« November 2014 | Main | January 2015 »

December 28, 2014

モテモテの健太!

Imgp0001
今日もホノルルは快晴。ヨーロッパではありません、健太の家の窓から見えるルーズベルト・ハイスクール。
Imgp0020
同じく窓から見えるお馴染み、2本ヤシのタンタラス。
Imgp0002
ズーム・アップすると展望台が見えるぞ!
Imgp0001_2
ランチはごんのすけさん夫妻と、新しくできたベルタニア通りの中華の店へ!
Imgp0006
健太はピックド・ベジタブル・チキン・ヌードルスープ。味は70点、、かな、、、。
Imgp0013
ごんのすけさんがジャ-ジャー麺!
Imgp0014
ごんのすけさんのご主人ウィーリーはグランド・ポークオンライス・台湾スタイル。値段はどれも10ドルくらい!
Imgp0004
めちゃサービスの良かったウェイトレスのお姉さん!
Imgp0016
なんとこのAJ'sで、偶然隣にリュウブン堂(岡山からの本屋さん)の大森さんが座ってた!
Imgp0019
帰りにマルカイに寄った時通ったワード・アベニュー。どこもここも新しいいコンドの建設が目に入る、、。


こんなに良い天気なのにゴルフができないなんて悔しいなあ!
医者の話では、
最低2か月は「そんなことをやっちゃいけません‼」ってことだ。
前にも話したけど、
2か月間は、
屈伸、捻転はもとより、重いものを持ってはいけないのだ。

仕方がないので家で本を読んだり、
たまに買い物やランチを食べに出かける程度。
歩く分には自分でできると思ったら幾らでも歩いて構わないそうだ。

それにしても屈伸運動ができないのは困る。
痛くて背中を伸ばせなかったので、
背中が曲がりつつある。
早く屈伸運動を始めて延ばさないと固まってしまいそうだ。
我慢我慢、
あとひと月じっくり待つのだ健太!

してえ、
今日はごんのすけさん夫妻が来ているのでランチをご一緒した。
ご覧いただいているように、
ベルタニアのタイムス・スーパー・モールに新しい中華ができたのでそこへ行った。
値段はそこそこ味もそこそこ、
たまには行ってみてもよさそうだ。
しかし何といってもサービスが良い!

健太たちが入って行くと店のお姉さんがやたらと親切で、
チキンだ揚げ餃子だサービスしてくれちゃってモテモテの健太でした。
まだ何か出してくれそうだったけど、さすがに食べきれないのでお断りしました。
えつ?嘘だろうって?
ホントホント!
嘘だと思ったらごんのすけさんに聞いてください、、、(笑)!

| | Comments (26) | TrackBack (0)

December 24, 2014

火のないところに煙は立たない!

Imgp0009
おーっ、久方ぶりのダイアモンドへど様!
Imgp0002
60年代の表現で行くと「渚のデート」!
Imgp0015
今日は飲み物とビキニそろえてみました、、。
Imgp0006
待ち人来たらず、、、。
Imgp0010
予報では今日の波は2~3フィート!
Imgp0014
丸い背中、、。
Imgp0021
アラモアナ通りのカカアコに建設中の新コンド!こんなにいっぱい作ってもすぐ売り切れだっていうから驚くよね!
Imgp0002_2
今日のおかずはコリアン・スタイルのアヒポキ。コチュジャンでからめてある!
Imgp0006_2
とても綺麗な夕景だったけど、なかなか思うようには映らないね、、、。

かつて、カハラモール、フリーウェーの山側に、
ワイアラエ・ドライビングと呼ばれるドライビング・シアターがあった。
1959年5月、そこの女性トイレの鏡に奇妙なものが目撃されるようになり、
同様の報告がその後ドライビング・シアターが閉鎖される迄20年以上も続いた。

夜遅くある女性が化粧直しのためにそのトイレに入ると、
鏡の前に立っている黒髪をとかすもう一人の女性がいた。
その顔は美しくつややかな髪に隠れて見えない。
化粧を直そうと思って入った女性が鏡の前の女性に近づくと、
鏡に写ったその女性の顔がみえた。、、、顔がない!
豊かな髪の下には、
口、目、鼻、耳の痕跡すらない。
正にのっぺらぼうだったのだ!

こうしたワイアラエ・ドライビング目撃情報はあまりにも頻繁で、
ご多分に漏れず当時の新聞紙上を賑わした。
それを聞きつけた当時のゴースト・ハンターたちがそのトイレに群がり、
ワイアラエ・ドライビングは商売大繁盛だったと言う。

1982年11月、
ハワイの幽霊に関するトークショーの放送中、そのワイアラエ・ドライビングの幽霊の話が持ち上がった。
放送中の交換台が点滅した。
何人かのリスナーが、同様にそこで顔のない女を見たというのだ。
その中のある1人は、
1980年にドライブインのトイレに入ったところ、
鏡の中に赤毛の髪をとかす一人の女を見たという。
彼女はそこに住む幽霊の話など聞いたこともなかったので何のためらいもなく、
シンクを使うために彼女の隣に立った。
そして何気なく見た赤毛の女の顔には口、目、鼻、耳がなかった!
彼女は悲鳴を上げて助けを求めトイレから飛び出した。
友人を連れてトイレに戻って見たがその幽霊は既にいなかった。

1868年以来、
多くの日本人達がハワイに移民として渡って来た。
鍋釜を抱えての移住だった。
日本人はいろんな日本文化をハワイに持ち込んだが、
日本人の大好きな「怪談」も持ち込んだに違いない。
このワイアラエ・ドライビングのトイレの話は、
まさしく「泉八雲(ラフカディオ・ハーン)」の「ムジナ」からきているように思われる。

しかし困ったことは、
このワイアラエ・ドライビングでお化けを見た女性はの多くはハオレ(白人)だっということや、
彼女たちが「赤毛の女」なども見ていることから、
この話が日本の会談の輸入だと検証できないことだ、、、、。


因みに、ワイアラエ・ドライビングの隣には共同墓地があったことは有名で、
火のないところに煙は立たない!

| | Comments (23) | TrackBack (0)

December 20, 2014

ランチを食べにハレイワへ!

Imgp0030
ワイアルア地区サトウキビ畑の旧日本人居住区。この建物は教会跡。計算するとおよそ1900年頃のことだ。
Imgp0035
その居住区に入ってゆく道!
Imgp0036
現在の呼び名は「モハラ」なのだろうか、、。
Imgp0032
この先が集落のあった地域らしいけど、残念ながらゲートがしまっていて入れませんでした。
Imgp0045_2
マキキにあったのと同じ「三界萬霊」の塔。こっちのほうがずっと古いね、、。
Imgp0043
放置されている日系人の墓の数々。向こうにOyajiさんとTiggerさんがいる!
Imgp0006
ワヒアワのロイヤル・パーム・ドライブ。この奥にパイナップル王・ドール社長の大邸宅が1970年まであったそうです!
Imgp0011
オアフ島で数少ない、食べられえる「生卵」を売っている農場!
Imgp0014
その卵売り場だ!
Imgp0012_2
わーっ、卵農場に放置された古い車、、。
Imgp0022
グリーン・ワールド・コーヒー・ファーム。コーヒー園にも寄った。
Imgp0025
これがコーヒーだ!
Imgp0072
さてハレイワにやってきた!
Imgp0070
ランチはここ!
Imgp0079
ガーリック・シュリンプ(2つオーダー)。その辺の店と違って、ちゃんとエビの皮までむいてある!
Imgp0076
アヒ・ステーキ。三つのオーダーを三人でシェアーしたけど、味は抜群でした!次回ハレイワに行ったらぜひお試しください。
Imgp0093
真ん中はグラス・スカート・グリルのオーナーのジョニーさん、Tiggerさんの友達!
Imgp0107
ハレイワ、アリイ・ビーチパークの亀君。ラニアケア・ビーチが最近車が停められないので、ここは秘密の亀ビーチだ!
Imgp0085
なんと偶然にKyoさんご夫妻と、グラス・スカート・グリルでばったり会いました!!


昨日はTigerさん(ブログ・楽園ハワイと私)のお誘いで、
Oyajiさんと健太の三人、ハレイワでランチをしてきた。
ついでに、Tiggerさんが、
今まで健太が行ったことないいろいろなスポットを案内してくれた。
何よりもハワイの日系人の歴史に興味を持っている健太にとって、
ワイアルアの旧日本人居住地区はとても感動的な素晴らしいツアーでした。
Tiggerさん、本当にありがとう!

写真はまだまだあるんだけど、
天気がいまいちだった部分もあった、あまりく綺麗に撮れていない。
アップしたものも一部少し加工してある。

でも驚いたのはグラス・スカート・グリルでランチを食べていたら、
「健太さん‼」って誰かが声をかけてきたこと!
誰かな?
って見たらなんと、前回ブログに載せたあのKyoさんご夫妻じゃないですか!
あ~驚いた。
やっぱりハワイは狭いね。

昨夜は何十年ぶりに生卵ごはん食べました、、(笑)!

因みにこのブログで二回続けて登場した「三界萬霊塔」とは、
仏教語で三界は欲界・色界・無色界を言い、
萬霊とは欲・色・無色 界の有情無情の精霊などのあらゆる世界をさしているもので、
この世の生き物全ての霊を この塔に宿させているものだそうだ。


PS:ごめんなさい、楽園ハワイと私にリンクさせようと思ったのですが、なぜか受け付けてくれません。
恐れ入りますが右の「好きなサイト」からブログを訪問して下さい!

| | Comments (34) | TrackBack (0)

December 18, 2014

久々に行ったカイムキの急な坂道 !

Imgp0005
久々に行ったカイムキのこの急な坂道!
Imgp0006
そう、この坂道は舌をかみそうな名前「ウェルヘルミナ・ライズ」と呼びます。
Imgp0007
この坂はワイアラエ通りのカイムキ坂の様子。
Imgp0001
ご一緒したのはKyoさんご夫妻。このフレッシュ・キャッチの後でした!
Imgp0009
そのKyoさんのたっての願いで、マキキの「日本人墓地」ヘお参りに行ってきました。
Imgp0019
ケアモクとカピオラニの角、工事中だったビルの完成間近。ウォルグリーンができるそうだ。
Imgp0015
アラモアナのメーシーズ。今年のアラモアナは随分暇そうだ。
Imgp0017
そのメーシーズと白木屋の前に、プレゼント用のレクサス!こんなクリスマスプレゼント、だれがもらうのだろう、、。


例年クリスマス時期になると、
アラモアナ・ショッピングセンターの駐車場が混雑してパーキングの奪い合いになる。
しかし今年はもう数回アラモアナに行っているけど、
意外と駐車で困っていない。
たかが2、3回で決めつけることはできないけど、
どうも近年そういう傾向が目立つような気がする。
つまり、クリスマスショッピングのアラモアナ利用が減っているのかもしれない。

そう言えば健太も買い物はカスコとかネットで済ませることが多い。
特に少々金額の張る物になると、
うまくネットで探せばぐんと安く買える。
ハワイの場合ネットで買うと送料が張るけど、
物によっては「送料無料」なんて言うのもある。
ま、とにかく近年買い物客の動向が変化しているのは確かだ。

さて昨日は徳島からKyoさんご夫妻が、
久しぶりにハワイに来たのでさっそくフレッシュ・キャッチでランチ!
そのあとご覧のようなところを徘徊して来た。
Kyoさんは何時も健太のブログを見ていて、
どうしても一度マキキにある日系人墓地をお参りしたいと思っていたようで、
わざわざ線香を持ってこられた。


ってなわけで、健太はタイムス・スーパーで花束を買って、
3人で日系人墓地をお参りしてきました。
Kyoさんはともかく、
健太はハワイには並々ならないお世話になっているので、
度々のお参りはしていたけど、
花束を持ってのお参りは初めてでした、、(汗)。

してぇ、
相変わらず健太の欲は旺盛で、
お参りしながら沢山お願いをしてきました。
草葉の陰で日系人の皆さんはあきれ返っていたかも知れません、、、(笑)!

| | Comments (18) | TrackBack (0)

December 13, 2014

大丈夫か、日本の技術!?

727x
健太が初めてハワイに来た時乗ってきたのと同型の、ボーイング727型機。あの時はJALでした。
747x_2
ハワイにも大量のお客さんを運んでくれたボーイング747型機。そろそろ各社退役になってきた、、。
7871
現在航空各社が使い始めている、スタイル抜群のボーイング787型機!
Zero
スタイル性能では負けない、かつて日本軍の誇った「ゼロ戦」だ!
Imgp93741
そしてハワイのSS、これもスタイル・性能では負けない、、、と思います(笑)!


あまり外出できないので毎日本を読んでいます。
お陰さまで手術後すでに20冊くらいは読みました。
してえ、
今読んでいるのは、
吉村昭著・「零式戦闘機」。
なんといっても興味深いのは、
日本のもの造りに対する情熱と言うか前向きな姿勢と言うか、
細かいエピソードにはいちいち感心したり感動したりしちゃう。

健太はご存知の通り1941年生まれ。
つまり太平洋戦争の始まった年、真珠湾攻撃のあった年に生まれている。
よって自然とその当時の話に興味を持ってしまう。
ゼロ戦が活躍した太平洋戦争には何か運命のようなものを感じるんだよね。

上の写真にもあるように、
ハワイに日本のお客さんを運んでくれる航空機もどんどん変わってきて、
現在ボーイングも787型機が多くなっているようだ。
そのボーイングも787型機はみなさんもご存じの通りその35%が日本製の部品で、
翼などには東レの炭素繊維が使用されている。
一時バッテリーの欠陥があって日本もやばかったけど、
結局もとを正せばどうやら近くの国で作った部品が問題だったらしい。

さて欠陥と言えば、今話題なのが「タカタ」の日本製エアーバッグ。
バッグが作動したときに金属片が飛んで、
ドライバーを直撃するとか、、、。
ホンダやその他のメーカーはそれを理由にリコールしているようだけど、
「技術国日本」、
一日も早く問題を特定して汚名挽回をしてほしい。

因みにとんまの会社ではまだ747を使ってます、、(汗)。

Imgp0001
現在読んでいる吉村昭著・「零式戦闘機」。
200506190454471
1968年、健太たちの初めての帰国。この時もボーイング727型機だったと記憶してます、、、。

| | Comments (31) | TrackBack (0)

December 10, 2014

知っておこう、ハワイの歴史!

Japanese_cruiser_naniwa_in_18871
アメリカのハワイ併合に反発した日本は、東郷平八郎率いる軍艦「浪速」をハワイに送った。
250pxtg_heihachir1
「浪速」の艦長東郷平八郎!
Great_togo
プロレスラーの「グレート・東郷」!
Imgp00321
今日のSS !


明治26年(1893年)、
ハワイ王国のリリウオカラニ女王が米国との不平等条約を撤廃する動きをみせると、
これに強く反発したアメリカ人たちはホノルル港に係留していた「ボストン号」の海兵隊160名の支援を得てクーデターを起こし、
ハワイ王政を打倒して「臨時政府」を樹立した。
つまりアメリカ(白人)によるハワイ乗っ取りである。
しかしこの時、
日本はハワイの邦人保護を理由に東郷平八郎率いる巡洋艦「浪速」他2隻をハワイに派遣し、
ホノルル港に停泊させてクーデター勢力に対して威嚇した。
これを見た女王を支持するハワイアン達は涙を流して歓喜したといわれる。
そしてハワイ在留日本人も女王支持派に同情的であったにも拘らず、
遂に明治31年(1898年)アメリカによるハワイ併合が実現された。

ハワイアンの間では日本の軍艦がハワイの味方してくれたという話が語り継がれ、
その艦長である東郷の名前を子どもにつけたり、
英雄のことをトウゴウと呼んだりした。
またある地域では「ナ ニワ」が「ありがとう」の意味で使われたりした。

プロレス華やかなりしころ、
「グレート東郷」と言うプロレスラーが活躍したのを覚えてる方もいると思う。
この「トウゴウ」はその時の「英雄」と言う意味から付けられていた。

| | Comments (27) | TrackBack (0)

December 07, 2014

アメリカは真珠湾奇襲を知っていたか?

Attack_on_pearl_harbor_japanese_pla
日本軍による真珠湾攻撃!
111_m1
突然の襲撃に呆然とするアメリカ兵、、。
222_m1
燃え上がる軍事施設。
740pxpearl_harbour1
次々に燃え上がる戦艦。
File002_m1
ドールのパイナップル工場が見える‼その上空を飛ぶ日本機。
Ba5izufcyaege201
被害を受けた一般人の車。
Imgp0001
真珠湾攻撃に関する書物。
Imgp0003
その2!
Imgp0012
その3。

ビデオ、日本軍による真珠湾攻撃!


今日は12月7日。
ハワイ時間、1941年12月7日午前7時55分、日本軍が真珠湾を奇襲した。
今から73年前のこと。

健太は1941年生まれ、その上ハワイに長年住んでいるので、
どうしても「真珠湾攻撃」とは切っても切れない関係にあると自分では思っている。
そこで健太のハワイ生活43年間、
機会があるたびにその「太平洋戦争・真珠湾攻撃」に関する書物を読みあさって来た。
上に写っているのがそれらに関する書物の一部だ。


さてこの真珠湾攻撃、
よく耳にするのが「アメリカは日本の真珠湾攻撃を事前に察知していた!」
と言う説だ。

ご覧のように多くの書物を読んだ健太の結論は、
「明らかに、一部の者は知っていた!」
と言う結論になる。

当時アメリカの世論は、
「ドイツや日本と戦争すべきではない!」と言うものがマジョリティーだった。
しかし大統領ルーズベルトとそのキャビネットは「日本との戦争は不可避」と考えていた。
とは言っても市民の後押しのない戦争は始められない。
そんなことをすれば選挙で敗れるからだ。
そこで日米戦争をする場合には、
日本側に最初に手を出させて、
「降りかかる火の粉は払わねばならぬ」と言う形にしなければならなかった。

さて、日本軍は真珠湾攻撃の下調べのためにスパイ森村正(本名・吉川猛夫)を、
ホノルル領事館の職員として送っていた。
しかしアメリカ側は事前に日本が不用意に流した暗号電文を解読していたので、
森村がスパイであることは先刻ご承知、
海軍情報部やFBI、またホノルル警察に設置されたエスピオナージ(スパイ調査)の各調査員が、
常に彼を尾行していた。

その吉川猛夫(森村正)が著したハワイにおける彼のスパイ活動の一部始終を書いた、
「東の風雨」と言う本も写真の中にあるけど、
彼はそれらの尾行に全く気が付いていないのだ。
アメリカ側は「森村は泳がせておけ‼」と言う命令で、
海軍情報部・FBI・エスピオナージの3機関はまったく彼に手を出すことができず、
森村の行動を指をくわえて見ていたのだ。

健太はこれらの本の中から、
その3機関のうちFBIが12月7日日本軍の真珠湾奇襲があると突き止めていたという証拠を見つけた。
白人組織のFBI としては、
日系人が3分の1(15万人)の人口を占めるハワイでは手も足も出なかった。
そこでFBIはホノルル警察のバーンズ刑事をエスピオナージの局長に据えることで、
ハワイにおけるあらゆるスパイ活動を監視することにした。

戦後の裁判に於けるバーンズ刑事(のちにホノルル市長)の証言が手元にある。
彼はFBIホノルル局長のシーバスから、
「12月7日に日本軍が真珠湾を奇襲してくる!」
と伝えられたと言うものだ。

またある本には、
ホノルル・アドバタイザー紙に1941年7月に「日本真珠湾攻撃間近!」
と言う記事が載っていたと書いてあった。
健太はさっそくハワイ大学のハミルトン図書館へ行ってその新聞を探した。
ハミルトン図書館には古い新聞が全部マイクロフィルムになって保存されている。
しかしそんな記事は全く見つからなかった。
しかし似たような記事は見つかった。
「日本の過去の戦法を分析すると、『奇襲』が彼らの常とう手段、
取りざたされている真珠湾攻撃は無きにしも非ず」
と言うものだ。
しかしそれには『何時』と言うことは明記されていなかった。

いずれにしても当時のハワイでは「もしかして日本軍がハワイを攻撃してくるかもしれない」
と言う話がかなり広く巷で囁かれていたのも事実のようだ。

| | Comments (23) | TrackBack (0)

December 06, 2014

あんまり練習せずに待ってて!

Imgp0002
カピオラニとワードの角に建設中のコンド。
Imgp0004
ランチはキングとピーコイの角、ここで、、。
Imgp0015
最近人気の「スリラッチャ」を頂きました。美味~い!
Imgp0006
カウンターの様子。
Imgp0001
ベルタニアのタイムス・エリアに新しくできた中華。近いうちに行って報告します!
Imgp0006_2
今日のタンタラスはよく晴れてます!
Imgp0101_21
ちょっとだけよ~!


昨日医者に行って経過を見てもらった。
医者の話では、
とても良好とのことで安心しました。
歩くのは自分次第、
自分が大丈夫と思ったら歩いても構わないそうです。
しかしストレッチやベンディング、
重いものを持ち上げたりしてはダメ!

神経に触っている背骨を削った時に、
背骨に付いている筋肉をずらしたので、
それが元にきちんと戻るまでやっぱり最低2か月はかかるそうだ。

兎も角歩いて良いって言うのは助かる。
長距離は無理でも、
家の近所くらいちょっとホロホロ(散歩)したいよね!

ってなわけで、
本格的復帰はやっぱり1月の末頃だと思います。
Oyajiさんゴルフ、
あんまり練習せずに待っててください、、(笑)!

| | Comments (12) | TrackBack (0)

December 03, 2014

ちょっと外出しました!

Imgp0009
手術後初めての外出。遅めのランチをデリングハム・カスコのここで!
Imgp0007
健太はチキンカツ、6ドル99セント。
Imgp0005
とんまはミックス・バーベキュー、9ドル95セント!
Imgp0026_21
ちょっとだけよ~!お尻、痒そうだけど掻いちゃいけませんよ!

手術後15日、
すっかり傷口は塞がっている。
そろそろうずうず、ランチに出かけました。
どっちにしても手術後2週間で医者に経過を見てもらうことになているので、
多少の出歩きは構わない。
食べたのはデリングハム・カスコの隣のL&L。
ご覧のように量がいっぱいでとんまも健太も半分しか食べられませんでした。

Photo
在りし日の菅原文太さん(中央)。


高倉健さんに次いで、大物俳優菅原文太さんが先日亡くなった。
健太が松竹で俳優をしていたころの先輩で、
文ちゃん文ちゃんって呼んでいた。
文ちゃんは健太より10歳も年上だったけど、
当時の文ちゃんも健太と同じく全然売れないで、
健太たちと撮影所内でぶらぶら遊んでいた。
そして健太が撮影所内でバンドを始めたら、
文ちゃんがギター・アンプをくれた。
文ちゃんも一時は音楽を目指していたらしい。

その後健太は俳優をやめてミュージシャンになったわけだけど、
文ちゃんは文ちゃんで松竹を辞めて東映に移った。
そして健太はハワイへ、
文ちゃんは東映で大ブレーク!
と言うことに、、、。
その後、一度お会いしたいとは思っていたけど結局かなわなかった。

文ちゃん、安らかにお眠りください。


クイズを出す、Chiponnさん!

一方5年前このビデオ・クイズに出演して下さったChipponさんから、
4日前突然電話が入った!
皆さんは良くご存じだと思いますが、
Chiponnさんは毎日のようにコメントをくださったこの健太ブログではお馴染みの方。
最近まるでコメントが無かったので心配していたけど、
ちょっと体調を崩されていたとのこと。
でもすっかり良くなってハワイにいらっしゃってたのです!
ま、健太もこんな具合なので今回はお会いできませんでしたが、
久しぶりにお元気な声を聴いて安心しいました!
Chipponさん、
また時々コメントくださいね~。


| | Comments (20) | TrackBack (0)

« November 2014 | Main | January 2015 »