July 23, 2010

純・ジャパ!

Imgp7744
椰子の木、空、海、そしてビーチ、、、。
Imgp7730
今日もビーチ日和だ!
Imgp7775
ウクレレ・おやじ、アット・アラモアナ・ビーチ・パーク!
Imgp7771
お嬢さん、一枚撮らせてください!
Imgp7777
ロコガール、アット・アラモアナ・ビーチ!ピンクのポコ・ダッツのビキニ可愛いねっ、、。
Imgp7742
バンザーイ、、。って普通手でやるよね、、。
Imgp7722
あれっ、ミッシェル・ウィーかなっ?!
Imgp7731
新婚さん、おめでとう!
Imgp7786
そして沖では、、。

 健太やとんまはいわゆる日系一世、、
ってことになる。
つまり、日本から来てアメリカに住み着いた、、ってこと。
想像してもらってもある程度は分かると思うけど、
こっちの生活はたとえハワイといえども、日本と随分違う。
健太やとんまのように、
大人になってからやってきた日系一世にとっては、
日本の文化、アメリカの文化、双方共良く理解できる。
しかし問題は子供の頃にアメリカに来てこっちで育った場合だ。

 そうした子供たちは、
通常TVやネットで日本文化に触れて、
遠い祖国を思って「日本への憧れ」、、のようなものを持つ者も少なくない。
それは異性に関しても全く同じで、
多くの男女が祖国の異性に興味を持つようだ。

 ふとしたことでこっち育ちのティーン・エイジャーが、
日本の異性と友達になったとする。
最初は夢にまで見て憧れた遠い祖国の異性に夢中になる。
しかし、育ちが違うってことは実に大きな問題で、
考え方の相違で最終的に破局になる例が少なくないと聞く。

 健太の知ってるある日本生まれアメリカ育ちの女の子が言っていた。
「健太さん、聞いてくれますか!
私が日本へ行った時付き合った男の子、
デートにクラッシクのコンサートなんかに私を連れてったのよ!
信じられる?」

 クラッシク・コンサートの何が悪いか知らないけど、
彼女は相当うんざりして言っていた。
確かに、
日本の場合クラッシック・コンサートはある意味で、
とてもクラスのあるもので、
その男の子は、海外から来た女の子に、自分のインテリジェンスを見せようと、
そんな行動に出たに違いない。
もちろんアメリカにも沢山のクラッシック・ファンはいる。
しかしやっぱり若い女の子にとって、
それはひどく退屈な、
つまらないものだったに違いない。

 ここに出てくる日本の子、
つまり日本の男子や女子を、
一部の日系の子供たちは「純・ジャパ」と呼んでいる。
つまり、純粋なジャパニーズってこと、、。

 やっぱりこっち育ちのアメ・ジャパには、
純・ジャパとはなかなか馴染めないのかもしれない、、。
ま、あくまでもこれは一つの例で、
上手く行ってる場合も沢山あるとは思うけどね!!

 

| | Comments (78) | TrackBack (0)

November 30, 2008

ホノルルは真っ青な空!

Imgp3991見てください、今日のホノルルこんなに良い天気でした!
Imgp3992椰子の木と青い空。何時見ても胸がすっきり、、、!
Imgp3993今日行った建物の隣にある日本風建築。ハワイの景色に良く似合う!

 とんまは昨日成田から帰って来たけど、
夕べ寝れないで難儀していた。
幾ら長年やって来て慣れているとは言えども、時差ぼけに勝てない時だってある。
昼になっても寝ていたので家にいて健太が自分の仕事をしちゃあ可愛そう。
表に出ることにした。
健太のやることと言ったら何時も思いっきりうるさいからなあ、、(汗)
幾ら騒音に強いとんまと言えども、ちと気が引ける。

 ってな訳でランチはマックへ!
今日もマックではまた新しいメニューに挑戦。
「Ranch BLT Sand」なんてのがメニューに載っている。
<美味そうじゃない!>
BLTはお馴染み「ベーコン、レタス&トマト」のBLT.
しかしLunchじゃなくって「Ranch」とはこれ如何に?
「Ranch=牧場」BLT って事だね!
牧場でこんなものを食べてるのかどうかは知らないけど、
要するに普通のBLTサンドにクリスピーチキンを挟んであるもの。
お味はと言うと、
このクリスピーチキンがなかなかパリッと、
まさにクリスピー!
とても美味かった。
値段は、$4.19+Tax。
もしハワイのマックで何を頼んで良いか分からなかったら、
是非一度お試しを!!

 マックの後はこんなところへ行きました。
芸術の秋、
さて健太はマックの後、どこへ行ったんでしょうか?
今日のクイズ①のビデオはここをクリック!  

 そして今日もおまけだ!!
ムービーマンと行ったレストランの名前は?
クイズ②のビデオはここをクリック! 
沢山の回答お待ちしています。

| | Comments (16) | TrackBack (0)

August 08, 2006

ハワイにも残っている日本の伝統!

Imgp0436

 健太の生まれ育った国日本!
素晴らしい国!大好きな国!
アメリカには無い優れた伝統と文化を持っている。
それはこうして海外に出ていると、つい自慢がしたくなるほどさ、、。
でも、最近その日本をこうして外部から見ていると、心配でならない、、。


 「異常」!
その言葉が先ず浮かんでくる。
それは「政治や教育が悪い!」なんて抽象的なことじゃ説明できないし、昨今めっきり増えた残虐な殺人事件なんかを枚挙しても分かりにくい。
先ず日本人の日ごろの生活から拾っていった方が分かりやすいと思う。

 それは人々の心に余裕がないことが、その異常な状態を作っているとしか思えない。
先ずサラリーマンの残業が気になる。
必要な残業はしかたがないけど、
例えば先輩が居残りをしていると後輩はなかなか先に帰りづらく、仕方なく自分も残らざるを得ないとか、
本当に忙しくて残業をしても、会社には報告できずサービス残業をせざるをえないとか、、。
先輩の言われた事にいやいや従わなければならないとか、、、。
一体それらがトータル的にどの程度会社の利益に繋がっているのか、、甚だ疑問だ。


 リストラで会社は歳出面等では相当でスリムになっているかも知れない。
しかしこうした「習慣」や「情」に関してのリストラは全くの手付かず状態。
能率的に仕事を進めるためには、先輩のわけの分からない言い分など受け入れていられる暇などない筈。
また翌日きちんとした仕事がしたければ早く帰って、明日に備えるべきだろう。
また時には早く仕事を終えて自分の時間を作って、一旦仕事から完全に離れて見る事も大切だ。
そうすることで、自分の仕事が良く見えてくる。

 どちらかと言うと「頑張る」事が美徳とされる日本。
でも時には頑張らない方が良い時もある。
つまり日本人は状況判断が下手!

 あまりにも偏った考え方を「それが正しい」と思い込み邁進して行く。
高度経済成長期などそれでよかった時代もあったかもしれない。
だが、中国に経済大国トップの座を譲ろうとする今日、少なくても精神面では彼らの先へ進んでいなければ後10年20年後の日本は、見るも無残な残骸でしか有り得ない。

 じゃあ、どんな姿が理想的な日本の未来の姿なのだろうか。
色んな意見があるとは思うけど、
「日本の伝統文化を再現した国創り」
だと思う。

 これだけ世界の画一化が進むと、生き残りには個性しかない。
その個性は、昨日今日生まれた思いつきの個性ではなく、しっかり伝統文化を背景にした、日本にしか出来ない完成度の高いものが要求される。
そしてそこには日本古来の精神的な支えがなければならない。

 月並みな言葉に聞こえるかも知れないけど、
その精神的な支えとは、
「わび」「寂び」「禅」など、
外国人には簡単に理解し難いものが理想かもしれない!
ハワイにも日本の文化としてそうしたものは多少なりとも存在する、、。
 
 今日もブーゲンベリアの写真だけど、「八重・ブーゲンベリア」と言おうか、昨日とは違ってその花ビラが幾重にも重なっているのが印象的だ!


 

| | Comments (13) | TrackBack (0)

October 29, 2005

ソウルは寒い!

 何ってたってハワイから来た健太君。ソウルの風は冷たすぎます。
結局昨日ロッテホテルに着いたのは夜の10時半。ちょっとお腹空いてたけど食べに行くのも面倒、そのまま寝ちゃった。
朝は8時にしっかり目が覚めて日本のニュースをみる。
そのままいろいろTVを見て昼過ぎ明道、南大門市場へ。
いろんな物、特に衣類がめちゃや安!
うろうろすること4時間。
結局買ったのはジーンズ一本でした、、笑!

 さて街を歩いていて楽しいのは道を尋ねること!
得意の、、、といっても錆びついた韓国語を駆使。目的地をさぐること。

 まずギターマン健太としては、ギター屋さんを探すこと。
アメリカでは韓国産ギターがあれほど溢れているというのに、ソウルには大きなギター屋さんがないようだ。
それでもやっとの思い出、楽器ばかり売っているビルディングを見つけた健太。
うーむ、やっぱり健太の欲しいギターにはめぐり合えませんでした。
その後、ロッテホテルの山側にはたくさんのレストランがあって、そこで思いっきり韓国料理食べました!

 あすはいよいよお仕事でやんす。韓国の旅行者のお偉いさんと何人かお会いしてきます!
先ずは、無事に到着の報告でした。

 写真は健太が泊まっているロッテ・ホテルのスイート・ルーム。33階から見下ろすソウルの街並みは素晴らしい!!!

lotte_hotel_suite

| | Comments (3) | TrackBack (0)

August 09, 2005

アメリカ社会では、良く喋れ!

 日本の社会では、「不言実行」、とか言ってべらべら喋るだけの奴は何処でも相手にされない。
特にビジネスの世界ではその傾向は顕著。
だから、もくもくと実行していくのが美徳であり、それが正しい生き方のように思われがち。

 どうやらアメリカではその「不言実行、もくもく型人間」は「駄目な奴」に分類されそう。
口の立たない奴は先ず駄目なんだ。
ミーィングなんかでも、どんどんやりたい事、やっている事をたとえ実現不可能な事でも胸を張って主張しないと「駄目な奴」のレッテルを貼られる。
前にも書いたことがあるかもしれないけど、新入社員が入ると大抵そいつは有ることないこと「大風呂敷」をぶちまける。
健太も長いハワイ生活の中で、そこまでひどくは無いにしても、ある程度そいつが身に付いて来ている。
だからきっと今健太が日本に行ったら、「口ばかりの駄目な奴」って言う扱いをされるに違いない(笑)!
でも仕方が無い。こっちで生きていく上の必要最低条件なんだ。

 しかしアメリカ社会がなぜそこまで、そんないい加減なこと(?)を許して来ているのだろう、、?
こいつは非常に興味深い研究課題!

 これには矢張りそれぞれの国の歴史に原因がありそう。
東洋のはずれの日本は、様々な文化を最後に受け止めたところ。
その流れ着いた文化を更に改良発展、独自のものにすると言う器用さは日本人独特のもの。
多分日本人は選択眼、観察眼に優れているんだと思うね。

 片やアメリカは開拓精神の旺盛な国民性。全く新しいアイディアを作り出す才能に長けている。
何も無かった荒涼とした大地を前に、アメリカ人は全て一から出発しなければならなかった。
そこでは斬新なアイディアをもって、とりあえず前に進めと言う、傍から見れば無謀にも見える不屈な行動力を持って生きるしか他に方法が無かったに違いない。それがいわゆる「開拓精神」ってやつなんだろうね。
彼等にとっては全て初めての試み,結果が吉と出るか凶と出るかそんな事を考える余裕は無かった。闇雲に思いつたことを即実行してゆく。そこには確かな裏付けがあるかないか等は、問題じゃ無かったのかもしれない。
そんな彼らの行動は時として我々日本人から見ると、無謀で無計算に思えるんだろう。

 彼らの頭の中には「何事もやって見なきゃわからない!」と言う経験から生まれた哲学がある。日本人みたいに「冷静な判断のもとに、、」なんて悠長な事は言ってられなかったに違いない。
「考えてから行動する」日本人。「行動してから考える」アメリカ人。
実に面白い対照的な国民性だ。

 写真は今日のワイキキ。ドラゴンカヌーがワイキキに似合ってるでしょ(笑)!

  Part II、健太のなんちゃって、サクセス・ストーリー Vol. 64、お化けも怖いけどそっちも怖い!

dragon_dh

| | Comments (11) | TrackBack (0)

May 12, 2005

ワイキキの健太、今東京です!

 ごめんごめん!
夕べ東京へ着いたけど、時間がなくて更新出来ませんでした。

 今、健太の大好きな秋葉原に来てます。
メモリーステイックやデジカメのメデイアを購入。この後御茶ノ水に行ってエレキ・ギターを見てくるんだ。

 健太ととんまの日本珍道中も早大づめ、明日はもうホノルルに向けて出発します。
まだまだ日本には未練があるけど仕方ない、また来るよ!今度は9月頃かな、、、。

 滞在中各地で本当に心温まる歓迎をして頂いて、健太もとんまも本当に幸せ者です。
これからハワイに帰ったたらまた思い切って仕事に私生活に、ずっこけながら大活躍します!
またみんな応援してね!

 御茶ノ水の後は健太の「おっかさん」会って、親孝行の真似事などして来ます。

 写真はハワイを出てくる前にとった、ワイアラエアベニュー近くのカレッジ・シャミナード。実にハワイのカレッジらしい佇まいだよね!

Shaminard

| | Comments (6) | TrackBack (0)

May 09, 2005

ワイキキの健太、愛知万博へ!

 健太の宿泊先は半田市。
そこから愛知万博会場まではまずJRで金山まで。そこから万博八草までの電車に乗り継ぐ。
万博八草から更にリニモで万博会場へと、ざっとこんな道順。

 広大な敷地内をとても一日では回りきれない。そこで、取り敢えずみたいものを地図を見ながらチェック。
とんまと健太はだいたい趣味が同じなので、まずもめる心配はありません(笑)。
最初に「Laser Dream Theater」「マンモス」。
「マンモス」は意外に小さいんで驚いちゃった。でも後で聴いたらあれは子供のマンモスだったんただってさ!
しかし「Laser Dream Theater」は凄い迫力。なにしろ高さ9メートル、幅50メートルの超大スクリーンで迫力ある映像を見せてくれるんだ!

 そしてJR東海の「超伝導リニアモーター館」。こいつは3Dの立体映像で臨場感あふれる映像を満喫させてもらった。
その後は, シンガポール館、タイ館、ラオス館、マレーシア館、等々各国を回わったらもう足が棒のようになっちゃってさ、、、、、車社会のハワイ人健太たちにはちょっときつすぎるよね、あの距離は、、、。

 明日からは山口の友達の処に遊びに行ってきます。山口は温泉がたくさんあるのでとんまもすっごく楽しみにしてるんだ!

 写真は昨日のファーストクラス機内食の一部。二枚目が今日の万博会場。

PS:コメント沢山有り難う!時間が無くてコメントバックが遅れますがご容赦下さい。マハロ!

 bento_zensai
Banpaku

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 19, 2005

トリップ・イン・ワイキキ

 ワイキキを毎日歩いているのに、色んなことに気づかず通り過ごしてしまっている事が多い。
人間、興味のあるところには目が向くけど、興味のないところには目が向かないんだろうね。

 健太、絵は好きだけど、絵葉書的な単に綺麗なだけが売り物の絵にはあまり興味がない。いやなかった。
ワイキキショッピングプラザの一階にワイキキ・ビーチ・ギャラリーと言うのがあるのは知ってたけど、チラッと見ては何時も通り過ぎていた。
今日はショッピングプラザの前で人と待ち合わせていて、少し早めに着いた。地下のスタバでアイスコーヒーでも、、、と思ったけどそこまでは時間もない。仕方なくぶらぶら、そのワイキキ・ビーチ・ギャラリーの中を見て歩いた。

 中間色の少ない写実的なペイントも、絵葉書的だけどそれなりに綺麗だなー、、、、健太の目が一枚のの前で止まった。「待てよ、これは、、、」。ぼーっとしてその絵を見つめてる次の一瞬、何かが力強く健太を別の世界に引き込んでゆく!まるで抵抗も出来ない、いやする気も起きない不思議な感覚。何かにもたれていた体がそのままスーッとどこかに落ちていくような感覚だった。
鯨は歌いながら、トロピカル・フィッシュはちゃらちゃらと囁きながら、ゆったりとしたスイングのリズムにのって泳ぎ回わっている。深いこのワイキキの海の底はこんなになってるのか、、、、しばら心地よく海底をさまよう自分の姿が手に取るようにわかる。まるでマリワナでも吸ったときのように、うつろな快感が体中に充満している、、、。他の楽器に消されて普段聞こえないはずのストリングスの音が耳の中ではっきりと聞き取れる!
「健太、今のうちに譜面に書き取るんだ!」、、慌てて五線紙をさがす健太、、、。

「健太さん、お待たせ!」
その声でふと我に返った。

wkk_beach_g 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 27, 2004

アラモアナ・ショッピングセンターの危機

 健太がハワイを出てくる前にウオルマートが開店したことはプーコちゃんのブログで見て知ってると思うけど、同じ敷地内のサムスクラブも健太がハワイを出る日にオープンしているはず。
ウオルマートは誰でも入れるけど、サムスクラブは会員制。
どちらも、あらゆるものがとびっきり安い。
 何しろアラモアナから歩いて5分。目ざとい日本からのツーリストは、既に相当の数がアラモアナ・ショッピングセンターから足を伸ばしているようだ。
ハワイを出る前の晩、その向え側にある例の「リキリキ・ドライブイン」で、友達と食事をしたらその様子が手に取るように見てとれた。
 そうなってくると、そのまわりのリテーラーは元より、アラモアナショッピングセンターがかなりやばくなってくる。
競争社会では仕方ないことだけど、そうとう気を引き締めてかないと各店ともその存在が危ぶまれる。

 なんてそんなことを考えていたら、健太も同じこと。ワイキキにある沢山のホテルに勝ち抜いていくには、気を引き締めていかなければならない健太、、、、。
でも、なかなか引き締まらない健太です。トホホ、、、、。

写真は、タンタラスから見たアラモアナ方向と、ショッピングセンターから見たヨットハーバー方向。


alamo_ana_sc.JPG

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 24, 2004

ハワイのお土産

 健太のオフィスには女の子が多い。 
彼女たちを見ているとよく食べる。間食が多いのだ。チョコレートとか、「Arare」とか、飴とか。
ハワイにはその「Arare」と称するハワイ製の日本のお菓子があって、スーパーなんかで手軽に手に入る。紛れもなく日本のあの「あられ」そのものさ。
中でも彼女たちに人気のあるのが、日本製の「キャンデー」、つまり飴。最近日本の飴もいろんなフレーバーがあって実に高品質。最近マカレー・ショッピングセンターには、飴の専門店が出来ているほどだ。昔はアメリカの飴がうまい時期があったけど、最近では日本の飴の方が確実にうまいからね。

 そんな中で、この写真の「パイナップル・キャンデイー」ハワイ産にしては大健闘。日本の飴並みに、かなりよく出来ている。
ただ残念ながらこれは、パイナップル畑のど真ん中の「ドール・パイナップル・プランテーション」まで行かなくちゃ手に入らないんだ。

 それにつけても、いつも感じるのはハワイの土産物に魅力的なものがないこと。マカデミアンナッツ・チョコなんか、とっくに土産物としては過去のもの。
 ハワイで何かビジネスをしたいと思ってるみんな、もし本気でそれを考えてるなら、「新しいハワイの土産物」を考えて見ちゃどうだろう。ちょっと頭をひねればいくらでもあると思うよ。

 今から10年ほど前、あるハワイの土産物屋による「ハワイの新しい、土産物アイデイア・コンテスト」なるものがあって、健太も応募した。
結果は見事一等賞でした!
健太が考えたのは、日本にあるゼリー菓子のハワイ版。
マンゴ、パイナップル、パパイヤ、バナナなんか、ハワイのフルーツを使った新鮮なフルーツ・ゼリーはハワイの土産物としちゃかなりいけると思うんだがな~。
残念ながらそのコンテストを主催した会社は、それを製品化する前に倒産しちゃったんだ。

 といった具合にハワイにはまだまだ、ビジネスチャンスはあるよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

ハワイのコーヒー | おすすめサイト | お土産 | お宝 | お話 | お金 | これぞハワイ! | これぞ本当の、ハワイの歩き方! | さらばハワイ! | アイス | アイディア | アメリカ | イケメン | インターネット | ウェブログ・ココログ関連 | ウォーキング | ウクレレ | オアフ島歩き | カメラ・写真 | ギター・ウクレレ | グルメ | グルメ・クッキング | コンピューター | ゴシップ | ゴルフ | サーフィン | ショッピング | ジョーク | スッチー | スッチーの悩み | スポーツ | セールス | ソニー・オープン | ダイアモンドヘッド | ダウンタウン | テクノロジー | ドラマ | ニュース | ハワイで料理 | ハワイのコンド | ハワイのビーチ | ハワイのレストラン | ハワイの伝説 | ハワイの写真 | ハワイの名探偵 | ハワイの土産 | ハワイの地図 | ハワイの夏 | ハワイの夜空 | ハワイの天気 | ハワイの想い出 | ハワイの景色 | ハワイの歴史 | ハワイの海 | ハワイの生き物 | ハワイの産業 | ハワイの結婚式 | ハワイの花 | ハワイの花々 | ハワイの観光業 | ハワイの通り名 | ハワイの風 | ハワイの食べ物 | ハワイの飲み物 | ハワイラーメン事情 | ハワイ生活 | ハワイ観光スポット | ハンバーガー | パソコン・インターネット | ビジネス | ビーチ | ファッション・アクセサリ | フライト | ブランド | ブログ | プレゼント | ペット | ホテル | マナ・パワー | ミュージック | ライブ・ミュージック | ラーメン | レインボー | ローカルマップ | ローカル情報 | ワイキキ | 不思議な出来事 | 世間は狭い! | 人生 | 仕事 | 仲間 | 休日! | 住まい・インテリア | 健太の旅 | 健太・インジャパン | 健康 | 優秀な日本人 | 努力 | 動物・ペット | 地震・津波 | | 大自然 | 学問・資格 | 学校・教育 | 宝石 | 小話 | 平和 | 心と体 | 恋愛 | | 懸賞 | 携帯・デジカメ | 携帯電話 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 昔話 | 映画 | 映画・テレビ | 映画・テレビ・ビデオ | 時代の流れ | 書籍・雑誌 | 最近の話題 | 歴史 | 温泉 | 男のおしゃれ | 税関 | 経済・政治・国際 | 航空会社ハワイ路線事情 | 芸能 | 芸能・アイドル | 若さ! | 言葉 | 趣味 | 車・ドライブ | 連載 | | 酒・ワイン・ビール | 音楽 | 飲み物