« ビーチで日焼け止め使用禁止! | Main | モグラ叩き! »

March 23, 2017

25歳の朝飯前まで!

Imgp1513_2
モアナルア・ゴルフ・クラブへ行きました。ここはビールが安い!
Imgp1520_3
4番、上りのパー5。この右側の家々が、、、
Imgp1546
崖の中腹に建っていて、怖い、、、。
Imgp1545
特にこの家はやばい!体重が重い人は遊びに行ってはいけない、、(汗)。
Imgp1552
8番打ち下ろし・パー3、ティーグランドのガゼボ(小屋)からの景色。ここはハワイ最古のゴルフ・コース、こんな小屋で休み休み昔ハワイの王族たちはプレーしていたのだろう、、。
Imgp1540
9番パー4.これが最終ホール。18ホールプレーしたい人は同じコースを2回回ればいい。9ホールと言えど、アップ・ダウンがあってスケールの大きなコース。
Imgp1561
あらあたしこんなところで産んじゃったわ、どうしよう、、(汗)。
Imgp0485_2
紐は簡単にほぐれるね、、。
Imgp0486
イケメンいないから帰ろうよ、、。
Imgp0489
メディテーション、、、。
Imgp0491_2
脱いだらそこに置いてね!
Imgp0491
あいつ、このくらいあったかなあ、、。
Imgp0492_2
黒い!!
Imgp0494_2
以前に一度載せたけど、ホント、これが撮れたのはアクシデントでした、、(汗)。


一体人間は何歳まで成長できるのか?
25歳の朝飯前まで身長は伸びる、、って聞いたたことがあるけど、
ま、肉体的にはそんなもんが限度かもしれない。
でも、知力、とかいろいろな運動能力は、
結構な年齢まで伸ばすことができるに違いない。
例えば新しい知識を吸収するとか、
ギターをうまく弾けるようになるとかは、
結構年齢が高くなってもその能力を伸ばすことができる。

してぇ、
またゴルフの話で申し訳ないけど、
腰を手術した後の健太のゴルフは惨憺たるもので、
飛距離は落ちるは小技(ショートゲーム)は下手になるは、
目を覆うほどだった。

とは言え、「脊柱管狭窄症」の手術で、
背骨を削ってもらった後の健太は日を増すごとに、
その痛みから解放されて、今月で手術後2年と4か月、
体の可動範囲が少しづつ広くなった感じがする。
で、先週あたりから、
若いころのスイングを体が思い出してきて、
なんとドライバーの飛距離がだいぶ戻ってきたのだ。

今年の8月で満76歳になる健太、
驚いたことに先週あたりドライバーの距離が復活、
なんと、この3年ほどのドライバーの距離より30ヤード時には50ヤード程伸びている!
嬉しい!
こんな嬉しいことはない。

昨日の水曜会(意地悪会)のパリ・ゴルフ・コースでは、
一番の難関ホールと言われている、6番パー4、465ヤードを、
かつて2オンした記憶のないホールだけど、見事に2オンで2パットのパーをとった。
もちろん優勝も手に入れた!
さらに今日はHCC(ホノルル・カントリー・クラブ)でアウト、
1オーバーの38で上がった(アウトはパー37)。
後半は残念ながら11オーバー46(インはパー35)と崩れたけど、
久々の30台を記録した。

皆さん、諦めるのはまだ早い、
まだまだいろんなことで成長できます!


|

« ビーチで日焼け止め使用禁止! | Main | モグラ叩き! »

Comments

祝、ハーフ・ワンオーバーscissors@HCC! 祝、50ヤード飛距離伸長! やりましたね、御目出とうございます。 エージ・シュート間違いなしですねgood

お連れてくださったモアナルアとても良かったでーす。 

こちら、スイング改良そして中古グローレを手に入れ楽しくなってきましたが、飛距離はまだまだです(泣)。

Posted by: タロッペいたばし | March 24, 2017 at 12:46 AM

健太さん、スゴーイ(拍手)
リハビリ期間から脱出されたのですね
6月お目にかかれるのを楽しみにしていますnote

Posted by: Fe | March 24, 2017 at 12:54 AM

健太さん すごいすごい!

  「もう駄目だぁ」と思った瞬間に老化の速度は早まるんですよ、きっと。
  「どうせ老人だからねぇ」
  「でもさ、老人だからさ」
  「どうせ老人のやることじゃないですか」

 こゆの、もうやめた!
 自分に対する言い訳だものなぁ。

  健太さん、見習います。


  さて、今夜の我が家の大騒動。
  てるみくらぶ倒産か! であります。

  夕方のニュースで、てるみくらぶにお金払ったのに
  ホテルは取れてない飛行機のチケット発行されないわ、挙句の果てにオフィスは「臨時休業」の張り紙。

  これ、旅行会社の倒産じゃん! ってことですよね。

  そういえば、てるみくらぶ。
  ここの所ツアー予約すると2日後には全額払え、とか
  やたら現金まとめて要求して来てたわね、と妻が言うの。

 安いいい旅行会社なのに潰れちゃうの?
 ハワイでは「旅行中の注意説明」が上から目線で嫌だったけど。

  お願い。
  息を吹き返して。

   

Posted by: ゆぶぶ | March 24, 2017 at 04:06 AM

健太さん、こんにちは

さすがは我らの健太さん!
滅茶苦茶凄いですねcrown
ゴルフの神様が降りてきましたねflag
我がことのようにうれしいですgood

健太さんのこういう姿を拝見すると自分もがんばろうって思うんですよpig
お会いしたときに話を聞かせてくださいねup
地道に努力することの大切さを改めて感じましたflair

Posted by: ダイアルはM@愛鴨 | March 24, 2017 at 06:17 PM

タロッペいたばしさん

有難うございます!
2年前のタロッペさんの記録と同じですhappy01
ドライバーは古いゼクシオ(400、現行モデルは900)を使ってます。
グローレ入手したんですね!凄い。健太も欲しいなあcoldsweats01
スイング改造は安定するまでかなり時間がかかるそうですhappy02
来年が楽しみですhappy01

feさん

お陰様で、リハビリから脱出できたようですhappy01
6月ですね、楽しみにしております。
週末なら時間が取れるとおもいま〜すgood

ゆぶぶさん

実は手術後の3年近く、ゴルフがどんどん下手になって行って(もう年でダメなのか、、、)と内心がっくり来てたのです。しかし諦めきれず藁をもつかむ思いでビデオを見たり雑誌を読んだりしているうちに、無意識のうちに昔の元気な頃のスイングを身体が思い出したらしく、突然開眼したのですhappy01
やっぱり諦めずに頑張って良かったと、ホッとしているところですsmile
年をとるとダメになってくるところもあるのは仕方がない事でしょうが、かと言って諦めるのにはあまりにも勿体無い人生ですね。年をカバーできる方法はきっと無限にあるとおもいます。諦めずにしっかりやることをやっていれば絶対道は開けると、今回のことで確信できましたgood
あとはPPAPに負けずにヒット曲(?)をものにすることです、、笑notes
お互いあまり頑張らず、うまく夢を実現させましょうhappy02

Posted by: 健太 | March 24, 2017 at 08:18 PM

健太さん。又お邪魔します
腰部脊柱管狭窄症で手術されたんですか?
実は私も腰部脊柱管狭窄症で苦しんでいます。若い時(不良をしながら)からヨットハーバーにいて日本に台風が来た時90キロ位のアンカーを持ってギックリ腰になりました。それ以来1~2年に1度位ちょっとした拍子にギックリ腰が発生します。今年も2月初めになり1週間くらい横になっていました。先週位からやっとLSAも暖かくなり練習も出来る様になりましたが寝る前はサロンパスを塗り朝起きると低周波をかけるような毎日です。しかし腰部脊柱管狭窄症はゴルフの名人が必ず経験する道です。日本の尾崎将司、2~3年前の石川涼、又こちらではあの偉大なタイガー然り。我々はその道を辿っているのですね。私にも光が見えて来ました。
しかし現実の世界は?最近は日本の本やインターネットで少しでも評判がいいクラブやシャフトを次から次へとオーダーして妄想の夢の中に嵌っているこの頃です。

Posted by: 地を這うゴルフ | March 24, 2017 at 08:57 PM

健太さん

素晴らしい ‼️
嬉しさに文章が踊っています。弾んでいます。
並みの同年代は足元に及びません。

またまた刺激をもらいました。
"今日は疲れたのでいいか" は甘いね !
気合を入れます。

Posted by: 壽(ことぶき) | March 25, 2017 at 12:22 PM

地を這うゴルフさん

はい、2年四ヶ月前に手術をしました。それまでは100メートルも歩けませんでしたが、今では1日2万歩歩いてますhappy01
友達から絶対手術をしちゃいけない!って言われて3年以上苦しんでいました。しかし、もう耐えられない、、と決心して手術をしたのです。
手術をした結果、なーんだこれならもっと早くやっておけば良かった、、と思いました。
それぞれ個人差はあると思いますが、いい医者がいれば手術も選択肢の一つと考えてもいいかもしれませんね、、confident
いずれにしても、無理は禁物です。
お大事に。
健太も道具のせいにして、いろいろ買い漁っています、、coldsweats01

寿さん

お陰様で、自分でも驚いていますsign03
素直にとても嬉しくて、踊りたい気分ですhappy01
何事も諦めてはいけないと、今回ほど思い知らされたことはありませんgood
でも、疲れたら素直に休むのもOK!
じっくり策を練ることも必要じゃないでしょうか、、happy02

Posted by: 健太 | March 25, 2017 at 06:14 PM

健太さん、お久しぶりの投稿です。
PC、スマホの調子が悪く投稿が弾き返され、閲覧しかできてませんでした。

それにしても465ydsの2オンは凄いですね。短いコースだと充分PAR5の距離ですよ(=^・^=)。

確かに25歳が人間の能力の頂点というのは聞いたことありますが、一方で人間の成長は一生続くという説も聞いたことあります。
例えば殆どの人が「年をとると記憶力が落ちる。」
と云いますが、実は記憶力が低下しているのではなく思いだそうとする努力が低下しているそうです。
つまり年齢を重ねると面倒臭がりになるということですね。実はこれは体力もある程度同じことがいえるそうで、若い頃、駅まで10分で歩いていた人が年とって15分掛るようになるというのは、体力の低下だけでなく、"10分で歩いたら膝が痛くなった”とか"10分で歩いても、結局、電車で座れなかった"というマイナスの記憶を基に脳が手足に"10分で到着しても大したメリットはない。だから15分で歩け"という指令を出しているとの説です。
ゴルフに例えれば若いころは一打一打入念に打っていたのが、経験を積んだ分、素振りが杜撰になるのかもしれません。
もし、マイナスの記憶が優先したら"叮嚀に素振りしてもミスしたことがある"となりますが、健太さんの場合元々465ydsを2オンする腕はあった訳でしょうね(多分2オンしなくても距離は届いてたけどガードバンカーとかあったのではw)。今後は{叮嚀に素振りすれば2オンできる」というプラス経験の蓄積ができたわけですね。
殊にゴルフのようなデリケートなスポーツでは腕力の低下はクラブとボールで補えるとしたら、過去の経験を如何に生かすかが大事なのではないでしょうか?
因み私は500ydsを超えるPAR5はこれまでのゴルフ人生で一度しか2オンしたことがありませんが41歳の時です。23歳からゴルフやりはじめたので、飛距離的にはそれまでの方が飛んでいたと思いますが、その日は初めての弟とのラウンドだったので「いいところ見せるために慎重にプレイしろ」と脳が指令したのかもしれませんね(笑)。

Posted by: T | March 25, 2017 at 06:19 PM

連続投稿すみません。先ほどの投稿者Tは"ダンサー"TAKEBEです。やっぱりまだ不具合あるのかな?

Posted by: Takebe | March 25, 2017 at 06:28 PM

takebeさん

お久し振りです。お元気そうで何よりですhappy01
なるほど、、、。年をとると、能力はあってもめんど臭いとか、効率ばかり考えて手抜きをするんですね。そう言えば、思い当たる節があります。なるべく力を入れずに飛ばそうとか、、。でもやっぱり、力の入ってないドライバーは飛ぶわけがありませんcoldsweats01
そう言えば、あのホール、乗らないでもバンカーや脇のラフに打ち込んだことは何度もあると思いますbearing
もともとその能力は持っているのに、自分で避けていた気がしますshock
500ヤードの2オンは凄い!
それも弟さんにいいとこを見せようとした結果、、でしょうか、、good
つまり、常に課題と目標を持って挑むべきなんでしょうhappy01
なんだか益々いいスコアが出るような気がして来ましたhappy02
有難うございます。踊りの先生、、、笑smile

Posted by: 健太 | March 26, 2017 at 12:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48740/65059869

Listed below are links to weblogs that reference 25歳の朝飯前まで!:

« ビーチで日焼け止め使用禁止! | Main | モグラ叩き! »