March 09, 2011

写真の腕を上げたとんま!

Imgp0806
今日のワイキキ。空はずっとこんな具合でした、、。
Imgp0802
エクササイズをするカップル!
Imgp0803
青空はないけどビーチには沢山のビキニ姿が、、。
Imgp0805
やっぱりとんまが撮るとイケメン探しをするんだなあ、、(笑)!
Imgp8510
先月のホノルル・タイムス。写真右上の中央、ギターを弾いている健太!


 ご覧のように今日はずっと灰色の空がホノルルを覆っていた。
健太はゴルフの予定が入っていたけどコースはウィンドワード(カイルア側)、
どうやら雨が降ったり止んだりらしいのでキャンセルすることにした。
仕方がなく同じく降ったり止んだりのアラワイ・ドライブレンジで練習!
その間、
とんまはワイキキビーチを歩くというので、
SS撮影を頼むことにした。
最近とんまも少しずつSS撮影に慣れてきて、
時々健太がドキッとするような写真を撮ってくる。
実は今日は見事なほど、
健太がドキッとする写真があったんだけど、
結構どぎついのでそれは載せません。
健太一人で見てニヤニヤ、、、、。
男なんて幾つになっても変わらないもんです、、、(笑)

 さて、
ドライビングレンジでボールを打っていると、
アヒポキさんから電話が入った。
「健太さん、OO子さんが来て、健太さんにってお土産を預かってるんで、後で私のオフィスに寄れますか?」
ってことだ。
ドライビング・レンジで練習を終えて、アヒポキさんと免税店前で待ち合わせる事になった。
と、その時強烈な雨が降り出した!
健太が免税店に着く頃には豪雨になってしまった。
雨に濡れながら、
「健太さんこれ!」って紙袋を渡してくれた。
「ありがとう!」
豪雨なので話も出来ずそう言って別れる2人。

 OO子さんには直接お礼を言いたいけど、
何処に泊まっているのか分からないし、
「OO子さん」はバンドルネーム、
本名も知らない、、、(汗)。
とりあえずこの場を借りてお礼を言わせてください。
「OO子さんお土産ありがとうございました!」

 してぇ、
アヒポキさんが渡してくれた紙袋には新聞が入っていた。
それは先月号の「ホノルル・タイムス」、
健太たちがかつてカピオラニのクラブでライブをやっていた時の写真が載っていた。
「バブル期のハワイの今宵を楽しみさせてくれたママ&マスター&バンドの人々、
今は何処に?元気にしていますか?また、お会いして昔話でも?」
なんて書いてある、、(笑)!
健太はあの頃ラジオのDJ、バンド、そして本職のホテルの営業と、
3つの仕事をしていたっけ、、。

 因みに健太たちの左隣に写っているのは、
昔橋幸夫さんが歌った「江梨子」と言うヒット曲の映画化で、
ヒロイン役に抜擢された「三条江梨子」さん。
彼女はホノルルで「江梨子」って言うバーを経営していたことがある、、。

| | Comments (23) | TrackBack (0)

October 05, 2009

ハリケーンが来ないと思ったら台風が!

Diamondhead_oshiri今日は古いPIXの整理。何年か前に載せたと思うダイアモンドヘッド様のお尻。つい懐かしくて、、、(笑)。
Imgp0301xこれは2年前の、マカプウ・ビーチ!
Imgp0308マカプウ岬に登る途中、右手にこの「クイーンズ・ビーチ」が見える。この頃は殆ど人がいなかったけど、最近飛び込みをする連中が集まってくるようになった、、、。
Imgp0354ハナウマの少し先の海。これも2年前。何時撮ってもこの辺の海は綺麗だね!!
Imgp3896明日はこれを食べたいなあ、、(笑)!

 とんまが歯を抜いた。
可愛そうにアイスで一生懸命冷やしているけど、
見るからに痛々しい。

 そんな状態なのに休暇に入った。
明日2人で日本に向う。
そかしあれじゃあ日本でも暫くは美味しいものが食べられないだろう。
それに何でもどでかい台風が来てるらしいね、、。
到着は7日の予定だから、
台風の本土接近の1日前。
心配は日本滞在中の宿泊先、東京のおっかさんの家はとてつもなく古い。
台風に直撃されたらひとたまりもなさそうだ。

 健太があの家に越したのは確か高校1年生のころだったと思う。
当時はまだ新築で気もちがよかったけど、
おっかさんがビジネスするって言うんで、
商売らしきものが出来そうな建売を購入したんだ。
ところが、買った次の年大型の台風が東京を直撃して、
何と、その新築の健太の家の屋根がぶっ飛んじゃった!
当時の建売なんて安普請だったんだろうね、、。

 台風一過、
そんな時ってすっごく良い天気になるだろ?
天井板がところどころ抜けて屋根のない2階の健太の部屋から、
めっちゃ綺麗な青空がポッカリ見えた。
あれは、健太の一生の思い出に残る大きな出来事でした、、。

| | Comments (25) | TrackBack (0)

August 03, 2007

さてワイキキは何処のホテルからの景色でしょうか、、?

Imgp2105
 
 作詞家の「阿久悠」さんが亡くなられた、、。
忘れもしない、彼は健太たちの2枚目のレコードの健太のメロディーに詩を作ってくれた人なんだ。
そのレコーディングの後、一緒に京浜東北に乗ったことをよく覚えている。当時の住まいは健太が蒲田、阿久悠さんは横浜で相模鉄道に乗り換えて、三ツ境、、。
当時健太のメンバーのドラマーも同じ三ツ境に住んでいたので、その後も何度かあの辺りで彼と会っている。あれは、とても昔のようでもあり、またついこの間の事のようでもある、、。

 さて問題のその曲。
「淋しいなんて」。
メローディーと詩が見事にマッチした当時としてはとても良いものに仕上がった。
ライブでのリクエストは何時もその曲がトップの人気、、、。
しかし残念ながらB面になってしまった。
あれは完全にレコード会社の選択ミス。
もしあの時、あれがA面になっていたらまた大きく健太の人生は変わっていたに違いない。
あの曲がA面になっていたらかなりのヒット曲になっていたのは間違いないからね、(笑)!
そうなれば当然健太の作曲センスが買われて、あちこちで引っ張りだこ、とても今の健太はなかっただろう、、。
世の中本当に何が良くて何が悪いなんて一概には言えないものさ、、。
こうしてハワイにいられる今となっては、あれはB面になってよかったと思っている、、、。

 そんな訳で健太たちのその2枚目のレコードは泣かず飛ばず、、。
残念ながら、その「淋しいなんて」は彼の作品リストを見ても乗っていない、、、(涙)。
 
 写真は、とあるワイキキのホテルの39階から今日昼頃に撮ったもの。さて一体何処のホテルから撮ったものでしょうか、、、?アヒ・ポキさん、内緒ですよ、、、、(笑)!

| | Comments (12) | TrackBack (0)

December 05, 2005

ハワイに来る運命だった!

 「戦争花嫁」と言う言葉がある。
太平洋戦争に敗れた日本には進駐軍がやってきた。
そして沢山の米兵と日本女性の間にロマンスが芽生え結ばれ、アメリカに渡った日本女性はなんとその数4万人とも、4万6千人とも言われている。
しかし今、彼女たちも高齢化して既に沢山の方たちが亡くなっていると聞く。
そうしたいわゆる「戦争花嫁」の方たちもこの今のハワイの発展のために大きく貢献してくれたに違いない。

 健太の小学校は武蔵野市吉祥寺。
当時立川から一番近い歓楽街だったのだろう。
ご多分に漏れず沢山の米兵たちがやってきた。
当時最先端のクルクルしたパーマネントと言うものを頭に掛けた日本の綺麗なお姉さんたちは、
背が高くて足の長い金髪の米兵たちと腕を組んで楽しそうに街を闊歩していた。
 
 健太は子供心にそのカップルたちの姿が眩しかった。
それはそのまま幼い子供の脳裏に焼きついて、
「きっと何時の日か、あのカッコ良いアメリカ人たちのいる国に行こう!」
と子供心に思ったような気がしてならない。

 今健太はこうしてハワイに来ている。
もしかしたら健太は、そういう運命にあのころからなっていたのかも知れない。
しかし、そう考えると運命って、「自分で築く」ことも出来るのかも知れない!

 最近なんで健太がハワイにいるのか、とりとめもなく考える事がある。
結果はやっぱり、「自分の運命は自分で切り開けるんだ」と言う答えにぶち当たる。
時間は掛るかもしれない。でもしっかりとした夢と、それを実現しようと言う前向きな姿勢さえあれば、きっと何時かは運命が切り開かれるに違いない。
皆も自分の運命、自分で切り開いてください(笑)!

 今日も天気はいまいち。この前数枚とったアラモアナ・ビーチの中の一枚。癒されるよねこの景色!

alamoana_beach_ii


| | Comments (11) | TrackBack (0)

June 06, 2005

健太ハワイに到着!

 昨日の続き、、、、。

 健太のなんちゃって、サクセス・ストーリーVol. 2 
 
 英語なまりの男は名刺を差し出した。
「Hawaii O Night Club 、 Jimmy Hashimoto」
名刺にはそう書いてある。
「もし興味があったら、ニュー・オータニに電話しなさい。まだ2週間ほど日本にいるから、、」
男は名刺にホテルの電話番号を書き込んだ。
年は40がらみ、細身で背も高い。髪には白いものがちらほら見える。ハワイの日系人なんだろうけど、何しろ英語なまりの日本語だ、やたら「きざ」。それだけにある意味では、イケてる中年男だった。

 それから2ヶ月ほどたったある夜、健太たちはもうハワイに着いていた。
当時のJAL便のホノルル到着は夜10時ごろ。
タラップを降りて驚いた。12月だというのにその、変に暖かい、生ぬるい外気。
「これがハワイか!」
日本を出た時に着て来たダークスーツがやたら場違いに感じた。仕方がない日本を出た時は冬だったんだから!

 ジミーが、彼のお姉さんルースと一緒にキャデラックで迎えに来てくれていた。ルースは一寸太めのおばさんだけど、とても愛嬌があった。
「Aloha, Welcome to Hawaii !」ルースが言った。
ハワイで最初に聞いた英語だった。
ルースはその日焼けした太い腕で僕ら4人にレイをかけ、頬にキスをしてくれた。

 キャデラックは夜のH1をまっしぐら、早速健太たちがこれから「Japanese Show」として出演する、Oナイトクラブに直行した。
「ここが俺の、ナイトクラブさ!」
店内に案内してくれたジミーが自慢げに言った。

 店内はプライムタイムだと言うのに客はまばら。ナイトクラブとは名ばかり、だだっ広い店内正面には高さ1メートルほどのステージ。そのまん前がダンスフロア。そして沢山の小さな丸テーブル。それに安っぽい椅子が添えてある。
壁際には、ブーツが10席ほどあって、これも年期物、ビニールが破れかけたようなところも有る。
何より驚いたのはステージの飾りつけ。ピンクのちょうちんがいくつも天井からぶら下がってる。なんとも、ど田舎の場末のクラブじゃないか!

 健太たちのハワイの夢が、崩れ始めたのはこの時からだった。
ジミーが言った。
「高い金を払って日本から来てもらったんだ、この店を客でいっぱいにしてくれ!」。
ジミーが厳しい目付きで言った。
「こ、ここを客でいっぱいに!!?」
4人は思わず顔を見合わせた。

 明日に続く、、、。

  Part II はダイアモンドヘッドの写真です!

hnl_ariport

| | Comments (22) | TrackBack (0)

June 05, 2005

えっ、ハワイへ?!

 今日は昔話をしよう。
健太たちミュージシャンは昔々日本のビクターレコードと言う会社でデビューしました。メンバーは4人。

健太のなんちゃって、サクセス・ストーリーVol. 1 

 4人ともムービースターを夢見て、寅さん達がいた「松竹映画」っていう会社に俳優の卵として入社。松竹在籍中はちょい役で数多く映画に出演しました。
当時松竹の撮影所は大船にあって、あそこに通ってたのさ。
入社したのは良いけど、4人とも目が出ず。何時までたっても卵のまんま。
そこで健太がギターが弾けたので、4人にギターを教えたのがきっかけ。バンドを作る事にした。歌も皆大好きだったので、あっという間にプロとしての声がかかった。ま、撮影所内で「がしゃ、がしゃ」雑音を出してたんですぐに誰かの目に留まったんだね。そのままホリプロって会社へ移籍。

 早速レコーディング。そこまでのプロセスが異常に早かった。はっきりいってずぶの素人みたいなもん、一寸びびったぜ!
初めレコーディングしてたら、「女の子も入れなさい!」ってレコード会社で言ってきた。
「えっ、いやだよ俺たちだけでやりたいんだ!」皆は声をそろえて言った。
「いや、やっぱり女の子を入れる!」ホリプロの社長さんも強引に言う。
「えー社長まで言うかー」
仕方ないや社長の一言じゃ、、って事で女の子を入れることにしたんだ。
でも結局その女の子とはレコーディングまで顔を合わせじまい。
やっとレコーディグの日にその娘と会った。
会って驚いた、「なんーだ、最近売り出し中の女優さんじゃないか!」ホリプロの社長がニヤニヤ笑ってた。「そうさ、彼女を健太たちがもっと有名にしてやってくれ!」

 間違いの始まりって言うか、後悔先に立たずというか、レコードは100万枚売れちゃってあっちこっちで引っ張りだこ。まるで睡眠時間もないほどの強行スケジュールは延々と続いた。
「おい、もう止めようよ!」ある日メンバーが言い出した。
健太もいい加減に止めたかった。だってある日突然「ひとさらい」にあったみたいに、家にも帰れなくなっちゃったんだぜ!

 そんなある日、銀座のライブハウスに出演中、英語なまりの変な男が楽屋を尋ねてきた。
「君達、中々いいセンスしてるね!どうだハワイに来ないか!」
皆一瞬目を丸くしてその変な男を見つめた。
「ハワイへ?!」

 明日に続く、、、。

 写真は、ハワイに来て初めて着たアロハシャツ姿の健太たちメンバー。健太はどれだ(笑)!


scan

| | Comments (13) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

ハワイのコーヒー | おすすめサイト | お土産 | お宝 | お話 | お金 | これぞハワイ! | これぞ本当の、ハワイの歩き方! | さらばハワイ! | アイス | アイディア | アメリカ | イケメン | インターネット | ウェブログ・ココログ関連 | ウォーキング | ウクレレ | オアフ島歩き | カメラ・写真 | ギター・ウクレレ | グルメ | グルメ・クッキング | コンピューター | ゴシップ | ゴルフ | サーフィン | ショッピング | ジョーク | スッチー | スッチーの悩み | スポーツ | セールス | ソニー・オープン | ダイアモンドヘッド | ダウンタウン | テクノロジー | ドラマ | ニュース | ハワイで料理 | ハワイのコンド | ハワイのビーチ | ハワイのレストラン | ハワイの伝説 | ハワイの写真 | ハワイの名探偵 | ハワイの土産 | ハワイの地図 | ハワイの夏 | ハワイの夜空 | ハワイの天気 | ハワイの想い出 | ハワイの景色 | ハワイの歴史 | ハワイの海 | ハワイの生き物 | ハワイの産業 | ハワイの結婚式 | ハワイの花 | ハワイの花々 | ハワイの観光業 | ハワイの通り名 | ハワイの風 | ハワイの食べ物 | ハワイの飲み物 | ハワイラーメン事情 | ハワイ生活 | ハワイ観光スポット | ハンバーガー | パソコン・インターネット | ビジネス | ビーチ | ファッション・アクセサリ | フライト | ブランド | ブログ | プレゼント | ペット | ホテル | マナ・パワー | ミュージック | ライブ・ミュージック | ラーメン | レインボー | ローカルマップ | ローカル情報 | ワイキキ | 不思議な出来事 | 世間は狭い! | 人生 | 仕事 | 仲間 | 休日! | 住まい・インテリア | 健太の旅 | 健太・インジャパン | 健康 | 優秀な日本人 | 努力 | 動物・ペット | 地震・津波 | | 大自然 | 学問・資格 | 学校・教育 | 宝石 | 小話 | 平和 | 心と体 | 恋愛 | | 懸賞 | 携帯・デジカメ | 携帯電話 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 昔話 | 映画 | 映画・テレビ | 映画・テレビ・ビデオ | 時代の流れ | 書籍・雑誌 | 最近の話題 | 歴史 | 温泉 | 男のおしゃれ | 税関 | 経済・政治・国際 | 航空会社ハワイ路線事情 | 芸能 | 芸能・アイドル | 若さ! | 言葉 | 趣味 | 車・ドライブ | 連載 | | 酒・ワイン・ビール | 音楽 | 飲み物