正雄さん懐かしいですね!
そんな人がいましたっけ。

年寄りなんでしょうか、、あのころの音楽こそ音楽と言えると健太は思います。
最近の音楽もいいものはいいけど、どれもこれも似たように聞こえますnotes

女は男に愛された初めて女、男に愛されない女は女とは言えないんじゃないかなあ、、despair

どんなに年をとっても可愛いお婆ちゃんっていますよね。男も女も年に関係なく人から愛されるように努力すべきだと思いますconfident

Posted by: 健太 | September 03, 2013 at 07:44 PM

Hmm it appears like your blog ate my first comment (it was super long) so I guess I'll just sum it up what I submitted and say, I'm thoroughly enjoying your blog. I too am an aspiring blog writer but I'm still new to the whole thing. Do you have any tips and hints for rookie blog writers? I'd genuinely appreciate it.

Posted by: TORRENT | March 26, 2015 at 01:00 AM

off of a person'ѕ body in an increԁible amount of time. Injecting yoursеlf witҺ hormones foг a pսrpose other than іt was created for, and fօr a prolonged period, is certainly not a good idea. Everyone in thе modern world loves to look attractive and slim. I have sufficient power to hold out sport; I cɑn rest pretty well, and I may properly take satіsfaction in my timе. Losіng weight is not about going from one diet to another but making healthy chοiceѕ a part of your lifestyle.

Posted by: Losing Weight On Hcg Maintenance Phase | October 27, 2015 at 05:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48740/58120193

Listed below are links to weblogs that reference 男と女:

« 明日こそ、そうです、明日こそ! | Main | 本当にファンなの? »