May 27, 2011

ビジネス・イングリッシュの書き方!

Dscn0081
ハワイの空には椰子の木が良く似合う!
Dscn0093
パドル・ボード流行ってます。
Dscn0128
アメリカ人だってやっぱり3人集まれば姦しい。おまけに犬までいるんじゃあ!
Dscn0131
何と!このあとこの人、立ち上がったんですよ、、(汗)!
Dscn0111
サーフボードを降ろす女、評判が良かったのでちょっとだけ違ったショットをご覧下さい!
Dscn0138
ランチはここの、、、
Dscn0136
シーフード・フォーを!

 長い健太のブログ活動、
今日みたいに何を書こうか悩む時も多々ある。
大体文章を書く事に苦は感じないんだけど、
疲れてる時なんかは頭の中が堂々巡りで、
結論がでてこない。
そこで一体過去にどんなことを書いてたのか、
このブログの右側のArchivesを開くと全部見ることが出来るので紐解いてみると、
何と健太のブログは2352回も書いているらしい!
その中で健太がまだホテルに勤めていた頃の、
なかなか良いアップを見つけたので、
今日はそれを添付してもう一度見ていただこうと思う。
以下2004年10月4日のアップ。

 ビジネス英語の書き方
 
 この季節になると、健太のコンドのパーキングに入る道にへんてこな木の実が落ちている。
名前は知らないけどタイヤがこいつを踏んだらパンクしそう。
一個や二個ならまだ良いけど7,8個ぐらい何時も落ちている。
健太は勝手にこいつをその形から「スター・ナッツ」と呼んでいる。
スターフルーツと違って食べられそうもないし、
わけが分からない不気味なやつだ。

 わけが分からないと言えば、
イングリッシュ・ビジネス・レター。
ワイキキのホテルマンとして、健太はこいつをクリアーしておかないと、
仕事が出来ない。
実はこいつにはこの16年間本当に悩まされた。
何しろ健太の英語は environment(周りの環境で自然に覚えた)で身に付けたもの。
ブロークン会話は何とかこなしても、
ビジネス・レター?
逃げ出しちゃお~、って感じだ、、、(汗)。
 
 それが、
テーラー・ヘイバー教授による「Contemporary Business Writing Style」と言う、
カピオラニ・コミュニテイー・カレッジ、Business Educaion Unit のクラスを取ってから、
すっかり自信が付いてきた。 
目からうろこってこんなことを言うんだね!
それともう一つ、皆も安心できることがある。
一寸信じられなかったけど、
実はロコたちもこういうことが結構苦手なんだよ!
このクラスはホテル側がマネージメントスタッフに強制的に受けさせたもので、
一緒にこのクラスを受けた居並ぶロコの「部長、課長連中」たちも健太と同じように、
このビジネス・レターで苦しんでいたんだ。
 
 さて、ヘイバー教授の言わんとすることを、
この際皆さんに「無料で」伝授しよう。
ビジネス英語もこの10年ほどで大きく変わってきているそうで、
その多くが「しゃべり言葉になってきている」って事だ!
 
 たとえば、
 
1. prior to=before
2. endeavor=try
3. accomplish=did, do
4. component =part of
5. subsequent to=after
6. demonstrate=show
7. terminate=end
8. transmit=send

 日本語にもよくあるよね、
やたらボキャブラリーをならべて書けば正しい!
見たいな風潮。
「ビジネス・レターはこっちの意思を相手に伝える事が目的なんだから、
やたら難しい言葉を使って相手を雲に巻いてどうする!」、、
と言うのが近代ビジネス・イングリッシュ・レターの傾向だそうだ。
 
 ヘイバー教授有難う!

How_to_write_englishthumb1
近代ビジネス英語の書き方の教科書。
殆ど普段の会話がそのままレターとなって書かれた例文が満載されている!


| | Comments (15) | TrackBack (0)

February 07, 2007

ワイキキ・ピンクのハイビスカス!

Imgp1040

 こうして外国に生活して外国の企業で仕事をしていると、まるで分からない単語が随所で飛び出してくる。
専門用語なんか簡単なものですら分からない、、、、。
医学用語、法律用語なんかね、、、、。

 そんな訳で健太もこの年になってもまだまだ覚えなきゃならない言葉が沢山あるんだけど、一向に頭が言うことを聞いてくれない。
せっかく恥をしのんで聞いた言葉すらすぐに忘れる。もちろんメモはしてあるのでノートを見れば良いんだけど、それじゃあ意味がない。しっかり記憶しなきゃね、、。
ましてや辞書を引いて調べた単語なんかでも、一日も経てば記憶の破片すらないことが多い。

 「記憶術」なんて言う本を読んだ事もある。
「丸暗記は良くない、言葉と物事を関連付けて覚えるように!」なんて言う。
確かに多少の助けにはなるけど、そうそう簡単には行きゃしないぜ、、、。

 ただ不思議な現象もある。
それ程覚えよう覚えようと努力しないでも、自然に頭に入ってる言葉もあるんだ。
そのへんのメカニズムが解明できればかなり記憶力のアップに繋がるに違いない。

 そう言いながらも、健太は電話番号は良く覚える。
数字を言葉に変えるからだ。
釧路の黒サイ=946-9631、ミロ行く双子奈々=361=9257、
50歳悩むよ=503-7864、
産婆さん行くよね=383-1944(韓国語で4=ね)、
941-にろくじゅうさん=941-2613、
2x6=12をもじって13にしてる。この計算の合わないところが皆に喜ばれた、、(笑)!
挙げればきりがない。

 英単語の場合、単語を切り刻んで意味を知る方法もある。
implacable=無慈悲な
im=ない=不
place=場所。位置する
able=出来る
一見ばらばらに見えるけど、なんとなく「安定しない」「無慈悲」に繋がる気がする。
Explain=説明する
Ex=出る、出す
Plain=明瞭な
明瞭に出す、つまり明瞭にする、説明する、、となる。
Interact=影響しあう
Inter=入る
Act=行動する
よって、中に入って動いて影響しあう事になる。

 写真上、ピンクのハイビスカス。今日は天気が悪かったので昨日撮った奴です。下は今日ホテルのレストランMAC 247でN旅行社を招待してランチをした時のもの。皆さんとても綺麗なお姉さまたちでした、、、(笑)!

Imgp1051

| | Comments (11) | TrackBack (0)

October 10, 2004

ビジネス英語の書き方

 この季節になると、健太のコンドのパーキングに入る道にへんてこな木の実が落ちている。名前は知らないけどタイヤがこいつを踏んだらパンクしそう。一個や二個ならまだ良いけど7,8個ぐらい何時も落ちている。健太は勝手にこいつを「スター・ナッツ」と呼んでいる。でも食べられそうもないし、わけが分からない不気味なやつだ。

 わけが分からないと言えば、イングリッシュ・ビジネス・レター。
 ワイキキのホテルマンとして、健太はこいつをクリアーしておかないと、仕事が出来ない。実はこいつには、この16年間本当に苦労をさせられた。何しろ健太の英語は environmentで身に付けたもの。会話は何とかこなしても、ビジネス・レター?逃げ出しちゃお~!
 
 それが、テーラー・ヘイバー教授による「Contemporary Business Writing Style」と言うカピオラニ・コミュニテイー・カレッジ、Business Educaion Unit のクラスを取ってから、すっかり自信が付いてきた。 
 目からうろこってこんなことを言うんだね!
 それともう一つ、皆も安心できることがある。一寸信じられなかったけど、実はロコもこういうこと苦手なんだよ!
 このクラスはホテル側がマネージメントスタッフに強制的に受けさせたもので、一緒にこのクラスを受けた居並ぶロコの「部長、課長連中」たちも健太と同じ事で(ビジネス・レター)苦しんでいたんだ。
 
 ヘイバー教授の言わんとすることを、この際皆に「無料で」伝授しよう(笑)。
 つまり、ビジネス英語もこの10年ほどで大きく変わってきているそうで、その多くが「しゃべり言葉になってきている」って事なんだ。
 たとえば、
 
1. prior to=before
2. endeavor=try
3. accomplish=did, do
4. component =part of
5. subsequent to=after
6. demonstrate=show
7. terminate=end
8. transmit=send

 日本語にもよくあるよね、やたらボキャブラリーをならべて書けば正しい!見たいな風潮。
 「ビジネス・レターの目的はこっちの意思を相手に伝える事なんだから、やたら難しい言葉を使って相手を雲に巻いてどうすんだ!」
 
 ヘイバー教授有難う!

how_to_write_english.JPG

| | Comments (6) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

ハワイのコーヒー | おすすめサイト | お土産 | お宝 | お話 | お金 | これぞハワイ! | これぞ本当の、ハワイの歩き方! | さらばハワイ! | アイス | アイディア | アメリカ | イケメン | インターネット | ウェブログ・ココログ関連 | ウォーキング | ウクレレ | オアフ島歩き | カメラ・写真 | ギター・ウクレレ | グルメ | グルメ・クッキング | コンピューター | ゴシップ | ゴルフ | サーフィン | ショッピング | ジョーク | スッチー | スッチーの悩み | スポーツ | セールス | ソニー・オープン | ダイアモンドヘッド | ダウンタウン | テクノロジー | ドラマ | ニュース | ハワイで料理 | ハワイのコンド | ハワイのビーチ | ハワイのレストラン | ハワイの伝説 | ハワイの写真 | ハワイの名探偵 | ハワイの土産 | ハワイの地図 | ハワイの夏 | ハワイの夜空 | ハワイの天気 | ハワイの想い出 | ハワイの景色 | ハワイの歴史 | ハワイの海 | ハワイの生き物 | ハワイの産業 | ハワイの結婚式 | ハワイの花 | ハワイの花々 | ハワイの観光業 | ハワイの通り名 | ハワイの風 | ハワイの食べ物 | ハワイの飲み物 | ハワイラーメン事情 | ハワイ生活 | ハワイ観光スポット | ハンバーガー | パソコン・インターネット | ビジネス | ビーチ | ファッション・アクセサリ | フライト | ブランド | ブログ | プレゼント | ペット | ホテル | マナ・パワー | ミュージック | ライブ・ミュージック | ラーメン | レインボー | ローカルマップ | ローカル情報 | ワイキキ | 不思議な出来事 | 世間は狭い! | 人生 | 仕事 | 仲間 | 休日! | 住まい・インテリア | 健太の旅 | 健太・インジャパン | 健康 | 優秀な日本人 | 努力 | 動物・ペット | 地震・津波 | | 大自然 | 学問・資格 | 学校・教育 | 宝石 | 小話 | 平和 | 心と体 | 恋愛 | | 懸賞 | 携帯・デジカメ | 携帯電話 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 昔話 | 映画 | 映画・テレビ | 映画・テレビ・ビデオ | 時代の流れ | 書籍・雑誌 | 最近の話題 | 歴史 | 温泉 | 男のおしゃれ | 税関 | 経済・政治・国際 | 航空会社ハワイ路線事情 | 芸能 | 芸能・アイドル | 若さ! | 言葉 | 趣味 | 車・ドライブ | 連載 | | 酒・ワイン・ビール | 音楽 | 飲み物